世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

米国オンライン食料品市場レポート:製品別(野菜・果物、乳製品、主食・調理必需品、スナック、肉・魚介類、その他)、購入者タイプ別(定期購入、1回購入)、配送タイプ別(クリック&コレクト、宅配)、ポーターズファイブフォース分析、SWOT分析、企業分析


United States Online Grocery Market Report by Product (Vegetables and Fruits, Dairy Products, Staples and Cooking Essentials, Snacks, Meat & Seafood, Others), Purchaser Type (Subscription Purchase, One Time Purchase), Delivery Type (Click & Collect, Home Delivery), Porters Five Forces Analysis, SWOT Analysis and Company Analysis

米国のオンライン食料品市場は、2023年の1,595億4,000万米ドルから2032年には6,229億2,000万米ドルに達し、2024年から2032年の年平均成長率は16.34%に達する。 食料品業界はしばしば、eコマース技術の採用で後... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Renub Research
Renubリサーチ
2024年5月1日 US$2,790
シングルユーザライセンス(PDF)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
100 英語

 

サマリー

米国のオンライン食料品市場は、2023年の1,595億4,000万米ドルから2032年には6,229億2,000万米ドルに達し、2024年から2032年の年平均成長率は16.34%に達する。

食料品業界はしばしば、eコマース技術の採用で後れを取っているとされる。このような認識は、他の品目と比較して食料品に対する消費者の導入ペースが低いことが一因となっている。スマートフォンの利用が増えたことは、食料品のオンラインショッピングの普及に大きく寄与している。ユーザーから決して離れないモバイル・デバイスで簡単にオンラインで買い物ができるため、他の重要な用事の合間に食料品を注文するのに便利なのだ。

アメリカ合衆国のオンライン食料品ショッピングは、都市部や郊外では一般的になっており、多くの消費者が宅配やカーブサイドピックアップのオプションを選択している。米国のオンライン食料品店市場は、主に可処分所得の上昇と快適さを好む傾向が強まっていることが背景にある。食料品の注文は、オンライン食料品店によって簡単かつ便利になる。それは時間を節約し、別の資産は、さらに食品だけでなく、非主食品目の広い範囲を与える。ミレニアル世代の人口増加やインターネットビジネス市場の発展も、市場の発展に拍車をかけている。その上、優勢なプレーヤーによる行動計画の改善と音声技術革新の混合は、さらに市場の発展を促進するだろう。スマートフォンは使い勝手がよく、モバイルアプリを通じて商品を購入できるため、オンラインショッピングに広く利用されている。その結果、予測期間中、市場はスマートフォンユーザーの増加とともに拡大すると予想される。


米国オンライン食料品市場調査

2022年、Eating and Healthモジュールは、食料品をオンラインで購入すると回答した米国住民の有病率と頻度に関する全国的な代表データを初めて取得した。

 調査データから、15歳以上の10人中ほぼ9人(87.2%)が、オンラインまたは対面での食料品の買い物を普段していると回答した。

 このうち、およそ10人に2人(19.3%)が、過去30日間に少なくとも一度はオンラインで食料品を購入したことがある。

 オンラインショッピングの頻度はさまざまであった。過去1ヶ月にオンラインで食料品を購入したことがある人のうち、30.2パーセントが1回、25.1パーセントが2回、44.7パーセントが3回以上オンラインで食料品を購入している。

- 2023年4月:男性の24%、女性の22%が毎週オンラインで食料品を購入。

- 2023年7月:女性の44%が週に1回、男性の31%が週に2~3回食料品を購入。

- 2023年:ミレニアル世代の65%が食料品をオンラインで毎月購入。


米国オンライン食料品企業分析

米国オンライン食料品市場の著名企業には、Tesco Plc、Walmart Inc、Instacart、The Kroger Co、Costco Wholesale Corporation、Target Corporation、FreshDirect、Peapod Online Grocer, LLCなどがある。


