世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ペルーのモノのインターネット(IoT)市場:構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、プラットフォーム別(デバイス管理、アプリケーション管理、ネットワーク管理、データ管理、その他)、用途別(家電、スマートモビリティ&交通、ビル&ホームオートメーション、コネクテッド物流、スマート小売、その他)、地域別セグメント、競争、予測、機会:2018年~2028年F


Peru Internet of Things (IoT) Market Segmented by Component (Hardware, Software, and Services), By Platform (Device Management, Application Management, Network Management, Data Management, and Others), By Application (Consumer Electronics, Smart Mobility & Transportation, Building & Home Automation, Connected Logistics, Smart Retail, and Others), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2018-2028F

ペルーのモノのインターネット(IoT)市場は2022年に61.7億米ドルとなり、予測期間中の年平均成長率(CAGR)は18.06%で堅調な成長が予測されている。ペルーのモノのインターネット(IoT)市場は、目覚ましい成長... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
77 英語

 

サマリー

ペルーのモノのインターネット(IoT)市場は2022年に61.7億米ドルとなり、予測期間中の年平均成長率(CAGR)は18.06%で堅調な成長が予測されている。ペルーのモノのインターネット(IoT)市場は、目覚ましい成長と革新を遂げ、産業を再形成し、国家をデジタル時代へと推進する態勢を整えている。この変革的なテクノロジー・エコシステムは、農業、ヘルスケア、製造業、スマートシティなど多様な分野で大きな支持を得ており、ペルーの経済発展とグローバルな舞台での競争力向上に貢献している。農業の分野では、IoTがゲームチェンジャーとして登場し、伝統的な農法に革命をもたらしている。ペルーの農家は、作物や家畜を監視・管理するために、IoTセンサーやデバイスを導入するケースが増えている。土壌の状態、天候パターン、作物の健康状態に関するリアルタイムのデータは、農家にデータ主導の意思決定、資源配分の最適化、収量の向上をもたらす。このテクノロジーは、食料生産を強化するだけでなく、水やエネルギーの消費を削減することで持続可能性を促進し、ペルーの環境保護へのコミットメントにも合致している。
ヘルスケア分野では、IoTソリューションが患者ケアと医療管理を再定義している。遠隔患者監視装置、ウェアラブル・ヘルス・トラッカー、スマート医療機器は、医療提供に不可欠な要素になりつつある。これらのIoT機器は、患者データを収集し、医療提供者に安全に送信することで、タイムリーな介入、個別化された治療計画、患者全体の転帰の改善を可能にしている。特にペルーの遠隔地や十分な医療サービスを受けられない地域では、IoTを活用したヘルスケアの進歩が質の高い医療サービスへのアクセス格差を埋め、市民の幸福を向上させている。IoTの産業への統合により、ペルーの製造業は大きな変革期を迎えている。スマート工場と予知保全の出現は、製造プロセスに革命をもたらした。IoTセンサーと分析ツールは、機械の性能を継続的に監視し、異常を検出し、メンテナンスの必要性を予測する。この予測的アプローチは効率を高め、ダウンタイムを減らし、最終的には製造業者のコスト削減につながる。ペルーの急成長する製造業は、IoT技術の統合もあって、世界規模での競争力を高めている。
さらに、スマートシティのコンセプトはペルー全土で勢いを増しており、リマなどの都市がIoT導入の先頭を走っている。スマート交通管理システムは渋滞を緩和し、交通効率を高めることで、都市部の通勤をよりスムーズで持続可能なものにしている。IoTを活用した廃棄物管理システムは、リアルタイムのデータに基づいて廃棄物収集ルートを最適化し、運用コストと環境への影響を削減している。スマート街灯の導入は、エネルギー効率を向上させるだけでなく、都市の安全性を高める。このような開発は、住民の生活の質を高め、都市部の環境フットプリントを削減し、持続可能な都市開発に対するペルーのコミットメントに沿うものである。ペルーにおけるIoT市場の成長は、技術的進歩の結果であるだけでなく、政府の戦略的イニシアティブと官民パートナーシップの成果でもある。こうした連携がイノベーションを促進し、さまざまな業界へのIoTソリューションの展開を支えている。IoTデータに関連するセキュリティとプライバシーの懸念に対処するための規制枠組みが整備されつつあり、ユーザーや企業が機密データや業務に関してこれらの技術を信頼できるようになっている。
こうした有望な進展にもかかわらず、ペルーのIoT市場はいくつかの課題に直面している。接続性の拡大やネットワークの信頼性向上の必要性など、インフラの制約が、特に遠隔地や農村部でのIoT展開の障害となっている。このようなインフラ格差に対処することは、国全体でIoT技術の恩恵を公平に享受するために不可欠である。さらに、IoTソリューションの安全かつ効果的な展開を確保するために、IoT開発、データ分析、サイバーセキュリティの熟練した専門家に対する需要が高まっている。
結論として、ペルーのモノのインターネット市場は急速な拡大と変革の軌道にあり、複数の分野で国の未来を形成している。精密農業やヘルスケアの革新から製造業の効率化やスマートシティの開発まで、IoTは進歩と近代化を推進している。ペルーはIoTインフラへの投資と地元の人材育成に力を入れており、南米における技術大国としての地位を確立しています。IoTエコシステムが進化を続ける中、ペルーはこの技術の可能性を最大限に活用し、経済成長を促進し、国民の生活の質を向上させ、持続可能でデジタル接続された未来に貢献する準備が整っている。
