世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

物理的アクセス制御におけるバイオメトリクスの世界市場予測 2024-2032


GLOBAL BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET FORECAST 2024-2032

主な調査結果 売上高では、物理的アクセス制御におけるバイオメトリクスの世界市場は、2023年に2億5,788万ドルと評価され、2024-2032年の予測期間中に13.05%のCAGRで成長し、2032年までに7億8,270万ドルに達す... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Inkwood Research
インクウッドリサーチ
2024年6月3日 US$2,900
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
236 英語

 

サマリー

主な調査結果
売上高では、物理的アクセス制御におけるバイオメトリクスの世界市場は、2023年に2億5,788万ドルと評価され、2024-2032年の予測期間中に13.05%のCAGRで成長し、2032年までに7億8,270万ドルに達すると予測されている。
物理的入退室管理におけるバイオメトリクスの世界市場には、建物、オフィス、施設などの物理的空間への入退室を確認し許可するためのバイオメトリクス技術の使用が含まれる。バイオメトリクスは、指紋、顔の特徴、虹彩パターンのような特徴的な生物学的または行動的特徴を活用して、個人の身元を確認し、安全なアクセスを保証する。デジタルで接続された現在の世界では、バイオメトリクスによるアクセス制御は、セキュリティを強化し、プロセスを最適化し、貴重な資源を保護するために不可欠である。
物理的なアクセス・コントロールにおけるバイオメトリクスの妥当性は、複製や改ざんが困難で堅牢かつ信頼性の高い認証方法を提供できることにある。鍵やアクセス・カードを含む従来のアクセス・コントロール方法は、盗難、紛失、不正な複製に対して脆弱であり、セキュリティの低下やサイバー・セキュリティ侵害の可能性の増大につながる。さらに、バイオメトリクス認証は、固有の生理的または行動的特徴を活用することでこれらの脆弱性に対処し、セキュリティとアカウンタビリティを強化する。
市場の洞察
物理的入退室管理におけるバイオメトリクスの世界市場の主な成長要因:
- 物理的セキュリティ侵害や不正アクセスに関する懸念の高まり
- 機密エリアでのバイオメトリクス・システムの使用を義務付ける政府の厳しい規制
- 精度と信頼性を高めるためのバイオメトリクス技術の絶え間ない革新
o 技術進化の最前線では、バイオメトリック・アルゴリズムとセンシング技術の継続的な改良と強化が行われている。機械学習、人工知能(AI)、深層学習アルゴリズムにおける画期的な進歩は、バイオメトリクス・システムに革命をもたらし、比類のないスピード、精度、堅牢性でバイオメトリクス・データを抽出、分析、解釈することを可能にした。
o これらの進歩により、バイオメトリクスを使用した識別・認証プロセスの性能が大幅に強化され、その結果、誤認識率(FAR)と誤認識拒否率(FRR)が低下しました。その結果、システムの信頼性とユーザーエクスペリエンスが全体的に向上した。
o モノのインターネット(IoT)、クラウド・コンピューティング、モバイル・デバイスのような補完的技術とバイオメトリクスの融合は、物理的アクセス制御の分野における革新と応用の新たなフロンティアを開いています。
o バイオメトリクス対応IoTデバイス、スマートロック、モバイル・バイオメトリクス認証ソリューションは、卓越したレベルの利便性、セキュリティ、拡張性を提供し、多様な産業とセクターで市場の成長と採用を促進している。
物理的アクセス制御におけるバイオメトリクスの世界市場の主な成長抑制要因
- バイオメトリクス・データの収集と保存に関する懸念の高まり
- 生体認証システムの導入に伴う初期設定コストと統合の複雑さ
- 異なるバイオメトリクス・システムと既存インフラ間の互換性の課題
o 相互運用性の課題の主な要因の1つは、市場で入手可能なバイオメトリック・システムとソリューションの異種混合性である。
o さまざまなベンダーが、バイオメトリック・テクノロジー、モダリティ、独自のアルゴリズムなどを多数提供しており、それぞれが特定のユースケース、環境、アプリケーションに合わせて調整されている。このような多様なバイオメトリクスの提供は、しばしば断片化とサイロ化された導入を招き、組織は異種のバイオメトリック・システムを統合し、相互運用可能なアクセス・コントロール・エコシステム内に統一するのに苦労している。
o さらに、多くの組織で普及しているレガシー・インフラストラクチャと独自のプロトコルが、相互運用性にさらなるハードルをもたらしている。既存の入退室管理システム、監視カメラ、ドア・ロック、ID 検証プラットフォームは、標準的なバイオメトリクス・インターフェイスや業界標準と互換性のない独自の通信プロトコル、データ・フォーマット、認証メカニズムを利用している場合がある。
o その結果、組織は、バイオメトリクス認証をサポートするためにレガシー・システムを 改修またはアップグレードする際に課題に直面し、相互運用性のギャップと統合の複雑 さにつながる。
物理的アクセス制御におけるバイオメトリクスの世界市場|トップ市場動向
- 物理的入退室管理におけるバイオメトリクスの世界市場における顕著な傾向は、モバイル・バイオメトリクスの採用が拡大していることであり、バイオメトリクス認証方法がスマートフォンのロック解除やアプリケーションへのアクセスのためにモバイル機器に統合されるケースが増えている。この傾向は、バイオメトリクス技術とモバイル・デバイスのユビキタスな利用との融合を反映しており、ユーザーに便利で安全かつシームレスな認証体験を提供している。
