世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

手術室における人工知能の世界市場 - 2024-2031


Global artificial intelligence in operating room market - 2024-2031

概要 世界の手術室における人工知能(AI)市場は、2023年にXX百万米ドルに達し、2031年にはXX百万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年にXX%の年平均成長率で成長すると予測されている。 世界の手術... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
182 英語

 

サマリー

概要
世界の手術室における人工知能(AI)市場は、2023年にXX百万米ドルに達し、2031年にはXX百万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年にXX%の年平均成長率で成長すると予測されている。
世界の手術室における人工知能(AI)は、機械学習と人工知能の導入、アルゴリズムと技術の応用により、手術室、術前領域、麻酔後治療室におけるリソースの効率と利用を最適化するように設計されている。
ロボット手術におけるAIの活用は、将来の手術トレーニングに大きな影響を与え、手術中の手術体験を向上させることが期待される。いずれも精密手術を実現することで、外科医療の質を高めることを目的としている。
また、手術室におけるAIは医療の震源地であり、効率的なリソース管理、人員、設備は、トップレベルの外科医療に不可欠である。最近では、人工知能(AI)と機械学習(ML)の統合が経営を変革し、手術計画と最適化を再定義している。
AIベースのバーチャルアシスタントとチャットボットは、手術室におけるコミュニケーションとワークフローの最適化に革命をもたらしている。これらのインテリジェントシステムは、患者情報をシームレスに取得し、リアルタイムのデータ分析を提供し、重要な処置中に外科医に意思決定支援を提供する。
AIは手術室のワークフローに一定の貢献を始めているが、医療業界におけるAIベースのソリューションの規制プロセスの標準化への取り組み、3D可視化技術の進歩、手術室のワークフローを合理化する先進技術への嗜好の高まりが、さらなる普及を促進すると予想される。
市場のダイナミクス促進要因
ロボット工学と医療視覚化技術の進歩

ロボット手術は、その実際の利点と潜在的な利点の両方から「革命的」と呼ばれている。医療用ロボットは約30年前から使用されている。その起源は、先行する低侵襲手術(MIS)技術の弱点から生まれた。
非侵襲性ロボットは、FDAが初めて承認したサイバーナイフや画像誘導放射線手術などの画像誘導治療に役立っている。未来のマイクロボットは、切開をまったく必要としない潜在的な進歩である。
マイクロボットは循環系に導入され、特定の目的地に運ばれる可能性がある。以前のマスター・スレーブ・システムと比較すると、マイクロロボットは非常に異なっており、オペレーターとの物理的な接続がなく、アクセスがはるかに容易である。
内包された推進力、小型化された機能性、遠隔操作の正確さ、一貫した画像処理などの可能性がある。これらの問題が解決されれば、マイクロロボットは手術に革命をもたらす可能性がある。
Kinepict Health社は、DVA(Digital Variance Angiography)を使用するKinepict Medical Imaging Tool(KMIT)ソフトウェアのFDA 510(k)認可を取得した。Kinepict社のDVA技術はX線血管造影画像の計算に革命を起こすことを目的としています。DVAアルゴリズムは、X線血管造影の造影剤による変化を識別することにより血管を可視化する高度な統計的手法を使用します。
ロボット工学と人工知能は、医療における紛れもない未来であり、患者の治療を進歩させるだけでなく、こうした恩恵へのアクセスを増大させる驚くべき可能性を秘めている。
Hugo RASシステムは、20年にわたりロボット手術の導入を妨げてきた歴史的なコストと利用の障壁に対処するために設計された。合併症の減少、入院期間の短縮、日常生活への早期復帰といった低侵襲手術の利点を患者に提供しているにもかかわらず、世界全体ではロボット手術は3%程度である。西ヨーロッパでは、手術の約2%がロボット手術であり、大多数(約65%)は開腹手術である。残りは従来の低侵襲手術である。
阻害要因
手術室へのAI技術導入に伴う高コスト、データプライバシーやセキュリティポーズに関連する懸念、専門的トレーニングの必要性、既存の医療ITインフラとの相互運用性の課題などの要因が、市場の妨げになると予想される。
あらゆる新技術と同様に、AIとその下位分野は、メディアの誇大宣伝による非現実的な期待の影響を受けやすく、大きな失望と幻滅を招く可能性がある。ニューラルネットワークのような技術は「ブラックボックス」設計に基づいている。
ニューラルネットワークの自動化された性質は、人間が見逃したパターンを検出することを可能にするが、人間の科学者には、そのようなパターンがコンピューターによってどのように、あるいはなぜ識別されたのかを評価する能力はほとんど残されていない。さらに、因果関係推論の進歩にもかかわらず、AIはまだ臨床に必要なレベルでデータの因果関係を決定することはできないし、その分析の自動化された臨床的解釈を提供することもできない。
