世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場:車両タイプ別(小型車、大型車、電気自動車・ハイブリッド車)、用途別(ドライブトレイン、パワートレイン、その他)、ソフトウェア別(キャリブレーション、信号解析、その他)、駆動タイプ別(前輪駆動、その他)、提供サービス別(物理音響試験、その他)、プロセス別(設計、開発、試験)、地域別、競争、予測、機会:2018年-2028年


United States Automotive Acoustic Engineering Services Market By Vehicle Type (Light-Duty Vehicles, Heavy-Duty Vehicles and Electric & Hybrid Vehicles), By Application (Drivetrain, Powertrain and Others), By Software (Calibration, Signal Analysis and Others), By Drive Type (Front Wheel Drive and Others), By Offering (Physical Acoustic Testing and Others), By Process (Design, Development and Testing), By Region, Competition, Forecast & Opportunities, 2018-2028

米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場は、2022年に6億7,000万米ドルと評価され、予測期間のCAGRは7.46%と堅調な成長が予測されている。米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場は、自動車の快適性... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
80 英語

 

サマリー

米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場は、2022年に6億7,000万米ドルと評価され、予測期間のCAGRは7.46%と堅調な成長が予測されている。米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場は、自動車の快適性向上に対する需要の高まりと、騒音公害の懸念に対処するための厳しい政府規制の実施に後押しされ、一貫した成長を遂げている。このダイナミックな市場には、自動車メーカー、サービスプロバイダー、サプライヤーを含む幅広い利害関係者が関与しており、技術革新を促し、継続的な改善を後押しする競争環境が形成されている。
こうした推進要因に加え、技術の進歩もこの分野の将来を形作る上で極めて重要な役割を果たしている。電気自動車の急速な発展と人気の高まりは自動車業界に革命をもたらし、音響エンジニアリングサービスに新たな課題と機会をもたらしています。電気自動車が普及するにつれて、乗客に静かで快適な運転体験を保証するために、最適な騒音低減と音響管理を実現することが重視されるようになっています。
さらに、自律走行に向けた動きは、高度な音響エンジニアリングソリューションの重要性をさらに際立たせています。自動車が自動運転化され、高度な技術に依存するようになると、シームレスで没入感のある運転体験を提供するために、効果的な騒音制御の必要性が極めて重要になります。このような自律走行へのシフトは、騒音低減の面で課題を提示するだけでなく、自動車音響エンジニアリング市場の成長と革新に新たな道を開くものでもある。
まとめると、米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場は、自動車の快適性に対する需要の高まりと騒音公害規制を遵守する必要性によって着実な成長を遂げていることが特徴です。電気自動車の登場と自律走行技術の進歩により、この分野の将来は、さらなる発展と革新のための計り知れない可能性を秘めています。
主な市場牽引要因
厳しい排ガス規制
米国の自動車音響エンジニアリング・サービス市場の主な促進要因の1つは、自動車業界に課せられる排ガス規制がますます厳しくなっていることである。気候変動対策と大気汚染削減のための世界的な取り組みとして、各国政府と規制機関は厳格な排ガス基準を設けている。これらの基準により、よりクリーンで効率的な自動車の開発が必要となっている。音響エンジニアは、排出基準を満たすだけでなく、騒音公害を最小限に抑え、より静かで環境に優しい運転体験を保証する自動車を設計することで、これらの規制への適合を達成する上で重要な役割を果たしています。
より静かな自動車に対する消費者の要求
消費者の嗜好は進化し、より静かな自動車への需要が高まっている。特に人口密度の高い都市部では、騒音公害は重大な懸念事項であり、消費者はより静かで快適な乗り心地を提供する自動車を求めるようになっている。その結果、自動車メーカーはこうした期待に応え、より静かで洗練された運転体験を提供する自動車を作るため、音響工学を優先するようになっている。このような消費者主導の流れを受けて、米国では音響エンジニアリングサービスの需要が急増している。
電気自動車とハイブリッド車の台頭
米国における電気自動車とハイブリッド車の急速な普及も、自動車音響エンジニアリング・サービス市場の主要な促進要因である。電気自動車(EV)は、従来の内燃エンジン車よりも本質的に静かであるため、歩行者や自転車利用者にとって安全上の懸念がある。音響エンジニアは、EV用の人工音響システムを開発するのが仕事であり、音響車両警告システム(Acoustic Vehicle Alerting Systems:AVAS)と呼ばれることもある。このシステムは、特徴的な音を発して歩行者にEVの接近を知らせ、ドライバーや同乗者にとって快適な音響レベルを維持しながら安全を確保します。
技術の進歩
技術の絶え間ない進歩は、自動車音響工学の分野に変化をもたらしている。アクティブノイズキャンセルシステム、高度なシミュレーションツール、リアルタイムの騒音モニタリングなどの技術革新により、エンジニアは自動車の音響特性を比類ない精度で微調整できるようになりました。これらの技術は、ドライビング体験を向上させるだけでなく、厳しい騒音規制をクリアする能力も高めています。最先端のツールや技術の採用は、米国における音響エンジニアリングサービスの成長の重要な原動力となっています。
カスタマイズとパーソナライゼーション
米国の消費者は、自動車にカスタマイズやパーソナライズされた体験を求めるようになっています。この傾向は車両の音響面にも及んでおり、ドライバーは自分の好みに合ったサウンドスケープを求め、車両との感情的な結びつきを強めています。音響エンジニアは、スポーツカーのエンジンの轟音であれ、高級セダンの落ち着いた静寂であれ、オーダーメイドの音響体験を作り出すのが仕事です。このようにカスタマイズを重視することで、自動車音響エンジニアリングサービス市場に複雑さとチャンスが加わる。
グローバル化と国際的コンプライアンス
米国の自動車産業は、国際市場との結びつきが強い。米国の自動車メーカーやサプライヤーは、国内需要に応えるだけでなく、製品を世界各地に輸出している。世界規模で競争力を維持するために、米国を拠点とする自動車会社は、自社の自動車が各国の騒音振動基準に適合していることを保証しなければなりません。そのためには、異なる市場向けに車両設計をカスタマイズし、国際的なコンプライアンスを遵守するための音響工学の専門知識が必要です。米国における音響エンジニアリングサービスの需要は、国内の要件にとどまらず、国際的な規制や消費者の嗜好にも及んでいます。
