世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア市場:コンポーネントタイプ別(ソリューション(MME、HSS、S-GW、PDN-GW)、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス、コンサルティング、インテグレーション&開発、トレーニング&サポート))、展開形態別(クラウド、オンプレミス)、エンドユーザー別(通信事業者、企業)、地域別、市場競争率、予測、機会:2018-2028F


Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Segmented by Component Type (Solution (MME, HSS, S-GW, PDN-GW), Service (Professional Services, Managed Service, Consulting, Integration & Development, and Training & Support)), By Deployment Mode (Cloud, On-Premises), By End User (Telecom Operator, Enterprises), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2018-2028F

サウジアラビアの仮想進化型パケットコア市場規模は1億6916万ドルで、予測期間中のCAGRは19.53%と堅調な成長が見込まれる。サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア(vEPC)市場は、世界的な仮想化へのシフトと... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
82 英語

 

サマリー

サウジアラビアの仮想進化型パケットコア市場規模は1億6916万ドルで、予測期間中のCAGRは19.53%と堅調な成長が見込まれる。サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア(vEPC)市場は、世界的な仮想化へのシフトと通信ネットワークの進化を反映し、大きな変革期を迎えている。サウジアラビアの野心的な「ビジョン2030」計画では、経済の多様化と技術革新の促進を目指しており、vEPC技術の採用はこれらの目標を達成する上で極めて重要な役割を担っている。vEPCは、従来のハードウェアベースのネットワーク・インフラからソフトウェア主導の仮想化アーキテクチャへの移行を意味し、急増するデータ需要に直面してネットワーク機能の強化、拡張性、俊敏性を引き出す鍵を握っている。
この変革の中核となるのが電気通信部門であり、サウジアラビアのデジタルトランスフォーメーションを推進する上で重要な役割を担っています。サウジアラビアでは急速な都市化が進み、スマートフォンやデータ集約型アプリケーションの普及が進んでいるため、モバイル・データ・トラフィックが急増しています。高速で低遅延なネットワークに対するこの増大し続ける需要に応えるため、サウジアラビアの通信事業者はvEPC技術に注目しています。vEPCは、これらの通信事業者がネットワークリソースを動的に割り当てることを可能にし、ユーザーが高解像度ビデオのストリーミングやビデオ会議の実施、IoTデバイスの利用など、シームレスで応答性の高いオンライン体験にアクセスできるようにします。
さらに、vEPCの採用は電気通信分野にとどまらない。ビジョン2030の一環として、サウジアラビアは医療、製造、スマートシティ、教育など、さまざまな産業のデジタル化を目指しています。vEPC技術は、効率的で安全な接続の基盤を提供することで、こうしたデジタル化の取り組みにおいて極めて重要な役割を果たしています。例えばヘルスケアでは、vEPCは遠隔患者モニタリング、遠隔医療サービス、ヘルスケアIoTデバイスの統合を可能にする。製造業では、プロセス最適化のためのIoTセンサーとリアルタイムデータ分析の導入をサポートします。vEPCの汎用性と柔軟性は、サウジアラビアの広範なデジタルトランスフォーメーション・イニシアチブを実現する重要な要素となっている。
サウジアラビアの vEPC 市場の原動力の一つは、5G ネットワークの絶え間ない拡大です。5G技術は超高速、低遅延、膨大な数の接続デバイスのサポートを約束するため、vEPCが提供する仮想化インフラはこれらの機能を実現するために不可欠です。サウジアラビアの通信事業者は、5Gネットワークに関連する複雑なトラフィックパターンと多様なユースケースを効率的に管理できるvEPCソリューションの導入に多額の投資を行っている。これには、自律走行車、スマートシティ、拡張現実、バーチャルリアリティなど、瞬時のデータ処理と低遅延接続を必要とするアプリケーションのサポートも含まれる。
さらに、サウジアラビアのvEPC市場では、セキュリティとデータプライバシーが最重要課題となっている。ネットワーク機能の仮想化・分散化が進むにつれ、サイバー脅威の攻撃対象は大幅に拡大している。サービス・プロバイダーも企業も、ネットワーク・インフラと機密データの両方を保護するため、高度なセキュリティ・ソリューションに多額の投資を行っている。また、厳格なデータプライバシー規制への準拠も最重要課題であり、英国のデータ保護法や国際基準の遵守に重点を置いている。暗号化、脅威検知、アクセス制御などの強固なセキュリティ対策はvEPCソリューションの不可欠な要素であり、デジタルサービスの安全な基盤を提供します。
まとめると、サウジアラビアのvEPC市場は、多様化と技術進歩という同国のビジョン2030の目標に密接に沿った変革期にあります。vEPC技術の採用により、サウジアラビアの通信事業者は、高性能ネットワークと革新的サービスを求める消費者や産業界の高まる需要に応えることができます。サウジアラビアが5Gの展開とデジタル変革をリードし続ける中、vEPC市場は同国の電気通信、技術革新、経済の多様化の未来を形作る上で極めて重要な役割を果たすだろう。
主な市場牽引要因
ビジョン2030とデジタル変革への取り組み
サウジアラビアの野心的な「ビジョン2030」計画は、同国の仮想化進化型パケットコア(vEPC)市場成長の強力な起爆剤となっている。この先見的なロードマップは、活気に満ちた革新的なデジタル環境を育成することで、サウジアラビアの経済を多様化し、石油への依存度を下げることを目的としています。ビジョン2030の一環として、ヘルスケアや教育からスマートシティや産業オートメーションに至るまで、さまざまな分野を網羅する広範なデジタル変革イニシアチブが進行中である。仮想化ネットワーク・インフラは、デジタル化プロジェクトで必要とされる高速・低遅延接続を実現するために不可欠であるため、vEPC市場はこうした取り組みから直接利益を得ている。サウジアラビアの通信事業者と企業は、同国のデジタル大国への転換を支援するため、vEPCソリューションに多額の投資を行っており、ビジョン2030はvEPC市場の成長にとって極めて重要な推進力となっている。
