世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

サウジアラビアのデータ保護市場 - コンポーネント別(サービス(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)、ソリューション(データバックアップ&リカバリ、データアーカイブ&エディスカバリ、ディザスタリカバリ、暗号化、トークン化、データ損失防止(DLP)、その他)、導入形態別(クラウド、オンプレミス)、組織規模別(中小企業、大企業)、エンドユーザー別(BFSI、政府・防衛、小売・eコマース、旅行・ホスピタリティ、ヘルスケア・ライフサイエンス、エネルギー・公益事業、メディア・エンターテイメント、通信・IT、その他)、地域別、競合別、予測・ビジネスチャンス、2018-2028F


Saudi Arabia Data Protection Market - Segmented By Component (Service (Professional Services, Managed Services), Solution (Data Backup & Recovery, Data Archiving & Ediscovery, Disaster Recovery, Encryption, Tokenization, Data Loss Prevention (DLP), and Others)), By Deployment Mode (Cloud, On-Premises), By Organization Size (SMEs, Large Enterprise), By End User (BFSI, Government & Defense, Retail & eCommerce, Travel & Hospitality, Healthcare & Life Sciences, Energy & Utilities, Media & Entertainment, Telecommunications & IT, and Others), By Region, By Competition, Forecast & Opportunities, 2018-2028F

サウジアラビアのデータ保護市場の2022年の市場規模は38億9,000万米ドルで、2028年までの年平均成長率は16.27%で、予測期間中に堅調な成長が見込まれる。サウジアラビアのデータ保護市場は、データセキュリティと... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
87 英語

 

サマリー

サウジアラビアのデータ保護市場の2022年の市場規模は38億9,000万米ドルで、2028年までの年平均成長率は16.27%で、予測期間中に堅調な成長が見込まれる。サウジアラビアのデータ保護市場は、データセキュリティとプライバシーの重要性に対する世界的な意識の高まりを反映して、近年大幅な進化を遂げています。中東有数の経済大国であるサウジアラビアは、こうした懸念に対処し、データ保護の強固な枠組みを確立するために重要な措置を講じてきた。2019年、サウジアラビアは「サウジアラビアデータ・プライバシー保護法(SDPPL)」を導入し、消費者の信頼を高めただけでなく、企業が高度なデータ保護ソリューションやサービスに多額の投資を行うよう促す極めて重要な動きとなりました。サウジアラビアにおけるデータ保護市場の成長の原動力となっているのは、金融、医療、政府機関など、さまざまな分野でデジタルトランスフォーメーションが広がっていることです。企業が意思決定や顧客エンゲージメントをデジタルデータに依存する傾向が強まる中、こうした情報を保護することが最重要課題となっています。その結果、暗号化、アクセス制御、データ損失防止、脅威検知を網羅する包括的なデータ保護ソリューションに対する需要が急増している。世界の大手サイバーセキュリティ企業はこの機会を認識し、サウジアラビア市場に確固たるプレゼンスを確立し、この地域特有のニーズに合わせた技術を提供している。
さらに、石油依存から脱却して経済を多角化するというサウジ政府のコミットメントは、情報技術と通信インフラへの大規模な投資につながった。このようなデジタルトランスフォーメーションへの推進により、データ保護とプライバシーに対する意識が高まり、公共部門と民間部門の双方にとって最優先事項となっている。政府機関は、啓発キャンペーンや業界関係者とのパートナーシップを通じて、データ保護のベストプラクティスを積極的に推進している。さらに、クラウド・コンピューティング・サービスの利用の増加とモノのインターネット(IoT)デバイスの普及によって攻撃対象が拡大し、進化する脅威に対抗するためにより高度なデータ保護対策が必要となっている。COVID-19の流行はサウジアラビア全土のデジタル化のきっかけとなり、リモートワークやオンライン取引が急増したため、強固なデータ保護対策が必要となった。この変化に伴い、データ・セキュリティとプライバシーの重要性が高まり、サイバーセキュリティとデータ保護ソリューションへの投資が増加しました。組織は、巧妙なサイバー攻撃、ランサムウェア事件、データ侵害の増加を目の当たりにし、進化し続ける脅威の状況に迅速に適応しなければならなくなった。その結果、サイバーセキュリティとデータ保護は、事業継続とリスク管理戦略の不可欠な要素となっている。
サウジアラビアのデータ保護市場で特筆すべき点は、SDPPL への準拠が重視されていることです。この法律は、個人データの収集、処理、保存に関して組織に厳しい要件を課しています。企業はコンプライアンスを確保する技術やプロセスへの投資を余儀なくされ、データ保護分野の成長を牽引しています。企業はまた、コンプライアンスを監督し、データに関連するリスクを管理するデータ保護責任者(DPO)を任命するなど、データガバナンスとプライバシー慣行に注力しています。銀行や保険会社を含むサウジアラビアの金融セクターは、先進的なデータ保護対策の採用で最先端を走っています。デジタル取引の増加や金融データの機密性に伴い、これらの機関はサイバーセキュリティ・ソリューションに多額の投資を行い、データ保護規制の遵守にいち早く取り組んできました。医療分野でも、特に電子カルテ(EHR)や遠隔医療サービスの導入が勢いを増す中、データ保護における顕著な進歩が見られる。
サウジアラビアの教育セクターも、データ保護において著しい成長を遂げている分野です。学校や大学がオンライン学習プラットフォームを採用するにつれ、学生や教員のデータを保護する必要性が最も高まっています。教育機関は、機密情報のプライバシーとセキュリティを確保するため、サイバーセキュリティに関する意識向上プログラムや強固なデータ保護対策に投資しています。サウジアラビアの政府機関は、データ保護の実践を推進する上で極めて重要な役割を果たしています。NCA(National Cybersecurity Authority)はこうした取り組みの最前線に立ち、官民部門と協力してサイバーセキュリティの強度を高め、データ保護規制を強化しています。NCAはまた、個人と組織を問わず、サイバーセキュリティとデータ保護の重要性に対する認識を高めることにも貢献してきた。サウジアラビアのデータ保護市場は今後も成長を続けるでしょう。サウジアラビアはデジタルトランスフォーメーションに力を入れており、脅威の状況や規制要件も進化しているため、データ保護は今後も企業や政府機関にとって最優先事項であり続けるでしょう。技術の進歩が続き、データの価値が高まるにつれて、最先端のデータ保護ソリューションとサービスに対する需要が高まり、世界のデータ保護市場におけるサウジアラビアの重要な地位は揺るぎないものになると予想されます。サウジアラビアは、機密情報の保護とデータ・プライバシーの文化の育成に力を注いでおり、中東および国際舞台におけるデータ保護の取り組みにおいて、今後もリーダーシップを発揮していくことでしょう。
主な市場促進要因
規制の枠組みとコンプライアンス要件
サウジアラビアのデータ保護市場の主な推進要因の一つは、強固な規制の枠組みとコンプライアンス要件です。2019年にサウジアラビアデータ・プライバシー保護法(SDPPL)が導入されたことは、同国におけるデータ保護の重要なマイルストーンとなった。この法律は、個人データの収集、処理、保存に関する厳格な規則と基準を定めている。その結果、国内外の企業や組織は、コンプライアンスを確保するためのデータ保護ソリューションやサービスへの投資を余儀なくされている。SDPPLは、個人情報を保護することで消費者の信頼を高めるだけでなく、企業が法的な影響や罰則を避けるためにデータ保護を優先する必要があるという競争環境も作り出しています。このような規制環境は、組織がデータを保護し、アクセスを管理し、監査やレポート機能を通じてコンプライアンスを実証するのに役立つデータ保護ソリューションへの需要を高めている。企業はこうした要件を満たすため、データ暗号化、ID・アクセス管理、データ損失防止などのテクノロジーに投資している。規制の枠組みが進化を続ける中、サウジアラビアのデータ保護市場はさらなる成長が見込まれています。
デジタルトランスフォーメーションとデータ量の増加
