世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ドイツの物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場予測 2024-2032


GERMANY BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET FORECAST 2024-2032

主な調査結果 ドイツの物理的入退室管理におけるバイオメトリクス市場は、2024~2032年の予測期間にCAGR 11.05%で成長すると予測される。2032年には2億9,028万ドルの収益に達する見込み。 市場インサイト ド... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Inkwood Research
インクウッドリサーチ
2024年6月3日 US$1,100
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
128 英語

 

サマリー

主な調査結果
ドイツの物理的入退室管理におけるバイオメトリクス市場は、2024~2032年の予測期間にCAGR 11.05%で成長すると予測される。2032年には2億9,028万ドルの収益に達する見込み。
市場インサイト
ドイツでは、物理的入退室管理市場におけるバイオメトリクスとIoT(モノのインターネット)およびAI(人工知能)との統合が、かなりの進歩を推進している。バイオメトリクス技術とIoTデバイスおよびAIアルゴリズムの融合により、よりシームレスでインテリジェントな入退室管理ソリューションが可能になる。スマート・ビルディング・インフラや持続可能な都市開発を推進する政府の指令などのイニシアチブが、IoT統合バイオメトリック・システムの採用を刺激している。これらのシステムはセキュリティを強化し、予知保全やエネルギー最適化などの機能を提供し、全体的な運用効率に貢献する。
モバイル・バイオメトリクスは、市場の展望を形成するもう一つの重要なトレンドである。スマートフォンやモバイル・デバイスの普及に伴い、生体認証を利用したアクセス制御がますます普及している。安全でユーザーフレンドリーなモバイル・バイオメトリクス・アプリケーションを開発する企業の取り組みが、この技術の採用を加速させている。モバイル・バイオメトリクスは利便性と柔軟性を提供し、ユーザーはスマートフォンを使って安全なエリアやデジタル・サービスにアクセスできるため、物理的なアクセス・カードやトークンが不要になる。
ドイツ市場では、マルチモーダル生体認証の採用も増加している。マルチモーダル生体認証システムは、指紋、顔、虹彩認証など複数の生体認証モダリティを組み合わせて精度と信頼性を高める。バイオメトリック・フュージョンアルゴリズム分野の研究開発に重点を置いたプログラムが、マルチモーダルバイオメトリックソリューションの進展をエスカレートさせている。これらの対策は、個々のバイオメトリクス・モダリティの限界に対処すると同時に、より高いレベルのセキュリティとユーザー認証を提供することを目的としている。
クラウドベースのソリューションは、物理的アクセス制御におけるドイツのバイオメトリクス市場を変革する上で極めて重要な役割を果たしている。クラウドベースのバイオメトリクス・システムは、従来のオンプレミス・ソリューションと比較して、拡張性、柔軟性、費用対効果を提供する。クラウドサービスプロバイダーによるデータセキュリティとコンプライアンス基準の改善への取り組みが、クラウドベースのバイオメトリクスソリューションへの信頼を高めている。したがって、IoTやAIとの統合、モバイルバイオメトリクス、マルチモーダルバイオメトリクス、クラウドベースのソリューションは、市場の革新と採用を促進する主要なトレンドであり、さまざまな分野の組織や機関の進化するセキュリティニーズに対応している。
セグメンテーション分析
ドイツの物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場は、バイオメトリクス認識システムと産業別に市場をセグメンテーションしている。バイオメトリクス認識システム分野はさらに、手書きベースのバイオメトリクス認識システム、顔面ベースのバイオメトリクス認識システム、眼球ベースのバイオメトリクス認識システム、音声ベースのバイオメトリクス認識システム、手書きベースのバイオメトリクス認識システム、その他のバイオメトリクス認識システムに分別される。眼球ベースのバイオメトリクス認識システムには、虹彩および網膜認識技術が含まれ、ID 検証における高い精度と信頼性で知られている。虹彩認証は虹彩のユニークなパターンを利用し、網膜認証は網膜の血管のユニークなパターンを調べ、どちらも不正アクセスに対する強固なセキュリティ対策を提供する。
一方、音声ベースのバイオメトリクス認識システムは、身元確認のために特徴的な声の特徴を利用する。これらのシステムはさらに、能動的音声認識システムと受動的音声認識システムに細分化される。能動的音声認識では、特定のフレーズまたはコマンドを意図的に発声する。一方、受動的音声認識は、会話中の自然な音声パターンを分析する。能動的音声認識も受動的音声認識も、便利で押し付けがましくない認証方法を提供し、さまざまなアクセス・コントロール・シナリオに適している。
眼球ベースおよび音声ベースの生体認証システムの市場導入は、有効性とユーザーの利便性をバランスさせた高度なセキュリティ・ソリューションに対する需要の高まりを反映している。バイオメトリクス技術の研究開発に重点を置いた取り組みが、技術革新と精度と信頼性の向上を後押ししている。こうした取り組みは、特に眼球認識と音声認識の分野における進歩を対象としている。さらに、バイオメトリクス認証を提唱する政府規制や業界標準の施行は、物理的アクセス制御アプリケーションにおけるこれらの技術の採用をさらに早めている。
競争洞察
ドイツの物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場の大手企業には、Bosch Security Systems Inc、Dormakaba Holding AG、IDEMIA Groupなどがある。
ボッシュ・セキュリティ・システムズ社は、電子検出、制御、通信機器の設計、製造、販売を行い、セキュリティ、入退室管理、閉回路テレビ用のコンポーネントやシステムをグローバルに提供している。様々な業界に対応し、高品質のセキュリティ・ソリューションを幅広く提供している。ビデオシステム、侵入アラーム、入退室管理システム、火災報知器システム、パブリック・アドレス・システム、会議ソリューション、管理ソフトウェア、サービスを専門としている。世界各地に製造拠点を持ち、本社はドイツのグラスブルン。