主な市場課題
技術の複雑化と統合
米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場が直面する主な課題の1つは、最新車両の技術的複雑性の増大である。電動パワートレイン、自律走行機能、高度なインフォテインメントシステムなどの先進機能により、自動車はかつてないほど複雑になっている。この複雑さは音響工学にも及んでおり、エンジニアは音響振動ソリューションをこれらの先進技術とシームレスに統合する必要があります。安全性、性能、ユーザーエクスペリエンスを損なうことなく、これらのシステムを確実に調和させることは、音響エンジニアにとって大きな課題です。
コスト圧力と予算制約
音響エンジニアリングサービスでは、研究、開発、テストに多大な投資を必要とすることがよくあります。これらのコストは、小規模な自動車会社や新興企業にとっては特に負担となります。さらに、排ガス規制や電気自動車開発などの要因による自動車業界全体のコスト圧力により、音響エンジニアリングに割り当てられる予算が制限されることもあります。費用対効果と高品質の音響ソリューションの提供のバランスを取ることは、米国のサービスプロバイダーにとって継続的な課題です。
サプライチェーンの混乱
COVID-19パンデミックによるものを含め、近年経験した世界的なサプライチェーンの混乱は、米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場に大きな影響を与えている。音響エンジニアは、プロジェクトに必要な材料や部品の安定供給に依存している。混乱はプロジェクトスケジュールの遅延、コストの増加、必要不可欠な音響材料の不足につながります。このようなサプライチェーンの課題を克服し、リソースの安定供給を確保することは、音響エンジニアリングサービスの効率性と収益性を維持するために不可欠です。
消費者の嗜好の変化
自動車音響に関する消費者の嗜好は常に進化しています。穏やかなドライブ体験のために静粛性の高い車両を優先する消費者がいる一方で、ブランドアイデンティティや車種に共鳴するような、より強調されたエンジン音やユニークな音響特性を求める消費者もいます。多様な顧客層を満足させるために適切なバランスを取ることは、自動車メーカーや音響エンジニアにとって難しい課題です。さらに、電気自動車の台頭は、本質的に静粛性が高いというユニークな課題をもたらします。エンジニアは、歩行者やサイクリストの安全上の懸念に対処しながら、電気自動車のドライバーにとって望ましい音響体験を生み出す革新的なソリューションを開発しなければなりません。
規制の変化と調和
米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場は、自動車の騒音と振動に関連するダイナミックな規制変更の影響を受けます。これらの基準は州によって大きく異なることがあり、設計や製造プロセスに複雑さをもたらしています。規制要件の遵守は極めて重要であり、規制の変更により音響エンジニアリングソリューションの大幅な変更が必要になることもあります。進化する規格に関する情報を常に入手し、コンプライアンスを確保し、規制の変更が車両設計に与える影響を最小限に抑えることは、米国のサービスプロバイダにとって絶え間ない課題です。
急速な技術の進歩
技術の進歩はチャンスをもたらす一方で、米国の自動車音響エンジニアリング・サービス市場にとっては課題でもある。自動車産業における技術革新のスピードは容赦がない。材料、製造プロセス、車両技術における新たな技術革新は、既存の音響ソリューションを急速に陳腐化させる可能性があります。サービスプロバイダは、技術の進歩の最前線に立ち続け、研究開発に投資し、急速に進化する状況の中で適切なサービスを提供し続けなければなりません。このような変化に対応し続けることは、競争力を維持するために不可欠です。
主な市場動向
電気自動車の音響
米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場で最も顕著なトレンドの1つは、電気自動車(EV)に合わせた音響ソリューションの需要である。EVは従来の内燃エンジン車よりも本質的に静かであるため、歩行者や自転車利用者にとって安全上の懸念がある。音響エンジニアは、AVAS(Acoustic Vehicle Alerting Systems)と呼ばれるEV用の人工音響システムの開発を任されている。このシステムは、接近するEVの存在を歩行者に知らせるために独特の音を発し、安全性を高めると同時に、自動車メーカーが独自の音響シグネチャーによって製品を差別化することを可能にする。AVASの開発と統合は、米国における音響工学のトレンドの最前線にある。
アクティブノイズキャンセリング
プレミアム・オーディオ・システムで一般的なアクティブ・ノイズ・キャンセレーション(ANC)技術は、米国の自動車業界で人気を集めている。ANCシステムは、マイクとスピーカーを使って音波を発生させ、望ましくないノイズ周波数を打ち消し、より静かで快適な車内環境を実現する。米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場では、自動車の音響品質を向上させるANCシステムの設計と実装に関する専門知識に対する需要が高まっている。この傾向は、より静かで洗練された運転体験を求める消費者の嗜好の高まりと一致している。
カスタマイズされたサウンドスケープ
自動車メーカーは、ユニークで没入感のあるドライビング体験を生み出すサウンドスケープの重要性をますます認識するようになっています。エンジン音からインテリアの雰囲気に至るまで、音はドライバーと自動車との感情的なつながりを形成する上で重要な役割を果たしています。米国の音響エンジニアは、ブランドのアイデンティティにマッチし、消費者の共感を得られるようなカスタマイズされたサウンドスケープをデザインすることがますます重要になってきています。スポーツカーのエンジンのスポーティなうなり声であれ、高級車の落ち着いた静寂であれ、カスタマイズされたサウンドスケープは、目の肥えた顧客の欲求に応える、市場の重要なトレンドとなっています。
AIと機械学習の統合
人工知能(AI)と機械学習(ML)の統合は、米国の自動車音響工学分野に革命をもたらしている。これらのテクノロジーは、車両音響のリアルタイムモニタリングと調整を可能にし、運転状況やドライバーの好みに応じた適応的な音響管理を可能にします。AIとMLのアルゴリズムは、積極的にノイズを低減し、音質を向上させ、車内の音響体験をパーソナライズすることができます。このトレンドが米国で勢いを増す中、音響エンジニアリング・サービス・プロバイダーは、顧客に革新的なソリューションを提供するため、AIやML機能に投資している。
軽量素材とデザイン
米国の自動車メーカーが燃費の向上と排出ガスの削減に努める中、軽量素材の使用は車両設計の主流となっている。軽量素材は自動車の性能だけでなく、音響特性にも影響を与えます。米国の音響エンジニアは、軽量かつ高い効果を発揮する革新的な遮音材の開発に注力している。この傾向は、業界の持続可能性の目標や、車両が軽量化・低燃費化しても車内の最適な音響快適性を維持する必要性と一致しています。
グローバルな連携と標準化
自動車産業のグローバルな性質を考慮すると、米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場では、コラボレーションと標準化の取り組みが重要なトレンドとして浮上している。米国を拠点とするエンジニアリング企業と国際的なエンジニアリング企業との共同研究プロジェクトや提携が一般的になりつつある。さらに、市場間の一貫性と互換性を確保するため、音響測定・試験方法の標準化が推進されている。この傾向は、特に自動車が多様な地域の規制や消費者の嗜好に適合するように設計されるため、音響工学への調和されたアプローチに対する業界のニーズを反映している。