AIを利用した機械やコンピューターなどを構築するには、複雑なエンジニアリングが必要となるため、莫大なコストがかかる。加えて、ほとんどの人工知能(AI)や機械学習技術のアプリケーションは、医師に対してデータのみを提供し、医師はどのように治療を進めるべきか判断することになる。
AIはいかなる処置も行わず、投薬コースも処方しないため、健康問題を診断するソフトウェアは、インスリンポンプや新薬のような機器のように、無作為化臨床試験に合格する必要はない。
このレポートの詳細 - サンプル請求
セグメント分析
手術室における人工知能(AI)市場は、提供、用途、エンドユーザー、地域に基づいてセグメント化される。
サービス型ソフトウェア(SaaS)セグメントは、手術室の人工知能(AI)市場シェアの約73.5%を占める
SaaS(Software-a-Service)セグメントは、予測期間中最大の市場シェアを占めると予測されている。SaaSアプリケーションは、ウェブベースソフトウェア、オンデマンドソフトウェア、ホスト型ソフトウェアと呼ばれることもある。アプリケーションはSaaSプロバイダーのサーバー上で実行される。プロバイダーは、セキュリティ、可用性、パフォーマンスなど、アプリケーションへのアクセスを管理する。
AIは、SaaSソフトウェアの自然言語処理能力を強化する上で非常に大きな影響を及ぼしており、開発者がバックエンドで大規模な手直しをすることなく、アプリケーションをユーザーの行動や習慣に迅速に適応させることを可能にしている。
このアプリケーションは従来のモデルとは異なり、ソフトウェア(アプリケーション)がすでにインストールされ、設定されている。例えばサーバーをクラウドで提供すれば、数時間でアプリケーションを使えるようにすることができる。これにより、インストールや設定に費やす時間が短縮され、ソフトウェア導入の妨げとなる問題を減らすことができる。
例えば、2022年7月、ロイヤル・フィリップスは、人工知能(AI)を搭載したMR高速化ソフトウェアSmartSpeedが米国食品医薬品局(FDA)の510(k)認可を取得したと発表した。フィリップスの既存のMRアクセラレーションエンジン「Compressed SENSE」に高度なAIデータ収集アルゴリズムを追加したSmartSpeedは、スキャン時間を3倍高速化し、画質をほぼ損なうことなく、より高い画像解像度を実現し、診断の信頼性とMR部門の生産性を大きく前進させる。
フィリップスのAIベースのSmartSpeed再構成は、我々にとって加速技術の新たなベンチマークです。既存のCompressed SENSEをあらゆる面で改善し、優れた画質と診断の信頼性を保ちながらスキャン時間を短縮することができます。
さらに、AIを活用した技術の利用が増加することで、患者ケアの向上や外科手術の合理化が実現します。
例えば、2023年10月、手術チームが必要な知識、ツール、および可能な限り最良の患者転帰のための支援を保証するソフトウェアを開発し、リリースするヘルスケア技術事業者であるORtelligence社は、最新のイノベーションであるRep+TMをリリースした。Rep+は、SaaS(Software-as-a-Service)、AIを搭載した手術支援ソフトウェアツールであり、手術チームのトレーニング、サポート、および効率化を提供する医療専門家の努力をサポートすることによって、患者ケアを改善し、手術プロセスに革命を起こすことを目的としている。
地理的分析
手術室における人工知能(AI)市場シェアの約43.2%を北米が占める
予測期間中、北米地域が最大の市場シェアを占めると予想される。
認知度の上昇により医療インフラが整備され、ますます高度な技術がこの地域の市場を拡大する。
医療は米国経済において最も重要な分野の1つである。そのため、米国食品医薬品局(FDA)は、Center for Devices and Radiological Health's Digital Health Center of Excellenceから「人工知能/機械学習(AI/ML)ベースの医療機器としてのソフトウェア(SaMD)行動計画」を発表した。
この地域は、最先端の医療システムと、人工知能イノベーションの最前線に立つトップIT・ヘルスケア企業の存在によって際立っている。北米の医療従事者が最先端技術をいち早く取り入れたことで、AIを手術現場に迅速に組み込むことが容易になった。
医療技術への多額の支出と、デジタルヘルスソリューションの構築を支援する規制も、この地域に利益をもたらしている。これらの要素は、AI技術の開発と普及に最適な環境を育み、北米をこの分野の主要なプレーヤーにしている。
また、2024年1月には、米国マサチューセッツ州のブリガム・アンド・ウィメンズ・フォークナー病院が、手術中のすべてのステップを記録する新しいAI技術を手術室に導入したことを明らかにした。特定の医療専門家の反対にもかかわらず、このいわゆるORブラックボックスの目的は、手術チームが効率と安全プロトコルを向上させる方法を発見することである。
COVID-19の影響分析