米国オンライン食料品会社ニュース

2022年4月、BigBasketはインド全土でクイック・コマース事業を拡大し、急成長する市場の利益を活用すると発表した。この事業拡大の一環として、同社は700のオフライン店舗を建設し、食料品小売の全範囲をカバーすることを計画している。
2022年3月、インスタカートは、食料品業界に革命を起こすために設計されたエンタープライズグレードのテクノロジー群である「インスタカート・プラットフォーム」を発表した。この革新的なサービスにより、Instacartは小売業者を強化し、消費者の体験を向上させ、様々な買い物の嗜好に対応することを目指す。
2022年5月、拡張ドローン配送サービスの開始により、小売業の巨人ウォルマートは、DroneUpとの空中協力を新たな高みへと着実に引き上げている。これにより、米国6州に広がる約400万世帯の潜在顧客にサービスを提供できるようになる。
2021年4月、純粋なオンライン食料品店であるFreshDirectは、Ahold Delhaizeとプライベート・エクイティ会社のCenterbridge Partnersによって買収された。
2021年3月、自動物流のエキスパートであるトータスとの協力により、アルバートソンズ・コスのスーパーマーケットチェーンであるセーフウェイは、北カリフォルニアで遠隔操作の食料品配達カートをテストしている。
2021年11月、電子商取引の巨人アマゾンは、食品事業のフレッシュとパントリーの合併が完了し、アマゾンフレッシュと呼ばれる1つの統合店舗になったと発表した。


商品

1.野菜・果物
2.乳製品
3.主食と料理の必需品
4.スナック
5.肉・シーフード
6.その他


購入者タイプ

1.サブスクリプション購入
2.一括購入


配送タイプ

1.クリック&コレクト
2.宅配


各社とも以下の3点から調査している。

1.概要
2.最近の発展
3.収益分析


主要プレーヤー

1.テスコ
2.ウォルマート
3.インスタカート
4.クローガー
5.コストコホールセール
6.ターゲット・コーポレーション
7.フレッシュダイレクト
8.ピーポッド・オンライン・グローサー

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに

2.研究方法

3.エグゼクティブサマリー

4.市場ダイナミクス

4.1 成長促進要因
4.2 課題


5.米国のオンライン食料品市場

6.市場シェア - 米国オンライン食料品分析

6.1 商品別
6.2 購入タイプ別
6.3 配送タイプ別


7.製品- 米国オンライン食料品市場

7.1 野菜と果物
7.2 乳製品
7.3 主食と調理必需品
7.4 スナック
7.5 肉・魚介類
7.6 その他


8.購買者タイプ別-米国オンライン食料品市場

8.1 定期購入
8.2 単回購入


9.配達タイプ - 米国オンライン食料品市場

9.1 クリック&コレクト
9.2 宅配


10.ポーターのファイブフォース分析-米国オンライン食料品市場

10.1 買い手の交渉力
10.2 サプライヤーの交渉力
10.3 ライバルの度合い
10.4 新規参入の脅威
10.5 代替品の脅威


11.SWOT分析 - アメリカのオンライン食料品市場

11.1 強み
11.2 弱点
11.3 チャンス
11.4 脅威


12.主要プレーヤー

12.1 テスコPlc.