主な市場牽引要因
産業の近代化と効率化
ペルーのモノのインターネット(IoT)市場は、さまざまな産業における近代化と効率化の差し迫ったニーズによって推進されている。グローバル市場で競争力を維持しようとする企業や組織は、業務の合理化、コスト削減、生産性向上のためにIoTソリューションに注目している。例えば農業分野では、IoT技術によって農家が農場をより効率的に監視・管理できるようになっている。畑に設置されたスマートセンサーは、土壌の水分、温度、養分レベルのデータを収集し、正確な灌漑と施肥を可能にする。この精度の高さは、資源の利用を最適化するだけでなく、作物の収量を高め、環境への影響を軽減する。世界の食糧需要が増加し続ける中、ペルーの農業セクターは、無駄や資源の消費を最小限に抑えながら生産量を増やす必要に迫られている。IoTは、こうした課題に取り組む上で極めて重要な役割を果たしている。同様に製造業でも、IoT対応のスマート工場が生産プロセスに革命をもたらしている。機械に搭載されたIoTセンサーがリアルタイムで性能データを収集し、故障を予防してダウンタイムを短縮する予知保全が可能になる。これにより、生産効率が向上するだけでなく、予定外のメンテナンスに伴うコストも削減できる。競争力が鍵となるグローバル市場において、このような業務効率の向上は、ペルーの製造業が繁栄するために不可欠である。
農村開発と精密農業
ペルーのIoT市場成長の原動力のひとつは、農村開発と精密農業への注目が高まっていることだ。重要な農業部門を持つ国として、ペルーは農村の生活と農業の持続可能性を高めるIoTの可能性を認識している。IoTを活用した精密農業の実践は、農家のデータ主導の意思決定に役立っている。IoTセンサーやデバイスは、土壌の状態、天候パターン、作物の健康状態に関する情報をリアルタイムで収集する。このデータは、灌漑、施肥、害虫駆除を最適化するために分析され、収量の増加と資源の浪費の削減につながる。精密農業の導入は、大規模な商業農場だけでなく、零細農家にも利益をもたらし、彼らの生活を向上させるテクノロジーを提供する。農村医療では、IoTソリューションが医療施設へのアクセス制限という課題に対処している。IoTを活用した遠隔患者モニタリング・デバイス、ウェアラブル・ヘルス・トラッカー、遠隔医療プラットフォームは、農村地域と医療提供者の間のギャップを埋めている。これは、遠隔地における医療成果を改善し、医療格差を縮小する可能性を秘めている。
さらに、IoT技術は農村部のインフラ監視・管理にも導入されている。例えば、IoT対応の水管理システムは、農業における水資源の利用を最適化し、農村部における水質をリアルタイムで監視するのに役立つ。こうしたアプリケーションは、持続可能な農村開発に貢献し、大都市中心部以外の生活環境を改善するというペルーのコミットメントに合致している。
政府のイニシアティブと規制支援
政府の取り組みと規制支援は、ペルーのIoT市場を推進する上で極めて重要な役割を果たしている。政府は、経済成長の達成、公共サービスの向上、社会的課題への対応におけるIoTの戦略的重要性を認識している。IoT導入を促進するため、ペルーはこの分野への投資とイノベーションを奨励する政策とインセンティブを導入している。重要な取り組みのひとつに、包括的な国家IoT戦略の策定がある。この戦略では、様々な分野へのIoT導入に関する政府のビジョンが概説されており、官民協力のためのロードマップが示されている。また、データのプライバシーやセキュリティに関する懸念など、規制上の課題に対処するための方策も盛り込まれている。
さらに政府は、IoTの研究開発プロジェクトに資金を提供するため、民間セクターの利害関係者とのパートナーシップを確立している。このような協力関係は、技術革新と地域に関連したIoTソリューションの開発を促進する。IoTの新興企業や事業者には、金融優遇措置、税制優遇措置、助成金も用意されており、この急成長産業への投資を促している。規制面では、ペルーはIoT関連の課題に積極的に取り組んでいる。IoTデータのセキュリティとプライバシーを確保するためにデータ保護法が更新され、消費者と企業の双方に信頼感を与えている。さらに、IoT機器の認証や周波数割り当てに関する規制の枠組みも整備され、IoTネットワークが効率的かつ安全に運用されるようになっている。
接続性インフラの拡大
接続インフラの拡大は、ペルーのIoT市場の基本的な推進力である。IoTは信頼性が高く広範なネットワーク接続に大きく依存しており、ペルーはIoTの成長を支えるためにインフラの拡大に投資してきた。この点に関する重要な進展の1つは、4Gおよび5Gネットワークの展開である。これらの高速モバイルネットワークは、スマートシティ・ソリューションやリアルタイムの産業用モニタリングなど、低遅延と広帯域を必要とするIoTアプリケーションに不可欠である。現在進行中の5Gネットワークの展開は、IoTの新たな可能性を解き放ち、自律走行車や高度なヘルスケア・アプリケーションのようなイノベーションを可能にすることを約束している。
さらに、農村部や十分なサービスを受けていない地域にもネットワーク・カバレッジを拡大する取り組みが行われている。遠隔地をインターネットに接続することは、農業、ヘルスケア、インフラ監視などのIoTアプリケーションを実現するために不可欠である。官民パートナーシップは、こうした地域へのブロードバンドアクセスを拡大することで、デジタルデバイドの解消に貢献している。ペルーにおけるIoTの成長は、低電力広域ネットワーク(LPWAN)技術の導入にも支えられている。LPWANは、低消費電力で長距離接続を提供するため、遠隔地やエネルギー制約のある環境で動作する必要のあるIoT機器に最適です。これらのネットワークは、IoTセンサーやデバイスの広範な展開を可能にし、IoTエコシステムの成長を促進する。
主な市場課題
インフラの制限と接続性のギャップ
ペルーのモノのインターネット(IoT)市場は急速な成長と変貌を遂げているが、インフラの限界と接続格差に関連する大きな課題に直面している。これらの課題は、IoT技術のペルー全土への普及を妨げる可能性がある。主な課題の1つは、接続インフラが偏在していることだ。リマのような都市部では、堅牢なインターネット接続と高速ネットワークの恩恵を受けているが、ペルーの多くの農村部や遠隔地では、信頼性の高い広帯域のインターネットアクセスがまだ整備されていない。このようなデジタルデバイドは、十分なサービスを受けていない地域でIoTソリューションを展開する上で大きな課題となっている。
