世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

クラウドワークロード保護市場の世界産業規模、シェア、動向、機会、予測、セグメント:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、展開別(プライベート、パブリック、ハイブリッド)、エンドユーザー別(BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、IT・通信、小売・消費財)、地域別、競合別、2018年~2028年


Cloud Workload Protection Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Component (Solutions, Services), By Deployment (Private, Public, Hybrid), By End-User (BFSI, Healthcare and Life Sciences, IT and Telecommunications, Retail and Consumer Goods), By Region, By Competition, 2018-2028

世界のクラウドワークロード保護市場の2022年の市場規模は23億4,000万ドルで、2028年までの年平均成長率は24.43%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。世界のクラウドワークロード保護市場は、主に様々な... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
181 英語

 

サマリー

世界のクラウドワークロード保護市場の2022年の市場規模は23億4,000万ドルで、2028年までの年平均成長率は24.43%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。世界のクラウドワークロード保護市場は、主に様々な業界における高度なクラウドセキュリティソリューションに対する需要の高まりによって、現在大きな成長を遂げています。クラウドワークロード保護は、機密データを保護し、クラウドベースのシステムの安全な運用を確保する上で不可欠なものとなっており、最新のサイバーセキュリティ戦略の極めて重要な要素となっている。クラウド・ワークロード・プロテクション市場の主要な成長要因の1つは、クラウド・コンピューティングの絶え間ない拡大と、ハイブリッドおよびマルチクラウド環境の採用である。企業のクラウドへの業務移行が進むにつれて、ワークロードを保護するための強固なセキュリティ対策の必要性が最重要視されるようになっている。クラウド・ワークロード保護ソリューションは、リアルタイムの脅威検出、脆弱性評価、セキュリティ・インシデントへの自動応答を提供し、クラウドベースの資産の防御を強化します。さらに、高度なサイバー脅威の台頭と脅威の状況の進化により、クラウド・ワークロードの保護が不可欠となっています。悪意のある行為者は、クラウド環境に侵入するための新しい戦術、技術、手順を絶えず開発しています。クラウド・ワークロード保護ソリューションは、高度な脅威インテリジェンス、機械学習、行動分析を活用して新たな脅威を検出・緩和し、クラウド・ワークロードの完全性と可用性を確保します。さらに、コンプライアンス要件とデータプライバシー規制が、クラウドワークロード保護ソリューションの採用に拍車をかけている。組織は、機密データを保護し、顧客の信頼を維持するために、厳格な規制の枠組みを遵守しなければなりません。クラウド・ワークロード保護ソリューションは、セキュリティ・ポリシーの監視と実施、データの暗号化、コンプライアンス報告のための監査証跡の生成など、コンプライアンスを達成するために必要なツールを提供します。さらに、リモートワークや分散型ワークフォースへの世界的なシフトは、クラウドセキュリティの重要性を高めています。従業員がさまざまな場所やデバイスからクラウドリソースにアクセスするようになったことで、クラウドワークロードのセキュリティ確保が最優先課題となっています。クラウド・ワークロード保護ソリューションにより、企業はセキュリティ対策をリモート・ユーザーやデバイスにまで拡大し、ユーザーの所在地に関係なく一貫した保護を確保することができます。クラウドインフラの複雑化と一元的なセキュリティ管理の必要性が、クラウドワークロード保護プラットフォームの採用を後押ししています。これらのプラットフォームは、複数のクラウドプロバイダーにわたるセキュリティの統一されたビューを提供し、セキュリティポリシーの実施を合理化することで、運用上のオーバーヘッドを削減し、全体的な効率を高めます。
結論として、世界のクラウド・ワークロード・プロテクション市場は、包括的なクラウド・セキュリティ・ソリューションに対する需要の高まりにより、力強い成長を遂げている。クラウド・コンピューティングの採用拡大、進化するサイバー脅威、規制遵守要件、リモートワークの傾向、一元的なセキュリティ管理の必要性などが、この市場の成長に寄与している。企業がクラウド技術を採用し続ける中、クラウドワークロードの保護は、クラウドワークロードの安全で中断のない運用を保証するサイバーセキュリティ戦略の重要な要素であり続けるだろう。
主な市場促進要因
高まるサイバーセキュリティの脅威と高度化
世界のクラウド・ワークロード・プロテクション市場において、最も重要な推進要因の1つは、サイバーセキュリティの脅威の深刻化とその高度化である。企業がワークロードやデータをクラウドに移行し続ける中、クラウドベースの資産を標的としたサイバー攻撃の増加に直面している。こうした脅威は、マルウェアやランサムウェアによる攻撃から、データ侵害や内部脅威まで多岐にわたる。サイバー犯罪者は、クラウド環境を侵害する手口を常に進化させている。彼らは、ポリモーフィック・マルウェアやゼロデイ脆弱性などの高度なテクニックを採用し、従来のセキュリティ対策を有効なものにしていません。攻撃者はセキュリティ防御の先を行くことができるため、プロアクティブで適応性の高い防御の必要性が高まっている。
データ漏えいは日常茶飯事となり、企業に深刻な財政的・風評的損害を与えている。GDPRやCCPAのような厳格なデータプライバシー規制の導入により、データ侵害の結果は、規制当局の罰金や法的措置により財政的に打撃を受ける可能性があります。その結果、企業は機密データを保護し、コンプライアンスを確保するために、堅牢なクラウド・ワークロード保護ソリューションへの投資を余儀なくされている。
ワークロードやアプリケーションが複数のクラウドプラットフォームやデバイスに分散しているため、従来のネットワーク境界のセキュリティではもはや十分ではありません。パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドのどの環境でホストされていても、ワークロードを保護できるセキュリティソリューションが必要です。クラウド・ワークロード・プロテクション・ソリューションはこの機能を提供し、場所に関係なくワークロードを保護します。
クラウドの移行と採用
世界のクラウドワークロード保護市場の2つ目の重要な推進要因は、さまざまな業種の組織によるクラウドへの移行と導入が急速に進んでいることです。クラウドコンピューティングはデジタルトランスフォーメーション戦略の基幹となり、拡張性、柔軟性、コスト効率を提供している。その結果、企業はワークロードをかつてないペースでクラウドに移行している。クラウドプラットフォームは、必要に応じてリソースを増減する機能を組織に提供し、変動するワークロードやビジネス需要に対応する。クラウドプラットフォームは、ワークロードの変動やビジネス需要に対応し、必要に応じてリソースを増減できる機能を提供します。この拡張性により、コスト削減と運用の効率化が可能になると同時に、多額のハードウェア先行投資の必要性もなくなります。
リモートワークとコラボレーション:
リモートワークとコラボレーション・ツールへの世界的なシフトは、クラウドの採用を加速させている。クラウドベースの生産性向上およびコミュニケーション・アプリケーションにより、遠隔地の従業員は場所を問わず重要なリソースに安全にアクセスできるようになり、リモート・アクセス・ポイントを保護する堅牢なクラウド・ワークロード保護の必要性が高まっています。
デジタルトランスフォーメーションへの取り組み:
企業は、競争力を維持し、進化する顧客の期待に応えるために、デジタル・トランスフォーメーション・イニシアチブを採用しています。クラウドネイティブなアプリケーションとサービスは、こうした取り組みの最前線にあり、デジタル資産と顧客データを保護する包括的なセキュリティ対策が必要とされています。
規制遵守とデータプライバシーへの懸念
世界のクラウド・ワークロード・プロテクション市場を牽引する3つ目の要因は、厳しい規制コンプライアンス要件とデータ・プライバシーへの懸念の高まりです。世界各国の政府は、機密データのプライバシーとセキュリティを保護するための法律を制定し、そのようなデータを扱う組織に厳しい要件を課している。
欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)やカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)などの規制は、顧客データを保護し、データ侵害を迅速に報告する重大な義務を組織に課している。これに従わない場合、多額の罰金が課されたり、組織の評判が損なわれたりする可能性がある。
データ主権:
多くの国でデータ主権法が制定され、企業はデータを自国内で保管・処理することが義務付けられている。企業はクラウドの利点を活用しながらコンプライアンスを確保する必要があるため、これはクラウドの採用を複雑にしている。クラウド・ワークロード保護ソリューションは、クラウド上のデータを保護し、現地の規制に確実に準拠させることで、データレジデンシー要件への対応を支援します。
消費者の信頼と評判:
データ漏洩や顧客データの不適切な取り扱いは、消費者の信頼を失い、企業の評判を落とす結果になりかねません。消費者がデータ・プライバシーの権利をより強く意識するようになるにつれ、消費者は企業がデータを保護するために必要なあらゆる対策を講じることを期待するようになっている。堅牢なクラウド・ワークロード保護ソリューションの導入は、コンプライアンスを保証するだけでなく、顧客との信頼関係を築くことにもつながる。
結論として、世界のクラウド・ワークロード・プロテクション市場は、サイバーセキュリティの脅威の高まり、クラウドへの急速な移行と導入、規制コンプライアンスとデータ・プライバシーの必要性によって牽引されている。これらの要因により、クラウドワークロード保護ソリューションは、クラウドベースの資産を保護し、ますますデジタル化され接続された世界における機密データの完全性と機密性を確保する上で極めて重要であることが強調されている。
主な市場課題
進化するサイバーセキュリティ脅威の状況
世界のクラウド・ワークロード保護市場における最大の課題の1つは、継続的に進化し、ますます高度化するサイバーセキュリティ脅威の状況です。組織がワークロードをクラウドに移行するにつれて、サイバー犯罪者は迅速に適応し、特にクラウド環境を標的とした新たな攻撃ベクトルを開発している。このダイナミックな脅威の状況は、いくつかの重大な課題を提示している:サイバー犯罪者は、ゼロデイ脆弱性、ポリモーフィック・マルウェア、ソーシャル・エンジニアリングなどの高度なテクニックを駆使して、クラウド・ワークロードに侵入しています。これらの手法は従来のセキュリティ対策を回避することが多く、高度な脅威検知・対応能力が必要とされています。