- もう1つの重要な市場トレンドは、複数の認証方法を組み合わせてアクセス制御アプリケーションの精度、信頼性、セキュリティを強化するマルチモーダル生体認証ソリューションへの選好が高まっていることである。マルチモーダルバイオメトリクスは、指紋認証、顔認証、虹彩スキャン、音声認証、行動バイオメトリクスなど、さまざまなバイオメトリクス・モダリティの長所を利用する。このアプローチにより、なりすまし、詐欺、誤認識に強い、弾力性のある多面的な認証システムが構築される。
- さらに、スケーラビリティ、柔軟性、リモート管理機能を提供するクラウドベースのソリューションへの移行は、物理的アクセス制御におけるバイオメトリクスの世界市場で顕著な傾向である。クラウドベースのソリューションは事実上無制限のスケーラビリティを提供するため、企業は設備投資やインフラのプロビジョニングを先行させることなく、需要の変化に応じて入退室管理システムを動的に調整することができる。
セグメンテーション分析
市場セグメンテーション:バイオメトリクス認識システムと産業別
バイオメトリクス認識システム別市場
- ハンドベース生体認証システム
o 指紋バイオメトリクス認識
o静脈バイオメトリック認識
o 掌紋バイオメトリクス認識
- 顔ベース生体認証システム
o 二次元顔バイオメトリクス認識
 2023年、2D顔バイオメトリクス認識が主要な顔ベースのバイオメトリクス認識システムであった。
 2D顔バイオメトリクス認識では、カメラやビデオ監視システムで一般的に撮影された2次元画像から顔の特徴を分析する。
 CCTVの映像から容疑者を特定するため、空港の入退室管理システムや法執行機関などのセキュリティーシステムで広く利用されている。最近の2D顔認識アルゴリズムの開発により、精度と速度が向上し、さまざまな用途で実行可能なソリューションとなっている。
 2D顔認識の成長機会には、性能と拡張性を強化するための人工知能(AI)との統合が含まれ、全産業での採用を促進している。
 これに加えて、モバイル生体認証の進歩により、スマートフォン認証に2D顔認証が導入され、デジタルID分野での関連性が高まっている。
o 3D顔バイオメトリクス認識
o 顔バイオメトリクス分析
- 目ベースの生体認証システム
o 虹彩バイオメトリクス認識
o 網膜バイオメトリクス認識
- 音声ベース生体認証システム
o アクティブ音声バイオメトリック認識
o 受動音声バイオメトリック認識
- 手書きベースのバイオメトリクス認識システム
- その他の生体認証システム
産業別市場
- ヘルスケア&ライフサイエンス
- 政府機関
o 政府分野は、予測期間中に最も急成長する産業カテゴリになると予測されている。
o 政府部門では、バイオメトリクスは、政府の建物、機密施設、機密情報保管庫の安全性を確保するための物理的アクセス制御に広く使用されている。指紋スキャン、顔認識、手のひら静脈認証などのバイオメトリクス技術は、高度に安全な認証手段を提供し、許可された担当者のみが制限区域にアクセスできるようにする。
o 例えば、政府機関は軍事基地でバイオメトリクス・アクセス・コントロール・システムを採用し、安全区域への立ち入りを規制している。
o 市場の主要プレーヤーには、NEC、IDEMIA、ジェムアルトが含まれ、政府のセキュリティ・ニーズに最適化された包括的なバイオメトリクス・ソリューションを提供している。
o 政府部門のビジネスチャンスには、国境管理、法執行、市民識別プログラムへのバイオメトリクスの導入が含まれる。これにより、国益を守りつつ、政府業務のセキュリティと効率を高めることができます。
- BFSI
- 通信・IT
- 物流
- 小売・電子商取引
- 運輸
- 旅行・ホスピタリティ
- メディア&エンターテインメント
- その他産業
地域分析
主要4地域に基づく地域別調査
- 北米:米国およびカナダ
- ヨーロッパイギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダ、ベルギー、その他のヨーロッパ地域
- アジア太平洋地域中国、日本、インド、韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、オーストラリア&ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域
o アジア太平洋地域は、予測期間中、物理的入退室管理におけるバイオメトリクスの世界市場において主要な地域になると推定される。
o アジア太平洋地域では、かなりの都市化が進んでおり、高度なセキュリティソリューションに対する需要が高まっている。これには、人口密度の高い都市部の安全確保を目的としたバイオメトリクス入退室管理システムが含まれる。
o アジア太平洋地域の政府は、市民サービス、国境管理、国家安全保障のためにバイオメトリクス識別プログラムを導入しており、バイオメトリクス・アクセス制御技術の採用に拍車をかけている。
o そのため、インドや中国などのアジア太平洋地域の経済成長国では、インフラ整備への投資が増加しており、商業施設や住宅へのバイオメトリック・アクセス・コントロール・ソリューションの導入が促進されている。
- その他の地域:中南米、中東、アフリカ
競争に関する洞察
物理的アクセス制御におけるバイオメトリクスの世界市場における主要企業
- Allegion Plc
- ボッシュ・セキュリティ・システムズ
- IDEMIAグループ
- 日本電気株式会社
- シュナイダーエレクトリックSE
- タレス・グループ
これらの企業が採用した主な戦略
- Allegion Plcは2024年3月に電気機械式入退室管理ソリューションの大手メーカーであるDorcasの買収を発表した。Dorcas は Allegion International セグメントの一部として運営され、顧客やチャネルを問わず、より広範なシームレスアクセスソリューションを指定・供給する。