COVID-19は、手術室市場における人工知能(AI)に大きな影響を与えた。最前線で働くすべての労働者、特に患者と直接接触する労働者が大きなリスクにさらされている。
病原体の蔓延を抑え、医療従事者と患者を保護するために、選択的手術の中止を含め、医療サービスは主に制限されており、これは大きな負担となっており、患者と病院に莫大な経済的損失をもたらしている。
遮蔽層としてのロボットの統合は、医療従事者と患者を物理的に分離するのに役立ち、病原体汚染の遍在する恐怖と闘い、手術量を維持するための強力なツールである。
術前、術中、術後のケアにおいて、ロボットと人工知能は、感染汚染を軽減し、患者が大量に押し寄せる時期の手術環境における患者管理を助けることができる。医療では、デジタル化と機械知能がウイルス対策で重要性を増している。したがって、手術室における人工知能(AI)市場は予測期間中に成長が見られるだろう。
2024年のNCBIの発表によると、パンデミックは世界の医療システムに大きな影響を与えたが、パンデミックと戦う上で治療的意義を持つ自律型人工知能(AI)技術に基づく先駆的なアプリケーションを推進・開発するプラットフォームにもなっている。人工知能は、ウイルスの感染力と拡散に関する既存データの評価、分析、三角測量を通じて、ウイルスのヒトからヒトへの感染確率を低減できることを実証することに成功した。
市場区分
サービス別
- サービス型ソフトウェア(SaaS)
- ハードウェア
アプリケーション別
- 手術計画
- 診断
- トレーニング
- 転帰とリスク分析
エンドユーザー別
- 病院
- その他
地域別
- 北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
- 欧州
- ドイツ
- 英国
- フランス
- スペイン
- イタリア
- その他のヨーロッパ
- 南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米
- アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- 韓国
- その他のアジア太平洋地域
- 中東・アフリカ
競争状況
手術室における人工知能(AI)市場における世界の主要プレーヤーには、Activ Surgical, Inc.、Brainomix Ltd.、Caresyntax, Inc.、DeepOR S.A.S.、ExplORer Surgical Corp.、Holo Surgical Inc.、LeanTaaS Inc.、Medtronic Plc、Proximie、Theator Inc.Tianjin JingMing New Tech.Tianjin JingMing New Tech.Ltd.、HANSON MEDITEC CO.、Huaian Meide Medical Instrument Co.Ltd.などである。
主な動向
- 2024年4月18日、メドトロニックはTouch Surgery Performance Insightsプラットフォームに手術ワークフロー、器具、解剖学的検出にわたる14の新しいAI駆動アルゴリズムを導入すると発表した。
- 2024年3月18日、ジョンソン・エンド・ジョンソン メドテックは、エヌビディアと共同で手術用人工知能(AI)の加速と拡張に取り組んでおり、コネクテッド手術室全体における手術の意思決定、教育、コラボレーションのためのリアルタイム分析へのアクセス向上とAIアルゴリズムのグローバルな利用をサポートしていると発表した。
- 2023年9月26日、UNC外科、UNC-NCSU合同生物医学工学科、UNCリネバーガー総合がんセンターは、新たな臨床・研究パートナーシップを設立した。この共同研究により、AIによるがん管理システムを開発したいとしている。この共同研究により、彼らはがん治療を管理できるAIモデルを開発したいと考えている。
- 2023年9月25日、US Medical Innovations(USMI)とJerome Canady Research Institute for Advanced and Biological Technological Sciences(JCRI-ABTS)は、新しいCanady Robotic AI Surgical Systemの発売を発表した。この新システムは、AIを搭載したソフトウェアプログラマーと3Dナビゲーションガイドによる手術計画を提供する。
- 2023年9月14日、バプティスト・ヘルス・サウスフロリダと富士通は、手術室スケジューリングに革命を起こし、稼働率を向上させるとともに、外科専門医の財政的安定性を向上させるSurgical Capacity Optimizationツールの導入を発表した。
- 2022年10月19日、メドトロニック社は、同社のロボット支援手術(RAS)システムHugoTMが、3つの重要なグローバル市場参入および適応拡大の承認を取得したと発表。
- 2021年4月9日、デジタル外科手術のパイオニアであるアクティヴ・サージカル社は、手術の可視化を強化する同社のActivSight術中画像モジュールの米国食品医薬品局(FDA)510(k)認可を発表した。
レポートを購入する理由
