世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

V2G:双方向のエネルギーマネジメント技術(V2G: Bi-Directional EV Energy Management Technologies)


消費者の間でのEV人気の高まりを受け、OEMはEVの中核機能を強化または拡張するために、先進的なシステムや機能を最新モデルに組み込むようになっています。こうした取り組みはインフォテインメントシステムに... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 価格 ページ数 言語
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2024年6月14日 お問い合わせください
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
155 英語

※レポートは、日英データ版での提供となります。


 

サマリー

消費者の間でのEV人気の高まりを受け、OEMはEVの中核機能を強化または拡張するために、先進的なシステムや機能を最新モデルに組み込むようになっています。こうした取り組みはインフォテインメントシステムにおいてすでに見られますが、双方向充電によって、急速に勢いを増し、新しいトレンドになりつつあるハードウェアに焦点を当てた新たなユースケースが生まれています。

双方向充電により、EVバッテリーから外部への配電が可能となり、大型電化製品、他のEV、家庭、建物、電力会社を通じたグリッドへの供給、さらに一般的に幅広いエネルギー供給者への対応が実現します。
双方向充電がより広く利用できるようになるのに伴い、技術、統合、業界を超えたパートナーシップの新たなエコシステムが生まれ、EV体験全体が強化・向上すると見られます。
本書では、車両の有効化や家庭用エネルギー管理システム(HEMs)との統合などを含む、双方向充電についての様々な機会と課題について考察します。また、バーチャルパワープラントの実現をサポートし、自動車メーカー、エネルギーマネジメントプロバイダー、主要インフラプレーヤー間の新たなパートナーシップを促進する上で双方向充電が果たす役割について解説します。さらにEV双方向充電のパイロットプログラムや最新の商業的な発表などについて深掘りし、双方向充電の可能性について検証します。

V2G:双方向のエネルギーマネジメント技術
V2G: Bi-Directional EV Energy Management Technologies

  • レポート番号:224
  • 対象市場: グローバル
  • レポート発行頻度: 毎年更新
  • レポート形態: PDF、PowerPoint、Excel
  • ページ数:155

本書について(調査対象・範囲)
本書では下記について解説しています。

  • >V2GとHEMS分野におけるOEMの市場投入の現状と今後の展開とは?
  • >各市場においてどのような双方向充電規格が登場しており、考慮する必要があるものはどれか?
  • >V2X機能を設計する際に考慮すべき技術的課題とは?
  • >IEEE2030.5、ISO15118、その他のプロトコルはV2XやHEMSとどう連携するのか?将来はどうなるのか?

関連レポート
EV充電及びインフラガイド
レポート番号: 217
自動車メーカーが次々とICE車からEVへの転換を進め、政府がEV購入に様々なインセンティブを導入した結果、EVの普及率と販売台数は急速な伸びを見せています。一般消費者、フリート運営者、サービス事業者のEVへの乗り換えが進みつつある中、再び関心を集めているのがEV充電ネットワークの構築です。本書では、欧州および米国におけるEV充電インフラの現状を分析し、普及状況の変化をトラッキングして成長を明らかにします。

SBDカスタマーポータル
ご契約いただいたレポートへはお客様専用ポータルサイトからアクセスいただけます。ポータルサイトのアカウントはご契約企業ごとに作成され、ご契約企業に所属する方であれば登録ユーザー数に制限はございません。ご契約状況の確認や、ポータルサイトへの新規ユーザー登録をご希望の場合は、データリソースまでお問い合わせ下さい。



ページTOPに戻る


目次

はじめに
概観:SBDがさまざまな電気自動車に実施した調査の主な結果と関連レポートの概要
要旨:レポートの要点と結論のまとめ
基本情報:V2X分野の最新ニュース
分析結果:調査で判明した主な動向の分析結果、V2Gのユースケースおよび技術の詳細
サマリー表:各OEMの対応状況と市場における位置付けの概要
エコシステム:エコシステムの動向、電力会社、ソフトウェア開発者、CPO、EVSEメーカーの主なファシリテーターのプロファイル。主な標準規格と法規制のレビュー
将来の展望:4つのOEMタイプについて、将来の推進要因と障壁を考察し、V2Gのメリットが実現する時期を理解する。
次のステップ

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(V2G)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


SBD - Secured by Design Ltd社はどのような調査会社ですか?


SBD(Secured by Design Ltd)は、英国に本社を置く独立系技術コンサルティング会社です。深い知識と豊富... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る