- Identiv社は2024年3月、高セキュリティの入退室管理システム(PACS)ポートフォリオの一部としてScrambleFactorを発表した。ScrambleFactorリーダーは、指紋バイオメトリクスと最先端のLCDタッチスクリーン・キーパッドにより、連邦市場向けのセキュアエントリーを再構築し、複数の認証方法を統合することで、比類のないセキュリティ、スピード、機能性、利便性を実現します。
10%の無料カスタマイズと3ヶ月のアナリストサポートを提供します。
よくある質問(FAQ):
- バイオメトリック・アクセス・コントロールはどのようにセキュリティを強化するのですか?
A: バイオメトリック・アクセス・コントロールは、高精度で信頼性の高い認証を提供し、クレデンシャルの盗難や紛失による不正アクセスのリスクを排除し、ID詐欺の可能性を減らすことでセキュリティを強化します。

- バイオメトリクス入退室管理システムを導入する主なメリットは何ですか?
A: バイオメトリクス・アクセス・コントロール・システムを導入することは、セキュリティの向上や利用者の利便性の向上など、大きなメリットがあります。さらに、従来のアクセス・クレデンシャルの管理に伴う管理オーバーヘッドを削減し、アクセス・イベントの監査可能性を高めます。

- 物理的入退室管理システムにバイオメトリクスを導入することで、どのような業界がメリットを得ることができますか?
A: 政府、医療、金融、運輸、製造業などの業界は、重要なインフラを保護し、機密エリアを保護し、アクセス管理プロセスを合理化するために、物理的アクセス制御におけるバイオメトリクスの恩恵を受けることができます。