セグメント別インサイト
車種別インサイト
米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場は、近年大幅な成長を遂げている。これは、異なる音響エンジニアリングソリューションを必要とする様々な車種に対する需要の増加に起因している。例えば乗用車では、静かで落ち着いた雰囲気が要求されるため、革新的なノイズキャンセリング技術が必要とされる。一方、電気自動車は従来のエンジン音がないため、人工的な音響ソリューションの開発につながる新たな音響上の課題を提示しています。その結果、こうした新たなトレンドと需要が、米国における自動車音響エンジニアリングサービス市場の拡大と多様化に大きく寄与しています。
アプリケーションタイプの洞察
米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場は、アプリケーションの種類によって大きな影響を受ける。主に、これらの用途は内装、車体、パワートレイン、その他に区分される。
自動車のインフォテインメント・システムや豪華装備の継続的な進歩により、乗客の快適性のための騒音管理を含むインテリア・セグメントが優位を占めることが多い。静かで落ち着いた車内環境に対する要求が高まる中、自動車メーカーは高度な防音技術や革新的な音響設計に投資している。
一方、車外騒音の低減を担当するボディ部門は、電気自動車の台頭と、その作動音を最小限に抑える必要性によって牽引力を増している。電気自動車の普及に伴い、自動車メーカーは全体的な運転体験を向上させ、より静かな乗り心地を確保するための騒音低減戦略の開発に注力している。
パワートレイン用途では、エンジン、排気、その他の機械部品から発生する騒音の管理に重点を置いています。燃費効率と環境の持続可能性がますます重視される中、自動車メーカーはパワーと騒音低減のバランスを取ることに努めています。最適な性能を維持しながらパワートレインの騒音を最小限に抑えるために、高度なエンジニアリング技術や材料が活用されています。
その他」のカテゴリーには、多くの場合、特定の自動車モデルやブランド向けのカスタムサービスが含まれます。このようなテーラーメイドの音響エンジニアリングソリューションは、個々の自動車固有の要件に対応し、ブランドのイメージやターゲット市場に特化した最適な音質と騒音制御を保証します。
地域別インサイト
米国では、自動車音響エンジニアリングサービス市場は近年著しい成長を遂げている。この成長の主な要因は、没入感のある高音質オーディオや高度なノイズキャンセリング機能など、車内体験の向上に対する需要の急増にある。消費者がプレミアムなドライビング体験を求めるようになるにつれ、高級車や準高級車の生産台数が大幅に増加し、優れた音質と音響エンジニアリング・サービスへの需要がさらに高まっている。さらに、騒音公害や自動車の排ガスに関する厳しい規制の導入も、この市場の拡大に極めて重要な役割を果たしている。穏やかで没入感のある運転環境の実現に注力する自動車メーカーは、最適な音質と規制基準への準拠を確保するために音響エンジニアリングサービスへの依存度を高めており、この市場セグメントの成長を促進している。
主要市場プレイヤー
シーメンス・デジタル・インダストリーズ・ソフトウェア(シーメンスAG)
ロバート・ボッシュ
コンチネンタル・エンジニアリング・サービスGmbH(コンチネンタルAG)
ベルトラントAG
シェフラーエンジニアリングGmbH
オートネウム・ホールディング・リミテッド
IAC Acoustics (Catalyst Acoustics Group)
AVLリストGmbH
EDAG Engineering Group AG
FEVグループGmbH
レポートの範囲
この調査レポートは、米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場を以下のカテゴリーに分類し、業界動向と共に詳細に解説しています:
- 米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場:自動車タイプ別
o 小型車
o 大型車
o 電気自動車とハイブリッド車
- 米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場:用途タイプ別
o ドライブトレイン
o パワートレイン
o その他
- 米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場:ソフトウェア別
o キャリブレーション
信号解析
o その他
- 米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場:駆動タイプ別
o 前輪駆動
o その他
- 米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場:提供サービス別
o 物理音響試験
o その他
- 米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場:プロセス別
o 設計
開発
テスト
- 米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場:地域別
o 南部
o 中西部
西
o 北東部
競合状況
企業プロフィール:米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社の米国自動車音響エンジニアリングサービス市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場展望に対するCOVID-19の影響
5.顧客の声分析
5.1.購入決定要因
5.2.ブランド認知度
5.3.ブランド満足度
6.米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.自動車タイプ別市場シェア分析(小型車、大型車、電気自動車・ハイブリッド車)
6.2.2.アプリケーション別市場シェア分析(ドライブトレイン、パワートレイン、その他)
6.2.3.ソフトウェア別市場シェア分析(キャリブレーション、信号分析、その他)
6.2.4.ドライブタイプ別市場シェア分析(前輪駆動、その他)
6.2.5.オファリング別市場シェア分析(物理音響試験、その他)
6.2.6.プロセス別市場シェア分析(設計、開発、テスト)
6.2.7.地域別市場シェア分析
6.2.7.1.南部市場シェア分析
6.2.7.2.中西部市場シェア分析
6.2.7.3.西部市場シェア分析
6.2.7.4.北東アイルランド市場シェア分析
6.2.8.企業別市場シェア分析(上位5社、その他-金額ベース、2022年)
6.3.米国の自動車音響エンジニアリングサービス市場マッピングと機会評価
6.3.1.自動車タイプ別市場マッピングと機会評価
6.3.2.用途別市場マッピングと機会評価
6.3.3.ソフトウェア別市場マッピングと機会評価
6.3.4.ドライブタイプ別市場マッピングと機会評価
6.3.5.オファリング別市場マッピングと機会評価
6.3.6.プロセス別市場マッピングと機会評価
6.3.7.地域別市場マッピングと機会評価
7.米国の小型車用音響エンジニアリングサービス市場展望
7.1.市場規模と予測
7.1.1.金額ベース
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.用途別市場シェア分析
7.2.2.ソフトウェア別市場シェア分析
7.2.3.ドライブタイプ別市場シェア分析
7.2.4.オファリング別市場シェア分析
7.2.5.プロセスタイプ別市場シェア分析
