世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

フィデューシャルマーカー市場 - 世界の産業規模、シェア、動向、機会、予測、製品別(金属ベースマーカー、ポリマーベースマーカー、その他フィデューシャルマーカー)、モダリティ別(CT/CBCT、MRI、超音波、放射線治療)、がん種別(前立腺がん、肺がん、乳がん、胃がん、その他がん)、エンドユーザー別(病院・クリニック、独立放射線治療センター、がん研究センター)、地域別、競合別セグメント、2019-2029F


Fiducial Markers Market - Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Product (Metal-based Markers, Polymer-based Markers, Other Fiducial Markers), By Modality (CT/CBCT, MRI, Ultrasound, Radiotherapy), By Cancer Type (Prostate Cancer, Lung Cancer, Breast Cancer, Gastric Cancer, Other Cancers), By End User (Hospitals & Clinics, Independent Radiotherapy Centers, Cancer Research Centers), By Region and Competition, 2019-2029F

フィデューシャルマーカーの世界市場は、2023年に9252万米ドルと評価され、2029年までの予測期間にはCAGR 5.25%で安定した成長が予測されています。医療イメージングと放射線治療のダイナミックな領域では、精... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2024年4月3日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
187 英語

 

サマリー


フィデューシャルマーカーの世界市場は、2023年に9252万米ドルと評価され、2029年までの予測期間にはCAGR 5.25%で安定した成長が予測されています。医療イメージングと放射線治療のダイナミックな領域では、精度が最も重要です。小型でありながら極めて重要なデバイスであるフィデューシャルマーカーは、こうした手技の精度を向上させるために不可欠です。世界のフィデューシャルマーカー市場は、診断と治療の両領域で正確な位置決めに対する需要が高まっていることを主な要因として、最近顕著な成長を遂げています。X線、CTスキャン、MRIのような様々な医療画像検査で検出可能な物体や物質であるフィデューシャルマーカーは、医療従事者が特定の身体部位を正確にピンポイントで狙えるようにする基準点の役割を果たす。放射線治療に広く利用されているこれらのマーカーは、治療の精度を高め、隣接する健康な組織への害を最小限に抑える。
世界的ながん罹患率の急増が、フィデューシャルマーカー市場を大きく押し上げている。フィデューシャルマーカーは放射線腫瘍学で広く使用され、腫瘍の正確なターゲティングを誘導し、周辺組織へのダメージを軽減しながら最適な治療結果を保証する。高解像度の画像モダリティの登場など、医療画像の技術的進歩がフィデューシャルマーカーの需要に拍車をかけている。これらのマーカーは腫瘍の正確な可視化と追跡を容易にし、早期診断と効率的な治療計画に役立つ。低侵襲治療への世界的なシフトも、フィデューシャルマーカーの採用を後押ししている。フィデューシャルマーカーは、腹腔鏡や内視鏡のような手技における処置の精度を高め、画像誘導介入において重要な役割を果たしている。治療部位の正確なターゲティングを可能にすることで、特に健康な組織への放射線被ばくを最小限に抑えることが最も重要な放射線治療において、フィデューシャルマーカーは患者の安全に大きく貢献しています。
主な市場促進要因
がん罹患率の上昇がフィデューシャルマーカーの世界市場を牽引している。
何百万人もの人々が罹患している癌は、世界的な健康上の大きな課題であり、高度な診断・治療技術に対する需要を牽引し続けている。重要な技術として台頭してきたフィデューシャルマーカーは、がんの診断と治療における精度と正確性を高める上で重要な役割を果たしています。世界保健機関(WHO)によると、がんの罹患率は今後20年間で70%増加すると予測されており、革新的なアプローチが不可欠です。腫瘍近傍に埋め込まれたフィデューシャルマーカーは、画像診断や治療プロセスにおいて重要な基準点として機能し、放射線治療や画像誘導手術などのがん管理手順の精度を大幅に向上させる。がん治療がより個別化されるにつれて、がん組織を正確に狙うことができるため、フィデューシャル・マーカーの需要が急増している。
放射線治療では、フィデューシャルマーカーはがん細胞を正確に標的にするために極めて重要であり、明確な基準点を提供することで健康な組織への害を最小限に抑えます。外科的介入では、特に低侵襲手術において腫瘍のナビゲーションと位置特定を助け、付随的損傷を最小限に抑えながら効果的な切除を確実にする。また、フィデューシャルマーカーは、画像診断の改善によりがんの早期発見を促進し、タイムリーな介入を可能にする。さらに、治療に対する腫瘍の反応の継続的なモニタリングが容易になるため、必要に応じて治療戦略を調整することができる。
医療従事者の意識の高まりが世界のフィデューシャルマーカー市場を牽引
フィデューシャルマーカーは、医療、特に放射線治療や画像誘導手術によるがん治療において不可欠なツールとなっている。これらのマーカーは、医療用画像診断装置に安定した基準点を提供することで、治療の精度を高めている。放射線治療では、腫瘍の位置を正確に特定するのに役立ち、周辺組織へのダメージを最小限に抑えながら、狙った線量を照射することができる。医療従事者は、フィデューシャルマーカーの利点をますます認識するようになり、患者の転帰を改善するための治療プロトコールへの統合につながっている。世界のフィデューシャルマーカー市場は技術的進歩を遂げており、メーカーはMRI、CT、コーンビームCTなど様々な画像モダリティに対応する革新的なマーカーを開発している。画像誘導ナビゲーションシステムに統合することで、処置中のリアルタイム追跡や調整が可能になり、正確な介入が保証される。
フィデューシャルマーカー市場の主な促進要因は、癌治療における重要な役割であり、効果的な放射線治療のための正確な腫瘍ターゲティングを促進することである。世界的に癌の診断が増加していることから、癌治療におけるフィデューシャルマーカーの需要は引き続き高いと予想される。さらに、その用途は腫瘍学にとどまらず、正確な位置特定が重要な神経外科や整形外科などの専門分野にも広がっている。このような用途の拡大は、医療従事者が手技の正確性と患者の転帰を高めるマーカーの価値を認めているため、市場の成長に寄与している。
主な市場課題
コスト制約
