世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

米国のモノのインターネット(IoT)市場:構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、プラットフォーム別(デバイス管理、アプリケーション管理、ネットワーク管理、データ管理、その他)、用途別(家電、スマートモビリティ&交通、ビル&ホームオートメーション、コネクテッド物流、スマート小売、その他)、地域別、競争、予測、機会、2018年~2028年F


United States Internet of Things (IoT) Market Segmented by Component (Hardware, Software, and Services), By Platform (Device Management, Application Management, Network Management, Data Management, and Others), By Application (Consumer Electronics, Smart Mobility & Transportation, Building & Home Automation, Connected Logistics, Smart Retail, and Others), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2018-2028F

米国のモノのインターネット(IoT)市場は965億3000万米ドルと評価され、予測期間中のCAGRは18.71%と堅調な成長が予測されている。米国のモノのインターネット(IoT)市場は、世界のIoTイノベーションと導入の最... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
70 英語

 

サマリー

米国のモノのインターネット(IoT)市場は965億3000万米ドルと評価され、予測期間中のCAGRは18.71%と堅調な成長が予測されている。米国のモノのインターネット(IoT)市場は、世界のIoTイノベーションと導入の最前線に位置する盛況で多面的なエコシステムである。産業、技術、アプリケーションにまたがる米国のIoT市場は、同国のダイナミックな経済、技術進歩へのコミットメント、IoTの未来を形成する重要なプレーヤーとしての役割を反映している。
米国IoT市場の成長を支える基本的な原動力の1つは、産業部門全体で広く採用されていることである。製造、物流、農業などの業界では、業務の最適化、生産性の向上、コスト削減のためにIoTの力を活用する動きが加速している。製造業では、IoT対応のセンサーと自動化システムが、従来の生産ラインをインテリジェントな接続環境に変えている。製造業におけるIoTの特徴的なアプリケーションの一つである予知保全は、機械がプロアクティブに保守されることを保証し、コストのかかるダウンタイムを削減し、予期せぬ故障を防ぎます。一方、物流・サプライチェーン管理では、IoTソリューションがリアルタイムで商品の動きを追跡・可視化し、ルート、在庫管理、配送時間を最適化する。農業では、農家がIoT技術を活用して土壌状態、天候パターン、作物の健康状態に関するリアルタイム・データにアクセスし、データ主導の意思決定と精密農業の実践を可能にしている。こうしたアプリケーションは業務効率を高めるだけでなく、持続可能性と資源保護にも貢献する。
スマートシティは、米国におけるIoT展開のもう一つの顕著な領域である。ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルスといった都市の中心部では、公共サービス、インフラ管理、環境持続可能性を改善するためにIoTソリューションが採用されている。交通管理システムは、IoTセンサーとリアルタイムのデータ分析を採用して、交通の流れを最適化し、渋滞を緩和し、交通の安全性を高めている。廃棄物管理は、空にする必要があるときに信号を送るセンサーを備えたスマートごみ箱によって効率化され、コストを削減し、都市の清潔さを向上させている。さらに、エネルギー効率の高い街灯、スマート駐車場システム、環境モニタリングは、IoT主導のスマートシティ・イニシアチブの不可欠な要素である。こうしたプロジェクトは、都市住民の生活の質を高めるだけでなく、交通渋滞や資源利用といった都市が抱える重要な課題にも対処する。
米国の医療分野は、IoT技術による革命を経験している。COVID-19の大流行は、遠隔患者モニタリング、遠隔医療、ウェアラブル健康機器の採用を加速させた。IoT対応の医療機器やウェアラブルは、バイタルサイン、服薬アドヒアランス、慢性疾患管理を継続的に追跡し、医療提供者がより個別化されたプロアクティブなケアを提供できるようにする。遠隔医療プラットフォームは、患者に医療サービスへの便利なアクセスを提供し、対面診療の必要性を減らし、特に遠隔地やサービスが行き届いていない地域での医療アクセスを改善する。医療におけるIoTの統合は、患者の転帰を向上させるだけでなく、医療費の管理と医療提供の全体的な効率化にも役立つ。IoTは、米国のエネルギー事情の変革においても極めて重要な役割を果たしている。IoT技術によるスマートグリッドは、より効率的なエネルギー配給、送電網の安定性、再生可能エネルギーの統合を可能にする。IoTに対応したエネルギー管理システムにより、消費者はエネルギー使用量をリアルタイムで監視・管理し、無駄を省き、省エネを推進することができる。このようなエネルギー・インフラの進化は、環境に配慮しているだけでなく、経済的にも有利であり、消費者はエネルギー消費とコストをよりコントロールしやすくなる。
