世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

米国のラギッドエレクトロニクス市場規模予測(2021年~2031年)、世界・地域シェア、動向、成長機会分析レポート収録範囲タイプ別(ディスプレイ、コンピュータ、サーバ、スキャナ、その他)、タイプ別(完全高耐久性、準高耐久性、超高耐久性)、産業分野別(航空宇宙・防衛、自動車、製造、エネルギー・公益事業、石油・ガス、建設、その他)


US Rugged Electronics Market Size and Forecast (2021 - 2031), Global and Regional Share, Trend, and Growth Opportunity Analysis Report Coverage: By Type (Displays, Computers, Servers, Scanners, and Others), Type (Fully Rugged, Semi-Rugged, and Ultra-Rugged), and Industry Vertical (Aerospace & Defense, Automotive, Manufacturing, Energy and Utilities, Oil & Gas, Construction, and Others)

米国のラギッドエレクトロニクス市場規模は、2023年の37.2億ドルから2031年には73.3億ドルに達すると予測され、2023年から2031年までの推定年平均成長率は8.8%である。 この調査レポートは、米国の堅牢型エレ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年5月2日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
124 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

米国のラギッドエレクトロニクス市場規模は、2023年の37.2億ドルから2031年には73.3億ドルに達すると予測され、2023年から2031年までの推定年平均成長率は8.8%である。

この調査レポートは、米国の堅牢型エレクトロニクス市場を牽引する主要因と主要企業の動向を分析しています。堅牢エレクトロニクスは、極端な温度、水濡れ、振動、埃などの厳しい環境条件下で動作するように特別に設計されたハードウェアデバイスである。堅牢な電子機器は、非堅牢な民生用電子機器と同じように、日々の業務をサポートします。堅牢な電子機器として一般的に利用できるデバイスには、スマートフォン、タブレット、バーコードスキャナ、ウェアラブル、ディスプレイ、サーバーなどがあります。これらの電子機器により、現場の作業員は重要なアプリケーションにアクセスし、バックエンドのコンピューティング・システムとインターフェースを取り、データ入力や報告を効率化することができます。これらの電子機器は耐久性と信頼性がはるかに高く、予測不可能な気象条件やその他の作業上の危険のある現場で職務を遂行するよう任命された最前線の作業員やデスクレス作業員にとって理想的なものとなっています。

米国では、耐久性と信頼性に優れた電子機器に対する需要の高まりや、軍事・防衛分野への投資の継続的な増加などの要因により、堅牢な電子機器市場が牽引力を増している。さらに、過酷な環境、極端な温度、衝撃、水、ほこりに耐える堅牢な電子機器の能力は、軍事・防衛、石油・ガス、公共部門などにとって理想的な選択肢となっている。軍事費の増加は、ミッションクリティカルな作戦のために先進的で堅牢な電子機器を調達する軍に力を与えている。堅牢なスマートフォンやコンピュータなどのデバイスは、効率的な通信と軍間の調整を促進することができます。2024年2月、アドバンテックは、最も過酷な条件に耐えるように設計された最新のMIC-715-OX産業用コンピュータを発表した。

さらに、製造部門における最前線のアプリケーションと自動化における需要の高まりが、米国の堅牢エレクトロニクス市場の成長を牽引している。米国の堅牢エレクトロニクス市場の動向には、AIやMLなどの先端技術の統合が含まれる。

米国のラギッドエレクトロニクス市場分析は、デバイスタイプ、タイプ、産業別というセグメントを考慮して実施されている。

デバイスタイプに基づき、市場はディスプレイ、コンピュータ、サーバー、スキャナー、その他に区分される。ディスプレイ分野は、2023年に米国の堅牢エレクトロニクス市場で最大のシェアを占めた。堅牢ディスプレイは、ミッションクリティカルなデータを表示するために設計された高性能で軍用グレードのフラットスクリーンである。高振動、過酷な温度、濡れたり埃っぽい環境にも耐えることができる。これらのスクリーンは、反射、結露、埃の蓄積を抑える革新的なラミネート材料で作られています。頑丈なディスプレイは視野角が広く、携帯電話、ハンドヘルド・コンピュータ、タブレット、ラップトップ、車載コンピュータ、航空電子工学用ディスプレイなどに幅広く使用されている。米国ではさまざまな企業が堅牢なディスプレイを提供している。例えば、Cevians社は、地上および空中の軍用アプリケーション向けに、高い振動や高度、幅広い保管温度に耐える堅牢なディスプレイを提供している。

