世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

北米防爆機器の2030年市場予測 - 地域別分析 - システム別(ジャンクションボックスとエンクロージャ、照明システム、監視システム、信号装置、自動化システム、ケーブルグランド、HVACシステム、その他)、保護方式別(爆発防止、爆発封じ込め、爆発隔離)、産業別(製薬、鉱業、石油・ガス、製造、食品加工、エネルギー・電力、化学・石油化学、その他)


North America Explosion-Proof Equipment Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - By Systems (Junction Boxes and Enclosures, Lighting System, Monitoring System, Signaling Devices, Automation System, Cable Glands, HVAC Systems, and Others), Protection Method (Explosion Prevention, Explosion Containment, and Explosion Segregation), and Industry (Pharmaceutical, Mining, Oil & Gas, Manufacturing, Food Processing, Energy & Power, Chemical & Petrochemical, and Others)

北米防爆機器市場は、2022年の28億7,390万米ドルから2030年には44億1,693万米ドルに成長すると予測されている。2022年から2030年までの年平均成長率は5.5%と推定される。 IoTとの統合が北米防爆機器市場を後押... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月14日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
91 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

北米防爆機器市場は、2022年の28億7,390万米ドルから2030年には44億1,693万米ドルに成長すると予測されている。2022年から2030年までの年平均成長率は5.5%と推定される。

IoTとの統合が北米防爆機器市場を後押し

この間、IoTは最も人気のあるトレンドとして台頭し、あらゆる技術にほぼ関連している。製造業であれ他の産業であれ、IoTはあらゆるものと結びついている。建設業、製造業、農業は、事件・事故率が最も高い傾向にある。危険な場所での作業には様々なリスクが伴う。さらに、工場での事故は、オペレーターや作業員の医療費、破損品、高額な保険料に毎年何百万ドルもかかっている。さらに、工場では相互に接続された複数の機械や装置が同時に稼動しており、ちょっとした判断ミスが致命的な結果を招きかねない。そのため、多くの企業は現在、手作業のプロセスから当て推量を排除するために、IoT対応環境を構築している。スマートなモニタリングにより、作業員は正しい判断を下し、同時にリスクに巻き込まれることもない。IoTシステムは、設備利用の改善、機械の損傷による事故の削減、有害物質の監視など、企業にとって複数のメリットをもたらす。第一に、IoTデバイスは、機械に取り付けられた複数のWi-Fi対応ビーコンを配備することで、作業員が危険な機器に近づくことなく、すべての産業プロセスを監視することを可能にする。第二に、IoTは埋め込まれたセンサーの助けを借りて、損傷した機械を検出する。センサーは、電圧、温度、湿度など、あらゆる機械の物理的パラメーターをリアルタイムで監視・検出するのに役立つ。製造業や建設業のプロセスでは、有害物質が生成される。有毒物質に長期間さらされると、作業員の健康に影響を及ぼす可能性がある。IoT対応のスマートウェアは、パラメーターを追跡して疲労や吐き気の兆候に気づき、作業員に定期的な休憩を促し、有毒ガスの活動が急増した場合は一時的にその場を離れることができる。そのため、インダストリー4.0の進化に伴い、工場におけるIoTの使用は、作業員とオペレーターの両方に安全を提供するために増加している。そのため、防爆機器市場は拡大している。

