世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

術中神経モニタリング市場 - 世界の産業規模、シェア、動向、機会、予測、タイプ別(インソーシング、アウトソーシング)、地域別、競合別セグメント、2019-2029F


Intraoperative Neuromonitoring Market - Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Type (Insourced, Outsourced), By Region, and By Competition, 2019-2029F

世界の術中神経モニタリング市場は2023年に25.2億米ドルと評価され、2029年までの予測期間のCAGRは4.75%で、目覚ましい成長が予測されている。世界の術中神経モニタリング市場は、外科手術中の神経系の完全性の... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2024年4月3日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
185 英語

 

サマリー


世界の術中神経モニタリング市場は2023年に25.2億米ドルと評価され、2029年までの予測期間のCAGRは4.75%で、目覚ましい成長が予測されている。世界の術中神経モニタリング市場は、外科手術中の神経系の完全性のモニタリングと評価に特化した産業を指す。術中神経モニタリング(IONM)は、神経損傷のリスクを低減し、患者の安全性を高めるために、神経外科、整形外科、血管外科など、さまざまな外科専門分野で使用されている重要な技術である。
主な市場促進要因
手術件数の増加
外科手術は現代医療において重要な役割を果たしており、さまざまな病状に対処し、患者の予後改善に貢献している。世界人口の増加と高齢化に伴い、手術件数は顕著に増加している。この傾向は、ヘルスケアの展望を再構築し、世界の術中神経モニタリング(IONM)市場の拡大を促進している。高齢化社会の中で、変性脊椎疾患やがんなど、加齢に関連する疾患の有病率が上昇していることが、外科的介入の急増につながっている。低侵襲技術やロボット手術などの医療技術の進歩により、外科的治療の範囲が広がり、術中神経モニタリングの需要が高まっている。経済成長と医療アクセスの向上を経験している新興国では、手術能力の向上が並行して見られ、手術件数がさらに増加している。
手術の複雑さが増すにつれ、患者の安全確保が最重要課題となっている。術中神経モニタリングは、外科医が手技中に患者の神経系の完全性をモニターできるようにする、さらなる安全対策としての役割を果たす。このプロアクティブなアプローチは、特に神経外科、整形外科、血管外科などの専門分野において、合併症を予防し、神経損傷のリスクを低減するのに役立ちます。リアルタイムのモニタリングは、問題の迅速な特定を容易にし、即時の調整と術後の合併症の減少につながります。
外科医や医療提供者の間でIONMの利点に対する認識が高まっているため、導入が増加している。IONMは手術の精度と患者の安全性を高める貴重なツールとして認識され、研究開発に大きな注目と投資が集まっている。モニタリング技術の継続的な革新により、機器と技術が改善され、IONMはさまざまな手術環境でより効果的で利用しやすくなっている。
患者の安全性の向上
急速に進化する現代医学の領域では、患者の安全を確保することが最優先事項として浮上している。世界の術中神経モニタリング(IONM)市場は、外科手術中の安全基準の向上に役立っており、それによってこの重要な市場セグメントの大幅な成長を促進している。
医学の進歩により、ますます複雑化する外科手術の実施が容易になり、しばしばリスクの高い取り組みに分類される。その結果、潜在的な有害事象を軽減するための高度な安全プロトコルの必要性が高まっている。世界人口の高齢化に伴い、外科的介入を必要とする加齢関連疾患の有病率が急増している。このような手術では、手術合併症の影響を受けやすい高齢患者を保護するために、高度なモニタリング技術が要求される。低侵襲手術が広く採用されるようになったことで、手術の可能性が広がった。このような手技には多くの利点がある一方で、安全性と有効性の基準を維持するために、正確で信頼できるモニタリングが必要となる。今日の患者は、外科的介入の結果について、より高い期待を抱いている。手技中の患者の安全を確保することは、良好な結果を達成し、医療従事者の信頼を維持するために極めて重要である。
IONMは、外科医に手術中の患者の神経系の状態をリアルタイムでフィードバックします。これにより、異常の発見時に迅速な介入が可能となり、神経損傷やその他の合併症のリスクを軽減することができる。術中神経モニタリングは、神経外科、整形外科、血管外科など、さまざまな外科専門分野に応用されている。このように実用範囲が広いため、IONMのサービスや機器に対する需要は安定している。手術中に潜在的な問題を特定することで、IONMは術後の合併症を回避するのに役立ちます。患者の麻痺、筋力低下、神経損傷の発生が少なくなり、全体的な転帰の改善につながります。患者の神経系の状態に関するリアルタイムのデータがあれば、外科医は自信を持って手術に臨むことができる。この自信は、優れた手術結果につながるだけでなく、医療従事者の間でIONMの導入が促進されます。外科手術中の患者の安全性が高まれば、患者の満足度も高まります。より安全で合併症が少ないと感じる患者は、IONMを採用している医療機関を勧める傾向が強くなる。IONMに対する需要の高まりは、研究開発への投資に拍車をかけ、モニタリング技術の革新を促している。これには機器の進歩も含まれ、IONMの有効性とアクセシビリティが向上している。
外科医の意識の高まり
急速に進化する現代医療の状況において、外科医の意識と教育は、特に世界の術中神経モニタリング(IONM)市場において、革新と進歩の重要な推進力として浮上している。外科医は、医療提供の中心人物として、その知識と意思決定能力を通じて外科手術の結果に大きな影響力を行使する。IONMの領域では、外科医の意識の向上と教育が、市場の成長を促し、より安全な外科手術の実施を確保する上で重要である。
現代の外科手術はますます複雑化しており、固有のリスクを伴うことも多い。外科医は、このような処置の安全性と有効性を高める手段を絶えず模索しており、IONMは貴重な解決策を提供している。神経系をリアルタイムでモニターすることで、IONMは神経損傷やそれに伴う合併症の可能性を軽減するのに役立つ。外科医、特にIONMが普及している神経外科、整形外科、血管外科などの分野を専門とする外科医は、患者の転帰を最適化するために高度なモニタリング技術を統合することが不可欠であることを認識しています。医療機関や医療施設は、IONMの利点について外科医を教育・訓練することの重要性を認識しています。継続的医学教育プログラムや実地トレーニングセッションなどの取り組みを通じて、外科医はIONMを効果的に診療に取り入れるために必要な知識と技能を習得する。IONMを深く理解している外科医は、複雑な手技を自信を持って行うことができる。IONM装置が提供するリアルタイムのデータは、外科医が手術中に十分な情報を得た上で決断する力を与え、患者の安全性と転帰の改善につながる。