産業別では、米国の堅牢エレクトロニクス市場は、航空宇宙・防衛、自動車、建設、エネルギー・公共事業、製造、石油・ガス、その他に区分される。2023年に米国の堅牢エレクトロニクス市場で最大のシェアを占めたのは、航空宇宙・防衛分野である。堅牢なディスプレイは、軍用車両、航空機のコックピット、海洋システム、コマンド&コントロールセンター、ミサイルシステム、無人航空機(UAV)、訓練シミュレーション、ナイトビジョン、赤外線画像システムなどで利用できる。2022年10月、マサチューセッツ工科大学(MIT)のスピンオフ企業で、新しいカテゴリーの超巨大ディスプレイ技術を開拓しているブレリオンとマイクロ社は、ブレリオンの軍事用ウルトラ・リアリティ(Ultra RealityTM)堅牢ディスプレイの開発で協力する戦略的合意を発表した。このような提携は、今後数年間、米国の堅牢エレクトロニクス市場の成長を促進すると思われる。

Core Systems Inc、Crystal Group Inc、Mercury Systems Inc、Systel Inc、Trenton Systems Inc、DELL INC、ZMicro Inc、NCS Technologies Inc、Sparton Corp、Digital Systems Engineeringなどは、米国の堅牢エレクトロニクス市場レポートに掲載された主要企業のプロフィールである。主要プレイヤーの戦略的プレゼンスは、米国を堅牢エレクトロニクス市場成長の主要国として位置づけている。今後数年間で、多くの新規プレーヤーが登場し、米国の堅牢エレクトロニクス市場に新たなトレンドをもたらすと予想される。

米国の堅牢エレクトロニクス市場全体の成長は、一次資料と二次資料の両方を用いて導き出されている。徹底的な二次調査は、米国ラギッドエレクトロニクス市場規模に関連する質的・量的情報を得るために、社内外の情報源を用いて実施しました。また、このプロセスにより、すべての市場セグメントに関して、米国のラギッドエレクトロニクス市場の概要と予測を得ることができます。また、データを検証し分析的洞察を得るために、業界参加者に対して複数の一次インタビューを実施しています。このプロセスには、バイスプレジデント、事業開発マネージャー、マーケットインテリジェンスマネージャー、国内営業マネージャーなどの業界専門家と、米国ラギッドエレクトロニクス市場を専門とする評価専門家、調査アナリスト、キーオピニオンリーダーなどの外部コンサルタントが参加しています。