フィデューシャルマーカーの製造、開発、導入には、研究開発から製造、規制遵守に至るまでさまざまな費用がかかる。高度な医療技術への需要が高まり続ける中、フィデューシャルマーカー市場で事業を展開する企業は、技術革新と費用対効果のバランスを取るという課題に取り組んでいる。急速に進化する医療の現場で競争力を維持するためには、技術革新が不可欠です。イメージング機能を強化し、生体適合性を高め、周辺組織との干渉を低減したフィデューシャルマーカーを開発するには、研究開発に多額の投資が必要です。特に中小企業では、競争力のある価格設定を維持しながら最先端技術にリソースを割り当てることは困難な場合があります。厳しい品質基準を満たすフィデューシャルマーカーを製造するには、特殊な材料と製造工程が必要です。これらの材料の入手や加工にかかるコストと、清潔で規制された製造環境の維持にかかる費用は、製造コスト全体に大きく影響します。製造業者は、高品質のマーカーを製造することと、製造コストを適正に保つことの間で微妙なバランスをとらなければならない。ヘルスケア業界では、医療機器の安全性と有効性を確保するために厳しい規制要件が課されています。これらの規制を遵守するには、広範な試験、文書化、品質管理基準の遵守が必要です。規制当局の承認を取得し維持することは、製造業者にとって追加コストが発生し、全体的な財政負担の一因となる。
主な市場動向
技術の進歩
医療技術と画像診断のダイナミックな分野において、フィデューシャルマーカーは精度、正確性、効率性を高めるために不可欠である。これらのマーカーは画像処理システムの基準点として機能し、体内の特定部位の位置決めやターゲティングを支援する。フィデューシャルマーカーの世界市場は、継続的な技術の進歩によって大きな成長を遂げています。最先端の技術革新が医療や画像処理業界を再構築するにつれて、フィデューシャルマーカーに対する需要は大幅に増加しており、市場の拡大につながっています。MRI、CT、PETなどの医療用画像処理における技術革新は、診断および治療手順を一変させ、フィデューシャルマーカーは、医療介入中に正確な位置特定とナビゲーションを確実に行う上で重要な役割を果たしている。
癌の罹患率の上昇や低侵襲治療への嗜好といった要因が、フィデューシャルマーカーの採用を後押ししている。癌治療では、これらのマーカーは放射線治療中に腫瘍を正確に狙い、周囲の健康な組織へのダメージを最小限に抑えるのに役立つ。さらに、低侵襲手術では、フィデューシャル・マーカーが外科医のガイドとなり、器具を正確に配置することができる。医療用画像診断にAIとMLを取り入れることで、診断と治療計画に革命が起こり、スピードと精度が向上した。AI主導のアルゴリズムを搭載したフィデューシャルマーカーは、局在化プロセスを最適化し、医療従事者にリアルタイムデータとフィードバックを提供します。材料科学の進歩により、視認性、生体適合性、耐久性が改善されたフィデューシャルマーカーが生まれ、特定の医療処置の要件に対応するカスタマイズオプションが提供されています。世界中の研究機関、医療提供者、テクノロジー企業の協力的な取り組みにより、フィデューシャルマーカーの既存技術の改良と新規アプリケーションの開発に焦点を当てた継続的な研究イニシアチブが推進されています。このような共同アプローチがイノベーションを促進し、進歩の臨床への統合を加速している。
セグメント別の洞察
製品別インサイト
金属ベースのフィデューシャルマーカーは、X線、CTスキャン、MRIなどの画像モダリティで優れた視認性を発揮することから脚光を浴びている。他の材料で作られたマーカーとは異なり、金属ベースのマーカーは優れた放射線透過性を示すため、体内や所定のワークスペースの明確かつ正確な位置特定が可能です。この優れた視認性により、放射線治療や低侵襲手術などの用途に不可欠な正確なターゲットの描出が保証されます。金属ベースのマーカーは画像処理において優れた視認性を発揮し、正確で信頼性の高い定位が保証されます。金属は耐久性に優れ、経年劣化に強いことで知られています。金属ベースのフィデューシャルマーカーは、幅広いイメージング技術と互換性があるため、医療および産業分野のさまざまな用途に汎用性があります。
エンドユーザー洞察
病院・診療所セグメントは予測期間中に急成長すると予測されている。病院や診療所では、治療計画を最適化し、標準治療を向上させる上で、フィデューシャルマーカーの可能性を認識するようになってきている。マーカーは、腫瘍をより正確に狙うことを容易にするだけでなく、放射線治療セッション中のリアルタイムモニタリングや調整を可能にし、患者固有の解剖学的構造や反応に合わせた治療を保証する。
地域別の洞察
2023年の世界のフィデューシャルマーカー市場では、北米が金額ベースで最大の市場シェアを占め、支配的なプレーヤーに浮上した。北米、特に米国は、医療分野における技術革新の最前線にいる。この地域は、フィデューシャルマーカーを含む最先端の医療機器の開発と採用を支える強固なインフラを誇っている。がんは、世界的に罹患率および死亡率の主要な原因である。北米では癌の有病率が高まっており、高度な診断・治療ソリューションに対する需要が高まっている。フィデューシャルマーカーは、放射線治療中に腫瘍を正確に標的にするのに役立っており、この地域の市場優位性に貢献している。
主要市場プレイヤー
CIVCO Radiotherapy
IZIメディカルプロダクツ
ボストン・サイエンティフィック社
ナスルンド・メディカルAB
ベストメディカルインターナショナル
ナノヴィ A/S
カーボンメディカルテクノロジーズ
エッカート・ジーグラー
イノベーティブ・オンコロジー・ソリューションズ
メドトロニック
レポートの範囲
本レポートでは、フィデューシャルマーカーの世界市場を、以下に詳述した業界動向に加えて、以下のカテゴリーに分類しています:
フィデューシャルマーカーの世界市場:製品別
o金属ベースマーカー
oポリマーベースマーカー
oその他のフィデューシャルマーカー
フィデューシャルマーカー市場:モダリティ別
oCT/CBCT
oMRI
o超音波
o放射線治療
フィデューシャルマーカー市場:癌タイプ別
前立腺癌
o肺がん
o乳癌
o胃がん
oその他の癌
フィデューシャルマーカー市場、エンドユーザー別
o病院クリニック
o独立放射線治療センター
oがん研究センター
フィデューシャルマーカー市場:地域別
o北米
§米国
§カナダ
§メキシコ
欧州
§フランス
§イギリス
§イタリア
§ドイツ
§スペイン
アジア太平洋
§中国
§インド
§日本
§オーストラリア
§韓国
o 南米
§ブラジル
§アルゼンチン
§コロンビア
o 中東アフリカ
§南アフリカ
§サウジアラビア
§サウジアラビア
競合他社の状況
企業プロフィール:フィデューシャルマーカー市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、与えられた市場データを用いて、世界のフィデューシャルマーカー市場レポートを作成し、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.製品概要
1.1.市場の定義
1.2.市場の範囲
1.2.1.対象市場
1.2.2.調査対象年
1.2.3.主要市場セグメント
2.調査方法
2.1.調査目的