IONMの利点を直接経験した外科医は、しばしば医療施設内での導入を提唱する。彼らの支持や推奨は、同業者や施設にこの技術の採用を促すため、市場成長の原動力となっている。IONMに対する需要の高まりは、研究開発への投資に拍車をかけ、モニタリング技術の進歩をもたらしました。機器や技術の改良を含むこれらの技術革新は、IONMの有効性とアクセシビリティを高め、外科診療におけるIONMの採用にさらに拍車をかけている。
主な市場課題
認識と教育の欠如
IONM市場における最大の課題の1つは、医療従事者と患者の両方における認識不足である。特に新興市場では、医療従事者の多くがIONMの利点を理解していない。このような認識不足は、患者の安全性と転帰を大幅に改善できる状況であっても、この技術の利用不足や採用の遅れにつながる可能性がある。
導入コスト
外科手術にIONMを導入するコストは、かなりのものになる可能性がある。これには、モニタリング機器の購入、継続的なメンテナンス、高度な訓練を受けた技術者の必要性などが含まれる。予算が限られている医療施設では、この初期投資が参入障壁となる可能性がある。この支出を正当化するためには、IONMの費用対効果の明確な証拠が必要である。
アクセシビリティとトレーニング
IONMには専門的なトレーニングと専門知識が必要である。IONMに精通した熟練した技術者や医療専門家の不足は、この技術の広範な採用を妨げる要因となりうる。この課題を克服するには、医療従事者がトレーニングや教育リソースを利用できるようにすることが不可欠である。
主要市場動向
人工知能と機械学習の進歩
人工知能(AI)と機械学習はIONM分野に革命をもたらしている。これらの技術は、複雑な神経データのリアルタイム分析を可能にし、より正確で自動化されたモニタリングを可能にする。AI主導のアルゴリズムは、神経信号の変化をより効果的に検出することができ、IONMをさらに正確にし、潜在的合併症に対応できるようにする。
ロボット手術との統合
ロボット支援手術は増加の一途をたどっており、精度の向上と低侵襲手術を提供している。IONMは、ロボット手術プラットフォームにますます統合され、外科医にリアルタイムのフィードバックを提供している。このようにロボットシステムとIONMを組み合わせることで、複雑な手術の安全性と成功率が高まります。
カスタマイズされたモニタリングプロトコル
個別化医療は、医療のトレンドとなっており、それはIONMにも及んでいる。外科医は、患者固有のニーズに合わせてモニタリング・プロトコルをカスタマイズし、患者固有の病状や手術方法に適した方法で神経系を確実に保護する。
セグメント別インサイト
タイプ別インサイト
タイプ別では、2023年の収益で最も大きなシェアを占めたのはインソーシングセグメントであった。これは、手技の頻度が増加し、各手技中に必要不可欠な統計情報を常時モニタリングする必要性が高まっていることに起因している。病院は術中神経モニタリング(IONM)を取り入れ、神経科医や生理学者と協力して手技を監督する技師を育成している。神経調節装置を使用するための確立された基準はないが、需要と使用頻度が高まるにつれて、この方法はより普及すると予想される。
逆に、アウトソーシング分野は、当面最も速い成長率を示すと予測されている。これは主に、費用対効果の高さと専門サービスプロバイダーの存在によるものである。IONM装置は絶えず進化し、強化されている。アウトソーシングにより、病院はこの機器の調達と維持にかかる経済的負担から解放される。この負担は高額であるだけでなく、常に新しい技術に対応しなければならない神経生理学者にとっては、時間のかかるトレーニングも必要となる。これらすべての要因が、IONM手技のアウトソーシングへの嗜好のシフトに寄与している。
さらに、業界プレーヤーは製品提供を拡大するために中小企業を買収しており、この動きは今後数年間の術中神経モニタリング市場の成長を促進すると予想される。例えば、2018年8月、IONMプロバイダーであるPrecedent Healthは、手術センター、外科医、病院、医療システムに患者中心のIONMサービスをアウトソーシングする最も包括的なプロバイダーであるSpecialty Careに買収された。
地域別の洞察
2023年、北米は、有利な償還条件と地域における神経疾患の有病率の増加に牽引され、圧倒的な市場勢力として浮上した。例えば、米国では年間約795,000人が脳卒中に罹患し、137,000人が死亡、約3,500万人の米国人が片頭痛に悩まされている。外傷性脳損傷、片頭痛、脳卒中などの神経疾患の発生率が上昇していることから、米国での市場成長が期待されている。
米国における業界の拡大は、慢性疾患の有病率の増加と高齢者人口の増加によってさらに促進される。米国人の10人中6人が、脳卒中、心臓病、がん、糖尿病など少なくとも1つの慢性疾患に罹患しており、慢性疾患は医療費支出に大きく寄与している。さらに、医療インフラの継続的な改善と政府・民間部門双方からの投資が、より安全で費用対効果の高い医療ソリューションの導入を促進している。米国では、IONMは国民保険ではなく地域保険でカバーされている。米国では、IONMは国の保険ではなく、地域の保険でカバーされている。国内の多くの神経系施設は、IONMの使用を積極的に支持し、特に神経学の分野で、満たされていない需要を満たすために人員不足に対処している。米国では年間約70万件のIONM症例が発生しているため、IONMプロバイダーや、IONM解釈の訓練を受けた検査技師や神経科医が大きな影響を与えるチャンスがある。
今後を展望すると、2023年から2030年にかけて、中国、日本、韓国、インドなどの新興国が牽引して、アジア太平洋地域が最も急速な成長を遂げると予測されている。中国と日本には、Medtronic、Natus Medical Incorporated、NuVasive, Inc.、Accurate Monitoringなどの有力企業が存在し、市場成長をさらに押し上げる可能性を秘めている。この地域の成長は、高齢化人口の増加と外傷性脳損傷の発生率の上昇によって促進される。例えば、中国の60歳以上の高齢者人口は約2億6,400万人で、人口の18.7%を占めており、この人口層は今後数年間で大幅に増加し続けると予想されている。
主要市場プレイヤー