ページTOPに戻る


目次

目次

1.はじめに
1.1 インサイト・パートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 主要インサイト
3.調査方法
3.1 調査範囲
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.米国のラグド・エレクトロニクス市場の展望
4.1 概要
4.2 PEST分析
4.3 エコシステム分析
5.米国の高耐久性エレクトロニクス市場 - 主な市場動向
5.1 米国の堅牢エレクトロニクス市場 - 主な市場ダイナミクス
5.2 市場の促進要因
5.2.1 インフラ開発活動の増加
5.2.2 地図作成と測量におけるドローンまたはUAVのニーズの増加
5.2.3 土地測量機器に対する需要の高まり
5.3 市場の阻害要因
5.3.1 土地測量機器に関連する高コスト
5.3.2 熟練したマンパワーの不足
5.4 市場機会
5.4.1 技術の進歩と自動化
5.4.2 建設活動促進のための政府投資と支出
5.5 今後の動向
5.5.1 クラウドベースのソフトウェアとサービスの導入増加
5.6 推進要因と阻害要因の影響
6.米国の堅牢エレクトロニクス市場分析
6.1 米国のラグドエレクトロニクス市場収益(百万米ドル)、2023年~2031年
6.2 米国の堅牢型エレクトロニクス市場の予測と分析
7.米国の堅牢エレクトロニクス市場分析-デバイスタイプ別
7.1 ディスプレイ
7.1.1 概要
7.1.2 ディスプレイ米国の堅牢エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.2 コンピュータ
7.2.1 概要
7.2.2 コンピューター米国の堅牢エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.3 サーバー
7.3.1 概要
7.3.2 サーバー:米国の堅牢エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.4 スキャナー
7.4.1 概要
7.4.2 スキャナー:米国の堅牢な電子機器市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.5 その他
7.5.1 概要
7.5.2 その他米国の堅牢エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
8.米国の堅牢エレクトロニクス市場分析:タイプ別
8.1 完全堅牢型
8.1.1 概要
8.1.2 完全堅牢型米国の堅牢型エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
8.2 セミ・ラグド
8.2.1 概要
8.2.2 セミ・ラグド:米国の高耐久性エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
8.3 ウルトララギッド
8.3.1 概要
8.3.2 超高耐久性:米国の高耐久性エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
9.米国の堅牢エレクトロニクス市場分析:産業分野別
9.1 航空宇宙と防衛
9.1.1 概要
9.1.2 航空宇宙・防衛:米国の堅牢エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
9.2 自動車
9.2.1 概要
9.2.2 自動車:米国の堅牢エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
9.3 製造業
9.3.1 概要
9.3.2 製造業:米国の堅牢エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
9.4 エネルギーと公益事業
9.4.1 概要
9.4.2 エネルギーと公益事業:米国の堅牢エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
9.5 石油とガス
9.5.1 概要
9.5.2 石油とガス:米国の堅牢なエレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
9.6 建設
9.6.1 概要
9.6.2 建設業米国の堅牢なエレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
9.7 その他
9.7.1 概要
9.7.2 その他米国の堅牢エレクトロニクス市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
10.競争環境
10.1 主要企業によるヒートマップ分析
10.2 企業のポジショニングと集中度
11.産業展望
11.1 概要
11.2 市場イニシアティブ
11.2 新製品開発
11.3 パートナーシップとコラボレーション
11.4 その他
12.会社概要
12.1 コアシステムズ
12.1.1 主要事実
12.1.2 事業内容
12.1.3 製品とサービス
12.1.4 財務概要
12.1.5 SWOT分析
12.1.6 主要な開発
12.2 クリスタルグループ
12.2.1 主要事実
12.2.2 事業内容
12.2.3 製品とサービス
12.2.4 財務概要
12.2.5 SWOT分析
12.2.6 主要開発
12.3 マーキュリーシステムズ
12.3.1 主要事実
12.3.2 事業内容
12.3.3 製品とサービス
12.3.4 財務概要
12.3.5 SWOT分析
12.3.6 主要開発
12.4 システル社
12.4.1 主要事実
12.4.2 事業内容
12.4.3 製品とサービス
12.4.4 財務概要
12.4.5 SWOT分析
12.4.6 主要開発
12.5 トレントン・システムズ・インク
12.5.1 主要事実
12.5.2 事業内容
12.5.3 製品とサービス
12.5.4 財務概要
12.5.5 SWOT分析
12.5.6 主要な開発
12.6 デル株式会社
12.6.1 主要事実
12.6.2 事業内容
12.6.3 製品とサービス
12.6.4 財務概要
12.6.5 SWOT分析
12.6.6 主要な開発
12.7 ZMicro Inc.
12.7.1 主要事実
12.7.2 事業内容
12.7.3 製品およびサービス
12.7.4 財務概要
12.7.5 SWOT分析
12.7.6 主要開発
12.8 NCSテクノロジーズ
12.8.1 主要事実
12.8.2 事業内容
12.8.3 製品とサービス
12.8.4 財務概要
12.8.5 SWOT分析
12.8.6 主要開発
12.9 スパートン社
12.9.1 主要事実
12.9.2 事業内容
12.9.3 製品とサービス
12.9.4 財務概要
12.9.5 SWOT分析
12.9.6 主要開発
12.10 デジタル・システム・エンジニアリング
12.10.1 主要事実
12.10.2 事業内容
12.10.3 製品とサービス
12.10.4 財務概要
12.10.5 SWOT分析
12.10.6 主要開発
13.付録
13.1 インサイト・パートナーズについて
13.2 単語索引

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The US Rugged Electronics market size is expected to reach US$ 7.33 billion by 2031 from 3.72 billion in 2023, at an estimated CAGR of 8.8% from 2023 to 2031.

The US rugged electronics market report emphasizes the key factors driving the market and prominent players' developments. Rugged electronics are hardware devices specifically designed to operate in challenging environmental conditions, including extreme temperatures, water exposure, vibrations, and dust. Rugged electronics support daily business operations in the same way that non-rugged consumer electronics do. Devices that are commonly available in the form of rugged electronics include smartphones, tablets, barcode scanners, wearables, displays, and servers. These electronics allow frontline workers to access critical applications, interface with backend computing systems, and streamline data entry and reporting. These electronics are much more durable and reliable, making them ideal for frontline and desk-less workers appointed to perform their duties in the field with unpredictable weather conditions and other operational hazards.