多くの企業は、複数のクラウドサービスプロバイダーを同時に利用するマルチクラウド環境で事業を展開しています。多様なクラウドプラットフォームにまたがってセキュリティを管理することは、各プロバイダーが独自のセキュリティ機能と設定を持つ可能性があるため、複雑さを増します。これらの環境で一貫した保護とコンプライアンスを確保することは、重要な課題です。
クラウド環境は拡張性が高いため、企業は必要に応じてリソースを動的にプロビジョニングできる。しかし、このスケーラビリティは、可視性と制御という点では課題にもなる。セキュリティ・チームは、ワークロードの迅速な展開と廃止に対処しなければならず、最新のセキュリティ体制を維持することは困難です。
データプライバシーと法規制の遵守
世界のクラウド・ワークロード保護市場におけるもう一つの重要な課題は、データ・プライバシー規制の複雑な状況であり、クラウド環境で機密データを扱う際にコンプライアンスを確保する必要があることである。一般データ保護規則(GDPR)、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)、さまざまな業界固有の基準などの規制は、データの保存、処理、保護方法に厳しい要件を課している:
GDPRを含む多くのデータプライバシー規制は、国境を越えた個人データの移転に制限を設けている。GDPRを含む多くのデータ・プライバシー規制は、国境を越えた個人データの移転に制限を設けている。企業は、異なる地域にデータ・センターを持つクラウド・サービスを利用する場合、これらの規制をうまく利用しなければならない。
転送中および静止中のデータを暗号化することは、データ保護の基本要件です。特にマルチクラウド環境では、クラウドで暗号化が正しく実装され、管理されていることを確認するのは困難です。
規制によって、データの保存場所(データレジデンシー)や保存期間が定められている場合があります。組織は、事業継続性と災害復旧のニーズも考慮しながら、クラウドの展開をこれらの要件に合わせる必要がある。
クラウドの構成と誤設定
クラウドの構成と誤設定は、世界のクラウド・ワークロード・プロテクション市場において根強い課題となっている。クラウド環境は高度な柔軟性を提供するが、適切に管理されなければ、この柔軟性がセキュリティギャップにつながる可能性がある:
クラウド・サービス・プロバイダーは、サービスのデフォルト設定を提供することが多いが、必ずしも組織のセキュリティ要件に合致しているとは限らない。クラウド・サービス・プロバイダーは、サービスのデフォルト設定を提供することが多いが、これが必ずしも組織のセキュリティ要件に合致しているとは限らない。こうしたデフォルト設定の見直しや修正を怠ると、脆弱性が生じる可能性がある。
人為的なミスによる設定ミスは、クラウド・セキュリティ・インシデントの一般的な原因です。従業員や管理者がクラウドサービスを誤って設定することで、意図せずにデータやリソースが公開される可能性がある。
クラウドの設定や変更を可視化することは、設定ミスを迅速に検出して対処するために極めて重要である。堅牢な監視と警告の仕組みを導入することで、組織はセキュリティ上の問題を特定し、是正することができる。
まとめると、世界のクラウド・ワークロード・プロテクション市場は、進化するサイバーセキュリティの脅威の状況、データプライバシー規制の複雑な状況、クラウドの設定と誤設定の持続的な問題など、大きな課題に直面している。これらの課題に対処するには、高度なセキュリティ技術、コンプライアンスに関する専門知識、クラウドワークロードのセキュリティとコンプライアンスを確保するための注意深い監視を組み合わせる必要がある。
主な市場動向
クラウドワークロード保護のためのゼロトラストアーキテクチャ
世界のクラウド・ワークロード保護市場における顕著なトレンドの1つは、基盤となるセキュリティ・アプローチとしてのゼロ・トラスト・アーキテクチャの採用である。ゼロ・トラストは、従来の境界ベースのセキュリティ・モデルを超えて、より包括的かつ継続的なアプローチを採用してクラウド・ワークロードを保護する必要性を企業が認識していることから、支持を集めている。
ゼロ・トラストの原則ゼロ・トラストは、「決して信用せず、常に検証する」という原則に基づいて構築されている。これは、ネットワークの内外を問わず、いかなるエンティティもデフォルトでは信頼されないことを意味する。その代わり、ユーザーとワークロードは、リソースにアクセスする前に、継続的に認証し、アイデンティティとセキュリティ姿勢を検証しなければならない。このアプローチは、クラウドのワークロードの動的で分散した性質によく合致している。
マイクロセグメンテーション:ゼロトラストでは、ワークロードをより小さな粒度のセグメントに分離するマイクロセグメンテーションを実装することが多い。これにより、企業はクラウド環境内での横方向の動きを制限することができる。マイクロセグメンテーションは、不正アクセスを防止し、潜在的な侵害を抑制するのに役立つ。
継続的な監視:ゼロトラストの重要な側面は、継続的な監視とリアルタイムの脅威検知です。クラウドワークロード保護ソリューションでは、クラウドワークロード内の異常や潜在的な脅威を検出するために、挙動分析や機械学習を取り入れるケースが増えています。このプロアクティブなアプローチは、早い段階で脅威を特定し緩和することでセキュリティを強化します。
コンテナとサーバーレスのセキュリティ
コンテナやサーバーレス・コンピューティングのようなクラウドネイティブ技術が広く採用されるようになるにつれて、クラウド・ワークロード保護市場の重要な傾向として、これらの環境に合わせた専門的なセキュリティ・ソリューションの必要性が高まっている。
コンテナは、最新のクラウド・ワークロードに不可欠なコンポーネントですが、セキュリティ上のユニークな課題があります。コンテナ・セキュリティ・ソリューションは、コンテナ化されたアプリケーションの可視化、脆弱性スキャン、ランタイム保護を提供します。これらのソリューションは、コンテナ化されたワークロードのライフサイクル全体を通じて安全性を確保するのに役立ちます。
サーバを管理せずにコードを実行できるサーバレス・コンピューティングは、ますます普及している。サーバーレス・セキュリティ・ソリューションは、サーバーレス・アプリケーションで使用される機能やAPIの監視とセキュリティ確保に重点を置いている。これらのソリューションは、サーバーレス環境におけるセキュリティ脅威の検出と対応を支援する。
コンテナとサーバーレス環境のセキュリティ・ニーズに対応するため、組織はセキュリティをDevOps(開発・運用)プロセスに統合し、DevSecOpsを実現しつつある。この傾向は、クラウドのワークロードを最初から確実に保護するために、セキュリティチェックを自動化し、開発パイプラインにセキュリティを統合することの重要性を強調している。
クラウドネイティブのセキュリティ体制管理
クラウドワークロード保護市場におけるもう一つの注目すべき傾向は、クラウドネイティブセキュリティ姿勢管理(CNSPM)ソリューションの採用が増加していることである。CNSPMソリューションは、クラウド環境におけるセキュリティポリシーとベストプラクティスの評価、監視、実施を支援するように設計されている。
CNSPM ソリューションは継続的なコンプライアンス監視を提供し、クラウドのワークロードが業界標準や規制要件を遵守していることを保証します。コンプライアンス違反を可視化し、改善策を提案します。
CNSPMソリューションは、クラウドリソースとワークロードのセキュリティ構成を評価し、セキュリティ脆弱性につながる可能性のある誤った構成を特定します。また、構成の問題にプロアクティブに対処できるよう支援します。
CNSPM ソリューションにより、企業はクラウド環境全体で一貫したセキュリティ・ポリシーを適用できる。CNSPMソリューションは、セキュリティ問題を迅速に修正するための自動化された修復機能を提供します。この自動化により、セキュリティ管理に必要な手作業が削減される。多くの CNSPM ソリューションは、主要なクラウド・プロバイダーのネイティブ・セキュリティ・サービスと統合し、その機能を強化している。この統合により、企業はセキュリティ管理を合理化し、クラウド・プロバイダーが提供するセキュリティ機能を活用できるようになる。結論として、世界のクラウド・ワークロード・プロテクション市場には、ゼロ・トラスト・アーキテクチャの採用、コンテナとサーバーレス・コンピューティングに特化したセキュリティ、クラウド・ネイティブ・セキュリティ・ポスチャ管理ソリューションの登場など、いくつかの重要なトレンドが見られる。これらのトレンドは、クラウドワークロードの進化する性質と、複雑化・動的化するクラウド環境においてそれらを保護する高度なセキュリティ対策の必要性を反映している。
セグメント別インサイト
アプリケーションインサイト

世界のクラウドワークロード保護市場では、ソリューションセグメントが圧倒的なシェアを占めている。ソリューションセグメントには、以下のような幅広いクラウドワークロード保護ソリューションが含まれる:モニタリングとロギング:これらのソリューションは、クラウドワークロードからデータを収集・分析し、セキュリティ脅威を特定して対応する。
ポリシーおよびコンプライアンス管理:これらのソリューションは、クラウドワークロードがセキュリティポリシーや規制に準拠していることを確認するのに役立つ。
脆弱性評価:これらのソリューションは、クラウドワークロードの脆弱性を特定し、修復のための推奨事項を提供します。
脅威の検出とインシデント対応クラウドワークロードにおけるセキュリティ脅威を検出し、対応します。
その他のソリューション:このセグメントには、データ暗号化、クラウドセキュリティ態勢管理、クラウドセキュリティ情報・イベント管理(SIEM)など、その他のクラウドワークロード保護ソリューションが含まれる。
ソリューションセグメントの成長は、以下を含む多くの要因によって牽引されている:クラウド・コンピューティングの導入拡大
クラウド・ワークロードを保護する必要性に対する意識の高まり
クラウド・ワークロードに対するサイバー攻撃の増加
政府の規制と業界のコンプライアンス要件
サービス分野には、以下のような幅広いクラウドワークロード保護サービスが含まれる:
トレーニング:トレーニング:クラウドワークロード保護ソリューションの使用方法やベストプラクティスに関するトレーニングを組織に提供するサービス。
コンサルティング:クラウドワークロードのセキュリティリスクを評価し、クラウドワークロード保護戦略の策定と実施を支援する。
統合:このサービスは、クラウドワークロード保護ソリューションを既存のセキュリティインフラストラクチャに統合することを支援します。
マネージドサービス:24時間365日の監視や対応など、クラウドワークロード保護のマネージドサービスを提供する。
サービスセグメントの成長は、クラウドワークロードを保護するために専門家の支援を得る必要性が高まっていることが背景にある。
全体として、世界のクラウド・ワークロード保護市場は、クラウド・コンピューティングの導入の増加とクラウド・ワークロード保護の必要性に対する意識の高まりによって、今後数年間で急成長すると予想される。
地域別洞察
北米は、世界のクラウドワークロード保護市場において支配的な地域です。
北米におけるクラウドワークロード保護市場の成長は、以下を含む多くの要因によって牽引されている:
クラウドコンピューティング技術の早期導入
厳しいデータセキュリティとプライバシー規制
大手クラウドワークロード保護ベンダーの存在感の高さ
クラウドワークロードに対するサイバー攻撃への意識の高まり
北米のクラウドワークロード保護市場の成長を牽引している主要国には、米国やカナダなどがある。