サウジアラビアのさまざまな部門でデジタル変革が進んでいることも、データ保護市場の大きな推進力となっています。金融、医療、政府などの業界は、サービスの強化、業務の合理化、顧客とのより効果的な関係を実現するためにデジタル技術を導入しています。このデジタル化により、機密情報や機密情報を含む膨大な量のデータが生成・処理されるようになりました。そのため、脅威や侵害、サイバー攻撃からデータを保護する必要性が最も高まっている。クラウド・コンピューティング、モノのインターネット(IoT)デバイス、データ主導の意思決定の採用により、組織は攻撃対象の拡大に直面している。企業は、転送中、静止中、処理中のデータを保護しなければならない。このため、高度な暗号化手法、堅牢なアクセス制御、データ・セキュリティ分析など、包括的なデータ保護ソリューションに対する需要が高まっている。企業が業務のデジタル化を進める中、デジタル資産の保護を目指すデータ保護市場は持続的な成長が見込まれている。
サイバーセキュリティの脅威
進化するサイバーセキュリティ脅威の状況も、サウジアラビアのデータ保護市場を推進する重要な原動力となっています。サイバー攻撃は、あらゆる規模や業種の組織を標的に、より巧妙に、より頻繁に、より大きな被害をもたらすようになっています。脅威の主体は、ランサムウェア、フィッシング、内部脅威などさまざまな手口を用いて、データの完全性を損ない、機密情報を盗み出します。その結果、企業はサイバーセキュリティ対策への投資を増やし、データ保護を戦略の最重要課題としています。こうした脅威に対抗するため、企業は次世代ファイアウォール、侵入検知・防御システム、セキュリティ情報・イベント管理(SIEM)ソリューションなどの高度なデータ保護ソリューションを導入している。これらのテクノロジーは、脅威をリアルタイムで検知・対応し、データ漏洩やデータ損失のリスクを最小限に抑えるのに役立ちます。さらに、企業はサイバーセキュリティ態勢を強化するために、従業員のトレーニングや意識向上プログラムに投資しています。脅威が絶えず存在するため、サウジアラビアでは堅牢なデータ保護ソリューションとサービスに対する需要が継続的に高まっています。
リモートワークとパンデミックによる変化
COVID-19の大流行により、リモートワークやオンライン活動が加速し、データ保護ソリューションに対する需要がさらに高まっています。企業や政府機関が事業継続性を確保するためにリモートワークのモデルにシフトするにつれ、従来のオフィスの境界を越えてデータを保護する必要性が明らかになりました。この急激な変化は、従業員がさまざまな場所やデバイスから機密情報にアクセスするため、データ・セキュリティとプライバシーの面で組織に課題を突き付けた。こうした課題に対処するため、サウジアラビアの組織は安全なリモート・アクセス技術、仮想プライベート・ネットワーク(VPN)、エンドポイント・セキュリティ・ソリューションに投資し、転送中やリモート・デバイス上のデータを保護しています。さらに、オンライン・サービス、電子商取引、遠隔医療への依存度が高まっていることも、データ保護の重要性を高めています。オンライン・トランザクションとデジタル・インタラクションの急増により、データ・プライバシーは顧客の信頼とビジネスの評判にとって極めて重要な要素となっている。その結果、企業はパンデミック後の世界の進化する需要に対応するため、データ保護への取り組みを強化しており、サウジアラビアのデータ保護市場の成長を牽引しています。
主な市場課題
進化するサイバーセキュリティ脅威の状況
サウジアラビアのデータ保護市場が直面する最も重要な課題の1つは、絶えず進化するサイバーセキュリティの脅威状況です。組織が機密情報を保護するために高度なデータ保護対策に投資する一方で、サイバー犯罪者や悪意のある行為者は、データの完全性とプライバシーを侵害する新しい戦術、技術、手順を開発し続けています。このような脅威の進化は、データ保護ソリューションの有効性に対する絶え間ない挑戦となっています。重要なデータを暗号化して身代金を要求するランサムウェア攻撃から、ユーザーを欺いてシステムに不正アクセスすることを目的としたフィッシング・キャンペーンまで、サイバー攻撃の手口はますます巧妙になっています。また、従業員や信頼できる個人がアクセス権限を悪用するインサイダーの脅威も、データ・セキュリティに重大なリスクをもたらしている。さらに、国家が支援するサイバースパイ活動やサイバーテロも、脅威の状況を複雑にしている。こうした課題に対処するため、サウジアラビアの組織はデータ保護戦略を継続的に適応させ、強化する必要があります。そのためには、新たな脅威に関する情報を常に入手し、脅威インテリジェンス・ソリューションに投資し、セキュリティ・プロトコルや技術を定期的に更新する必要があります。サイバー攻撃やデータ侵害の影響を軽減するためには、リアルタイムの脅威検知と迅速なインシデント対応能力が不可欠です。しかし、進化する脅威の状況に対応し続けることは、リソース集約的で困難であり、データ保護市場にとって継続的な課題となっています。
規制の複雑さとコンプライアンスの負担
サウジアラビアのデータ保護市場におけるもう一つの重要な課題は、規制の複雑さとコンプライアンス要件の負担である。サウジアラビアデータ・プライバシー保護法(SDPPL)のような規制は、データプライバシーとセキュリティの保護に不可欠ですが、特に複数の法域で事業を展開する企業にとっては、複雑で難しい場合があります。データ保護規制を遵守するためには、データセキュリティ対策、プライバシーポリシー、監査プロセスへの多大な投資が必要になることがよくあります。企業は、SDPPLのような国内規制と実務を整合させるだけでなく、国境を越えたデータ移転に関与する場合は、国際的な基準や規制も考慮しなければなりません。このような複雑さは、多国籍企業やグローバルに事業を展開する組織にとって特に困難です。さらに、規制は時間の経過とともに変更される可能性があるため、企業はデータ保護慣行を継続的に監視し、適合させる必要があります。新たな規制の導入や既存の規制の改正は、不確実性とさらなるコンプライアンス上の負担をもたらす可能性があります。
主な市場動向
データプライバシーとコンプライアンスの重視の高まり
サウジアラビアのデータ保護市場を形成する顕著な傾向の一つは、データプライバシーと法規制のコンプライアンス重視の高まりです。2019年にサウジアラビアデータ・プライバシー保護法(SDPPL)が導入されたことで、サウジアラビアで事業を展開する企業や組織はデータ保護とプライバシーを優先する必要に迫られています。この傾向は、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)など、厳格なデータ保護対策の先例となったデータプライバシー規制の強化に向けた世界的な動きを反映している。
SDPPLの下では、組織は個人データの収集、処理、保存に関する厳格な規則を遵守することが求められます。違反した場合、多額の罰金や法的措置が取られる可能性があります。そのため、企業はこれらの規制に準拠するためのデータ保護ソリューションやサービスに投資しています。これには、堅牢なデータ暗号化、アクセス制御メカニズム、データ損失防止戦略の導入が含まれる。さらに、企業はコンプライアンスを監督し、データ保護のベストプラクティスの遵守を確保するために、データ保護責任者(DPO)を任命している。SDPPLの更新や改正の可能性もあり、規制の状況は進化を続けているため、データプライバシーとコンプライアンス対策を強化する傾向は今後も続くと予想される。企業は、法的要件を満たすだけでなく、データプライバシーとセキュリティへのコミットメントを示すことで競争力を高めるために、データ保護テクノロジーへの投資を継続すると思われます。
データ保護のための先進技術の採用
サウジアラビアのデータ保護市場におけるもう一つの重要な傾向は、データセキュリティを強化するための先進技術の採用である。サイバー脅威の高度化と組織が生成するデータ量の増大に伴い、従来のセキュリティ対策ではもはや十分ではなくなっている。その結果、企業は機密情報を保護するために最先端のソリューションに目を向けるようになっている。注目すべき技術トレンドの1つは、データ保護のために人工知能(AI)と機械学習(ML)が広く採用されていることだ。AIとMLのアルゴリズムは、膨大なデータセットをリアルタイムで分析することができ、企業が異常や潜在的なセキュリティ侵害を迅速に検出するのに役立ちます。これらのテクノロジーは、サイバー攻撃や不正アクセスを示す可能性のある行動パターンを特定し、リスクを軽減するためのタイムリーな対応を可能にする。
さらに、AIを活用した脅威インテリジェンス・プラットフォームの統合が加速している。これらのプラットフォームは、新たな脅威に関する実用的な洞察を組織に提供し、データ保護戦略をプロアクティブに強化することを可能にする。AIとMLはID・アクセス管理にも利用され、認証プロセスを強化し、許可された個人だけが機密データにアクセスできるようにしている。ブロックチェーン技術もまた、データ保護における注目すべきトレンドである。その非中央集権的で不変の性質は、特に金融やヘルスケアなどの業界において、データを保護するための魅力的な選択肢となっている。ブロックチェーンは、改ざん防止記録の作成、取引の認証、データのライフサイクル全体にわたる完全性の確保に利用できる。