モバイルデータ需要の急増と5Gの拡大
サウジアラビアのvEPC市場にとって、スマートフォンの普及とデータ量の多いアプリケーションによってモバイルデータ使用量が急激に増加していることは、強力な推進力となっています。超高速と低遅延を約束する5G技術の登場により、仮想化ネットワークインフラへの需要はさらに高まっています。vEPCソリューションは、複雑なトラフィックパターンと5G技術がサポートする多様なユースケースの効率的な管理を可能にするため、5Gネットワークに不可欠です。サウジアラビアの通信事業者は、シームレスで応答性の高いユーザー体験を確保しつつ、データトラフィックの急増に対応するため、vEPCを積極的に導入している。サウジアラビア全土における5Gネットワークの拡大は、vEPCの重要性を増幅させ、市場成長の重要な原動力となっている。
IoTの普及とインダストリー4.0
さまざまな産業でモノのインターネット(IoT)デバイスが急速に普及していることが、サウジアラビアのvEPC市場の重要な推進力となっている。製造、医療、物流、農業などの業界では、効率性、生産性、意思決定を強化するためにIoTソリューションの導入が進んでいる。vEPC技術は、こうしたIoT導入の接続性とデータ処理要件をサポートする上で極めて重要な役割を果たしている。例えば製造業では、vEPCによってIoTセンサーの導入と、予知保全とプロセス最適化のためのリアルタイムデータ分析が可能になります。サウジアラビアがインダストリー4.0に向けて前進する中、vEPCはスマート工場、自律システム、リアルタイム制御のための基本的な実現要素となり、IoTソリューションの統合を通じて市場の成長を促進します。
ネットワークの拡張性と柔軟性
ネットワークの拡張性と柔軟性の必要性は、サウジアラビアのvEPC市場を推進する重要な原動力です。従来のハードウェアベースのネットワーク・インフラは、現代の電気通信のダイナミックな需要に対応するのに苦労しています。仮想化EPCソリューションは、ネットワーク・リソースを迅速に増減できる俊敏性を提供し、リソース利用を最適化し、変化するネットワーク要件に対応します。この柔軟性は、急増するデータ需要、変化するサービス品質要件、新しいサービスやアプリケーションの展開に対応する上で特に重要です。サウジアラビアの通信事業者は、進化する顧客のニーズや業界のトレンドに対応できるネットワークを確保する上で、vEPCの重要性を認識している。ネットワークの拡張性と柔軟性を求める動きは、vEPCをサウジアラビアの通信事情に不可欠な技術として位置づけ、市場成長の強力な原動力となっている。
主な市場課題
レガシー・インフラの統合と変革
サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア(vEPC)市場が直面する主な課題の1つは、既存のレガシー・ネットワーク・インフラストラクチャと仮想化ソリューションの統合です。サウジアラビアの通信事業者は、物理的な進化型パケットコア(EPC)システムなど、従来のハードウェアベースのネットワークに多額の投資を行っている。シームレスな接続性とサービスの継続性を維持しながら、仮想化されたEPC環境に移行することは、手ごわい課題となっている。レガシーなネットワーク・エレメントには、vEPCソリューションの柔軟性や拡張性が欠けていることが多く、統合が複雑でリソースを必要とします。新旧コンポーネント間の相互運用性を確保し、既存のサービスを仮想化環境に移行するには、慎重な計画と実行が必要だ。統合の課題は、移行中に既存サービスのパフォーマンスと信頼性を維持する必要性によってさらに複雑化する。中断やダウンタイムは、サウジアラビアの通信事業者にとって、顧客満足度や収益に悪影響を及ぼしかねない。
さらに、サウジアラビアの通信事業者は、仮想化ネットワークを効果的に管理・運用できる人材の再教育という課題に取り組まなければならない。仮想化インフラの管理に必要なスキルセットは、従来のネットワークに必要なものとは大きく異なる。そのため、スキルギャップを埋め、vEPC技術へのスムーズな移行を実現するためには、研修・開発プログラムへの投資が不可欠です。全体として、サウジアラビアの状況において、vEPCとレガシーインフラの統合は依然として複雑で多面的な課題である。
セキュリティとデータ・プライバシーの重要性
セキュリティとデータ・プライバシーに関する懸念は、サウジアラビアのvEPC市場におけるもう一つの重要な課題です。ネットワーク機能の仮想化は、分散型インフラがもたらす攻撃対象の拡大と相まって、ネットワークをサイバー脅威の影響を受けやすくしている。ネットワーク・インフラと、それを介して送信される機密データの両方のセキュリティを確保することが最も重要です。サウジアラビアの通信事業者と企業は、進化する脅威と脆弱性から保護するために、高度なセキュリティ・ソリューションに多額の投資を行っている。これには、強固な暗号化、脅威検知・防止システム、アクセス制御メカニズムなどが含まれる。国内および国際レベルでの厳格なデータプライバシー規制の遵守が、セキュリティの状況を複雑にしています。サウジアラビアにはデータ保護規制があり、国際的なデータプライバシー基準の適用を受けています。
セキュリティとデータ・プライバシーに関する懸念に対処できなければ、多額の罰金やサウジアラビアの事業者や企業の評判の低下など、厳しい法的・経済的結果を招く可能性があります。したがって、サイバーセキュリティ対策は、サウジアラビアにおけるvEPCソリューションの不可欠な要素であり、新たなセキュリティ脅威を特定し、軽減するためには、継続的なモニタリングと脅威インテリジェンスが不可欠である。さらに、サウジアラビアが戦略的に重要であり、サイバー攻撃の潜在的な標的となっていることを考えると、強固なセキュリティ対策の必要性はさらに高まっている。サウジアラビアの通信事業者や企業は、ネットワーク・セキュリティと、ネットワーク・インフラの完全性とセキュリティを確保するための効率的で高性能なvEPCソリューションの需要との間で、微妙なバランスを取る必要があります。
主な市場動向
エッジコンピューティングとvEPCの統合
サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア(vEPC)市場を形成する顕著なトレンドの1つは、エッジコンピューティングとvEPC技術の統合です。エッジコンピューティングは世界的に勢いを増しており、サウジアラビアも例外ではありません。サウジアラビアではデジタルトランスフォーメーションへの取り組みが進んでおり、自律走行車や拡張現実、IoT主導のソリューションなど、低遅延アプリケーションをサポートするエッジコンピューティングの導入が進んでいます。この傾向は、通信事業者や企業が仮想化ネットワーク機能をエッジまで拡張できるようにするため、vEPCを極めて重要なイネーブラーとして位置付けている。サウジアラビアの企業は、vEPCをエッジに導入することで、高性能なネットワークサービスを最小限の待ち時間で提供し、リアルタイムのデータ処理や迅速な意思決定を必要とする革新的なアプリケーションやサービスの新たな可能性を引き出すことができます。
さらに、vEPC とエッジコンピューティングの統合は、サウジアラビアのインダストリー4.0 の取り組み、特に製造業における取り組みに合致しています。スマート工場と産業オートメーションは、vEPCとエッジコンピューティングの組み合わせを活用することで、生産効率を高め、機器をリアルタイムで監視し、ダウンタイムを削減する。このトレンドが牽引し続ける中、サウジアラビアのデジタル・エコシステムの進化における重要なコンポーネントとしてvEPCの重要性が強化されています。
カスタマイズ・サービスのためのネットワーク・スライシング
ネットワーク・スライシングは、サウジアラビアの vEPC 市場を変革するトレンドとして浮上しています。この技術により、通信事業者は単一の物理ネットワークを複数の仮想ネットワークに分割し、それぞれを特定のユースケースや顧客セグメントに合わせてカスタマイズすることができます。ネットワーク・スライシングは、サービス・プロバイダーがサービス品質(QoS)要件の異なる差別化されたサービスを提供できるようにする画期的な技術です。サウジアラビアでは、医療、金融、スマートシティなど、それぞれ独自のネットワーク・パフォーマンスを必要とする多様な業種に通信事業者が対応できるようになるため、この傾向は特に重要です。
例えば、ヘルスケア分野では、vEPC対応のネットワーク・スライシングによって遠隔医療専用のスライスが実現し、高品質のビデオ診察と患者データ伝送が保証されます。金融分野では、セキュアで低遅延なスライスがリアルタイムの取引や金融トランザクションをサポートします。このようなカスタマイズはスマートシティ構想にも及び、スライスによって IoT センサーからのデータに優先順位を付けて効率的な交通管理や環境監視を行うことができます。ネットワーク・スライシングのトレンドは、vEPC をサウジアラビアの通信事業者にとって極めて重要な技術として位置づけ、リソースの利用を最適化し、多様なユースケースでユーザーに一貫した体験品質を保証しながら、業界や企業に合わせたサービスを提供できるようにします。
オープンで標準ベースのアーキテクチャ
サウジアラビアのvEPC市場では、オープンで標準ベースのアーキテクチャの採用が加速しています。歴史的に、電気通信業界ではプロプライエタリなソリューションが主流で、ベンダーの囲い込みや相互運用性の制限につながっていました。しかし、業界は標準インターフェースとプロトコルに基づくオープン・アーキテクチャへと移行しつつあります。サウジアラビアの通信事業者や企業は、柔軟性を高め、コストを削減し、イノベーションを促進するために、この傾向を受け入れている。ONAP(Open Network Automation Platform)やOPNFV(Open Platform for Network Functions Virtualization)といった技術の採用が広まっている。これらのオープンプラットフォームにより、サウジアラビアのサービスプロバイダーは、ベンダーにとらわれないソリューションの構築、異なるサプライヤーのコンポーネントの組み合わせ、業界関係者間のコラボレーションを促進することができる。オープン・アーキテクチャへの移行は、イノベーションと仮想化ネットワーク機能とサービスの多様なエコシステムの開発を促進するため、サウジアラビアのデジタルトランスフォーメーションの目標にも合致している。
セグメント別の洞察
展開モードの洞察
サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア市場では、導入形態別に見るとクラウドセグメントが優勢で、予測期間を通じて揺るぎない優位性を示している。vEPCソリューションのクラウドベースの展開は、サウジアラビアの通信事業者や企業に多くの魅力的な利点を提供する。比類のないスケーラビリティ、柔軟性、コスト効率を提供し、サウジアラビアのデジタルトランスフォーメーションへの熱望に完全に合致している。需要の変化に応じてネットワーク・リソースを簡単に増減できるクラウドベースのvEPCソリューションは、効率的なリソース利用と迅速なネットワーク・プロビジョニングを実現します。この柔軟性は、サウジアラビアにおけるデータトラフィックの急増、5G技術の需要、IoTデバイスの急増に対応する上で最も重要です。さらに、クラウドの導入によりネットワーク管理が合理化されるため、リソースの効率的なオーケストレーションが可能になり、高性能なネットワークサービスを確実に提供できるようになります。サウジアラビアがデジタル主導の未来に向けて歩みを続ける中、クラウド分野の優位性は、サウジアラビアの通信事情を形成し、技術的な願望をサポートする上で極めて重要な役割を担っていることを反映しています。
エンドユーザー
エンドユーザー別では、サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア市場における通信事業者セグメントが強力なフロントランナーとして台頭し、予測期間を通じて優位性を発揮して市場の軌道を形成している。サウジアラビアの通信事業者は、消費者、企業、産業にネットワークサービスを提供する最前線にいるため、vEPCソリューションの展開と管理において極めて重要な役割を果たしている。5G技術の登場とIoTデバイスの急増により、高速データ、低遅延、シームレスな接続性に対する需要は絶え間なく高まっており、サウジアラビアの通信事業者は、vEPCの機能を活用してこうした進化するネットワーク需要に対応する戦略的立場にある。仮想化EPCソリューションを採用することで、これらの通信事業者は、革新的で差別化されたサービスを顧客に確実に提供しながら、ネットワーク性能を強化し、リソース割り当てを最適化し、急増するデータトラフィックを効率的に管理することができる。このように、電気通信事業者セグメントの優位性は、サウジアラビアの電気通信の未来を形作る上で極めて重要な役割を果たし、デジタル時代のダイナミックなニーズに応えることにコミットしていることを裏付けています。
