世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドの物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場予測 2024-2032


INDIA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET FORECAST 2024-2032

主な調査結果 インドの物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場は、2024~2032年の予測期間にCAGR 16.78%で繁栄すると予測されている。2032年には3億4,073万ドルの収益に達する見込み。 市場インサイ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Inkwood Research
インクウッドリサーチ
2024年6月3日 US$1,100
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
125 英語

 

サマリー

主な調査結果
インドの物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場は、2024~2032年の予測期間にCAGR 16.78%で繁栄すると予測されている。2032年には3億4,073万ドルの収益に達する見込み。
市場インサイト
インドの物理的入退室管理におけるバイオメトリクス市場は、重要なトレンドと変革を目撃している。指紋認証は依然として最も一般的に使用されているバイオメトリクス・モダリティであり、その精度、手頃な価格、使いやすさが支持されている。この広範な採用は、安全な入退室管理が重要な政府、金融、医療などさまざまな分野で顕著である。
さらに、COVID-19の流行は、非接触バイオメトリック技術へのシフトを顕著に加速させた。衛生面への懸念や物理的接触を最小限に抑える必要性から、顔認識、虹彩スキャン、音声認識システムの採用が増加している。これらの技術は、安全かつ効率的で、タッチフリーの認証を提供し、ポスト・パンデミックの世界で求められる健康・安全基準の強化に合致している。
ウェアラブル・デバイスに生体センサーを組み込む技術革新は、新たな市場機会を開いている。スマートウォッチやフィットネストラッカーなど、生体認証機能を備えたウェアラブル機器は、便利で安全なアクセス制御ソリューションを提供する。この統合により、ユーザーの利便性が向上し、生体認証技術の応用範囲が従来の設定以外にも広がる。
さらに、多くの組織が従来の入退室管理方法から、複数のバイオメトリック・モダリティを組み合わせたハイブリッド・ソリューションに移行しつつある。強化されたセキュリティと柔軟性へのニーズが、この移行を促進している。ハイブリッド・システムは、さまざまなバイオメトリック技術の長所を活用し、さまざまなシナリオや脅威に適応できる強固で多層的なセキュリティを提供します。この傾向は、銀行、防衛、重要インフラなど、高度なセキュリティが要求される分野で特に顕著である。
セグメンテーション分析
インドの物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場は、バイオメトリクス認識システムと産業別に市場をセグメンテーションしている。バイオメトリクス認識システム分野はさらに、手書きベースのバイオメトリクス認識システム、顔ベースのバイオメトリクス認識システム、目ベースのバイオメトリクス認識システム、音声ベースのバイオメトリクス認識システム、手書きベースのバイオメトリクス認識システム、その他のバイオメトリクス認識システムに二分される。このうち、手書きベースのバイオメトリクス認識システムには、指紋、静脈、掌紋の各認識技術が含まれる。
指紋によるバイオメトリクス認証は、その費用対効果と信頼性の高さから高い人気を維持しており、企業のオフィスから官公庁の施設まで、さまざまな分野で定番となっている。血管のパターンを利用する静脈バイオメトリクス認証は、精度が高く偽造に強いため、セキュリティが重視される用途に適している。手のひらのユニークなパターンをとらえる掌紋認証は、安全なアクセスのもう1つのレイヤーを提供し、強固なセキュリティ対策を必要とする環境で支持を集めている。
同時に、顔ベースのバイオメトリクス認識システムの採用も目立ってきている。これらのシステムは、2Dおよび3D顔認識と顔バイオメトリクス分析に分類される。2D顔バイオメトリクス認識は、標準的な写真技術を使用して顔の特徴をキャプチャし、検証します。その簡便さと速さのために広く使用されていますが、写真によるなりすましの影響を受けやすい場合があります。これに対抗するため、3D顔バイオメトリクス認識は、顔の3次元マップを作成する高度な画像技術を採用しています。この方法は、簡単に複製できない奥行きと輪郭を分析することで、より高い精度と安全性を提供します。
顔バイオメトリクス分析は、顔認識技術の高度な一面を表しています。このアプローチでは、単なる識別や照合にとどまらず、顔の特徴を分析して、感情の状態、年齢の推定、さらには不審な行動の検出など、さらなる洞察を導き出します。この高度な分析能力は、監視やセキュリティ業務において特に有用であり、潜在的な脅威を監視し、動的に対応する能力を強化する。
セキュリティ強化と業務効率化のニーズが、こうした生体認証システムの統合を後押ししている。組織は、紛失、盗難、悪用されやすいキーカードやパスワードなどの従来のアクセス・コントロール方法に取って代わる、あるいはそれを補完するバイオメトリック・ソリューションにますます注目している。バイオメトリック・システムの採用は、より安全で便利な代替手段を提供し、許可された個人だけが機密エリアにアクセスできるようにする。
競合他社の洞察
インドの物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場の大手企業には、Thales Group、Honeywell International、Identiv Incなどがある。
Thales Groupはフランスの多国籍企業で、電子システム、航空宇宙、防衛、デジタルID、地上輸送、宇宙産業で事業を展開している。ビッグデータ、AI、量子技術などの先端技術を専門とし、軍隊、航空会社、通信事業者、科学機関など世界各地の顧客にサービスを提供している。米州、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカで事業を展開するタレスは、1893年の創業以来、フランスのパリに本社を置き、業界をリードしてきた。

