世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

Emerging Cross-Sector Opportunities in the Hydrogen Economy


新しい水素エコノミーの横断的なビジネスチャンス

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート 「新しい水素エコノミーの横断的なビジネスチャンス」 は、新しい水素エネルギーとビジネスケースを促進する相互接続について分析して... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2019年3月28日 US$1,850
1-5ユーザライセンス(PDF)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
17 5 英語

 

Summary

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「新しい水素エコノミーの横断的なビジネスチャンス」は、新しい水素エネルギーとビジネスケースを促進する相互接続について分析している。水素エネルギーによって破壊的な変化をおこす市場、水素エネルギーのバリューチェーンと市場で活動している200社以上の企業ポジショニング、既存もしくは計画中の70以上のパワーツーガス(P2G)計画の利用ケース毎の概説といった3つの分野について記載している。水素エネルギーの利害関係者のいくつかの層に対する助言も記載している。産業用ガス企業、交通運輸関連企業、電気分解や燃料電池企業などについても論じている。

The hydrogen economy is seeing renewed interest and investment, driven by many factors. Policymakers are reacting to increasingly dire climate change warnings by supporting hydrogen as an emissions-cutting measure. Advancements in hydrogen production technologies such as electrolyzers and end-use technologies like fuel cells are improving the economics of hydrogen. As electric grids from China to Germany face growing renewables curtailment due to overproduction, some look to hydrogen power-to-gas (P2G) to capture economic value from the generation capacity that may otherwise become stranded.

The emerging hydrogen economy connects different sectors—such as electricity, transport, and industry—and growing activity across the energy value chain mirrors this reach. Incumbent fossil players like oil & gas companies and natural gas utilities are interested, both to limit the jarring impacts of decarbonization policies and grow revenue from potentially cleaner fossil fuel end products. Electric utilities may look to P2G electrolyzers as potential large loads to prop up load growth against declining demand.

This Navigant Research report analyzes the developing hydrogen economy and interconnections helping drive its business case. The study examines three areas: markets where hydrogen can be disruptive; the hydrogen value chain and positions of more than 200 companies active in hydrogen; and more than 70 existing and planned P2G projects summarized by use case. The report closes with recommendations for several groups of hydrogen stakeholders. Industrial gas companies, transportation players, and electrolyzer and fuel cell companies are among the company types discussed in this report.

  • What new cross-sector opportunities exist in the emerging hydrogen economy?
  • What energy end uses may be disrupted by hydrogen?
  • What types of companies are becoming active in hydrogen, and why?
  • What are the use cases of power-to-gas (P2G) projects, and which will be more important in the future?
  • How should my company react to the hydrogen economy?
  • Electric utilities
  • Natural gas utilities
  • Oil & gas companies
  • Renewables developers
  • Fuel cell vendors
  • Electrolyzer vendors
  • Vehicle OEMs
  • Investor community

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Spark

Context

Recommendations

Momentum Builds for the Hydrogen Economy as Hydrogen Use Cases Proliferate

Traditional Hydrogen Production Pathways Are Changing

Hydrogen Could Disrupt Many Large Industries

Green Hydrogen Primed to Compete on Cost

How Industry and Transport Can Use Green Hydrogen

Competing with Grey Hydrogen for Industrial End Uses

Pursuing Cost Parity with Gasoline

Displacing Bunker Fuel for Maritime Transportation

Green Hydrogen Could Disrupt Energy Trade and Heating

Replacing Electrical Transmission for Renewables

Displacing Natural Gas in Global Energy Trade and End Uses

Analyzing Green Hydrogen Opportunities

The Hydrogen Value Chain Is Expanding as Entrants Pile In

P2G Deployment Trends Signal Imminent Commercial Status, a Boon for Sector Interconnection

Hydrogen Use Cases Explained

Electric Use Cases Explained

Emerging P2G Developments Include a Clear Trend Toward Commercialization

Hydrogen Will Become an Increasingly Global Commodity

Utilities, Developers, and Other Stakeholders Should Seek Cross-Sector Partnerships and Opportunities

O&G Companies Should Employ Incumbency Advantages

Natural Gas Utilities Should Embrace Hydrogen as Defense Against Decarbonization Policy Impacts

Electric Utilities and Grid Operators Should Use Hydrogen for Grid Support and Load Growth

Renewables Developers and OEMs Should Embrace the Potential of P2G

Fuel Cell and Electrolyzer Vendors Need to Focus on Scale and Cost

Hydrogen Stakeholders Should Lobby for a Level Regulatory Playing Field

 

  • Cost of Energy and Market Size, Select Markets: 2018
  • Hydrogen Value Chain Segments and Players
  • Membership in Eight Major Hydrogen Associations by Segment
  • Cumulative P2G Use Cases, Operating and Announced Projects, World Markets: 2011-2020
  • Selected Renewable Hydrogen Export Schemes, Feasibility Study Status, or Operating Schemes: 2019

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(水素エネルギー)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る