世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

サウジアラビアの自動車市場:自動車タイプ別(二輪車、乗用車、商用車、OTR)、推進力タイプ別(ICE、電気)、変速機タイプ別(手動、自動)、地域別、競争、予測・機会、2018-2028年


Saudi Arabia Automobile Market By Vehicle Type (Two Wheeler, Passenger Car, Commercial Vehicle, OTR), By Propulsion Type (ICE, Electric), By Transmission Type (Manual, Automatic), Regional, Competition, Forecast & Opportunities, 2018-2028

サウジアラビアの自動車市場は2022年に500億米ドルと評価され、予測期間中の年平均成長率は6.25%と堅調な成長が見込まれる。急速な都市化、中流家庭の可処分所得の増加、新型で性能の良い自動車の市場導入が、同... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
90 英語

 

サマリー

サウジアラビアの自動車市場は2022年に500億米ドルと評価され、予測期間中の年平均成長率は6.25%と堅調な成長が見込まれる。急速な都市化、中流家庭の可処分所得の増加、新型で性能の良い自動車の市場導入が、同国の自動車販売を促進している。物流・電子商取引産業の成長と効率的なサプライチェーン構築の必要性は、今後数年間で商用車の需要を加速させると予想される。また、自動車産業を後押しする政府の支援政策や、国内の相手先ブランドメーカーを誘致する取り組みの活発化は、今後5年間に市場プレーヤーに数多くの成長機会をもたらすと予想される。
主な市場牽引要因
経済の多様化とビジョン2030
サウジアラビアの自動車市場を牽引する主な要因の一つは、政府がビジョン2030計画で掲げた野心的な経済多様化アジェンダである。歴史的にサウジアラビアは石油収入に大きく依存しており、政府はこの依存度を下げるために経済を多様化する必要性を認識していた。2016年に発表された「ビジョン2030」計画では、サウジアラビアをより多角的で持続可能な経済へと変革することを目的とした一連の改革とイニシアチブが導入された。ビジョン2030の一環として、政府はインフラ開発、観光、エンターテインメント・プロジェクトに投資してきた。これが消費マインドの向上と可処分所得の増加に寄与し、自動車販売の増加につながった。経済の多様化に重点を置く政府は、現地での自動車製造を奨励することを目的としたイニシアティブにつながった。サウジアラビア自動車製造会社(SAAMCO)のような企業が設立され、自動車を現地生産することで、輸入への依存度を下げている。また、「ビジョン2030」計画には、環境の持続可能性への強いコミットメントが盛り込まれており、電気自動車(EV)やグリーンテクノロジーへの注目が高まっている。これにより、EVインフラへの投資が促進され、環境に優しい自動車の市場が拡大している。
人口増加と都市化
サウジアラビアは近年、若年層を中心に人口が大幅に増加している。人口増加と都市化が相まって、自動車需要が高まっている。都市化によって道路や高速道路などのインフラが整備され、自動車所有の魅力と利便性が高まった。リヤド、ジッダ、ダンマームといったサウジアラビアの都市には、雇用やビジネスチャンスを求める人々が大量に流入しており、個人的な移動手段に対するニーズが高まっている。都市部に住む人が増えたことで、モビリティ・ソリューションに対する需要が高まっている。その結果、自動車市場は人口のさまざまな層に対応できるよう拡大した。一部の都市部では、交通渋滞や公共交通機関の選択肢が限られているため、毎日の通勤に自動車が必需品となっている。
消費者の嗜好の変化
サウジアラビアの自動車市場は、社会経済的要因の進化とライフスタイルの変化に牽引され、消費者の嗜好の変化を目の当たりにしてきた。この変化は、市場で人気のある車種に大きな影響を与えている。サウジアラビアでは、スポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)が絶大な人気を博している。サイズが大きく多用途性があるため、安全性、快適性、さまざまな地形への適応性を求める消費者にアピールしている。また、SUVは室内が広く、大家族でも乗れることから好まれることが多い。高級車やハイエンド車の需要は、国内の富裕層消費者の増加を反映して急増している。メルセデス・ベンツ、BMW、アウディといったブランドは、消費者がプレミアムな機能やブランドを求めるため、好調な売れ行きを示している。現代のサウジアラビアの消費者は、ますますハイテクに精通し、高度なインフォテインメント・システム、コネクティビティ、スマートな機能を自動車に求めるようになっている。このため、より技術的に進んだ自動車が求められ、EV市場が拡大している。
規制の変化と自由化
近年、サウジアラビアは自動車市場を開放するため、規制の変更と自由化に取り組んできた。こうした変化は競争を促し、消費者の選択肢を増やし、市場の成長を刺激してきた。2018年、サウジアラビアは女性の運転を解禁し、自動車市場の潜在顧客層を大幅に拡大した。女性をドライバーとして取り込むことで、女性や家族の自動車所有が顕著に増加した。政府は、より多くの国際的な自動車メーカーが国内にディーラーを設立することを認めることで、自動車市場の競争を促進する努力をしてきた。これにより、消費者の自動車選択の幅が広がった。規制の変更も中古車市場の成長に寄与している。古い車も輸入販売できるようになり、予算に敏感な消費者により手頃な選択肢を提供できるようになったからだ。
技術の進歩とコネクティビティ
サウジアラビアの自動車市場には、先進技術とコネクティビティ機能が流入している。これらの技術革新は、購買決定や市場動向の形成に重要な役割を果たしている。最新の自動車には、GPSナビゲーション、スマートフォンとの統合、高度なオーディオシステムなどの機能を提供する洗練されたインフォテインメント・システムが装備されている。消費者は、自動車にこうした快適さを求めるようになっている。アダプティブ・クルーズ・コントロール、レーン・キープ・アシスト、ブラインド・スポット・モニタリング、自動緊急ブレーキなどの先進安全機能を搭載した自動車に対する需要は、消費者が安全を優先するようになったことで大幅に伸びている。高度なコネクティビティとテレマティクス・システムを搭載した自動車は非常に人気が高い。リモートスタート、車両追跡、診断アラートなどの機能は、市場でますます一般的になってきている。世界的なトレンドの一環として、サウジアラビア市場でも電気自動車(EV)や自律走行技術への関心が高まっている。自動車メーカーはEVモデルを投入しており、政府はこのシフトをサポートするために充電インフラに投資している。