ページTOPに戻る


目次

目次
1.調査範囲と方法論
1.1.調査目的
1.2.調査方法
1.3.仮定と限界
2.要旨
2.1.市場規模と推定
2.2.カントリースナップショット
2.3.国別分析
2.4.調査範囲
2.5.危機シナリオ分析
2.5.1.物理的入退室管理におけるバイオメトリクス市場へのコビッド19の影響
2.6.主な市場調査結果
2.6.1.指紋認識は依然として物理的アクセス制御で最も一般的に使用されるバイオメトリクス様式である。
2.6.2.Covid-19 の流行が非接触型バイオメトリクス技術の採用を加速させている。
2.6.3.ウェアラブル・デバイスへのバイオメトリック・センサーの統合は、新たな機会を開いている。
2.6.4.多くの組織が従来のアクセス・コントロール方法からハイブリッド・ソリューションに移行しつつある。
3.市場ダイナミクス
3.1.主な推進要因
3.1.1.物理的セキュリティ侵害や不正アクセスに関する懸念の高まり
3.1.2.機密エリアでのバイオメトリクス・システムの使用を義務付ける厳しい政府規制
3.1.3.精度と信頼性を高めるためのバイオメトリック技術の絶え間ない革新
3.2.主な制約
3.2.1.バイオメトリクス・データの収集と保存に関する不安の増大。
3.2.2.バイオメトリクス・システムの導入に伴う初期設定費用と統合の複雑さ
3.2.3.異なるバイオメトリクス・システムと既存のインフラ間の互換性の課題
4.主要分析
4.1.親市場分析 - バイオメトリクス
4.2.主要市場動向
4.2.1.iotやAIとの統合
4.2.2.モバイル生体認証
4.2.3.マルチモーダル生体認証
4.2.4.クラウドベースのソリューション
4.3.ポーターの5フォース分析
4.3.1.バイヤーズ・パワー
4.3.2.サプライヤー・パワー
4.3.3.代替
4.3.4.新規参入
4.3.5.業界の競争
4.4.成長見通しマッピング
4.4.1.インドの成長見通しマッピング
4.5.市場集中度分析
4.6.規制の枠組み
5.バイオメトリクス認識システム別市場
5.1.ハンドベースのバイオメトリクス認識システム
5.1.1.指紋バイオメトリクス認識
5.1.2.静脈バイオメトリクス認識
5.1.3.掌紋バイオメトリクス認識
5.2.顔によるバイオメトリクス認識システム
5.2.1.2次元顔認証
5.2.2.3次元顔バイオメトリクス認識
5.2.3.顔バイオメトリクス分析
5.3.目による生体認証システム
5.3.1.虹彩生体認証
5.3.2.網膜生体認証
5.4.音声ベースのバイオメトリクス認識システム
5.4.1.アクティブ音声生体認証
5.4.2.受動的音声バイオメトリクス認識
5.5.手書きベースのバイオメトリクス認識システム
5.6.その他の生体認証システム
6.産業別市場
6.1.ヘルスケア&ライフサイエンス
6.2.政府
6.3.BFSI
6.4.通信・IT
6.5.物流
6.6.小売・Eコマース
6.7.輸送
6.8.旅行・ホスピタリティ
6.9.メディア&エンターテインメント
6.10.その他の産業
7.競争環境
7.1.主な戦略的展開
7.1.1.合併と買収
7.1.2.製品の発売と開発
7.1.3.パートナーシップと契約
7.1.4.事業拡大と売却
7.2.会社概要
7.2.1.アレジオンPLC
7.2.1.1.会社概要
7.2.1.2.製品/サービス
7.2.1.3.強みと課題
7.2.2.アクシスコミュニケーションズABA
7.2.2.1.会社概要
7.2.2.2.製品/サービス
7.2.2.3.強みと課題
7.2.3.ボッシュ・セキュリティ・システムズ
7.2.3.1.会社概要
7.2.3.2.製品/サービス
7.2.3.3.強みと課題
7.2.4.ドマカバホールディングス
7.2.4.1.会社概要
7.2.4.2.製品/サービス
7.2.4.3.強みと課題
7.2.5.ハネウェル・インターナショナル
7.2.5.1.会社概要
7.2.5.2.製品/サービス
7.2.5.3.強みと課題
7.2.6.IDEMIAグループ
7.2.6.1.会社概要
7.2.6.2.製品/サービス
7.2.6.3.強みと課題
7.2.7.IDENTIV INC.
7.2.7.1.会社概要
7.2.7.2.製品/サービス
7.2.7.3.強みと課題
7.2.8.NECコーポレーション
7.2.8.1.会社概要
7.2.8.2.製品/サービス
7.2.8.3.強みと課題
7.2.9.シュナイダーエレクトリックSE
7.2.9.1.会社概要
7.2.9.2.製品/サービス
7.2.9.3.強みと課題
7.2.10.タレスグループ
7.2.10.1.会社概要
7.2.10.2.製品/サービス
7.2.10.3.強みと課題