- 手術室における人工知能(AI)市場を、提供物、用途、エンドユーザー、地域に基づいて細分化し、主要な商業資産とプレーヤーを理解する。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定
- 手術室における人工知能(AI)市場レベルの数多くのデータを全セグメントでまとめたエクセルデータシート。
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査後の包括的な分析で構成されています。
- 全主要プレイヤーの主要製品からなる製品マッピングをエクセルで入手可能。
手術室における人工知能(AI)市場レポートは、約62の表、51の図、182ページを提供します。
対象読者
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 研究専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.オファー別スニペット
3.2.アプリケーション別スニペット
3.3.エンドユーザー別スニペット
3.4.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.ロボット工学と医療可視化技術の進歩
4.1.1.2.従来の手術に対する人工知能を活用した手術の利点
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.手術室におけるAIの限界
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.アンメット・ニーズ
5.6.PESTEL分析
5.7.特許分析
5.8.SWOT分析
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID以前のシナリオ
6.1.2.COVID中のシナリオ
6.1.3.COVID後のシナリオ
6.2.COVID中の価格ダイナミクス-19
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.結論
7.オファリング別
7.1.はじめに
7.1.1.市場規模分析と前年比成長率分析(%), オファリング別
7.1.2.市場魅力度指数(オファリング別
7.2.サービス型ソフトウェア(SaaS)* 2.1.
7.2.1.はじめに
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.ハードウェア
8.アプリケーション別
8.1.はじめに
8.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
8.1.2.市場魅力度指数(用途別
8.2.手術計画
8.2.1.はじめに
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.診断
8.4.トレーニング
8.5.結果とリスク分析
9.エンドユーザー別
9.1.はじめに
9.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、エンドユーザー別
9.1.2.市場魅力度指数(エンドユーザー別
9.2.病院*市場
9.2.1.はじめに
9.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.3.その他
9.3.1.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
10.地域別
10.1.はじめに
10.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
10.1.2.市場魅力度指数、地域別
10.2.北米
10.2.1.はじめに
10.2.2.主な地域別ダイナミクス
10.2.3.オファリング別の市場規模分析と前年比成長率分析(%) 2.4.
10.2.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
10.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
10.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.2.6.1.米国
10.2.6.2.カナダ
10.2.6.3.メキシコ
10.3.ヨーロッパ
10.3.1.はじめに
10.3.2.地域別の主な動き
10.3.3.オファリング別の市場規模分析と前年比成長率分析(%) 3.4.
10.3.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
10.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
10.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
10.3.6.1.ドイツ
10.3.6.2.イギリス
10.3.6.3.フランス
10.3.6.4.イタリア
10.3.6.5.スペイン
10.3.6.6.その他のヨーロッパ
10.4.南米
10.4.1.はじめに
10.4.2.地域別主要市場
10.4.3.オファリング別の市場規模分析と前年比成長率分析(%) 4.4.