ページTOPに戻る


目次

目次
1. 調査範囲と方法論
1.1. 調査目的
1.2.調査方法
1.3. 前提条件と限界
2. 要旨
2.1. 市場規模と推定
2.2. 国別スナップショット
2.3. 国別分析
2.4. 調査範囲
2.5. 危機シナリオ分析
2.5.1. 物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場へのコビッド19の影響
2.6. 主な市場調査結果
2.6.1. 物理的入退室管理で最も一般的に使用されるバイオメトリクス様式は依然として指紋認識である。
2.6.2. Covid-19の流行が非接触型バイオメトリクス技術の採用を加速させている。
2.6.3. ウェアラブル・デバイスへのバイオメトリック・センサーの統合が新たな機会を開いている。
2.6.4. 多くの組織が従来の入退室管理方法からハイブリッドソリューションに移行しつつある。
3. 市場ダイナミクス
3.主な推進要因
3.1.1. 物理的セキュリティ侵害や不正アクセスに関する懸念の高まり
3.1.2. 機密エリアでのバイオメトリクス・システムの使用を義務付ける厳しい政府規制
3.1.3. 精度と信頼性を高めるためのバイオメトリック技術の絶え間ない革新
3.2. 主な阻害要因
3.2.1. バイオメトリック・データの収集と保存に関する懸念の高まり
3.2.2. バイオメトリクス・システムの導入に伴う初期設定費用と統合の複雑さ
3.2.3. 異なるバイオメトリック・システムと既存インフラ間の互換性の課題
4. 主要分析
4.1. 親市場分析 - バイオメトリクス
4.2. 主要市場動向
4.2.1. iotやAIとの統合
4.2.2. モバイル生体認証
4.2.3. マルチモーダル生体認証
4.2.4. クラウドベースのソリューション
4.3. ポーターの5つの力分析
4.3.1. 買い手の力
4.3.2. 供給者の力
4.3.3. 代替
4.3.4. 新規参入
4.3.5. 業界のライバル関係
4.4. 成長見通しマッピング
4.4.1. ドイツの成長見通しマッピング
4.5. 市場集中度分析
4.6. 規制の枠組み
5. 生体認証システム別市場
5.1. ハンドベースのバイオメトリクス認識システム
5.1.1. 指紋バイオメトリクス認識
5.1.2. 静脈バイオメトリクス認識
5.1.3. 掌紋バイオメトリクス認識
5.2. 顔認証システム
5.2.1. 2次元顔バイオメトリクス認識
5.2.2. 3D顔バイオメトリクス認識
5.2.3. 顔バイオメトリクス分析
5.3. 目ベースのバイオメトリクス認識システム
5.3.1. 虹彩生体認証
5.3.2. 網膜生体認証
5.4. 音声ベースのバイオメトリクス認識システム
5.4.1. 能動的音声バイオメトリクス認識
5.4.2. 受動音声バイオメトリクス認識
5.5. 手書きベースのバイオメトリクス認識システム
5.6. その他のバイオメトリクス認識システム
6. 産業別市場
6.1. ヘルスケア&ライフサイエンス
6.2.政府
6.3. BFSI
6.4. 通信・IT
6.5. ロジスティクス
6.6. 小売・Eコマース
6.7.運輸
6.8. トラベル&ホスピタリティ
6.9. メディア&エンターテインメント
6.10. その他産業
7. 競争環境
7.1. 主な戦略的展開
7.1.1. M&A
7.1.2. 製品の発売と開発
7.1.3. パートナーシップと契約
7.1.4. 事業拡大・売却
7.2. 会社概要
7.2.1. アサ アブロイABグループ
7.2.1.1. 会社概要
7.2.1.2. 製品・サービス
7.2.1.3. 強みと課題
7.2.2. アビジロン株式会社
7.2.2.1. 会社概要
7.2.2.2. 製品・サービス
7.2.2.3. 強みと課題
7.2.3. アクシスコミュニケーションズABA
7.2.3.1. 会社概要
7.2.3.2. 製品・サービス
7.2.3.3. 強みと課題
7.ボッシュ・セキュリティ・システムズ
7.2.4.1. 会社概要
7.2.4.2. 製品・サービス
7.2.4.3. 強みと課題
7.2.5. ドーマカバホールディングス
7.2.5.1. 会社概要
7.2.5.2. 製品・サービス
7.2.5.3. 強みと課題
7.2.6. イデミアグループ
7.2.6.1. 会社概要
7.2.6.2. 製品・サービス
7.2.6.3. 強みと課題
7.2.7. アイディーブイ
7.2.7.1. 会社概要
7.2.7.2. 製品・サービス
7.2.7.3. 強みと課題
7.2.8. ネダップ・エヌブイ
7.2.8.1. 会社概要
7.2.8.2. 製品・サービス
7.2.8.3. 強みと課題
7.2.9. シュナイダーエレクトリックSE
7.2.9.1. 会社概要
7.2.9.2. 製品・サービス
7.2.9.3. 強みと課題
7.2.10. タレス・グループ
7.2.10.1. 会社概要
7.2.10.2. 製品・サービス
7.2.10.3. 強みと課題

