世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ドイツのエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるiot市場予測 2024-2032


GERMANY IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET FORECAST 2024-2032

主な調査結果 ドイツのエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるIoT市場は、予測期間2024-2032年にCAGR 10.02%を予測。 市場インサイト エッジデバイス、センサー、IoTプラットフォームの実装に依存する... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Inkwood Research
インクウッドリサーチ
2024年6月3日 US$1,100
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
124 英語

 

サマリー

主な調査結果
ドイツのエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるIoT市場は、予測期間2024-2032年にCAGR 10.02%を予測。
市場インサイト
エッジデバイス、センサー、IoTプラットフォームの実装に依存する様々なビジネスモデルとサービスモデルは、IoT/エッジデバイスと最適化モデルを利用した地域エネルギーシステムの最適化の中心である。また、エッジデバイスが顧客にとって極めて重要である数多くの「現実世界」の問題に対処することも不可欠である。
顧客は、自分たちのシステムが公共電力システムと同じように確実に機能することを期待している。しかし、公共電力システムには、単一デバイスの故障を軽減するために複数の冗長性が組み込まれており、同等の信頼性を実現することは困難な目標となっています。インバーター、充電ステーション、バッテリーなどのコンポーネントは故障する可能性があり、ソフトウェアにはバグが含まれている可能性がある。
IoTとエネルギー・システムの交差点におけるイノベーションは重要である。スマート・マーケットはグリッドの柔軟性を提供し、ローカル・エネルギー市場はブロックチェーンで保護されたトランザクションを使用する。これらのコンセプトは、ドイツや世界各地の数多くの研究プロジェクトで開発、成熟、実装されている。
セグメンテーション分析
ドイツのエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるIoT市場のセグメンテーションには、接続性、エンドユーザー、コンポーネントが含まれる。エンドユーザー区分には、公益ガス管理、石油・ガス、水管理、電力グリッド・供給管理、鉱業が含まれる。
既存の電力網は、増大する電力需要に対応するため、スマートグリッドに変貌しつつある。IoTベースの送電網は、エネルギー送電、配電、消費、分散調整、位置認識、モビリティサポートをサポートすることができる。
電力網は、生産者から消費者に電力を供給する相互接続されたネットワークである。送電網の規模はさまざまで、国や大陸全体に及ぶこともある。スマート電力網は、デジタル通信を電力供給ネットワークに統合するもので、電力網自体、スマートホーム、ビルを含む。スマート電力網は、ビルと送電網の間で電気データのリアルタイム双方向伝送を可能にすることで、ビルやその他のインフラの電気需要を最適化するのに役立つ。
その利点には、企業、小売店、施設、産業の電力消費の追跡、漏電の検出と防止、自己修復の促進などがある。IoTベースのスマート電力網は、無線と有線の両方のネットワークを介して、電力網内のすべてのコンポーネント間の情報共有とスマートエネルギー管理を可能にする。
世界の水供給量のうち、新鮮で人間が消費するのに安全なものは1%にも満たないが、国連開発計画(UNDP)は、水不足の主な原因は管理の不備にあるとしている。予測では、2025年までに世界人口の半数以上が水不足に直面するとされている。しかし、IoTはこの傾向を逆転させる上で重要な役割を果たすことができる。
水の消費量を監視することが困難な都市部では、保全が特に重要です。IoT技術は、水のサプライチェーン全体の透明性と制御を強化し、水処理、生産、流通、消費の最適化を可能にする。
競争に関する洞察
ドイツのエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるIoT市場で著名な企業には、SAP SE、SAS Institute Inc、Schneider Electric SEなどがある。
SAP SE(SAPまたは「同社」)は、ドイツを拠点とする企業向けソフトウェア・ソリューションのプロバイダーである。同社は、顧客関係管理、データ管理、人的資本管理、サプライチェーン管理などのソリューションを提供している。SAPのビジネスラインは、資産管理、商取引、財務、人事、製造、マーケティング、サプライチェーン、エンジニアリング、サステナビリティに及んでいる。さらに、アナリティクス、アプリケーション、モバイル、データベース、クラウド、テクノロジー・オペレーションも提供している。SAPは天然資源、金融サービス、公共サービス、個別製造業、エネルギー、消費者セクターなど様々な業界にサービスを提供している。欧州、中東、米州、アジア太平洋、アフリカで事業を展開し、本社はドイツのヴァルドルフにある。