2.2.ベースライン法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データ三角測量の検証
2.7.前提条件と限界
3.エグゼクティブサマリー
3.1.市場概要
3.2.主要市場セグメントの概要
3.3.主要市場プレーヤーの概要
3.4.主要地域/国の概要
3.5.市場促進要因、課題、動向の概要
4.フィデューシャルマーカーの世界市場展望
4.1.市場規模予測
4.1.1.金額別
4.2.市場シェア予測
4.2.1.製品別(金属ベースマーカー、ポリマーベースマーカー、その他のフィデューシャルマーカー)
4.2.2.モダリティ別(CT/CBCT、MRI、超音波、放射線治療)
4.2.3.がんタイプ別(前立腺がん、肺がん、乳がん、胃がん、その他のがん)
4.2.4.エンドユーザー別(病院クリニック、独立放射線治療センター、がん研究センター)
4.2.5.地域別
4.2.6.企業別(2023年)
4.3.市場マップ
4.3.1.製品別
4.3.2.モダリティ別
4.3.3.がんタイプ別
4.3.4.エンドユーザー別
4.3.5.地域別
5.アジア太平洋地域のフィデューシャルマーカー市場展望
5.1.市場規模予測
5.1.1.金額別
5.2.市場シェア予測
5.2.1.製品別
5.2.2.モダリティ別
5.2.3.がんタイプ別
5.2.4.エンドユーザー別
5.2.5.国別
5.3.アジア太平洋地域国別分析
5.3.1.中国フィデューシャルマーカー市場展望
5.3.1.1.市場規模予測
5.3.1.1.1.金額別
5.3.1.2.市場シェア予測
5.3.1.2.1.製品別
5.3.1.2.2.モダリティ別
5.3.1.2.3.がんタイプ別
5.3.1.2.4.エンドユーザー別
5.3.2.インドフィデューシャルマーカー市場展望
5.3.2.1.市場規模予測
5.3.2.1.1.金額別
5.3.2.2.市場シェア予測
5.3.2.2.1.製品別
5.3.2.2.2.モダリティ別
5.3.2.2.3.がんタイプ別
5.3.2.2.4.エンドユーザー別
5.3.3.オーストラリア フィデューシャルマーカー市場展望
5.3.3.1.市場規模予測
5.3.3.1.1.金額別
5.3.3.2.市場シェア予測
5.3.3.2.1.製品別
5.3.3.2.2.モダリティ別
5.3.3.2.3.がんタイプ別
5.3.3.2.4.エンドユーザー別
5.3.4.日本フィデューシャルマーカー市場展望
5.3.4.1.市場規模予測
5.3.4.1.1.金額別
5.3.4.2.市場シェア予測
5.3.4.2.1.製品別
5.3.4.2.2.モダリティ別
5.3.4.2.3.がんタイプ別
5.3.4.2.4.エンドユーザー別
5.3.5.韓国フィデューシャルマーカー市場展望
5.3.5.1.市場規模予測
5.3.5.1.1.金額別
5.3.5.2.市場シェア予測
5.3.5.2.1.製品別
5.3.5.2.2.モダリティ別
5.3.5.2.3.がんタイプ別
5.3.5.2.4.エンドユーザー別
6.欧州フィデューシャルマーカー市場展望
6.1.市場規模予測
6.1.1.金額別
6.2.市場シェア予測
6.2.1.製品別
6.2.2.モダリティ別
6.2.3.がんタイプ別
6.2.4.エンドユーザー別
6.2.5.国別
6.3.ヨーロッパ国別分析
6.3.1.フランス:フィデューシャルマーカー市場展望
6.3.1.1.市場規模予測
6.3.1.1.1.金額別
6.3.1.2.市場シェア予測
6.3.1.2.1.製品別
6.3.1.2.2.モダリティ別
6.3.1.2.3.がんタイプ別
6.3.1.2.4.エンドユーザー別
6.3.2.ドイツ・フィデューシャルマーカーの市場展望
6.3.2.1.市場規模予測
6.3.2.1.1.金額別
6.3.2.2.市場シェア予測
6.3.2.2.1.製品別
6.3.2.2.2.モダリティ別
6.3.2.2.3.がんタイプ別
6.3.2.2.4.エンドユーザー別
6.3.3.スペイン フィデューシャルマーカー市場展望
6.3.3.1.市場規模予測
6.3.3.1.1.金額別
6.3.3.2.市場シェア予測
6.3.3.2.1.製品別
6.3.3.2.2.モダリティ別
6.3.3.2.3.がんタイプ別
6.3.3.2.4.エンドユーザー別
6.3.4.イタリア:フィデューシャルマーカーの市場展望
6.3.4.1.市場規模予測
6.3.4.1.1.金額別
6.3.4.2.市場シェア予測
6.3.4.2.1.製品別
6.3.4.2.2.モダリティ別
6.3.4.2.3.がんタイプ別
6.3.4.2.4.エンドユーザー別
6.3.5.英国フィデューシャルマーカー市場展望
6.3.5.1.市場規模予測
6.3.5.1.1.金額別
6.3.5.2.市場シェア予測
6.3.5.2.1.製品別
6.3.5.2.2.モダリティ別
6.3.5.2.3.がんタイプ別
6.3.5.2.4.エンドユーザー別
7.北米フィデューシャルマーカー市場展望
7.1.市場規模予測
7.1.1.金額別
7.2.市場シェア予測
7.2.1.製品別
7.2.2.モダリティ別
7.2.3.がんタイプ別
7.2.4.エンドユーザー別
7.2.5.国別
7.3.北米国別分析
7.3.1.米国フィデューシャルマーカー市場展望
7.3.1.1.市場規模予測
7.3.1.1.1.金額別
7.3.1.2.市場シェア予測
7.3.1.2.1.製品別
7.3.1.2.2.モダリティ別
7.3.1.2.3.がんタイプ別
7.3.1.2.4.エンドユーザー別
7.3.2.メキシコのフィデューシャルマーカー市場展望
7.3.2.1.市場規模予測
7.3.2.1.1.金額別
7.3.2.2.市場シェア予測
7.3.2.2.1.製品別
7.3.2.2.2.モダリティ別
7.3.2.2.3.がんタイプ別
7.3.2.2.4.エンドユーザー別
7.3.3.カナダ・フィデューシャルマーカー市場展望
7.3.3.1.市場規模予測
7.3.3.1.1.金額別
7.3.3.2.市場シェア予測
7.3.3.2.1.製品別
7.3.3.2.2.モダリティ別
7.3.3.2.3.がんタイプ別
7.3.3.2.4.エンドユーザー別
8.南米フィデューシャルマーカーの市場展望
8.1.市場規模予測
8.1.1.金額別
8.2.市場シェア予測
8.2.1.製品別
8.2.2.モダリティ別
8.2.3.がんタイプ別
8.2.4.エンドユーザー別
8.2.5.国別
8.3.南アメリカ国別分析
8.3.1.ブラジルのフィデューシャルマーカー市場展望
8.3.1.1.市場規模予測
8.3.1.1.1.金額別
8.3.1.2.市場シェア予測
8.3.1.2.1.製品別
8.3.1.2.2.モダリティ別
8.3.1.2.3.がんタイプ別
8.3.1.2.4.エンドユーザー別
8.3.2.アルゼンチンのフィデューシャルマーカー市場展望
8.3.2.1.市場規模予測
8.3.2.1.1.金額別
8.3.2.2.市場シェア予測
8.3.2.2.1.製品別
8.3.2.2.2.モダリティ別
8.3.2.2.3.がんタイプ別
8.3.2.2.4.エンドユーザー別
8.3.3.コロンビア用フィデューシャルマーカーの市場展望