北米防爆機器市場概要

北米は米国、カナダ、メキシコなど複数の国で構成されている。北米では、米国やカナダなどの国々が先進技術を採用し、生活水準が高く、インフラが発達していることで知られている。可処分所得の高さと技術の進歩が防爆機器市場の成長を後押ししており、中小企業や大企業を問わず、あらゆる業種が工場への防爆機器の導入に注力している。北米は、製造施設や石油・ガス産業の数が最も多いことから、防爆機器市場を支配すると予想されている。例えば、Propel PLM Inc.が発表した2021年5月の米国製造業統計レポートによると、米国には292,825の製造工場があり、2021年には~1,220万人が米国の製造業に従事している。同様に、石油・ガス産業では、メキシコでは合計22社が石油・天然ガスを生産しており、現地の石油・ガス協会-Amexhiによると、2020年にはさらに2社がリストに加わる見込みである。カナダでは1,334社が石油・天然ガスを生産しており、アメリカでは独立系の石油・天然ガス生産者が9,000社ほどいる。このように、この地域の製造業と石油・ガス産業の成長に伴い、より多くの労働者を雇用し、彼らの安全を維持する必要性と、工場にいるオペレーターの必要性も高まっている。そのため、これらの危険区域では防爆機器の需要が高まっている。そのため、石油・ガスや製造業を含むいくつかの業界では、作業員だけでなくオペレーターの安全も確保するために防爆機器を導入している。さらに北米では、危険な場所で使用する機器には、認定された認証機関の認定マークを付けることが義務付けられています。危険な場所で使用される機器の場合、認定された主な認証機関には、アンダーライターズ・ラボラトリーズ(UL)、労働安全衛生局(OSHA)、ファクトリー・ミューチュアル(FM3610)、全米防火協会(NFPA)などがあります。これらの機関はそれぞれ、米国規格(QPSus)、カナダ規格(cQPS)、またはその両方(cQPSus)への準拠を示すマークを持っている。したがって、石油・ガス産業や製造業の増加、およびこれらの産業における防爆機器の導入に規制機関が注力していることが、この地域における防爆機器市場の成長に寄与している。さらに、北米では防爆機器市場の人気プレーヤーが幅広く存在している。防爆機器のメーカーには、Emerson Electric Co.、Hubbell Incorporated、Rockwell Automation, Inc.などがある。

北米防爆機器の市場収益と2030年までの予測 (百万米ドル)

北米防爆機器の市場細分化

北米防爆機器市場は、システム、保護方式、産業、国に区分される。

システムに基づき、北米防爆機器市場はジャンクションボックス&エンクロージャ、照明システム、監視システム、信号装置、自動化システム、ケーブルグランド、HVACシステム、その他にセグメント化される。2022年の北米防爆機器市場では、ケーブルグランドが最大のシェアを占めている。

保護方式では、北米防爆機器市場は、大爆発防止、爆発封じ込め、爆発分離に分類される。2022年の北米防爆機器市場では、防爆セグメントが最大のシェアを占めた。

産業別では、北米防爆機器市場は製薬、鉱業、石油・ガス、製造、食品加工、エネルギー・電力、化学・石油化学、その他に分類される。2022年の北米防爆機器市場では、エネルギー&電力分野が最大シェアを占めている。

国別では、北米防爆機器市場は米国、カナダ、メキシコに区分される。2022年の北米防爆機器市場は米国が独占した。

ABB Ltd、Cortem S.p.A.、Eaton Corp Plc、Emerson Electric Co、Rockwell Automation Inc、Siemens AG、Pepperl+Fuchs SE、MoistTech Corpは、北米防爆機器市場で事業展開している大手企業である。