地域の洞察
東部地域は、サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア市場において圧倒的な存在感を示し、その卓越した地位を確認するとともに、業界の方向性を形成する上で極めて重要な役割を担っていることを浮き彫りにしている。ダーラン、アル・コバール、ダンマームといった活気あふれる都市からなるこの地域は、サウジアラビアの経済活力と技術力の中心地となっている。VEPC市場におけるその揺るぎない優位性は、サウジアラビアの卓越した地位を再確認させるだけでなく、サウジアラビアの電気通信産業の軌跡を形成する上で極めて重要な役割を担っていることを強調している。
vEPC市場における東部地域の優位性は、いくつかの重要な要因に起因している。東部地域には、vEPC技術の変革の可能性を認識する先進的な通信事業者や企業が数多く存在します。データ消費の絶え間ない急増、5Gネットワークの登場、IoTアプリケーションの急速な拡大により、vEPCは不可欠なものとなっている。東部地域のこれらの事業体は、ネットワークの俊敏性、拡張性、最先端サービスの提供を確保するため、vEPCソリューションを採用する最前線に立っている。さらに、アラビア湾に沿った東部地域の戦略的な地理的位置は、世界的な接続性と貿易の重要なゲートウェイとして位置づけられ、革新的な電気通信ソリューションの自然な核となっている。vEPC市場におけるサウジアラビアの圧倒的な存在感は、サウジアラビアをデジタル主導の未来へと推し進め、同国の電気通信産業の方向性を形成する上で不可欠な役割を担っていることを強調している。
主な市場プレイヤー
エリクソン・テレコミュニケーションズ K.S.A.
ファーウェイ・テクノロジー・サウジアラビア・カンパニー・リミテッド
ノキアサウジアラビア有限責任会社
シスコシステムズ・サウジアラビアLtd.
アファームド・ネットワークス KSA
Mavenir Systems サウジアラビア有限責任会社
レッドハット・サウジアラビア有限責任会社
サムスン電子サウジアラビア有限責任会社
NECサウジアラビア有限責任会社
デル・テクノロジーズ・サウジアラビア有限責任会社
レポートの範囲
本レポートでは、サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア市場を、以下に詳述する業界動向に加えて、以下のカテゴリーに分類しています:
- サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア市場:コンポーネントタイプ別
ソリューション
 MME
 HSS
 S-GW
 PDN-GW
サービス
 プロフェッショナルサービス
 マネージドサービス
 コンサルティング
 統合および開発
 トレーニング&サポート
- サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア市場:展開形態別
o クラウド
o オンプレミス
- サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア市場:エンドユーザー別
o 通信事業者
o 企業
- サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア市場:地域別
o 北部・中部地域
東部地域
o 南部地域
西部地域
競合状況
企業プロフィール:サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
サウジアラビアの仮想化進化型パケットコア市場レポートは所定の市場データに基づいて、Tech Sci Research社は企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Service Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market
5. Voice of Customer
6. Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Overview
7. Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component Type (Solution, Service)
7.2.1.1. By Solution (MME, HSS, S-GW, PDN-GW)
7.2.1.2. By Service (Professional Services, Managed Service, Consulting, Integration & Development, and Training & Support)
7.2.2. By Deployment Mode (Cloud, On-Premises)
7.2.3. By End User (Telecom Operator, Enterprises)
7.2.4. By Region (Northern & Central Region, Eastern Region, Southern Region, and Western Region)
7.2.5. By Company (2022)
7.3. Market Map
8. Northern & Central Region Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component Type
8.2.2. By Deployment Mode
8.2.3. By End User
9. Eastern Region Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component Type
9.2.2. By Deployment Mode
9.2.3. By End User
10. Southern Region Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component Type
10.2.2. By Deployment Mode
10.2.3. By End User
11. Western Region Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component Type
11.2.2. By Deployment Mode
11.2.3. By End User
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Ericsson Telecommunications K.S.A.