The rugged electronics market is gaining traction in the US owing to factors such as an upsurge in demand for durable and reliable electronic devices and a continuous increase in investments in the military and defense sector. Moreover, the ability of rugged electronics to withstand harsh environments, extreme temperatures, shocks, water, and dust makes them an ideal choice for the military and defense, oil & gas, and public sectors, among others. The rise in military expenditures empowers military forces to procure advanced and robust electronic devices for mission-critical operations. Devices such as rugged smartphones and computers can facilitate efficient communications and coordination among military forces. In February 2024, Advantech launched the latest MIC-715-OX industrial computer, designed to withstand the most rugged conditions.

Moreover, an upsurge in demand in frontline applications and automation in the manufacturing sector is driving the US rugged electronics market growth. The US rugged electronics market trends include the integration of advanced technologies such as AI and ML.

The US Rugged Electronics market analysis has been carried out by considering the following segments: device type, type, and industry vertical.

Based on device type, the market is segmented into displays, computers, servers, scanners, and others. The displays segment held the largest US rugged electronics market share in 2023. Rugged displays are high-performance, military-grade flat screens designed to display mission-critical data. They can withstand high vibrations, harsh temperatures, and wet or dusty environments. These screens are made with innovative lamination materials to reduce reflection, condensation, and dust buildup. Rugged displays feature large viewing angles and are extensively used in cellphones, handheld computers, tablets, laptops, vehicle-mounted computers, and avionic displays. Various players across the US provide rugged displays. For example, Cevians offers rugged displays for ground and airborne military applications to withstand high vibrations and altitudes, and wide storage temperatures.

Based on industry vertical, the US rugged electronics market is segmented into aerospace & defense, automotive, construction, energy and utilities, manufacturing, oil & gas, and others. The aerospace & defense segment held the largest US rugged electronics market share in 2023. Rugged displays can be utilized in military vehicles, aircraft cockpits, marine systems, command and control centers, missile systems, Unmanned Aerial Vehicles (UAVs), training simulations, night vision, and thermal imaging systems. In October 2022, Brelyon, an MIT spin-off pioneering a new category of ultra-immersive display technology, and Micro announced a strategic agreement to collaborate for the development of Brelyon's Ultra RealityTM rugged displays for military purposes. Such collaborations are likely to propel the growth of the US rugged electronics market in the coming years.

Core Systems Inc, Crystal Group Inc, Mercury Systems Inc, Systel Inc, Trenton Systems Inc, DELL INC., ZMicro Inc, NCS Technologies Inc, Sparton Corp, and Digital Systems Engineering are among the key players profiles in the US rugged electronics market report. The strategic presence of key players positions the US as a key country rugged electronics market growth. A number of new players are expected to emerge and bring new US rugged electronics market trends in the coming years.

The overall US rugged electronics market growth has been derived using both primary and secondary sources. Exhaustive secondary research has been conducted using internal and external sources to obtain qualitative and quantitative information related to the US Rugged Electronics Market size. The process also helps obtain an overview and forecast of the US Rugged Electronics market with respect to all the market segments. Also, multiple primary interviews have been conducted with industry participants to validate the data and gain analytical insights. This process includes industry experts such as VPs, business development managers, market intelligence managers, and national sales managers, along with external consultants such as valuation experts, research analysts, and key opinion leaders, specializing in the US Rugged Electronics market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS

1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Key Insights
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. US rugged Electronics Market Landscape
4.1 Overview
4.2 PEST Analysis
4.3 Ecosystem Analysis
5. US rugged Electronics Market – Key Market Dynamics
5.1 US rugged Electronics Market – Key Market Dynamics
5.2 Market Drivers
5.2.1 Growing Number of Infrastructural Development Activities
5.2.2 Increasing Need for Drones or UAVs in Mapping and Surveying
5.2.3 Rising Demand for Land Survey Equipment
5.3 Market Restraints
5.3.1 High Costs Associated with Land Survey Equipment
5.3.2 Lack of Skilled Man Power
5.4 Market Opportunities
5.4.1 Technological Advancement and Automation
5.4.2 Government Investments and Spending to Promote Construction Activities
5.5 Future Trends
5.5.1 Rising Deployment of Cloud-Based Software and Services
5.6 Impact of Drivers and Restraints:
6. US rugged Electronics Market Analysis
6.1 US rugged Electronics Market Revenue (US$ Million), 2023–2031
6.2 US rugged Electronics Market Forecast and Analysis
7. US rugged Electronics Market Analysis – by Device Type
7.1 Displays
7.1.1 Overview
7.1.2 Displays: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.2 Computers
7.2.1 Overview
7.2.2 Computers: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.3 Servers
7.3.1 Overview
7.3.2 Servers: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.4 Scanners
7.4.1 Overview
7.4.2 Scanners: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.5 Others
7.5.1 Overview
7.5.2 Others: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
8. US rugged Electronics Market Analysis – by Type
8.1 Fully Rugged
8.1.1 Overview
8.1.2 Fully Rugged: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
8.2 Semi Rugged
8.2.1 Overview
8.2.2 Semi Rugged: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
8.3 Ultra Rugged
8.3.1 Overview
8.3.2 Ultra Rugged: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9. US rugged Electronics Market Analysis – by Industry Vertical
9.1 Aerospace and Defense
9.1.1 Overview
9.1.2 Aerospace and Defense: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9.2 Automotive
9.2.1 Overview
9.2.2 Automotive: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9.3 Manufacturing
9.3.1 Overview
9.3.2 Manufacturing: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9.4 Energy and Utilities
9.4.1 Overview
9.4.2 Energy and Utilities: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9.5 Oil and Gas
9.5.1 Overview
9.5.2 Oil and Gas: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9.6 Construction
9.6.1 Overview
9.6.2 Construction: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9.7 Others
9.7.1 Overview
9.7.2 Others: US rugged Electronics Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
10. Competitive Landscape
10.1 Heat Map Analysis by Key Players
10.2 Company Positioning and Concentration
11. Industry Landscape
11.1 Overview
11.2 Market Initiative
11.2 New Product Development
11.3 Partnership & Collaboration
11.4 Others
12. Company Profiles
12.1 Core Systems Inc
12.1.1 Key Facts
12.1.2 Business Description
12.1.3 Products and Services
12.1.4 Financial Overview
12.1.5 SWOT Analysis
12.1.6 Key Developments
12.2 Crystal Group Inc
12.2.1 Key Facts
12.2.2 Business Description
12.2.3 Products and Services
12.2.4 Financial Overview
12.2.5 SWOT Analysis
12.2.6 Key Developments
12.3 Mercury Systems Inc
12.3.1 Key Facts
12.3.2 Business Description
12.3.3 Products and Services
12.3.4 Financial Overview
12.3.5 SWOT Analysis
12.3.6 Key Developments
12.4 Systel Inc
12.4.1 Key Facts
12.4.2 Business Description
12.4.3 Products and Services
12.4.4 Financial Overview
12.4.5 SWOT Analysis
12.4.6 Key Developments
12.5 Trenton Systems Inc
12.5.1 Key Facts
12.5.2 Business Description
12.5.3 Products and Services
12.5.4 Financial Overview
12.5.5 SWOT Analysis
12.5.6 Key Developments
12.6 DELL, INC.
12.6.1 Key Facts
12.6.2 Business Description
12.6.3 Products and Services
12.6.4 Financial Overview
12.6.5 SWOT Analysis
12.6.6 Key Developments
12.7 ZMicro Inc
12.7.1 Key Facts
12.7.2 Business Description
12.7.3 Products and Services
12.7.4 Financial Overview
12.7.5 SWOT Analysis
12.7.6 Key Developments
12.8 NCS Technologies Inc
12.8.1 Key Facts
12.8.2 Business Description
12.8.3 Products and Services
12.8.4 Financial Overview
12.8.5 SWOT Analysis
12.8.6 Key Developments
12.9 Sparton Corp
12.9.1 Key Facts
12.9.2 Business Description
12.9.3 Products and Services
12.9.4 Financial Overview
12.9.5 SWOT Analysis
12.9.6 Key Developments
12.10 Digital Systems Engineering
12.10.1 Key Facts
12.10.2 Business Description
12.10.3 Products and Services
12.10.4 Financial Overview
12.10.5 SWOT Analysis
12.10.6 Key Developments
13. Appendix
13.1 About The Insight Partners
13.2 Word Index

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

The Insight Partners 社の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/18 10:26

158.74 円

170.83 円

204.52 円

ページTOPに戻る