米国は北米最大のクラウドワークロード保護市場である。米国には、パロアルトネットワークス社(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなどの大手クラウドコンピューティングプロバイダーが多数存在する。これらのプロバイダーは、幅広いクラウド・ワークロード保護ソリューションを提供しており、米国のあらゆる規模の組織に採用されている。
カナダも北米における主要なクラウド・ワークロード保護市場である。カナダ政府はクラウドコンピューティング技術の採用を積極的に推進しており、カナダの多くの組織がクラウドワークロード保護ソリューションに投資している。
世界のクラウド・ワークロード保護市場のその他の主要地域には、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東・アフリカが含まれる。
欧州は主要なクラウド・ワークロード保護市場である。欧州の組織は、一般データ保護規則(GDPR)などの厳格なデータセキュリティおよびプライバシー規制に準拠するため、クラウドワークロード保護ソリューションに投資している。アジア太平洋地域はクラウド・ワークロード保護市場として急成長している。アジア太平洋地域には、クラウドコンピューティングとクラウドワークロード保護に多額の投資を行っている中国やインドなどの新興経済国が多数存在する。中東・アフリカは、規模は小さいが成長中のクラウドワークロード保護市場である。中東・アフリカ政府はクラウドコンピューティング技術の採用を積極的に推進しており、中東・アフリカの多くの組織がクラウドワークロード保護ソリューションに投資しています。全体として、世界のクラウドワークロード保護市場は、クラウドコンピューティングの採用の増加とクラウドワークロードを保護する必要性に対する意識の高まりに牽引され、今後数年間で急成長が見込まれています。
主な市場プレイヤー
シマンテック
マカフィー
トレンドマイクロ
シスコシステムズ
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
パロアルトネットワークス株式会社
フォーティネット
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ
ビットディフェンダーSRL
ヴイエムウェア
レポートの範囲
本レポートでは、クラウドワークロードプロテクションの世界市場を以下のカテゴリに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- クラウドワークロード保護市場、コンポーネント別
o ソリューション
o サービス
- クラウドワークロード保護市場:展開別
o プライベート
o パブリック
o ハイブリッド
- クラウドワークロード保護市場:エンドユーザー別
o BFSI
o ヘルスケア・ライフサイエンス
o IT・通信小売
消費財
- クラウドワークロード保護市場:地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o ヨーロッパ
 フランス
 イギリス
 イタリア
 ドイツ
 スペイン
 ベルギー
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 オーストラリア
 韓国
 インドネシア
 ベトナム
南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
 チリ
 ペルー
中東・アフリカ
 南アフリカ
 サウジアラビア
 アラブ首長国連邦
 トルコ
 イスラエル
競合状況
企業プロフィール:世界のクラウドワークロード保護市場に存在する主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ:
Tech Sci Research社は、与えられた市場データを用いて、世界のクラウドワークロード保護市場レポートを作成し、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供しています。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Global Cloud Workload Protection Market
5. Voice of Customer
6. Global Cloud Workload Protection Market Overview
7. Global Cloud Workload Protection Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Solutions, Services)
7.2.2. By Deployment (Private, Public, Hybrid)
7.2.3. By End-User (BFSI, Healthcare and Life Sciences, IT and Telecommunications, Retail and Consumer Goods)
7.2.4. By Region (North America, Europe, South America, Middle East & Africa, Asia Pacific)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. North America Cloud Workload Protection Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Deployment
8.2.3. By End-User
8.2.4. By Country
8.3. North America: Country Analysis
8.3.1. United States Cloud Workload Protection Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Component
8.3.1.2.2. By Deployment
8.3.1.2.3. By End-User
8.3.2. Canada Cloud Workload Protection Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Component
8.3.2.2.2. By Deployment
8.3.2.2.3. By End-User
8.3.3. Mexico Cloud Workload Protection Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Component
8.3.3.2.2. By Deployment
8.3.3.2.3. By End-User
9. Europe Cloud Workload Protection Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Deployment
9.2.3. By End-User
9.2.4. By Country
9.3. Europe: Country Analysis
9.3.1. Germany Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Component
9.3.1.2.2. By Deployment
9.3.1.2.3. By End-User
9.3.2. France Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Component
9.3.2.2.2. By Deployment
9.3.2.2.3. By End-User
9.3.3. United Kingdom Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Component
9.3.3.2.2. By Deployment
9.3.3.2.3. By End-User
9.3.4. Italy Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.4.1. Market Size & Forecast
9.3.4.1.1. By Value
9.3.4.2. Market Share & Forecast
9.3.4.2.1. By Component
9.3.4.2.2. By Deployment
9.3.4.2.3. By End-User
9.3.5. Spain Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.5.1. Market Size & Forecast
9.3.5.1.1. By Value
9.3.5.2. Market Share & Forecast
9.3.5.2.1. By Component
9.3.5.2.2. By Deployment
9.3.5.2.3. By End-User
9.3.6. Belgium Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.6.1. Market Size & Forecast
9.3.6.1.1. By Value
9.3.6.2. Market Share & Forecast
9.3.6.2.1. By Component
9.3.6.2.2. By Deployment
9.3.6.2.3. By End-User
10. South America Cloud Workload Protection Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Deployment
10.2.3. By End-User
10.2.4. By Country
10.3. South America: Country Analysis
10.3.1. Brazil Cloud Workload Protection Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Component
10.3.1.2.2. By Deployment
10.3.1.2.3. By End-User
10.3.2. Colombia Cloud Workload Protection Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Component
10.3.2.2.2. By Deployment
10.3.2.2.3. By End-User
10.3.3. Argentina Cloud Workload Protection Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Component
10.3.3.2.2. By Deployment
10.3.3.2.3. By End-User
10.3.4. Chile Cloud Workload Protection Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Component
10.3.4.2.2. By Deployment
10.3.4.2.3. By End-User
10.3.5. Peru Cloud Workload Protection Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Component
10.3.5.2.2. By Deployment
10.3.5.2.3. By End-User
11. Middle East & Africa Cloud Workload Protection Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Deployment