 

ページTOPに戻る


 

Summary

KEY FINDINGS
The Germany biometrics in physical access control market is anticipated to grow at a CAGR of 11.05% over the forecast period of 2024-2032. The market is set to reach a revenue of $290.28 million by 2032.
MARKET INSIGHTS
In Germany, biometrics in physical access control market integration with IoT (Internet of Things) and AI (Artificial Intelligence) is propelling considerable advancements. The convergence of biometric technologies with IoT devices and AI algorithms enables more seamless and intelligent access control solutions. Initiatives such as government mandates promoting smart building infrastructures and sustainable urban development have stimulated the adoption of IoT-integrated biometric systems. These systems enhance security and offer functionalities such as predictive maintenance and energy optimization, contributing to overall operational efficiency.
Mobile biometrics is another key trend shaping the market landscape. With the widespread use of smartphones and mobile devices, leveraging biometric authentication for access control has become increasingly prevalent. Measures by companies to develop secure and user-friendly mobile biometric applications have accelerated the adoption of this technology. Mobile biometrics offer convenience and flexibility, allowing users to access secured areas or digital services using their smartphones, thereby eliminating the need for physical access cards or tokens.
The adoption of multimodal biometrics is also on the rise in the Germany market. Multimodal biometric systems combine multiple biometric modalities, such as fingerprint, facial, and iris recognition, to enhance accuracy and reliability. Programs focusing on research and development in the field of biometric fusion algorithms have escalated the progression of multimodal biometric solutions. These measures aim to address the limitations of individual biometric modalities while offering higher levels of security and user authentication.
Cloud-based solutions are playing a pivotal role in transforming the Germany biometrics in physical access control market. Cloud-based biometric systems offer scalability, flexibility, and cost-effectiveness compared to traditional on-premises solutions. Efforts by cloud service providers to improve data security and compliance standards have boosted confidence in cloud-based biometric solutions. Therefore, integration with IoT and AI, mobile biometrics, multimodal biometrics, and cloud-based solutions are key trends driving innovation and adoption in the market, catering to the evolving security needs of organizations and institutions across various sectors.
SEGMENTATION ANALYSIS
The Germany biometrics in physical access control market segmentation incorporates the market by biometric recognition system and industry. The biometric recognition system segment is further segregated into hand-based biometric recognition system, facial-based biometric recognition system, eye-based biometric recognition system, voice-based biometric recognition system, handwritten-based biometric recognition system, and other biometric recognition systems. Eye-based biometric recognition systems encompass iris and retina recognition technologies, known for their high accuracy and reliability in identity verification. Iris recognition utilizes unique patterns in the iris, while retina recognition examines the unique patterns of blood vessels in the retina, both providing robust security measures against unauthorized access.