10.4.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
10.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
10.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
10.4.6.1.ブラジル
10.4.6.2.アルゼンチン
10.4.6.3.その他の南米地域
10.5.アジア太平洋
10.5.1.はじめに
10.5.2.主な地域別ダイナミクス
10.5.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), オファリング別
10.5.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
10.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
10.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 流通チャネル別
10.5.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.5.7.1.中国
10.5.7.2.インド
10.5.7.3.日本
10.5.7.4.韓国
10.5.7.5.その他のアジア太平洋地域
10.6.中東・アフリカ
10.6.1.はじめに
10.6.2.地域別の主な動き
10.6.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), オファリング別
10.6.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
10.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
11.競争環境
11.1.競争シナリオ
11.2.市場ポジショニング/シェア分析
11.3.M&A分析
12.企業プロフィール
12.1.アクティヴ・サージカル社
12.1.1.会社概要
12.1.2.製品ポートフォリオと説明
12.1.3.財務概要
12.1.4.主な展開
12.2.ブレインミックス社
12.3.ケアシンタックス社
12.4.メドトロニック社
12.5.ディポール社
12.6.エクスプローラーサージカル社
12.7.ホロサージカル社
12.8.天津京明新科技有限公司Ltd.株式会社
12.9.ハンソン・メディテック株式会社
12.10.淮安美的医療器械有限公司
リストは完全ではありません
13.付録
13.1.会社概要とサービス
13.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
The global artificial intelligence (AI) in the operating room market reached US$ XX million in 2023 and is expected to reach US$ XX million by 2031, growing at a CAGR of XX% during the forecast period 2024-2031.
Global artificial intelligence (AI) in operating rooms is designed for the deployment of machine learning and artificial intelligence and the application of algorithms and technologies to optimize the efficiency and usage of resources in the operating room, pre-operative region, and post-anesthesia treatment unit.
The use of AI in robotic surgery is expected to have a significant impact on future surgical training and enhance the surgical experience during a procedure. Both aim to realize precision surgery and thus increase the quality of surgical care.
In addition, AI in the operating room is healthcare’s epicenter, efficient resource management, personnel, and equipment, are vital for top-tier surgical care. Recently, Artificial Intelligence (AI) and Machine Learning (ML) integration are transforming management, redefining surgical planning and optimization The journey towards AI and ML in management propels this market.
AI-based virtual assistants and chatbots are revolutionizing communication and workflow optimization in operating rooms. These intelligent systems seamlessly retrieve patient information, provide real-time data analysis, and offer decision support to surgeons during critical procedures.
While AI has started to contribute to the workflow in operating rooms in some capacity, further adoption is expected to be driven by efforts in standardizing the regulatory process for AI-based solutions in the healthcare industry, advancement in 3D visualization technologies, and the growing preference for advanced technologies to streamline the workflow in operating rooms.
Market Dynamics: Drivers
Advancement in Robotics and Medical Visualization Technologies

Robotic surgery is called "revolutionary" because of its many advantages, both actual and potential. Medical robotics have been in use for approximately 30 years. Its origin came into existence because of the weaknesses of the minimally invasive surgery (MIS) technologies that preceded it.
Noninvasive robots are helpful in imaged-guided therapy, including the CyberKnife or image-guided radiosurgery, which is the first FDA-approved platform. Microbots which are the future, are a potential advancement that does not require any incision at all.
They could be introduced into the circulation and transported to a specific destination. Compared to the earlier master-slave systems, microrobots are very different and without a physical connection to the operator, with much greater access.
The potential for contained propulsion, miniaturized functionality, the accuracy of telemanipulation, and consistent imaging. Microrobots could revolutionize surgery if these issues are addressed.
Kinepict Health has received FDA 510(k) clearance for its Kinepict Medical Imaging Tool (KMIT) software, which uses the Digital Variance Angiography (DVA). Kinepict's DVA technology aims to revolutionize the calculation of X-ray angiography images. The DVA algorithm uses advanced statistical methods to visualize blood vessels by identifying contrast-induced changes in the X-ray angiography
Robotics and artificial intelligence are the undeniable future of healthcare, with incredible potential to not only advance patient care but increase access to these benefits.
