世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アナリストインサイト:電解槽プロジェクトのケーススタディ


Analyst Insight: Electrolyzer Project Case Studies

クリーンエネルギーの未来への移行は、グリーン水素プロジェクトの開発とスケールアップの成功にかかっている。プロジェクト開発者と電解槽メーカーは、モビリティやエネルギー多消費型産業など、さまざまな最... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2024年4月8日 US$750
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
16 2 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

クリーンエネルギーの未来への移行は、グリーン水素プロジェクトの開発とスケールアップの成功にかかっている。プロジェクト開発者と電解槽メーカーは、モビリティやエネルギー多消費型産業など、さまざまな最終用途セクターで脱炭素化を実現するために取り組んでいる。しかし、資金調達の難しさ、規制の不確実性、技術的・工学的課題など、プロジェクトを先進的な開発段階に移行させるためには、依然として大きな障壁が立ちはだかっている。
 
本アナリストインサイトは、Guidehouse InsightsのHydrogen Electrolyzer Tracker(水素電解槽トラッカー)の1Q24最新版と同時に発表されたもので、最終的な投資決定が下された、あるいはその可能性が高い大規模グリーン水素プロジェクトを紹介している。本レポートの目的は、プロジェクト開発を成功させるためのプロジェクト設計、メーカーとの協力、最終用途との統合の主な特徴を明らかにすることである。大手メーカー3社が供給した北米と欧州のプロジェクト6件のケーススタディを掲載している。
 
本アナリストインサイトでは、北米と欧州における最近の政策動向を要約し、「Hydrogen Electrolyzer Tracker 1Q24」の最新版から主要数値を取り上げ、最後に水素関係者への提言を掲載している。
 
主な質問
  • 現在の主要電解槽プロジェクトは何か?
  • 主要な電解槽プロジェクトはどのように成功を収めているのか?
  • これらの電解槽プロジェクトのビジネスモデルの特徴は何か?
  • 北米と欧州におけるグリーン水素政策はどのように発展しているのか?
  • メーカーとデベロッパーがグリーン水素プロジェクトで効果的に協力するには?
  • グリーン水素デベロッパーは既存のインフラをどのように活用できるか?
 
本レポートの対象者
  • 水素メーカー
  • 投資家 
  • 電解槽メーカー 
  • 業界関係者 
  • 政策立案者


ページTOPに戻る


目次

はじめに
範囲
要旨
グリーン水素政策の展開 北米と欧州
PEM技術のスポットライト
ケーススタディ エア・リキード・ノルマンハイ
ケーススタディ HIFグローバルのマタゴルダ工場
ケーススタディ オランダ水素I
ケーススタディ H2グリーンスチール工場
ケーススタディ ヴァレンヌ・カーボン・リサイクリング・プラント
ケーススタディ リンデ・ナイアガラフォールズ工場
主な推奨事項
頭字語、リソース、連絡先
 
図表リスト
ステータス別PEMプロジェクト: 1Q24
技術別電解槽計画容量と稼働容量:1Q24

 

ページTOPに戻る


 

Summary

本レポートでは、大手メーカー3社が供給した北米と欧州のプロジェクト6件のケーススタディを掲載しています。
 
Report Description
The transition to a clean energy future relies in part on the successful development and scale-up of green hydrogen projects. Project developers and electrolyzer manufacturers are working to enable decarbonization across a range of end-use sectors, including mobility and energy-intensive industry. However, significant barriers remain to moving projects to advanced development stages, including difficulties with securing financing, regulatory uncertainties, and technical and engineering challenges.
 
Released alongside the 1Q24 update of Guidehouse Insights’ Hydrogen Electrolyzer Tracker, this Analyst Insight profiles several large-scale green hydrogen projects that have either taken a final investment decision or have a high likelihood of taking one. The objective of the report is to identify key features of project design, manufacturer collaboration, or end-use integration that enable projects to be developed successfully. Case studies are provided for six North American and European projects supplied by three leading manufacturers.
 
This Analyst Insight also summarizes recent policy developments across North America and Europe, highlights key figures from the updated Hydrogen Electrolyzer Tracker 1Q24, and concludes with recommendations for hydrogen stakeholders.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What are the current leading electrolyzer projects?
  • How are the leading electrolyzer projects garnering success?
  • What is distinct about these electrolyzer projects’ business models?
  • How is green hydrogen policy developing in North America and Europe?
  • How can manufacturers and developers effectively collaborate on green hydrogen projects?
  • How can green hydrogen developers utilize existing infrastructure to their benefit?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Hydrogen producers
  • Investors 
  • Electrolyzer producers 
  • Industry players 
  • Policy makers


ページTOPに戻る


Table of Contents

Introduction
Scope
Executive Summary
Green Hydrogen Policy Development: North America and Europe
Spotlight on PEM Technology
Case Study: Air Liquide Normand’Hy
Case Study: HIF Global’s Matagorda Plant
Case Study: Holland Hydrogen I
Case Study: H2 Green Steel Plant
Case Study: Varennes Carbon Recycling Plant
Case Study: Linde Niagara Falls Plant
Key Recommendations
Acronyms, Resources and Contact
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
PEM Projects by Status: 1Q24
Planned and Operational Electrolyzer Capacity by Technology: 1Q24

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(電解槽)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る