Voice-based biometric recognition systems, on the other hand, utilize distinctive vocal characteristics for identity verification. These systems are further subdivided into active and passive voice recognition systems. Active voice recognition involves the deliberate vocalization of specific phrases or commands. Passive voice recognition, on the other hand, analyzes natural speech patterns during conversation. Both active and passive voice recognition offer convenient and non-intrusive authentication methods, suitable for various access control scenarios.
The market adoption of eye-based and voice-based biometric recognition systems reflects the increasing demand for advanced security solutions that balance effectiveness with user convenience. Initiatives focusing on research and development in biometric technologies have propelled innovation and improvements in accuracy and reliability. These efforts particularly target advancements in the fields of eye and voice recognition. Moreover, the enforcement of government regulations and industry standards advocating for biometric authentication has further hastened the adoption of these technologies in physical access control applications.
COMPETITIVE INSIGHTS
Some of the leading players in the Germany biometrics in physical access control market include Bosch Security Systems Inc, Dormakaba Holding AG, IDEMIA Group, etc.
Bosch Security Systems Inc, designs, manufactures, and markets electronic detection, control, and communication equipment, providing security, access control, and closed-circuit television components and systems globally. Catering to various industries, it produces a wide range of high-quality security solutions. The company specializes in video systems, intrusion alarms, access control systems, fire alarm systems, public address systems, conference solutions, management software, and services. With manufacturing sites globally, it is headquartered in Grasbrunn, Germany.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. RESEARCH SCOPE & METHODOLOGY
1.1. STUDY OBJECTIVES
1.2. METHODOLOGY
1.3. ASSUMPTIONS & LIMITATIONS
2. EXECUTIVE SUMMARY
2.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
2.2. COUNTRY SNAPSHOT
2.3. COUNTRY ANALYSIS
2.4. SCOPE OF STUDY
2.5. CRISIS SCENARIO ANALYSIS
2.5.1. IMPACT OF COVID-19 ON BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET
2.6. MAJOR MARKET FINDINGS
2.6.1. FINGERPRINT RECOGNITION REMAINS THE MOST COMMONLY USED BIOMETRIC MODALITY IN PHYSICAL ACCESS CONTROL
2.6.2. THE COVID-19 PANDEMIC HAS ACCELERATED THE ADOPTION OF CONTACTLESS BIOMETRIC TECHNOLOGIES
2.6.3. THE INTEGRATION OF BIOMETRIC SENSORS INTO WEARABLE DEVICES IS OPENING UP NEW OPPORTUNITIES
2.6.4. MANY ORGANIZATIONS ARE TRANSITIONING FROM TRADITIONAL ACCESS CONTROL METHODS TO HYBRID SOLUTIONS
3. MARKET DYNAMICS
3.1. KEY DRIVERS
3.1.1. INCREASING CONCERNS REGARDING PHYSICAL SECURITY BREACHES AND UNAUTHORIZED ACCESS
3.1.2. STRINGENT GOVERNMENT REGULATIONS MANDATING THE USE OF BIOMETRIC SYSTEMS IN SENSITIVE AREAS
3.1.3. CONTINUOUS INNOVATION IN BIOMETRIC TECHNOLOGIES TO ENHANCE ACCURACY AND RELIABILITY
3.2. KEY RESTRAINTS
3.2.1. GROWING APPREHENSIONS REGARDING THE COLLECTION AND STORAGE OF BIOMETRIC DATA
3.2.2. INITIAL SETUP COSTS AND INTEGRATION COMPLEXITIES ASSOCIATED WITH DEPLOYING BIOMETRIC SYSTEMS
3.2.3. COMPATIBILITY CHALLENGES BETWEEN DIFFERENT BIOMETRIC SYSTEMS AND EXISTING INFRASTRUCTURE
4. KEY ANALYTICS
4.1. PARENT MARKET ANALYSIS — BIOMETRICS
4.2. KEY MARKET TRENDS
4.2.1. INTEGRATION WITH IOT AND AI
4.2.2. MOBILE BIOMETRICS
4.2.3. MULTIMODAL BIOMETRICS
4.2.4. CLOUD-BASED SOLUTIONS
4.3. PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS
4.3.1. BUYERS POWER