さらに、同型暗号や量子抵抗暗号などのデータ暗号化技術の利用も普及している。これらの暗号化手法は、高度なコンピューティング能力を持ってしても、無許可の第三者が保護されたデータを解読することを極めて困難にし、さらなるセキュリティのレイヤーを提供します。クラウドネイティブ・セキュリティ・ソリューションの採用も増加している。企業がデータやワークロードをクラウドに移行する際には、強固なクラウドセキュリティ対策が必要となります。クラウドネイティブ・セキュリティ・ソリューションは、クラウド環境に特化したリアルタイムの監視、脅威検出、インシデント対応機能を提供し、オンプレミスとクラウドの両方でデータの安全性を確保します。
サービスとしてのデータ保護(DPaaS)
サウジアラビアのデータ保護市場における3つ目の重要なトレンドは、DPaaS(Data Protection as a Service)の出現と成長です。DPaaSは、企業がデータ保護のニーズに対応するための柔軟で費用対効果の高いソリューションを求める中で、支持を集めています。DPaaSプロバイダーは、バックアップとリカバリ、ディザスタリカバリ、データ暗号化、データ損失防止など、さまざまなサービスをサブスクリプションベースのサービスとして提供している。このアプローチにより、企業はデータ保護要件を専門プロバイダーにアウトソーシングすることができ、オンプレミスのソリューション維持に伴う複雑さとコストを削減することができます。DPaaS採用の主な要因の1つは、スケーラビリティです。企業は、変化するビジネスニーズやデータ量に合わせて、データ保護サービスを容易に調整することができます。この拡張性は、データ量が大きく変動するダイナミックなビジネス環境では特に有益です。
さらに、DPaaSプロバイダーは多くの場合クラウドインフラストラクチャを活用しているため、企業はクラウドのスケーラビリティ、冗長性、グローバルリーチを活用することができます。これにより、予期せぬ混乱や災害に直面しても、データの可用性とビジネスの継続性が確保されます。DPaaSプロバイダーは顧客のデータを保護する責任があるため、セキュリティは最優先事項です。そのため、DPaaSには通常、暗号化、多要素認証、脅威の継続的な監視など、強固なセキュリティ対策が盛り込まれています。これにより、企業は、その分野の専門家によってデータが保護されているという安心感を得ることができる。企業がデータ保護のニーズをアウトソーシングすることのメリットを認識するにつれて、DPaaSのトレンドは今後も拡大すると予想される。DPaaS市場が成熟するにつれて、プロバイダーはさまざまな業界や特定のセキュリティ要件に対応するため、より専門的でカスタマイズ可能なソリューションを提供するようになり、サウジアラビアのデータ保護市場の拡大にさらに貢献することになるでしょう。
セグメント別インサイト
ソリューションタイプ別インサイト
ソリューション別では、ディザスタリカバリ型がデータ保護市場における優位性を確立しており、予測期間を通じてこの地位を維持すると予測される。この持続的な優位性は、ディザスタリカバリ・ソリューションが事業継続性の確保とデータの完全性の保護に果たす重要な役割に起因している。サウジアラビアの組織は、世界中の組織と同様に、自然災害、サイバー攻撃、システム障害によるデータ損失のリスクが常に存在することを認識しています。その結果、ダウンタイムを最小限に抑え、データを迅速に復旧し、業務の回復力を維持する必要性に後押しされ、堅牢なディザスタリカバリ・ソリューションに対する需要が急増しています。さらに、ITインフラストラクチャの複雑化、データの急増、デジタルシステムへの依存の高まりは、ディザスタリカバリソリューションの重要性をさらに際立たせている。これらのソリューションには、データのバックアップ、レプリケーション、フェイルオーバーのメカニズムが含まれ、不測の事態が発生したときに組織に命綱を提供する。デジタルトランスフォーメーションとリモートワークを加速させたCOVID-19の大流行は、組織が分散したデータ資産の保護を目指す中で、ディザスタリカバリの重要性を増幅させている。企業がデータの可用性を確保し、ダウンタイムに起因する経済的損失を最小限に抑えようと努める中、サウジアラビアではディザスタリカバリ分野がデータ保護戦略の最前線に位置し続けています。ディザスタリカバリソリューションが提供する回復力と信頼性は、進化する脅威の状況を乗り切り、重要なデータ資産を保護しようとする組織にとって、今後も最優先事項であり続けるでしょう。
エンドユーザー別インサイト
エンドユーザー別に見ると、サウジアラビアのデータ保護市場では、ヘルスケア&ライフサイエンス分野が予測期間中に急成長を遂げる見込みです。この急成長は、いくつかの重要な要因に支えられている。まず、サウジアラビアの医療・ライフサイエンス業界では、電子カルテ(EHR)、遠隔医療、データ主導型医療ソリューションの採用を特徴とするデジタル変革が急速に進んでいます。医療施設や専門家が患者のデータを管理し、ケアを提供するためにデジタル・プラットフォームへの依存度を高めるにつれ、機密性の高い医療情報を保護する必要性が最も重要になっている。第二に、COVID-19の大流行により、遠隔医療サービスや遠隔患者モニタリングの導入が加速しており、強固なデータ保護対策の重要性がさらに高まっている。この分野では、データ漏洩や不正アクセスは、患者の守秘義務や信頼を損なうなど、深刻な結果をもたらす可能性があることを認識している。そのため、高度なデータ保護ソリューション、暗号化技術、データプライバシー規制へのコンプライアンスへの投資は、サウジアラビアにおけるヘルスケア・ライフサイエンス分野の成長とイノベーションの基本になりつつあります。
地域の洞察
サウジアラビアのデータ保護市場では、東部地域が大きな収益シェアを占め、リーダーとしての地位を確立しています。この圧倒的な地位は、東部地域を際立たせる重要な要因が重なったことに起因しています。第一に、サウジアラビアには世界最大級のデータリッチな石油・ガス会社があり、グローバルな規模で事業を展開しています。これらの業界大手は、膨大な量の機密かつ重要なデータを生成するため、そのセキュリティと完全性を確保するための厳格なデータ保護対策が必要となる。さらに、東部地域ではデジタルトランスフォーメーションが加速度的に進んでおり、さまざまな分野の企業がデジタルプラットフォーム、クラウドサービス、データ駆動型業務への依存度を高めている。このデジタル化の推進により、生成・保存されるデータ量が大幅に増加し、堅牢なデータ保護ソリューションと戦略の必要性が高まっている。
さらに、サウジアラビアのデータ保護総局(GADPD)のような政府機関がこの重要な経済ハブに本部を置くなど、東部地域は良好な規制環境の恩恵を受けている。官民双方によるデータ保護とサイバーセキュリティの重視が、データ保護市場の成長に資する環境を醸成している。これと並行して、東部地域には著名なデータ保護ソリューション・プロバイダーが集積しており、市場でのリーダーシップをさらに強化しています。これらのプロバイダーは最先端のソリューションやサービスを幅広く提供しており、あらゆる規模の企業がデータ保護対策を強化できるよう支援しています。東部地域はデジタル革新を推進し、主要なデータ集約型産業を抱え、強固な規制枠組みを維持し続けているため、サウジアラビアのデータ保護市場において傑出した役割を維持し、この地域のデータセキュリティとプライバシー基準のベンチマークを設定する態勢を整えています。
主な市場プレイヤー
stcソリューションズ社
アラムコ・サービス・カンパニー
ガルフ・サイバー・ソリューションズ社
セキュアビュー社
IBMサウジアラビア有限責任会社
マイクロソフト・サウジアラビア有限責任会社
デル・テクノロジーズ・サウジアラビア有限責任会社
HPサウジアラビア有限責任会社
シスコサウジアラビア有限責任会社
パロアルトネットワークス サウジアラビア有限責任会社
レポートの範囲
本レポートでは、サウジアラビアのデータ保護市場を以下のカテゴリに分類し、さらに業界動向についても詳しく解説しています:
- サウジアラビアのデータ保護市場:コンポーネント別
サービス
 プロフェッショナルサービス
 マネージドサービス
ソリューション
 データバックアップ&リカバリ
 データアーカイブおよび eDiscovery
 ディザスタリカバリ
 暗号化
 トークン化
 データ損失防止 (DLP)
 その他
- サウジアラビアのデータ保護市場:展開形態別
o クラウド
o オンプレミス
- サウジアラビアのデータ保護市場:組織規模別
o 中小企業
o 大企業
- サウジアラビアのデータ保護市場:エンドユーザー別
o BFSI
o 政府・防衛
o 小売業およびeコマース
o 旅行・ホスピタリティ
o ヘルスケア・ライフサイエンス
o エネルギーおよび公益事業
o メディアとエンターテインメント
o 旅行・ホスピタリティ
o 通信・IT
o その他
- サウジアラビアのデータ保護市場:地域別
o 北部・中部地域
o 東部地域
o 南部地域
o 西部地域
競合状況
企業プロフィール:サウジアラビアのデータ保護市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