ナトゥス・メディカル社
アキュレイト・モニタリングLLC
ニューロ・モニタリング・テクノロジーズ
メドトロニックPLC
ニューベイシブ
スペシャリティケア社
レポートの範囲
本レポートでは、術中神経モニタリングの世界市場を以下のカテゴリーに分類しています:
術中神経モニタリング市場:タイプ別
インソース
外部委託
術中神経モニタリング市場:地域別
北米
§米国
§カナダ
§メキシコ
欧州
§ドイツ
§イギリス
§フランス
§イタリア
§スペイン
アジア太平洋
§中国
§日本
§インド
§オーストラリア
§韓国
o 南米
§ブラジル
§アルゼンチン
§コロンビア
o 中東アフリカ
§南アフリカ
§サウジアラビア
§クウェート
§クウェート
競争環境
企業プロフィール:世界の術中神経モニタリング市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、与えられた市場データを用いて、世界の術中神経モニタリング市場レポートを作成し、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.製品概要
1.1.市場の定義
1.2.市場の範囲
1.2.1.対象市場
1.2.2.調査対象年
1.2.3.主要市場セグメント
2.調査方法
2.1.調査目的
2.2.ベースライン手法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測手法
2.6.データ三角測量の検証
2.7.前提条件と限界
3.エグゼクティブサマリー
3.1.市場概要
3.2.主要市場セグメントの概要
3.3.主要市場プレーヤーの概要
3.4.主要地域/国の概要
3.5.市場促進要因、課題、トレンドの概要
4.お客様の声
5.術中神経モニタリングの世界市場展望
5.1.市場規模予測
5.1.1.金額別
5.2.市場シェア予測
5.2.1.タイプ別(インソーシング、アウトソーシング)
5.2.2.地域別
5.2.3.企業別(2023年)
5.3.市場マップ
5.3.1.タイプ別
5.3.2.地域別
6.北米の術中神経モニタリング市場展望
6.1.市場規模予測
6.1.1.金額別
6.2.市場シェア予測
6.2.1.タイプ別(インソーシング、アウトソーシング)
6.2.2.国別
6.3.北米国別分析
6.3.1.米国の術中神経モニタリング市場展望
6.3.1.1.市場規模予測
6.3.1.1.1.金額別
6.3.1.2.市場シェア予測
6.3.1.2.1.タイプ別
6.3.2.カナダ術中神経モニタリング市場の展望
6.3.2.1.市場規模予測
6.3.2.1.1.金額別
6.3.2.2.市場シェア予測
6.3.2.2.1.タイプ別
6.3.3.メキシコ術中神経モニタリング市場の展望
6.3.3.1.市場規模予測
6.3.3.1.1.金額別
6.3.3.2.市場シェア予測
6.3.3.2.1.タイプ別
7.欧州の術中神経モニタリング市場展望
7.1.市場規模予測
7.1.1.金額別
7.2.市場シェア予測
7.2.1.タイプ別(インソーシング、アウトソーシング)
7.2.2.国別
7.3.ヨーロッパ国別分析
7.3.1.ドイツ術中神経モニタリング市場の展望
7.3.1.1.市場規模予測
7.3.1.1.1.金額別
7.3.1.2.市場シェア予測
7.3.1.2.1.タイプ別
7.3.2.イギリス術中神経モニタリング市場の展望
7.3.2.1.市場規模予測
7.3.2.1.1.金額別
7.3.2.2.市場シェア予測
7.3.2.2.1.タイプ別
7.3.3.フランス術中神経モニタリング市場の展望
7.3.3.1.市場規模予測
7.3.3.1.1.金額別
7.3.3.2.市場シェア予測
7.3.3.2.1.タイプ別
7.3.4.イタリア術中神経モニタリング市場の展望
7.3.4.1.市場規模予測
7.3.4.1.1.金額別
7.3.4.2.市場シェア予測
7.3.4.2.1.タイプ別
7.3.5.スペイン術中神経モニタリング市場の展望
7.3.5.1.市場規模予測
7.3.5.1.1.金額別
7.3.5.2.市場シェア予測
7.3.5.2.1.タイプ別
8.アジア太平洋地域の術中神経モニタリング市場展望
8.1.市場規模予測
8.1.1.金額別
8.2.市場シェア予測
8.2.1.タイプ別(インソーシング、アウトソーシング)
8.2.2.国別
8.3.アジア太平洋地域国別分析
8.3.1.中国術中神経モニタリング市場展望
8.3.1.1.市場規模予測
8.3.1.1.1.金額別
8.3.1.2.市場シェア予測
8.3.1.2.1.タイプ別
8.3.2.日本術中神経モニタリング市場展望
8.3.2.1.市場規模予測
8.3.2.1.1.金額別
8.3.2.2.市場シェア予測
8.3.2.2.1.タイプ別
8.3.3.インド術中神経モニタリング市場の展望
8.3.3.1.市場規模予測
8.3.3.1.1.金額別
8.3.3.2.市場シェア予測
8.3.3.2.1.タイプ別
8.3.4.オーストラリア術中神経モニタリング市場の展望
8.3.4.1.市場規模予測
8.3.4.1.1.金額別
8.3.4.2.市場シェア予測
8.3.4.2.1.タイプ別
8.3.5.韓国術中神経モニタリング市場の展望
8.3.5.1.市場規模予測
8.3.5.1.1.金額別
8.3.5.2.市場シェア予測
8.3.5.2.1.タイプ別
9.南米の術中神経モニタリング市場展望
9.1.市場規模予測
9.1.1.金額別
9.2.市場シェア予測
9.2.1.タイプ別(インソーシング、アウトソーシング)
9.2.2.国別
9.3.南米国別分析
9.3.1.ブラジル術中神経モニタリング市場の展望
9.3.1.1.市場規模予測
9.3.1.1.1.金額別
9.3.1.2.市場シェア予測
9.3.1.2.1.タイプ別
9.3.2.アルゼンチン術中神経モニタリング市場の展望
9.3.2.1.市場規模予測
9.3.2.1.1.金額別
9.3.2.2.市場シェア予測
9.3.2.2.1.タイプ別
9.3.3.コロンビア術中神経モニタリング市場の展望
9.3.3.1.市場規模予測
9.3.3.1.1.金額別
9.3.3.2.市場シェア予測
9.3.3.2.1.タイプ別
10.中東・アフリカの術中神経モニタリング市場展望
10.1.市場規模予測
10.1.1.金額別
10.2.市場シェア予測
10.2.1.タイプ別(インソーシング、アウトソーシング)
10.2.2.国別
10.3.MEA:国別分析
10.3.1.南アフリカ:術中神経モニタリング市場の展望
10.3.1.1.市場規模予測
10.3.1.1.1.金額別
10.3.1.2.市場シェア予測
10.3.1.2.1.タイプ別
10.3.2.サウジアラビアの術中神経モニタリング市場の展望
10.3.2.1.市場規模予測
10.3.2.1.1.金額別