ページTOPに戻る


目次

目次
1. 調査範囲と方法論
1.1. 調査目的
1.2.調査方法
1.3. 前提条件と限界
2. 要旨
2.1. 市場規模と推定
2.2. 市場概要
2.3. 調査範囲
2.4. 危機シナリオ分析
2.物理的入退室管理におけるバイオメトリクス市場へのコビッド19の影響
2.5. 主な市場調査結果
2.5.1. 物理的アクセス制御で最も一般的に使用されるバイオメトリクス様式は依然として指紋認識である。
2.5.2. Covid-19の流行が非接触型バイオメトリクス技術の採用を加速させている。
2.5.3. ウェアラブル・デバイスへのバイオメトリック・センサーの統合が新たな機会を開いている。
2.5.4. 多くの組織が従来の入退室管理方法からハイブリッドソリューションに移行しつつある。
3. 市場ダイナミクス
3.主な推進要因
3.1.1. 物理的セキュリティ侵害や不正アクセスに関する懸念の高まり
3.1.2. 機密エリアでのバイオメトリクス・システムの使用を義務付ける厳しい政府規制
3.1.3. 精度と信頼性を高めるためのバイオメトリック技術の絶え間ない革新
3.2. 主な阻害要因
3.2.1. バイオメトリック・データの収集と保存に関する懸念の高まり
3.2.2. バイオメトリクス・システムの導入に伴う初期設定費用と統合の複雑さ
3.2.3. 異なるバイオメトリック・システムと既存インフラ間の互換性の課題
4. 主要分析
4.1. 親市場分析 - バイオメトリクス
4.2. 主要市場動向
4.2.1. iotやAIとの統合
4.2.2. モバイル生体認証
4.2.3. マルチモーダル生体認証
4.2.4. クラウドベースのソリューション
4.3. ポーターの5つの力分析
4.3.1. 買い手の力
4.3.2. 供給者の力
4.3.3. 代替
4.3.4. 新規参入
4.3.5. 業界のライバル関係
4.4. 成長見通しマッピング
4.4.1. 北米における成長見通しマッピング
4.4.2. 欧州の成長展望マッピング
4.4.3. アジア太平洋地域の成長展望マッピング
4.4.4. その他の地域の成長展望マッピング
4.5. 市場成熟度分析
4.6. 市場集中度分析
4.7. 規制の枠組み
5. 生体認証システム別市場
5.1. ハンドベースのバイオメトリクス認識システム
5.1.1. 指紋バイオメトリクス認識
5.1.2. 静脈バイオメトリクス認識
5.1.3. 掌紋バイオメトリクス認識
5.2. 顔認証システム
5.2.1. 2次元顔バイオメトリクス認識
5.2.2. 3D顔バイオメトリクス認識
5.2.3. 顔バイオメトリクス分析
5.3. 目ベースのバイオメトリクス認識システム
5.3.1. 虹彩生体認証
5.3.2. 網膜生体認証
5.4. 音声ベースのバイオメトリクス認識システム
5.4.1. 能動的音声バイオメトリクス認識
5.4.2. 受動音声バイオメトリクス認識
5.5. 手書きベースのバイオメトリクス認識システム
5.6. その他のバイオメトリクス認識システム
6. 産業別市場
6.1. ヘルスケア&ライフサイエンス
6.2.政府
6.3. BFSI
6.4. 通信・IT
6.5. ロジスティクス
6.6. 小売・Eコマース
6.7.運輸
6.8. トラベル&ホスピタリティ
6.9. メディア&エンターテインメント
6.10. その他産業
7. 地理的分析
7.1. 北米
7.1.1. 市場規模と推定値
7.1.2. 物理的アクセス制御における生体認証の北米市場促進要因
7.1.3. 物理アクセス制御におけるバイオメトリクス北米市場の課題
7.1.4. 物理アクセス制御におけるバイオメトリクス北米市場の主要企業
7.1.5. 国別分析
7.1.5.1. 米国
7.1.5.1.1. 物理アクセス制御におけるバイオメトリクスの米国市場規模&機会
7.カナダ
7.1.5.2.1. カナダの物理アクセス制御におけるバイオメトリクス市場規模&機会
7.ヨーロッパ
7.2.1. 市場規模と予測
7.2.2. 欧州の入退室管理におけるバイオメトリクス市場促進要因
7.物理的アクセス制御における生体認証の欧州市場の課題
7.2.4. 欧州の物理アクセス制御におけるバイオメトリクス市場の主要企業
7.2.5. 国別分析
7.2.5.1. イギリス
7.2.5.1.1. 物理的アクセス制御における生体認証のイギリス市場規模と機会
7.ドイツ
7.ドイツの入退室管理におけるバイオメトリクス市場規模&機会
7.フランス
7.フランスの入退室管理におけるバイオメトリクスの市場規模と機会
7.イタリア
7.イタリア:物理的アクセス管理におけるバイオメトリクスの市場規模&機会
7.スペイン
7.スペインの入退室管理におけるバイオメトリクスの市場規模&ビジネスチャンス
7.2.5.6. オランダ
7.2.5.6.1. オランダの物理的アクセス管理におけるバイオメトリクス市場規模&機会
7.ベルギー
7.2.5.7.1. ベルギーの入退室管理におけるバイオメトリクス市場規模&機会