この調査レポートはサウジアラビアのデータ保護市場を分析・予測し、Tech Sci Researchの市場調査報告書です。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Service Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Saudi Arabia Data Protection Market
5. Voice of Customer
6. Saudi Arabia Data Protection Market Overview
7. Saudi Arabia Data Protection Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Services, Solution)
7.2.1.1. By Solution (Data Backup & Recovery, Data Archiving & eDiscovery, Disaster Recovery, Encryption, Tokenization, Data Loss Prevention (DLP), and Others)
7.2.1.2. By Services (Professional Services, Managed Services)
7.2.2. By Deployment Mode (Cloud, On-premises)
7.2.3. By Organization Size (SMEs, Large Enterprise)
7.2.4. By End User (BFSI, Government & Defense, Retail & eCommerce, Travel & Hospitality, Healthcare & Life Sciences, Energy & Utilities, Media & Entertainment, Travel & Hospitality, Telecommunications & IT, and Others)
7.2.5. By Region (Northern & Central Region, Eastern Region, Southern Region, and Western Region)
7.2.6. By Company
7.3. Market Map
8. Northern & Central Region Saudi Arabia Data Protection Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.1.1. By Solution
8.2.1.2. By Services
8.2.2. By Deployment Mode
8.2.3. By Organization Size
8.2.4. By End User
9. Eastern Region Saudi Arabia Data Protection Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.1.1. By Solution
9.2.1.2. By Services
9.2.2. By Deployment Mode
9.2.3. By Organization Size
9.2.4. By End User
10. Southern Region Saudi Arabia Data Protection Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.1.1. By Solution
10.2.1.2. By Services
10.2.2. By Deployment Mode
10.2.3. By Organization Size
10.2.4. By End User
11. Western Region Saudi Arabia Data Protection Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.1.1. By Solution
11.2.1.2. By Services
11.2.2. By Deployment Mode
11.2.3. By Organization Size
11.2.4. By End User
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. stc Solutions Company
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Financials & Revenue
14.1.3. Key Contact Person
14.1.4. Headquarters Address
14.1.5. Key Product/Service Offered
14.2. Aramco Services Company
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Financials & Revenue
14.2.3. Key Contact Person
14.2.4. Headquarters Address
14.2.5. Key Product/Service Offered
14.3. Gulf Cyber Solutions Company Limited
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Financials & Revenue
14.3.3. Key Contact Person
14.3.4. Headquarters Address
14.3.5. Key Product/Service Offered
14.4. SecurView Company Limited
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Financials & Revenue
14.4.3. Key Contact Person
14.4.4. Headquarters Address
14.4.5. Key Product/Service Offered
14.5. IBM Saudi Arabia Limited Liability Company
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Financials & Revenue
14.5.3. Key Contact Person
14.5.4. Headquarters Address
14.5.5. Key Product/Service Offered
14.6. Microsoft Saudi Arabia Limited Liability Company
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Financials & Revenue
14.6.3. Key Contact Person
14.6.4. Headquarters Address
14.6.5. Key Product/Service Offered
14.7. Dell Technologies Saudi Arabia Limited Liability Company
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Financials & Revenue
14.7.3. Key Contact Person
14.7.4. Headquarters Address
14.7.5. Key Product/Service Offered
14.8. HP Saudi Arabia Limited Liability Company
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Financials & Revenue
14.8.3. Key Contact Person
14.8.4. Headquarters Address
14.8.5. Key Product/Service Offered
14.9. Cisco Saudi Arabia Limited Liability Company
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Financials & Revenue
14.9.3. Key Contact Person
14.9.4. Headquarters Address
14.9.5. Key Product/Service Offered
14.10. Palo Alto Networks Saudi Arabia Limited Liability Company
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Financials & Revenue
14.10.3. Key Contact Person
14.10.4. Headquarters Address
14.10.5. Key Product/Service Offered