ページTOPに戻る


目次

目次
1. 調査範囲と方法論
1.1. 調査目的
1.2.調査方法
1.3. 前提条件と限界
2. 要旨
2.1. 市場規模と推定
2.2. 国別スナップショット-ドイツ
2.3. 国別分析-ドイツ
2.4. 調査範囲
2.5. 危機シナリオ分析
2.5.1. エネルギー&ユーティリティ・アプリケーション市場におけるCovid-19の影響
2.6. 主な市場調査結果
2.6.1. スマートメーター需要の急増
2.6.2. 高度グリッド管理ソリューションの採用増加
2.6.3. インフラ整備への投資
3. 市場ダイナミクス
3.主な推進要因
3.1.1. エネルギー消費と発電需要の増加
3.1.2. 環境保護の重視により、エネルギー・ユーティリティ分析の需要が増加
3.1.3. iot コンポーネントの価格低下と次世代センサーの入手可能性
3.2. 主な阻害要因
3.2.1. 導入のための初期費用が高い。
3.2.2. 熟練労働者の不足
3.2.3. セキュリティ上の懸念
3.2.4. サブシステムとの統合に伴う課題
4. 主要分析
4.1. 主要市場動向
4.1.1. エネルギー管理における自動化ツールの需要
4.1.2. エネルギー消費パターン分析に対する消費者の関心の高まり
4.1.3. 石油・ガス産業の業務改善
4.2. ポーターの5つの力分析
4.2.1. 買い手の力
4.2.2. 供給者の力
4.2.3. 代替
4.2.4. 新規参入
4.2.5. 業界のライバル関係
4.3. 成長見通しマッピング
4.4. 市場集中度分析
4.5. バリューチェーン分析
4.5.1. 原材料
4.5.2. 製造
4.5.3. 流通
4.5.4. エンドユーザー
4.6. 主要な購買基準
4.6.1. 配備形態
4.6.2. 価格
4.6.3. アプリケーション
5. 接続性別市場
5.1. 非セルラー
5.2.セルラー
6. エンドユーザー別市場
6.1. ユーティリティ・ガス管理
6.2. 石油・ガス
6.3. 電力グリッド・供給管理
6.4. 水管理
6.5.鉱業
7. コンポーネント別市場
7.1.ハードウェア
7.1.1. センサー
7.1.2. デバイス
7.1.3. その他のハードウェア・コンポーネント
7.2. サービス
7.2.1. 導入および統合
7.2.2. サポートとメンテナンス
7.2.3. プロフェッショナルサービス
7.3.ソフトウェア
7.3.1. 分析
7.3.2. グリッド管理
7.3.3. 運転管理
7.3.4. 水管理
7.3.5. セキュリティ
8. 競争環境
8.1. 主な戦略的展開
8.1.1. 合併と買収
8.1.2. 製品の発売と開発
8.1.3. パートナーシップと契約
8.1.4. 事業拡大・売却
8.2. 会社概要
8.2.1. ABB LTD
8.2.1.1. 会社概要
8.2.1.2.
8.2.1.3. 強みと課題
8.2.2.
8.2.2.1. 会社概要
8.2.2.2.
8.2.2.3. 強みと課題
8.2.3. シスコシステムズ
8.2.3.1. 会社概要
8.2.3.2.
8.2.3.3. 強みと課題
8.2.4. イートンコーポレーション
8.2.4.1. 会社概要
8.2.4.2.
8.2.4.3. 強みと課題
8.2.5. ゼネラル・エレクトリック・カンパニー
8.2.5.1. 会社概要
8.2.5.2.
8.2.5.3. 強みと課題
8.2.6. インフォシスリミテッド
8.2.6.1. 会社概要
8.2.6.2.
8.2.6.3. 強みと課題
8.2.7. インターナショナル・ビジネス・マシン・コーポレーション(IBM)
8.2.7.1. 会社概要
8.2.7.2.
8.2.7.3. 強みと課題
8.2.8. オラクル株式会社
8.2.8.1. 会社概要
8.2.8.2.
8.2.8.3. 強みと課題
8.2.9. SAP SE
8.2.9.1. 会社概要
8.2.9.2.
8.2.9.3. 強みと課題
8.2.10. サス・インスティテュート・インク
8.2.10.1. 会社概要
8.2.10.2. 製品
8.2.10.3. 強みと課題
8.2.11. シュナイダーエレクトリックSE
8.2.11.1. 会社概要
8.2.11.2.
8.2.11.3. 強みと課題
8.2.12. シーメンスAG
8.2.12.1. 会社概要
8.2.12.2.
8.2.12.3. 強みと課題

 

ページTOPに戻る


 