8.3.3.1.市場規模予測
8.3.3.1.1.金額別
8.3.3.2.市場シェア予測
8.3.3.2.1.製品別
8.3.3.2.2.モダリティ別
8.3.3.2.3.がんタイプ別
8.3.3.2.4.エンドユーザー別
9.中東・アフリカのフィデューシャルマーカー市場展望
9.1.市場規模予測
9.1.1.金額別
9.2.市場シェア予測
9.2.1.製品別
9.2.2.モダリティ別
9.2.3.がんタイプ別
9.2.4.エンドユーザー別
9.2.5.国別
9.3.MEA:国別分析
9.3.1.南アフリカ共和国:フィデューシャルマーカーの市場展望
9.3.1.1.市場規模予測
9.3.1.1.1.金額別
9.3.1.2.市場シェア予測
9.3.1.2.1.製品別
9.3.1.2.2.モダリティ別
9.3.1.2.3.がんタイプ別
9.3.1.2.4.エンドユーザー別
9.3.2.サウジアラビアのフィデューシャルマーカー市場展望
9.3.2.1.市場規模予測
9.3.2.1.1.金額別
9.3.2.2.市場シェア予測
9.3.2.2.1.製品別
9.3.2.2.2.モダリティ別
9.3.2.2.3.がんタイプ別
9.3.2.2.4.エンドユーザー別
9.3.3.UAEフィデューシャルマーカーの市場展望
9.3.3.1.市場規模予測
9.3.3.1.1.金額別
9.3.3.2.市場シェア予測
9.3.3.2.1.製品別
9.3.3.2.2.モダリティ別
9.3.3.2.3.がんタイプ別
9.3.3.2.4.エンドユーザー別
10.市場ダイナミクス
10.1.促進要因
10.2.課題
11.市場動向
11.1.最近の動向
11.2.製品発表
11.3.合併買収
12.フィデューシャルマーカーの世界市場SWOT分析
13.ポーターのファイブフォース分析
13.1.業界内の競争
13.2.新規参入の可能性
13.3.サプライヤーの力
13.4.顧客の力
13.5.代替製品の脅威
14.競争状況
14.1.CIVCO 放射線治療
14.1.1.事業概要
14.1.2.会社概要
14.1.3.製品サービス
14.1.5.財務(上場している場合)
14.1.6.最近の動向
14.1.7.SWOT分析
14.2.IZIメディカルプロダクツ
14.3.ボストン・サイエンティフィック・コーポレーション
14.4.ナスルンド・メディカルAB
14.5.ベストメディカルインターナショナル
14.6.Nanovi A/S
14.7.カーボンメディカルテクノロジーズ
14.8.エッカート・ジーグラー
14.9.イノベーティブ・オンコロジー・ソリューションズ
14.10.メドトロニック
15.戦略的提言
16.メドトロニックについて 免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary


Global Fiducial Markers Market was valued at USD 92.52 Million in 2023 and is anticipated to project steady growth in the forecast period with a CAGR of 5.25% through 2029.In the dynamic realm of medical imaging and radiation therapy, precision holds utmost importance. Fiducial markers, small yet pivotal devices, are indispensable in improving the accuracy of these procedures. The Global Fiducial Markers Market has experienced notable growth recently, primarily fueled by escalating demand for precise localization in both diagnostic and therapeutic realms. Fiducial markers, detectable objects or substances in various medical imaging studies like X-rays, CT scans, and MRIs, serve as reference points, enabling healthcare practitioners to precisely pinpoint and target specific body areas. Widely utilized in radiation therapy, these markers elevate treatment accuracy, thereby minimizing harm to adjacent healthy tissues.
The surge in global cancer prevalence has significantly propelled the fiducial markers market. They are extensively used in radiation oncology to guide precise tumor targeting, ensuring optimal therapeutic outcomes while mitigating damage to surrounding tissues. Technological advancements in medical imaging, including the advent of high-resolution imaging modalities, have spurred the demand for fiducial markers. These markers facilitate accurate visualization and tracking of tumors, aiding in early diagnosis and efficient treatment planning. The global shift towards minimally invasive procedures has also bolstered the adoption of fiducial markers. They play a crucial role in image-guided interventions, enhancing procedural accuracy in techniques like laparoscopy and endoscopy. By enabling precise targeting of treatment areas, fiducial markers contribute significantly to patient safety, particularly in radiation therapy, where minimizing radiation exposure to healthy tissues is paramount.
