世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

マーケットデータ:定置用燃料電池


Market Data: Stationary Fuel Cells

定置用燃料電池(SFC)は、重要なインフラ施設や産業施設、その他のエンドユーザーに対して、系統停止から大規模なエネルギー消費者を保護したり、持続可能なプロセス熱を提供するなど、さまざまな分散型エネ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2022年12月19日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
39 43 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

定置用燃料電池(SFC)は、重要なインフラ施設や産業施設、その他のエンドユーザーに対して、系統停止から大規模なエネルギー消費者を保護したり、持続可能なプロセス熱を提供するなど、さまざまな分散型エネルギーサービスを提供しています。ディーゼル発電機やガスタービンなどの燃焼式エネルギー源と比較して、燃料電池は高効率、低排出ガス、低メンテナンスを実現します。また、バックアップ電源として使用する場合、SFCは独立型蓄電池システムよりも資本コストが低く、放電期間も長くなります。
しかし、SFCはまだニッチな発電技術であり、米国、日本、韓国、欧州の一部の市場にしか普及していない。SFCは、比較的高い固定費、限られた規模の経済性、低温燃料電池技術用の未熟な水素流通インフラに阻まれ、まだ大幅なスケールアップには至っていません。
 
ガイドハウス・インサイトは、今後数年間で、SFCメーカーがいくつかの新たな技術動向から恩恵を受けると予測しています。グリッドの回復力に関する懸念の高まりにより、特にデータセンターや医療施設などの重要なインフラサイトにおいて、信頼性が高く燃料の自由度が高い分散型発電技術に対する需要が高まっています。モビリティ用途の燃料電池が大幅に普及し、電解槽の製造能力も急速に拡大しているため、一部のSFCメーカーや技術の習得が進む。また、低炭素インフラプロジェクトに対する政策的支援の増加により、SFCメーカーにとって水素の製造コストが下がり、調達が容易になることが予想されます。
本レポートでは、2022年から2031年までの定置用燃料電池の年間導入量と収益の予測を、世界の地域、燃料電池技術、アプリケーション別に掲載しています。
 
 
主な質問
  • 2031年までに最大の市場シェアを獲得する定置型燃料電池技術は何か?
  • 定置用燃料電池産業で活躍しているメーカーとその戦略の違いは何か?
  • 2031年までに最も大きな収益増加をもたらすのはどのアプリケーションか?
  • 北米、欧州、アジア太平洋、その他の地域では、どの定置用燃料電池技術が好まれるのか?
  • 今後10年間、定置用燃料電池はどのような機会と課題に直面するのか?
 
本レポートの対象者
  • 燃料電池メーカー
  • 水素と燃料の生産者
  • 重要インフラ事業者
  • データセンター関係者
  • 電気通信産業関係者
  • 産業用エネルギー消費者
  • 水素に関する非営利団体および研究機関
  • 電力事業者
  • 政策立案者
  • 投資家コミュニティ


ページTOPに戻る


目次

1. エグゼクティブサマリー
1.1 市場紹介
1.2 市場予測
2. 市場の課題
2.1 定置用燃料電池の技術
2.1.1 固体酸化物型燃料電池
2.1.2 リン酸型燃料電池
2.1.3 溶融炭酸塩燃料電池
2.1.4 高分子電解質膜式燃料電池
2.1.5 アルカリ性燃料電池
2.2 定置型燃料電池の用途
2.3 定置型燃料電池のエンドユーザー
2.3.1 データセンター
2.3.2 電気通信
2.3.3 病院
2.3.4 副生水素を利用する産業分野
2.3.5 EV充電
2.3.6 ショアサイドパワー
2.3.7 マイクロCHP
2.3.8 その他の最終用途
2.4 マーケットドライバ
2.4.1 水素・燃料電池に対する政策的支援の増加
2.4.2 送電網の耐障害性が普及の原動力
2.4.3 燃料電池の設備投資額の削減
2.5 市場の障壁
2.5.1 燃料インフラへの要求
2.5.2 重要な鉱物の供給制限にさらされる
3. 市場予測
3.1 方法論
3.2 世界市場の概要
3.2.1 地域別の定置用燃料電池の導入量
3.2.2 技術別定置型燃料電池導入量
3.2.3 アプリケーション別定置型燃料電池導入量
3.3 地域別市場概要
3.3.1 北米
3.3.1.1 技術別定置型燃料電池導入量
3.3.1.2 アプリケーション別定置型燃料電池導入量
3.3.2 欧州
3.3.2.1 技術別定置型燃料電池の導入量
3.3.2.2 アプリケーション別定置型燃料電池導入量
3.3.3 アジア太平洋地域
3.3.3.1 技術別定置型燃料電池導入量
3.3.3.2 アプリケーション別定置型燃料電池導入量
3.3.4 その他の国
3.3.4.1 技術別定置型燃料電池の導入量
3.3.4.2 アプリケーション別定置型燃料電池導入量
4. 結論と提言
5. 頭字語・略語一覧
6. 目次
7. 図表一覧
8. 調査対象範囲、出典・方法、注釈
 