11.2.3. By End-User
11.2.4. By Country
11.3. Middle East & Africa: Country Analysis
11.3.1. Saudi Arabia Cloud Workload Protection Market Outlook
11.3.1.1. Market Size & Forecast
11.3.1.1.1. By Value
11.3.1.2. Market Share & Forecast
11.3.1.2.1. By Component
11.3.1.2.2. By Deployment
11.3.1.2.3. By End-User
11.3.2. UAE Cloud Workload Protection Market Outlook
11.3.2.1. Market Size & Forecast
11.3.2.1.1. By Value
11.3.2.2. Market Share & Forecast
11.3.2.2.1. By Component
11.3.2.2.2. By Deployment
11.3.2.2.3. By End-User
11.3.3. South Africa Cloud Workload Protection Market Outlook
11.3.3.1. Market Size & Forecast
11.3.3.1.1. By Value
11.3.3.2. Market Share & Forecast
11.3.3.2.1. By Component
11.3.3.2.2. By Deployment
11.3.3.2.3. By End-User
11.3.4. Turkey Cloud Workload Protection Market Outlook
11.3.4.1. Market Size & Forecast
11.3.4.1.1. By Value
11.3.4.2. Market Share & Forecast
11.3.4.2.1. By Component
11.3.4.2.2. By Deployment
11.3.4.2.3. By End-User
11.3.5. Israel Cloud Workload Protection Market Outlook
11.3.5.1. Market Size & Forecast
11.3.5.1.1. By Value
11.3.5.2. Market Share & Forecast
11.3.5.2.1. By Component
11.3.5.2.2. By Deployment
11.3.5.2.3. By End-User
12. Asia Pacific Cloud Workload Protection Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Component
12.1.2. By Deployment
12.1.3. By End-User
12.1.4. By Country
12.2. Asia-Pacific: Country Analysis
12.2.1. China Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.1.1. Market Size & Forecast
12.2.1.1.1. By Value
12.2.1.2. Market Share & Forecast
12.2.1.2.1. By Component
12.2.1.2.2. By Deployment
12.2.1.2.3. By End-User
12.2.2. India Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.2.1. Market Size & Forecast
12.2.2.1.1. By Value
12.2.2.2. Market Share & Forecast
12.2.2.2.1. By Component
12.2.2.2.2. By Deployment
12.2.2.2.3. By End-User
12.2.3. Japan Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.3.1. Market Size & Forecast
12.2.3.1.1. By Value
12.2.3.2. Market Share & Forecast
12.2.3.2.1. By Component
12.2.3.2.2. By Deployment
12.2.3.2.3. By End-User
12.2.4. South Korea Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.4.1. Market Size & Forecast
12.2.4.1.1. By Value
12.2.4.2. Market Share & Forecast
12.2.4.2.1. By Component
12.2.4.2.2. By Deployment
12.2.4.2.3. By End-User
12.2.5. Australia Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.5.1. Market Size & Forecast
12.2.5.1.1. By Value
12.2.5.2. Market Share & Forecast
12.2.5.2.1. By Component
12.2.5.2.2. By Deployment
12.2.5.2.3. By End-User
12.2.6. Indonesia Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.6.1. Market Size & Forecast
12.2.6.1.1. By Value
12.2.6.2. Market Share & Forecast
12.2.6.2.1. By Component
12.2.6.2.2. By Deployment
12.2.6.2.3. By End-User
12.2.7. Vietnam Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.7.1. Market Size & Forecast
12.2.7.1.1. By Value
12.2.7.2. Market Share & Forecast
12.2.7.2.1. By Component
12.2.7.2.2. By Deployment
12.2.7.2.3. By End-User
13. Market Dynamics
13.1. Drivers
13.2. Challenges
14. Market Trends and Developments
15. Company Profiles
15.1. Symantec Corporation
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Revenue and Financials
15.1.3. Recent Developments
15.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.1.5. Key Product/Services Offered
15.2. McAfee, LLC
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Revenue and Financials
15.2.3. Recent Developments
15.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.2.5. Key Product/Services Offered
15.3. Trend Micro, Inc.
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Revenue and Financials
15.3.3. Recent Developments
15.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.3.5. Key Product/Services Offered
15.4. Cisco Systems, Inc.
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Revenue and Financials
15.4.3. Recent Developments
15.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.4.5. Key Product/Services Offered
15.5. Check Point Software Technologies Ltd.
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Revenue and Financials
15.5.3. Recent Developments
15.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.5.5. Key Product/Services Offered
15.6. Palo Alto Networks, Inc.
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Revenue and Financials
15.6.3. Recent Developments
15.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.6.5. Key Product/Services Offered
15.7. Fortinet, Inc.
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Revenue and Financials
15.7.3. Recent Developments
15.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.7.5. Key Product/Services Offered
15.8. Hewlett Packard Enterprise
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Revenue and Financials
15.8.3. Recent Developments
15.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.8.5. Key Product/Services Offered
15.9. Bitdefender SRL
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Revenue and Financials
15.9.3. Recent Developments
15.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.9.5. Key Product/Services Offered
15.10. VMware, Inc.
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Revenue and Financials