主な市場課題
石油への経済依存と原油価格の変動
サウジアラビアの自動車市場が直面する最も大きな課題の一つは、同国の経済が石油収入に強く依存していることだ。サウジアラビアは歴史的に、主要な収入源と政府資金を石油に依存してきた。この経済モデルにより、自動車市場は世界的な原油価格の変動の影響を受けやすく、業界のさまざまな側面に影響を及ぼしている。自動車市場のパフォーマンスは、国全体の経済の健全性と密接に結びついている。原油価格が高く、景気が良いときは、消費者の可処分所得が増え、自動車販売台数が増える。逆に、原油価格が低い時期には、個人消費が減少し、新車需要が減少する。サウジ政府の予算は石油収入に大きく依存しているため、原油安の時期には財政赤字になる可能性がある。その結果、緊縮財政が実施され、自動車市場を活性化させるはずのインフラ・プロジェクトや補助金に対する政府支出が減少する可能性がある。
原油価格の変動は、政府の財政政策にも影響を与える。例えば、石油収入の減少は税制、燃料価格、補助金の変更につながり、自動車の保有コストや消費者の嗜好に影響を与える可能性があります。この課題に対処するため、サウジアラビアは経済の多角化と石油依存度の低減を目指す「ビジョン2030」計画を開始した。多角化の取り組みには、経済活動を刺激し、ひいては自動車への消費支出を増加させることができる観光や娯楽などの非石油部門への投資が含まれる。
規制上のハードルと輸入関税
サウジアラビアの自動車市場は、市場力学、価格設定、消費者の選択に影響を与える一連の規制上の課題にさらされている。輸入関税、関税、規制は、市場における自動車のコストと入手可能性に重要な役割を果たしている。サウジアラビア政府は、自動車に比較的高い輸入関税を課しており、新車のコストを大幅に引き上げている。これらの関税は、国内生産を奨励し、国内産業を保護するために実施されている。しかし、自動車メーカーにとっては、消費者に競争力のある価格を提供することが難しくなっている。自動車部品やコンポーネントに対する関税は製造コストをさらに上昇させ、国際的な自動車メーカーがサウジアラビアに生産工場を設立する際の費用対効果を低下させます。このため、現地生産車の供給が制限される可能性がある。自動車メーカーは、サウジアラビア標準・計量・品質機関(SASO)が定める特定の技術規制や基準を遵守しなければなりません。これらの要件を満たすことは、特に小規模メーカーや新規参入企業にとっては、時間とコストのかかるプロセスである。
消費者負債と資金調達の課題
サウジアラビアの自動車市場では、消費者負債と資金調達の問題が大きな懸念材料となっている。高水準の消費者債務は、金融商品や金利に関する理解の浅さと相まって、個人が新車を購入したり融資オプションを利用したりする能力に影響を与えている。多くの場合、個人ローンやクレジットカードに関連する高水準の消費者債務は、個人の購買力を低下させ、自動車ローンや新車の頭金を支払うことを困難にする。サウジアラビアでは自動車ローンの金利が比較的高く、その金利は銀行や金融機関によって異なります。資金調達のコストは、特にクレジット・スコアの低い潜在的な自動車購入者にとって抑止力になる可能性があります。多くの消費者は、利用可能な様々な融資オプションを十分に理解していない可能性があり、その結果、自動車購入時に最適とは言えない選択をしてしまう可能性がある。金融リテラシーの欠如は、不利な融資条件につながる可能性がある。金融リテラシーを向上させ、個々の状況に最適な融資オプションについて消費者を教育する取り組みは、この課題を解決するのに役立つだろう。政府と金融機関が協力して、より有利な自動車ローン条件を提供することで、より幅広い消費者が自動車の所有にアクセスしやすくなる。
インフラと交通渋滞
サウジアラビアでは急速な都市化と人口増加が進み、交通渋滞が増加し、効率的な交通インフラへの需要が高まっている。サウジアラビアは広大な国土を有し、都市間の距離が長いため、自動車市場にとってインフラ整備が大きな課題となっている。リヤドやジッダなどの主要都市では深刻な交通渋滞が発生し、通勤時間の長期化やドライバーの不満につながっている。この混雑は、都市部での自動車保有意欲を減退させかねない。道路網を改善・拡大する努力は続けられているが、増加する自動車に対応し、効率的な交通手段を提供するためには、大幅なインフラ整備が依然として必要である。混雑を緩和し、公共交通機関の利用を促すため、サウジアラビアはリヤドやジッダなどの都市で地下鉄やバスシステムに投資してきた。こうした代替手段は都市部の通勤者に選択肢を提供し、自家用車の必要性を減らす可能性がある。交通渋滞は、大気汚染や環境問題の増大の一因となる。持続可能性がより重要視される中、渋滞が環境に与える影響は産業界にとってますます大きな課題となっている。サウジアラビアは混雑を緩和するため、公共交通インフラへのさらなる投資、より効率的な交通管理システムの開発、持続可能な都市計画の推進が可能である。こうした取り組みは、住民の生活の質を向上させるだけでなく、自動車保有をより魅力的で実用的なものにするだろう。
環境の持続可能性とグリーン・イニシアティブ
二酸化炭素排出量の削減と、より持続可能な交通形態への移行が世界的に注目される中、環境の持続可能性は、サウジアラビアの自動車市場が取り組むべき課題である。サウジアラビア政府は、「ビジョン2030」のような環境に配慮した取り組みをいくつか開始しているが、依然として大きなハードルが残っている。SUVのような燃費の悪い大型車の需要が圧倒的に高いことが、燃料消費量と排出量の増加につながっている。燃費効率と排出量削減を促進する取り組みは、消費者の抵抗にさらされてきた。電気自動車(EV)の人気は高まっているが、EV充電のためのインフラは、特に地方では未整備のままである。包括的な充電ネットワークがなければ、EVの導入は限界に直面する。サウジアラビアは排出ガス規制のために環境基準や規制を導入しているが、施行や遵守状況の監視は困難で、環境に配慮した輸送目標の達成を妨げている。環境に優しい自動車と持続可能な交通手段の利点に関する認識を広めることは極めて重要です。消費者の多くは、自分の選択が環境に与える影響を十分に理解していない可能性がある。
主要市場動向
電動化と電気自動車(EV)の台頭