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Financials & Revenue
14.1.3. Key Contact Person
14.1.4. Headquarters Address
14.1.5. Key Product/Service Offered
14.2. Huawei Technologies Saudi Arabia Company Limited
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Financials & Revenue
14.2.3. Key Contact Person
14.2.4. Headquarters Address
14.2.5. Key Product/Service Offered
14.3. Nokia Saudi Arabia Limited Liability Company
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Financials & Revenue
14.3.3. Key Contact Person
14.3.4. Headquarters Address
14.3.5. Key Product/Service Offered
14.4. Cisco Systems Saudi Arabia Co. Ltd.
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Financials & Revenue
14.4.3. Key Contact Person
14.4.4. Headquarters Address
14.4.5. Key Product/Service Offered
14.5. Affirmed Networks KSA
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Financials & Revenue
14.5.3. Key Contact Person
14.5.4. Headquarters Address
14.5.5. Key Product/Service Offered
14.6. Mavenir Systems Saudi Arabia Limited Liability Company
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Financials & Revenue
14.6.3. Key Contact Person
14.6.4. Headquarters Address
14.6.5. Key Product/Service Offered
14.7. Red Hat Saudi Arabia Limited Liability Company
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Financials & Revenue
14.7.3. Key Contact Person
14.7.4. Headquarters Address
14.7.5. Key Product/Service Offered
14.8. Samsung Electronics Saudi Arabia Limited Liability Company
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Financials & Revenue
14.8.3. Key Contact Person
14.8.4. Headquarters Address
14.8.5. Key Product/Service Offered
14.9. NEC Corporation Saudi Arabia Limited Liability Company
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Financials & Revenue
14.9.3. Key Contact Person
14.9.4. Headquarters Address
14.9.5. Key Product/Service Offered
14.10. Dell Technologies Saudi Arabia Limited Liability Company
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Financials & Revenue
14.10.3. Key Contact Person
14.10.4. Headquarters Address
14.10.5. Key Product/Service Offered
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Saudi Arabia virtualized evolved packet core market was valued at USD 169.16 million and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 19.53% during the forecast period. The Saudi Arabia virtualized evolved packet core (vEPC) market is undergoing a significant transformation, mirroring the global shift towards virtualization and the evolution of telecommunications networks. Within the context of Saudi Arabia's ambitious "Vision 2030" plan, which aims to diversify the country's economy and promote technological innovation, the adoption of vEPC technology plays a crucial role in achieving these objectives. vEPC represents a shift from traditional hardware-based network infrastructure to a software-driven, virtualized architecture, and it holds the key to unlocking enhanced network capabilities, greater scalability, and agility in the face of burgeoning data demands.
At the core of this transformation is the telecommunications sector, which is instrumental in driving Saudi Arabia's digital transformation. The Kingdom's rapid urbanization and the increasing popularity of smartphones and data-intensive applications have resulted in a surge in mobile data traffic. To meet this ever-growing demand for high-speed, low-latency networks, Saudi Arabian telecom operators are turning to vEPC technology. vEPC enables these operators to allocate network resources dynamically, ensuring that users can access seamless and responsive online experiences, whether they're streaming high-definition videos, conducting video conferencing, or utilizing IoT devices.
Furthermore, the adoption of vEPC extends far beyond the telecom sector. As part of Vision 2030, Saudi Arabia seeks to digitalize various industries, including healthcare, manufacturing, smart cities, and education. vEPC technology plays a pivotal role in these digitalization efforts by providing the foundation for efficient and secure connectivity. In healthcare, for instance, vEPC enables remote patient monitoring, telemedicine services, and the integration of healthcare IoT devices. In manufacturing, it supports the deployment of IoT sensors and real-time data analytics for process optimization. The versatility and flexibility of vEPC make it a critical enabler for the Kingdom's broader digital transformation initiatives.
One of the driving forces behind the Saudi Arabia vEPC market is the relentless expansion of 5G networks. As 5G technology promises ultra-fast speeds, low latency, and support for a massive number of connected devices, the virtualized infrastructure provided by vEPC is essential to realizing these capabilities. Saudi Arabian telecom operators are investing significantly in deploying vEPC solutions that can efficiently manage the complex traffic patterns and diverse use cases associated with 5G networks. This includes supporting applications like autonomous vehicles, smart cities, augmented reality, and virtual reality, which require instantaneous data processing and low-latency connections.
Moreover, security and data privacy are paramount concerns in the Saudi Arabia vEPC market. As network functions become increasingly virtualized and distributed, the attack surface for cyber threats expands significantly. Service providers and enterprises alike are investing heavily in advanced security solutions to protect both their network infrastructure and sensitive data. Compliance with stringent data privacy regulations is also a top priority, with a focus on adhering to the Kingdom's data protection laws and international standards. Robust security measures, including encryption, threat detection, and access control, are integral components of vEPC solutions, providing a secure foundation for digital services.