IoTアプリケーション、特に農業分野では、遠隔地への接続が必要です。このような地域の農家は、ネットワーク・カバレッジが低いか存在しないため、IoTセンサーからのリアルタイム・データへのアクセスに苦労する可能性がある。このため、精密農業や持続可能な資源管理のためにIoTを活用する能力が制限される。このようなインフラの制約に対処するには、地方へのブロードバンドと携帯電話ネットワークの拡大に多額の投資を行う必要がある。こうした接続性のギャップを埋めるには、官民パートナーシップと政府の取り組みが不可欠だ。4Gと5Gネットワーク、および低電力広域ネットワーク(LPWAN)の構築を目指すイニシアチブは、十分なサービスを受けていない地域への接続性を拡張し、農村地域に利益をもたらすIoTソリューションの展開を可能にするのに役立ちます。
データ・セキュリティとプライバシーの懸念
データのセキュリティとプライバシーに関する懸念は、ペルーのIoT市場にとってもう一つの重要な課題である。IoT機器は機密情報を含む膨大な量のデータを収集・送信するため、このデータのセキュリティとプライバシーを確保することは、ユーザーや企業の信頼を得る上で最も重要である。主な懸念事項の1つはデータ漏洩だ。IoTデバイスは、十分なセキュリティが確保されていない場合、サイバー攻撃に対して脆弱になる可能性がある。IoTシステムの侵害は、機密データを危険にさらし、業務を混乱させ、IoTが重要インフラで使用されている場合には公共の安全に対するリスクさえもたらす可能性がある。このような侵害が深刻な結果をもたらす可能性を考えると、セキュリティは最優先事項である。データのプライバシーも重要な懸念事項の一つである。IoTデバイスは、ウェアラブルデバイスからのヘルスケアデータやスマートシティアプリケーションからの位置情報など、個人情報や機密情報を収集することが多い。このようなデータがデータ保護法や規制に準拠して取り扱われることを保証することは、個人のプライバシー権を保護するために不可欠である。
主な市場動向
精密農業による農業の変革
ペルーのモノのインターネット(IoT)分野における顕著な市場動向の1つは、精密農業による農業の変革である。ペルーの農業は同国の経済において重要な役割を担っており、IoT技術は農業のあり方を変えつつある。精密農業では、IoTセンサー、データ分析、自動化を利用して、農業作業を比類のない精度で監視・管理する。ペルーの農家は、資源配分の最適化、作物収量の向上、環境への影響の低減のために、IoTソリューションの採用を増やしている。例えば、畑に設置されたIoTセンサーは、土壌の状態、天候パターン、作物の健康状態に関するデータをリアルタイムで収集する。このデータを分析し、必要な水、肥料、農薬の正確な量を決定することで、資源効率の高い農法が実現する。
さらに、IoT技術は家畜管理にも活用されている。家畜に取り付けられたセンサーが家畜の健康状態や行動を把握し、農家が病気を早期に発見して家畜の健康を確保するのに役立っている。こうしたIoT主導の進歩は、ペルーの農業セクター全体の生産性と持続可能性を高め、食料安全保障と環境保全に対する国のコミットメントに合致する。精密農業の機運が高まるにつれ、ペルー農業特有のニーズに合わせたIoTソリューションへの投資が増加することが予想される。官民の協力と政府のインセンティブは、農業におけるIoT技術のさらなる導入を支援し、農業セクターの近代化と成長に貢献すると思われる。
スマートシティと都市開発
ペルーのIoT事情におけるもう一つの注目すべき市場動向は、スマートシティの急速な発展である。リマのような大都市中心部は、都市の生活、インフラ、サービスを向上させるためにIoTソリューションの導入で先行している。スマートシティは、IoT技術を利用して住民の生活の質を向上させ、資源管理を強化し、持続可能性を促進する。リマでは、IoT対応の交通管理システムが渋滞を緩和し、輸送効率を向上させており、毎日の通勤がスムーズになり、環境にも優しくなっている。さらに、スマート街灯システムはエネルギー効率が高いだけでなく、都市の安全性にも貢献している。廃棄物管理もまた、IoTソリューションの恩恵を受けている分野だ。センサーを搭載したスマートゴミ箱は、ゴミの量をリアルタイムで監視し、収集ルートを最適化する。その結果、自治体にとってはコスト削減につながり、収集車の排出量が減ることで環境への影響も軽減される。
さらに、治安や医療サービスにおけるIoTの導入は、都市生活に変革をもたらしつつある。AIとIoT機能を備えた監視カメラはセキュリ ティを強化し、IoT技術を活用した遠隔医療サービスは都市住民のヘ ルスケアアクセスを向上させる。ペルーの都市人口が増加の一途をたどるなか、スマートシティへの流れは加速すると予想される。これにより、都市部の課題に対処し、大都市圏の生活全体の質を向上させるIoTソリューションの需要が高まるだろう。
医療イノベーションと遠隔患者モニタリング
ペルーのIoT市場は、遠隔患者モニタリングとヘルスケア・イノベーションの導入に牽引され、ヘルスケア分野で大きな成長を遂げている。この傾向は、特にCOVID-19の世界的大流行が遠隔医療ソリューションの重要性を強調したことを考慮すると、顕著になってきている。IoT対応の医療機器やアプリケーションは、医療提供者が患者のバイタルサインや健康指標を遠隔監視できるようにすることで、患者ケアに革命をもたらしている。これらの機器には、ウェアラブル・ヘルス・トラッカー、スマート医療機器、遠隔医療プラットフォームなどがある。患者はこれらのIoTデバイスを使用して健康データを収集し、医療専門家に安全に送信することができるため、タイムリーな介入と個別化された治療計画が可能になる。
この傾向は、医療施設へのアクセスが限られているペルーの農村部や遠隔地では特に価値が高い。IoTを活用した遠隔医療と遠隔患者モニタリングは、地理的ギャップを埋め、患者がタイムリーな医療を受けられるようにする。さらに、IoT技術は疾病追跡や早期警報システムにも利用されており、感染症対策や医療成果の向上に向けた公衆衛生の取り組みに役立っている。さらに、ヘルスケアIoTソリューションの研究開発は、こうした技術への需要が伸び続けるにつれて拡大する可能性が高い。医療提供者、テクノロジー企業、政府機関の連携は、技術革新を推進し、ペルー全土でIoT対応医療サービスを利用しやすく手頃な価格で提供する上で重要な役割を果たすだろう。