4.3.2. SUPPLIERS POWER
4.3.3. SUBSTITUTION
4.3.4. NEW ENTRANTS
4.3.5. INDUSTRY RIVALRY
4.4. GROWTH PROSPECT MAPPING
4.4.1. GROWTH PROSPECT MAPPING FOR GERMANY
4.5. MARKET CONCENTRATION ANALYSIS
4.6. REGULATORY FRAMEWORK
5. MARKET BY BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.1. HAND-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.1.1. FINGERPRINT BIOMETRIC RECOGNITION
5.1.2. VEIN BIOMETRIC RECOGNITION
5.1.3. PALMPRINT BIOMETRIC RECOGNITION
5.2. FACIAL-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.2.1. 2D FACIAL BIOMETRIC RECOGNITION
5.2.2. 3D FACIAL BIOMETRIC RECOGNITION
5.2.3. FACIAL BIOMETRIC ANALYTICS
5.3. EYE-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.3.1. IRIS BIOMETRIC RECOGNITION
5.3.2. RETINA BIOMETRIC RECOGNITION
5.4. VOICE-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.4.1. ACTIVE VOICE BIOMETRIC RECOGNITION
5.4.2. PASSIVE VOICE BIOMETRIC RECOGNITION
5.5. HANDWRITTEN-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.6. OTHER BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEMS
6. MARKET BY INDUSTRY
6.1. HEALTHCARE & LIFE SCIENCES
6.2. GOVERNMENT
6.3. BFSI
6.4. TELECOM & IT
6.5. LOGISTICS
6.6. RETAIL & E-COMMERCE
6.7. TRANSPORT
6.8. TRAVEL & HOSPITALITY
6.9. MEDIA & ENTERTAINMENT
6.10. OTHER INDUSTRIES
7. COMPETITIVE LANDSCAPE
7.1. KEY STRATEGIC DEVELOPMENTS
7.1.1. MERGERS & ACQUISITIONS
7.1.2. PRODUCT LAUNCHES & DEVELOPMENTS
7.1.3. PARTNERSHIPS & AGREEMENTS
7.1.4. BUSINESS EXPANSIONS & DIVESTITURES
7.2. COMPANY PROFILES
7.2.1. ASSA ABLOY AB GROUP
7.2.1.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.1.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.1.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.2. AVIGILON CORPORATION
7.2.2.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.2.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.2.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.3. AXIS COMMUNICATIONS ABA
7.2.3.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.3.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.3.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.4. BOSCH SECURITY SYSTEMS INC
7.2.4.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.4.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.4.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.5. DORMAKABA HOLDING AG
7.2.5.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.5.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.5.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.6. IDEMIA GROUP
7.2.6.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.6.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.6.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.7. IDENTIV INC
7.2.7.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.7.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.7.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.8. NEDAP NV
7.2.8.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.8.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.8.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.9. SCHNEIDER ELECTRIC SE
7.2.9.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.9.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.9.3. STRENGTHS & CHALLENGES
7.2.10. THALES GROUP
7.2.10.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.10.2. PRODUCTS/SERVICES
7.2.10.3. STRENGTHS & CHALLENGES

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Inkwood Research社はどのような調査会社ですか?


Inkwood Researchは世界40ヶ国以上の国を対象に広範な市場を調査し、世界市場全体を調査したレポートに加え、アジア太平洋地域、欧州、北米などの主要地域や主要国毎のレポートも数多く出版してい... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る