12.1.1 概要
12.1.2 主要人物
12.1.3 最近の発展
12.1.4 収益分析

12.2 ウォルマート社

12.2.1 概要
12.2.2 主要企業
12.2.3 最近の発展
12.2.4 収益分析

12.3 インスタカート

12.3.1 概要
12.3.2 主要人物
12.3.3 最近の発展
12.3.4 収益分析

12.4 クローガー社

12.4.1 概要
12.4.2 主要人物
12.4.3 最近の発展
12.4.4 収益分析

12.5 コストコホールセールコーポレーション

12.5.1 概要
12.5.2 主要人物
12.5.3 最近の発展
12.5.4 収益分析

12.6 ターゲット

12.6.1 概要
12.6.2 キーパーソン
12.6.3 最近の開発
12.6.4 収益分析

12.7 フレッシュダイレクト

12.7.1 概要
12.7.2 主要人物
12.7.3 最近の発展

12.8 ピーポッド・オンライン・グローサー・エルエルシー

12.8.1 概要
12.8.2 主要人物
12.8.3 最近の開発

ページTOPに戻る



図表リスト

表-01:米国:オンライン食料品市場製品別シェア(%)、2019年~2023年
表-02:米国:オンライン食料品市場製品別シェア予測(%)、2024年~2032年
表-03:米国-オンライン食料品市場購入タイプ別シェア(%)、2019年~2023年
表-04:米国:オンライン食料品市場購入タイプ別シェア(%)予測、2024年~2032年
表-05:米国-配達タイプ別オンライン食料品市場シェア(%)、2019年~2023年
表-06:米国-配達タイプ別オンライン食料品市場シェア(%)予測、2024年~2032年

 

ページTOPに戻る


 

Summary

United States Online Grocery Market will reach US$ 622.92 Billion by 2032 from US$ 159.54 Billion in 2023, with a CAGR of 16.34% during 2024-2032.

The grocery industry is often portrayed as a laggard in adopting ecommerce technology. This perception is fed in part by the lower pace of consumer adoption for groceries when compared to other items. Increased smartphone usage is a major contributing factor to the increased adoption of online grocery shopping. The ease of buying things online on a mobile device that is never very far from the user makes it convenient to order groceries in between other important things.

United States online grocery shopping has become common in urban and suburban areas, with many consumers opting for home delivery or curbside pickup options. The market for online grocery stores in the United States is primarily driven by rising disposable income and a growing preference for comfort. Ordering groceries is made simple and convenient by online grocery stores. It saves time, and different assets additionally give a broad scope of food as well as non-staple items. The rising millennial populace and developing internet business market have additionally added fuel to the development of the market. Besides, the improvement of plans of action by predominant players and a mix of voice innovation will additionally drive the development of the market. Smartphones are widely used for online shopping because they are simple to use and let users buy products through mobile apps. As a result, the market is expected to expand in tandem with the rising number of smartphone users over the forecast period.


United States Online Grocery Market Survey

In 2022, the Eating and Health Module captured for the first time nationally representative data concerning the prevalence and frequency of U.S. residents who report shopping for groceries online.

 The survey data revealed that nearly 9 out of 10 individuals aged 15 and older (87.2 percent) reported they usually grocery shopped for their household, either online or in-person.

 Of these, approximately 2 in 10 (19.3 percent) had bought groceries online at least once in the last 30 days.

 The frequency of online shopping varied. Among those who had bought groceries online in the past month, 30.2 percent did so once, 25.1 percent made two online grocery purchases, and 44.7 percent purchased groceries online three or more times.

• April 2023: 24% of men and 22% of women shopped for groceries online weekly

• July 2023: 44% of women shopped for groceries once a week, and 31% of men shopped two to three times a week

• 2023: 65% of millennials shopped for groceries online monthly


United States Online Grocery Company Analysis

Some of the prominent company in the United States Online Grocery market includes, Tesco Plc, Walmart Inc, Instacart, The Kroger Co, Costco Wholesale Corporation, Target Corporation, FreshDirect and Peapod Online Grocer, LLC.


United States Online Grocery Company News

In April 2022, BigBasket announced to expand its quick commerce business across India and harness the benefits of the fast-growing market. As a part of this expansion, the company projects to build 700 offline stores to cover the entire range of grocery retail.
In March 2022, Instacart launched "The Instacart Platform," a suite of enterprise-grade technologies designed to revolutionize the grocery industry. With this innovative offering, Instacart aims to empower retailers and enhance the consumer experience, catering to various shopping preferences.
In May 2022, With the launch of extended drone delivery services, the retailing behemoth Walmart is now steadily elevating its aerial cooperation with DroneUp to new heights. They would be able to service potential clients in around 4 million homes spread across six US states thanks to this.
In April 2021, FreshDirect, a pure-play online grocer, was acquired by Ahold Delhaize and private equity firm Centerbridge Partners.
In March 2021, in collaboration with automated logistics expert Tortoise, Albertsons Cos. supermarket chain Safeway is testing a remote-controlled grocery delivery cart in Northern California.
In November 2021, the e-commerce behemoth Amazon announced that the merger of its food businesses Fresh and Pantry into a single, consolidated store called Amazon Fresh was complete.