The Hugo RAS system was designed to address the historic cost and utilization barriers that have stifled robotic surgery adoption for two decades. Globally, about 3% of surgeries are performed robotically, despite offering patients the benefits of minimally invasive surgery ? fewer complications, shorter hospital stays, and faster return to normal activities. In Western Europe, about 2% of procedures are done robotically while the majority, approximately 65%, are open surgery. The remainder are traditional minimally invasive surgery.
Restraints
Factors such as the high cost associated with implementing AI technologies in operating rooms, concerns related to data privacy and security pose, the need for specialized training, and interoperability challenges with existing healthcare IT infrastructure are expected to hamper the market.
As with any new technology, AI and its subfields are susceptible to unrealistic expectations from the media hype that can lead to significant disappointment and disillusionment. An important concern regarding AI algorithms involves their interpretability, for techniques such as neural networks are based on a "black box" design.
While the automated nature of neural networks allows for the detection of patterns missed by humans, human scientists are left with little ability to assess how or why such patterns were discerned by the computer. Furthermore, despite advances in causal inference, AI cannot yet determine causal relationships in data at a level necessary for clinical implementation, nor can it provide an automated clinical interpretation of its analyses.
Setting up AI-based machines, computers, etc., entails huge costs given the complexity of engineering that goes into building one. In addition, most artificial intelligence (AI) and machine learning technology applications provide only the data to physicians, leaving the doctors to form a judgment on how to proceed.
Because AI doesn't perform any procedure or prescribe a course of medication, the software that diagnoses health problems does not have to pass a randomized clinical trial, as do devices such as insulin pumps or new medications.
For more details on this report - Request for Sample
Segment Analysis
The artificial intelligence (AI) in the operating room market is segmented based on offering, application, end-user and region.
The segment software-a-a-service (SaaS) accounted for approximately 73.5% of the artificial intelligence (AI) in operating Rroom market share
The software-a-a-service (SaaS) segment is expected to hold the largest market share over the forecast period. SaaS applications are sometimes called Web-based software, on-demand software, or hosted software. The applications run on a SaaS provider's servers. The provider manages access to the application, including security, availability, and performance.
AI has been incredibly impactful in enhancing the natural language processing abilities of SaaS software, allowing apps to adapt to user behaviors and habits rapidly and without the need for extensive reworking at the back end by developers.
This application differs from the traditional model because the software (application) is already installed and configured. One can provide the server, for instance, in the cloud, and in a couple of hours, one can have the application ready for use. This reduces the time spent on installation and configuration and can reduce the issues that get in the way of the software deployment.
For instance, in July 2022, Royal Philips announced its SmartSpeed artificial intelligence (AI) powered MR acceleration software has received U.S. Food and Drug Administration (FDA) 510(k) clearance. Adding advanced AI data collection algorithms to Philips’ existing Compressed SENSE MR acceleration engine, Philips SmartSpeed delivers higher image resolution with 3 times faster scan times and virtually no loss in image quality, representing a major step forward in diagnostic confidence and MR department productivity.
Philips’ AI-based SmartSpeed reconstruction is the new benchmark among acceleration techniques for us. It improves on the company’s existing Compressed SENSE in all aspects and allows a reduction in scan times with excellent image quality and diagnostic confidence.
Moreover, increasing usage of AI-enabled technologies improves patient care and streamlining surgical operations.
For instance, in October 2023, ORtelligence, a healthcare technology business that develops and releases software to guarantee that surgical teams have the necessary knowledge, tools, and assistance for the best possible patient outcomes, released its newest innovation, Rep+TM, Rep+ is a Software-as-a-Service (SaaS), AI-powered surgical assistance software tool that aims to improve patient care and revolutionize the surgical process by supporting a medical professional’s efforts to provide training, support, and efficiency for surgical teams.
Geographical Analysis
North America accounted for approximately 43.2% of the artificial intelligence (AI) in operating room market share
North America region is expected to hold the largest market share over the forecast period.
Rising awareness levels developed healthcare infrastructure, and increasingly advanced technologies will increase the market in this region.
Healthcare is one of the most important sectors in the U.S. economy. Therefore, the U.S. Food and Drug Administration (FDA) issued the "Artificial Intelligence/Machine Learning (AI/ML)-Based Software as a Medical Device (SaMD) Action Plan" from the Center for Devices and Radiological Health's Digital Health Center of Excellence.