セグメント別インサイト
プラットフォーム別洞察
プラットフォーム別では、アプリケーション管理分野がペルーのモノのインターネット(IoT)市場で優位を占めており、予測期間を通じて揺るぎない優位性を示している。このアプリケーション管理の優位性は、IoTエコシステムにおいて重要な役割を果たしていることを反映している。アプリケーション管理には、IoTデバイスやソリューションの展開、監視、制御を容易にするソフトウェアやプラットフォームが含まれる。急速に進化するIoT市場において、企業や業界が効率性とイノベーションを推進するためにIoT技術を採用する傾向が強まっており、効果的なアプリケーション管理は最も重要である。多様なデバイス、センサー、データストリームをシームレスに統合・管理することで、企業はIoTの可能性を最大限に活用することができます。ペルーがIoTインフラへの投資を続け、農業、医療、スマートシティなどの分野でIoT導入を促進する中、アプリケーション管理分野は最前線に立ち続け、国がIoT技術の変革的メリットを実現できるようにする。
アプリケーションの洞察
アプリケーション別に見ると、ペルーのモノのインターネット(IoT)市場では、家電分野が強力なフロントランナーとして浮上し、予測期間を通じて優位性を発揮して市場の軌道を形成している。スマートホーム機器、ウェアラブル機器、コネクテッド家電など、IoT対応家電の普及は、ペルーの消費者の日常生活におけるテクノロジーとの付き合い方を再形成している。これらのデバイスは利便性、効率性、強化された接続性を提供し、消費者の間で高まるスマートで接続されたソリューションへの需要に応えている。エネルギー使用量を最適化するスマート・サーモスタットから、より健康的なライフスタイルを促進するウェアラブル・フィットネス・トラッカーに至るまで、幅広いアプリケーションにより、家電分野は力強い成長を遂げている。この傾向は、IoTの潜在的メリットに対する消費者の意識の高まりと、手頃な価格で使いやすいIoT機器が入手可能になったことによる。技術に精通したペルーの人々がIoTイノベーションを受け入れ続けているため、家電セグメントは優位な地位を維持し、ペルーのIoT市場の拡大とペルー人のテクノロジーとの付き合い方の進化に大きく貢献すると予想される。
地域の洞察
北部地域は、ペルーのモノのインターネット(IoT)市場において圧倒的な存在感を示し、その卓越した地位を確かなものにするとともに、業界の方向性を形作る上で極めて重要な役割を担っていることを浮き彫りにしている。この地域は、トルヒーヨ、チクラヨ、ピウラなどの都市を含み、IoTの導入とイノベーションの著しい急増を目の当たりにしてきた。北部地域が突出しているのは、農業活動に力を入れていることなど、いくつかの要因によるものだ。農業はペルー北部の経済において極めて重要な役割を果たしており、IoT技術は農法の近代化に役立っている。土壌の状態、天候パターン、作物の健康状態を監視するためにIoTセンサーの活用が進んでおり、農家は生産性と持続可能性を高めるデータ主導の意思決定を行えるようになっている。
さらに、この地域はIoTインフラや教育機関への多額の投資により、技術革新の文化を育んできた。地元企業、研究センター、政府主導のコラボレーションにより、農業、鉱業、ヘルスケアなどの分野におけるIoTの進歩への道が開かれた。さらに、北部地域の戦略的な地理的位置と物流産業は、効率的なサプライチェーン管理と輸送のためにIoTを活用している。ペルーのIoT市場が拡大を続ける中、北部地域の極めて重要な役割は今後も続き、同国のIoTエコシステムに大きく貢献し、技術革新と農業近代化の拠点としての地位を再確認するものと期待される。
主要市場プレイヤー
エンテル・ペルーS.A.
テレフォニカ・デル・ペルーS.A.A.
クラロ・ペルーS.A.
IBM デルペルー S.A.
マイクロソフト・ペルーS.R.L.
SAPペルー社
オラクル・ペルーS.A.
シスコシステムズ・ペルー社
ファーウェイ・テクノロジーズ・ペルーS.A.C.
シーメンス・ペルー
レポートの範囲
本レポートでは、ペルーのモノのインターネット(IoT)市場を、以下に詳述した業界動向に加えて、以下のカテゴリーに分類しています:
- ペルーのモノのインターネット(IoT)市場:コンポーネント別
o ハードウェア
o ソフトウェア
o サービス
- ペルーのモノのインターネット(IoT)市場:プラットフォーム別
o デバイス管理
o アプリケーション管理
o ネットワーク管理
o データ管理
o その他
- ペルーのモノのインターネット(IoT)市場:用途別
o 家電製品
o スマートモビリティ・交通
o ビル&ホームオートメーション
o コネクテッド・ロジスティクス
o スマート小売
o その他
- ペルーのモノのインターネット(IoT)市場:地域別
o 北部地域
o 南部地域
o 西部地域
o 東部地域
o 中部地域
競合他社の状況
企業プロフィール:ペルーのモノのインターネット(IoT)市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
ペルーのモノのインターネット(IoT)市場レポートは所定の市場データを使用して、Tech Sci Research社は企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Peru Internet of Things (IoT) Market
5. Voice of Customer
6. Peru Internet of Things (IoT) Market Overview
7. Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Hardware, Software, and Services)
7.2.2. By Platform (Device Management, Application Management, Network Management, Data Management, and Others)
7.2.3. By Application (Consumer Electronics, Smart Mobility & Transportation, Building & Home Automation, Connected Logistics, Smart Retail, and Others)
