世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

エネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるアジア太平洋地域のiot市場予測 2024-2032


ASIA-PACIFIC IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET FORECAST 2024-2032

主な調査結果 アジア太平洋地域のエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるIoT市場は、予測期間2024-2032年にCAGR 11.32%で成長すると予測される。 アジア太平洋地域が世界最大のIoT市場になるた... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Inkwood Research
インクウッドリサーチ
2024年6月3日 US$1,600
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
149 英語

 

サマリー

主な調査結果
アジア太平洋地域のエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるIoT市場は、予測期間2024-2032年にCAGR 11.32%で成長すると予測される。
アジア太平洋地域が世界最大のIoT市場になるために競争する中、同製品は規模と金額で飛躍的に成長する。また、IoTは、これらの経済に貢献する大きな労働力と知的潜在力を持つ若者の人口が急速に増加しており、この地域の高揚活動に重要な役割を果たしている。さらに、IoTはさまざまな目的で広く利用されており、オーストラリア、中国、日本を含む国々ではビジネスの成功に不可欠なものと見なされている。
地域分析
エネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるアジア太平洋地域のIoT市場成長分析には、ベトナム、インド、韓国、中国、オーストラリア&ニュージーランド、日本、シンガポール、インドネシア、その他のアジア太平洋地域の評価が含まれる。中国におけるIoTの用途には、産業、輸送、家電、ヘルスケア、オートメーションが含まれる。用途別では、自動車と輸送用途が最大の市場シェアを占めている。さらに、IoTアプリケーション分野には、スマートメーター、速度監視、交通量カウント、ナビゲーションなどが含まれる。したがって、自動車産業の発展は、エネルギー&ユーティリティ・アプリケーション市場におけるアジア太平洋地域のIoTに利益をもたらしている。
一方、ベトナムは第4次産業革命に向けて急速に前進している。その結果、IoTはあらゆる分野でますます普及している。さらに、外資系企業はさまざまな産業でこの技術を活用し、eヘルス、スマート農業、スマート不動産などの潜在的なアプリケーションを開発している。これらの進歩は、ベトナムのエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるIoTの需要を支えている。
セグメンテーション分析
アジア太平洋地域のエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションにおけるIoT市場のセグメンテーションには、コンポーネント、エンドユーザー、コネクティビティが含まれる。接続性セグメントには、非セルラーとセルラーが含まれる。
無線ローカルループシステム、自動販売機、車両などの非セルラーデバイスは、モジュールやモデムを組み込めば、モバイルエアインターフェース規格を介して通信できる。また、遠隔地の機械とホストサーバーや中央局との間で無線通信を可能にし、人手を介さずにデータ報告、リアルタイム監視、遠隔制御を行うこともできる。
さらに、エネルギー&ユーティリティ分野のIoTでは、データ・セキュリティの観点から、携帯電話以外のデバイスが人気を集めている。モバイル・デバイスとの直接接続やデータ・ストレージがないことが、非セルラー・デバイスに優位性を与えている。オンプレミスセグメントにおける非セルラーデバイスの設置は、アプリケーション市場におけるエネルギー&ユーティリティ分野のIoTで最も人気のある組み合わせである。したがって、データセキュリティに対する懸念の高まりは、非セルラーデバイスで処理され、市場での需要をさらに押し上げている。
競合他社の洞察
アジア太平洋地域のエネルギー&ユーティリティ分野のIoTアプリケーション市場で事業を展開している主要企業には、Wipro Limited、Infosys Limited、IBM、Capgemini SE、Cisco Systems Incなどがある。
ウィプロ・リミテッドは、ITコンサルティング、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)サービス、ソフトウェア・ソリューション、研究開発サービスなど、幅広いサービスを提供するIT企業である。同社のサービスには、リエンジニアリングとメンテナンス、ITコンサルティング、クラウドサービス開発、カスタム・アプリケーション設計、パッケージ導入システム統合などがある。ウィプロのサービスは、航空宇宙・防衛、公共部門、ヘルスケア、銀行、小売、エンジニアリング・建設業界で利用されている。ヨーロッパ、中東、アジア太平洋、アメリカ大陸の顧客にサービスを提供している。本社はインドのカルナータカ州ベンガルール。
ウィプロのデータ・ディスカバリー・プラットフォーム(DDP)は、ストーリーテリング技術と洗練されたビジュアル・サイエンスを駆使し、意思決定と解釈を簡素化する。このプラットフォームの中核は、Wipro HOLMESストリーム・コンピューティングとArtificial Intelligence PlatformTMを組み合わせたもので、顧客減少の予防措置、オンライン評判を強化するための実践、ダウンタイムを最小化するための予知保全など、広範な洞察を提供する。