Key Market Drivers
Rising Incidence of Cancer is Driving the Global Fiducial Markers Market.
Cancer, a formidable global health challenge affecting millions, continues to drive demand for advanced diagnostic and treatment technologies. Fiducial markers, emerging as a key technology, play a crucial role in enhancing precision and accuracy in cancer diagnosis and treatment. With cancer's increasing incidence, projected to rise by 70% over the next two decades according to the World Health Organization (WHO), innovative approaches are imperative. Fiducial markers, implanted near tumors, serve as vital reference points during imaging and treatment processes, significantly improving the accuracy of cancer management procedures like radiotherapy and image-guided surgery. As cancer treatment becomes more personalized, the demand for fiducial markers surges due to their ability to precisely target cancerous tissues.
In radiotherapy, fiducial markers are pivotal for precise cancer cell targeting, minimizing harm to healthy tissues by providing clear reference points. In surgical interventions, they aid in tumor navigation and localization, particularly in minimally invasive procedures, ensuring effective removal while minimizing collateral damage. Fiducial markers also enhance early cancer detection through improved imaging, enabling timely intervention. Moreover, they facilitate ongoing monitoring of tumor response to treatment, allowing for adjustments to therapeutic strategies as needed.
Growing Awareness Among Healthcare Professionals is Driving the Global Fiducial Markers Market
Fiducial markers have become indispensable tools in healthcare, particularly in cancer treatment through radiation therapy and image-guided surgeries. These markers enhance treatment accuracy by providing stable reference points for medical imaging devices. In radiation therapy, they aid in precisely locating tumors, enabling targeted radiation doses while minimizing damage to surrounding tissues. Healthcare professionals increasingly recognize the benefits of fiducial markers, leading to their integration into treatment protocols to improve patient outcomes. The global fiducial markers market has seen technological advancements, with manufacturers developing innovative markers compatible with various imaging modalities such as MRI, CT, and cone-beam CT. Integration into image-guided navigation systems allows for real-time tracking and adjustments during procedures, ensuring precise interventions.
A primary driver of the fiducial markers market is their vital role in cancer treatment, facilitating accurate tumor targeting for effective radiation therapy. With global cancer diagnoses on the rise, demand for fiducial markers in oncology is expected to remain high. Additionally, their usage extends beyond oncology to specialties like neurosurgery and orthopedics, where precise localization is crucial. This expanded application contributes to market growth as healthcare professionals acknowledge the markers' value in enhancing procedural accuracy and patient outcomes.