ページTOPに戻る


目次

目次

1.はじめに
1.1 インサイト・パートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 主要インサイト
2.2 市場の魅力
3.調査方法
3.1 カバレッジ
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.北米防爆機器の市場展望
4.1 概要
4.2 エコシステム分析
4.2.1 バリューチェーンのベンダー一覧
5.北米防爆機器市場:主要産業動向
5.1 推進要因
5.1.1 石油・ガス産業の成長
5.1.2 防爆LEDライトの使用の増加
5.1.3 産業安全対策の拡大
5.2 阻害要因
5.2.1 防爆機器の設置とメンテナンスに伴う複雑さ
5.3 機会
5.3.1 建設部門の成長
5.4 トレンド
5.4.1 IoTとの統合
6.防爆機器市場 - 北米市場分析
6.1 防爆機器の市場収益(百万米ドル)、2022年~2030年
7.北米防爆機器の市場分析-システム
7.1 ジャンクションボックスとエンクロージャ
7.1.1 概要
7.1.2 ジャンクションボックスとエンクロージャの市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
7.2 照明システム
7.2.1 概要
7.2.2 照明システム市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.3 モニタリングシステム
7.3.1 概要
7.3.2 モニタリングシステム市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.4 信号装置
7.4.1 概要
7.4.2 シグナル機器市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.5 オートメーションシステム
7.5.1 概要
7.5.2 オートメーションシステム市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.6 ケーブルグランド
7.6.1 概要
7.6.2 ケーブルグランド市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.7 HVACシステム
7.7.1 概要
7.7.2 HVACシステム市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.8 その他
7.8.1 概要
7.8.2 その他市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.北米防爆機器の市場分析:保護方式
8.1 爆発防止
8.1.1 概要
8.1.2 爆発防止市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.2 爆発封じ込め
8.2.1 概要
8.2.2 爆発抑制市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.3 爆発隔離
8.3.1 概要
8.3.2 爆発物隔離市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.北米防爆機器の市場分析-産業別
9.1 医薬品
9.1.1 概要
9.1.2 医薬品市場の収益と2030年までの予測(百万米ドル)
9.2 鉱業
9.2.1 概要
9.2.2 鉱業市場の収益と2030年までの予測(百万米ドル)
9.3 石油・ガス
9.3.1 概要
9.3.2 石油・ガス市場の収益と2030年までの予測(百万米ドル)
9.4 製造業
9.4.1 概要
9.4.2 製造業の2030年までの市場収入と予測(百万米ドル)
9.5 食品加工
9.5.1 概要
9.5.2 食品加工市場の2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.6 エネルギー・電力
9.6.1 概要
9.6.2 エネルギー・電力市場の2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.7 化学・石油化学
9.7.1 概要
9.7.2 化学・石油化学市場の2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.8 その他
9.8.1 概要
9.8.2 その他市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
10.北米の防爆機器市場 - 国別分析
10.1 北米
10.1.1 北米の防爆機器の市場概観
10.1.2 北米の防爆機器市場:主要国別-2022年の収益(百万米ドル)
10.1.3 北米防爆機器の市場収入と予測・分析-国別
10.1.3.1 米国の防爆機器の2030年までの市場収入と予測 (US$ Mn)
10.1.3.1.1 米国の防爆機器市場のシステム別内訳
10.1.3.1.2 防爆装置の米国市場:保護方式別内訳
10.1.3.1.3 米国の防爆機器市場の産業別内訳
10.1.3.2 カナダ防爆機器の2030年までの売上高と予測(US$ Mn)
10.1.3.2.1 カナダ防爆機器市場のシステム別内訳
10.1.3.2.2 カナダの防爆機器の市場:保護方式別
10.1.3.2.3 カナダ防爆機器市場の産業別内訳
10.1.3.3 メキシコ防爆機器の2030年までの市場収益と予測(US$ Mn)
10.1.3.3.1 メキシコ防爆機器市場のシステム別内訳
10.1.3.3.2 メキシコ防爆機器の市場:保護方式別内訳
10.1.3.3.3 メキシコ防爆機器の市場産業別内訳
11.産業展望
11.1 概要
11.2 市場イニシアティブ
11.3 製品開発
12.企業プロフィール
12.1 ABB社
12.1.1 主要事実
12.1.2 事業内容
12.1.3 製品とサービス
12.1.4 財務概要
12.1.5 SWOT分析
12.1.6 主要な開発
12.2 Cortem S.p.A.
12.2.1 主要事実
12.2.2 事業内容
12.2.3 製品とサービス
12.2.4 財務概要
12.2.5 SWOT分析
12.2.6 主要開発
12.3 イートンコーポレーション
12.3.1 主要事実
12.3.2 事業内容
12.3.3 製品とサービス
12.3.4 財務概要
12.3.5 SWOT分析
12.3.6 主要開発
12.4 エマソン・エレクトリック
12.4.1 主要事実
12.4.2 事業内容
12.4.3 製品とサービス
12.4.4 財務概要
12.4.5 SWOT分析
12.4.6 主要な開発
12.5 ロックウェル・オートメーション
12.5.1 主要データ
12.5.2 事業内容
12.5.3 製品とサービス
12.5.4 財務概要
12.5.5 SWOT分析
12.5.6 主要開発
12.6 シーメンスAG
12.6.1 主要事実
12.6.2 事業内容
12.6.3 製品とサービス
12.6.4 財務概要
12.6.5 SWOT分析
12.7 Pepperl+Fuchs SE
12.7.1 主要事実
12.7.2 事業内容
12.7.3 製品とサービス
12.7.4 財務概要
12.7.5 SWOT分析
12.7.6 主要開発
12.8 モイストテック社
12.8.1 主要事実
12.8.2 事業内容
12.8.3 製品とサービス
12.8.4 財務概要
12.8.5 SWOT分析
12.8.6 主要開発
13.付録
13.1 単語索引