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Saudi Arabia Data Protection Market has valued at USD 3.89 Billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 16.27% through 2028. The data protection market in Saudi Arabia has undergone a substantial evolution in recent years, reflecting the growing global awareness of the importance of data security and privacy. As one of the largest economies in the Middle East, Saudi Arabia has taken significant steps to address these concerns and establish a robust framework for data protection. In 2019, the Kingdom introduced the Saudi Data and Privacy Protection Law (SDPPL), a pivotal move that has not only enhanced consumer trust but has also prompted businesses to invest significantly in advanced data protection solutions and services. A driving force behind the growth of the data protection market in Saudi Arabia is the widespread digital transformation across various sectors, including finance, healthcare, government, and more. In an era where organizations increasingly rely on digital data for decision-making and customer engagement, the imperative to secure this information has become paramount. Consequently, there has been a surge in demand for comprehensive data protection solutions encompassing encryption, access control, data loss prevention, and threat detection. Leading global cybersecurity companies have recognized this opportunity and established a formidable presence in the Saudi market, offering tailored technologies to meet the unique needs of the region.
Furthermore, the Saudi government's commitment to diversify its economy away from oil dependency has led to substantial investments in information technology and telecommunications infrastructure. This drive towards digital transformation has heightened awareness of data protection and privacy, making them top priorities for both public and private sector entities. Government agencies have actively promoted data protection best practices through awareness campaigns and partnerships with industry stakeholders. Moreover, the increasing use of cloud computing services and the proliferation of Internet of Things (IoT) devices have expanded the attack surface, necessitating more advanced data protection measures to counter evolving threats. The COVID-19 pandemic acted as a catalyst for digitalization across Saudi Arabia, as remote work and online transactions surged, necessitating robust data protection measures. With this shift, the importance of data security and privacy has been magnified, resulting in increased investments in cybersecurity and data protection solutions. Organizations have had to adapt rapidly to the ever-evolving threat landscape, which has seen a rise in sophisticated cyberattacks, ransomware incidents, and data breaches. Consequently, cybersecurity and data protection have become integral components of business continuity and risk management strategies.
One notable aspect of the data protection market in Saudi Arabia is the emphasis on compliance with the SDPPL. The law places stringent requirements on organizations regarding the collection, processing, and storage of personal data. Businesses have been compelled to invest in technologies and processes that ensure compliance, driving growth in the data protection sector. Companies have also been focusing on data governance and privacy practices, including appointing Data Protection Officers (DPOs) to oversee compliance and manage data-related risks. The financial sector in Saudi Arabia, including banks and insurance companies, has been at the forefront of adopting advanced data protection measures. With the increasing volume of digital transactions and the sensitive nature of financial data, these institutions have made significant investments in cybersecurity solutions and have been quick to adhere to data protection regulations. The healthcare sector has also witnessed notable advancements in data protection, particularly as the adoption of electronic health records (EHRs) and telemedicine services has gained momentum.