 

ページTOPに戻る


 

Summary

KEY FINDINGS
The India biometrics in physical access control market is projected to prosper at a CAGR of 16.78% over the forecast period of 2024-2032. The market is set to reach a revenue of $340.73 million by 2032.
MARKET INSIGHTS
The India biometrics in physical access control market is witnessing significant trends and transformations. Fingerprint recognition remains the most commonly used biometric modality, favored for its accuracy, affordability, and ease of use. This widespread adoption is evident across various sectors, including government, finance, and healthcare, where secure access control is critical.
Additionally, the COVID-19 pandemic has notably accelerated the shift towards contactless biometric technologies. Concerns over hygiene and the need to minimize physical contact have led to increased adoption of facial recognition, iris scanning, and voice recognition systems. These technologies offer secure, efficient, and touch-free authentication, aligning with the heightened health and safety standards required in the post-pandemic world.
Innovations in integrating biometric sensors into wearable devices are opening up new market opportunities. Wearables equipped with biometric authentication features, such as smartwatches and fitness trackers, provide convenient and secure access control solutions. This integration enhances user convenience and broadens the application of biometric technology beyond traditional settings.
Moreover, many organizations are transitioning from traditional access control methods to hybrid solutions that combine multiple biometric modalities. The need for enhanced security and flexibility fosters this shift. Hybrid systems leverage the strengths of various biometric technologies, offering robust, multi-layered security that can adapt to different scenarios and threats. This trend is particularly evident in sectors with high-security demands, such as banking, defense, and critical infrastructure.
SEGMENTATION ANALYSIS
The India biometrics in physical access control market segmentation incorporates the market by biometric recognition system and industry. The biometric recognition system segment is further bifurcated into hand-based biometric recognition system, facial-based biometric recognition system, eye-based biometric recognition system, voice-based biometric recognition system, handwritten-based biometric recognition system, and other biometric recognition systems. Among these, hand-based biometric recognition systems include fingerprint, vein, and palmprint recognition technologies.
Fingerprint biometric recognition remains highly popular due to its cost-effectiveness and reliable performance, making it a staple in various sectors, from corporate offices to government facilities. Vein biometric recognition, utilizing patterns of blood vessels, offers high accuracy and resistance to forgery, appealing to security-sensitive applications. Palmprint recognition, capturing the unique patterns of the palm, provides another layer of secure access, gaining traction in environments requiring robust security measures.
Simultaneously, facial-based biometric recognition systems are observing prominent adoption. These systems are categorized into 2D and 3D facial recognition and facial biometric analytics. 2D facial biometric recognition uses standard photographic techniques to capture and verify facial features. While widely used due to its simplicity and speed, it can be susceptible to spoofing with photographs. To counter this, 3D facial biometric recognition employs advanced imaging techniques to create a three-dimensional map of the face. This method offers higher accuracy and security by analyzing depth and contours that cannot be easily replicated.