ページTOPに戻る


目次

目次
1. 調査範囲と方法論
1.1. 調査目的
1.2.調査方法
1.3. 前提条件と限界
2. 要旨
2.1. 市場規模と推定
2.2. 市場概要
2.3. 調査範囲
2.4. 危機シナリオ分析
2.Covid-19がエネルギー&ユーティリティ・アプリケーションのiot市場に与える影響
2.5. 主な市場調査結果
2.5.1. スマートメーター需要の急増
2.5.2. 高度グリッド管理ソリューションの採用増加
2.5.3. インフラ整備への投資
3. 市場ダイナミクス
3.主な推進要因
3.1.1. エネルギー消費と発電需要の増加
3.1.2. 環境保護の重視により、エネルギー・ユーティリティ分析の需要が増加
3.1.3. iot コンポーネントの価格低下と次世代センサーの入手可能性
3.2. 主な阻害要因
3.2.1. 導入のための初期費用が高い。
3.2.2. 熟練労働者の不足
3.2.3. セキュリティ上の懸念
3.2.4. サブシステムとの統合に伴う課題
4. 主要分析
4.1. 主要市場動向
4.1.1. エネルギー管理における自動化ツールの需要
4.1.2. エネルギー消費パターン分析に対する消費者の関心の高まり
4.1.3. 石油・ガス産業の業務改善
4.2. ポーターの5つの力分析
4.2.1. 買い手の力
4.2.2. 供給者の力
4.2.3. 代替
4.2.4. 新規参入
4.2.5. 業界のライバル関係
4.3. 成長見通しマッピング
4.4. 市場集中度分析
4.5. バリューチェーン分析
4.5.1. 原材料
4.5.2. 製造
4.5.3. 流通
4.5.4. エンドユーザー
4.6. 主要な購買基準
4.6.1. 配備形態
4.6.2. 価格
4.6.3. アプリケーション
5. 接続性別市場
5.1. 非セルラー
5.2.セルラー
6. エンドユーザー別市場
6.1. ユーティリティ・ガス管理
6.2. 石油・ガス
6.3. 電力グリッド・供給管理
6.4. 水管理
6.5.鉱業
7. コンポーネント別市場
7.1.ハードウェア
7.1.1. センサー
7.1.2. デバイス
7.1.3. その他のハードウェア・コンポーネント
7.2. サービス
7.2.1. 導入および統合
7.2.2. サポートとメンテナンス
7.2.3. プロフェッショナルサービス
7.3.ソフトウェア
7.3.1. 分析
7.3.2. グリッド管理
7.3.3. 運転管理
7.3.4. 水管理
7.3.5. セキュリティ
8. 地理的分析
8.1. アジア太平洋地域
8.1.1. 市場規模と予測
8.1.2. アジア太平洋地域のエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiot市場の促進要因
8.1.3. エネルギー&公益事業アプリケーションにおけるアジア太平洋地域の iot 市場の課題
8.1.4. アジア太平洋地域のエネルギー・公益事業向けiot市場の主要企業
8.1.5. 国別分析
8.中国
8.中国のエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiot市場の規模と機会
8.日本
8.日本のエネルギー・公益事業アプリケーションにおけるiot市場の規模と機会
8.インド
8.エネルギー・公益事業分野におけるインドのiot市場規模・機会
8.1.5.4. 韓国
8.エネルギー&公益事業アプリケーションにおける韓国のiot市場規模 と機会
8.1.5.5. インドネシア
8.1.5.5.1. インドネシアのエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiot市場規模 と機会
8.1.5.6. シンガポール
8.エネルギー&公益事業アプリケーションにおけるシンガポールのiot市場規模 と機会
8.ベトナム
8.ベトナムのエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiot市場規模 と機会
8.1.5.8. オーストラリアとニュージーランド
8.オーストラリア&ニュージーランド エネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiotの市場規模 と機会
8.1.5.9. その他のアジア太平洋地域
8.1.5.9.1. その他のアジア太平洋地域のエネルギー&公益事業アプリケーションにおけるiot市場規模と機会
9. 競争環境
9.1. 主要な戦略的展開
9.1.1. M&A
9.1.2. 製品の発表と開発
9.1.3. パートナーシップと契約
9.1.4. 事業拡大・売却
9.2. 会社概要
9.2.1. ABB LTD
9.2.1.1. 会社概要
9.2.1.2.
9.2.1.3. 強みと課題
9.2.2. アクララ・テクノロジーズLC
9.2.2.1. 会社概要
9.2.2.2.
9.2.2.3. 強みと課題
9.2.3. カプジェミニSE
9.2.3.1. 会社概要
9.2.3.2.
9.2.3.3. 強みと課題
9.2.4. シスコシステムズ
9.2.4.1. 会社概要
9.2.4.2.
9.2.4.3. 強みと課題
9.2.5. イートンコーポレーション
9.2.5.1. 会社概要
9.2.5.2.
9.2.5.3. 強みと課題
9.2.6. ゼネラル・エレクトリック・カンパニー
9.2.6.1. 会社概要
9.2.6.2.
9.2.6.3. 強みと課題
9.2.7. インフォシスリミテッド
9.2.7.1. 会社概要
9.2.7.2.
9.2.7.3. 強みと課題
9.2.8. インターナショナル・ビジネス・マシン・コーポレーション(IBM)
9.2.8.1. 会社概要
9.2.8.2. 製品
9.2.8.3. 強みと課題
9.2.9. オラクル株式会社
9.2.9.1. 会社概要
9.2.9.2.
9.2.9.3. 強みと課題
9.2.10. SAP SE
9.2.10.1. 会社概要
9.2.10.2.
9.2.10.3. 強みと課題
9.2.11. サス・インスティテュート・インク
9.2.11.1. 会社概要
9.2.11.2. 製品
9.2.11.3. 強みと課題
9.2.12. シュナイダーエレクトリックSE
9.2.12.1. 会社概要
9.2.12.2.
9.2.12.3. 強みと課題
9.2.13. シーメンスAG
9.2.13.1. 会社概要
9.2.13.2.
9.2.13.3. 強みと課題
9.2.14. テラデータ・コーポレーション
9.2.14.1. 会社概要
9.2.14.2. 製品
9.2.14.3. 強みと課題
9.2.15. ウィプロ・リミテッド
9.2.15.1. 会社概要
9.2.15.2.
9.2.15.3. 強みと課題