The education sector in Saudi Arabia has also been an area of significant growth in data protection. As schools and universities have embraced online learning platforms, the need to safeguard student and faculty data has become paramount. Educational institutions have invested in cybersecurity awareness programs and robust data protection measures to ensure the privacy and security of sensitive information. Government agencies in Saudi Arabia have played a pivotal role in promoting data protection practices. The National Cybersecurity Authority (NCA) has been at the forefront of these efforts, collaborating with public and private sector entities to enhance cybersecurity resilience and enforce data protection regulations. The NCA has also been instrumental in raising awareness about the importance of cybersecurity and data protection among individuals and organizations alike. Looking ahead, the data protection market in Saudi Arabia is poised for continued growth. The Kingdom's commitment to digital transformation, coupled with the evolving threat landscape and regulatory requirements, ensures that data protection will remain a top priority for businesses and government entities. As technology continues to advance and data becomes increasingly valuable, the demand for cutting-edge data protection solutions and services is expected to rise, solidifying Saudi Arabia's position as a key player in the global data protection market. The nation's dedication to securing sensitive information and fostering a culture of data privacy will contribute to its continued leadership in data protection efforts within the Middle East and on the international stage.
Key Market Drivers
Regulatory Framework and Compliance Requirements
One of the primary drivers of the data protection market in Saudi Arabia is the robust regulatory framework and compliance requirements. The introduction of the Saudi Data and Privacy Protection Law (SDPPL) in 2019 marked a significant milestone in data protection within the Kingdom. This law has laid down stringent rules and standards for the collection, processing, and storage of personal data. As a result, businesses, and organizations, both domestic and international, are compelled to invest in data protection solutions and services to ensure compliance. The SDPPL not only enhances consumer trust by safeguarding their personal information but also creates a competitive landscape where organizations need to prioritize data protection to avoid legal repercussions and penalties. This regulatory environment has driven demand for data protection solutions that help organizations secure data, manage access, and demonstrate compliance through auditing and reporting features. Companies are investing in technologies like data encryption, identity and access management, and data loss prevention to meet these requirements. As regulatory frameworks continue to evolve, the data protection market in Saudi Arabia is expected to grow further.
Digital Transformation and Increasing Data Volumes
The ongoing digital transformation across various sectors in Saudi Arabia is another significant driver for the data protection market. Industries such as finance, healthcare, and government have embraced digital technologies to enhance their services, streamline operations, and engage with customers more effectively. This digitalization has resulted in the generation and processing of vast amounts of data, including sensitive and confidential information. Therefore, the need to protect this data from threats, breaches, and cyberattacks has become paramount. With the adoption of cloud computing, Internet of Things (IoT) devices, and data-driven decision-making, organizations face an expanded attack surface. They must secure data in transit, at rest, and during processing. This has led to a growing demand for comprehensive data protection solutions, including advanced encryption methods, robust access controls, and data security analytics. As businesses continue to digitize their operations, the data protection market is poised for sustained growth as organizations seek to safeguard their digital assets.
Cybersecurity Threat Landscape
The evolving cybersecurity threat landscape is another critical driver propelling the data protection market in Saudi Arabia. Cyberattacks have become more sophisticated, frequent, and damaging, targeting organizations of all sizes and sectors. Threat actors use various tactics, including ransomware, phishing, and insider threats, to compromise data integrity and steal sensitive information. As a result, businesses are increasingly investing in cybersecurity measures, with data protection at the forefront of their strategies. To counter these threats, organizations are adopting advanced data protection solutions such as next-generation firewalls, intrusion detection and prevention systems, and security information and event management (SIEM) solutions. These technologies help detect and respond to threats in real-time, minimizing the risk of data breaches and data loss. Furthermore, businesses are investing in employee training and awareness programs to bolster their cybersecurity posture. The ever-present threat landscape ensures a continuous demand for robust data protection solutions and services in Saudi Arabia.
Remote Work and Pandemic-Induced Changes
The COVID-19 pandemic has accelerated remote work and online activities, driving further demand for data protection solutions. As businesses and government agencies shifted to remote work models to ensure business continuity, the need to secure data beyond traditional office boundaries became evident. This sudden shift posed challenges for organizations in terms of data security and privacy, as employees accessed sensitive information from various locations and devices. To address these challenges, organizations in Saudi Arabia have invested in secure remote access technologies, virtual private networks (VPNs), and endpoint security solutions to protect data in transit and on remote devices. Additionally, the increased reliance on online services, e-commerce, and telemedicine has amplified the importance of data protection. The surge in online transactions and digital interactions has made data privacy a critical aspect of customer trust and business reputation. Consequently, organizations are ramping up their data protection efforts to meet the evolving demands of a post-pandemic world, driving the growth of the data protection market in Saudi Arabia.
Key Market Challenges
Evolving Cybersecurity Threat Landscape
One of the most significant challenges facing the data protection market in Saudi Arabia is the constantly evolving cybersecurity threat landscape. As organizations invest in advanced data protection measures to secure their sensitive information, cybercriminals and malicious actors continue to develop new tactics, techniques, and procedures to compromise data integrity and privacy. These evolving threats pose a constant challenge to the effectiveness of data protection solutions. Cyberattacks are becoming increasingly sophisticated, with tactics ranging from ransomware attacks that encrypt critical data and demand ransoms to phishing campaigns designed to deceive users and gain unauthorized access to systems. Insider threats, where employees or trusted individuals misuse their access privileges, also pose a significant risk to data security. Additionally, state-sponsored cyber espionage activities and cyberterrorism add to the complexity of the threat landscape. To address these challenges, organizations in Saudi Arabia must continually adapt and enhance their data protection strategies. This involves staying informed about emerging threats, investing in threat intelligence solutions, and regularly updating security protocols and technologies. The need for real-time threat detection and rapid incident response capabilities is paramount to mitigate the impact of cyberattacks and data breaches. However, keeping pace with the evolving threat landscape can be resource-intensive and challenging, making it an ongoing challenge for the data protection market.
Regulatory Complexity and Compliance Burden
Another significant challenge in the Saudi Arabian data protection market is the complexity of regulations and the burden of compliance requirements. While regulations like the Saudi Data and Privacy Protection Law (SDPPL) are essential for safeguarding data privacy and security, they can be intricate and challenging for organizations to navigate, particularly for those operating in multiple jurisdictions. Compliance with data protection regulations often necessitates significant investments in data security measures, privacy policies, and auditing processes. Businesses must not only align their practices with national regulations like the SDPPL but also consider international standards and regulations if they engage in cross-border data transfers. This complexity is particularly challenging for multinational corporations and organizations with global operations. Moreover, regulations can change over time, requiring organizations to continuously monitor and adapt their data protection practices remaining compliant. The introduction of new regulations or amendments to existing ones can create uncertainty and additional compliance burdens.