Summary

KEY FINDINGS
The Germany IoT in energy & utility application market is anticipated to project a CAGR of 10.02% during the forecast period, 2024-2032.
MARKET INSIGHTS
The various business and service models that hinge on the implementation of edge devices, sensors, and IoT platforms are central to optimizing local energy systems using IoT/edge devices and optimization models. Addressing numerous 'real world' problems where edge devices are crucial for customers is also essential.
Customers expect their systems to function as reliably as the public power system. However, public power systems incorporate multiple redundancies to mitigate single-device failures, making equal reliability a challenging goal. Components like inverters, charging stations, and batteries can fail, software might contain bugs, and many device manufacturers require local installation for updates.
Innovation at the intersection of IoT and energy systems is significant. Smart markets offer grid flexibility, and local energy markets use blockchain-secured transactions. These concepts have been developed, matured, and implemented in numerous research projects in Germany and globally.
SEGMENTATION ANALYSIS
The Germany IoT in energy & utility application market segmentation includes connectivity, end-user, and component. The end-user segment includes utility gas management, oil and gas, water management, electricity grid & supply management, and mining.
Existing power networks are being transformed into smart grids to meet increasing power demands. IoT-based grids can support energy transmission, distribution, consumption, distributed coordination, location awareness, and mobility support.
An electrical grid is an interconnected network that delivers electricity from producers to consumers. Electrical grids vary in size and can span entire countries or continents. A smart electricity grid integrates digital communication with an electricity supply network, encompassing the grid itself, smart homes, and buildings. A smart electricity grid helps optimize the electrical needs of buildings and other infrastructures by enabling real-time, bidirectional transmission of electrical data between buildings and the grid.
Its benefits include tracking power consumption for enterprises, retail stores, institutions, and industries, as well as detecting and preventing leaks and facilitating self-repair. The IoT-based smart electricity grid enables information sharing among all components within the grid and smart energy management over both wireless and wired networks.
While less than 1% of the world's water supply is fresh and safe for human consumption, the United Nations Development Program attributes water scarcity primarily to poor management. Predictions indicate that over half of the global population will face water scarcity by 2025. However, IoT can play a crucial role in reversing this trend.
Conservation is especially critical in urban areas, where monitoring water consumption can be difficult. IoT technology enhances transparency and control throughout the entire water supply chain, enabling the optimization of water treatment, production, distribution, and consumption.
COMPETITIVE INSIGHTS
Some of the prominent companies in the Germany IoT in energy & utility application market are SAP SE, SAS Institute Inc, Schneider Electric SE, etc.
SAP SE (SAP or 'the company') is a German-based provider of enterprise software solutions. The company offers solutions for customer relationship management, data management, human capital management, and supply chain management. SAP's business lines encompass asset management, commerce, finance, human resources, manufacturing, marketing, supply chain, engineering, and sustainability. Additionally, the company delivers analytics, applications, mobile, database, cloud, and technology operations. SAP serves various industries, including natural resources, financial services, public services, discrete manufacturing, energy, and consumer sectors. The company operates in Europe, the Middle East, the Americas, Asia Pacific, and Africa, with its headquarters located in Walldorf, Germany.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. RESEARCH SCOPE & METHODOLOGY
1.1. STUDY OBJECTIVES
1.2. METHODOLOGY
1.3. ASSUMPTIONS & LIMITATIONS
2. EXECUTIVE SUMMARY
2.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
