世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

High Speed Ground Transport Technologies Are Transforming Regional Mobility


高速陸上輸送技術が変える地域のモビリティ

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート 「高速陸上輸送技術が変える地域のモビリティ」 は、 新しい 高速陸上輸送技術の市場について概説し、大規模採用の可能性について論じて... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2019年3月6日 US$1,850
1-5ユーザライセンス(PDF)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
19 7 英語

 

Summary

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「高速陸上輸送技術が変える地域のモビリティ」は、新しい高速陸上輸送技術の市場について概説し、大規模採用の可能性について論じている。最新の採用状況を概観し、航空や石油ガスなどの様々な産業における高速陸上輸送技術の影響について査定している。今後の成長の可能性を論じ、高速陸上輸送技術の採用が成功した場合の利点を評価している。高速陸上輸送技術の成長に投資する都市や技術ベンダへの助言も記載している。

The movement of people and goods by vehicle, ship, and airplane continues to contribute to rising congestion and greenhouse gas (GHG) emissions around the world. Limited options for intercity travel are restricting economic growth and regional mobility. High speed ground transport (HSGT) technologies such as high speed rail (HSR), magnetic levitation (maglev) trains, and hyperloops can link cities into economic megaregions while simultaneously helping to transform the transportation system to become more sustainable.

The proliferation of HSR has provided an economic boost and reduced short-haul air traffic across much of Europe and several countries in Asia Pacific, such as Japan and China. Maglev trains and hyperloops could extend these trends much further. However, maglev costs will need to be significantly reduced, and hyperloops will have to overcome a myriad of technological, safety, regulatory, and business model challenges to become a viable mass transport technology.

This Navigant Research report examines the evolving landscape of HSGT technologies and their viability for mainstream adoption. The study provides an overview of recent deployments and examines the impact of HSGT technologies on various industries (e.g., aviation, oil & gas, etc.). The report discusses future growth potential and examines the benefits that result from successful HSGT implementation. Recommendations are provided to cities and technology vendors to capitalize on the growth of HSGT technologies.

  • What is the current state of HSGT technologies, and what are their relative strengths and weaknesses?
  • How do HSGT technologies differ in terms of their market penetration and long-term potential?
  • What will the impacts of HSGT be on the broader transportation ecosystem and related industries?
  • What should HSR vendors do to protect against potential future losses to hyperloops and maglev trains?
  • What should airlines and oil companies do to offset their losses from HSGT?
  • How can hyperloop vendors be most successful?
  • How should governments support the development of HSGT?
  • Government agencies
  • City and regional transportation managers
  • Hyperloop and maglev suppliers
  • HSR companies
  • Airline companies
  • Communication equipment and infrastructure providers
  • Telecoms
  • Engineering service providers and IT players
  • Investor community

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Spark

Context

Recommendations

High Speed Ground Transport Definitions

High Speed Ground Transport Technologies Are Evolving to Create Faster and More Sustainable Regional Mobility Systems

High Speed Rail Is Emerging as a Major Mode of High Tech Transport

Maglev Trains Have Struggled to Achieve Mainstream Adoption

Hyperloop Industry Nearing First Commercial Deployments

HSGT Technologies Differ Significantly in Market Penetration and Long-Term Potential

HSR Lines Will Continue Expansive Deployments

Maglev Trains Will Likely Remain a Niche Technology

Hyperloops Hold Significant Potential, but Major Hurdles Remain to Commercial Viability

HSGT Technologies Are Creating Megaregions of Economic Opportunity

HSGT Will Continue to Decrease Short-Haul Air Traffic and Vehicle Miles Traveled, Reducing Oil Consumption

The Sustainability of Transport Systems Will Be Improved and Accelerated through HSGT

What Does Navigant Research Recommend?

HSR Vendors Increase the Speed Capabilities of Trains, Use Higher Levels of Automation, Invest in Hyperloop Industry

Hyperloop Vendors Demonstrate Safety, Security, Economic Viability—Focus on Shipping Goods Initially

Airlines Reduce User Friction Points, Partner with HSGT Providers, and Electrify or Develop Cleaner Fuels to Protect Market Share

Oil Companies Should Pursue New Business Opportunities to Offset Losses from HSGT  

Governments Support the Widespread Adoption of HSGT Technologies and Work to Integrate HSGT with Other Transport Modes

 

  • Length of HSR Lines in Operation and Under Construction, Leading Countries (Maximum Speed Ranges from 186 mph to 217 mph)
  • Lo Series Maglev Train, Japan
  • Japan’s Chuo Shinkansen Maglev Route: Tokyo-Nagoya-Osaka
  • Length of Maglev Lines in Operation, All Speeds: 2019-2029
  • Hyperloop Length of Track, Base and Aggressive Scenarios, World Markets: 2020-2030
  • HSGT Technology Definitions
  • HSGT Technology Strengths and Weaknesses

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(モビリティ)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/21 10:26

160.10 円

171.83 円

205.37 円

ページTOPに戻る