Key Market Trends
Increasing Emphasis on Data Privacy and Compliance
One prominent trend shaping the data protection market in Saudi Arabia is the increasing emphasis on data privacy and regulatory compliance. With the introduction of the Saudi Data and Privacy Protection Law (SDPPL) in 2019, businesses and organizations operating in the Kingdom have been compelled to prioritize data protection and privacy. This trend reflects a global movement towards stronger data privacy regulations, such as the European Union's General Data Protection Regulation (GDPR), which have set a precedent for stringent data protection measures.
Under the SDPPL, organizations are required to adhere to strict rules regarding the collection, processing, and storage of personal data. Non-compliance can result in significant fines and legal repercussions. Consequently, businesses are investing in data protection solutions and services that enable them to comply with these regulations. This includes implementing robust data encryption, access control mechanisms, and data loss prevention strategies. Furthermore, organizations are appointing Data Protection Officers (DPOs) to oversee compliance and ensure adherence to data protection best practices. As the regulatory landscape continues to evolve, with potential updates and amendments to the SDPPL, the trend towards stronger data privacy and compliance measures is expected to persist. Organizations are likely to continue their investments in data protection technologies to not only meet legal requirements but also gain a competitive edge by demonstrating their commitment to data privacy and security.
Adoption of Advanced Technologies for Data Protection
Another significant trend in the Saudi Arabian data protection market is the adoption of advanced technologies to enhance data security. With the increasing sophistication of cyber threats and the growing volume of data generated by organizations, traditional security measures are no longer sufficient. Consequently, businesses are turning to cutting-edge solutions to safeguard their sensitive information. One notable technology trend is the widespread adoption of artificial intelligence (AI) and machine learning (ML) for data protection. AI and ML algorithms can analyze vast datasets in real-time, helping organizations detect anomalies and potential security breaches quickly. These technologies can identify patterns of behavior that may indicate a cyberattack or unauthorized access, allowing for timely responses to mitigate risks.
Additionally, the integration of AI-powered threat intelligence platforms is gaining momentum. These platforms provide organizations with actionable insights into emerging threats, enabling them to proactively strengthen their data protection strategies. AI and ML are also being used for identity and access management, enhancing the authentication process, and ensuring that only authorized individuals can access sensitive data. Blockchain technology is another noteworthy trend in data protection. Its decentralized and immutable nature makes it an attractive option for securing data, particularly in industries like finance and healthcare. Blockchain can be used to create tamper-proof records, authenticate transactions, and ensure the integrity of data throughout its lifecycle.
Moreover, the use of data encryption techniques, including homomorphic encryption and quantum-resistant encryption, is becoming more prevalent. These encryption methods provide an extra layer of security, making it extremely challenging for unauthorized parties to decipher protected data, even with advanced computing capabilities. The adoption of cloud-native security solutions is also on the rise. As organizations migrate their data and workloads to the cloud, they require robust cloud security measures. Cloud-native security solutions offer real-time monitoring, threat detection, and incident response capabilities specific to cloud environments, ensuring that data remains secure both on-premises and in the cloud.
Data Protection as a Service (DPaaS)
A third significant trend in the Saudi Arabian data protection market is the emergence and growth of Data Protection as a Service (DPaaS) offerings. DPaaS is gaining traction as organizations seek flexible and cost-effective solutions to address their data protection needs. DPaaS providers offer a range of services, including backup and recovery, disaster recovery, data encryption, and data loss prevention, delivered as a subscription-based service. This approach allows organizations to outsource their data protection requirements to specialized providers, reducing the complexity and cost associated with maintaining on-premises solutions. One of the primary drivers of DPaaS adoption is the scalability it offers. Organizations can easily adjust their data protection services to align with changing business needs and data volumes. This scalability is especially beneficial in a dynamic business environment where data volumes can fluctuate significantly.
Furthermore, DPaaS providers often leverage cloud infrastructure, enabling organizations to take advantage of the cloud's scalability, redundancy, and global reach. This ensures data availability and business continuity, even in the face of unexpected disruptions or disasters. Security is a top priority for DPaaS providers, as they are responsible for safeguarding their clients' data. As a result, DPaaS offerings typically include robust security measures, such as encryption, multi-factor authentication, and continuous monitoring for threats. This can provide organizations with peace of mind, knowing that their data is protected by experts in the field. The trend towards DPaaS is expected to continue growing as organizations recognize the benefits of outsourcing their data protection needs. As the DPaaS market matures, providers will likely offer more specialized and customizable solutions to cater to various industries and specific security requirements, further contributing to the expansion of the data protection market in Saudi Arabia.
Segmental Insights
Solution Type Insights
Based on solutions, the disaster recovery type segment has established its dominance in the data protection market and is projected to maintain this position throughout the forecast period. This enduring prominence can be attributed to the critical role disaster recovery solutions play in ensuring business continuity and safeguarding data integrity. Organizations in Saudi Arabia, like those worldwide, recognize the ever-present risk of data loss due to natural disasters, cyberattacks, or system failures. Consequently, the demand for robust disaster recovery solutions has surged, fuelled by the need to minimize downtime, recover data swiftly, and maintain operational resilience. Moreover, the increasing complexity of IT infrastructures, the proliferation of data, and the growing reliance on digital systems have further underscored the importance of disaster recovery solutions. These solutions encompass data backup, replication, and failover mechanisms, offering organizations a lifeline when unforeseen disruptions occur. The COVID-19 pandemic, which accelerated digital transformation and remote work, has amplified the significance of disaster recovery as organizations aim to protect their dispersed data assets. As businesses strive to ensure data availability and minimize financial losses resulting from downtime, the disaster recovery segment remains at the forefront of data protection strategies in Saudi Arabia. The resilience and reliability offered by disaster recovery solutions will continue to be a top priority for organizations seeking to navigate the evolving threat landscape and safeguard their critical data assets.
End User Type Insights
Based on end user, the healthcare & life sciences segment in Saudi Arabia data protection market is expected to register fastest growth during the forecast period. This rapid growth is underpinned by several key factors. Firstly, the healthcare and life sciences industry in Saudi Arabia is witnessing a profound digital transformation, characterized by the adoption of electronic health records (EHRs), telemedicine, and data-driven healthcare solutions. As medical facilities and professionals increasingly rely on digital platforms to manage patient data and deliver care, the need to safeguard sensitive health information becomes paramount. Secondly, the COVID-19 pandemic has accelerated the adoption of telehealth services and remote patient monitoring, further amplifying the importance of robust data protection measures. The sector recognizes that data breaches or unauthorized access can have severe consequences, including compromised patient confidentiality and trust. Therefore, investments in advanced data protection solutions, encryption technologies, and compliance with data privacy regulations are becoming fundamental to the healthcare and life sciences sector's growth and innovation in Saudi Arabia.
