世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

エネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるiotの世界市場予測 2024-2032


GLOBAL IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET FORECAST 2024-2032

主な調査結果 世界のエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるIoT市場は、予測期間2024-2032年に10.58%のCAGRを記録すると予測される。 モノのインターネット(IoT)は、デジタル領域と物理的イン... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Inkwood Research
インクウッドリサーチ
2024年6月3日 US$2,900
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
238 英語

 

サマリー

主な調査結果
世界のエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるIoT市場は、予測期間2024-2032年に10.58%のCAGRを記録すると予測される。
モノのインターネット(IoT)は、デジタル領域と物理的インフラストラクチャのギャップを埋めるために、さまざまな技術を活用している。エネルギー・公益事業セクターにおけるIoT技術の統合は、資源管理、グリッド最適化、消費者エンゲージメントに対する従来のアプローチに革命をもたらし、変革の時代を迎えた。相互接続されたセンサー、デバイス、データ分析を活用することで、IoTはユーティリティ企業に、かつてない効率と精度でエネルギー発電、送電、配電網を監視、制御、最適化する力を与えた。エネルギー消費のリアルタイム監視を可能にするスマートメーターから、重要インフラの信頼性を高める予知保全アルゴリズムまで、エネルギーと公益事業におけるIoTアプリケーションは、より持続可能で回復力のあるインテリジェントなエネルギー・エコシステムへのパラダイムシフトを推進している。
市場の洞察
世界のエネルギー・公益事業向けIoTアプリケーション市場の主な成長要因は以下の通り:
- エネルギー消費と発電需要の増加
o エネルギー生成に対する需要の高まりは、発展途上国のグローバル化、所得水準の上昇、上昇志向の高まりなど、さまざまな要因によって促進されている。こうした傾向は、世界中でエネルギー消費を急増させている。
o より効率的で持続可能なソリューションの必要性が認識されつつある。モノのインターネット(IoT)技術は、こうした問題に対処するための有望な手段として浮上してきた。IoTをエネルギー・インフラに組み込むことで、企業は効率を高め、運用コストを削減し、資源利用を最適化することができる。
o IoTセンサーやデバイスを導入することで、エネルギー企業はエネルギー使用パターン、機器の性能、環境条件に関する貴重なデータを収集することができる。このデータを分析することで、非効率の特定、メンテナンスの必要性の予測、エネルギー・ワークフローの最適化が可能になる。
- より環境に優しい環境の重視がエネルギー&ユーティリティ・アナリティクスへの需要を高める
- IoTコンポーネントの価格低下と次世代センサーの入手可能性
世界のエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるIoT市場の主な成長阻害要因は以下の通り:
- 導入にかかる初期コストの高さ
- 熟練労働者の不足
- セキュリティへの懸念
エネルギー・公益事業分野におけるIoT導入では、セキュリティが依然として重要な課題となっている。セキュリティの懸念に対処するため、この分野の企業は、オンプレミス、クラウド、仮想環境のいずれかにビッグデータ・ソリューションを展開する必要がある。しかし、これらの分野におけるビッグデータのエコシステムは、さまざまな点で脆弱性を抱えやすく、ハッカーにとって魅力的な標的となっている。
o データがソースからストレージや分析に運ばれる過程には複雑な経路があり、潜在的なセキュリティ侵害の機会が複数存在する。この脆弱性により、機密性の高いエネルギー・インフラや公益事業システムがサイバー攻撃のリスクにさらされる。
o 暗号化プロトコル、アクセス制御、継続的な監視を含む強固なセキュリティ対策を導入することは、エネルギー・公益事業分野におけるIoT導入に伴うリスクを軽減するために不可欠である。
- IoTとサブシステムの統合に伴う課題
エネルギー・公益事業分野におけるIoTの世界市場|トップ市場動向
- IoTエネルギー・公益事業アプリケーション市場におけるエネルギー管理の自動化ツールの需要は、運用効率の向上、コストの最適化、持続可能性の必要性によって、著しい急増を経験している。
- IoT対応のスマートメーターや家庭用エネルギー管理システムによって、消費者はエネルギー使用習慣をかつてないほどリアルタイムで把握できるようになっている。このような意識の高まりは、個人がコスト削減と環境持続可能性の両方のために使用パターンを最適化しようと努力する中で、エネルギー消費に関してより多くの情報に基づいた意思決定へのシフトを促進している。
セグメンテーション分析
市場セグメンテーション:接続性、エンドユーザー、コンポーネント
接続性別市場
- 非セルラー