8.米国大型車自動車音響エンジニアリングサービス市場展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.金額ベース
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.用途別市場シェア分析
8.2.2.ソフトウェア別市場シェア分析
8.2.3.ドライブタイプ別市場シェア分析
8.2.4.オファリング別市場シェア分析
8.2.5.プロセスタイプ別市場シェア分析
9.米国の電気自動車・ハイブリッド車用音響エンジニアリングサービス市場展望
9.1.市場規模と予測
9.1.1.金額ベース
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.用途別市場シェア分析
9.2.2.ソフトウェア別市場シェア分析
9.2.3.ドライブタイプ別市場シェア分析
9.2.4.オファリング別市場シェア分析
9.2.5.プロセスタイプ別市場シェア分析
10.市場ダイナミクス
10.1.市場促進要因
10.2.市場の課題
11.市場動向
12.SWOT分析
12.1.強み
12.2.弱み
12.3.機会
12.4.脅威
13.ポーターの5つの力モデル
13.1.競争上のライバル
13.2.サプライヤーの交渉力
13.3.買い手の交渉力
13.4.新規参入の脅威
13.5.代替品の脅威
14.政策と規制
15.米国経済プロフィール
16.競争環境
16.1.企業プロフィール(主要10社まで)
16.1.1.シーメンス・デジタル・インダストリーズ・ソフトウェア
16.1.1.1.会社概要
16.1.1.2.主要製品
16.1.1.3.最近の開発
16.1.1.4.主要経営陣
16.1.2.ロバート・ボッシュ GmbH
16.1.2.1.会社概要
16.1.2.2.主要取扱製品
16.1.2.3.最近の開発
16.1.2.4.主要経営陣
16.1.3.コンチネンタル・エンジニアリング・サービスGmbH
16.1.3.1.会社概要
16.1.3.2.主要取扱製品
16.1.3.3.最近の開発
16.1.3.4.主要経営陣
16.1.4.ベルトラントAG
16.1.4.1.会社概要
16.1.4.2.主要製品
16.1.4.3.最近の開発
16.1.4.4.主要経営陣
16.1.5.シェフラーエンジニアリング
16.1.5.1.会社概要
16.1.5.2.主要取扱製品
16.1.5.3.最近の開発
16.1.5.4.主要経営陣
16.1.6.オートニアム・ホールディング・リミテッド
16.1.6.1.会社概要
16.1.6.2.主要製品
16.1.6.3.最近の開発
16.1.6.4.主要経営陣
16.1.7.IACアコースティックス
16.1.7.1.会社概要
16.1.7.2.主要取扱製品
16.1.7.3.最近の開発
16.1.7.4.主要経営陣
16.1.8.AVLリスト社
16.1.8.1.会社概要
16.1.8.2.主要製品
16.1.8.3.最近の開発
16.1.8.4.主要経営陣
16.1.9.EDAGエンジニアリング・グループAG
16.1.9.1.会社概要
16.1.9.2.主要製品
16.1.9.3.最近の開発
16.1.9.4.主要経営陣
16.1.10.FEVグループGmbH
16.1.10.1.会社概要
16.1.10.2.主要製品
16.1.10.3.最近の開発
16.1.10.4.主要経営陣
17.戦略的提言
17.1.重点分野
17.1.1.対象地域
17.1.2.対象車種
17.1.3.対象用途
18.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

United States Automotive Acoustic Engineering Services Market has valued at USD 670 Million in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 7.46%. The United States Automotive Acoustic Engineering Services Market has experienced a consistent growth trajectory, fueled by the increasing demand for enhanced vehicle comfort and the implementation of strict government regulations to address noise pollution concerns. This dynamic market encompasses a wide range of stakeholders, including automakers, service providers, and suppliers, creating a competitive landscape that drives innovation and pushes for continuous improvement.
In addition to these driving factors, technological advancements play a pivotal role in shaping the future of this sector. The rapid development and growing popularity of electric vehicles are revolutionizing the automotive industry, presenting new challenges and opportunities for acoustic engineering services. As electric vehicles become more prevalent, there is a heightened focus on achieving optimal noise reduction and sound management to ensure a quiet and comfortable driving experience for passengers.
Moreover, the push towards autonomous driving further underscores the importance of advanced acoustic engineering solutions. As vehicles become more automated and rely on sophisticated technology, the need for effective noise control becomes crucial to provide a seamless and immersive driving experience. This shift towards autonomous driving not only presents challenges in terms of noise reduction but also opens up new avenues for growth and innovation in the automotive acoustic engineering market.