サウジアラビアの自動車市場で最も顕著なトレンドのひとつは、電気自動車(EV)への関心の高まりである。この傾向は、二酸化炭素排出量を削減し、より持続可能で環境に優しい輸送ソリューションへの移行を目指す世界的な取り組みと一致している。サウジアラビアでは、主に政府の取り組み、消費者の意識の変化、EV技術の進歩がこの傾向を後押ししている。サウジアラビア政府は、国の二酸化炭素排出量を削減することの重要性を認識し、EVの導入を促進する政策を導入している。例えば、2019年にはサウジアラビアの標準・計量・品質機関(SASO)がEVとその充電インフラに関する技術規制を発表し、EV導入のための規制枠組みを提供した。消費者の環境意識が高まり、二酸化炭素排出量の削減が求められる中、サウジアラビアでは電気自動車やハイブリッド車への関心が高まっている。この傾向は特に若い世代で顕著で、持続可能でエネルギー効率の高い交通手段を選択する傾向が強まっている。EVの成長を支えるため、サウジアラビアは充電インフラへの投資を進めている。アラムコや ACWA Power などの企業は、全国に充電網を拡大するために多額のコミットメントを行い、消費者が電気自動車を所有し、運用することをより便利にしている。サウジアラビア政府はまた、輸入への依存を減らすため、EVの現地生産を奨励している。サウジアラビア自動車製造会社(SAAMCO)のような企業は、国内で電気自動車を製造するための措置を講じており、国内の自動車産業の成長に貢献している。この流れが勢いを増すにつれて、サウジアラビアの自動車市場が大きく形成され、EVの普及拡大、二酸化炭素排出量の削減、持続可能なモビリティ・ソリューションへの消費者嗜好の転換につながると予想される。
女性の地位向上と女性ドライバーの増加
2018年、サウジアラビアは女性の運転解禁という歴史的な決定を下し、社会の大きな転換を示すとともに、自動車市場にさまざまな影響を与えた。この変化は女性に力を与えただけでなく、自動車産業の顧客層を拡大した。女性の運転を認める決定により、サウジアラビアでは女性ドライバーの数が急増した。今では多くの女性が自動車を購入し、運転できるようになり、同国における自動車需要の増加につながった。運転席に座る女性が増えたことで、自動車市場では車の好みが変化している。女性ドライバーの間では、利便性や取り回しの良さを優先する小型車やコンパクトカーが人気を集めている。女性ドライバーは、自動車の安全機能や先進技術を優先することが多い。自動緊急ブレーキや駐車支援といった先進安全システムを搭載した車への需要が高まっている。自動車メーカーやディーラーは、増加する女性顧客に対応するため、マーケティング戦略を適応させている。女性中心のサービスを提供し、女性ドライバーの心に響くキャンペーンを展開している。この傾向は、サウジアラビアの自動車市場の成長に貢献しただけでなく、同国の女性の移動と自立を促進することで、社会的にも経済的にも前向きな変化をもたらしている。
SUVとクロスオーバーへのシフト
サウジアラビアでは、世界の他の多くの市場と同様、消費者の嗜好がスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)やクロスオーバーに大きくシフトしている。このトレンドは市場を再形成し、サウジアラビアにおける自動車メーカーの戦略と製品に影響を与えている。サウジアラビアにおけるSUVとクロスオーバーの人気は、さまざまな地形や道路状況に適応できることに起因している。サウジアラビアは砂漠や山岳地帯など変化に富んだ地形であるため、多用途で信頼性の高い車を求める消費者にとってSUVは魅力的な選択肢となっている。SUVやクロスオーバーは車内が広いことで知られ、大家族や移動中の快適さを優先する人に最適です。旅行や毎日の通勤で大家族を収容したいというニーズが、こうした車の需要を後押ししている。SUVは、その大きなサイズと高いドライビングポジションから、より安全であると認識されることが多く、安全意識の高い消費者の共感を呼んでいる。レンジローバー、メルセデス・ベンツGLE、BMW X5などのブランドを擁する高級SUVセグメントは、サウジアラビアの富裕層消費者の間で人気を博している。高級感と多用途性を兼ね備えたこれらの車は、特に人気を集めている。このトレンドの結果、多くの自動車メーカーがSUVやクロスオーバーの需要増に対応するために製品ポートフォリオを変更し、サウジアラビアの自動車市場で重要な役割を果たし続けている。
自動車小売におけるデジタルトランスフォーメーションとEコマース
デジタルトランスフォーメーションとEコマースの台頭は様々な産業を破壊してきたが、サウジアラビアの自動車市場も例外ではない。自動車小売プロセスのデジタル化は、車両の調査や購入からアフターサービスに至るまで、数多くの変化をもたらした。多くの自動車ディーラーやプラットフォームがオンライン販売チャネルを確立し、消費者はインターネットを通じて自動車の調査、設定、購入を行うことができるようになった。このトレンドは、特にCOVID-19の大流行時に、オンラインショッピングと非接触型取引の重要性が増したことで支持を集めた。サウジアラビアの自動車市場では、バーチャルショールームや360度の車両ツアーが一般的になっている。消費者は自宅にいながらにして自動車を探索することができ、購入前の体験を向上させることができる。デジタル・プラットフォームは、融資や保険のソリューションも提供し、事務手続きや承認プロセスを簡素化している。このような利便性により、消費者はより簡単に自動車の購入を完了できるようになった。メンテナンスや修理などのアフターサービスもデジタル化されている。消費者はメンテナンスの予約を取ったり、車両のサービス記録にオンラインでアクセスしたりできるため、購入後の体験がよりスムーズになる。オンライン・プラットフォームは、顧客がレビューや評価を残すことを可能にし、購入希望者の購買決定に影響を与えている。この傾向は、ディーラーやメーカーにとって、顧客満足度と透明性を重要なものにしている。自動車市場におけるデジタル技術の統合は、消費者の利便性、透明性、アクセシビリティを向上させるとともに、業界関係者の業務を合理化した。
ライドシェア、カーサブスクリプションサービス、シェアードモビリティ
サウジアラビアでは、ライドシェアリングサービスやカーサブスクリプションモデルを含むシェアードモビリティの概念が勢いを増している。この傾向は、特に都市部の消費者のモビリティ嗜好の変化を反映している。サウジアラビアの主要都市では、Uber のようなライドシェア・プラットフォームや地元の代替サービスが人気を集めている。これらのサービスは、特に毎日の通勤に手頃で便利な交通手段を提供している。月極めや年極めのレンタカーなど、車のサブスクリプ ション・サービスも人気を集めている。こうしたサービ スは、長期保有を望まない消費者に柔軟性を提供する。利用者は、ニーズに応じてさまざまな車種を乗り換えることができる。カープールは費用対効果が高く、環境に優しい交通手段となっている。サウジアラビアのいくつかのプラットフォームは、通勤客に相乗りを奨励し、道路を走る一人乗り車両の数を減らしている。
セグメント別インサイト
推進タイプ別インサイト