2.2. COUNTRY SNAPSHOT-GERMANY
2.3. COUNTRY ANALYSIS-GERMANY
2.4. SCOPE OF STUDY
2.5. CRISIS SCENARIO ANALYSIS
2.5.1. IMPACT OF COVID-19 ON IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET
2.6. MAJOR MARKET FINDINGS
2.6.1. SURGING DEMAND FOR SMART METERS
2.6.2. INCREASING ADOPTION OF ADVANCED GRID MANAGEMENT SOLUTIONS
2.6.3. INVESTMENTS IN INFRASTRUCTURE DEVELOPMENT
3. MARKET DYNAMICS
3.1. KEY DRIVERS
3.1.1. INCREASING CONSUMPTION AND DEMAND FOR ENERGY GENERATION
3.1.2. EMPHASIS ON A GREENER ENVIRONMENT RAISING DEMAND FOR ENERGY & UTILITY ANALYTICS
3.1.3. DECLINING PRICES OF IOT COMPONENTS AND AVAILABILITY OF NEXT-GENERATION SENSORS
3.2. KEY RESTRAINTS
3.2.1. HIGH UPFRONT COSTS FOR DEPLOYMENT
3.2.2. LACK OF SKILLED WORKFORCE
3.2.3. SECURITY CONCERNS
3.2.4. CHALLENGES ASSOCIATED WITH INTEGRATING IOT WITH SUBSYSTEMS
4. KEY ANALYTICS
4.1. KEY MARKET TRENDS
4.1.1. DEMAND FOR AUTOMATION TOOLS IN ENERGY MANAGEMENT
4.1.2. GROWING CONSUMER FOCUS ON ENERGY CONSUMPTION PATTERN ANALYSIS
4.1.3. IMPROVEMENT IN THE OPERATIONS OF THE OIL & GAS INDUSTRY
4.2. PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS
4.2.1. BUYERS POWER
4.2.2. SUPPLIERS POWER
4.2.3. SUBSTITUTION
4.2.4. NEW ENTRANTS
4.2.5. INDUSTRY RIVALRY
4.3. GROWTH PROSPECT MAPPING
4.4. MARKET CONCENTRATION ANALYSIS
4.5. VALUE CHAIN ANALYSIS
4.5.1. RAW MATERIALS
4.5.2. MANUFACTURING
4.5.3. DISTRIBUTION
4.5.4. END-USERS
4.6. KEY BUYING CRITERIA
4.6.1. MODE OF DEPLOYMENT
4.6.2. PRICE
4.6.3. APPLICATION
5. MARKET BY CONNECTIVITY
5.1. NON-CELLULAR
5.2. CELLULAR
6. MARKET BY END-USER
6.1. UTILITY GAS MANAGEMENT
6.2. OIL & GAS
6.3. ELECTRICITY GRID & SUPPLY MANAGEMENT
6.4. WATER MANAGEMENT
6.5. MINING
7. MARKET BY COMPONENT
7.1. HARDWARE
7.1.1. SENSORS
7.1.2. DEVICES
7.1.3. OTHER HARDWARE COMPONENTS
7.2. SERVICES
7.2.1. DEPLOYMENT AND INTEGRATION
7.2.2. SUPPORT AND MAINTENANCE
7.2.3. PROFESSIONAL SERVICES
7.3. SOFTWARE
7.3.1. ANALYTICS
7.3.2. GRID MANAGEMENT
7.3.3. OPERATIONAL CONTROL
7.3.4. WATER MANAGEMENT
7.3.5. SECURITY
8. COMPETITIVE LANDSCAPE
8.1. KEY STRATEGIC DEVELOPMENTS
8.1.1. MERGERS & ACQUISITIONS
8.1.2. PRODUCT LAUNCHES & DEVELOPMENTS
8.1.3. PARTNERSHIPS & AGREEMENTS
8.1.4. BUSINESS EXPANSIONS & DIVESTITURES
8.2. COMPANY PROFILES
8.2.1. ABB LTD
8.2.1.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.1.2. PRODUCTS
8.2.1.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.2. CAPGEMINI SE
8.2.2.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.2.2. PRODUCTS
8.2.2.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.3. CISCO SYSTEMS INC
8.2.3.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.3.2. PRODUCTS
8.2.3.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.4. EATON CORPORATION PLC
8.2.4.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.4.2. PRODUCTS
8.2.4.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.5. GENERAL ELECTRIC COMPANY
8.2.5.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.5.2. PRODUCTS
8.2.5.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.6. INFOSYS LIMITED
8.2.6.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.6.2. PRODUCTS
8.2.6.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.7. INTERNATIONAL BUSINESS MACHINES CORPORATION (IBM)
8.2.7.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.7.2. PRODUCTS
8.2.7.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.8. ORACLE CORPORATION
8.2.8.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.8.2. PRODUCTS
8.2.8.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.9. SAP SE
8.2.9.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.9.2. PRODUCTS
8.2.9.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.10. SAS INSTITUTE INC
8.2.10.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.10.2. PRODUCTS
8.2.10.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.11. SCHNEIDER ELECTRIC SE
8.2.11.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.11.2. PRODUCTS
8.2.11.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.12. SIEMENS AG
8.2.12.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.12.2. PRODUCTS
8.2.12.3. STRENGTHS & CHALLENGES

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(energy)の最新刊レポート


よくあるご質問


Inkwood Research社はどのような調査会社ですか?


Inkwood Researchは世界40ヶ国以上の国を対象に広範な市場を調査し、世界市場全体を調査したレポートに加え、アジア太平洋地域、欧州、北米などの主要地域や主要国毎のレポートも数多く出版してい... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る