o 非セルラーデバイスは、その堅牢なデータセキュリティ機能により、特にエネルギー・公共事業分野で人気が急上昇している。
o 非セルラーデバイスの大きな利点のひとつは、モバイルデバイスやデータストレージシステムと直接接続できないことにある。この特性により、潜在的な脆弱性を最小限に抑え、不正アクセスのリスクを低減することで、データ・セキュリティが強化されます。
o オンプレミス・セグメント内に非セルラー・デバイスを設置することで、企業はIoTインフラストラクチャをより詳細に管理できるようになり、既存システムとのシームレスな統合とデータ保護対策の強化が実現します。
- セルラー
エンドユーザー別市場
- ユーティリティ・ガス管理
- 石油・ガス
- 電力グリッド・供給管理
o IoT対応グリッドは、配電、調整、送電、位置認識、移動支援、エネルギー消費を包括的にサポートする。さらに、IoTに基づくスマート電力グリッドは、すべてのグリッド・コンポーネント間のシームレスな情報交換を促進し、無線か有線かを問わず、さまざまなネットワークにわたる効率的なエネルギー管理を可能にする。
o エネルギーフローのリアルタイム監視と制御、予知保全、資源配分の最適化が可能になる。IoTセンサーやデバイスを活用することで、グリッドはダイナミックなエネルギー需要に適応し、再生可能エネルギー源を統合し、混乱をより効果的に緩和することができる。
o IoTベースのスマートグリッドは、エネルギー使用パターンに関する実用的な洞察をユーティリティ企業と消費者に提供し、情報に基づいた意思決定と積極的なエネルギー管理戦略を可能にします。
- 水管理
- 鉱業
コンポーネント別市場
- ハードウェア
o センサー
o デバイス
o その他のハードウェアコンポーネント
- サービス
配備と統合
o サポートとメンテナンス
o プロフェッショナル・サービス
- ソフトウェア
分析
o グリッド管理
o 運転管理
o 水管理
セキュリティ
地域分析
主要4地域に基づく地域別調査
- 北米:米国とカナダ
- ヨーロッパイギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、ベルギー、ポーランド、その他のヨーロッパ地域
- アジア太平洋地域:中国、日本、インド、韓国、インドネシア、ベトナム、シンガポール、オーストラリア&ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域
o アジア太平洋地域は、人口増加、産業拡大、製造拠点の出現に牽引され、エネルギー・ユーティリティ部門の需要が大幅に急増している。
o インド、中国、韓国、シンガポールのような国々は、エネルギー需要と技術進歩の面で強国として際立っている。さらに、これらの国々は技術に精通した人口が急速に増加しており、エネルギー・公益事業セクターにおけるIoTソフトウェアとデバイスの需要をさらに高めている。
o このような需要の高まりは、エネルギーと公益事業の現場において、さまざまなアプリケーションにIoT技術を採用する方向への顕著なシフトを促している。IoTソリューションは、効率を高め、リソース利用を最適化し、全体的な運用効率を向上させるために導入が進んでいる。
- その他の地域中南米および中東・アフリカ
競合他社の洞察
世界のエネルギー・公益事業アプリケーションにおけるIoT市場の主要プレーヤーは以下の通り:
- キャップジェミニSE
- シスコシステムズ
- ゼネラル・エレクトリック社
- インフォシスリミテッド
- オラクル
- SAP SE
これらの企業が採用した主な戦略
- 2024年4月、シーメンスAGは、再生可能エネルギー生産者、送電系統運用者(TSO)、配電系統運用者(DSO)、産業界、インフラストラクチャークライアントの生産性、信頼性、資産利用、エネルギー効率の向上、持続可能なイノベーションの促進を支援することを目的としたアプリケーションのコレクションであるElectrification Xを発表した。
- 2022年2月、IBMは米国に本社を置く著名なクラウドサービスコンサルタント会社であるNeudesicを買収した。Neudesicはマイクロソフト・アジュール・プラットフォームに特化しており、マルチクラウド・ソリューションに関する幅広い専門知識を有している。
- 2022年2月、イートンとLGは太陽電池とストレージ・アプリケーションのための重要なデータと負荷管理ソリューションを提供するために協力した。このパートナーシップは、イートンのインテリジェント・サーキット・ブレーカと電気自動車(EV)充電技術をLGのエネルギー管理ソリューションと統合することを含む。
当社は10%無料カスタマイズと3ヶ月アナリストサポートを提供します。
よくある質問 (FAQs):
- 公益事業業界における現在のIoTトレンドは何ですか?
A: 公益事業業界における現在のIoTトレンドには、予測保守のための高度な分析、人工知能、機械学習の採用、再生可能エネルギーの統合、スマートグリッドの開発などがあります。
- エネルギー・公益事業分野における一般的なIoTアプリケーションにはどのようなものがありますか?
A: エネルギー分野での一般的なIoTアプリケーションには、エネルギー消費を監視するスマートメーター、送電網監視・制御システム、エネルギーインフラの予知保全、需要応答プログラム、再生可能エネルギーの統合、ビルや施設のエネルギー管理システムなどがあります。
- IoTはエネルギー管理にどのように貢献しますか?
A: IoTにおけるエネルギー管理は、エネルギー消費に関するリアルタイムのデータを提供し、最適化のための領域を特定し、無駄を省き持続可能性を向上させるプロセスを自動化します。