ICE車が市場セグメントを支配している。サウジアラビアの自動車市場では、ガソリンとディーゼルを燃料とする従来型のICE車が依然として主流を占めている。このカテゴリーの課題は以下の通り。 世界の原油価格の変動は、サウジアラビアのガソリンとディーゼルの価格に直接影響する。この価格変動は、消費者の燃料費と従来型自動車の総所有コストに影響を与える可能性がある。世界の自動車産業がよりクリーンで燃費の良い自動車に移行する中、従来型のICE自動車は大気汚染と温室効果ガスの排出に寄与し続けている。この課題には、より厳しい排出基準の採用と、よりクリーンな燃料の普及が必要である。産油国であるにもかかわらず、サウジアラビアはいまだに精製ガソリンとディーゼルの大部分を輸入しており、特に原油価格が上昇した場合、経済的な脆弱性につながる可能性がある。電気のみで走行する電気自動車は、サウジアラビア市場に独特の課題と機会をもたらしている:EVの普及には、広範で信頼性の高いEV充電インフラの整備が不可欠である。EVの普及には、広範で信頼性の高いEV充電インフラの整備が欠かせない。特に都市部では進展が見られるが、地方ではまだ十分な充電オプションがない可能性がある。サウジアラビア政府は、補助金や関税の引き下げなど、EV導入を支援するイニシアチブを導入しているが、EV市場の成長を促進するためには、継続的な規制・政策支援が必要である。
地域別インサイト
サウジアラビアの自動車市場は、北部と中部が市場を支配している。リヤドを中心とする中部地域は、サウジアラビアの経済・行政の中心である。サウジアラビア国民と多くの海外駐在員を含む多様な人々が暮らしている。この地域は金融、商業、工業を中心とした力強い経済を誇っている。中部地方は、エコノミーカーから高級車、ハイエンドモデルまで、自動車に対する消費支出が最も高い。多様な人口が、実用的で低予算の車から高性能で高級な車まで、幅広い嗜好を生み出している。力強い経済活動は、商用車やフリートへの需要を刺激する。西部地域の一部であるマッカ州は、毎年行われるハッジ巡礼やウムラなどの宗教・観光活動で重要な位置を占めている。この地域は宗教行事の際に人口が急増し、交通量と渋滞の増加につながる。西部地域は、巡礼者や観光客の流入により、レンタカー会社や輸送サービスに機会を提供している。宗教行事時の一時的な人口増加に対応するため、管理の行き届いた効率的な交通システムが必要とされている。快適で信頼できる交通手段を求める観光客の嗜好が市場に影響を与えている。
主要市場プレイヤー
トヨタ自動車
現代自動車
ステランティス
MAN SE
本田技研工業株式会社
フォード・モーター・カンパニー
ダイムラーAG
ABボルボ
日野自動車
タタ・モーターズ・リミテッド

レポートの範囲
本レポートでは、サウジアラビアの自動車市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに産業動向についても詳細に解説しています:
- サウジアラビアの自動車市場:車種別
o 二輪車
乗用車
o 商用車
o OTR
- サウジアラビアの自動車市場:推進力タイプ別
o ICE
電気自動車
- サウジアラビアの自動車市場:バッテリー容量別
手動
オートマチック
- サウジアラビアの自動車市場:地域別
o 北部・中部
東部
西部
南部
競合状況
企業プロフィール:サウジアラビアの自動車市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
サウジアラビアの自動車市場レポートは所定の市場データを用いて、Tech Sci Research社は企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.COVID-19のサウジアラビア自動車市場への影響
5.顧客の声分析
5.1.ブランド認知度
5.2.ブランド満足度
5.3.購買決定要因
6.サウジアラビア自動車市場の展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.台数・金額別
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.車両タイプ別市場シェア分析(二輪車、乗用車、商用車、OTR)
6.2.2.推進力タイプ別市場シェア分析(ICE、電気自動車)
6.2.3.トランスミッションタイプ別市場シェア分析(マニュアル、オートマチック)
6.2.4.地域別市場シェア分析
6.2.4.1.北部・中部市場シェア分析
6.2.4.2.東部市場シェア分析
6.2.4.3.西部市場シェア分析
6.2.4.4.南部市場シェア分析
6.2.5.企業別市場シェア分析(上位5社、その他-金額ベース、2022年)
6.3.サウジアラビアの自動車市場マッピングと機会評価
6.3.1.自動車タイプ別市場マッピングと機会評価
6.3.2.推進力タイプ別市場マッピングと機会評価
6.3.3.トランスミッションタイプ別市場マッピングと機会評価
6.3.4.地域別市場マッピングと機会評価
7.サウジアラビアの二輪車市場展望
7.1.市場規模と予測
7.1.1.台数・金額別
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.推進力タイプ別市場シェア分析
7.2.2.トランスミッションタイプ別市場シェア分析
8.サウジアラビアの乗用車市場展望
8.1.市場規模・予測
8.1.1.台数・金額別
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.推進力タイプ別市場シェア分析
8.2.2.トランスミッションタイプ別市場シェア分析
9.サウジアラビアの商用車市場展望
9.1.市場規模と予測
9.1.1.台数・金額別
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.推進力タイプ別市場シェア分析
9.2.2.トランスミッションタイプ別市場シェア分析
10.サウジアラビアのOTR市場展望
10.1.市場規模・予測
10.1.1.数量・金額別
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.推進力タイプ別市場シェア分析
10.2.2.トランスミッションタイプ別市場シェア分析
11.SWOT分析
11.1.強み
11.2.弱み
11.3.機会
11.4.脅威
12.市場ダイナミクス
12.1.市場促進要因
12.2.市場の課題
13.市場の動向と発展
14.政策と規制
15.サウジアラビアの経済プロフィール
16.競争環境
16.1.企業プロフィール(主要10社まで)
16.1.1.トヨタ自動車株式会社
16.1.1.1.会社概要
16.1.1.2.主要製品
16.1.1.3.最近の動向
16.1.1.4.主要経営陣
16.1.2.現代自動車
16.1.2.1.会社概要
16.1.2.2.主要製品
16.1.2.3.最近の動向
16.1.2.4.主要経営陣
16.1.3.MAN SE.