さらに、消費者向けIoT機器の普及は、アメリカ人が日常生活でテクノロジーと接する方法を再構築した。スマート・ホーム・システム、コネクテッド家電、音声アシスタント、ウェアラブル・テクノロジーはますます普及している。スマートホームは、スマートフォンや音声コマンドで遠隔操作できるIoT機器を統合することで、住宅所有者に利便性、エネルギー効率、セキュリティの向上を提供する。冷蔵庫からサーモスタットに至るまで、コネクテッド・アプライアンスにより、ユーザーは最適な快適性と省エネのために家庭環境をモニターし、調整することができる。フィットネストラッカーやスマートウォッチを含むウェアラブル技術は、リアルタイムの健康状態や活動データを個人に提供し、より健康的なライフスタイルを奨励する。米国IoT市場の目覚ましい成長と可能性にもかかわらず、課題がないわけではない。IoTデバイスの普及によってデータの生成と送信が飛躍的に増加するため、セキュリティとプライバシーに関する懸念が最も重要です。機密データを確実に保護し、サイバー攻撃から保護することは、政府と業界の利害関係者が規制、セキュリティ・プロトコル、IoTセキュリティ標準の開発を通じて取り組んでいる重要な課題である。
結論として、米国のIoT市場は活気に満ち、革新的で変革的な力として、様々な産業の進歩に貢献し、市民の生活の質を高めている。IoT技術が進化を続け、米国社会に深く溶け込むにつれ、米国はIoTの革新と導入において世界のリーダーであり続ける態勢を整えている。技術進歩への継続的なコミットメントと課題を克服する能力が、米国のIoTの将来と世界への影響を形成する。
主な市場牽引要因
米国の製造業に革命をもたらす産業用IoT
米国のモノのインターネット(IoT)市場を前進させる主な原動力の1つは、産業用IoT(IIoT)が製造部門に与える変革的影響である。製造プロセスにおけるIoT技術の統合は、効率性、費用対効果、生産性の新時代を到来させた。IoTセンサーとコネクテッド・デバイスを備えたスマート工場は、機械や生産ラインのリアルタイム監視を可能にし、予知保全、ダウンタイムの削減、リソース配分の最適化につながる。IoT主導のオートメーションとロボティクスは、製造業務の精度とスピードを高め、製品の品質向上と市場投入までの時間短縮に貢献する。こうしたデジタルトランスフォーメーションは、グローバル市場での競争力を高めるだけでなく、イノベーションと効率性のリーダーとしての米国製造業の地位を確保する。
さらに、米国はIIoTを活用してサプライチェーン管理を強化している。IoT対応の追跡・監視システムは、商品の動きをエンド・ツー・エンドで可視化し、遅延を減らし、損失を最小限に抑え、サプライチェーン全体の効率を向上させる。これは、電子商取引や小売業から医薬品や自動車製造に至るまで、さまざまな業界に大きな影響を与える。IIoTが製造業に革命をもたらし続ける中、その普及は米国のIoT市場の成長を後押しする強力な原動力となっている。
スマートシティと都市型IoTソリューションの普及
スマートシティと都市型IoTソリューションの成長も、米国のIoT市場を形成する重要なドライバーである。都市化は世界的なトレンドであり、米国の都市は、それがもたらす課題と機会に対処するためにIoT技術を取り入れている。ニューヨーク市からサンフランシスコ市に至るまで、スマートシティ構想は、交通の最適化、エネルギー消費の削減、治安の向上、生活全体の質の向上を目的に、IoTセンサーとデータ分析を導入している。
IoT対応のスマート交通管理システムは、リアルタイムのデータを利用して渋滞を緩和し、交通の流れを改善し、大気汚染を軽減する。コネクテッド街灯は、歩行者や車両の存在に基づいて明るさを調整し、省エネに貢献する。スマート廃棄物管理ソリューションは、ゴミ収集ルートを最適化し、運営コストと環境への影響を削減する。公共の安全は、都市空間を監視するIoT監視システムによって強化され、緊急事態への迅速な対応とセキュリティの強化が可能になる。住民の日常生活を向上させるだけでなく、こうしたスマートシティの取り組みは、米国の持続可能性目標にも貢献している。エネルギー効率の高い建物、スマートグリッド、IoTを活用した環境モニタリングは、資源の節約と二酸化炭素排出量の削減を促進する。都市化のトレンドが続く中、スマートシティプロジェクトにおけるIoTソリューションの需要は高まることが予想され、米国におけるIoT市場成長の顕著な原動力となっている。
IoTによる医療変革
米国の医療セクターは、IoT技術によって大きな変革期を迎えている。医療提供者や組織は、患者ケアの強化、業務の合理化、全体的な医療体験の向上のために、IoTソリューションの採用を増やしている。医療におけるIoTの主な用途の1つは、医療従事者が患者のバイタルサインや慢性疾患をリアルタイムで監視できる遠隔患者モニタリングである。スマートウォッチや健康トラッカーなどのウェアラブルIoTデバイスは、データを収集し医療提供者に送信することで、早期介入や個別化された治療計画を可能にする。遠隔医療は、ヘルスケアIoT市場のもう一つの重要な推進力であり、特にCOVID-19のパンデミックを考慮すると、絶大な支持を得ている。IoTを活用した遠隔医療プラットフォームは遠隔診療を容易にし、患者が自宅に居ながらにして医療サービスにアクセスできるようにする。これは医療へのアクセシビリティを高めるだけでなく、特に危機的状況下において医療施設の負担を軽減する。