 

ページTOPに戻る


 

Summary

KEY FINDINGS
The Asia-Pacific IoT in energy & utility application market is expected to grow with a CAGR of 11.32% during the forecast period, 2024-2032.
As Asia-Pacific competes to become the world’s largest IoT market, the product grows exponentially in size and value. Also, IoT plays a significant role in the region’s uplifting activities with the rapidly increasing youth population that has great labor and intellectual potential to serve these economies. Moreover, IoT is widely used for various purposes and is viewed as critical to business success by countries including Australia, China, and Japan.
REGIONAL ANALYSIS
The Asia-Pacific IoT in energy & utility application market growth analysis includes the assessment of Vietnam, India, South Korea, China, Australia & New Zealand, Japan, Singapore, Indonesia, and Rest of Asia-Pacific. Uses of IoT in China include industrial, transportation, consumer electronics, healthcare, and automation. The automotive and transportation applications hold the largest market share based on application. Moreover, the IoT application areas include smart metering, speed monitoring, traffic counting, and navigation. Therefore, the development of the automotive industry benefits the Asia-Pacific IoT in the energy & utility application market.
On the other hand, Vietnam is rapidly advancing towards the fourth industrial revolution. As a result, IoT is becoming increasingly popular in every sector. Further, foreign firms are leveraging this technology in various industries and developing potential applications for e-health, smart agriculture, smart real estate, etc. These advancements support the demand for IoT in energy & utility applications in Vietnam.
SEGMENTATION ANALYSIS
The Asia-Pacific IoT in energy & utility application market segmentation includes component, end-user, and connectivity. The connectivity segment includes non-cellular and cellular.
Non-cellular devices such as wireless local loop systems, vending machines, or vehicles can communicate via a mobile air interface standard when incorporating a module or modem. Wireless communications can also be enabled between remote machines and a host server or a central station to provide data reporting, real-time monitoring, or remote control without human intervention.
Furthermore, non-cellular devices are gaining popularity in IoT in the energy & utility sector for data security. The lack of direct connectivity with mobile devices and data storage is giving an advantage to non-cellular devices. The installation of non-cellular devices in the on-premise segment is the most popular combination of IoT in energy & utility in the application market. Therefore, the growing concern over data security is treated with non-cellular devices, further boosting its demand in the market.
COMPETITIVE INSIGHTS
Some of the key players operating in the Asia-Pacific IoT in energy & utility application market include Wipro Limited, Infosys Limited, IBM, Capgemini SE, Cisco Systems Inc, etc.
Wipro Limited is an IT company providing a range of services, including IT consulting, business process outsourcing (BPO) services, software solutions, and research and development services. Its services include re-engineering and maintenance, IT consulting, cloud services development, custom application design, and package implementation systems integration. Wipro’s services find application in aerospace and defense, public sector, healthcare, banking, retail, and engineering & construction industries. The company serves clients across Europe, the Middle East, Asia-Pacific, and the Americas. It is headquartered in Bengaluru, Karnataka, India.