10.3.2.2.市場シェア予測
10.3.2.2.1.タイプ別
10.3.3.UAE術中神経モニタリング市場の展望
10.3.3.1.市場規模予測
10.3.3.1.1.金額別
10.3.3.2.市場シェア予測
10.3.3.2.1.タイプ別
10.3.4.クウェート術中神経モニタリング市場の展望
10.3.4.1.市場規模予測
10.3.4.1.1.金額別
10.3.4.2.市場シェア予測
10.3.4.2.1.タイプ別
11.市場ダイナミクス
11.1.促進要因
11.2.課題
12.市場動向の展開
12.1.最近の動向
12.2.合併買収
12.3.製品発表
13.ポーターのファイブフォース分析
13.1.業界内の競争
13.2.新規参入の可能性
13.3.サプライヤーの力
13.4.顧客の力
13.5.代替製品の脅威
14.競争環境
14.1.ナトゥスメディカル
14.1.1.事業概要
14.1.2.提供製品
14.1.3.最近の動向
14.1.4.財務(報告通り)
14.1.5.キーパーソン
14.1.6.SWOT分析
14.2.アキュレイト・モニタリング・エルエルシー
14.3.ニューロ・モニタリング・テクノロジーズ・インク
14.4.メドトロニックPLC
14.5.ニューベイシブ・インク
14.6.スペシャリティケア社
15.戦略的提言
16.会社概要 免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary


Global Intraoperative Neuromonitoring Market was valued at USD 2.52 billion in 2023 and is anticipated to project impressive growth in the forecast period with a CAGR of 4.75% through 2029. The Global Intraoperative Neuromonitoring Market refers to the industry dedicated to monitoring and assessing the nervous system's integrity during surgical procedures. Intraoperative neuromonitoring (IONM) is a vital technique used in various surgical specialties, including neurosurgery, orthopedics, and vascular surgery, to reduce the risk of nerve damage and enhance patient safety.
Key Market Drivers
Rising Surgical Volumes
Surgical procedures play a vital role in modern healthcare, addressing various medical conditions and contributing to improved patient outcomes. With the global population growing and aging, there has been a notable increase in surgical volumes. This trend is reshaping the healthcare landscape and driving the expansion of the Global Intraoperative Neuromonitoring (IONM) Market.The rising prevalence of age-related conditions, such as degenerative spine diseases and cancer, among the aging population has led to a surge in surgical interventions. Advancements in medical technology, including minimally invasive techniques and robotic surgeries, have broadened the scope of surgical treatments, resulting in higher demand for intraoperative neuromonitoring. Emerging economies experiencing economic growth and enhanced healthcare access are witnessing a parallel increase in surgical capabilities, further boosting surgical volumes.
As surgical complexity rises, ensuring patient safety becomes paramount. Intraoperative neuromonitoring serves as an additional safety measure, enabling surgeons to monitor the integrity of the patient's nervous system during procedures. This proactive approach helps prevent complications and reduces the risk of nerve damage, particularly in specialties like neurosurgery, orthopedics, and vascular surgery. Real-time monitoring facilitates prompt identification of issues, leading to immediate adjustments and decreased post-operative complications.