7.2.4. By Region (Northern, Southern, Western, Eastern, and Central)
7.2.5. By Company (2022)
7.3. Market Map
8. Northern Region Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Platform
8.2.3. By Application
9. Southern Region Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Platform
9.2.3. By Application
10. Western Region Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Platform
10.2.3. By Application
11. Eastern Region Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Platform
11.2.3. By Application
12. Central Region Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Value
12.2. Market Share & Forecast
12.2.1. By Component
12.2.2. By Platform
12.2.3. By Application
13. Market Dynamics
13.1. Drivers
13.2. Challenges
14. Market Trends and Developments
15. Company Profiles
15.1. Entel Perú S.A.
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Financials & Revenue
15.1.3. Key Contact Person
15.1.4. Headquarters Address
15.1.5. Key Product/Service Offered
15.2. Telefónica del Perú S.A.A.
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Financials & Revenue
15.2.3. Key Contact Person
15.2.4. Headquarters Address
15.2.5. Key Product/Service Offered
15.3. Claro Perú S.A.
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Financials & Revenue
15.3.3. Key Contact Person
15.3.4. Headquarters Address
15.3.5. Key Product/Service Offered
15.4. IBM del Perú S.A.
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Financials & Revenue
15.4.3. Key Contact Person
15.4.4. Headquarters Address
15.4.5. Key Product/Service Offered
15.5. Microsoft Perú S.R.L.
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Financials & Revenue
15.5.3. Key Contact Person
15.5.4. Headquarters Address
15.5.5. Key Product/Service Offered
15.6. SAP Perú S.A.
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Financials & Revenue
15.6.3. Key Contact Person
15.6.4. Headquarters Address
15.6.5. Key Product/Service Offered
15.7. Oracle del Perú S.A.
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Financials & Revenue
15.7.3. Key Contact Person
15.7.4. Headquarters Address
15.7.5. Key Product/Service Offered
15.8. Cisco Systems Perú S.A.
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Financials & Revenue
15.8.3. Key Contact Person
15.8.4. Headquarters Address
15.8.5. Key Product/Service Offered
15.9. Huawei Technologies Perú S.A.C.
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Financials & Revenue
15.9.3. Key Contact Person
15.9.4. Headquarters Address
15.9.5. Key Product/Service Offered
15.10. Siemens Perú S.A.
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Financials & Revenue
15.10.3. Key Contact Person
15.10.4. Headquarters Address
15.10.5. Key Product/Service Offered
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Peru Internet of Things (IoT) market was valued at USD 6.17 billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 18.06% during the forecast period. The Internet of Things (IoT) market in Peru is poised for remarkable growth and innovation, reshaping industries, and propelling the nation into the digital age. This transformative technology ecosystem has gained significant traction across diverse sectors, including agriculture, healthcare, manufacturing, and smart cities, contributing to Peru's economic development and competitiveness on the global stage. In the realm of agriculture, IoT has emerged as a game-changer, revolutionizing traditional farming practices. Peruvian farmers are increasingly embracing IoT sensors and devices to monitor and manage their crops and livestock. Real-time data on soil conditions, weather patterns, and crop health empower farmers to make data-driven decisions, optimize resource allocation, and enhance yields. This technology not only bolsters food production but also promotes sustainability by reducing water and energy consumption, aligning with Peru's commitment to environmental stewardship.
In the healthcare sector, IoT solutions are redefining patient care and healthcare management. Remote patient monitoring devices, wearable health trackers, and smart medical equipment are becoming integral components of healthcare delivery. These IoT devices collect and transmit patient data securely to healthcare providers, enabling timely interventions, personalized treatment plans, and improved overall patient outcomes. Particularly in Peru's remote and underserved areas, IoT-driven healthcare advancements bridge gaps in access to quality medical services, improving the well-being of citizens. Manufacturing in Peru is undergoing a profound transformation thanks to IoT's integration into the industry. The advent of smart factories and predictive maintenance has revolutionized manufacturing processes. IoT sensors and analytics tools continuously monitor machine performance, detect anomalies, and predict maintenance needs. This predictive approach enhances efficiency, reduces downtime, and ultimately saves costs for manufacturers. Peru's burgeoning manufacturing sector is experiencing increased competitiveness on a global scale, thanks in part to the integration of IoT technologies.
Moreover, the concept of smart cities is gaining momentum across Peru, with cities like Lima leading the way in IoT adoption. Smart traffic management systems are reducing congestion and enhancing transportation efficiency, making urban commuting smoother and more sustainable. IoT-powered waste management systems optimize waste collection routes based on real-time data, reducing operational costs and environmental impact. The implementation of smart street lighting not only improves energy efficiency but also enhances urban safety. These developments collectively enhance the quality of life for residents, reduce the environmental footprint of urban areas, and align with Peru's commitment to sustainable urban development. The growth of the IoT market in Peru is not only a result of technological advancement but also a product of strategic government initiatives and public-private partnerships. These collaborations foster innovation and support the deployment of IoT solutions across various industries. Regulatory frameworks are being developed to address security and privacy concerns related to IoT data, ensuring that users and businesses can trust these technologies for their sensitive data and operations.
Despite these promising developments, the IoT market in Peru faces several challenges. Infrastructure limitations, including the need for expanded connectivity and improved network reliability, pose obstacles to IoT deployment, particularly in remote and rural areas. Addressing these infrastructure gaps is vital to ensuring equitable access to the benefits of IoT technology across the nation. Additionally, there is a growing demand for skilled professionals in IoT development, data analytics, and cybersecurity to ensure the safe and effective deployment of IoT solutions.
In conclusion, the Internet of Things market in Peru is on a trajectory of rapid expansion and transformation, shaping the nation's future across multiple sectors. From precision agriculture and healthcare innovation to manufacturing efficiency and smart city development, IoT is driving progress and modernization. Peru's commitment to investing in IoT infrastructure and nurturing local talent positions the country as a technological powerhouse in South America. As the IoT ecosystem continues to evolve, Peru is primed to harness the full potential of this technology, driving economic growth, improving the quality of life for its citizens, and contributing to a sustainable and digitally connected future.