Wipro’s Data Discovery Platform (DDP) uses storytelling techniques and sophisticated visual sciences to simplify decision-making and interpretation. The platform’s core combines the Wipro HOLMES stream computing and Artificial Intelligence PlatformTM and delivers wide-ranging insights like preventive action for customer attrition, practices to reinforce an online reputation, and predictive maintenance to minimize downtime.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. RESEARCH SCOPE & METHODOLOGY
1.1. STUDY OBJECTIVES
1.2. METHODOLOGY
1.3. ASSUMPTIONS & LIMITATIONS
2. EXECUTIVE SUMMARY
2.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
2.2. MARKET OVERVIEW
2.3. SCOPE OF STUDY
2.4. CRISIS SCENARIO ANALYSIS
2.4.1. IMPACT OF COVID-19 ON IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET
2.5. MAJOR MARKET FINDINGS
2.5.1. SURGING DEMAND FOR SMART METERS
2.5.2. INCREASING ADOPTION OF ADVANCED GRID MANAGEMENT SOLUTIONS
2.5.3. INVESTMENTS IN INFRASTRUCTURE DEVELOPMENT
3. MARKET DYNAMICS
3.1. KEY DRIVERS
3.1.1. INCREASING CONSUMPTION AND DEMAND FOR ENERGY GENERATION
3.1.2. EMPHASIS ON A GREENER ENVIRONMENT RAISING DEMAND FOR ENERGY & UTILITY ANALYTICS
3.1.3. DECLINING PRICES OF IOT COMPONENTS AND AVAILABILITY OF NEXT-GENERATION SENSORS
3.2. KEY RESTRAINTS
3.2.1. HIGH UPFRONT COSTS FOR DEPLOYMENT
3.2.2. LACK OF SKILLED WORKFORCE
3.2.3. SECURITY CONCERNS
3.2.4. CHALLENGES ASSOCIATED WITH INTEGRATING IOT WITH SUBSYSTEMS
4. KEY ANALYTICS
4.1. KEY MARKET TRENDS
4.1.1. DEMAND FOR AUTOMATION TOOLS IN ENERGY MANAGEMENT
4.1.2. GROWING CONSUMER FOCUS ON ENERGY CONSUMPTION PATTERN ANALYSIS
4.1.3. IMPROVEMENT IN THE OPERATIONS OF THE OIL & GAS INDUSTRY
4.2. PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS
4.2.1. BUYERS POWER
4.2.2. SUPPLIERS POWER
4.2.3. SUBSTITUTION
4.2.4. NEW ENTRANTS
4.2.5. INDUSTRY RIVALRY
4.3. GROWTH PROSPECT MAPPING
4.4. MARKET CONCENTRATION ANALYSIS
4.5. VALUE CHAIN ANALYSIS
4.5.1. RAW MATERIALS
4.5.2. MANUFACTURING
4.5.3. DISTRIBUTION
4.5.4. END-USERS
4.6. KEY BUYING CRITERIA
4.6.1. MODE OF DEPLOYMENT
4.6.2. PRICE
4.6.3. APPLICATION
5. MARKET BY CONNECTIVITY
5.1. NON-CELLULAR
5.2. CELLULAR
6. MARKET BY END-USER
6.1. UTILITY GAS MANAGEMENT
6.2. OIL & GAS
6.3. ELECTRICITY GRID & SUPPLY MANAGEMENT
6.4. WATER MANAGEMENT
6.5. MINING
7. MARKET BY COMPONENT
7.1. HARDWARE
7.1.1. SENSORS
7.1.2. DEVICES
7.1.3. OTHER HARDWARE COMPONENTS
7.2. SERVICES
7.2.1. DEPLOYMENT AND INTEGRATION
7.2.2. SUPPORT AND MAINTENANCE
7.2.3. PROFESSIONAL SERVICES
7.3. SOFTWARE
7.3.1. ANALYTICS
7.3.2. GRID MANAGEMENT
7.3.3. OPERATIONAL CONTROL
7.3.4. WATER MANAGEMENT
7.3.5. SECURITY
8. GEOGRAPHICAL ANALYSIS
8.1. ASIA-PACIFIC
8.1.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
8.1.2. ASIA-PACIFIC IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET DRIVERS
8.1.3. ASIA-PACIFIC IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET CHALLENGES
8.1.4. KEY PLAYERS IN ASIA-PACIFIC IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET
8.1.5. COUNTRY ANALYSIS
8.1.5.1. CHINA
8.1.5.1.1. CHINA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.1.5.2. JAPAN
8.1.5.2.1. JAPAN IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.1.5.3. INDIA