Product

1. Vegetables and Fruits
2. Dairy Products
3. Staples and Cooking Essentials
4. Snacks
5. Meat & Seafood
6. Others


Purchaser Type

1. Subscription Purchase
2. One Time Purchase


Delivery Type

1. Click & Collect
2. Home Delivery


All the companies have been studied from three points

1. Overview
2. Recent Development
3. Revenue Analysis


Key Players

1. Tesco Plc.
2. Walmart Inc.
3. Instacart
4. The Kroger Co.
5. Costco Wholesale Corporation
6. Target Corporation
7. FreshDirect
8. Peapod Online Grocer, LLC



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction

2. Research Methodology

3. Executive Summary

4. Market Dynamics

4.1 Growth Drivers
4.2 Challenges


5. United States Online Grocery Market

6. Market Share - United States Online Grocery Analysis

6.1 By Product
6.2 By Purchase Type
6.3 By Delivery Type


7. Product- United States Online Grocery Market

7.1 Vegetables and Fruits
7.2 Dairy Products
7.3 Staples and Cooking Essentials
7.4 Snacks
7.5 Meat & Seafood
7.6 Others


8. Purchaser Type - United States Online Grocery Market

8.1 Subscription Purchase
8.2 One Time Purchase


9. Delivery Type – United States Online Grocery Market

9.1 Click & Collect
9.2 Home Delivery


10. Porter’s Five Forces Analysis - United States Online Grocery Market

10.1 Bargaining Power of Buyers
10.2 Bargaining Power of Suppliers
10.3 Degree of Rivalry
10.4 Threat of New Entrants
10.5 Threat of Substitutes


11. SWOT Analysis - United States Online Grocery Market

11.1 Strength
11.2 Weakness
11.3 Opportunity
11.4 Threat


12. Key Players

12.1 Tesco Plc.

12.1.1 Overview
12.1.2 Key Persons
12.1.3 Recent Development
12.1.4 Revenue Analysis

12.2 Walmart Inc.

12.2.1 Overview
12.2.2 Key Persons
12.2.3 Recent Development
12.2.4 Revenue Analysis

12.3 Instacart

12.3.1 Overview
12.3.2 Key Persons
12.3.3 Recent Development
12.3.4 Revenue Analysis

12.4 The Kroger Co.

12.4.1 Overview
12.4.2 Key Persons
12.4.3 Recent Development
12.4.4 Revenue Analysis

12.5 Costco Wholesale Corporation

12.5.1 Overview
12.5.2 Key Persons
12.5.3 Recent Development
12.5.4 Revenue Analysis

12.6 Target Corporation

12.6.1 Overview
12.6.2 Key Persons
12.6.3 Recent Development
12.6.4 Revenue Analysis

12.7 FreshDirect

12.7.1 Overview
12.7.2 Key Persons
12.7.3 Recent Development

12.8 Peapod Online Grocer, LLC

12.8.1 Overview
12.8.2 Key Persons
12.8.3 Recent Development

ページTOPに戻る



List of Tables/Graphs

Table-01: United States – Online Grocery Market Share by Product (Percent), 2019 – 2023
Table-02: United States – Forecast for Online Grocery Market Share by Product (Percent), 2024 – 2032
Table-03: United States – Online Grocery Market Share by Purchase Type (Percent), 2019 – 2023
Table-04: United States – Forecast for Online Grocery Market Share by Purchase Type (Percent), 2024 – 2032
Table-05: United States – Online Grocery Market Share by Delivery Type (Percent), 2019 – 2023
Table-06: United States – Forecast for Online Grocery Market Share by Delivery Type (Percent), 2024 – 2032

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

Renub Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


Renub Research社はどのような調査会社ですか?


Renubリサーチ (Renub Research)は、インドに本社を置く調査会社です。通信や医薬市場について、市場動向や技術はもちろん、企業レポートや医療観光(メディカルツーリズム)など、幅広い関連... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る