7.2.5.8. その他のヨーロッパ
7.2.5.8.1. その他のヨーロッパの入退室管理におけるバイオメトリクス市場規模&機会
7.3. アジア太平洋地域
7.3.1. 市場規模と予測
7.3.2. アジア太平洋地域の物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場促進要因
7.3.3. アジア太平洋地域の物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場の課題
7.3.4. アジア太平洋地域の物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場の主要企業
7.3.5. 国別分析
7.中国
7.中国の物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場規模&機会
7.日本
7.日本の入退室管理におけるバイオメトリクス市場の規模と機会
7.インド
7.物理的アクセス制御におけるバイオメトリクスのインド市場規模&機会
7.韓国
7.韓国の物理的アクセス制御におけるバイオメトリクスの市場規模&機会
7.シンガポール
7.シンガポールの入退室管理におけるバイオメトリクスの市場規模&ビジネス機会
7.マレーシア
7.マレーシアの物理的アクセス管理におけるバイオメトリクス市場規模&機会
7.3.5.7. インドネシア
7.3.5.7.1. インドネシアの物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場規模&機会
7.3.5.8. オーストラリアとニュージーランド
7.オーストラリアとニュージーランドの物理的アクセス制御におけるバイオメトリクスの市場規模と機会
7.3.5.9. その他のアジア太平洋地域
7.3.5.9.1. その他のアジア太平洋地域の入退室管理におけるバイオメトリクス市場規模と機会
7.4. その他の地域
7.4.1. 市場規模と予測
7.4.2. その他の地域の入退室管理におけるバイオメトリクス市場促進要因
7.4.3. その他の地域の物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場の課題
7.4.4. その他の地域の入退室管理におけるバイオメトリクス市場の主要企業
7.4.5. 地域分析
7.4.5.1. ラテンアメリカ
7.4.5.1.1. ラテンアメリカの物理的アクセス制御におけるバイオメトリクス市場規模と機会
7.4.5.2. 中東・アフリカ
7.4.5.2.1. 中東・アフリカの入退室管理におけるバイオメトリクス市場規模&機会
8. 競争環境
8.1. 主要な戦略的展開
8.1.1. M&A
8.1.2. 製品の発表と開発
8.1.3. パートナーシップと契約
8.1.4. 事業拡大・売却
8.2. 会社プロファイル
8.2.1. アレジオン・ピーエルシー
8.2.1.1. 会社概要
8.2.1.2. 製品・サービス
8.2.1.3. 強みと課題
8.2.2. アサ アブロイ グループ
8.2.2.1. 会社概要
8.2.2.2. 製品・サービス
8.2.2.3. 強みと課題
8.2.3. アビジロン株式会社
8.2.3.1. 会社概要
8.2.3.2. 製品・サービス
8.2.3.3. 強みと課題
8.2.4. アクシスコミュニケーションズABA
8.2.4.1. 会社概要
8.2.4.2. 製品・サービス
8.2.4.3. 強みと課題
8.ボッシュ・セキュリティ・システムズ
8.2.5.1. 会社概要
8.2.5.2. 製品・サービス
8.2.5.3. 強みと課題
8.2.6. ドーマカバホールディングス
8.2.6.1. 会社概要
8.2.6.2. 製品・サービス
8.2.6.3. 強みと課題
8.2.7. ハネウェル・インターナショナル
8.2.7.1. 会社概要
8.2.7.2. 製品・サービス
8.2.7.3. 強みと課題
8.2.8. イデミアグループ
8.2.8.1. 会社概要
8.2.8.2. 製品・サービス
8.2.8.3. 強みと課題
8.2.9. アイディーブイ
8.2.9.1. 会社概要
8.2.9.2. 製品・サービス
8.2.9.3. 強みと課題
8.2.10. ジョンソンコントロールズ
8.2.10.1. 会社概要
8.2.10.2. 製品・サービス
8.2.10.3. 強みと課題
8.2.11. ネックコーポレーション
8.2.11.1. 会社概要
8.2.11.2. 製品・サービス
8.2.11.3. 強みと課題
8.2.12. ネダップ・エヌブイ
8.2.12.1. 会社概要
8.2.12.2. 製品・サービス
8.2.12.3. 強みと課題
8.2.13. シュナイダーエレクトリックSE
8.2.13.1. 会社概要
8.2.13.2. 製品・サービス
8.2.13.3. 強みと課題
8.2.14. タレス・グループ
8.2.14.1. 会社概要
8.2.14.2. 製品・サービス
8.2.14.3. 強みと課題