In summary, the Saudi Arabia vEPC market is in a transformative phase, closely aligned with the Kingdom's Vision 2030 goals of diversification and technological advancement. The adoption of vEPC technology empowers Saudi Arabian telecom operators to meet the escalating demands of consumers and industries for high-performance networks and innovative services. As Saudi Arabia continues to lead in 5G deployment and digital transformation, the vEPC market will play a pivotal role in shaping the future of telecommunications, technological innovation, and economic diversification in the Kingdom.
Key Market Drivers
Vision 2030 and Digital Transformation Initiatives
Saudi Arabia's ambitious "Vision 2030" plan serves as a powerful catalyst for the growth of the Virtualized Evolved Packet Core (vEPC) market in the country. This visionary roadmap aims to diversify the Kingdom's economy and reduce its dependency on oil by fostering a vibrant and innovative digital landscape. As part of Vision 2030, extensive digital transformation initiatives are underway, encompassing various sectors, from healthcare and education to smart cities and industrial automation. The vEPC market directly benefits from these efforts, as virtualized network infrastructure is essential for enabling the high-speed, low-latency connectivity required by digitalization projects. Telecom operators and businesses in Saudi Arabia are investing heavily in vEPC solutions to support the Kingdom's transformation into a digital powerhouse, making Vision 2030 a pivotal driver for the vEPC market's growth.
Surging Mobile Data Demand and 5G Expansion
The exponential growth in mobile data usage, driven by the proliferation of smartphones and data-hungry applications, is a formidable driver for the Saudi Arabia vEPC market. With the advent of 5G technology, which promises ultra-fast speeds and low latency, the demand for virtualized network infrastructure becomes even more pressing. vEPC solutions are integral to 5G networks, as they enable the efficient management of complex traffic patterns and the diverse use cases that 5G technology supports. Saudi Arabian telecom operators are actively deploying vEPC to accommodate the surge in data traffic while ensuring a seamless and responsive user experience. The expansion of 5G networks across the Kingdom amplifies the importance of vEPC, making it a critical driver for the market's growth.
IoT Proliferation and Industry 4.0
The rapid proliferation of Internet of Things (IoT) devices across various industries is a significant driver for the Saudi Arabia vEPC market. Industries such as manufacturing, healthcare, logistics, and agriculture are increasingly adopting IoT solutions to enhance efficiency, productivity, and decision-making. vEPC technology plays a pivotal role in supporting the connectivity and data processing requirements of these IoT deployments. In manufacturing, for instance, vEPC enables the deployment of IoT sensors and real-time data analytics for predictive maintenance and process optimization. As Saudi Arabia advances towards Industry 4.0, vEPC becomes a fundamental enabler for smart factories, autonomous systems, and real-time control, driving the market's growth through the integration of IoT solutions.
Network Scalability and Flexibility
The need for network scalability and flexibility is a critical driver propelling the Saudi Arabia vEPC market forward. Traditional hardware-based network infrastructure struggles to keep pace with the dynamic demands of modern telecommunications. Virtualized EPC solutions provide the agility to scale network resources up or down rapidly, optimizing resource utilization and meeting changing network requirements. This flexibility is especially important in accommodating the surging data demands, varying quality of service requirements, and the deployment of new services and applications. Saudi Arabian telecom operators recognize the significance of vEPC in ensuring that their networks remain adaptable to evolving customer needs and industry trends. The drive for network scalability and flexibility positions vEPC as an indispensable technology in the Kingdom's telecommunications landscape, serving as a strong driver for its market growth.
Key Market Challenges
Legacy Infrastructure Integration and Transformation
One of the primary challenges facing the Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core (vEPC) market is the integration of virtualized solutions with existing legacy network infrastructure. Saudi Arabian telecom operators have substantial investments in traditional hardware-based networks, including physical evolved packet core (EPC) systems. Transitioning to a virtualized EPC environment while maintaining seamless connectivity and service continuity poses a formidable challenge. Legacy network elements often lack the flexibility and scalability of vEPC solutions, making integration complex and resource intensive. Ensuring interoperability between old and new components and migrating existing services to the virtualized environment requires careful planning and execution. The integration challenge is further compounded by the need to maintain the performance and reliability of existing services during the transition. Disruptions or downtime can have detrimental effects on customer satisfaction and revenue for Saudi Arabian telecom operators.
Additionally, telecom operators in Saudi Arabia must address the challenge of retraining their workforce to manage and operate virtualized networks effectively. The skill sets required for managing virtualized infrastructure differ significantly from those needed for traditional networks. Therefore, investing in training and development programs is essential to bridge the skills gap and ensure a smooth transition to vEPC technology. Overall, the integration of vEPC with legacy infrastructure remains a complex and multifaceted challenge in the Saudi Arabian context.
Security and Data Privacy Imperatives
Security and data privacy concerns represent another critical challenge in the Saudi Arabia vEPC market. The virtualization of network functions, combined with the increased attack surface presented by distributed infrastructure, has made networks more susceptible to cyber threats. Ensuring the security of both the network infrastructure and the sensitive data transmitted over it is of paramount importance. Saudi Arabian telecom operators and businesses are investing significantly in advanced security solutions to protect against evolving threats and vulnerabilities. This includes robust encryption, threat detection and prevention systems, and access control mechanisms. Compliance with stringent data privacy regulations, both at the national and international levels, adds complexity to the security landscape. Saudi Arabia has its data protection regulations and is subject to international data privacy standards.