Key Market Challenges
Cost Constraints
The production, development, and implementation of fiducial markers involve various expenses, from research and development to manufacturing and regulatory compliance. As the demand for advanced medical technologies continues to rise, companies operating in the fiducial markers market find themselves grappling with the challenge of balancing innovation with cost-effectiveness. Innovation is essential for staying competitive in the rapidly evolving healthcare landscape. Developing fiducial markers with enhanced imaging capabilities, biocompatibility, and reduced interference with surrounding tissues demands substantial investments in research and development. Smaller companies, in particular, may find it challenging to allocate resources for cutting-edge technologies while maintaining competitive pricing. Producing fiducial markers that meet stringent quality standards requires specialized materials and manufacturing processes. The cost of obtaining and processing these materials, coupled with the expenses associated with maintaining a clean and regulated manufacturing environment, contributes significantly to the overall production costs. Manufacturers must strike a delicate balance between producing high-quality markers and keeping production costs reasonable. The healthcare industry is subject to stringent regulatory requirements to ensure the safety and efficacy of medical devices. Compliance with these regulations necessitates extensive testing, documentation, and adherence to quality control standards. Achieving and maintaining regulatory approval incurs additional costs for manufacturers, contributing to the overall financial burden.
Key Market Trends
Technological Advancements
In the dynamic field of medical technology and imaging, fiducial markers are essential for enhancing precision, accuracy, and efficiency. These markers serve as reference points for imaging systems, aiding in localizing and targeting specific areas within the body. The global market for fiducial markers is experiencing significant growth, driven by ongoing technological advancements. As cutting-edge innovations reshape the healthcare and imaging industries, the demand for fiducial markers is increasing substantially, leading to market expansion. Technological breakthroughs in medical imaging, such as MRI, CT, and PET, have transformed diagnostic and therapeutic procedures, with fiducial markers playing a crucial role in ensuring precise localization and navigation during medical interventions.
Factors such as the rising incidence of cancer and the preference for minimally invasive procedures are driving the adoption of fiducial markers. In cancer treatment, these markers assist in precisely targeting tumors during radiation therapy, minimizing damage to surrounding healthy tissues. Additionally, in minimally invasive surgeries, fiducial markers guide surgeons to ensure precise instrument placement. The incorporation of AI and ML in medical imaging has revolutionized diagnostics and treatment planning, enhancing speed and accuracy. Fiducial markers equipped with AI-driven algorithms optimize localization processes, providing real-time data and feedback to medical professionals. Advances in materials science have resulted in fiducial markers with improved visibility, biocompatibility, and durability, with customization options catering to specific medical procedure requirements.The collaborative efforts of research institutions, healthcare providers, and technology companies worldwide drive ongoing research initiatives focused on refining existing technologies and developing novel applications for fiducial markers. This collaborative approach fosters innovation and accelerates the integration of advancements into clinical practice.
Segmental Insights
Product Insights
Basedon the category of product, metal-based markers emerged as the dominant player in the global market for Fiducial Markers in 2023.Metal-based fiducial markers have gained prominence due to their excellent visibility in imaging modalities such as X-ray, CT scans, and MRI. Unlike markers made from other materials, metal-based markers exhibit superior radiopacity, allowing for clear and precise localization within the body or a given workspace. This enhanced visibility ensures accurate target delineation, critical for applications like radiation therapy and minimally invasive surgeries.Metal-based markers provide excellent visibility in imaging, ensuring accurate and reliable localization. This is especially critical in medical procedures where precision is paramount.Metals are known for their durability and resistance to degradation over time. This ensures that fiducial markers maintain their structural integrity, even in challenging environments, leading to consistent performance.Metal-based fiducial markers are compatible with a wide range of imaging technologies, making them versatile for different applications in both the medical and industrial sectors.
End User Insights
The Hospitals Clinics segment is projected to experience rapid growth during the forecast period. Hospitals and clinics are increasingly recognizing the potential of fiducial markers in optimizing treatment plans and elevating the standard of care. The markers not only facilitate more accurate targeting of tumors but also enable real-time monitoring and adjustments during radiation therapy sessions, ensuring that the treatment is tailored to the patient's specific anatomy and response.
Regional Insights
North America emerged as the dominant player in the global Fiducial Markers market in 2023, holding the largest market share in terms of value. North America, particularly the United States, has been at the forefront of technological innovation in the healthcare sector. The region boasts a robust infrastructure that supports the development and adoption of cutting-edge medical devices, including fiducial markers. Cancer is a leading cause of morbidity and mortality worldwide. North America has witnessed a growing prevalence of cancer, driving the demand for advanced diagnostic and treatment solutions. Fiducial markers are instrumental in precisely targeting tumors during radiation therapy, contributing to the region's market dominance.
Key Market Players
CIVCO Radiotherapy
IZI Medical Products
Boston Scientific Corporation
Naslund Medical AB
Best Medical International, Inc.
Nanovi A/S
Carbon Medical Technologies Inc.