15.10.3. Recent Developments
15.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.10.5. Key Product/Services Offered
16. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Cloud Workload Protection Market has valued at USD 2.34 Billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 24.43% through 2028. The Global Cloud Workload Protection Market is currently experiencing substantial growth, primarily driven by the escalating demand for advanced cloud security solutions across various industries. Cloud workload protection has become essential in safeguarding sensitive data and ensuring the secure operation of cloud-based systems, making it a pivotal component of modern cybersecurity strategies. One of the key drivers of growth in the cloud workload protection market is the relentless expansion of cloud computing and the adoption of hybrid and multi-cloud environments. As organizations increasingly migrate their operations to the cloud, the need for robust security measures to protect workloads becomes paramount. Cloud workload protection solutions offer real-time threat detection, vulnerability assessment, and automated responses to security incidents, fortifying the defenses of cloud-based assets. Moreover, the rise of sophisticated cyber threats and the evolving threat landscape have made cloud workload protection indispensable. Malicious actors continually develop new tactics, techniques, and procedures to infiltrate cloud environments. Cloud workload protection solutions utilize advanced threat intelligence, machine learning, and behavioral analytics to detect and mitigate emerging threats, ensuring the integrity and availability of cloud workloads. Additionally, compliance requirements and data privacy regulations have spurred the adoption of cloud workload protection solutions. Organizations must adhere to stringent regulatory frameworks to protect sensitive data and maintain customer trust. Cloud workload protection solutions provide the necessary tools to achieve compliance by monitoring and enforcing security policies, encrypting data, and generating audit trails for compliance reporting. Furthermore, the global shift toward remote and distributed workforces has amplified the importance of cloud security. With employees accessing cloud resources from various locations and devices, securing cloud workloads has become a top priority. Cloud workload protection solutions enable organizations to extend security measures to remote users and devices, ensuring consistent protection regardless of the user's location. The growing complexity of cloud infrastructures and the need for centralized security management drive the adoption of cloud workload protection platforms. These platforms offer a unified view of security across multiple cloud providers and streamline security policy enforcement, reducing operational overhead and enhancing overall efficiency.
In conclusion, the Global Cloud Workload Protection Market is experiencing robust growth due to the increasing demand for comprehensive cloud security solutions. The expanding adoption of cloud computing, evolving cyber threats, regulatory compliance requirements, remote work trends, and the need for centralized security management are all contributing to the growth of this market. As organizations continue to embrace cloud technologies, cloud workload protection will remain a critical component of their cybersecurity strategies, ensuring the secure and uninterrupted operation of cloud workloads.
Key Market Drivers
Escalating Cybersecurity Threats and Sophistication
In the Global Cloud Workload Protection Market, one of the foremost driving factors is the escalating cybersecurity threats and their increasing sophistication. As organizations continue to migrate their workloads and data to the cloud, they face a growing barrage of cyberattacks that target cloud-based assets. These threats range from malware and ransomware attacks to data breaches and insider threats. Cybercriminals are constantly evolving their tactics to breach cloud environments. They employ advanced techniques, such as polymorphic malware and zero-day vulnerabilities, making traditional security measures less effective. The ability of attackers to stay ahead of security defenses has heightened the need for proactive and adaptive protection.
Data breaches have become a common occurrence, resulting in severe financial and reputational damage to organizations. With the introduction of stringent data privacy regulations like GDPR and CCPA, the consequences of data breaches can be financially crippling due to regulatory fines and legal actions. As a result, organizations are compelled to invest in robust cloud workload protection solutions to safeguard sensitive data and ensure compliance.
Traditional network perimeter security is no longer sufficient as workloads and applications are distributed across multiple cloud platforms and devices. Organizations need security solutions that can protect workloads wherever they are hosted, whether in public, private, or hybrid cloud environments. Cloud workload protection solutions offer this capability, securing workloads regardless of their location.