Failure to address security and data privacy concerns can result in severe legal and financial consequences, including significant fines and damage to the reputation of Saudi Arabian operators and businesses. Therefore, cybersecurity measures are integral components of vEPC solutions in the Kingdom, and continuous monitoring and threat intelligence are essential for identifying and mitigating emerging security threats. Moreover, given the Kingdom's strategic importance and its position as a potential target for cyberattacks, the need for robust security measures is even more critical. Saudi Arabian telecom operators and businesses must strike a delicate balance between network security and the demand for efficient, high-performance vEPC solutions to ensure the integrity and security of their network infrastructure.
Key Market Trends
Integration of Edge Computing and vEPC
One prominent trend shaping the Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core (vEPC) market is the integration of edge computing and vEPC technologies. Edge computing is gaining momentum globally, and Saudi Arabia is no exception. The Kingdom's digital transformation efforts are driving the adoption of edge computing to support low-latency applications, such as autonomous vehicles, augmented reality, and IoT-driven solutions. This trend positions vEPC as a crucial enabler, as it allows telecom operators and businesses to extend their virtualized network capabilities to the edge. By deploying vEPC at the edge, organizations in Saudi Arabia can deliver high-performance network services with minimal latency, unlocking new possibilities for innovative applications and services that demand real-time data processing and rapid decision-making.
Moreover, the integration of vEPC and edge computing aligns with the Kingdom's Industry 4.0 initiatives, particularly in the manufacturing sector. Smart factories and industrial automation leverage the combination of vEPC and edge computing to enhance production efficiency, monitor equipment in real-time, and reduce downtime. As this trend continues to gain traction, it reinforces the importance of vEPC as a critical component in the evolution of Saudi Arabia's digital ecosystem.
Network Slicing for Customized Services
Network slicing is emerging as a transformative trend in the Saudi Arabia vEPC market. This technology allows telecom operators to partition a single physical network into multiple virtual networks, each tailored to specific use cases or customer segments. Network slicing is a game-changer, enabling service providers to offer differentiated services with varying quality of service (QoS) requirements. In Saudi Arabia, this trend is particularly significant as it allows operators to cater to diverse industry verticals, including healthcare, finance, and smart cities, each with unique network performance needs.
For example, in healthcare, vEPC-enabled network slicing enables dedicated slices for telemedicine, ensuring high-quality video consultations and patient data transmission. In the financial sector, secure and low-latency slices can support real-time trading and financial transactions. This customization extends to smart city initiatives, where slices can prioritize data from IoT sensors for efficient traffic management or environmental monitoring. The trend of network slicing positions vEPC as a pivotal technology for Saudi Arabian telecom operators, allowing them to offer tailored services to industries and enterprises while optimizing resource utilization and ensuring a consistent quality of experience for users across diverse use cases.
Open and Standards-Based Architectures
The adoption of open and standards-based architectures is gaining momentum in the Saudi Arabia vEPC market. Historically, proprietary solutions dominated the telecommunications industry, leading to vendor lock-in and limited interoperability. However, the industry is shifting towards open architectures based on standard interfaces and protocols. Saudi Arabian telecom operators and businesses are embracing this trend to achieve greater flexibility, reduce costs, and foster innovation. The adoption of technologies like Open Network Automation Platform (ONAP) and Open Platform for Network Functions Virtualization (OPNFV) is becoming prevalent. These open platforms enable Saudi Arabian service providers to build vendor-agnostic solutions, mix and match components from different suppliers, and promote collaboration among industry stakeholders. The shift towards open architectures also aligns with the Kingdom's digital transformation goals, as it encourages innovation and the development of a diverse ecosystem of virtualized network functions and services.
Segmental Insights
Deployment Mode Insights
Based on deployment mode, the cloud segment emerges as the predominant segment in the Saudi Arabia virtualized evolved packet core market, exhibiting unwavering dominance projected throughout the forecast period. Cloud-based deployment of vEPC solutions offers Saudi Arabian telecom operators and businesses a host of compelling advantages. It provides unparalleled scalability, flexibility, and cost-effectiveness, aligning perfectly with the Kingdom's aspirations for digital transformation. With the ability to easily scale network resources up or down based on evolving demands, cloud-based vEPC solutions ensure efficient resource utilization and rapid network provisioning. This flexibility is paramount in meeting the surging data traffic, the demands of 5G technology, and the proliferation of IoT devices in Saudi Arabia. Furthermore, cloud deployment streamlines network management, allowing for efficient orchestration of resources and ensuring the delivery of high-performance network services. As Saudi Arabia continues its journey towards a digitally driven future, the cloud segment's dominance reflects its pivotal role in shaping the Kingdom's telecommunications landscape and supporting its technological aspirations.
End User Insights
Based on end user, the telecom operator segment in the Saudi Arabia virtualized evolved packet core market emerges as a formidable frontrunner, exerting its dominance and shaping the market's trajectory throughout the forecast period. Telecom operators in Saudi Arabia play a pivotal role in the deployment and management of vEPC solutions, as they are at the forefront of providing network services to consumers, businesses, and industries. The relentless demand for high-speed data, low latency, and seamless connectivity, driven by the advent of 5G technology and the proliferation of IoT devices, places Saudi Arabian telecom operators in a strategic position to harness the capabilities of vEPC to meet these evolving network demands. By embracing virtualized EPC solutions, these operators can enhance network performance, optimize resource allocation, and efficiently manage the surging data traffic while ensuring the delivery of innovative and differentiated services to their customers. As such, the dominance of the telecom operator segment underscores its pivotal role in shaping the future of telecommunications in Saudi Arabia and its commitment to meeting the dynamic needs of the digital age.