図表一覧
定置用燃料電池の地域別導入量・売上高、世界市場、2022年〜2031年
定置用燃料電池の導入量・収益(技術別)、世界市場、2022年〜2031年
定置用燃料電池の導入量・収益(アプリケーション別)、世界市場、2022年~2031年
定置用燃料電池の導入量・収益(技術別)、北米、2022年〜2031年
定置用燃料電池の導入量・売上高(アプリケーション別)、北米、2022年〜2031年
定置用燃料電池の導入量・収益(技術別)、欧州、2022年〜2031年
定置用燃料電池の導入量・売上高(アプリケーション別)、欧州、2022年〜2031年
定置用燃料電池の導入量・収益(技術別)、アジア太平洋地域、2022年〜2031年
定置用燃料電池導入量・収益(アプリケーション別)、アジア太平洋地域、2022年〜2031年
定置用燃料電池の導入量・収益(技術別)、その他の地域、2022年〜2031年
定置用燃料電池の導入量と売上高(アプリケーション別)、その他の地域、2022年〜2031年
 
 
 
表一覧
定置用燃料電池の地域別導入量、世界市場、2022-2031年
定置用燃料電池の地域別売上高、世界市場、2022年〜2031年
定置用燃料電池の技術別導入量、世界市場、2022年〜2031年
定置用燃料電池の技術別売上高、世界市場、2022年〜2032年
定置用燃料電池のアプリケーション別導入量、世界市場、2022年〜2031年
定置用燃料電池のアプリケーション別売上高、世界市場、2022年〜2031年
定置用燃料電池の技術別導入量、北米、2022年〜2031年
定置用燃料電池の技術別売上高、北米、2022年〜2031年
定置用燃料電池のアプリケーション別導入量、北米、2022年〜2031年
定置用燃料電池のアプリケーション別売上高、北米、2022年〜2031年
定置用燃料電池の技術別導入量、欧州、2022年〜2031年
定置用燃料電池の技術別売上高、欧州、2022年〜2031年
定置用燃料電池のアプリケーション別導入量、欧州、2022年〜2031年
定置用燃料電池のアプリケーション別売上高、欧州、2022年〜2031年
定置用燃料電池の技術別導入量、アジア太平洋地域、2022年〜2031年
定置用燃料電池の技術別売上高、アジア太平洋地域、2022年〜2031年
定置用燃料電池のアプリケーション別導入量、アジア太平洋地域、2022年〜2031年
定置用燃料電池のアプリケーション別売上高、アジア太平洋地域、2022年〜2031年
定置用燃料電池の技術別導入量、その他の地域、2022年〜2031年
定置用燃料電池の技術別売上高、その他の地域、2022年〜2031年
定置用燃料電池のアプリケーション別導入量、その他の地域、2022年〜2031年
定置用燃料電池アプリケーション別売上高、その他の地域、2022年〜2031年
SOFCの地域別導入量、世界市場、2022年〜2031年
SOFCの地域別売上高、世界市場、2022年〜2031年
PAFCの地域別導入量、世界市場、2022年〜2031年
PAFCの地域別売上高、世界市場、2022年〜2031年
MCFCの地域別導入量、世界市場、2022年〜2031年
MCFCの地域別売上高、世界市場、2022年〜2031年
PEM-FCの地域別導入量、世界市場、2022年〜2031年
PEM-FCの地域別売上高、世界市場、2022年〜2031年
AFCの地域別導入量、世界市場、2022年〜2031年
AFCの地域別売上高、世界市場、2022年〜2031年

 

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、2022年から2031年までの定置用燃料電池の年間導入量と収益の予測を、世界の地域、燃料電池技術、アプリケーション別に掲載しています。
 
Report Description
Stationary fuel cells (SFCs) provide a range of distributed energy services to critical infrastructure sites, industrial facilities, and other end-users, from protecting large energy consumers against grid outages to delivering sustainable process heat. In comparison with combustion-based power solutions such as diesel generators or gas turbines, fuel cells offer higher efficiency potential, lower emissions, and reduced maintenance demands. SFCs also present lower capital costs and longer discharge periods than standalone battery storage systems when used for backup power applications.
Despite these benefits, SFCs remain a niche power generation technology, with uptake heavily concentrated in a handful of markets: the US, Japan, South Korea, and parts of Europe. The SFC industry has yet to undergo a substantial scale-up, hampered by relatively high fixed costs, limited economies of-scale, and immature hydrogen distribution infrastructure for low temperature fuel cell technologies.
In coming years, Guidehouse Insights anticipates that SFC players will benefit from several emerging technology trends. Growing grid resiliency concerns are driving demand for reliable and fuel flexible distributed power generation technologies, especially for critical infrastructure sites such as datacenters and healthcare facilities. Significant uptake of fuel cells for mobility applications, in addition to the rapid scale-up of electrolyzer manufacturing capacity, will assist learning rates for select SFC manufacturers and technologies. Increasing policy support for low carbon infrastructure projects will also make hydrogen cheaper to produce and easier to procure for SFC owners.
This report provides forecasts for annual stationary fuel cell deployments and revenues from 2022-2031, segmented by global region, fuel cell technology, and application.
 