Regional Insights
The Eastern region has established itself as the leader in the Saudi Arabia data protection market with a significant revenue share. This commanding position can be attributed to a confluence of pivotal factors that set the Eastern region apart. Firstly, it is home to some of the world's largest and most data-rich oil and gas companies, operating on a global scale. These industry giants generate an immense volume of sensitive and critical data, necessitating stringent data protection measures to ensure its security and integrity. Moreover, the Eastern region has embraced digital transformation at an accelerated pace, with businesses across various sectors increasingly relying on digital platforms, cloud services, and data-driven operations. This digitalization drive has substantially elevated the volume of data generated and stored, amplifying the need for robust data protection solutions and strategies.
Additionally, the Eastern region benefits from a favorable regulatory environment, with government entities like the Saudi Arabian General Authority for Data Protection (GADPD) headquartered in this vital economic hub. The strong emphasis on data protection and cybersecurity by both public and private sectors has fostered an environment conducive to the growth of the data protection market. In parallel, the Eastern region boasts a cluster of prominent data protection solution providers, further bolstering its leadership in the market. These providers offer a wide spectrum of cutting-edge solutions and services, empowering businesses of all sizes to fortify their data protection measures. As the Eastern region continues to drive digital innovation, host major data-intensive industries, and uphold a robust regulatory framework, it is poised to maintain its preeminent role in the Saudi Arabia Data Protection market, setting benchmarks for data security and privacy standards in the region.
Key Market Players
stc Solutions Company
Aramco Services Company
Gulf Cyber Solutions Company Limited
SecurView Company Limited
IBM Saudi Arabia Limited Liability Company
Microsoft Saudi Arabia Limited Liability Company
Dell Technologies Saudi Arabia Limited Liability Company
HP Saudi Arabia Limited Liability Company
Cisco Saudi Arabia Limited Liability Company
Palo Alto Networks Saudi Arabia Limited Liability Company
Report Scope:
In this report, the Saudi Arabia Data Protection market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Saudi Arabia Data Protection Market, By Component:
o Service
 Professional Services
 Managed Services
o Solution
 Data Backup & Recovery
 Data Archiving & eDiscovery
 Disaster Recovery
 Encryption
 Tokenization
 Data Loss Prevention (DLP)
 Other
• Saudi Arabia Data Protection Market, By Deployment Mode:
o Cloud
o On-Premises
• Saudi Arabia Data Protection Market, By Organization Size:
o SMEs
o Large Enterprise
• Saudi Arabia Data Protection Market, By End User:
o BFSI
o Government & Defense
o Retail and eCommerce
o Travel and Hospitality
o Healthcare and Life Sciences
o Energy and Utilities
o Media and Entertainment
o Travel and Hospitality
o Telecommunications and IT
o Others
• Saudi Arabia Data Protection Market, By Region:
o Northern & Central Region
o Eastern Region
o Southern Region
o Western Region
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Saudi Arabia Data Protection Market.
Available Customizations:
Saudi Arabia Data Protection market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Service Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Saudi Arabia Data Protection Market
5. Voice of Customer
6. Saudi Arabia Data Protection Market Overview
7. Saudi Arabia Data Protection Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Services, Solution)
7.2.1.1. By Solution (Data Backup & Recovery, Data Archiving & eDiscovery, Disaster Recovery, Encryption, Tokenization, Data Loss Prevention (DLP), and Others)
7.2.1.2. By Services (Professional Services, Managed Services)
7.2.2. By Deployment Mode (Cloud, On-premises)
7.2.3. By Organization Size (SMEs, Large Enterprise)
7.2.4. By End User (BFSI, Government & Defense, Retail & eCommerce, Travel & Hospitality, Healthcare & Life Sciences, Energy & Utilities, Media & Entertainment, Travel & Hospitality, Telecommunications & IT, and Others)
7.2.5. By Region (Northern & Central Region, Eastern Region, Southern Region, and Western Region)
7.2.6. By Company
7.3. Market Map
8. Northern & Central Region Saudi Arabia Data Protection Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.1.1. By Solution
8.2.1.2. By Services
8.2.2. By Deployment Mode
8.2.3. By Organization Size
8.2.4. By End User
9. Eastern Region Saudi Arabia Data Protection Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.1.1. By Solution
9.2.1.2. By Services
9.2.2. By Deployment Mode
9.2.3. By Organization Size
9.2.4. By End User
10. Southern Region Saudi Arabia Data Protection Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.1.1. By Solution
10.2.1.2. By Services
10.2.2. By Deployment Mode
10.2.3. By Organization Size
10.2.4. By End User
11. Western Region Saudi Arabia Data Protection Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.1.1. By Solution
11.2.1.2. By Services
11.2.2. By Deployment Mode
11.2.3. By Organization Size
11.2.4. By End User
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. stc Solutions Company
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Financials & Revenue
14.1.3. Key Contact Person
14.1.4. Headquarters Address
14.1.5. Key Product/Service Offered
14.2. Aramco Services Company
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Financials & Revenue
14.2.3. Key Contact Person
14.2.4. Headquarters Address
14.2.5. Key Product/Service Offered
14.3. Gulf Cyber Solutions Company Limited
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Financials & Revenue
14.3.3. Key Contact Person
14.3.4. Headquarters Address
14.3.5. Key Product/Service Offered
14.4. SecurView Company Limited
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Financials & Revenue
14.4.3. Key Contact Person
14.4.4. Headquarters Address
14.4.5. Key Product/Service Offered
14.5. IBM Saudi Arabia Limited Liability Company
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Financials & Revenue
14.5.3. Key Contact Person
14.5.4. Headquarters Address
14.5.5. Key Product/Service Offered
14.6. Microsoft Saudi Arabia Limited Liability Company
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Financials & Revenue
14.6.3. Key Contact Person
14.6.4. Headquarters Address
14.6.5. Key Product/Service Offered
14.7. Dell Technologies Saudi Arabia Limited Liability Company
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Financials & Revenue
14.7.3. Key Contact Person
14.7.4. Headquarters Address
14.7.5. Key Product/Service Offered
14.8. HP Saudi Arabia Limited Liability Company
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Financials & Revenue
14.8.3. Key Contact Person
14.8.4. Headquarters Address
14.8.5. Key Product/Service Offered
14.9. Cisco Saudi Arabia Limited Liability Company
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Financials & Revenue
14.9.3. Key Contact Person
14.9.4. Headquarters Address
14.9.5. Key Product/Service Offered
14.10. Palo Alto Networks Saudi Arabia Limited Liability Company
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Financials & Revenue
14.10.3. Key Contact Person
14.10.4. Headquarters Address
14.10.5. Key Product/Service Offered
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(life)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る