 

ページTOPに戻る


 

Summary

KEY FINDINGS
In terms of revenue, the global biometrics in physical access control market was valued at $2578.83 million in 2023 and is expected to reach $7827.07 million by 2032, growing at a CAGR of 13.05% during the forecast period 2024-2032.
The global biometrics in physical access control market encompasses the use of biometric technologies to verify and grant access to physical spaces, such as buildings, offices, and facilities. Biometrics leverage distinctive biological or behavioral characteristics like fingerprints, facial features, or iris patterns to verify individuals' identities and ensure secure access. In the present digitally connected world, biometric access control is indispensable for bolstering security, optimizing processes, and safeguarding valuable resources.
The relevance of biometrics in physical access control lies in its ability to provide robust and reliable authentication methods that are difficult to replicate or falsify. Traditional access control methods, including keys or access cards, are vulnerable to theft, loss, or unauthorized duplication, leading to decreased security and increased susceptibility to cyber security breaches. Further, biometric authentication addresses these vulnerabilities by leveraging unique physiological or behavioral characteristics, offering enhanced security and accountability.
MARKET INSIGHTS
Key growth enablers of the global biometrics in physical access control market:
• Increasing concerns regarding physical security breaches and unauthorized access
• Stringent government regulations mandating the use of biometric systems in sensitive areas
• Continuous innovation in biometric technologies to enhance accuracy and reliability
o At the frontline of technological evolution is the continuous refinement and enhancement of biometric algorithms and sensing technologies. Breakthroughs in machine learning, artificial intelligence (AI), and deep learning algorithms have revolutionized biometric systems, enabling them to extract, analyze, and interpret biometric data with unparalleled speed, accuracy, and robustness.
o These advancements have substantially strengthened the performance of identification and authentication processes using biometrics, resulting in reduced false acceptance rates (FAR) and false rejection rates (FRR). Consequently, this has led to an overall improvement in system reliability and user experience.
o The convergence of biometrics with complementary technologies like the Internet of Things (IoT), cloud computing, and mobile devices is opening up new frontiers of innovation and application in the field of physical access control.
o Biometric-enabled IoT devices, smart locks, and mobile biometric authentication solutions offer exceptional levels of convenience, security, and scalability, fostering market growth and adoption across diverse industries and sectors.
Key growth restraining factors of the global biometrics in physical access control market:
• Growing apprehensions regarding the collection and storage of biometric data
• Initial setup costs and integration complexities associated with deploying biometric systems
• Compatibility challenges between different biometric systems and existing infrastructure
o One of the primary factors contributing to interoperability challenges is the heterogeneous nature of biometric systems and solutions available in the market.
o Different vendors offer a plethora of biometric technologies, modalities, and proprietary algorithms, each tailored to specific use cases, environments, and applications. This diversity in offerings often results in fragmentation and siloed deployments, where organizations struggle to integrate and unify disparate biometric systems within a cohesive and interoperable access control ecosystem.
o Additionally, legacy infrastructure and proprietary protocols prevalent in many organizations pose additional hurdles to interoperability. Existing access control systems, surveillance cameras, door locks, and identity verification platforms may utilize proprietary communication protocols, data formats, and authentication mechanisms incompatible with standard biometric interfaces and industry standards.
o As a result, organizations face challenges in retrofitting or upgrading legacy systems to support biometric authentication, leading to interoperability gaps and integration complexities.
Global Biometrics in Physical Access Control Market | Top Market Trends
• A notable trend in the global biometrics in physical access control market is the growing adoption of mobile biometrics, wherein biometric authentication methods are increasingly integrated into mobile devices for unlocking smartphones and accessing applications. This trend reflects the convergence of biometric technology with the ubiquitous use of mobile devices, offering users convenient, secure, and seamless authentication experiences.
• Another significant market trend is the increasing preference for multimodal biometric solutions, which combine multiple authentication methods to enhance accuracy, reliability, and security in access control applications. Multimodal biometrics utilize the strengths of different biometric modalities, including fingerprint recognition, facial recognition, iris scanning, voice recognition, and behavioral biometrics. This approach creates resilient and multifaceted authentication systems that offer greater resistance to spoofing, fraud, and false acceptance.
• Furthermore, the transition towards cloud-based solutions, offering scalability, flexibility, and remote management capabilities, is a prominent trend in the global biometrics in the physical access control market. Cloud-based solutions provide virtually unlimited scalability, enabling organizations to dynamically adjust their access control systems in response to changing demands without requiring upfront capital investments or infrastructure provisioning.
SEGMENTATION ANALYSIS
Market Segmentation – Biometric Recognition System and Industry –
Market by Biometric Recognition System:
• Hand-Based Biometric Recognition System
o Fingerprint Biometric Recognition
o Vein Biometric Recognition
o Palmprint Biometric Recognition
• Facial-Based Biometric Recognition System
o 2D Facial Biometric Recognition
 In 2023, 2D facial biometric recognition was the major facial-based biometric recognition system.
 2D facial biometric recognition involves analyzing facial features from a two-dimensional image commonly captured by cameras or video surveillance systems.
 It is widely utilized in security systems, such as access control systems at airports or in law enforcement, to identify suspects from CCTV footage. Recent developments in 2D facial recognition algorithms have improved accuracy and speed, making it a viable solution for various applications.
 Growth opportunities for 2D facial recognition include its integration with artificial intelligence (AI) for enhanced performance and scalability, driving adoption across industries.
 In addition to this, progressions in mobile biometrics have led to the implementation of 2D facial recognition in smartphone authentication, heightening its relevance in the digital identity space.
o 3D Facial Biometric Recognition
o Facial Biometric Analytics
• Eye-Based Biometric Recognition System
o Iris Biometric Recognition
o Retina Biometric Recognition
• Voice-Based Biometric Recognition System
o Active Voice Biometric Recognition
o Passive Voice Biometric Recognition
• Handwritten-Based Biometric Recognition System
• Other Biometric Recognition Systems
Market by Industry:
• Healthcare & Life Sciences
• Government
o The government segment is predicted to be the fastest-growing industry category during the forecast period.
o In the Government sector, biometrics are extensively used for physical access control to secure government buildings, sensitive installations, and classified information repositories. Biometric technologies, including fingerprint scanning, facial recognition, and palm vein authentication, provide highly secure means of authentication, ensuring only authorized personnel gain access to restricted areas.
o For example, government agencies employ biometric access control systems in military bases to regulate entry to secure zones, where biometric data serves as a unique identifier for individuals with clearance.
o Key players in the market include NEC Corporation, IDEMIA, and Gemalto, offering comprehensive biometric solutions optimized to governmental security needs.
o Opportunities in the government sector include deploying biometrics for border control, law enforcement, and citizen identification programs. This stimulates greater security and efficiency in government operations while safeguarding national interests.
• BFSI
• Telecom & IT
• Logistics
• Retail & E-Commerce
• Transport
• Travel & Hospitality
• Media & Entertainment
• Other Industries
REGIONAL ANALYSIS
Geographical Study based on Four Major Regions:
• North America: The United States and Canada
• Europe: The United Kingdom, Germany, France, Italy, Spain, the Netherlands, Belgium, and Rest of Europe
• Asia-Pacific: China, Japan, India, South Korea, Singapore, Malaysia, Indonesia, Australia & New Zealand, and Rest of Asia-Pacific
o The Asia-Pacific is estimated to be the leading region in the global biometrics in physical access control market over the forecasting years.
o In the Asia-Pacific, considerable urbanization is driving demand for advanced security solutions. This includes biometric access control systems aimed at securing densely populated urban areas.
o Governments in the Asia-Pacific are implementing biometric identification programs for citizen services, border control, and national security, fueling the adoption of biometric access control technologies.
o Therefore, growing economies in the Asia-Pacific, such as India and China, are witnessing increased investments in infrastructure development, promoting the deployment of biometric access control solutions in commercial and residential properties
• Rest of World: Latin America, the Middle East & Africa
COMPETITIVE INSIGHTS
Major players in the global biometrics in physical access control market:
• Allegion Plc
• Bosch Security Systems Inc
• IDEMIA Group
• NEC Corporation
• Schneider Electric SE
• Thales Group
Key strategies adopted by some of these companies:
• Allegion Plc announced the acquisition of Dorcas, a leading manufacturer of electro-mechanical access control solutions, in March 2024. Dorcas will operate as part of the Allegion International segment, specifying and supplying a broader range of seamless access solutions across customers and channels.

• Identiv Inc launched ScrambleFactor in March 2024 as part of its high-security physical access control system (PACS) portfolio. The ScrambleFactor reader reimagines secure entry for the federal market with fingerprint biometrics and a state-of-the-art LCD touchscreen keypad, integrating multiple authentication methods to deliver unparalleled security, speed, functionality, and convenience.
We Offer 10% Free Customization and 3 Months Analyst Support
Frequently Asked Questions (FAQs):
• How does biometric access control enhance security?
A: Biometric access control enhances security by providing highly accurate and reliable authentication, eliminating the risk of unauthorized access through stolen or lost credentials, and reducing the possibility of identity fraud.