ページTOPに戻る


目次

目次
1. 調査範囲と方法論
1.1. 調査目的
1.2.調査方法
1.3. 前提条件と限界
2. 要旨
2.1. 市場規模と推定
2.2. 市場概要
2.3. 調査範囲
2.4. 危機シナリオ分析
2.Covid-19がエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションのiot市場に与える影響
2.5. 主な市場調査結果
2.5.1. スマートメーター需要の急増
2.5.2. 高度グリッド管理ソリューションの採用増加
2.5.3. インフラ整備への投資
3. 市場ダイナミクス
3.主な推進要因
3.1.1. エネルギー消費と発電需要の増加
3.1.2. 環境保護の重視により、エネルギー・ユーティリティ分析の需要が増加
3.1.3. iot コンポーネントの価格低下と次世代センサーの入手可能性
3.2. 主な阻害要因
3.2.1. 導入のための初期費用が高い。
3.2.2. 熟練労働者の不足
3.2.3. セキュリティ上の懸念
3.2.4. サブシステムとの統合に伴う課題
4. 主要分析
4.1. 主要市場動向
4.1.1. エネルギー管理における自動化ツールの需要
4.1.2. エネルギー消費パターン分析に対する消費者の関心の高まり
4.1.3. 石油・ガス産業の業務改善
4.2. ポーターの5つの力分析
4.2.1. 買い手の力
4.2.2. 供給者の力
4.2.3. 代替
4.2.4. 新規参入
4.2.5. 業界のライバル関係
4.3. 成長見通しマッピング
4.4. 市場成熟度分析
4.5. 市場集中度分析
4.6. バリューチェーン分析
4.6.1. 原材料
4.6.2. 製造
4.6.3. 流通
4.6.4. エンドユーザー
4.7. 主要な購買基準
4.7.1. 配備形態
4.7.2. 価格
4.7.3. アプリケーション
5. 接続性別市場
5.1. 非セルラー
5.2.セルラー
6. エンドユーザー別市場
6.1. ユーティリティ・ガス管理
6.2. 石油・ガス
6.3. 電力グリッド・供給管理
6.4. 水管理
6.5.鉱業
7. コンポーネント別市場
7.1.ハードウェア
7.1.1. センサー
7.1.2. デバイス
7.1.3. その他のハードウェア・コンポーネント
7.2. サービス
7.2.1. 導入および統合
7.2.2. サポートとメンテナンス
7.2.3. プロフェッショナルサービス
7.3.ソフトウェア
7.3.1. 分析
7.3.2. グリッド管理
7.3.3. 運転管理
7.3.4. 水管理
7.3.5. セキュリティ
8. 地理的分析
8.1. 北米
8.1.1. 市場規模と予測
8.1.2. エネルギー&公益事業アプリケーションにおける北米のiot市場の促進要因
8.1.3. エネルギー&公益事業アプリケーションにおける北米のiot市場の課題
8.1.4. エネルギー・公益事業向け北米iot市場の主要企業
8.1.5. 国別分析
8.1.5.1. 米国
8.1.5.1.1. 米国のエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiotの市場規模と機会
8.カナダ
8.カナダのエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiotの市場規模と機会
8.ヨーロッパ
8.2.1. 市場規模と予測
8.2.2. 欧州のエネルギー&ユーティリティ分野におけるiot市場の促進要因
8.エネルギー&ユーティリティ分野における欧州のiot市場の課題
8.2.4. 欧州のエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiot市場の主要企業
8.2.5. 国別分析
8.2.5.1. イギリス
8.エネルギー&公益事業アプリケーションにおけるイギリスのiot市場規模と機会
8.ドイツ
8.エネルギー&公益事業アプリケーションにおけるドイツのiot市場規模&機会
8.フランス
8.フランスのエネルギー・公益事業アプリケーションにおけるiotの市場規模 と機会
8.スペイン
8.スペインのエネルギー・公益事業アプリケーションにおけるiotの市場規模&機会
8.イタリア
8.イタリア:エネルギーと公益事業のアプリケーションにおけるiotの市場規模&機会
8.ベルギー
8.ベルギーのエネルギー・公益事業アプリケーションにおけるiotの市場規模&機会
8.ポーランド
8.エネルギーと公益事業のアプリケーションにおけるポーランドのiot市場規模 と機会
8.2.5.8. その他のヨーロッパ
8.2.5.8.1. その他のヨーロッパのエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiotの市場規模 と機会
8.3. アジア太平洋地域
8.3.1. 市場規模と予測