In summary, the United States Automotive Acoustic Engineering Services Market is characterized by its steady growth, driven by the rising demand for vehicle comfort and the need to comply with noise pollution regulations. With the advent of electric vehicles and the advancements in autonomous driving technology, the future of this sector holds immense potential for further development and innovation.
Key Market Drivers
Stringent Emission Regulations
One of the primary drivers of the United States' Automotive Acoustic Engineering Services Market is the increasingly stringent emission regulations imposed on the automotive industry. In a global effort to combat climate change and reduce air pollution, governments and regulatory bodies have established rigorous emission standards. These standards necessitate the development of cleaner and more efficient vehicles. Acoustic engineers play a vital role in achieving compliance with these regulations by designing vehicles that not only meet emission standards but also minimize noise pollution, ensuring a quieter and more environmentally friendly driving experience.
Consumer Demand for Quieter Vehicles
Consumer preferences have evolved, with a growing demand for quieter vehicles. Noise pollution is a significant concern, especially in densely populated urban areas, and consumers increasingly seek vehicles that provide a quieter and more comfortable ride. As a result, automakers are prioritizing acoustic engineering to meet these expectations and create vehicles that offer a quieter and more refined driving experience. The demand for acoustic engineering services in the United States has surged as a result of this consumer-driven trend.
Rise of Electric and Hybrid Vehicles
The rapid proliferation of electric and hybrid vehicles in the United States is another major driver of the Automotive Acoustic Engineering Services Market. Electric vehicles (EVs) are inherently quieter than traditional internal combustion engine vehicles, posing safety concerns for pedestrians and cyclists. Acoustic engineers are tasked with developing artificial sound systems for EVs, often referred to as Acoustic Vehicle Alerting Systems (AVAS). These systems emit distinctive sounds to alert pedestrians to the presence of approaching EVs, ensuring safety while maintaining a level of acoustic comfort for drivers and passengers.
Technological Advancements
The constant advancement of technology is transforming the field of automotive acoustic engineering. Innovations such as active noise cancellation systems, advanced simulation tools, and real-time noise monitoring have empowered engineers to fine-tune the acoustic properties of vehicles with unparalleled precision. These technologies enhance not only the driving experience but also the industry's ability to meet stringent regulatory noise standards. The adoption of cutting-edge tools and techniques is a key driver for the growth of acoustic engineering services in the United States.
Customization and Personalization
Consumers in the United States increasingly seek customized and personalized experiences in their vehicles. This trend extends to the acoustic aspects of a vehicle, where drivers expect soundscapes that align with their preferences and enhance their emotional connection with the vehicle. Acoustic engineers are tasked with creating tailored acoustic experiences, whether it's the roar of a sports car engine or the serene quietness of a luxury sedan. This focus on customization adds a layer of complexity and opportunity for the Automotive Acoustic Engineering Services Market.