Eckert Ziegler
Innovative Oncology Solutions
Medtronic plc
Report Scope:
In this report, the Global Fiducial Markers Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
Fiducial Markers Market,By Product:
oMetal-based Markers
oPolymer-based Markers
oOther Fiducial Markers
Fiducial Markers Market,By Modality:
oCT/CBCT
oMRI
oUltrasound
oRadiotherapy
Fiducial Markers Market,By Cancer Type:
oProstate Cancer
oLung Cancer
oBreast Cancer
oGastric Cancer
oOther Cancers
Fiducial Markers Market,By End user:
oHospitals Clinics
oIndependent Radiotherapy Centers
oCancer Research Centers
Fiducial Markers Market, By Region:
oNorth America
§United States
§Canada
§Mexico
oEurope
§France
§United Kingdom
§Italy
§Germany
§Spain
oAsia-Pacific
§China
§India
§Japan
§Australia
§South Korea
oSouth America
§Brazil
§Argentina
§Colombia
oMiddle East Africa
§South Africa
§Saudi Arabia
§UAE
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Fiducial Markers Market.
Available Customizations:
Global Fiducial Markers market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1.Product Overview
1.1.Market Definition
1.2.Scope of the Market
1.2.1.Markets Covered
1.2.2.Years Considered for Study
1.2.3.Key Market Segmentations
2.Research Method
2.1.Objective of the Study
2.2.Baseline Method
2.3.Key Industry Partners
2.4.Major Association and Secondary Sources
2.5.Forecasting Method
2.6.Data Triangulation Validation
2.7.Assumptions and Limitations
3.Executive Summary
3.1.Overview of the Market
3.2.Overview of Key Market Segmentations
3.3.Overview of Key Market Players
3.4.Overview of Key Regions/Countries
3.5.Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4.Global Fiducial Markers Market Outlook
4.1.Market Size Forecast
4.1.1.By Value
4.2.Market Share Forecast
4.2.1.By Product (Metal-based Markers, Polymer-based Markers, Other Fiducial Markers)
4.2.2.By Modality (CT/CBCT, MRI, Ultrasound, Radiotherapy)
4.2.3.By Cancer Type (Prostate Cancer, Lung Cancer, Breast Cancer, Gastric Cancer, Other Cancers)
4.2.4.By End User (Hospitals Clinics, Independent Radiotherapy Centers, Cancer Research Centers)
4.2.5.By Region
4.2.6.By Company (2023)
4.3.Market Map
4.3.1.By Product
4.3.2.By Modality
4.3.3.By Cancer Type
4.3.4.By End User
4.3.5.By Region
5.Asia Pacific Fiducial Markers Market Outlook
5.1.Market Size Forecast
5.1.1.By Value
5.2.Market Share Forecast
5.2.1.By Product
5.2.2.By Modality
5.2.3.By Cancer Type
5.2.4.By End User
5.2.5.By Country
5.3.Asia Pacific: Country Analysis
5.3.1.China Fiducial Markers Market Outlook
5.3.1.1.Market Size Forecast
5.3.1.1.1.By Value
5.3.1.2.Market Share Forecast
5.3.1.2.1.By Product
5.3.1.2.2.By Modality
5.3.1.2.3.By Cancer Type
5.3.1.2.4.By End User
5.3.2.India Fiducial Markers Market Outlook
5.3.2.1.Market Size Forecast
5.3.2.1.1.By Value
5.3.2.2.Market Share Forecast
5.3.2.2.1.By Product
5.3.2.2.2.By Modality
5.3.2.2.3.By Cancer Type
5.3.2.2.4.By End User
5.3.3.Australia Fiducial Markers Market Outlook
5.3.3.1.Market Size Forecast
5.3.3.1.1.By Value
5.3.3.2.Market Share Forecast
5.3.3.2.1.By Product
5.3.3.2.2.By Modality
5.3.3.2.3.By Cancer Type
5.3.3.2.4.By End User
5.3.4.Japan Fiducial Markers Market Outlook
5.3.4.1.Market Size Forecast
5.3.4.1.1.By Value
5.3.4.2.Market Share Forecast
5.3.4.2.1.By Product
5.3.4.2.2.By Modality
5.3.4.2.3.By Cancer Type
5.3.4.2.4.By End User
5.3.5.South Korea Fiducial Markers Market Outlook
5.3.5.1.Market Size Forecast
5.3.5.1.1.By Value
5.3.5.2.Market Share Forecast
5.3.5.2.1.By Product
5.3.5.2.2.By Modality
5.3.5.2.3.By Cancer Type
5.3.5.2.4.By End User
6.Europe Fiducial Markers Market Outlook
6.1.Market Size Forecast
6.1.1.By Value
6.2.Market Share Forecast
6.2.1.By Product
6.2.2.By Modality
6.2.3.By Cancer Type
6.2.4.By End User
6.2.5.By Country
6.3.Europe: Country Analysis
6.3.1.France Fiducial Markers Market Outlook
6.3.1.1.Market Size Forecast
6.3.1.1.1.By Value
6.3.1.2.Market Share Forecast
6.3.1.2.1.By Product
6.3.1.2.2.By Modality
6.3.1.2.3.By Cancer Type
6.3.1.2.4.By End User
6.3.2.Germany Fiducial Markers Market Outlook
6.3.2.1.Market Size Forecast
6.3.2.1.1.By Value
6.3.2.2.Market Share Forecast
6.3.2.2.1.By Product
6.3.2.2.2.By Modality
6.3.2.2.3.By Cancer Type
6.3.2.2.4.By End User
6.3.3.Spain Fiducial Markers Market Outlook