16.1.3.1.会社概要
16.1.3.2.主要製品
16.1.3.3.最近の動向
16.1.3.4.主要経営陣
16.1.4.ステランティス
16.1.4.1.会社概要
16.1.4.2.主要製品
16.1.4.3.最近の動向
16.1.4.4.主要経営陣
16.1.5.本田技研工業
16.1.5.1.会社概要
16.1.5.2.主要製品
16.1.5.3.最近の動向
16.1.5.4.主要経営陣
16.1.6.フォード・モーター・カンパニー
16.1.6.1.会社概要
16.1.6.2.主要製品
16.1.6.3.最近の動向
16.1.6.4.主要経営陣
16.1.7.ダイムラーAG
16.1.7.1.会社概要
16.1.7.2.主要製品
16.1.7.3.最近の動向
16.1.7.4.主要経営陣
16.1.8.ABボルボ
16.1.8.1.会社概要
16.1.8.2.主要製品
16.1.8.3.最近の動向
16.1.8.4.主要経営陣
16.1.9.日野自動車
16.1.9.1.会社概要
16.1.9.2.主要製品
16.1.9.3.最近の動向
16.1.9.4.主要経営陣
16.1.10.タタ・モーターズ・リミテッド
16.1.10.1.会社概要
16.1.10.2.主要製品
16.1.10.3.最近の動向
16.1.10.4.主要経営幹部
17.戦略的提言
17.1.重点分野
17.1.1.対象国
17.1.2.車種別ターゲット
17.1.3.推進タイプ別ターゲット
18.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Saudi Arabia Automobile Market has valued at USD 50 Billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 6.25%. Rapid urbanization, an increase in the disposable income of middle-class families, and the introduction of new and better-performing vehicles in the market are driving the sales of automobiles in the country. The growing logistics and e-commerce industry and the need to develop an efficient supply chain are expected to accelerate the demand for commercial vehicles in the coming years. Also, the supportive government policies to boost the automotive industry and rise in efforts to attract original equipment manufacturers in the country are expected to create numerous growth opportunities for the market players over the next five years.
Key Market Drivers
Economic Diversification and Vision 2030
One of the primary drivers of the Saudi Arabian automobile market is the ambitious economic diversification agenda set forth by the government in its Vision 2030 plan. Historically, Saudi Arabia has been heavily dependent on oil revenue, and the government recognized the need to diversify its economy to reduce this dependence. The Vision 2030 plan, announced in 2016, has introduced a series of reforms and initiatives aimed at transforming the country into a more diversified and sustainable economy. As part of Vision 2030, the government has been investing in infrastructure development, tourism, and entertainment projects. This has contributed to a boost in consumer confidence and increased disposable income, leading to higher automobile sales. The government's emphasis on diversifying the economy has led to initiatives aimed at encouraging local automobile manufacturing. Companies like Saudi Arabian Automotive Manufacturing Company (SAAMCO) have been established to produce vehicles locally, reducing the country's reliance on imports. The Vision 2030 plan also includes a strong commitment to environmental sustainability, leading to an increased focus on electric vehicles (EVs) and green technologies. This has driven investments in EV infrastructure and created a growing market for eco-friendly vehicles.
Growing Population and Urbanization
Saudi Arabia has experienced significant population growth in recent years, with a predominantly young demographic. The combination of population growth and urbanization has driven the demand for automobiles. Urbanization has led to the development of infrastructure, such as roads and highways, which, in turn, has made owning a car more attractive and convenient. Saudi cities like Riyadh, Jeddah, and Dammam have seen a substantial influx of people seeking employment and business opportunities, leading to an increased need for personal transportation. With more people living in urban areas, the demand for mobility solutions has risen. As a result, the automobile market has expanded to accommodate different segments of the population. In some urban areas, traffic congestion and limited public transportation options have made owning a car a necessity for daily commuting.
Changing Consumer Preferences
The Saudi Arabian automobile market has witnessed a shift in consumer preferences, driven by evolving socio-economic factors and changing lifestyle choices. This shift has had a significant impact on the types of vehicles that are popular in the market. Sport Utility Vehicles (SUVs) have gained immense popularity in Saudi Arabia. Their larger size and versatility appeal to consumers seeking safety, comfort, and adaptability in various terrains. Additionally, SUVs are often favored for their spacious interiors and ability to accommodate large families. The demand for luxury and high-end vehicles has surged, reflecting a growing segment of affluent consumers in the country. Brands like Mercedes-Benz, BMW, and Audi have witnessed strong sales as consumers seek premium features and brands. Modern Saudi consumers are increasingly tech-savvy and desire advanced infotainment systems, connectivity, and smart features in their vehicles. This has led to a push for more technologically advanced cars and a growing market for EVs.
Regulatory Changes and Liberalization
In recent years, Saudi Arabia has undertaken regulatory changes and liberalization efforts to open up the automobile market. These changes have encouraged competition, increased consumer options, and stimulated market growth. In 2018, Saudi Arabia lifted the ban on women driving, which has significantly expanded the potential customer base for the automobile market. The inclusion of women as drivers has resulted in a notable increase in car ownership among women and families. The government has made efforts to encourage competition in the automobile market by allowing more international automakers to establish dealerships in the country. This has led to a wider range of vehicle choices for consumers. Regulatory changes have also contributed to the growth of the used car market, as older vehicles can now be imported and sold, providing more affordable options for budget-conscious consumers.