Cloud Migration and Adoption
The second significant driving factor in the Global Cloud Workload Protection Market is the rapid cloud migration and adoption by organizations across various industries. Cloud computing has become the backbone of digital transformation strategies, offering scalability, flexibility, and cost-efficiency. As a result, businesses are migrating their workloads to the cloud at an unprecedented pace.Cloud platforms provide organizations with the ability to scale resources up or down as needed, accommodating fluctuating workloads and business demands. This scalability enables cost savings and operational efficiency while eliminating the need for substantial upfront hardware investments.
Remote Work and Collaboration:
The global shift toward remote work and collaboration tools has accelerated cloud adoption. Cloud-based productivity and communication applications enable remote employees to access critical resources securely from any location, driving the need for robust cloud workload protection to safeguard remote access points.
Digital Transformation Initiatives:
Organizations are embracing digital transformation initiatives to stay competitive and meet evolving customer expectations. Cloud-native applications and services are at the forefront of these initiatives, requiring comprehensive security measures to protect digital assets and customer data.
Regulatory Compliance and Data Privacy Concerns
The third compelling driving factor in the Global Cloud Workload Protection Market is the stringent regulatory compliance requirements and growing data privacy concerns. Governments worldwide are enacting legislation to protect the privacy and security of sensitive data, imposing strict requirements on organizations that handle such data.
Regulations like the European Union's General Data Protection Regulation (GDPR) and the California Consumer Privacy Act (CCPA) impose significant obligations on organizations to secure customer data and promptly report data breaches. Failure to comply can result in substantial fines and damage to an organization's reputation.
Data Sovereignty:
Many countries are enacting data sovereignty laws that require organizations to store and process data within their borders. This complicates cloud adoption, as organizations need to ensure compliance while taking advantage of the cloud's benefits. Cloud workload protection solutions help address data residency requirements by securing data in the cloud and ensuring it complies with local regulations.
Consumer Trust and Reputation:
Data breaches and mishandling of customer data can result in a loss of consumer trust and damage a company's reputation. As consumers become more aware of their data privacy rights, they expect organizations to take all necessary measures to protect their data. Implementing robust cloud workload protection solutions not only ensures compliance but also builds trust with customers.
In conclusion, the Global Cloud Workload Protection Market is driven by the escalating cybersecurity threats, rapid cloud migration, and adoption, as well as the imperative of regulatory compliance and data privacy. These factors underscore the critical importance of cloud workload protection solutions in securing cloud-based assets and ensuring the integrity and confidentiality of sensitive data in an increasingly digital and connected world.
Key Market Challenges
Evolving Cybersecurity Threat Landscape
One of the foremost challenges in the Global Cloud Workload Protection Market is the continually evolving and increasingly sophisticated cybersecurity threat landscape. As organizations migrate their workloads to the cloud, cybercriminals are quick to adapt and develop new attack vectors specifically targeting cloud environments. This dynamic threat landscape presents several significant challenges: Cyber adversaries are using advanced techniques, including zero-day vulnerabilities, polymorphic malware, and social engineering tactics, to infiltrate cloud workloads. These techniques often bypass traditional security measures, necessitating advanced threat detection and response capabilities.
Many organizations operate in multi-cloud environments, utilizing multiple cloud service providers simultaneously. Managing security across diverse cloud platforms adds complexity, as each provider may have unique security features and configurations. Ensuring consistent protection and compliance across these environments is a significant challenge.
Cloud environments are highly scalable, allowing organizations to dynamically provision resources as needed. However, this scalability also poses a challenge in terms of visibility and control. Security teams must contend with the rapid deployment and decommissioning of workloads, making it challenging to maintain an up-to-date security posture.
Data Privacy and Regulatory Compliance
Another critical challenge in the Global Cloud Workload Protection Market is the complex landscape of data privacy regulations and the need for organizations to ensure compliance when handling sensitive data in cloud environments. Regulations like the General Data Protection Regulation (GDPR), California Consumer Privacy Act (CCPA), and various industry-specific standards impose strict requirements on how data is stored, processed, and protected:
Many data privacy regulations, including GDPR, place restrictions on the transfer of personal data across international borders. Organizations must navigate these regulations when using cloud services with data centers in different regions.
Encrypting data in transit and at rest is a fundamental requirement for data protection. Ensuring that encryption is correctly implemented and managed in the cloud can be challenging, especially in multi-cloud environments.
Regulations may specify where data must be stored (data residency) and how long it can be retained. Organizations need to align cloud deployments with these requirements while also considering business continuity and disaster recovery needs.
Cloud Configuration and Misconfigurations
Cloud configuration and misconfigurations pose a persistent challenge in the Global Cloud Workload Protection Market. Cloud environments offer a high degree of flexibility, but this flexibility can lead to security gaps if not properly managed:
Cloud service providers often provide default settings for their services, which may not always align with an organization's security requirements. Failure to review and modify these defaults can result in vulnerabilities.
Misconfigurations caused by human error are a common source of cloud security incidents. Employees and administrators may unintentionally expose data or resources by incorrectly configuring cloud services.
Maintaining visibility into cloud configurations and changes is crucial for detecting and addressing misconfigurations promptly. Implementing robust monitoring and alerting mechanisms can help organizations identify and rectify security issues.
In summary, the Global Cloud Workload Protection Market faces significant challenges, including the evolving cybersecurity threat landscape, the complex landscape of data privacy regulations, and the persistent issue of cloud configuration and misconfigurations. Addressing these challenges requires a combination of advanced security technologies, compliance expertise, and vigilant monitoring to ensure the security and compliance of cloud workloads.
Key Market Trends
Zero Trust Architecture for Cloud Workload Protection
One of the prominent trends in the Global Cloud Workload Protection Market is the adoption of Zero Trust architecture as a foundational security approach. Zero Trust is gaining traction as organizations recognize the need to move beyond traditional perimeter-based security models and adopt a more comprehensive and continuous approach to protect their cloud workloads.
Zero Trust Principles: Zero Trust is built on the principle of "never trust, always verify." This means that no entity, whether inside or outside the network, is trusted by default. Instead, users and workloads must continually authenticate and validate their identity and security posture before accessing resources. This approach aligns well with the dynamic and distributed nature of cloud workloads.
Micro-Segmentation:Zero Trust often involves implementing micro-segmentation, where workloads are isolated into smaller, granular segments. This allows organizations to limit lateral movement within their cloud environments. Micro-segmentation helps prevent unauthorized access and contains potential breaches.
Continuous Monitoring:A key aspect of Zero Trust is continuous monitoring and real-time threat detection. Cloud workload protection solutions are increasingly incorporating behavior analytics and machine learning to detect anomalies and potential threats within cloud workloads. This proactive approach enhances security by identifying and mitigating threats at an early stage.
Container and Serverless Security
As cloud-native technologies like containers and serverless computing gain widespread adoption, a significant trend in the Cloud Workload Protection Market is the need for specialized security solutions tailored to these environments.
Containers are essential components of modern cloud workloads, but they introduce unique security challenges. Container security solutions provide visibility into containerized applications, vulnerability scanning, and runtime protection. They help organizations secure their containerized workloads throughout their lifecycle.