The growing awareness among surgeons and healthcare providers about the benefits of IONM has resulted in its increased adoption. Recognized as a valuable tool for enhancing surgical precision and patient safety, IONM has garnered significant attention and investment in research and development. Ongoing innovations in monitoring technology have led to improved equipment and techniques, making IONM more effective and accessible in various surgical settings.
Enhanced Patient Safety
In the rapidly evolving realm of modern medicine, ensuring patient safety has emerged as a top priority. The Global Intraoperative Neuromonitoring (IONM) Market has been instrumental in advancing safety standards during surgical procedures, thereby driving substantial growth within this crucial market segment.
Medical progress has facilitated the performance of increasingly intricate surgical procedures, often categorized as high-risk endeavors. Consequently, there is a heightened need for advanced safety protocols to mitigate potential adverse events. With the global population aging, the prevalence of age-related conditions requiring surgical interventions has surged. These procedures demand sophisticated monitoring techniques to safeguard elderly patients, who may be more susceptible to surgical complications. The widespread adoption of minimally invasive surgery has expanded procedural possibilities. While these techniques offer numerous advantages, they necessitate precise and dependable monitoring to uphold safety and efficacy standards. Today's patients harbor heightened expectations regarding the outcomes of surgical interventions. Ensuring their safety during procedures is pivotal for achieving favorable results and upholding trust in healthcare providers.
IONM delivers real-time feedback to surgeons regarding the status of the patient's nervous system throughout surgery. This enables prompt intervention upon detection of any abnormalities, thereby mitigating the risk of nerve damage and other complications. Intraoperative neuromonitoring finds application across various surgical specialties, encompassing neurosurgery, orthopedics, and vascular surgery. This broad scope of utility ensures a consistent demand for IONM services and equipment. By identifying potential issues during surgery, IONM helps avert post-operative complications. Patients experience fewer instances of paralysis, muscle weakness, or nerve damage, leading to improved overall outcomes. Surgeons operate with greater confidence when equipped with real-time data on the patient's nervous system status. This confidence not only translates to superior surgical results but also fosters the adoption of IONM among healthcare providers. Enhanced patient safety during surgical procedures contributes to heightened levels of patient satisfaction. Patients who feel safer and encounter fewer complications are more inclined to recommend healthcare facilities employing IONM. The escalating demand for IONM has spurred investments in research and development, driving innovations in monitoring technology. This includes advancements in equipment, enhancing the effectiveness and accessibility of IONM.
