世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

欧米におけるグリーン水素プロジェクトファイナンスの現状と課題


The State of Play for Green Hydrogen Project Financing in Europe and the US

グリーン水素施設に資金を集め、プロジェクト開発の様々な段階を経ていくことは、依然として大きな課題となっています。最終投資決定(FID)または建設が開始されたプロジェクトの割合は、現在パイプライン全... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2023年3月17日 US$1,850
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
17 2 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

グリーン水素施設に資金を集め、プロジェクト開発の様々な段階を経ていくことは、依然として大きな課題となっています。最終投資決定(FID)または建設が開始されたプロジェクトの割合は、現在パイプライン全体のごく一部であり、欧州と米国の計画容量の2%未満に相当します。
 
Guidehouse Insightsは、2023年にはこの状況が改善されると予想していますが、それでも、オフテイクリスクが限定的で、資本力のある支援者がいるプロジェクトが有利になると思われます。潜在的な資金提供者は、プロジェクトのキャッシュフローとリスクプロファイルを十分な情報に基づいて評価し、コミットメントを行うことができる必要があります。多くの場合、プロジェクトは信用できる取引先と長期のオフテイク契約を締結する必要があります。また、グリーン水素プロジェクトは、バリューチェーンの複雑化、不透明な規制環境、技術の性能と寿命の限定的な実績など、従来のエネルギーインフラに慣れているステークホルダーにとって、さらなる困難をもたらす。
 
本レポートでは、欧米におけるプロジェクト設計、リスク軽減、規制の進展に焦点を当て、資金調達に影響を与える可能性のある主要な変数について概観する。
 
主な質問
  • グリーン水素プロジェクトの開発者にとっての主要なリスク源は何か?
  • プロジェクトの設計において、開発者はどのようにリスクを最小化することができるのか?
  • グリーン水素プロジェクトは、どのような収益源を利用できるのか?
  • 現在のEUと米国の政策は、グリーン水素プロジェクトの資金調達にどのような影響を与えるか?
  • IRAは米国における水素開発にどのような影響を与えるか?
 
このレポートが必要な人
  • 水素プロジェクト開発者
  • 電解槽メーカー
  • 産業用エネルギー消費者
  • 水素のNPO・研究機関
  • ユーティリティ
  • 政策立案者
  • 投資家コミュニティ


ページTOPに戻る


目次

目次
スパーク
コンテクスト
おすすめポイント
グリーン水素セクターの課題である資金調達について
プロジェクト開発者は複数のリスク源を管理しなければならない
FIDを達成するためには、効果的なプロジェクト設計が重要である。
グリーン水素プロジェクトは、適切なオフテイクモデルを選択する必要があります。
プロジェクト収益の大半を占める長期供給契約について
欧州におけるグリーン水素プロジェクトの主な阻害要因である不透明な補助金
グリーン水素ターゲット
グリーン水素プロジェクトの基準
ヨーロッパ共通の重要なプロジェクト
カーボンプライシングの影響
水素銀行
EU加盟国の補助金制度
米国の展望はポジティブだが、課題は残る
地域水素ハブ
生産・投資税額控除
開発者はプロジェクトのリスクを管理・分散するために努力できる
不確実な規制は、明らかに炭素集約度が低いプロジェクトに有利に働く。
水素のステークホルダーは、関連業界に先例を求めるべき
リスク共有がプロジェクト成功の鍵
複数のステージでプロジェクトを計画することで、先行者リスクを最小限に抑えることができる
グリーン商品のアーリーアダプターと協力することで、プロジェクト開発を促進することができます。
 
図表一覧
グリーン水素プロジェクトの開発フェーズ
 
表一覧
PTCカーボンインテンシティ閾値

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、欧米におけるプロジェクト設計、リスク軽減、規制の進展に焦点を当て、資金調達に影響を与える可能性のある主要な変数について概観しています。
 
Report Description
Attracting financing for green hydrogen facilities and moving them through the various stages of project development remains a major challenge. The proportion of projects that have taken a final investment decision (FID) or begun construction is currently a small fraction of the overall pipeline, representing less than 2% of planned capacity in Europe and the US.
 
While Guidehouse Insights expects this situation to improve in 2023, progress will still favor projects with limited offtake risk and well capitalized backers. Potential financiers must be able to make an informed assessment of the cashflows and risk profile of a project to make a commitment. In most cases, this requires projects to have secured long term offtake agreements with creditworthy counterparties. Green hydrogen projects also present added difficulties to stakeholders familiar with more conventional forms of energy infrastructure, including increased value chain complexity, an uncertain regulatory environment, and a limited track record of technology performance and lifetimes.
 
This report provides an overview of the key variables likely to influence financing, with a focus on project design, risk mitigation and regulatory developments in Europe and the United States.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What are the key sources of risk for developers of green hydrogen projects?
  • How can developers minimize risks in project design?
  • What revenue streams are available to green hydrogen projects?
  • What is the impact of current EU and US policies on financing green hydrogen projects?
  • How will the IRA influence hydrogen development in the US?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Hydrogen project developers
  • Electrolyzer manufacturers
  • Industrial energy consumers
  • Hydrogen nonprofits and research organizations
  • Utilities
  • Policy makers
  • Investor community
 


ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
Spark
Context
Recommendations
Financing Remains a Challenge for the Green Hydrogen Sector
Project Developers Must Manage Multiple Sources of Risk
Effective Project Design Is Critical to Reaching FID
Green Hydrogen Projects Must Select a Suitable Offtake Model
Long-term Supply Agreements Will Account for the Bulk of Project Revenues
Uncertain Subsidies Are the Main Impediment to Green Hydrogen Projects in Europe
Green Hydrogen Targets
Criteria for Green Hydrogen Projects
Important Projects of Common European Interest
Carbon Pricing Impacts
The Hydrogen Bank
EU Member State Subsidy Schemes
The Outlook for the US Is Positive, but Challenges Remain
Regional Hydrogen Hubs
Production and Investment Tax Credits
Developers Can Work to Manage and Distribute Project Risks
Uncertain Regulations Will Favor Projects with Demonstrably Low Carbon Intensities
Hydrogen Stakeholders Should Look to Related Industries for Precedents
Risk Sharing Is Key to Project Success
Planning Projects over Multiple Stages Minimizes First-Mover Risks
Working with Early Adopters of Green Commodities Can Spur Project Development
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Development Phases for a Green Hydrogen Project
 
LIST OF TABLES
PTC Carbon Intensity Thresholds
 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(グリーン水素)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/21 10:26

160.10 円

171.83 円

205.37 円

ページTOPに戻る