Technological Advancements and Connectivity
The Saudi Arabian automobile market has seen an influx of advanced technologies and connectivity features. These innovations have played a significant role in influencing purchasing decisions and shaping market trends. Modern vehicles come equipped with sophisticated infotainment systems that offer features like GPS navigation, smartphone integration, and advanced audio systems. Consumers are increasingly seeking these amenities in their cars. The demand for vehicles with advanced safety features such as adaptive cruise control, lane-keeping assist, blind-spot monitoring, and automatic emergency braking has grown significantly as consumers prioritize safety. Vehicles with advanced connectivity and telematics systems are highly sought after. Features like remote start, vehicle tracking, and diagnostic alerts are becoming increasingly common in the market. As part of the broader global trend, the Saudi market has also seen a growing interest in electric vehicles (EVs) and autonomous driving technologies. Automakers are introducing EV models, and the government is investing in charging infrastructure to support this shift.
Key Market Challenges
Economic Dependency on Oil and Fluctuating Oil Prices
One of the most significant challenges faced by the Saudi Arabian automobile market is the country's strong economic dependence on oil revenues. Saudi Arabia has historically relied on oil as a primary source of income and government funding. This economic model makes the automobile market susceptible to fluctuations in global oil prices and affects various aspects of the industry. The performance of the automobile market is closely tied to the overall economic health of the country. When oil prices are high and the economy is booming, consumers have more disposable income, which drives higher car sales. Conversely, during periods of low oil prices, there is a decrease in consumer spending, leading to reduced demand for new vehicles. The Saudi government's budget is heavily reliant on oil revenues, which can lead to budget deficits during periods of low oil prices. This can result in austerity measures and reduced government spending on infrastructure projects and subsidies that could otherwise stimulate the automobile market.
Oil price fluctuations also impact government fiscal policies. For example, a decrease in oil revenues can lead to changes in taxation, fuel prices, and subsidies, which can affect vehicle ownership costs and consumer preferences. To address this challenge, Saudi Arabia has initiated the Vision 2030 plan, which aims to diversify the economy and reduce its dependence on oil. Diversification efforts include investments in non-oil sectors, such as tourism and entertainment, which can stimulate economic activity and, in turn, increase consumer spending on automobiles.
Regulatory Hurdles and Import Tariffs
The Saudi Arabian automobile market is subject to a set of regulatory challenges that impact market dynamics, pricing, and consumer choices. Import tariffs, customs duties, and regulations play a critical role in the cost and availability of vehicles in the market. The Saudi government imposes relatively high import tariffs on vehicles, which can significantly increase the cost of new cars. These tariffs are implemented to encourage local manufacturing and protect domestic industries. However, they make it challenging for automakers to offer competitive pricing to consumers. Customs duties on automobile parts and components can further raise manufacturing costs, making it less cost-effective for international car manufacturers to set up production plants in Saudi Arabia. This can limit the availability of locally manufactured vehicles. Automakers must adhere to specific technical regulations and standards set by the Saudi Standards, Metrology, and Quality Organization (SASO). Meeting these requirements can be a time-consuming and costly process, particularly for small manufacturers and new entrants to the market.
Consumer Debt and Financing Challenges
Consumer debt and financing challenges are significant concerns in the Saudi Arabian automobile market. High levels of consumer debt, coupled with a limited understanding of financial products and interest rates, impact the ability of individuals to purchase new vehicles and access financing options. High levels of consumer debt, often associated with personal loans and credit cards, can reduce the purchasing power of individuals, making it difficult to afford car loans and down payments for new vehicles. Interest rates on car loans can be relatively high in Saudi Arabia, and these rates vary among banks and financial institutions. The cost of financing can be a deterrent for potential car buyers, particularly for those with lower credit scores. Many consumers may not fully understand the various financing options available to them, which can result in suboptimal choices when purchasing a car. A lack of financial literacy can lead to unfavorable financing terms. Efforts to increase financial literacy and educate consumers about the best financing options for their individual circumstances could help address this challenge. The government and financial institutions could collaborate to offer more favorable car loan terms, making vehicle ownership more accessible to a broader range of consumers.
Infrastructure and Traffic Congestion
Saudi Arabia has witnessed rapid urbanization and population growth, which has led to an increase in traffic congestion and demand for efficient transportation infrastructure. The country's vast geography, characterized by sprawling cities and long distances between urban centers, presents unique infrastructure challenges for the automobile market. Major cities like Riyadh and Jeddah have experienced severe traffic congestion, leading to longer commute times and frustration among drivers. This congestion can discourage car ownership in urban areas. Efforts to improve and expand road networks have been ongoing, but there is still a need for substantial infrastructure development to accommodate the growing number of vehicles and provide efficient transportation solutions. To alleviate congestion and encourage the use of public transportation, Saudi Arabia has invested in metro and bus systems in cities like Riyadh and Jeddah. These alternatives provide an option for urban commuters, potentially reducing the need for personal vehicles. Traffic congestion contributes to increased air pollution and environmental concerns. As sustainability becomes a more significant consideration, the impact of congestion on the environment is a growing challenge for industry. Saudi Arabia can invest further in public transportation infrastructure, develop more efficient traffic management systems, and promote sustainable urban planning to alleviate congestion. These efforts would not only improve the quality of life for residents but also make car ownership more appealing and practical.
Environmental Sustainability and Green Initiatives
With a global focus on reducing carbon emissions and transitioning to more sustainable forms of transportation, environmental sustainability is a challenge that the Saudi Arabian automobile market must address. While the government has initiated several green initiatives, such as Vision 2030, significant hurdles remain. The predominantly high demand for large, fuel-inefficient vehicles, such as SUVs, contributes to increased fuel consumption and emissions. Efforts to promote fuel efficiency and reduce emissions have been met with resistance from consumers. While electric vehicles (EVs) are gaining popularity, the infrastructure for EV charging remains underdeveloped, particularly in rural areas. Without a comprehensive charging network, EV adoption faces limitations. Saudi Arabia has introduced environmental standards and regulations to control emissions, but enforcement and compliance monitoring can be challenging, hindering progress in achieving green transportation goals. Promoting awareness about the benefits of environmentally friendly vehicles and sustainable transportation practices is crucial. Many consumers may not fully understand the impact of their choices on the environment.