Growing Awareness Among Surgeons
In the rapidly evolving landscape of modern healthcare, the awareness and education of surgeons have emerged as critical drivers of innovation and advancement, particularly in the Global Intraoperative Neuromonitoring (IONM) Market. Surgeons, as pivotal figures in healthcare delivery, wield significant influence over the outcomes of surgical procedures through their knowledge and decision-making abilities. Within the realm of IONM, heightened awareness and education among surgeons are instrumental in fostering market growth and ensuring safer surgical practices.
Modern surgical procedures have become increasingly intricate and often carry inherent risks. Surgeons continually seek avenues to enhance the safety and efficacy of these procedures, with IONM offering a valuable solution. By providing real-time monitoring of the nervous system, IONM aids in mitigating the potential for nerve damage and associated complications. Surgeons, especially those specializing in fields like neurosurgery, orthopedics, and vascular surgery where IONM is prevalent, recognize the imperative of integrating advanced monitoring techniques to optimize patient outcomes.Institutions and healthcare facilities recognize the importance of educating and training surgeons on the benefits of IONM. Through initiatives such as continuing medical education programs and hands-on training sessions, surgeons acquire the necessary knowledge and skills to incorporate IONM into their practice effectively. Surgeons who possess a deep understanding of IONM are more confident in performing complex procedures. The real-time data provided by IONM equipment empowers surgeons to make informed decisions during surgeries, leading to improved patient safety and outcomes.
Surgeons who have firsthand experience with the advantages of IONM often advocate for its adoption within their healthcare facilities. Their endorsements and recommendations serve to drive market growth as they encourage their peers and institutions to embrace this technology. Patient safety remains a paramount concern, and facilities that prioritize safety by employing IONM are more likely to attract patients seeking quality care.The increasing demand for IONM has spurred investments in research and development, resulting in advancements in monitoring technology. These innovations, including improved equipment and techniques, enhance the effectiveness and accessibility of IONM, further fueling its adoption within surgical practices.
Key Market Challenges
Lack of Awareness and Education
One of the foremost challenges in the IONM market is the lack of awareness among both healthcare providers and patients. Many medical professionals, especially in emerging markets, are unfamiliar with the benefits of IONM. This lack of awareness can result in underutilization and delayed adoption of this technology, even in situations where it could greatly improve patient safety and outcomes.
Cost of Implementation
The cost of implementing IONM in surgical procedures can be significant. This includes the purchase of monitoring equipment, ongoing maintenance, and the need for highly trained technicians. For healthcare facilities with limited budgets, this initial investment can be a barrier to entry. Clear evidence of the cost-effectiveness of IONM is necessary to justify this expenditure.
Accessibility and Training
IONM requires specialized training and expertise. The shortage of skilled technicians and healthcare professionals with proficiency in IONM can be a limiting factor in the broader adoption of this technology. Ensuring access to training and educational resources for healthcare providers is essential to overcome this challenge.
Key Market Trends
Advancements in Artificial Intelligence and Machine Learning
Artificial intelligence (AI) and machine learning are revolutionizing the IONM field. These technologies enable the real-time analysis of complex neural data, allowing for more accurate and automated monitoring. AI-driven algorithms can detect changes in neural signals more effectively, making IONM even more precise and responsive to potential complications.
Integration with Robotic Surgery
Robotic-assisted surgery is on the rise, offering improved precision and minimally invasive procedures. IONM is increasingly integrated into robotic surgery platforms, providing real-time feedback to surgeons. This combination of robotic systems and IONM enhances the safety and success of complex surgeries.
Customized Monitoring Protocols
Personalized medicine is a growing trend in healthcare, and it is extending to IONM. Surgeons tailor monitoring protocols to each patient's unique needs, ensuring that the nervous system is safeguarded in a manner that suits their specific medical condition and surgical procedure.
Segmental Insights
Type Insights
Based on the category of Type, the insourced segment took the lead in the market by capturing the largest share of revenue in 2023. This can be attributed to the increased frequency of procedures and the need for constant monitoring of essential statistics during each procedure. Hospitals are embracing intraoperative neuromonitoring (IONM) and training technologists who supervise procedures in collaboration with neurologists and physiologists. Although there are no established criteria for the utilization of neuromodulation devices, this practice is expected to become more prevalent as demand and usage grow.
Conversely, the outsourced segment is projected to experience the swiftest growth rate in the foreseeable future. This is primarily due to its cost-effectiveness and the presence of specialized service providers. IONM devices are continually evolving and being enhanced. Outsourcing alleviates hospitals from the financial burden of procuring and maintaining this equipment, which is not only expensive but also entails time-consuming training for neurophysiologists who must continually stay current with new technologies. All these factors contribute to the preference shift towards outsourcing IONM procedures.