Serverless computing, which allows organizations to run code without managing servers, is becoming increasingly popular. Serverless security solutions focus on monitoring and securing the functions and APIs used in serverless applications. They help organizations detect and respond to security threats in serverless environments.
To address the security needs of containers and serverless environments, organizations are integrating security into their DevOps (Development and Operations) processes, resulting in DevSecOps. This trend emphasizes the importance of automating security checks and integrating security into the development pipeline to ensure that cloud workloads are protected from the outset.
Cloud-Native Security Posture Management
Another notable trend in the Cloud Workload Protection Market is the increasing adoption of Cloud-Native Security Posture Management (CNSPM) solutions. CNSPM solutions are designed to help organizations assess, monitor, and enforce security policies and best practices in their cloud environments.
CNSPM solutions offer continuous compliance monitoring, ensuring that cloud workloads adhere to industry standards and regulatory requirements. They provide visibility into any compliance violations and offer remediation recommendations.
solutions assess the security configuration of cloud resources and workloads, identifying misconfigurations that could lead to security vulnerabilities. They help organizations proactively address configuration issues.
CNSPM solutions allow organizations to enforce security policies consistently across their cloud environments. They offer automated remediation capabilities to correct security issues promptly. This automation reduces the manual effort required for security management. Many CNSPM solutions integrate with major cloud providers' native security services, enhancing their capabilities. This integration streamlines security management and allows organizations to leverage the security features provided by their cloud providers. In conclusion, the Global Cloud Workload Protection Market is marked by several key trends, including the adoption of Zero Trust architecture, specialized security for containers and serverless computing, and the emergence of Cloud-Native Security Posture Management solutions. These trends reflect the evolving nature of cloud workloads and the need for advanced security measures to protect them in an increasingly complex and dynamic cloud environment.
Segmental Insights
Application Insights

The Solutions segment is the dominating segment in the Global Cloud Workload Protection Market market. The solutions segment includes a wide range of cloud workload protection solutions, such as: Monitoring and logging: These solutions collect and analyze data from cloud workloads to identify and respond to security threats.
Policy and compliance management: These solutions help organizations to ensure that their cloud workloads are compliant with security policies and regulations.
Vulnerability assessment: These solutions identify vulnerabilities in cloud workloads and provide recommendations for remediation.
Threat detection and incident response: These solutions detect and respond to security threats in cloud workloads.
Other solutions: This segment includes other cloud workload protection solutions, such as data encryption, cloud security posture management, and cloud security information and event management (SIEM).
The growth of the solutions segment is being driven by a number of factors, including: Increasing adoption of cloud computing
Growing awareness of the need to protect cloud workloads
Rising number of cyberattacks on cloud workloads
Government regulations and industry compliance requirements
The Services segment includes a wide range of cloud workload protection services, such as:
Training: These services provide training to organizations on how to use cloud workload protection solutions and best practices.
Consulting: These services help organizations to assess their cloud workload security risks and develop and implement cloud workload protection strategies.
Integration: These services help organizations to integrate cloud workload protection solutions with their existing security infrastructure.
Managed services: These services provide managed cloud workload protection services, such as 24/7 monitoring and response.
The growth of the services segment is being driven by the increasing need for organizations to get help from experts to protect their cloud workloads.
Overall, the Global Cloud Workload Protection Market is expected to grow rapidly in the coming years, driven by the increasing adoption of cloud computing and the growing awareness of the need to protect cloud workloads.
Regional Insights
North America is the dominating region in the Global Cloud Workload Protection Market market.
The growth of the cloud workload protection market in North America is being driven by a number of factors, including:
Early adoption of cloud computing technologies
Stringent data security and privacy regulations
High presence of major cloud workload protection vendors
Growing awareness of cyberattacks on cloud workloads
Some of the key countries driving the growth of the cloud workload protection market in North America include the United States and Canada.
The United States is the largest cloud workload protection market in North America. The United States is home to a number of major cloud computing providers, such as Palo Alto Networks, Inc. (AWS), Microsoft Azure, and Google Cloud Platform. These providers offer a wide range of cloud workload protection solutions, which are being adopted by organizations of all sizes in the United States.
Canada is another major cloud workload protection market in North America. The Canadian government is actively promoting the adoption of cloud computing technologies, and a number of Canadian organizations are investing in cloud workload protection solutions.
Other key regions in the Global Cloud Workload Protection Market market include Europe, Asia Pacific, and the Middle East and Africa.
Europe is a major cloud workload protection market. European organizations are investing in cloud workload protection solutions to comply with strict data security and privacy regulations, such as the General Data Protection Regulation (GDPR). Asia Pacific is a rapidly growing cloud workload protection market. The Asia Pacific region is home to a number of emerging economies, such as China and India, which are investing heavily in cloud computing and cloud workload protection. The Middle East and Africa is a smaller but growing cloud workload protection market. The Middle East and African governments are actively promoting the adoption of cloud computing technologies, and a number of Middle Eastern and African organizations are investing in cloud workload protection solutions.Overall, the Global Cloud Workload Protection Market is expected to grow rapidly in the coming years, driven by the increasing adoption of cloud computing and the growing awareness of the need to protect cloud workloads.
Key Market Players
Symantec Corporation
McAfee, LLC
Trend Micro, Inc.
Cisco Systems, Inc.
Check Point Software Technologies Ltd.
Palo Alto Networks, Inc.
Fortinet, Inc.
Hewlett Packard Enterprise
Bitdefender SRL
VMware, Inc.
Report Scope:
In this report, the Global Cloud Workload Protection Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Cloud Workload Protection Market, By Component:
o Solutions
o Services
• Cloud Workload Protection Market, By Deployment:
o Private
o Public
o Hybrid
• Cloud Workload Protection Market, By End-User:
o BFSI
o Healthcare and Life Sciences
o IT and Telecommunications Retail
o Consumer Goods
• Cloud Workload Protection Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 France
 United Kingdom
 Italy
 Germany
 Spain
 Belgium
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 Australia
 South Korea
 Indonesia
 Vietnam
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
 Chile
 Peru
o Middle East & Africa
 South Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 Turkey
 Israel
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Cloud Workload Protection Market.