• What are the major benefits of implementing biometric access control systems?
A: Implementing biometric access control systems has major benefits, including improved security and increased convenience for users. Additionally, it reduces the administrative overhead associated with managing traditional access credentials and enhances the auditability of access events.

• Which industries can derive benefits from implementing biometrics in physical access control systems?
A: Industries such as government, healthcare, finance, transportation, and manufacturing can benefit from biometrics in physical access control to protect critical infrastructure, secure sensitive areas, and streamline access management processes.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. RESEARCH SCOPE & METHODOLOGY
1.1. STUDY OBJECTIVES
1.2. METHODOLOGY
1.3. ASSUMPTIONS & LIMITATIONS
2. EXECUTIVE SUMMARY
2.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
2.2. MARKET OVERVIEW
2.3. SCOPE OF STUDY
2.4. CRISIS SCENARIO ANALYSIS
2.4.1. IMPACT OF COVID-19 ON BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET
2.5. MAJOR MARKET FINDINGS
2.5.1. FINGERPRINT RECOGNITION REMAINS THE MOST COMMONLY USED BIOMETRIC MODALITY IN PHYSICAL ACCESS CONTROL
2.5.2. THE COVID-19 PANDEMIC HAS ACCELERATED THE ADOPTION OF CONTACTLESS BIOMETRIC TECHNOLOGIES
2.5.3. THE INTEGRATION OF BIOMETRIC SENSORS INTO WEARABLE DEVICES IS OPENING UP NEW OPPORTUNITIES
2.5.4. MANY ORGANIZATIONS ARE TRANSITIONING FROM TRADITIONAL ACCESS CONTROL METHODS TO HYBRID SOLUTIONS
3. MARKET DYNAMICS
3.1. KEY DRIVERS
3.1.1. INCREASING CONCERNS REGARDING PHYSICAL SECURITY BREACHES AND UNAUTHORIZED ACCESS
3.1.2. STRINGENT GOVERNMENT REGULATIONS MANDATING THE USE OF BIOMETRIC SYSTEMS IN SENSITIVE AREAS
3.1.3. CONTINUOUS INNOVATION IN BIOMETRIC TECHNOLOGIES TO ENHANCE ACCURACY AND RELIABILITY
3.2. KEY RESTRAINTS
3.2.1. GROWING APPREHENSIONS REGARDING THE COLLECTION AND STORAGE OF BIOMETRIC DATA
3.2.2. INITIAL SETUP COSTS AND INTEGRATION COMPLEXITIES ASSOCIATED WITH DEPLOYING BIOMETRIC SYSTEMS
3.2.3. COMPATIBILITY CHALLENGES BETWEEN DIFFERENT BIOMETRIC SYSTEMS AND EXISTING INFRASTRUCTURE
4. KEY ANALYTICS
4.1. PARENT MARKET ANALYSIS — BIOMETRICS
4.2. KEY MARKET TRENDS
4.2.1. INTEGRATION WITH IOT AND AI
4.2.2. MOBILE BIOMETRICS
4.2.3. MULTIMODAL BIOMETRICS
4.2.4. CLOUD-BASED SOLUTIONS
4.3. PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS
4.3.1. BUYERS POWER
4.3.2. SUPPLIERS POWER
4.3.3. SUBSTITUTION
4.3.4. NEW ENTRANTS
4.3.5. INDUSTRY RIVALRY
4.4. GROWTH PROSPECT MAPPING
4.4.1. GROWTH PROSPECT MAPPING FOR NORTH AMERICA
4.4.2. GROWTH PROSPECT MAPPING FOR EUROPE
4.4.3. GROWTH PROSPECT MAPPING FOR ASIA-PACIFIC
4.4.4. GROWTH PROSPECT MAPPING FOR REST OF WORLD
4.5. MARKET MATURITY ANALYSIS
4.6. MARKET CONCENTRATION ANALYSIS
4.7. REGULATORY FRAMEWORK
5. MARKET BY BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.1. HAND-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.1.1. FINGERPRINT BIOMETRIC RECOGNITION
5.1.2. VEIN BIOMETRIC RECOGNITION
5.1.3. PALMPRINT BIOMETRIC RECOGNITION
5.2. FACIAL-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.2.1. 2D FACIAL BIOMETRIC RECOGNITION
5.2.2. 3D FACIAL BIOMETRIC RECOGNITION
5.2.3. FACIAL BIOMETRIC ANALYTICS
5.3. EYE-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.3.1. IRIS BIOMETRIC RECOGNITION
5.3.2. RETINA BIOMETRIC RECOGNITION
5.4. VOICE-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.4.1. ACTIVE VOICE BIOMETRIC RECOGNITION
5.4.2. PASSIVE VOICE BIOMETRIC RECOGNITION
5.5. HANDWRITTEN-BASED BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEM
5.6. OTHER BIOMETRIC RECOGNITION SYSTEMS
6. MARKET BY INDUSTRY
6.1. HEALTHCARE & LIFE SCIENCES
6.2. GOVERNMENT
6.3. BFSI
6.4. TELECOM & IT
6.5. LOGISTICS
6.6. RETAIL & E-COMMERCE
6.7. TRANSPORT
6.8. TRAVEL & HOSPITALITY
6.9. MEDIA & ENTERTAINMENT
6.10. OTHER INDUSTRIES
7. GEOGRAPHICAL ANALYSIS
7.1. NORTH AMERICA
7.1.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
7.1.2. NORTH AMERICA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET DRIVERS
7.1.3. NORTH AMERICA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET CHALLENGES
7.1.4. KEY PLAYERS IN NORTH AMERICA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET
7.1.5. COUNTRY ANALYSIS
7.1.5.1. UNITED STATES
7.1.5.1.1. UNITED STATES BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.1.5.2. CANADA
7.1.5.2.1. CANADA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.2. EUROPE
7.2.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
7.2.2. EUROPE BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET DRIVERS
7.2.3. EUROPE BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET CHALLENGES
7.2.4. KEY PLAYERS IN EUROPE BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET
7.2.5. COUNTRY ANALYSIS
7.2.5.1. UNITED KINGDOM
7.2.5.1.1. UNITED KINGDOM BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.2.5.2. GERMANY
7.2.5.2.1. GERMANY BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.2.5.3. FRANCE
7.2.5.3.1. FRANCE BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.2.5.4. ITALY
7.2.5.4.1. ITALY BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.2.5.5. SPAIN