Facial biometric analytics represents an advanced facet of facial recognition technology. Beyond mere identification and verification, this approach involves analyzing facial features to derive additional insights, such as emotional states, age estimation, and even detecting suspicious behavior. This advanced analytical capability is particularly useful in surveillance and security operations, enhancing the ability to monitor and respond to potential threats dynamically.
The need for enhanced security and operational efficiency drives the integration of these biometric recognition systems. Organizations are increasingly looking towards biometric solutions to replace or supplement traditional access control methods, such as keycards or passwords, which are prone to loss, theft, or misuse. The adoption of biometric systems offers a more secure and convenient alternative, ensuring that only authorized individuals gain access to sensitive areas.
COMPETITIVE INSIGHTS
Some of the leading players in the India biometrics in physical access control market include Thales Group, Honeywell International, Identiv Inc, etc.
Thales Group, a French multinational, operates in electronic systems, aerospace, defense, digital identity, ground transportation, and space industries. It specializes in advanced technologies like Big Data, AI, and quantum tech, serving customers globally, including armed forces, airlines, telecom operators, and scientific institutions. With a presence across the Americas, Europe, Asia-Pacific, Middle East, and Africa, Thales has been a leader since its establishment in 1893, headquartered in Paris, France.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. RESEARCH SCOPE & METHODOLOGY
1.1. STUDY OBJECTIVES
1.2. METHODOLOGY
1.3. ASSUMPTIONS & LIMITATIONS
2. EXECUTIVE SUMMARY
2.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
2.2. COUNTRY SNAPSHOT
2.3. COUNTRY ANALYSIS
2.4. SCOPE OF STUDY
2.5. CRISIS SCENARIO ANALYSIS
2.5.1. IMPACT OF COVID-19 ON BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET
2.6. MAJOR MARKET FINDINGS
2.6.1. FINGERPRINT RECOGNITION REMAINS THE MOST COMMONLY USED BIOMETRIC MODALITY IN PHYSICAL ACCESS CONTROL
2.6.2. THE COVID-19 PANDEMIC HAS ACCELERATED THE ADOPTION OF CONTACTLESS BIOMETRIC TECHNOLOGIES
2.6.3. THE INTEGRATION OF BIOMETRIC SENSORS INTO WEARABLE DEVICES IS OPENING UP NEW OPPORTUNITIES
2.6.4. MANY ORGANIZATIONS ARE TRANSITIONING FROM TRADITIONAL ACCESS CONTROL METHODS TO HYBRID SOLUTIONS
3. MARKET DYNAMICS
3.1. KEY DRIVERS
3.1.1. INCREASING CONCERNS REGARDING PHYSICAL SECURITY BREACHES AND UNAUTHORIZED ACCESS
3.1.2. STRINGENT GOVERNMENT REGULATIONS MANDATING THE USE OF BIOMETRIC SYSTEMS IN SENSITIVE AREAS
3.1.3. CONTINUOUS INNOVATION IN BIOMETRIC TECHNOLOGIES TO ENHANCE ACCURACY AND RELIABILITY
3.2. KEY RESTRAINTS
3.2.1. GROWING APPREHENSIONS REGARDING THE COLLECTION AND STORAGE OF BIOMETRIC DATA
3.2.2. INITIAL SETUP COSTS AND INTEGRATION COMPLEXITIES ASSOCIATED WITH DEPLOYING BIOMETRIC SYSTEMS
3.2.3. COMPATIBILITY CHALLENGES BETWEEN DIFFERENT BIOMETRIC SYSTEMS AND EXISTING INFRASTRUCTURE
4. KEY ANALYTICS
4.1. PARENT MARKET ANALYSIS — BIOMETRICS
4.2. KEY MARKET TRENDS
4.2.1. INTEGRATION WITH IOT AND AI
4.2.2. MOBILE BIOMETRICS
4.2.3. MULTIMODAL BIOMETRICS
4.2.4. CLOUD-BASED SOLUTIONS
4.3. PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS
4.3.1. BUYERS POWER
4.3.2. SUPPLIERS POWER
4.3.3. SUBSTITUTION
4.3.4. NEW ENTRANTS