Key Market Drivers
Industry Modernization and Efficiency Gains
The Internet of Things (IoT) market in Peru is being propelled forward by the pressing need for modernization and efficiency gains across various industries. As businesses and organizations seek to remain competitive in the global marketplace, they are turning to IoT solutions to streamline operations, reduce costs, and enhance productivity. In the agriculture sector, for instance, IoT technologies are empowering farmers to monitor and manage their farms more efficiently. Smart sensors placed in fields collect data on soil moisture, temperature, and nutrient levels, enabling precise irrigation and fertilization. This level of precision not only optimizes resource usage but also boosts crop yields and reduces environmental impact. As the world's demand for food continues to rise, Peru's agricultural sector is under pressure to increase production while minimizing waste and resource consumption. IoT is playing a pivotal role in addressing these challenges. Similarly, in manufacturing, IoT-enabled smart factories are revolutionizing production processes. IoT sensors on machinery collect real-time data on performance, enabling predictive maintenance to prevent breakdowns and reduce downtime. This not only boosts production efficiency but also cuts costs associated with unscheduled maintenance. In a global marketplace where competitiveness is key, such operational efficiency gains are vital for Peru's manufacturing industry to thrive.
Rural Development and Precision Agriculture
One of the driving forces behind the growth of the IoT market in Peru is the increasing focus on rural development and precision agriculture. As a nation with a significant agricultural sector, Peru recognizes the potential of IoT to enhance rural livelihoods and agricultural sustainability. IoT-driven precision agriculture practices are helping farmers make data-driven decisions. IoT sensors and devices collect real-time information on soil conditions, weather patterns, and crop health. This data is then analyzed to optimize irrigation, fertilization, and pest control, leading to higher yields and reduced resource wastage. The adoption of precision agriculture not only benefits large-scale commercial farms but also smallholder farmers, empowering them with technology to improve their livelihoods. In rural healthcare, IoT solutions are addressing the challenge of limited access to medical facilities. Remote patient monitoring devices, wearable health trackers, and telemedicine platforms powered by IoT are bridging the gap between rural communities and healthcare providers. This has the potential to improve healthcare outcomes and reduce healthcare disparities in remote areas.
Moreover, IoT technologies are being deployed for rural infrastructure monitoring and management. For example, IoT-enabled water management systems help optimize the use of water resources in agriculture and provide real-time monitoring of water quality in rural areas. These applications contribute to sustainable rural development, aligning with Peru's commitment to improving living conditions outside major urban centers.
Government Initiatives and Regulatory Support
Government initiatives and regulatory support play a crucial role in driving the IoT market in Peru. The government recognizes the strategic importance of IoT in achieving economic growth, improving public services, and addressing societal challenges. To foster IoT adoption, Peru has introduced policies and incentives to encourage investment and innovation in this sector. One significant initiative is the development of a comprehensive national IoT strategy. This strategy outlines the government's vision for IoT deployment across various sectors and provides a roadmap for public and private sector collaboration. It also includes measures to address regulatory challenges, such as data privacy and security concerns.
Furthermore, the government has established partnerships with private sector stakeholders to fund IoT research and development projects. These collaborations facilitate innovation and the development of locally relevant IoT solutions. Financial incentives, tax breaks, and grants are also available to IoT startups and businesses, encouraging investment in this burgeoning industry. In terms of regulations, Peru has been proactive in addressing IoT-related challenges. Data protection laws have been updated to ensure the security and privacy of IoT data, instilling confidence in both consumers and businesses. Additionally, regulatory frameworks for IoT device certification and spectrum allocation have been put in place to ensure that IoT networks operate efficiently and safely.
Connectivity Infrastructure Expansion
The expansion of connectivity infrastructure is a fundamental driver of the IoT market in Peru. IoT relies heavily on reliable and pervasive network connectivity, and Peru has been investing in expanding its infrastructure to support IoT growth. One of the key developments in this regard is the deployment of 4G and 5G networks. These high-speed mobile networks are critical for IoT applications that require low latency and high bandwidth, such as smart city solutions and real-time industrial monitoring. The ongoing rollout of 5G networks promises to unlock new possibilities for IoT, enabling innovations like autonomous vehicles and advanced healthcare applications.
Moreover, efforts are being made to extend network coverage to rural and underserved areas. Connecting remote regions to the internet is essential for enabling IoT applications in agriculture, healthcare, and infrastructure monitoring. Public-private partnerships are helping to bridge the digital divide by expanding broadband access to these areas. The growth of IoT in Peru is also supported by the deployment of low-power, wide-area network (LPWAN) technologies. LPWANs provide long-range connectivity with low power consumption, making them ideal for IoT devices that need to operate in remote or energy-constrained environments. These networks enable the widespread deployment of IoT sensors and devices, fostering the growth of IoT ecosystems.
Key Market Challenges
Infrastructure Limitations and Connectivity Gaps
While the Internet of Things (IoT) market in Peru is experiencing rapid growth and transformation, it faces significant challenges related to infrastructure limitations and connectivity gaps. These challenges have the potential to hinder the widespread adoption of IoT technologies across the country. One of the primary issues is the uneven distribution of connectivity infrastructure. While urban areas like Lima benefit from robust internet connectivity and high-speed networks, many rural and remote regions in Peru still lack reliable and high-bandwidth internet access. This digital divide presents a significant challenge for deploying IoT solutions in these underserved areas.