The area is distinguished by its cutting-edge healthcare system and the presence of top IT and healthcare firms at the forefront of artificial intelligence innovation. The quick adoption of cutting-edge technologies by North American healthcare professionals has made it easier to quickly integrate AI into surgical settings.
Significant expenditures in healthcare technology and regulations that support the creation of digital health solutions also benefit the area. These elements foster the perfect environment for the development and spread of AI technologies, making North America a major player in this area.
Also, in January 2024, the United States Brigham & Women’s Faulkner Hospital in Massachusetts revealed in that it has installed new AI technology in its operating room, which will record every step taken during surgery. Despite opposition from certain medical professionals, the purpose of this so-called OR Black Box is to discover how surgical teams may increase their efficiency and safety protocols.
COVID-19 Impact Analysis
COVID-19 had a substantial impact on artificial intelligence (AI) in the operating room market. All frontline workers, particularly those in direct contact with patients, have been exposed to major risks.
To reduce pathogen spread and protect healthcare workers and patients, medical services have been primarily restricted, including the cancellation of elective surgeries, which has caused a substantial burden, and immense economic loss for patients and hospitals.
The integration of a robot as a shielding layer helps in physically separating the healthcare worker and the patient and is a powerful tool to combat the omnipresent fear of pathogen contamination and maintain surgical volumes.
In these times the pre-, intra-, and postoperative care, in which robots and artificial intelligence can help to mitigate infectious contamination and aid patient management in the surgical environment during times of immense patient influx. In healthcare, digitization and machine intelligence are gaining significance in combating the virus. Hence, artificial intelligence (AI) in the operating room market will see growth in the forecast period.
As per NCBI publication in 2024, Although the pandemic has vastly affected the global healthcare system, it has also been a platform to promote and develop pioneering applications based on autonomic artificial intelligence (AI) technology with therapeutic significance in combating the pandemic. Artificial intelligence has successfully demonstrated that it can reduce the probability of human-to-human infectivity of the virus through evaluation, analysis, and triangulation of existing data on the infectivity and spread of the virus.
Market Segmentation
By Offering
- Software-a-a-Service (SaaS)
- Hardware
By Application
- Surgical Planning
- Diagnosis
- Training
- Outcomes and Risk Analysis
By End-User
- Hospitals
- Others
By Region
- North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
- Europe
- Germany
- U.K.
- France
- Spain
- Italy
- Rest of Europe
- South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
- Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- South Korea
- Rest of Asia-Pacific
- Middle East and Africa
Competitive Landscape
The major global players in the artificial intelligence (AI) in the operating room market include Activ Surgical, Inc., Brainomix Ltd, Caresyntax, Inc., DeepOR S.A.S, ExplORer Surgical Corp., Holo Surgical Inc., LeanTaaS Inc., Medtronic Plc, Proximie, Theator Inc. Tianjin JingMing New Tech. Devp. Co., Ltd, HANSON MEDITEC CO., LTD, and Huaian Meide Medical Instrument Co., Ltd and among others among others.
Key Developments
- On April 18, 2024, Medtronic announced the introduction of 14 new AI-driven algorithms across surgical workflow, instrument, and anatomy detection to the Touch Surgery Performance Insights platform.
- On March 18, 2024, Johnson & Johnson MedTech announced it is working to accelerate and scale artificial intelligence (AI) for surgery with NVIDIA, supporting increased access to real-time analysis and global availability of AI algorithms for surgical decision-making, education, and collaboration across the connected operating room.
- On September 26, 2023, the UNC Department of Surgery, the Joint UNC-NCSU Department of Biomedical Engineering, and the UNC Lineberger Comprehensive Cancer Centre established a new clinical and research partnership. By using this collaboration, they want to develop an AI-assisted management system for Cancer. By using this collaboration, they want to develop an AI model that can manage cancer treatment.
- On September 25, 2023, US Medical Innovations (USMI) and the Jerome Canady Research Institute for Advanced and Biological Technological Sciences (JCRI-ABTS) announced the launch of the new Canady Robotic AI Surgical System. The new system offers AI-powered software programmers and 3D navigational guided surgical planning.