Globalization and International Compliance
The United States' automotive industry is highly interconnected with international markets. American automakers and suppliers not only cater to domestic demand but also export their products globally. To remain competitive on a global scale, U.S.-based automotive companies must ensure that their vehicles meet the noise and vibration standards of various countries. This requires expertise in acoustic engineering to customize vehicle designs for different markets and adhere to international compliance. The demand for acoustic engineering services in the United States is not limited to domestic requirements but extends to international regulatory and consumer preferences as well.
Key Market Challenges
Technological Complexity and Integration
One of the primary challenges confronting the United States' Automotive Acoustic Engineering Services Market is the increasing technological complexity of modern vehicles. Advanced features, including electric powertrains, autonomous driving capabilities, and sophisticated infotainment systems, have rendered vehicles more intricate than ever. This complexity extends to acoustic engineering, as engineers must integrate sound and vibration solutions seamlessly with these advanced technologies. Ensuring that these systems work harmoniously without compromising safety, performance, or user experience is a substantial challenge for acoustic engineers.
Cost Pressures and Budget Constraints
Acoustic engineering services often demand significant investments in research, development, and testing. These costs can be especially burdensome for smaller automotive companies and startups. Moreover, cost pressures within the broader automotive industry, driven by factors like emission standards and electric vehicle development, can limit the budget allocated for acoustic engineering. Balancing cost-effectiveness with the delivery of high-quality acoustic solutions is an ongoing challenge for service providers in the United States.
Supply Chain Disruptions
The global supply chain disruptions experienced in recent years, including those caused by the COVID-19 pandemic, have significantly affected the United States' Automotive Acoustic Engineering Services Market. Acoustic engineers depend on a stable supply of materials and components for their projects. Disruptions can lead to delays in project timelines, increased costs, and a shortage of essential acoustic materials. Navigating these supply chain challenges and securing a consistent flow of resources is vital for maintaining the efficiency and profitability of acoustic engineering services.
Evolving Consumer Preferences
Consumer preferences regarding vehicle acoustics are constantly evolving. While some consumers prioritize quieter vehicles for a serene driving experience, others seek enhanced engine sounds or unique acoustic signatures that resonate with brand identity and vehicle type. Striking the right balance to satisfy a diverse customer base can be a challenging task for automotive manufacturers and acoustic engineers. Additionally, the rise of electric vehicles presents a unique challenge, as they are inherently quieter. Engineers must develop innovative solutions to create desirable acoustic experiences for EV drivers while addressing safety concerns for pedestrians and cyclists.
Regulatory Changes and Harmonization
The United States' Automotive Acoustic Engineering Services Market is subject to dynamic regulatory changes related to vehicle noise and vibration. These standards can vary significantly between states, adding complexity to the design and manufacturing processes. Compliance with regulatory requirements is crucial, and changes in regulations can require significant adaptations to acoustic engineering solutions. Staying informed about evolving standards, ensuring compliance, and minimizing the impact of regulatory changes on vehicle design are constant challenges for service providers in the U.S.
Rapid Technological Advancements
While technological advancements offer opportunities, they also pose challenges for the United States' Automotive Acoustic Engineering Services Market. The pace of technological change in the automotive industry is relentless. New innovations in materials, manufacturing processes, and vehicle technologies can quickly render existing acoustic solutions obsolete. Service providers must stay at the forefront of technological advancements, invest in research and development, and ensure that their offerings remain relevant in a rapidly evolving landscape. Keeping up with these changes is vital to maintaining a competitive edge.
Key Market Trends
Electric Vehicle Acoustics
One of the most prominent trends in the United States' Automotive Acoustic Engineering Services Market is the demand for acoustic solutions tailored to electric vehicles (EVs). EVs are inherently quieter than traditional internal combustion engine vehicles, which poses safety concerns for pedestrians and cyclists. Acoustic engineers are tasked with developing artificial sound systems for EVs, known as Acoustic Vehicle Alerting Systems (AVAS). These systems emit distinct sounds to alert pedestrians to the presence of approaching EVs, enhancing safety while also allowing automakers to differentiate their products through unique acoustic signatures. The development and integration of AVAS are at the forefront of acoustic engineering trends in the U.S.
Active Noise Cancellation
Active noise cancellation (ANC) technology, commonly found in premium audio systems, is gaining traction in the U.S. automotive industry. ANC systems use microphones and speakers to generate sound waves that cancel out undesirable noise frequencies, resulting in a quieter and more comfortable cabin environment. In the United States' Automotive Acoustic Engineering Services Market, there is a growing demand for expertise in designing and implementing ANC systems to enhance the acoustic quality of vehicles. This trend aligns with the increasing consumer preference for quieter and more refined driving experiences.
Customized Soundscapes
Automotive manufacturers are increasingly recognizing the importance of soundscapes in creating a unique and immersive driving experience. From engine notes to interior ambiance, sound plays a crucial role in shaping the emotional connection between drivers and their vehicles. Acoustic engineers in the United States are increasingly tasked with designing customized soundscapes that match a brand's identity and resonate with consumers. Whether it's the sporty growl of a sports car engine or the serene quietness of a luxury vehicle, tailored soundscapes are a key trend in the market, catering to the desires of discerning customers.