IoT applications, particularly those in agriculture, require connectivity to remote locations. Farmers in these regions may struggle to access real-time data from IoT sensors due to poor or non-existent network coverage. This limits their ability to leverage IoT for precision agriculture and sustainable resource management. Addressing these infrastructure limitations will require substantial investments in expanding broadband and cellular networks to rural areas. Public-private partnerships and government initiatives are essential to bridge these connectivity gaps. Initiatives aimed at building out 4G and 5G networks, as well as low-power, wide-area networks (LPWANs), can help extend connectivity to underserved regions and enable the deployment of IoT solutions that benefit rural communities.
Data Security and Privacy Concerns
Data security and privacy concerns represent another significant challenge for the IoT market in Peru. As IoT devices collect and transmit vast amounts of data, including sensitive information, ensuring the security and privacy of this data is paramount to gaining trust among users and businesses. One of the primary concerns is data breaches. IoT devices can be vulnerable to cyberattacks if not adequately secured. A breach of an IoT system could compromise sensitive data, disrupt operations, and even pose risks to public safety in cases where IoT is used in critical infrastructure. Given the potentially severe consequences of such breaches, security is a top priority. Data privacy is another key concern. IoT devices often collect personal and sensitive information, such as healthcare data from wearable devices or location data from smart city applications. Ensuring that this data is handled in compliance with data protection laws and regulations is essential to protecting individuals' privacy rights.
Key Market Trends
Agriculture Transformation through Precision Farming
One prominent market trend on the Internet of Things (IoT) sector in Peru is the transformation of agriculture through precision farming. Peru's agricultural industry plays a vital role in the nation's economy, and IoT technologies are reshaping how farming is conducted. Precision farming involves the use of IoT sensors, data analytics, and automation to monitor and manage agricultural operations with unparalleled accuracy. Farmers in Peru are increasingly adopting IoT solutions to optimize resource allocation, improve crop yields, and reduce environmental impact. For instance, IoT sensors placed in fields collect data on soil conditions, weather patterns, and crop health in real-time. This data is then analysed to determine the precise amount of water, fertilizer, and pesticides needed, leading to resource-efficient farming practices.
Furthermore, IoT technologies are being leveraged in livestock management. Sensors attached to animals provide insights into their health and behavior, helping farmers detect diseases early and ensure the well-being of their livestock. These IoT-driven advancements enhance the overall productivity and sustainability of Peru's agricultural sector, aligning with the nation's commitment to food security and environmental conservation. As precision farming continues to gain momentum, we can expect increased investment in IoT solutions tailored to the unique needs of Peruvian agriculture. Public-private collaborations and government incentives are likely to support further adoption of IoT technologies in farming, contributing to the modernization and growth of the agricultural sector.
Smart Cities and Urban Development
Another notable market trend in Peru's IoT landscape is the rapid development of smart cities. Major urban centers like Lima are leading the way in adopting IoT solutions to enhance urban living, infrastructure, and services. Smart cities use IoT technologies to improve the quality of life for residents, enhance resource management, and promote sustainability. IoT-enabled traffic management systems are reducing congestion and improving transportation efficiency in Lima, making daily commutes smoother and more environmentally friendly. Moreover, smart street lighting systems are not only energy-efficient but also contribute to urban safety. Waste management is another area benefiting from IoT solutions. Smart waste bins equipped with sensors monitor waste levels in real-time and optimize collection routes. This results in cost savings for municipalities and a reduction in environmental impact through fewer collection vehicle emissions.
Additionally, the deployment of IoT in public safety and healthcare services is transforming urban living. Surveillance cameras equipped with AI and IoT capabilities enhance security, while telemedicine services powered by IoT technologies improve healthcare access for urban residents. As Peru's urban population continues to grow, the trend towards smart cities is expected to accelerate. This will drive demand for IoT solutions that address urban challenges and improve the overall quality of life in major metropolitan areas.
Healthcare Innovation and Remote Patient Monitoring
The IoT market in Peru is witnessing significant growth in the healthcare sector, driven by the adoption of remote patient monitoring and healthcare innovation. This trend has gained prominence, particularly considering the global COVID-19 pandemic, which emphasized the importance of remote healthcare solutions. IoT-enabled healthcare devices and applications are revolutionizing patient care by allowing healthcare providers to remotely monitor patients' vital signs and health metrics. These devices include wearable health trackers, smart medical equipment, and telemedicine platforms. Patients can use these IoT devices to collect and transmit their health data securely to healthcare professionals, enabling timely interventions and personalized treatment plans.
This trend is particularly valuable in rural and remote areas of Peru, where access to healthcare facilities may be limited. IoT-powered telemedicine and remote patient monitoring bridge geographical gaps and ensure that patients receive timely medical attention. Additionally, IoT technologies are being used for disease tracking and early warning systems, aiding in public health efforts to combat infectious diseases and improve healthcare outcomes. Furthermore, research and development in healthcare IoT solutions are likely to expand as demand for these technologies continues to grow. Collaborations between healthcare providers, technology companies, and government agencies will play a crucial role in driving innovation and ensuring the accessibility and affordability of IoT-enabled healthcare services throughout Peru.
Segmental Insights
Platform Insights
Based on platform, the application management segment emerges as the predominant segment in the Peru Internet of Things (IoT) market, exhibiting unwavering dominance projected throughout the forecast period. This supremacy of application management reflects the crucial role it plays in the IoT ecosystem. Application management encompasses the software and platforms that facilitate the deployment, monitoring, and control of IoT devices and solutions. In a rapidly evolving IoT market, where businesses and industries are increasingly embracing IoT technologies to drive efficiency and innovation, effective application management is paramount. It empowers organizations to harness the full potential of IoT by seamlessly integrating and managing a diverse array of devices, sensors, and data streams. As Peru continues to invest in IoT infrastructure and foster IoT adoption across sectors such as agriculture, healthcare, and smart cities, the application management segment is poised to remain at the forefront, enabling the nation to realize the transformative benefits of IoT technologies.