4.3.5. INDUSTRY RIVALRY
4.4. GROWTH PROSPECT MAPPING
4.4.1. GROWTH PROSPECT MAPPING FOR INDIA
4.5. MARKET CONCENTRATION ANALYSIS
4.6. REGULATORY FRAMEWORK
5. MARKET BY BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.1. HAND-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.1.1. FINGERPRINT BIOMETRIC RECOGNITION
5.1.2. VEIN BIOMETRIC RECOGNITION
5.1.3. PALMPRINT BIOMETRIC RECOGNITION
5.2. FACIAL-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.2.1. 2D FACIAL BIOMETRIC RECOGNITION
5.2.2. 3D FACIAL BIOMETRIC RECOGNITION
5.2.3. FACIAL BIOMETRIC ANALYTICS
5.3. EYE-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.3.1. IRIS BIOMETRIC RECOGNITION
5.3.2. RETINA BIOMETRIC RECOGNITION
5.4. VOICE-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.4.1. ACTIVE VOICE BIOMETRIC RECOGNITION
5.4.2. PASSIVE VOICE BIOMETRIC RECOGNITION
5.5. HANDWRITTEN-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.6. OTHER BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEMS
6. MARKET BY INDUSTRY
6.1. HEALTHCARE & LIFE SCIENCES
6.2. GOVERNMENT
6.3. BFSI
6.4. TELECOM & IT
6.5. LOGISTICS
6.6. RETAIL & E-COMMERCE
6.7. TRANSPORT
6.8. TRAVEL & HOSPITALITY
6.9. MEDIA & ENTERTAINMENT
6.10. OTHER INDUSTRIES
7. COMPETITIVE LANDSCAPE
7.1. KEY STRATEGIC DEVELOPMENTS
7.1.1. MERGERS & ACQUISITIONS
7.1.2. PRODUCT LAUNCHES & DEVELOPMENTS
7.1.3. PARTNERSHIPS & AGREEMENTS
7.1.4. BUSINESS EXPANSIONS & DIVESTITURES
7.2. COMPANY PROFILES
7.2.1. ALLEGION PLC
7.2.1.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.1.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.1.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.2. AXIS COMMUNICATIONS ABA
7.2.2.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.2.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.2.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.3. BOSCH SECURITY SYSTEMS INC
7.2.3.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.3.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.3.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.4. DORMAKABA HOLDING AG
7.2.4.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.4.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.4.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.5. HONEYWELL INTERNATIONAL
7.2.5.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.5.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.5.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.6. IDEMIA GROUP
7.2.6.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.6.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.6.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.7. IDENTIV INC
7.2.7.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.7.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.7.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.8. NEC CORPORATION
7.2.8.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.8.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.8.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.9. SCHNEIDER ELECTRIC SE
7.2.9.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.9.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.9.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.10. THALES GROUP
7.2.10.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.10.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.10.3. STRENGTHS & CHALLENGES

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Inkwood Research社はどのような調査会社ですか?


Inkwood Researchは世界40ヶ国以上の国を対象に広範な市場を調査し、世界市場全体を調査したレポートに加え、アジア太平洋地域、欧州、北米などの主要地域や主要国毎のレポートも数多く出版してい... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る