Integration of AI and Machine Learning
The integration of artificial intelligence (AI) and machine learning (ML) is revolutionizing the field of automotive acoustic engineering in the United States. These technologies enable real-time monitoring and adjustment of vehicle acoustics, allowing for adaptive sound management based on driving conditions and driver preferences. AI and ML algorithms can actively reduce noise, enhance audio quality, and personalize the acoustic experience within the vehicle. As this trend gains momentum in the United States, acoustic engineering services providers are investing in AI and ML capabilities to deliver innovative solutions to their clients.
Lightweight Materials and Design
As U.S. automakers strive to improve fuel efficiency and reduce emissions, the use of lightweight materials has become a dominant trend in vehicle design. Lightweight materials not only affect a vehicle's performance but also its acoustic properties. Acoustic engineers in the United States are focused on developing innovative sound insulation materials that are both lightweight and highly effective. This trend aligns with the industry's sustainability goals and the need to maintain optimal acoustic comfort within vehicles, even as they become lighter and more fuel-efficient.
Global Collaboration and Standardization
Given the global nature of the automotive industry, collaboration and standardization efforts are emerging as key trends in the United States' Automotive Acoustic Engineering Services Market. Collaborative research projects and partnerships between U.S.-based engineering firms and international counterparts are becoming more common. Additionally, there is a push for standardization in acoustic measurement and testing methodologies to ensure consistency and compatibility across markets. This trend reflects the industry's need for harmonized approaches to acoustic engineering, especially as vehicles are designed to meet diverse regional regulations and consumer preferences.
Segmental Insights
Vehicle Type Insights
The automotive acoustic engineering services market in the United States has seen substantial growth in recent years. This can be attributed to the increased demand for various vehicle types that necessitate different acoustic engineering solutions. Passenger cars, for instance, demand a quiet, serene atmosphere that requires innovative noise cancellation techniques. On the other hand, electric vehicles present new acoustic challenges due to the lack of conventional engine noise, leading to the development of artificial sound solutions. Consequently, these emerging trends and demands are significantly contributing to the expansion and diversification of the automotive acoustic engineering services market in the United States.
Application Type Insights
The Automotive Acoustic Engineering Services market in the United States is significantly influenced by the type of application. Predominantly, these applications can be segmented into interiors, bodies, powertrains, and others.
The interior segment, which includes noise management for passenger comfort, often dominates due to the continuous advancements in automobile infotainment systems and luxury features. With the increasing demand for a quiet and serene cabin environment, automakers are investing in advanced soundproofing technologies and innovative acoustic designs.
Meanwhile, the body segment, responsible for reducing external noise, is gaining traction with the rise of electric vehicles and the need to minimize their operating noise. As electric vehicles become more popular, automakers are focusing on developing noise reduction strategies to enhance the overall driving experience and ensure a quieter ride.
The powertrain application focuses on managing noises from engines, exhausts, and other mechanical components. With the growing emphasis on fuel efficiency and environmental sustainability, automakers are striving to strike a balance between power and noise reduction. Advanced engineering techniques and materials are being utilized to minimize powertrain noise while maintaining optimum performance.
The 'others' category often includes custom services for specific automobile models or brands. These tailored acoustic engineering solutions cater to the unique requirements of individual vehicles, ensuring optimal sound quality and noise control specific to the brand's image and target market.
Regional Insights
In the United States, the Automotive Acoustic Engineering Services market has witnessed remarkable growth in recent years. This growth can be primarily attributed to the surging demand for enhanced in-car experiences, including immersive high-quality audio and advanced noise-cancellation features. As consumers increasingly seek premium driving experience, the production of luxury and semi-luxury vehicles has seen a significant rise, further fueling the demand for superior sound quality and acoustic engineering services. Moreover, the introduction of stringent regulations pertaining to noise pollution and vehicle emissions has also played a pivotal role in driving the expansion of this market. With a focus on creating a serene and immersive driving environment, automotive manufacturers are increasingly relying on acoustic engineering services to ensure optimal sound quality and compliance with regulatory standards, thus driving the growth of this market segment.
Key Market Players
Siemens Digital Industries Software (Siemens AG)
Robert Bosch GmbH
Continental Engineering Services GmbH (Continental AG)
Bertrandt AG
Schaeffler Engineering GmbH
Autoneum Holding Ltd
IAC Acoustics (Catalyst Acoustics Group)
AVL List GmbH
EDAG Engineering Group AG
FEV Group GmbH
Report Scope:
In this report, the United States Automotive Acoustic Engineering Services Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• United States Automotive Acoustic Engineering Services Market, By Vehicle Type:
o Light-Duty Vehicles
o Heavy-Duty Vehicles
o Electric & Hybrid Vehicles
• United States Automotive Acoustic Engineering Services Market, By Application Type:
o Drivetrain
o Powertrain
o Others
• United States Automotive Acoustic Engineering Services Market, By Software:
o Calibration
o Signal Analysis
o Other
• United States Automotive Acoustic Engineering Services Market, By Drive Type:
o Front Wheel Drive
o Others
• United States Automotive Acoustic Engineering Services Market, By Offering:
o Physical Acoustic Testing
o Others
• United States Automotive Acoustic Engineering Services Market, By Process:
o Design
o Development
o Testing
• United States Automotive Acoustic Engineering Services Market, By Region:
o South
o Midwest
o West
o Northeast
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the United States Automotive Acoustic Engineering Services Market.