8.3.2. アジア太平洋地域のエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiot市場の促進要因
8.3.3. エネルギー&公益事業アプリケーションにおけるアジア太平洋地域の iot 市場の課題
8.3.4. エネルギー&公益事業アプリケーションにおけるアジア太平洋地域の iot 市場の主要企業
8.3.5. 国別分析
8.中国
8.中国のエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiot市場の規模と機会
8.日本
8.日本のエネルギー・公益事業アプリケーションにおけるiot市場の規模と機会
8.インド
8.エネルギー・公益事業アプリケーションにおけるインドのiot市場規模・機会
8.韓国
8.エネルギーと公益事業アプリケーションにおける韓国のiot市場規模 と機会
8.3.5.5. インドネシア
8.3.5.5.1. インドネシアのエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiotの市場規模 と機会
8.3.5.6. シンガポール
8.エネルギー&公益事業アプリケーションにおけるシンガポールのiot市場規模 と機会
8.ベトナム
8.ベトナムのエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiot市場規模 と機会
8.3.5.8. オーストラリアとニュージーランド
8.エネルギー&公益事業アプリケーションにおけるオーストラリア&ニュージーランド のiot市場規模&ビジネスチャンス
8.3.5.9. その他のアジア太平洋地域
8.3.5.9.1. その他のアジア太平洋地域のエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiot市場規模と機会
8.4. その他の地域
8.4.1. 市場規模と予測
8.4.2. その他の地域のエネルギー&ユーティリティ分野のiot市場促進要因
8.4.3. その他の地域のエネルギー&公益事業向けiot市場の課題
8.4.4. その他の地域のエネルギー&公益事業向けiot市場の主要企業
8.4.5. 地域分析
8.4.5.1. ラテンアメリカ
8.4.5.1.1. ラテンアメリカのエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiot市場規模と機会
8.4.5.2. 中東・アフリカ
8.エネルギー&公益事業アプリケーションにおける中東&アフリカのiot市場規模&機会
9. 競争環境
9.1. 主要な戦略的展開
9.1.1. M&A
9.1.2. 製品の発表と開発
9.1.3. パートナーシップと契約
9.1.4. 事業拡大・売却
9.2. 会社概要
9.2.1. ABB LTD
9.2.1.1. 会社概要
9.2.1.2.
9.2.1.3. 強みと課題
9.2.2. アクララ・テクノロジーズLC
9.2.2.1. 会社概要
9.2.2.2.
9.2.2.3. 強みと課題
9.2.3. カプジェミニSE
9.2.3.1. 会社概要
9.2.3.2.
9.2.3.3. 強みと課題
9.2.4. シスコシステムズ
9.2.4.1. 会社概要
9.2.4.2.
9.2.4.3. 強みと課題
9.2.5. イートンコーポレーション
9.2.5.1. 会社概要
9.2.5.2.
9.2.5.3. 強みと課題
9.2.6. ゼネラル・エレクトリック・カンパニー
9.2.6.1. 会社概要
9.2.6.2.
9.2.6.3. 強みと課題
9.2.7. インフォシスリミテッド
9.2.7.1. 会社概要
9.2.7.2.
9.2.7.3. 強みと課題
9.2.8. インターナショナル・ビジネス・マシン・コーポレーション(IBM)
9.2.8.1. 会社概要
9.2.8.2. 製品
9.2.8.3. 強みと課題
9.2.9. オラクル株式会社
9.2.9.1. 会社概要
9.2.9.2.
9.2.9.3. 強みと課題
9.2.10. SAP SE
9.2.10.1. 会社概要
9.2.10.2.
9.2.10.3. 強みと課題
9.2.11. サス・インスティテュート・インク
9.2.11.1. 会社概要
9.2.11.2. 製品
9.2.11.3. 強みと課題
9.2.12. シュナイダーエレクトリックSE
9.2.12.1. 会社概要
9.2.12.2.
9.2.12.3. 強みと課題
9.2.13. シーメンスAG
9.2.13.1. 会社概要
9.2.13.2.
9.2.13.3. 強みと課題
9.2.14. テラデータ・コーポレーション
9.2.14.1. 会社概要
9.2.14.2. 製品
9.2.14.3. 強みと課題
9.2.15. ウィプロ・リミテッド
9.2.15.1. 会社概要
9.2.15.2.
9.2.15.3. 強みと課題