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The North America explosion-proof equipment market is expected to grow from US$ 2,873.90 million in 2022 to US$ 4,416.93 million by 2030. It is estimated to grow at a CAGR of 5.5% from 2022 to 2030.

Integration with IoT Fuel North America Explosion-Proof Equipment Market

Over the period, IoT has emerged as the most popular trend, which is nearly being associated with every technology. Whether in manufacturing or other industries, IoT is linked to everything. Construction, manufacturing, and agriculture industries tend to have the highest incident/accident rates. There are various risks associated with working in hazardous areas. Moreover, accidents at factories cost millions of dollars in medical expenses, damaged goods, and high insurance premiums every year for operators and workers. Further, factories have multiple interconnected machines and devices working simultaneously, and a minor lapse in judgment can lead to deadly outcomes. Hence, many businesses are now creating IoT-enabled environments to remove the guesswork from manual processes. Smart monitoring allows workers to make correct decisions and, at the same time, stay out of the risk. IoT systems offer multiple benefits for businesses, including improving the use of equipment, reducing incidents due to damaged machinery, and monitoring toxic substances. Firstly, IoT devices allow workers to monitor all industrial processes without coming close to dangerous equipment with the help of deploying several Wi-Fi-enabled beacons attached to the machines. Secondly, IoT detects damaged machinery with the help of implanted sensors. Sensors help in the monitoring and detection of physical parameters of any machinery, including voltage, temperature, and humidity, in real-time. Processes in the manufacturing & construction industry led to the production of toxic substances. Long-term exposure to toxic substances could affect the workers' health. IoT-enabled smartwear can track parameters to notice the signs of fatigue and nausea, encouraging the worker to take regular breaks and leave the area temporarily if there is a spike in toxic gas activity. Therefore, with the evolution of Industry 4.0, the use of IoT in factories is increasing to provide safety to the workers and operators both. Therefore, the explosion-proof equipment market is growing.