Application Insights
Based on application, the consumer electronics segment in the Peru Internet of Things (IoT) market emerges as a formidable frontrunner, exerting its dominance and shaping the market's trajectory throughout the forecast period. The prevalence of IoT-enabled consumer electronics, such as smart home devices, wearables, and connected appliances, has reshaped how Peruvian consumers interact with technology in their daily lives. These devices offer convenience, efficiency, and enhanced connectivity, catering to the rising demand for smart and connected solutions among consumers. With applications ranging from smart thermostats that optimize energy usage to wearable fitness trackers that promote healthier lifestyles, the consumer electronics segment has witnessed robust growth. This trend is driven by increasing consumer awareness of IoT's potential benefits, as well as the availability of affordable and user-friendly IoT devices. As Peru's tech-savvy population continues to embrace IoT innovations, the consumer electronics segment is expected to maintain its dominant position, contributing significantly to the nation's IoT market expansion and the evolution of the way Peruvians interact with technology.
Regional Insights
Northern Region firmly establishes itself as a commanding presence within the Peru Internet of Things (IoT) market, affirming its preeminent position, and highlighting its pivotal role in shaping the industry's course. This region, encompassing cities like Trujillo, Chiclayo, and Piura, has witnessed a remarkable surge in IoT adoption and innovation. The Northern Region's prominence can be attributed to several factors, including its strong focus on agricultural activities. Agriculture plays a pivotal role in the economy of Northern Peru, and IoT technologies have been instrumental in modernizing farming practices. IoT sensors are increasingly utilized to monitor soil conditions, weather patterns, and crop health, allowing farmers to make data-driven decisions that enhance productivity and sustainability.
Furthermore, the region's substantial investment in IoT infrastructure and educational institutions has fostered a culture of technological innovation. Collaboration between local businesses, research centers, and government initiatives has paved the way for IoT advancements in agriculture, mining, and healthcare, among other sectors. Additionally, the Northern Region's strategic geographic location and logistics industry have leveraged IoT for efficient supply chain management and transportation. As the IoT market in Peru continues to expand, the Northern Region's pivotal role is expected to persist, contributing significantly to the nation's IoT ecosystem, and reaffirming its position as a hub for technological innovation and agricultural modernization.
Key Market Players
Entel Perú S.A.
Telefónica del Perú S.A.A.
Claro Perú S.A.
IBM del Perú S.A.
Microsoft Perú S.R.L.
SAP Perú S.A.
Oracle del Perú S.A.
Cisco Systems Perú S.A.
Huawei Technologies Perú S.A.C.
Siemens Perú S.A.
Report Scope:
In this report, the Peru Internet of Things (IoT) market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Peru Internet of Things (IoT) Market, By Component:
o Hardware
o Software
o Services
• Peru Internet of Things (IoT) Market, By Platform:
o Device Management
o Application Management
o Network Management
o Data Management
o Others
• Peru Internet of Things (IoT) Market, By Application:
o Consumer Electronics
o Smart Mobility & Transportation
o Building & Home Automation
o Connected Logistics
o Smart Retail
o Others
• Peru Internet of Things (IoT) Market, By Region:
o Northern Region
o Southern Region
o Western Region
o Eastern Region
o Central Region
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Peru Internet of Things (IoT) Market.
Available Customizations:
Peru Internet of Things (IoT) market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Peru Internet of Things (IoT) Market
5. Voice of Customer
6. Peru Internet of Things (IoT) Market Overview
7. Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Hardware, Software, and Services)
7.2.2. By Platform (Device Management, Application Management, Network Management, Data Management, and Others)
7.2.3. By Application (Consumer Electronics, Smart Mobility & Transportation, Building & Home Automation, Connected Logistics, Smart Retail, and Others)
7.2.4. By Region (Northern, Southern, Western, Eastern, and Central)
7.2.5. By Company (2022)
7.3. Market Map
8. Northern Region Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Platform
8.2.3. By Application
9. Southern Region Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Platform
9.2.3. By Application
10. Western Region Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Platform
10.2.3. By Application
11. Eastern Region Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Platform
11.2.3. By Application
12. Central Region Peru Internet of Things (IoT) Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Value
12.2. Market Share & Forecast
12.2.1. By Component
12.2.2. By Platform
12.2.3. By Application
13. Market Dynamics
13.1. Drivers
13.2. Challenges
14. Market Trends and Developments
15. Company Profiles
15.1. Entel Perú S.A.
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Financials & Revenue
15.1.3. Key Contact Person
15.1.4. Headquarters Address
15.1.5. Key Product/Service Offered
15.2. Telefónica del Perú S.A.A.
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Financials & Revenue
15.2.3. Key Contact Person
15.2.4. Headquarters Address
15.2.5. Key Product/Service Offered
15.3. Claro Perú S.A.
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Financials & Revenue
15.3.3. Key Contact Person
15.3.4. Headquarters Address
15.3.5. Key Product/Service Offered
15.4. IBM del Perú S.A.
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Financials & Revenue
15.4.3. Key Contact Person
15.4.4. Headquarters Address
15.4.5. Key Product/Service Offered
15.5. Microsoft Perú S.R.L.
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Financials & Revenue
15.5.3. Key Contact Person
15.5.4. Headquarters Address
15.5.5. Key Product/Service Offered
15.6. SAP Perú S.A.
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Financials & Revenue
15.6.3. Key Contact Person
15.6.4. Headquarters Address
15.6.5. Key Product/Service Offered
15.7. Oracle del Perú S.A.
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Financials & Revenue
15.7.3. Key Contact Person
15.7.4. Headquarters Address
15.7.5. Key Product/Service Offered
15.8. Cisco Systems Perú S.A.
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Financials & Revenue
15.8.3. Key Contact Person
15.8.4. Headquarters Address
15.8.5. Key Product/Service Offered
15.9. Huawei Technologies Perú S.A.C.
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Financials & Revenue
15.9.3. Key Contact Person
15.9.4. Headquarters Address
15.9.5. Key Product/Service Offered
15.10. Siemens Perú S.A.
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Financials & Revenue
15.10.3. Key Contact Person
15.10.4. Headquarters Address
15.10.5. Key Product/Service Offered
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(smart mobility)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る