 

ページTOPに戻る


 

Summary

KEY FINDINGS
The global IoT in energy & utility application market is expected to record a CAGR of 10.58% during the forecast period, 2024-2032.
The Internet of Things (IoT) leverages an array of technologies to bridge the gap between the digital realm and physical infrastructure. The integration of IoT technology within the energy and utility sector has ushered in a transformative era, revolutionizing traditional approaches to resource management, grid optimization, and consumer engagement. By utilizing interconnected sensors, devices, and data analytics, IoT has empowered utilities to monitor, control, and optimize energy generation, transmission, and distribution networks with unprecedented efficiency and precision. From smart meters enabling real-time monitoring of energy consumption to predictive maintenance algorithms enhancing the reliability of critical infrastructure, IoT applications in energy and utilities are driving a paradigm shift towards a more sustainable, resilient, and intelligent energy ecosystem.
MARKET INSIGHTS
Key growth enablers of the global IoT in energy & utility application market are:
• Increasing consumption and demand for energy generation
o The escalating demand for energy generation is fueled by various factors, including the globalization of developing nations, rising income levels, and increased rates of upward mobility. These trends are driving a surge in energy consumption worldwide.
o There is a growing recognition of the need for more efficient and sustainable solutions. Internet of Things (IoT) technology has emerged as a promising avenue for addressing these issues. By integrating IoT into energy infrastructure, companies can enhance efficiency, reduce operational costs, and optimize resource utilization.
o Through the deployment of IoT sensors and devices, energy companies can gather valuable data on energy usage patterns, equipment performance, and environmental conditions. This data can then be analyzed to identify inefficiencies, predict maintenance needs, and optimize energy workflows.
• Emphasis on a greener environment raising demand for energy & utility analytics
• Decline in prices of IoT components and availability of next-generation sensors
Key growth restraints of the global IoT in energy & utility application market are:
• High upfront costs for deployment
• Lack of skilled workforce
• Security concerns
o Security remains a critical challenge for IoT implementation in the energy and utility sectors. To address security concerns, businesses in this space need to deploy Big Data solutions either on-premises, in the cloud, or in virtual environments. However, the Big Data ecosystem within these sectors is prone to vulnerabilities at various points, making it an appealing target for hackers.
o The process of transporting data from its source to storage and analysis involves a complex pathway, providing multiple opportunities for potential security breaches. This vulnerability puts sensitive energy infrastructure and utility systems at risk of cyberattacks.
o Implementing robust security measures, including encryption protocols, access controls, and continuous monitoring, is essential to mitigate risks associated with IoT deployments in the energy and utility sectors.
• Challenges associated with the integration of IoT with subsystems
Global IoT in Energy & Utility Application Market | Top Market Trends
• The demand for automation tools in energy management within the IoT energy and utility application market is experiencing a significant surge, driven by the need for enhanced operational efficiency, cost optimization, and sustainability.
• Empowered by IoT-enabled smart meters and home energy management systems, consumers are gaining unprecedented real-time visibility into their energy usage habits. This heightened awareness is fostering a shift toward more informed decision-making regarding energy consumption as individuals strive to optimize their usage patterns for both cost savings and environmental sustainability.
SEGMENTATION ANALYSIS
Market Segmentation – Connectivity, End-User, and Component –
Market by Connectivity:
• Non-Cellular
o Non-cellular devices are witnessing a surge in popularity, particularly in the energy and utility sector, due to their robust data security features.
o One significant advantage of non-cellular devices lies in their lack of direct connectivity with mobile devices and data storage systems. This characteristic enhances data security by minimizing potential points of vulnerability and reducing the risk of unauthorized access.