8.1.5.3.1. INDIA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.1.5.4. SOUTH KOREA
8.1.5.4.1. SOUTH KOREA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.1.5.5. INDONESIA
8.1.5.5.1. INDONESIA IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.1.5.6. SINGAPORE
8.1.5.6.1. SINGAPORE IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.1.5.7. VIETNAM
8.1.5.7.1. VIETNAM IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.1.5.8. AUSTRALIA & NEW ZEALAND
8.1.5.8.1. AUSTRALIA & NEW ZEALAND IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8.1.5.9. REST OF ASIA-PACIFIC
8.1.5.9.1. REST OF ASIA-PACIFIC IOT IN ENERGY & UTILITY APPLICATION MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
9. COMPETITIVE LANDSCAPE
9.1. KEY STRATEGIC DEVELOPMENTS
9.1.1. MERGERS & ACQUISITIONS
9.1.2. PRODUCT LAUNCHES & DEVELOPMENTS
9.1.3. PARTNERSHIPS & AGREEMENTS
9.1.4. BUSINESS EXPANSIONS & DIVESTITURES
9.2. COMPANY PROFILES
9.2.1. ABB LTD
9.2.1.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.1.2. PRODUCTS
9.2.1.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.2. ACLARA TECHNOLOGIES LLC
9.2.2.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.2.2. PRODUCTS
9.2.2.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.3. CAPGEMINI SE
9.2.3.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.3.2. PRODUCTS
9.2.3.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.4. CISCO SYSTEMS INC
9.2.4.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.4.2. PRODUCTS
9.2.4.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.5. EATON CORPORATION PLC
9.2.5.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.5.2. PRODUCTS
9.2.5.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.6. GENERAL ELECTRIC COMPANY
9.2.6.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.6.2. PRODUCTS
9.2.6.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.7. INFOSYS LIMITED
9.2.7.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.7.2. PRODUCTS
9.2.7.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.8. INTERNATIONAL BUSINESS MACHINES CORPORATION (IBM)
9.2.8.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.8.2. PRODUCTS
9.2.8.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.9. ORACLE CORPORATION
9.2.9.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.9.2. PRODUCTS
9.2.9.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.10. SAP SE
9.2.10.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.10.2. PRODUCTS
9.2.10.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.11. SAS INSTITUTE INC
9.2.11.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.11.2. PRODUCTS
9.2.11.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.12. SCHNEIDER ELECTRIC SE
9.2.12.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.12.2. PRODUCTS
9.2.12.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.13. SIEMENS AG
9.2.13.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.13.2. PRODUCTS
9.2.13.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.14. TERADATA CORPORATION
9.2.14.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.14.2. PRODUCTS
9.2.14.3. STRENGTHS & CHALLENGES
9.2.15. WIPRO LIMITED
9.2.15.1. COMPANY OVERVIEW
9.2.15.2. PRODUCTS
9.2.15.3. STRENGTHS & CHALLENGES

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(iot)の最新刊レポート


よくあるご質問


Inkwood Research社はどのような調査会社ですか?


Inkwood Researchは世界40ヶ国以上の国を対象に広範な市場を調査し、世界市場全体を調査したレポートに加え、アジア太平洋地域、欧州、北米などの主要地域や主要国毎のレポートも数多く出版してい... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る