Key Market Trends
Electrification and the Rise of Electric Vehicles (EVs)
One of the most prominent trends in the Saudi Arabian automobile market is the increasing interest in electric vehicles (EVs). This trend aligns with global efforts to reduce carbon emissions and transition towards more sustainable and environmentally friendly transportation solutions. In Saudi Arabia, this trend is primarily driven by government initiatives, changing consumer attitudes, and advancements in EV technology. The Saudi government has recognized the importance of reducing the country's carbon footprint and has introduced policies to promote the adoption of EVs. For instance, in 2019, the Saudi Standards, Metrology, and Quality Organization (SASO) issued technical regulations for EVs and their charging infrastructure, providing a regulatory framework for their adoption. As consumers become more environmentally conscious and seek to reduce their carbon footprint, there has been a growing interest in electric and hybrid vehicles in Saudi Arabia. This trend is particularly visible among the younger generation, who are increasingly inclined to choose sustainable and energy-efficient transportation options. To support the growth of EVs, Saudi Arabia has been investing in charging infrastructure. Companies like Aramco and ACWA Power have made substantial commitments to expand the charging network across the country, making it more convenient for consumers to own and operate electric vehicles. The Saudi government has also encouraged local manufacturing of EVs to reduce reliance on imports. Companies like Saudi Arabian Automotive Manufacturing Company (SAAMCO) have taken steps towards producing electric vehicles within the country, contributing to the growth of the local automotive industry. As this trend continues to gain momentum, it is expected to shape the Saudi automobile market significantly, leading to increased EV adoption, reduced carbon emissions, and a shift in consumer preferences towards sustainable mobility solutions.
Women's Empowerment and Increased Female Drivers
In 2018, Saudi Arabia made a historic decision to lift the ban on women driving, marking a significant societal shift and impacting the automobile market in several ways. This change has not only empowered women but also expanded the customer base for the automotive industry. The decision to allow women to drive has led to a surge in the number of female drivers in Saudi Arabia. Many women now have the autonomy to purchase and operate their vehicles, leading to an increased demand for automobiles in the country. With more women entering the driver's seat, the automobile market has seen a shift in vehicle preferences. Smaller and more compact cars are gaining popularity among female drivers, as they often prioritize convenience and ease of maneuverability. Women drivers often prioritize safety features and advanced technology in their vehicles. The demand for vehicles equipped with advanced safety systems, such as automatic emergency braking and parking assistance, has increased. Automotive manufacturers and dealerships have adapted their marketing strategies to cater to the growing number of female customers. They offer women-centric services and create campaigns that resonate with female drivers. This trend has not only contributed to the growth of the Saudi automobile market but also brought about positive social and economic changes by enhancing the mobility and independence of women in the country.
Shift towards SUVs and Crossovers
Saudi Arabia, like many other markets worldwide, has witnessed a significant shift in consumer preferences towards Sports Utility Vehicles (SUVs) and crossovers. This trend has reshaped the market and influenced automakers' strategies and offerings in the country. The popularity of SUVs and crossovers in Saudi Arabia can be attributed to their adaptability to different terrains and road conditions. Saudi Arabia's varied landscapes, including deserts and mountains, make SUVs an attractive choice for consumers looking for versatile and reliable vehicles. SUVs and crossovers are known for their spacious interiors, making them ideal for large families and those who prioritize comfort during their journeys. The need for accommodating extended families during travels and daily commutes has driven the demand for these vehicles. SUVs are often perceived as safer due to their larger size and elevated driving position, a consideration that resonates with safety-conscious consumers. The luxury SUV segment, featuring brands like Range Rover, Mercedes-Benz GLE, and BMW X5, has gained traction among affluent consumers in Saudi Arabia. The combination of luxury and versatility has made these vehicles particularly popular. As a result of this trend, many automakers have adapted their product portfolios to cater to the growing demand for SUVs and crossovers, and they continue to play a pivotal role in the Saudi Arabian automobile market.
Digital Transformation and E-commerce in Auto Retail
The rise of digital transformation and e-commerce has disrupted various industries, and the Saudi Arabian automobile market is no exception. The digitalization of the automotive retail process has brought about numerous changes, from vehicle research and purchasing to after-sales services. Many automotive dealerships and platforms have established online sales channels, allowing consumers to research, configure, and purchase vehicles through the internet. This trend has gained traction, especially during the COVID-19 pandemic, when online shopping and contactless transactions became increasingly important. Virtual showrooms and 360-degree vehicle tours have become common in the Saudi automobile market. Consumers can explore vehicles from the comfort of their homes, enhancing their pre-purchase experience. Digital platforms also offer financing and insurance solutions, simplifying the paperwork and approval processes. This convenience has made it easier for consumers to complete their vehicle purchases. After-sales services, including maintenance and repairs, have also been digitized. Consumers can schedule maintenance appointments and access vehicle service records online, ensuring smoother post-purchase experiences. Online platforms have enabled customers to leave reviews and ratings, influencing the purchasing decisions of prospective buyers. This trend has made customer satisfaction and transparency critical for dealerships and manufacturers. The integration of digital technologies in the automobile market has improved convenience, transparency, and accessibility for consumers, while also streamlining operations for industry stakeholders.
Ride-Sharing, Car Subscription Services, and Shared Mobility
The concept of shared mobility, including ride-sharing services and car subscription models, has been gaining momentum in Saudi Arabia. This trend reflects changing mobility preferences, especially among urban consumers. Ride-sharing platforms like Uber and local alternatives have become popular in major Saudi cities. These services offer an affordable and convenient transportation option, particularly for daily commutes. Car subscription services, such as monthly or annual vehicle rentals, have gained traction. These services provide flexibility to consumers who prefer not to commit to long-term ownership. Users can switch between different vehicle models based on their needs. Carpooling has become a cost-effective and environmentally friendly transportation solution. Several platforms in Saudi Arabia encourage commuters to share rides and reduce the number of single-occupancy vehicles on the road.
Segmental Insights
Propulsion Type Insights
The ICE Vehicle dominates the market segment. Conventional ICE vehicles, which run on gasoline and diesel, still dominate the Saudi Arabian automobile market. Challenges in this category include Fluctuations in global oil prices directly impact the cost of gasoline and diesel in Saudi Arabia. This price volatility can affect consumers' fuel expenses and the overall cost of ownership for conventional vehicles. As the global automotive industry moves towards cleaner and more fuel-efficient vehicles, conventional ICE vehicles continue to contribute to air pollution and greenhouse gas emissions. This challenge necessitates the adoption of stricter emission standards and the promotion of cleaner fuels. Despite being an oil-producing country, Saudi Arabia still imports a significant portion of its refined gasoline and diesel, which can lead to economic vulnerabilities, especially when oil prices rise. Electric vehicles, which run solely on electricity, present unique challenges and opportunities in the Saudi Arabian market: The development of an extensive and reliable EV charging infrastructure is critical for widespread EV adoption. While progress has been made, particularly in urban areas, rural regions may still lack sufficient charging options. While the Saudi government has introduced initiatives to support EV adoption, including subsidies and reduced customs duties, continuous regulatory and policy support is needed to promote the growth of the EV market.