o By installing non-cellular devices within the on-premise segment, organizations can maintain greater control over their IoT infrastructure, ensuring seamless integration with existing systems and enhanced data protection measures.
• Cellular
Market by End-User:
• Utility Gas Management
• Oil & Gas
• Electricity Grid & Supply Management
o The IoT-enabled grid offers comprehensive support for distribution, coordination, transmission, location awareness, mobility support, and energy consumption. Additionally, a smart electricity grid based on IoT facilitates seamless information exchange among all grid components, enabling efficient energy management across various networks, whether wireless or wired.
o It enables real-time monitoring and control of energy flow, predictive maintenance, and optimization of resource allocation. By leveraging IoT sensors and devices, the grid can adapt to dynamic energy demands, integrate renewable energy sources, and mitigate disruptions more effectively.
o The IoT-based smart grid empowers utilities and consumers with actionable insights into energy usage patterns, allowing for informed decision-making and proactive energy management strategies.
• Water Management
• Mining
Market by Component:
• Hardware
o Sensors
o Devices
o Other Hardware Components
• Services
o Deployment and Integration
o Support and Maintenance
o Professional Services
• Software
o Analytics
o Grid Management
o Operational Control
o Water Management
o Security
REGIONAL ANALYSIS
Geographical Study based on Four Major Regions:
• North America: The United States and Canada
• Europe: The United Kingdom, France, Germany, Spain, Italy, Belgium, Poland, and Rest of Europe
• Asia-Pacific: China, Japan, India, South Korea, Indonesia, Vietnam, Singapore, Australia & New Zealand, and Rest of Asia-Pacific
o Asia-Pacific is experiencing a significant surge in demand within the energy and utility sector, driven by population growth, industrial expansions, and the emergence of manufacturing hubs.
o Countries like India, China, South Korea, and Singapore stand out as powerhouses in terms of energy demand and technological advancements. Additionally, these nations boast a rapidly growing tech-savvy population, further fueling the demand for IoT software and devices within the energy and utility sector.
o This rise in demand is prompting a notable shift towards the adoption of IoT technologies across various applications within the energy and utility landscape. IoT solutions are being increasingly deployed to enhance efficiency, optimize resource utilization, and improve overall operational effectiveness.
• Rest of World: Latin America and the Middle East & Africa
COMPETITIVE INSIGHTS
The major players in the global IoT in energy & utility application market are:
• Capgemini SE
• Cisco Systems Inc
• General Electric Company
• Infosys Limited
• Oracle Corporation
• SAP SE
Key strategies adopted by some of these companies:
• In April 2024, Siemens AG launched Electrification X, a collection of applications aimed at aiding renewable energy producers, Transmission System Operators (TSOs), Distribution System Operators (DSOs), industries, and infrastructure clients in enhancing productivity, dependability, asset utilization, energy efficiency, and fostering sustainable innovation.
• In February 2022, IBM acquired Neudesic, a prominent cloud services consultancy headquartered in the United States. Neudesic specializes in the Microsoft Azure platform and possesses extensive expertise in multi-cloud solutions.
• In February 2022, Eaton and LG collaborated to provide crucial data and load management solutions for solar and storage applications. This partnership involves integrating Eaton's intelligent circuit breakers and electric vehicle (EV) charging technologies with LG's energy management solutions.
We Offer 10% Free Customization and 3 Months Analyst Support
Frequently Asked Questions (FAQs):
• What are the current IoT trends in the utilities industry?
A: Current IoT trends in the Utilities Industry include the adoption of advanced analytics, artificial intelligence, and machine learning for predictive maintenance, as well as the integration of renewable energy sources and the development of smart grids.
• What are some common IoT applications in the energy and utility sector?