6.3.3.1.Market Size Forecast
6.3.3.1.1.By Value
6.3.3.2.Market Share Forecast
6.3.3.2.1.By Product
6.3.3.2.2.By Modality
6.3.3.2.3.By Cancer Type
6.3.3.2.4.By End User
6.3.4.Italy Fiducial Markers Market Outlook
6.3.4.1.Market Size Forecast
6.3.4.1.1.By Value
6.3.4.2.Market Share Forecast
6.3.4.2.1.By Product
6.3.4.2.2.By Modality
6.3.4.2.3.By Cancer Type
6.3.4.2.4.By End User
6.3.5.United Kingdom Fiducial Markers Market Outlook
6.3.5.1.Market Size Forecast
6.3.5.1.1.By Value
6.3.5.2.Market Share Forecast
6.3.5.2.1.By Product
6.3.5.2.2.By Modality
6.3.5.2.3.By Cancer Type
6.3.5.2.4.By End User
7.North America Fiducial Markers Market Outlook
7.1.Market Size Forecast
7.1.1.By Value
7.2.Market Share Forecast
7.2.1.By Product
7.2.2.By Modality
7.2.3.By Cancer Type
7.2.4.By End User
7.2.5.By Country
7.3.North America: Country Analysis
7.3.1.United States Fiducial Markers Market Outlook
7.3.1.1.Market Size Forecast
7.3.1.1.1.By Value
7.3.1.2.Market Share Forecast
7.3.1.2.1.By Product
7.3.1.2.2.By Modality
7.3.1.2.3.By Cancer Type
7.3.1.2.4.By End User
7.3.2.Mexico Fiducial Markers Market Outlook
7.3.2.1.Market Size Forecast
7.3.2.1.1.By Value
7.3.2.2.Market Share Forecast
7.3.2.2.1.By Product
7.3.2.2.2.By Modality
7.3.2.2.3.By Cancer Type
7.3.2.2.4.By End User
7.3.3.Canada Fiducial Markers Market Outlook
7.3.3.1.Market Size Forecast
7.3.3.1.1.By Value
7.3.3.2.Market Share Forecast
7.3.3.2.1.By Product
7.3.3.2.2.By Modality
7.3.3.2.3.By Cancer Type
7.3.3.2.4.By End User
8.South America Fiducial Markers Market Outlook
8.1.Market Size Forecast
8.1.1.By Value
8.2.Market Share Forecast
8.2.1.By Product
8.2.2.By Modality
8.2.3.By Cancer Type
8.2.4.By End User
8.2.5.By Country
8.3.South America: Country Analysis
8.3.1.Brazil Fiducial Markers Market Outlook
8.3.1.1.Market Size Forecast
8.3.1.1.1.By Value
8.3.1.2.Market Share Forecast
8.3.1.2.1.By Product
8.3.1.2.2.By Modality
8.3.1.2.3.By Cancer Type
8.3.1.2.4.By End User
8.3.2.Argentina Fiducial Markers Market Outlook
8.3.2.1.Market Size Forecast
8.3.2.1.1.By Value
8.3.2.2.Market Share Forecast
8.3.2.2.1.By Product
8.3.2.2.2.By Modality
8.3.2.2.3.By Cancer Type
8.3.2.2.4.By End User
8.3.3.Colombia Fiducial Markers Market Outlook
8.3.3.1.Market Size Forecast
8.3.3.1.1.By Value
8.3.3.2.Market Share Forecast
8.3.3.2.1.By Product
8.3.3.2.2.By Modality
8.3.3.2.3.By Cancer Type
8.3.3.2.4.By End User
9.Middle East and Africa Fiducial Markers Market Outlook
9.1.Market Size Forecast
9.1.1.By Value
9.2.Market Share Forecast
9.2.1.By Product
9.2.2.By Modality
9.2.3.By Cancer Type
9.2.4.By End User
9.2.5.By Country
9.3.MEA: Country Analysis
9.3.1.South Africa Fiducial Markers Market Outlook
9.3.1.1.Market Size Forecast
9.3.1.1.1.By Value
9.3.1.2.Market Share Forecast
9.3.1.2.1.By Product
9.3.1.2.2.By Modality
9.3.1.2.3.By Cancer Type
9.3.1.2.4.By End User
9.3.2.Saudi Arabia Fiducial Markers Market Outlook
9.3.2.1.Market Size Forecast
9.3.2.1.1.By Value
9.3.2.2.Market Share Forecast
9.3.2.2.1.By Product
9.3.2.2.2.By Modality
9.3.2.2.3.By Cancer Type
9.3.2.2.4.By End User
9.3.3.UAE Fiducial Markers Market Outlook
9.3.3.1.Market Size Forecast
9.3.3.1.1.By Value
9.3.3.2.Market Share Forecast
9.3.3.2.1.By Product
9.3.3.2.2.By Modality
9.3.3.2.3.By Cancer Type
9.3.3.2.4.By End User
10.Market Dynamics
10.1.Drivers
10.2.Challenges
11.Market Trends Developments
11.1.Recent Developments
11.2.Product Launches
11.3.Mergers Acquisitions
12.Global Fiducial Markers Market: SWOT Analysis
13.Porter’s Five Forces Analysis
13.1.Competition in the Industry
13.2.Potential of New Entrants
13.3.Power of Suppliers
13.4.Power of Customers
13.5.Threat of Substitute Product
14.Competitive Landscape
14.1.CIVCO Radiotherapy
14.1.1.Business Overview
14.1.2.Company Snapshot
14.1.3.Product Services
14.1.5.Financials (In case of listed)
14.1.6.Recent Developments
14.1.7.SWOT Analysis
14.2.IZI Medical Products
14.3.Boston Scientific Corporation
14.4.Naslund Medical AB
14.5.Best Medical International, Inc.
14.6.Nanovi A/S
14.7.Carbon Medical Technologies Inc.
14.8.Eckert Ziegler
14.9.Innovative Oncology Solutions
14.10.Medtronic plc
15.Strategic Recommendations
16. About Us Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(clinics)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る