Regional Insights
The Northern and Central Region dominate the market in Saudi Arabia Automobile Market. The Central Region, with Riyadh at its core, is the economic and administrative hub of Saudi Arabia. It has a diverse population, including both Saudi nationals and a significant expatriate community. The region boasts a strong economy, with a focus on finance, commerce, and industry. The Central Region has the highest consumer spending on automobiles, ranging from economy cars to luxury and high-end models. Diverse population contributes to a wide range of preferences, from practical and budget-friendly vehicles to high-performance and luxury cars. Strong economic activity stimulates demand for commercial vehicles and fleets. Makkah Province, part of the western region, is significant for its religious and tourism activities, including the annual Hajj pilgrimage and Umrah. The region experiences a surge in population during religious events, leading to increased traffic and congestion. The western region provides opportunities for car rental companies and transportation services due to the influx of pilgrims and tourists. There is a need for a well-managed and efficient transportation system to accommodate the temporary population increase during religious events. Tourists' preferences for comfortable and reliable transportation options impact the market.
Key Market Players
Toyota Motor Corporation
Hyundai Motor Company
Stellantis
MAN SE
Honda Motor Company
Ford Motor Company
Daimler AG
AB Volvo
Hino Motors, Ltd
Tata Motors Limited

Report Scope:
In this report, the Saudi Arabia Automobile Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Saudi Arabia Automobile Market, By Vehicle Type:
o Two Wheeler
o Passenger Car
o Commercial Vehicle
o OTR
• Saudi Arabia Automobile Market, By Propulsion Type:
o ICE
o Electric
• Saudi Arabia Automobile Market, By Battery Capacity:
o Manual
o Automatic
• Saudi Arabia Automobile Market, By Region:
o Northern & Central
o Eastern
o Western
o Southern
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies presents in the Saudi Arabia Automobile Market.
Available Customizations:
Saudi Arabia Automobile Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Impact of COVID-19 on Saudi Arabia Automobile Market
5. Voice of Customer Analysis
5.1. Brand Awareness
5.2. Brand Satisfaction
5.3. Factors Affecting Purchase Decision
6. Saudi Arabia Automobile Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Volume & Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis (Two Wheeler, Passenger Car, Commercial Vehicle, OTR)
6.2.2. By Propulsion Type Market Share Analysis (ICE, Electric)
6.2.3. By Transmission Type Market Share Analysis (Manual, Automatic)
6.2.4. By Regional Market Share Analysis
6.2.4.1. Northern and Central Market Share Analysis
6.2.4.2. Eastern Market Share Analysis
6.2.4.3. Western Market Share Analysis
6.2.4.4. Southern Market Share Analysis
6.2.5. By Company Market Share Analysis (Top 5 Companies, Others - By Value, 2022)
6.3. Saudi Arabia Automobile Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.1. By Vehicle Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.2. By Propulsion Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.3. By Transmission Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.4. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
7. Saudi Arabia Two Wheeler Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Volume & Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Propulsion Type Market Share Analysis
7.2.2. By Transmission Type Market Share Analysis
8. Saudi Arabia Passenger Cars Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Volume & Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Propulsion Type Market Share Analysis
8.2.2. By Transmission Type Market Share Analysis
9. Saudi Arabia Commercial Vehicle Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Volume & Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Propulsion Type Market Share Analysis
9.2.2. By Transmission Type Market Share Analysis
10. Saudi Arabia OTR Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Volume & Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Propulsion Type Market Share Analysis
10.2.2. By Transmission Type Market Share Analysis
11. SWOT Analysis
11.1. Strength
11.2. Weakness
11.3. Opportunities
11.4. Threats
12. Market Dynamics
12.1. Market Drivers
12.2. Market Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Policy & Regulatory Landscape
15. Saudi Arabia Economic Profile
16. Competitive Landscape
16.1. Company Profiles (Up to 10 Major Companies)
16.1.1. Toyota Motor Corporation
16.1.1.1. Company Details
16.1.1.2. Key Product Offered
16.1.1.3. Recent Developments
16.1.1.4. Key Management Personnel
16.1.2. Hyundai Motor Company.
16.1.2.1. Company Details
16.1.2.2. Key Product Offered
16.1.2.3. Recent Developments
16.1.2.4. Key Management Personnel
16.1.3. MAN SE.
16.1.3.1. Company Details
16.1.3.2. Key Product Offered
16.1.3.3. Recent Developments
16.1.3.4. Key Management Personnel
16.1.4. Stellantis
16.1.4.1. Company Details
16.1.4.2. Key Product Offered
16.1.4.3. Recent Developments
16.1.4.4. Key Management Personnel
16.1.5. Honda Motor Company
16.1.5.1. Company Details
16.1.5.2. Key Product Offered
16.1.5.3. Recent Developments
16.1.5.4. Key Management Personnel
16.1.6. Ford Motor Company
16.1.6.1. Company Details
16.1.6.2. Key Product Offered
16.1.6.3. Recent Developments
16.1.6.4. Key Management Personnel
16.1.7. Daimler AG
16.1.7.1. Company Details
16.1.7.2. Key Product Offered
16.1.7.3. Recent Developments
16.1.7.4. Key Management Personnel
16.1.8. AB Volvo
16.1.8.1. Company Details
16.1.8.2. Key Product Offered
16.1.8.3. Recent Developments
16.1.8.4. Key Management Personnel
16.1.9. Hino Motors, Ltd
16.1.9.1. Company Details
16.1.9.2. Key Product Offered
16.1.9.3. Recent Developments
16.1.9.4. Key Management Personnel
16.1.10. Tata Motors Limited
16.1.10.1. Company Details
16.1.10.2. Key Product Offered
16.1.10.3. Recent Developments
16.1.10.4. Key Management Personnel
17. Strategic Recommendations
17.1. Key Focus Areas
17.1.1. Target Countries
17.1.2. Target By Vehicle Type
17.1.3. Target By Propulsion Type
18. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(ADAS)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(automobile)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る