A: Common IoT applications in the energy sector include smart meters for monitoring energy consumption, grid monitoring and control systems, predictive maintenance for energy infrastructure, demand response programs, renewable energy integration, and energy management systems for buildings and facilities.
• How does IoT contribute to energy management?
A: Energy management in IoT offers real-time data on energy consumption, identifying areas for optimization, and automating processes to reduce waste and improve sustainability.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. RESEARCH SCOPE & METHODOLOGY
1.1. STUDY OBJECTIVES
1.2. METHODOLOGY
1.3. ASSUMPTIONS & LIMITATIONS
2. EXECUTIVE SUMMARY
2.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
2.2. MARKET OVERVIEW
2.3. SCOPE OF STUDY
2.4. CRISIS SCENARIO ANALYSIS
2.4.1. IMPACT OF COVID-19 ON IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET
2.5. MAJOR MARKET FINDINGS
2.5.1. SURGING DEMAND FOR SMART METERS
2.5.2. INCREASING ADOPTION OF ADVANCED GRID MANAGEMENT SOLUTIONS
2.5.3. INVESTMENTS IN INFRASTRUCTURE DEVELOPMENT
3. MARKET DYNAMICS
3.1. KEY DRIVERS
3.1.1. INCREASING CONSUMPTION AND DEMAND FOR ENERGY GENERATION
3.1.2. EMPHASIS ON A GREENER ENVIRONMENT RAISING DEMAND FOR ENERGY & UTILITY ANALYTICS
3.1.3. DECLINING PRICES OF IOT COMPONENTS AND AVAILABILITY OF NEXT-GENERATION SENSORS
3.2. KEY RESTRAINTS
3.2.1. HIGH UPFRONT COSTS FOR DEPLOYMENT
3.2.2. LACK OF SKILLED WORKFORCE
3.2.3. SECURITY CONCERNS
3.2.4. CHALLENGES ASSOCIATED WITH INTEGRATING IOT WITH SUBSYSTEMS
4. KEY ANALYTICS
4.1. KEY MARKET TRENDS
4.1.1. DEMAND FOR AUTOMATION TOOLS IN ENERGY MANAGEMENT
4.1.2. GROWING CONSUMER FOCUS ON ENERGY CONSUMPTION PATTERN ANALYSIS
4.1.3. IMPROVEMENT IN THE OPERATIONS OF THE OIL & GAS INDUSTRY
4.2. PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS
4.2.1. BUYERS POWER
4.2.2. SUPPLIERS POWER
4.2.3. SUBSTITUTION
4.2.4. NEW ENTRANTS
4.2.5. INDUSTRY RIVALRY
4.3. GROWTH PROSPECT MAPPING
4.4. MARKET MATURITY ANALYSIS
4.5. MARKET CONCENTRATION ANALYSIS
4.6. VALUE CHAIN ANALYSIS
4.6.1. RAW MATERIALS
4.6.2. MANUFACTURING
4.6.3. DISTRIBUTION
4.6.4. END-USERS
4.7. KEY BUYING CRITERIA
4.7.1. MODE OF DEPLOYMENT
4.7.2. PRICE
4.7.3. APPLICATION
5. MARKET BY CONNECTIVITY
5.1. NON-CELLULAR
5.2. CELLULAR
6. MARKET BY END-USER
6.1. UTILITY GAS MANAGEMENT
6.2. OIL & GAS
6.3. ELECTRICITY GRID & SUPPLY MANAGEMENT
6.4. WATER MANAGEMENT
6.5. MINING
7. MARKET BY COMPONENT
7.1. HARDWARE
7.1.1. SENSORS
7.1.2. DEVICES
7.1.3. OTHER HARDWARE COMPONENTS
7.2. SERVICES
7.2.1. DEPLOYMENT AND INTEGRATION
7.2.2. SUPPORT AND MAINTENANCE
7.2.3. PROFESSIONAL SERVICES
7.3. SOFTWARE
7.3.1. ANALYTICS
7.3.2. GRID MANAGEMENT
7.3.3. OPERATIONAL CONTROL
7.3.4. WATER MANAGEMENT
7.3.5. SECURITY
8. GEOGRAPHICAL ANALYSIS
8.1. NORTH AMERICA
8.1.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
8.1.2. NORTH AMERICA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET DRIVERS
8.1.3. NORTH AMERICA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET CHALLENGES
8.1.4. KEY PLAYERS IN NORTH AMERICA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET
8.1.5. COUNTRY ANALYSIS
8.1.5.1. UNITED STATES
8.1.5.1.1. UNITED STATES IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.1.5.2. CANADA
8.1.5.2.1. CANADA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.2. EUROPE
8.2.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
8.2.2. EUROPE IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET DRIVERS
8.2.3. EUROPE IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET CHALLENGES
8.2.4. KEY PLAYERS IN EUROPE IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET
8.2.5. COUNTRY ANALYSIS
8.2.5.1. UNITED KINGDOM
8.2.5.1.1. UNITED KINGDOM IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.2.5.2. GERMANY
8.2.5.2.1. GERMANY IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.2.5.3. FRANCE
8.2.5.3.1. FRANCE IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.2.5.4. SPAIN
8.2.5.4.1. SPAIN IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.2.5.5. ITALY
8.2.5.5.1. ITALY IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.2.5.6. BELGIUM
8.2.5.6.1. BELGIUM IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.2.5.7. POLAND
8.2.5.7.1. POLAND IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.2.5.8. REST OF EUROPE
8.2.5.8.1. REST OF EUROPE IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.3. ASIA-PACIFIC
8.3.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
8.3.2. ASIA-PACIFIC IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET DRIVERS