Regional Insights
Eastern Region firmly establishes itself as a commanding presence within the Saudi Arabia virtualized evolved packet core market, affirming its preeminent position, and highlighting its pivotal role in shaping the industry's course. This region, comprising bustling cities such as Dhahran, Al Khobar, and Dammam, serves as the epicenter of economic vitality and technological prowess in the Kingdom. Its unwavering dominance within the vEPC market not only reaffirms its preeminent position but also underscores its pivotal role in shaping the trajectory of Saudi Arabia's telecommunications industry.
The Eastern Region's prominence in the vEPC market can be attributed to several key factors. It hosts a multitude of forward-thinking telecom operators and enterprises that recognize the transformative potential of vEPC technology. With the relentless surge in data consumption, the advent of 5G networks, and the rapid expansion of IoT applications, vEPC has become indispensable. These entities in the Eastern Region have been at the forefront of adopting vEPC solutions to ensure network agility, scalability, and the delivery of cutting-edge services. Furthermore, the Eastern Region's strategic geographic location along the Arabian Gulf positions it as a vital gateway for global connectivity and trade, making it a natural nucleus for innovative telecommunications solutions. Its resounding presence in the vEPC market emphasizes its integral role in propelling Saudi Arabia towards a digitally driven future and shaping the course of the telecommunications industry in the Kingdom.
Key Market Players
Ericsson Telecommunications K.S.A.
Huawei Technologies Saudi Arabia Company Limited
Nokia Saudi Arabia Limited Liability Company
Cisco Systems Saudi Arabia Co. Ltd.
Affirmed Networks KSA
Mavenir Systems Saudi Arabia Limited Liability Company
Red Hat Saudi Arabia Limited Liability Company
Samsung Electronics Saudi Arabia Limited Liability Company
NEC Corporation Saudi Arabia Limited Liability Company
Dell Technologies Saudi Arabia Limited Liability Company
Report Scope:
In this report, the Saudi Arabia virtualized evolved packet core market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market, By Component Type:
o Solution
 MME
 HSS
 S-GW
 PDN-GW
o Service
 Professional Services
 Managed Service
 Consulting
 Integration & Development
 Training & Support
• Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market, By Deployment Mode:
o Cloud
o On-Premises
• Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market, By End User:
o Telecom Operator
o Enterprises
• Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market, By Region:
o Northern & Central Region
o Eastern Region
o Southern Region
o Western Region
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market.
Available Customizations:
Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Service Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market
5. Voice of Customer
6. Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Overview
7. Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component Type (Solution, Service)
7.2.1.1. By Solution (MME, HSS, S-GW, PDN-GW)
7.2.1.2. By Service (Professional Services, Managed Service, Consulting, Integration & Development, and Training & Support)
7.2.2. By Deployment Mode (Cloud, On-Premises)
7.2.3. By End User (Telecom Operator, Enterprises)
7.2.4. By Region (Northern & Central Region, Eastern Region, Southern Region, and Western Region)
7.2.5. By Company (2022)
7.3. Market Map
8. Northern & Central Region Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component Type
8.2.2. By Deployment Mode
8.2.3. By End User
9. Eastern Region Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component Type
9.2.2. By Deployment Mode
9.2.3. By End User
10. Southern Region Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component Type
10.2.2. By Deployment Mode
10.2.3. By End User
11. Western Region Saudi Arabia Virtualized Evolved Packet Core Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component Type
11.2.2. By Deployment Mode
11.2.3. By End User
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Ericsson Telecommunications K.S.A.
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Financials & Revenue
14.1.3. Key Contact Person
14.1.4. Headquarters Address
14.1.5. Key Product/Service Offered
14.2. Huawei Technologies Saudi Arabia Company Limited
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Financials & Revenue
14.2.3. Key Contact Person
14.2.4. Headquarters Address
14.2.5. Key Product/Service Offered
14.3. Nokia Saudi Arabia Limited Liability Company
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Financials & Revenue
14.3.3. Key Contact Person
14.3.4. Headquarters Address
14.3.5. Key Product/Service Offered
14.4. Cisco Systems Saudi Arabia Co. Ltd.
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Financials & Revenue
14.4.3. Key Contact Person
14.4.4. Headquarters Address
14.4.5. Key Product/Service Offered
14.5. Affirmed Networks KSA
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Financials & Revenue
14.5.3. Key Contact Person
14.5.4. Headquarters Address
14.5.5. Key Product/Service Offered
14.6. Mavenir Systems Saudi Arabia Limited Liability Company
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Financials & Revenue
14.6.3. Key Contact Person
14.6.4. Headquarters Address
14.6.5. Key Product/Service Offered
14.7. Red Hat Saudi Arabia Limited Liability Company
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Financials & Revenue
14.7.3. Key Contact Person
14.7.4. Headquarters Address
14.7.5. Key Product/Service Offered
14.8. Samsung Electronics Saudi Arabia Limited Liability Company
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Financials & Revenue
14.8.3. Key Contact Person
14.8.4. Headquarters Address
14.8.5. Key Product/Service Offered
14.9. NEC Corporation Saudi Arabia Limited Liability Company
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Financials & Revenue
14.9.3. Key Contact Person
14.9.4. Headquarters Address
14.9.5. Key Product/Service Offered
14.10. Dell Technologies Saudi Arabia Limited Liability Company
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Financials & Revenue
14.10.3. Key Contact Person
14.10.4. Headquarters Address
14.10.5. Key Product/Service Offered
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る