North America Explosion-Proof Equipment Market Overview

North America consists of several countries, including the US, Canada, and Mexico. In North America, countries such as the US and Canada are known for adopting advanced technologies, high standards of living, and developed infrastructure. High disposable incomes and technological advancements have been propelling the growth of the explosion-proof equipment market as every type of industry, either SMEs or large enterprises, is focusing on deploying explosion-proof equipment in their factories. North America is expected to dominate the explosion-proof equipment market as it has the highest number of manufacturing facilities and oil & gas industries. For instance, according to the American Manufacturing Statistics report of May 2021 published by Propel PLM Inc., there are 292,825 manufacturing factories in the US, and ~12.2 million people were employed in the US manufacturing industry in 2021. Similarly, for the oil & gas industry, a total of 22 companies are producing oil & natural gas in Mexico, with another two projected to join the list in 2020, according to the local oil and gas association-Amexhi. In Canada, 1,334 companies are producing oil & gas; in the US, there are ~9,000 independent oil & natural gas producers. Thus, with the growth of manufacturing and oil & gas industries in the region, the need to employ a greater number of workers and maintain their safety as well as for the operators present in the factories is also increasing. Hence, there is an increased demand for explosion-proof equipment in these hazardous areas. Therefore, several industries (including oil & gas and manufacturing) are implementing explosion-proof equipment to maintain the safety of the operators as well as workers. Further, in North America, equipment for use in hazardous locations is required to have the recognized mark of an accredited certification body. For hazardous location equipment, the main recognized, accredited certification bodies include Underwriters Laboratories (UL), Occupational Safety and Health Administration (OSHA), Factory Mutual-FM3610, and National Fire Protection Association (NFPA), among others. Each of these agencies will have a mark indicating compliance with USA Standards (QPSus), Canadian Standards (cQPS), or both (cQPSus). Hence, the rise in the number of oil & gas and manufacturing industries and the focus of regulatory bodies on implementing explosion-proof equipment in these industries are contributing to the growth of the explosion-proof equipment market in the region. Moreover, there is a wide presence of popular explosion-proof equipment market players in North America. A few of the manufacturers of explosion-proof equipment are Emerson Electric Co.; Hubbell Incorporated; and Rockwell Automation, Inc.

North America Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

North America Explosion-Proof Equipment Market Segmentation

The North America explosion-proof equipment market is segmented into systems, protection method, industry, and country.

Based on systems, the North America explosion-proof equipment market is segmented into junction boxes & enclosures, lighting system, monitoring system, signaling devices, automation system, cable glands, HVAC systems, and others. The cable glands held the largest share of the North America explosion-proof equipment market in 2022.

In terms of protection method, the North America explosion-proof equipment market is categorized into large explosion prevention, explosion containment, and explosion segregation. The explosion prevention segment held the largest share of the North America explosion-proof equipment market in 2022.

Based on industry, the North America explosion-proof equipment market is segmented into pharmaceutical, mining, oil & gas, manufacturing, food processing, energy & power, chemical & petrochemical, and others. The energy & power segment held the largest share of the North America explosion-proof equipment market in 2022.

By country, the North America explosion-proof equipment market is segmented into the US, Canada, and Mexico. The US dominated the North America explosion-proof equipment market in 2022.

ABB Ltd, Cortem S.p.A., Eaton Corp Plc, Emerson Electric Co, Rockwell Automation Inc, Siemens AG, Pepperl+Fuchs SE, and MoistTech Corp are some of the leading companies operating in the North America explosion-proof equipment market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS

1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Key Insights
2.2 Market Attractiveness
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. North America Explosion-Proof Equipment Market Landscape
4.1 Overview
4.2 Ecosystem Analysis
4.2.1 List of Vendors in the Value Chain:
5. North America Explosion-Proof Equipment Market - Key Industry Dynamics
5.1 Drivers
5.1.1 Growth in Oil & Gas Industry
5.1.2 Increasing use of Explosion Proof LED Lights
5.1.3 Growing Industrial Safety Measures
5.2 Restraints:
5.2.1 Complexities Involved in Installation and Maintenance of Explosion-Proof Equipment
5.3 Opportunity:
5.3.1 Growth in the Construction Sector
5.4 Trends:
5.4.1 Integration with IoT
6. Explosion-Proof Equipment Market - North America Market Analysis
6.1 Explosion-Proof Equipment Market Revenue (US$ Million), 2022 - 2030
7. North America Explosion-Proof Equipment Market Analysis - Systems
7.1 Junction Boxes and Enclosures
7.1.1 Overview
7.1.2 Junction Boxes and Enclosures Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
7.2 Lighting System
7.2.1 Overview
7.2.2 Lighting System Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
7.3 Monitoring System
7.3.1 Overview
7.3.2 Monitoring System Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
7.4 Signaling Devices
7.4.1 Overview
7.4.2 Signaling Devices Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
7.5 Automation System
7.5.1 Overview
7.5.2 Automation System Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
7.6 Cable Glands
7.6.1 Overview
7.6.2 Cable Glands Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
7.7 HVAC Systems
7.7.1 Overview
7.7.2 HVAC Systems Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
7.8 Others
7.8.1 Overview
7.8.2 Others Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
8. North America Explosion-Proof Equipment Market Analysis - Protection Method
8.1 Explosion Prevention
8.1.1 Overview
8.1.2 Explosion Prevention Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
8.2 Explosion Containment
8.2.1 Overview
8.2.2 Explosion Containment Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
8.3 Explosion Segregation
8.3.1 Overview
8.3.2 Explosion Segregation Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9. North America Explosion-Proof Equipment Market Analysis - Industry
9.1 Pharmaceutical
9.1.1 Overview
9.1.2 Pharmaceutical Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.2 Mining
9.2.1 Overview
9.2.2 Mining Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.3 Oil and Gas
9.3.1 Overview
9.3.2 Oil and Gas Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.4 Manufacturing
9.4.1 Overview
9.4.2 Manufacturing Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.5 Food Processing
9.5.1 Overview
9.5.2 Food Processing Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.6 Energy and Power
9.6.1 Overview
9.6.2 Energy and Power Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.7 Chemical & Petrochemical
9.7.1 Overview
9.7.2 Chemical & Petrochemical Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9.8 Others
9.8.1 Overview
9.8.2 Others Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
10. North America Explosion-Proof Equipment Market - Country Analysis
10.1 North America
10.1.1 North America Explosion-Proof Equipment Market Overview
10.1.2 North America Explosion-Proof Equipment Market, By Key Country - Revenue 2022 (US$ Mn)
10.1.3 North America Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecasts and Analysis - By Countries
10.1.3.1 US Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
10.1.3.1.1 US Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Systems
10.1.3.1.2 US Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Protection Method
10.1.3.1.3 US Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Industry
10.1.3.2 Canada Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
10.1.3.2.1 Canada Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Systems
10.1.3.2.2 Canada Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Protection Method
10.1.3.2.3 Canada Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Industry
10.1.3.3 Mexico Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
10.1.3.3.1 Mexico Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Systems
10.1.3.3.2 Mexico Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Protection Method
10.1.3.3.3 Mexico Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Industry
11. Industry Landscape
11.1 Overview
11.2 Market Initiative
11.3 Product Development
12. Company Profiles
12.1 ABB Ltd
12.1.1 Key Facts
12.1.2 Business Description
12.1.3 Products and Services
12.1.4 Financial Overview
12.1.5 SWOT Analysis
12.1.6 Key Developments
12.2 Cortem S.p.A.
12.2.1 Key Facts
12.2.2 Business Description
12.2.3 Products and Services
12.2.4 Financial Overview
12.2.5 SWOT Analysis
12.2.6 Key Developments
12.3 Eaton Corp Plc
12.3.1 Key Facts
12.3.2 Business Description
12.3.3 Products and Services
12.3.4 Financial Overview
12.3.5 SWOT Analysis
12.3.6 Key Developments
12.4 Emerson Electric Co
12.4.1 Key Facts
12.4.2 Business Description
12.4.3 Products and Services
12.4.4 Financial Overview
12.4.5 SWOT Analysis
12.4.6 Key Developments
12.5 Rockwell Automation Inc
12.5.1 Key Facts
12.5.2 Business Description
12.5.3 Products and Services
12.5.4 Financial Overview
12.5.5 SWOT Analysis
12.5.6 Key Developments
12.6 Siemens AG
12.6.1 Key Facts
12.6.2 Business Description
12.6.3 Products and Services
12.6.4 Financial Overview
12.6.5 SWOT Analysis
12.7 Pepperl+Fuchs SE
12.7.1 Key Facts
12.7.2 Business Description
12.7.3 Products and Services
12.7.4 Financial Overview
12.7.5 SWOT Analysis
12.7.6 Key Developments
12.8 MoistTech Corp
12.8.1 Key Facts
12.8.2 Business Description
12.8.3 Products and Services
12.8.4 Financial Overview
12.8.5 SWOT Analysis
12.8.6 Key Developments
13. Appendix
13.1 Word Index

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

The Insight Partners 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(chemical)の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る