Furthermore, industry players are acquiring smaller companies to expand their product offerings, a move expected to drive growth in the intraoperative neuromonitoring market in the coming years. For example, in August 2018, Precedent Health, an IONM provider, was acquired by Specialty Care, the most comprehensive provider of patient-centered outsourced IONM services to surgery centers, surgeons, hospitals, and health systems.
Regional Insights
In 2023, North America emerged as the dominant market force, driven by favorable reimbursement conditions and the increasing prevalence of neurological disorders in the region. For instance, in the United States, where approximately 795,000 individuals suffer from strokes annually, leading to 137,000 fatalities, and about 35 million Americans grapple with migraine headaches. This rising incidence of neurological ailments, including traumatic brain injuries, migraines, and strokes, is expected to fuel market growth in the United States.
The expansion of the industry in the U.S. is further propelled by the increasing prevalence of chronic diseases and the growing elderly population. With six out of 10 Americans affected by at least one chronic condition, including stroke, heart disease, cancer, or diabetes, chronic illnesses contribute significantly to healthcare expenditures. Moreover, ongoing improvements in medical infrastructure and investments from both the government and private sector are promoting the adoption of safer and cost-effective healthcare solutions.In the United States, IONM is covered under local insurance rather than national insurance. Many neurological facilities in the country are actively endorsing the use of IONM and addressing staffing shortages to meet unmet demands, particularly in the field of neurology. With approximately 700,000 IONM cases occurring annually in the U.S., there is a substantial opportunity for outsourced IONM providers, as well as technologists and neurologists trained in IONM interpretation, to make a significant impact.
Looking ahead, the Asia Pacific region is projected to experience the most rapid growth from 2023 to 2030, driven by emerging economies like China, Japan, South Korea, and India. The presence of prominent players in China and Japan, such as Medtronic, Natus Medical Incorporated, NuVasive, Inc., and Accurate Monitoring, holds the potential to further boost market growth.The region's growth will be fueled by the increasing aging population and the rising incidence of traumatic brain injuries. For instance, China has around 264 million individuals aged 60 years or older, constituting 18.7% of the population, with this demographic expected to continue growing significantly in the coming years.
Key Market Players
Natus Medical Inc
Accurate Monitoring LLC
Neuro Monitoring Technologies Inc
Medtronic PLC
NuVasive Inc
SpecialtyCare Inc
Report Scope:
In this report, the Global Intraoperative Neuromonitoring Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
Intraoperative Neuromonitoring Market,By Type:
oInsourced
oOutsourced
Intraoperative Neuromonitoring Market, By Region:
oNorth America
§United States
§Canada
§Mexico
oEurope
§Germany
§United Kingdom
§France
§Italy
§Spain
oAsia-Pacific
§China
§Japan
§India
§Australia
§South Korea
oSouth America
§Brazil
§Argentina
§Colombia
oMiddle East Africa
§South Africa
§Saudi Arabia
§UAE
§Kuwait
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Intraoperative Neuromonitoring Market.
Available Customizations:
Global Intraoperative Neuromonitoring market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1.Product Overview
1.1.Market Definition
1.2.Scope of the Market
1.2.1.Markets Covered
1.2.2.Years Considered for Study
1.2.3.Key Market Segmentations
2.Research Methodology
2.1.Objective of the Study
2.2.Baseline Methodology
2.3.Key Industry Partners
2.4.Major Association and Secondary Sources
2.5.Forecasting Methodology
2.6.Data Triangulation Validation
2.7.Assumptions and Limitations
3.Executive Summary
3.1.Overview of the Market
3.2.Overview of Key Market Segmentations
3.3.Overview of Key Market Players
3.4.Overview of Key Regions/Countries
3.5.Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4.Voice of Customer
5.Global Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
5.1.Market Size Forecast
5.1.1.By Value
5.2.Market Share Forecast
5.2.1.By Type (Insourced, Outsourced)
5.2.2.By Region
5.2.3.By Company (2023)
5.3.Market Map
5.3.1.By Type
5.3.2.By Region
6.North America Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
6.1.Market Size Forecast
6.1.1.By Value
6.2.Market Share Forecast
6.2.1.By Type (Insourced, Outsourced)
6.2.2.By Country
6.3.North America: Country Analysis
6.3.1.United States Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
6.3.1.1.Market Size Forecast
6.3.1.1.1.By Value
6.3.1.2.Market Share Forecast