Available Customizations:
Global Cloud Workload Protection market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Global Cloud Workload Protection Market
5. Voice of Customer
6. Global Cloud Workload Protection Market Overview
7. Global Cloud Workload Protection Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Solutions, Services)
7.2.2. By Deployment (Private, Public, Hybrid)
7.2.3. By End-User (BFSI, Healthcare and Life Sciences, IT and Telecommunications, Retail and Consumer Goods)
7.2.4. By Region (North America, Europe, South America, Middle East & Africa, Asia Pacific)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. North America Cloud Workload Protection Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Deployment
8.2.3. By End-User
8.2.4. By Country
8.3. North America: Country Analysis
8.3.1. United States Cloud Workload Protection Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Component
8.3.1.2.2. By Deployment
8.3.1.2.3. By End-User
8.3.2. Canada Cloud Workload Protection Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Component
8.3.2.2.2. By Deployment
8.3.2.2.3. By End-User
8.3.3. Mexico Cloud Workload Protection Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Component
8.3.3.2.2. By Deployment
8.3.3.2.3. By End-User
9. Europe Cloud Workload Protection Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Deployment
9.2.3. By End-User
9.2.4. By Country
9.3. Europe: Country Analysis
9.3.1. Germany Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Component
9.3.1.2.2. By Deployment
9.3.1.2.3. By End-User
9.3.2. France Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Component
9.3.2.2.2. By Deployment
9.3.2.2.3. By End-User
9.3.3. United Kingdom Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Component
9.3.3.2.2. By Deployment
9.3.3.2.3. By End-User
9.3.4. Italy Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.4.1. Market Size & Forecast
9.3.4.1.1. By Value
9.3.4.2. Market Share & Forecast
9.3.4.2.1. By Component
9.3.4.2.2. By Deployment
9.3.4.2.3. By End-User
9.3.5. Spain Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.5.1. Market Size & Forecast
9.3.5.1.1. By Value
9.3.5.2. Market Share & Forecast
9.3.5.2.1. By Component
9.3.5.2.2. By Deployment
9.3.5.2.3. By End-User
9.3.6. Belgium Cloud Workload Protection Market Outlook
9.3.6.1. Market Size & Forecast
9.3.6.1.1. By Value
9.3.6.2. Market Share & Forecast
9.3.6.2.1. By Component
9.3.6.2.2. By Deployment
9.3.6.2.3. By End-User
10. South America Cloud Workload Protection Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Deployment
10.2.3. By End-User
10.2.4. By Country
10.3. South America: Country Analysis
10.3.1. Brazil Cloud Workload Protection Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Component
10.3.1.2.2. By Deployment
10.3.1.2.3. By End-User
10.3.2. Colombia Cloud Workload Protection Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Component
10.3.2.2.2. By Deployment
10.3.2.2.3. By End-User
10.3.3. Argentina Cloud Workload Protection Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Component
10.3.3.2.2. By Deployment
10.3.3.2.3. By End-User
10.3.4. Chile Cloud Workload Protection Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Component
10.3.4.2.2. By Deployment
10.3.4.2.3. By End-User
10.3.5. Peru Cloud Workload Protection Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Component
10.3.5.2.2. By Deployment
10.3.5.2.3. By End-User
11. Middle East & Africa Cloud Workload Protection Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Deployment
11.2.3. By End-User
11.2.4. By Country
11.3. Middle East & Africa: Country Analysis
11.3.1. Saudi Arabia Cloud Workload Protection Market Outlook
11.3.1.1. Market Size & Forecast
11.3.1.1.1. By Value
11.3.1.2. Market Share & Forecast
11.3.1.2.1. By Component
11.3.1.2.2. By Deployment
11.3.1.2.3. By End-User
11.3.2. UAE Cloud Workload Protection Market Outlook
11.3.2.1. Market Size & Forecast
11.3.2.1.1. By Value
11.3.2.2. Market Share & Forecast
11.3.2.2.1. By Component
11.3.2.2.2. By Deployment
11.3.2.2.3. By End-User
11.3.3. South Africa Cloud Workload Protection Market Outlook
11.3.3.1. Market Size & Forecast
11.3.3.1.1. By Value
11.3.3.2. Market Share & Forecast
11.3.3.2.1. By Component
11.3.3.2.2. By Deployment
11.3.3.2.3. By End-User
11.3.4. Turkey Cloud Workload Protection Market Outlook
11.3.4.1. Market Size & Forecast
11.3.4.1.1. By Value
11.3.4.2. Market Share & Forecast
11.3.4.2.1. By Component
11.3.4.2.2. By Deployment
11.3.4.2.3. By End-User
11.3.5. Israel Cloud Workload Protection Market Outlook
11.3.5.1. Market Size & Forecast
11.3.5.1.1. By Value
11.3.5.2. Market Share & Forecast
11.3.5.2.1. By Component
11.3.5.2.2. By Deployment
11.3.5.2.3. By End-User
12. Asia Pacific Cloud Workload Protection Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Component
12.1.2. By Deployment
12.1.3. By End-User
12.1.4. By Country
12.2. Asia-Pacific: Country Analysis
12.2.1. China Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.1.1. Market Size & Forecast
12.2.1.1.1. By Value
12.2.1.2. Market Share & Forecast
12.2.1.2.1. By Component
12.2.1.2.2. By Deployment
12.2.1.2.3. By End-User
12.2.2. India Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.2.1. Market Size & Forecast
12.2.2.1.1. By Value
12.2.2.2. Market Share & Forecast
12.2.2.2.1. By Component
12.2.2.2.2. By Deployment
12.2.2.2.3. By End-User
12.2.3. Japan Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.3.1. Market Size & Forecast
12.2.3.1.1. By Value
12.2.3.2. Market Share & Forecast
12.2.3.2.1. By Component
12.2.3.2.2. By Deployment
12.2.3.2.3. By End-User
12.2.4. South Korea Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.4.1. Market Size & Forecast
12.2.4.1.1. By Value
12.2.4.2. Market Share & Forecast
12.2.4.2.1. By Component
12.2.4.2.2. By Deployment
12.2.4.2.3. By End-User
12.2.5. Australia Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.5.1. Market Size & Forecast
12.2.5.1.1. By Value
12.2.5.2. Market Share & Forecast
12.2.5.2.1. By Component
12.2.5.2.2. By Deployment
12.2.5.2.3. By End-User
12.2.6. Indonesia Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.6.1. Market Size & Forecast
12.2.6.1.1. By Value
12.2.6.2. Market Share & Forecast
12.2.6.2.1. By Component
12.2.6.2.2. By Deployment
12.2.6.2.3. By End-User
12.2.7. Vietnam Cloud Workload Protection Market Outlook
12.2.7.1. Market Size & Forecast
12.2.7.1.1. By Value
12.2.7.2. Market Share & Forecast
12.2.7.2.1. By Component
12.2.7.2.2. By Deployment
12.2.7.2.3. By End-User
13. Market Dynamics
13.1. Drivers
13.2. Challenges
14. Market Trends and Developments
15. Company Profiles
15.1. Symantec Corporation
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Revenue and Financials
15.1.3. Recent Developments
15.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.1.5. Key Product/Services Offered
15.2. McAfee, LLC
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Revenue and Financials
15.2.3. Recent Developments
15.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.2.5. Key Product/Services Offered
15.3. Trend Micro, Inc.
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Revenue and Financials
15.3.3. Recent Developments
15.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.3.5. Key Product/Services Offered
15.4. Cisco Systems, Inc.
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Revenue and Financials
15.4.3. Recent Developments
15.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.4.5. Key Product/Services Offered
15.5. Check Point Software Technologies Ltd.
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Revenue and Financials
15.5.3. Recent Developments
15.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.5.5. Key Product/Services Offered
15.6. Palo Alto Networks, Inc.
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Revenue and Financials
15.6.3. Recent Developments
15.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.6.5. Key Product/Services Offered
15.7. Fortinet, Inc.
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Revenue and Financials
15.7.3. Recent Developments
15.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.7.5. Key Product/Services Offered
15.8. Hewlett Packard Enterprise
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Revenue and Financials
15.8.3. Recent Developments
15.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.8.5. Key Product/Services Offered
15.9. Bitdefender SRL
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Revenue and Financials
15.9.3. Recent Developments
15.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.9.5. Key Product/Services Offered
15.10. VMware, Inc.
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Revenue and Financials
15.10.3. Recent Developments
15.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.10.5. Key Product/Services Offered
16. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る