8.3.3. ASIA-PACIFIC IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET CHALLENGES
8.3.4. KEY PLAYERS IN ASIA-PACIFIC IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET
8.3.5. COUNTRY ANALYSIS
8.3.5.1. CHINA
8.3.5.1.1. CHINA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.3.5.2. JAPAN
8.3.5.2.1. JAPAN IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.3.5.3. INDIA
8.3.5.3.1. INDIA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.3.5.4. SOUTH KOREA
8.3.5.4.1. SOUTH KOREA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.3.5.5. INDONESIA
8.3.5.5.1. INDONESIA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.3.5.6. SINGAPORE
8.3.5.6.1. SINGAPORE IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.3.5.7. VIETNAM
8.3.5.7.1. VIETNAM IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.3.5.8. AUSTRALIA & NEW ZEALAND
8.3.5.8.1. AUSTRALIA & NEW ZEALAND IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.3.5.9. REST OF ASIA-PACIFIC
8.3.5.9.1. REST OF ASIA-PACIFIC IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.4. REST OF WORLD
8.4.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
8.4.2. REST OF WORLD IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET DRIVERS
8.4.3. REST OF WORLD IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET CHALLENGES
8.4.4. KEY PLAYERS IN REST OF WORLD IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET
8.4.5. REGIONAL ANALYSIS
8.4.5.1. LATIN AMERICA
8.4.5.1.1. LATIN AMERICA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.4.5.2. MIDDLE EAST & AFRICA
8.4.5.2.1. MIDDLE EAST & AFRICA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
9. COMPETITIVE LANDSCAPE
9.1. KEY STRATEGIC DEVELOPMENTS
9.1.1. MERGERS & ACQUISITIONS
9.1.2. PRODUCT LAUNCHES & DEVELOPMENTS
9.1.3. PARTNERSHIPS & AGREEMENTS
9.1.4. BUSINESS EXPANSIONS & DIVESTITURES
9.2. COMPANY PROFILES
9.2.1. ABB LTD
9.2.1.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.1.2. PRODUCTS
9.2.1.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.2. ACLARA TECHNOLOGIES LLC
9.2.2.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.2.2. PRODUCTS
9.2.2.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.3. CAPGEMINI SE
9.2.3.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.3.2. PRODUCTS
9.2.3.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.4. CISCO SYSTEMS INC
9.2.4.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.4.2. PRODUCTS
9.2.4.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.5. EATON CORPORATION PLC
9.2.5.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.5.2. PRODUCTS
9.2.5.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.6. GENERAL ELECTRIC COMPANY
9.2.6.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.6.2. PRODUCTS
9.2.6.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.7. INFOSYS LIMITED
9.2.7.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.7.2. PRODUCTS
9.2.7.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.8. INTERNATIONAL BUSINESS MACHINES CORPORATION (IBM)
9.2.8.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.8.2. PRODUCTS
9.2.8.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.9. ORACLE CORPORATION
9.2.9.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.9.2. PRODUCTS
9.2.9.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.10. SAP SE
9.2.10.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.10.2. PRODUCTS
9.2.10.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.11. SAS INSTITUTE INC
9.2.11.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.11.2. PRODUCTS
9.2.11.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.12. SCHNEIDER ELECTRIC SE
9.2.12.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.12.2. PRODUCTS
9.2.12.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.13. SIEMENS AG
9.2.13.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.13.2. PRODUCTS
9.2.13.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.14. TERADATA CORPORATION
9.2.14.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.14.2. PRODUCTS
9.2.14.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.15. WIPRO LIMITED
9.2.15.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.15.2. PRODUCTS
9.2.15.3. STRENGTHS & CHALLENGES

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(energy)の最新刊レポート


よくあるご質問


Inkwood Research社はどのような調査会社ですか?


Inkwood Researchは世界40ヶ国以上の国を対象に広範な市場を調査し、世界市場全体を調査したレポートに加え、アジア太平洋地域、欧州、北米などの主要地域や主要国毎のレポートも数多く出版してい... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る