6.3.1.2.1.By Type
6.3.2.Canada Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
6.3.2.1.Market Size Forecast
6.3.2.1.1.By Value
6.3.2.2.Market Share Forecast
6.3.2.2.1.By Type
6.3.3.Mexico Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
6.3.3.1.Market Size Forecast
6.3.3.1.1.By Value
6.3.3.2.Market Share Forecast
6.3.3.2.1.By Type
7.Europe Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
7.1.Market Size Forecast
7.1.1.By Value
7.2.Market Share Forecast
7.2.1.By Type (Insourced, Outsourced)
7.2.2.By Country
7.3.Europe: Country Analysis
7.3.1.Germany Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
7.3.1.1.Market Size Forecast
7.3.1.1.1.By Value
7.3.1.2.Market Share Forecast
7.3.1.2.1.By Type
7.3.2.United Kingdom Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
7.3.2.1.Market Size Forecast
7.3.2.1.1.By Value
7.3.2.2.Market Share Forecast
7.3.2.2.1.By Type
7.3.3.France Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
7.3.3.1.Market Size Forecast
7.3.3.1.1.By Value
7.3.3.2.Market Share Forecast
7.3.3.2.1.By Type
7.3.4.Italy Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
7.3.4.1.Market Size Forecast
7.3.4.1.1.By Value
7.3.4.2.Market Share Forecast
7.3.4.2.1.By Type
7.3.5.Spain Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
7.3.5.1.Market Size Forecast
7.3.5.1.1.By Value
7.3.5.2.Market Share Forecast
7.3.5.2.1.By Type
8.Asia-Pacific Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
8.1.Market Size Forecast
8.1.1.By Value
8.2.Market Share Forecast
8.2.1.By Type (Insourced, Outsourced)
8.2.2.By Country
8.3.Asia-Pacific: Country Analysis
8.3.1.China Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
8.3.1.1.Market Size Forecast
8.3.1.1.1.By Value
8.3.1.2.Market Share Forecast
8.3.1.2.1.By Type
8.3.2.Japan Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
8.3.2.1.Market Size Forecast
8.3.2.1.1.By Value
8.3.2.2.Market Share Forecast
8.3.2.2.1.By Type
8.3.3.India Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
8.3.3.1.Market Size Forecast
8.3.3.1.1.By Value
8.3.3.2.Market Share Forecast
8.3.3.2.1.By Type
8.3.4.Australia Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
8.3.4.1.Market Size Forecast
8.3.4.1.1.By Value
8.3.4.2.Market Share Forecast
8.3.4.2.1.By Type
8.3.5.South Korea Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
8.3.5.1.Market Size Forecast
8.3.5.1.1.By Value
8.3.5.2.Market Share Forecast
8.3.5.2.1.By Type
9.South America Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
9.1.Market Size Forecast
9.1.1.By Value
9.2.Market Share Forecast
9.2.1.By Type (Insourced, Outsourced)
9.2.2.By Country
9.3.South America: Country Analysis
9.3.1.Brazil Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
9.3.1.1.Market Size Forecast
9.3.1.1.1.By Value
9.3.1.2.Market Share Forecast
9.3.1.2.1.By Type
9.3.2.Argentina Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
9.3.2.1.Market Size Forecast
9.3.2.1.1.By Value
9.3.2.2.Market Share Forecast
9.3.2.2.1.By Type
9.3.3.Colombia Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
9.3.3.1.Market Size Forecast
9.3.3.1.1.By Value
9.3.3.2.Market Share Forecast
9.3.3.2.1.By Type
10.Middle East and Africa Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
10.1.Market Size Forecast
10.1.1.By Value
10.2.Market Share Forecast
10.2.1.By Type (Insourced, Outsourced)
10.2.2.By Country
10.3.MEA: Country Analysis
10.3.1.South Africa Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
10.3.1.1.Market Size Forecast
10.3.1.1.1.By Value
10.3.1.2.Market Share Forecast
10.3.1.2.1.By Type
10.3.2.Saudi Arabia Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
10.3.2.1.Market Size Forecast
10.3.2.1.1.By Value
10.3.2.2.Market Share Forecast
10.3.2.2.1.By Type
10.3.3.UAE Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
10.3.3.1.Market Size Forecast
10.3.3.1.1.By Value
10.3.3.2.Market Share Forecast
10.3.3.2.1.By Type
10.3.4.Kuwait Intraoperative Neuromonitoring Market Outlook
10.3.4.1.Market Size Forecast
10.3.4.1.1.By Value
10.3.4.2.Market Share Forecast
10.3.4.2.1.By Type
11.Market Dynamics
11.1.Drivers
11.2.Challenges
12.Market Trends Developments
12.1.Recent Development
12.2.Mergers Acquisitions
12.3.Product Launches
13.Porter’s Five Forces Analysis
13.1.Competition in the Industry
13.2.Potential of New Entrants
13.3.Power of Suppliers
13.4.Power of Customers
13.5.Threat of Substitute Products
14.Competitive Landscape
14.1.Natus Medical Inc
14.1.1.Business Overview
14.1.2.Product Offerings
14.1.3.Recent Developments
14.1.4.Financials (As Reported)
14.1.5.Key Personnel
14.1.6.SWOT Analysis
14.2.Accurate Monitoring LLC
14.3.Neuro Monitoring Technologies Inc
14.4.Medtronic PLC
14.5.NuVasive Inc
14.6.SpecialtyCare Inc
15.Strategic Recommendations
16.About Us Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(industry)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る