7.2.5.5.1. SPAIN BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.2.5.6. NETHERLANDS
7.2.5.6.1. NETHERLANDS BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.2.5.7. BELGIUM
7.2.5.7.1. BELGIUM BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.2.5.8. REST OF EUROPE
7.2.5.8.1. REST OF EUROPE BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.3. ASIA-PACIFIC
7.3.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
7.3.2. ASIA-PACIFIC BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET DRIVERS
7.3.3. ASIA-PACIFIC BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET CHALLENGES
7.3.4. KEY PLAYERS IN ASIA-PACIFIC BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET
7.3.5. COUNTRY ANALYSIS
7.3.5.1. CHINA
7.3.5.1.1. CHINA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.3.5.2. JAPAN
7.3.5.2.1. JAPAN BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.3.5.3. INDIA
7.3.5.3.1. INDIA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.3.5.4. SOUTH KOREA
7.3.5.4.1. SOUTH KOREA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.3.5.5. SINGAPORE
7.3.5.5.1. SINGAPORE BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.3.5.6. MALAYSIA
7.3.5.6.1. MALAYSIA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.3.5.7. INDONESIA
7.3.5.7.1. INDONESIA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.3.5.8. AUSTRALIA & NEW ZEALAND
7.3.5.8.1. AUSTRALIA & NEW ZEALAND BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.3.5.9. REST OF ASIA-PACIFIC
7.3.5.9.1. REST OF ASIA-PACIFIC BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.4. REST OF WORLD
7.4.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
7.4.2. REST OF WORLD BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET DRIVERS
7.4.3. REST OF WORLD BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET CHALLENGES
7.4.4. KEY PLAYERS IN REST OF WORLD BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET
7.4.5. REGIONAL ANALYSIS
7.4.5.1. LATIN AMERICA
7.4.5.1.1. LATIN AMERICA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
7.4.5.2. MIDDLE EAST & AFRICA
7.4.5.2.1. MIDDLE EAST & AFRICA BIOMETRICS IN PHYSICAL ACCESS CONTROL MARKET SIZE & OPPORTUNITIES
8. COMPETITIVE LANDSCAPE
8.1. KEY STRATEGIC DEVELOPMENTS
8.1.1. MERGERS & ACQUISITIONS
8.1.2. PRODUCT LAUNCHES & DEVELOPMENTS
8.1.3. PARTNERSHIPS & AGREEMENTS
8.1.4. BUSINESS EXPANSIONS & DIVESTITURES
8.2. COMPANY PROFILES
8.2.1. ALLEGION PLC
8.2.1.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.1.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.1.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.2. ASSA ABLOY AB GROUP
8.2.2.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.2.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.2.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.3. AVIGILON CORPORATION
8.2.3.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.3.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.3.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.4. AXIS COMMUNICATIONS ABA
8.2.4.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.4.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.4.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.5. BOSCH SECURITY SYSTEMS INC
8.2.5.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.5.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.5.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.6. DORMAKABA HOLDING AG
8.2.6.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.6.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.6.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.7. HONEYWELL INTERNATIONAL
8.2.7.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.7.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.7.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.8. IDEMIA GROUP
8.2.8.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.8.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.8.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.9. IDENTIV INC
8.2.9.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.9.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.9.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.10. JOHNSON CONTROLS
8.2.10.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.10.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.10.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.11. NEC CORPORATION
8.2.11.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.11.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.11.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.12. NEDAP NV
8.2.12.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.12.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.12.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.13. SCHNEIDER ELECTRIC SE
8.2.13.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.13.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.13.3. STRENGTHS & CHALLENGES
8.2.14. THALES GROUP
8.2.14.1. COMPANY OVERVIEW
8.2.14.2. PRODUCTS/SERVICES
8.2.14.3. STRENGTHS & CHALLENGES

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Inkwood Research社はどのような調査会社ですか?


Inkwood Researchは世界40ヶ国以上の国を対象に広範な市場を調査し、世界市場全体を調査したレポートに加え、アジア太平洋地域、欧州、北米などの主要地域や主要国毎のレポートも数多く出版してい... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る