Available Customizations:
United States Automotive Acoustic Engineering Services Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Impact of COVID-19 on United States Automotive Acoustic Engineering Services Market Outlook
5. Voice of Customer Analysis
5.1. Factors Influencing Purchase Decision
5.2. Brand Awareness
5.3. Brand Satisfaction Level
6. United States Automotive Acoustic Engineering Services Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis (Light-Duty Vehicles, Heavy-Duty Vehicles and Electric & Hybrid Vehicles)
6.2.2. By Application Market Share Analysis (Drivetrain, Powertrain and Others)
6.2.3. By Software Market Share Analysis (Calibration, Signal Analysis and Others)
6.2.4. By Drive Type Market Share Analysis (Front Wheel Drive and Others)
6.2.5. By Offering Market Share Analysis (Physical Acoustic Testing and Others)
6.2.6. By Process Market Share Analysis (Design, Development and Testing))
6.2.7. By Regional Market Share Analysis
6.2.7.1. South Market Share Analysis
6.2.7.2. Midwest Market Share Analysis
6.2.7.3. West Market Share Analysis
6.2.7.4. Northeast Ireland Market Share Analysis
6.2.8. By Company Market Share Analysis (Top 5 Companies, Others – By Value, 2022)
6.3. United States Automotive Acoustic Engineering Services Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.1. By Vehicle Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.2. By Application Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.3. By Software Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.4. By Drive Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.5. By Offering Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.6. By Process Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.7. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
7. United States Light-Duty Vehicles Automotive Acoustic Engineering Services Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Application Market Share Analysis
7.2.2. By Software Market Share Analysis
7.2.3. By Drive Type Market Share Analysis
7.2.4. By Offering Market Share Analysis
7.2.5. By Process Type Market Share Analysis
8. United States Heavy-Duty Vehicles Automotive Acoustic Engineering Services Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Application Market Share Analysis
8.2.2. By Software Market Share Analysis
8.2.3. By Drive Type Market Share Analysis
8.2.4. By Offering Market Share Analysis
8.2.5. By Process Type Market Share Analysis
9. United States Electric & Hybrid Vehicles Automotive Acoustic Engineering Services Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Application Market Share Analysis
9.2.2. By Software Market Share Analysis
9.2.3. By Drive Type Market Share Analysis
9.2.4. By Offering Market Share Analysis
9.2.5. By Process Type Market Share Analysis
10. Market Dynamics
10.1. Market Drivers
10.2. Market Challenges
11. Market Trends & Developments
12. SWOT Analysis
12.1. Strength
12.2. Weakness
12.3. Opportunities
12.4. Threats
13. Porter’s Five Forces Model
13.1. Competitive Rivalry
13.2. Bargaining Powers of Suppliers
13.3. Bargaining Powers of Buyers
13.4. Threat of New Entrants
13.5. Threat of Substitutes
14. Policy & Regulatory Landscape
15. United States Economic Profile
16. Competitive Landscape
16.1. Company Profiles (Up to 10 Major Companies)
16.1.1. Siemens Digital Industries Software
16.1.1.1. Company Details
16.1.1.2. Key Products Offered
16.1.1.3. Recent Development
16.1.1.4. Key Management Personnel
16.1.2. Robert Bosch GmbH
16.1.2.1. Company Details
16.1.2.2. Key Products Offered
16.1.2.3. Recent Development
16.1.2.4. Key Management Personnel
16.1.3. Continental Engineering Services GmbH
16.1.3.1. Company Details
16.1.3.2. Key Products Offered
16.1.3.3. Recent Development
16.1.3.4. Key Management Personnel
16.1.4. Bertrandt AG
16.1.4.1. Company Details
16.1.4.2. Key Products Offered
16.1.4.3. Recent Development
16.1.4.4. Key Management Personnel
16.1.5. Schaeffler Engineering GmbH
16.1.5.1. Company Details
16.1.5.2. Key Products Offered
16.1.5.3. Recent Development
16.1.5.4. Key Management Personnel
16.1.6. Autoneum Holding Ltd
16.1.6.1. Company Details
16.1.6.2. Key Products Offered
16.1.6.3. Recent Development
16.1.6.4. Key Management Personnel
16.1.7. IAC Acoustics
16.1.7.1. Company Details
16.1.7.2. Key Products Offered
16.1.7.3. Recent Development
16.1.7.4. Key Management Personnel
16.1.8. AVL List GmbH
16.1.8.1. Company Details
16.1.8.2. Key Products Offered
16.1.8.3. Recent Development
16.1.8.4. Key Management Personnel
16.1.9. EDAG Engineering Group AG
16.1.9.1. Company Details
16.1.9.2. Key Products Offered
16.1.9.3. Recent Development
16.1.9.4. Key Management Personnel
16.1.10. FEV Group GmbH
16.1.10.1. Company Details
16.1.10.2. Key Products Offered
16.1.10.3. Recent Development
16.1.10.4. Key Management Personnel
17. Strategic Recommendations
17.1. Key Focus Areas
17.1.1. Target Regions
17.1.2. Target Vehicle Type
17.1.3. Target Application
18. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(ADAS)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(vehicle)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る