- On September 14, 2023, Baptist Health South Florida and Fujitsu announced the introduction of the Surgical Capacity Optimization tool, which will revolutionize operating room scheduling and improve utilization rates as well as the financial stability of the surgical specialty.
- On October 19, 2022, Medtronic plc announced that its HugoTM robotic-assisted surgery (RAS) system received three key global market-entry and indication expansion approvals.
- On April 9, 2021, Activ Surgical, a digital surgery pioneer, announced the U.S. Food and Drug Administration (FDA) 510(k) clearance of the company's ActivSight Intraoperative Imaging Module for enhanced surgical visualization.
Why Purchase the Report?
- To visualize the artificial intelligence (AI) in operating room market segmentation based on offering, application, end-user and region as well as understand key commercial assets and players.
- Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development
- Excel data sheet with numerous data points of artificial intelligence (AI) in the operating room market level with all segments.
- PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
- Product mapping is available in excel consisting of key products of all the major players.
The artificial intelligence (AI) in operating room market report would provide approximately 62 tables, 51 figures, and 182 Pages.
Target Audience 2024
- Manufacturers/ Buyers
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals
- Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Offering
3.2. Snippet by Application
3.3. Snippet by End-user
3.4. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Advancement in Robotics and Medical Visualization Technologies
4.1.1.2. The Benefits of Artificial Intelligence-Enabled Surgeries Over Conventional Surgeries
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. Limitation of AI in Operating Rooms
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Unmet Needs
5.6. PESTEL Analysis
5.7. Patent Analysis
5.8. SWOT Analysis
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID
6.1.2. Scenario During COVID
6.1.3. Scenario Post COVID
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During the Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Offering
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Offering
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Offering
7.2. Software-a-a-Service (SaaS)*
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. Hardware
8. By Application
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Application
8.2. Surgical Planning *
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Diagnosis
8.4. Training
8.5. Outcomes and Risk Analysis
9. By End-User
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
9.1.2. Market Attractiveness Index, By End-User
9.2. Hospitals*
9.2.1. Introduction
9.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
9.3. Others
9.3.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
10. By Region
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
10.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
10.2. North America
10.2.1. Introduction
10.2.2. Key Region-Specific Dynamics
10.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Offering
10.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.2.6.1. U.S.
10.2.6.2. Canada
10.2.6.3. Mexico
10.3. Europe
10.3.1. Introduction
10.3.2. Key Region-Specific Dynamics
10.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Offering
10.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.3.6.1. Germany
10.3.6.2. UK
10.3.6.3. France
10.3.6.4. Italy
10.3.6.5. Spain
10.3.6.6. Rest of Europe
10.4. South America
10.4.1. Introduction
10.4.2. Key Region-Specific Dynamics
10.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Offering
10.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.4.6.1. Brazil
10.4.6.2. Argentina
10.4.6.3. Rest of South America
10.5. Asia-Pacific
10.5.1. Introduction
10.5.2. Key Region-Specific Dynamics
10.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Offering
10.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
10.5.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.5.7.1. China
10.5.7.2. India
10.5.7.3. Japan
10.5.7.4. South Korea
10.5.7.5. Rest of Asia-Pacific
10.6. Middle East and Africa
10.6.1. Introduction
10.6.2. Key Region-Specific Dynamics
10.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Offering
10.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
11. Competitive Landscape
11.1. Competitive Scenario
11.2. Market Positioning/Share Analysis
11.3. Mergers and Acquisitions Analysis
12. Company Profiles
12.1. Activ Surgical, Inc.*
12.1.1. Company Overview
12.1.2. Product Portfolio and Description
12.1.3. Financial Overview
12.1.4. Key Developments
12.2. Brainomix Ltd
12.3. Caresyntax, Inc.
12.4. Medtronic Plc
12.5. DeepOR S.A.S
12.6. ExplORer Surgical Corp.
12.7. Holo Surgical Inc.
12.8. Tianjin JingMing New Tech. Devp. Co., Ltd
12.9. HANSON MEDITEC CO., LTD
12.10. Huaian Meide Medical Instrument Co., Ltd
LIST NOT EXHAUSTIVE
13. Appendix
13.1. About Us and Services
13.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る