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • Which stationary fuel cell technologies will gain the largest market share by 2031?
  • What manufacturers are active in the stationary fuel cell industry and how do their strategies differ?
  • Which applications will account for the most significant revenue increases by 2031?
  • Which stationary fuel cell technologies will be preferred in North America, Europe, Asia Pacific, and Rest of World?
  • What opportunities and challenges does the stationary fuel cell face over the next 10 years?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Fuel cell manufacturers
  • Hydrogen and fuel producers
  • Critical infrastructure operators
  • Data center stakeholders
  • Telecommunications industry stakeholders
  • Industrial energy consumers
  • Hydrogen nonprofits and research organizations
  • Utilities
  • Policy makers
  • Investor community


ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary
1.1      Market Introduction
1.2      Market Forecast
2. Market Issues
2.1      Stationary Fuel Cell Technologies
2.1.1     Solid Oxide Fuel Cells
2.1.2     Phosphoric Acid Fuel Cells
2.1.3     Molten Carbonate Fuel Cells
2.1.4     Polymer Electrolyte Membrane Fuel Cells
2.1.5     Alkaline Fuel Cells
2.2      Stationary Fuel Cell Applications
2.3      Stationary Fuel Cell End Uses
2.3.1     Data Centers
2.3.2     Telecommunications
2.3.3     Hospitals
2.3.4     Industries with By-product Hydrogen
2.3.5     EV Charging
2.3.6     Shoreside Power
2.3.7     Micro-CHP
2.3.8     Other End Uses
2.4      Market Drivers
2.4.1     Increasing Policy Support for Hydrogen and Fuel Cells
2.4.2     Grid Resiliency Challenges Drive Deployments
2.4.3     Reductions in Fuel Cell CAPEX
2.5      Market Barriers
2.5.1     Requirement for Fuel Infrastructure
2.5.2     Exposure to Critical Mineral Supply Constraints
3. Market Forecasts
3.1      Methodology
3.2      Global Market Overview
3.2.1     Stationary Fuel Cell Deployments by Region
3.2.2     Stationary Fuel Cell Deployments by Technology
3.2.3     Stationary Fuel Cell Deployments by Application
3.3      Regional Market Overview
3.3.1     North America
3.3.1.1   Stationary Fuel Cell Deployments by Technology
3.3.1.2   Stationary Fuel Cell Deployments by Application
3.3.2     Europe
3.3.2.1   Stationary Fuel Cell Deployments by Technology
3.3.2.2   Stationary Fuel Cell Deployments by Application
3.3.3     Asia Pacific
3.3.3.1   Stationary Fuel Cell Deployments by Technology
3.3.3.2   Stationary Fuel Cell Deployments by Application
3.3.4     Rest of World
3.3.4.1   Stationary Fuel Cell Deployments by Technology
3.3.4.2   Stationary Fuel Cell Deployments by Application
4. Conclusions and Recommendations
5. Acronym and Abbreviation List
6. Table of Contents
7. Table of Charts and Figures
8. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
 
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Stationary Fuel Cell Deployments & Revenue by Region, Global Markets, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments & Revenue by Technology, Global Markets, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments & Revenue by Application, Global Markets, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments & Revenue by Technology, North America, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments & Revenue by Application, North America, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments & Revenue by Technology, Europe, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments & Revenue by Application, Europe, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments & Revenue by Technology, Asia Pacific, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments & Revenue by Application, Asia Pacific, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments & Revenue by Technology, Rest of World, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments & Revenue by Application, Rest of World, 2022-2031
 
 
LIST OF TABLES
Stationary Fuel Cell Deployments by Region, Global Markets, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Revenues by Region, Global Markets, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments by Technology, Global Markets, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Revenues by Technology, Global Markets, 2022-2032
Stationary Fuel Cell Deployments by Application, Global Markets, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Revenues by Application, Global Markets, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments by Technology, North America, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Revenues by Technology, North America, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments by Application, North America, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Revenues by Application, North America, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments by Technology, Europe, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Revenues by Technology, Europe, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments by Application, Europe, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Revenues by Application, Europe, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments by Technology, Asia Pacific, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Revenues by Technology, Asia Pacific, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments by Application, Asia Pacific, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Revenues by Application, Asia Pacific, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments by Technology, Rest of World, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Revenues by Technology, Rest of World, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Deployments by Application, Rest of World, 2022-2031
Stationary Fuel Cell Revenues by Application, Rest of World, 2022-2031
SOFC Deployments by Region, Global Markets, 2022-2031
SOFC Revenues by Region, Global Markets, 2022-2031
PAFC Deployments by Region, Global Markets, 2022-2031
PAFC Revenues by Region, Global Markets, 2022-2031
MCFC Deployments by Region, Global Markets, 2022-2031
MCFC Revenues by Region, Global Markets, 2022-2031
PEM-FC Deployments by Region, Global Markets, 2022-2031
PEM-FC Revenues by Region, Global Markets, 2022-2031
AFC Deployments by Region, Global Markets, 2022-2031
AFC Revenues by Region, Global Markets, 2022-2031

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/20 10:27

159.16 円

171.47 円

205.16 円

ページTOPに戻る