さらに、IoTは医療業務の最適化にもつながっている。病院や診療所では、資産追跡、在庫管理、環境モニタリングにIoT接続デバイスを採用している。これらのソリューションは業務効率を高め、無駄を省き、重要なリソースの可用性を確保する。米国の医療イノベーションとテクノロジー導入へのコミットメントは、IoTを医療セクターの変革に不可欠な推進力として位置づけている。遠隔医療サービスの継続的な拡大、ウェアラブル・ヘルスケア・デバイスの成長、医療インフラへのIoTの統合は、医療状況の形成におけるIoTの重要性を裏付けている。
エネルギー効率と持続可能性への取り組み
エネルギー効率と持続可能性への取り組みが、米国のさまざまなセクターでIoT技術の採用を促進している。世界が気候変動と温室効果ガス排出削減の必要性に取り組む中、IoTは省エネルギーと環境持続可能性の目標達成に極めて重要な役割を果たしている。スマート・エネルギー管理とIoT対応ソリューションは、エネルギーの消費と分配の方法に革命をもたらしつつある。IoTセンサーと自動化を備えたスマートグリッドは、エネルギーの発電と配電を最適化し、損失を減らしてグリッドの安定性を向上させる。住宅や商業施設に設置されたIoT機器によって、消費者はエネルギー使用量を監視・制御できるようになり、大幅な省エネが実現する。さらに、IoTは需要応答プログラムを促進し、エネルギー消費を供給に合わせてリアルタイムで調整することで、ピーク時の化石燃料による発電の必要性を最小限に抑えることができる。
エネルギー効率に加え、IoTは産業全体の持続可能性の促進にも役立っている。農業では、IoTセンサーと精密農業技術により、資源効率の高い農法が可能になり、水を節約し、農薬や肥料の使用を最小限に抑えることができる。IoTによる環境モニタリングは、大気や水質の追跡、野生生物の保護、天然資源の管理に役立つ。さらに、IoTは電気自動車や自律走行車への移行において重要な役割を果たし、排出量の削減と環境に優しい輸送部門に貢献する。環境責任とエネルギーの持続可能性が重視されるようになったことで、IoTは環境に優しい未来を実現する原動力として位置付けられ、米国におけるIoT導入の顕著な推進力となっている。
主な市場課題
米国のIoT環境におけるセキュリティとプライバシーの懸念
米国のモノのインターネット(IoT)市場が直面する最も差し迫った課題の1つは、セキュリティとプライバシーに対する懸念の高まりである。IoTデバイスがユビキタス化し相互接続が進むにつれ、悪意ある行為者に悪用される可能性のある広大な攻撃対象領域が生まれる。IoTデバイスやネットワークにおけるセキュリティの脆弱性は、ヘルスケアや産業制御システムなどの重要なアプリケーションにおいて、データ漏洩や不正アクセス、さらには物理的な被害につながる可能性がある。重大な問題の1つは、IoTエコシステム全体で標準化されたセキュリティ・プロトコルや慣行がないことです。多くのIoTデバイスは限定的なセキュリティ対策で製造されているため、ハッキングや侵害の影響を受けやすい。メーカーが堅牢なセキュリティよりもコストや市場投入までの時間を優先し、ファームウェアの定期的なアップデートや安全な認証メカニズムなど、不可欠なセキュリティ機能を欠いたデバイスを製造しているケースもある。
さらに、IoTデバイスは多くの場合、機密性の高い個人データやビジネスデータを収集するため、プライバシーに関する深刻な懸念が生じる。このデータの誤った取り扱いや不正アクセスは、個人情報の盗難や金銭的損失など、深刻な結果を招く可能性がある。消費者と企業は潜在的なリスクに対する認識を深めており、IoTソリューションにおけるセキュリティとプライバシー対策の改善に対する要求が高まっている。米国における複雑な規制の状況は、こうした課題をさらに複雑にしている。IoTはさまざまな分野で運用されており、それぞれが異なる規制や基準の対象となっている。包括的なセキュリティとプライバシー対策を確保するためにこれらの規制を調和させることは、困難な作業になりかねない。
相互運用性と断片化
相互運用性と分断化は、米国のIoT市場に重大な課題をもたらし、その潜在能力をフルに発揮することを妨げ、IoT展開の複雑さを引き起こしている。相互運用性とは、異なるIoTデバイスやシステムがシームレスに通信し、連携する能力を指す。IoTデバイス間の通信プロトコルやインターフェースが標準化されていないため、異なるメーカーのデバイスが簡単にデータを交換したり連携したりできず、非効率や拡張性の制限につながる断片化がしばしば発生する。この課題の一因となっている重要な問題の1つは、独自のIoTエコシステムの普及です。大手テクノロジー企業は、自社のデバイスやプラットフォームにのみ対応するクローズドなエコシステムを構築することが多い。このアプローチでは、消費者や企業が特定のベンダーのエコシステムに囲い込まれ、柔軟性や選択肢が制限される可能性がある。このようなエコシステム間の相互運用性の欠如は、ユーザーが異なるメーカーのデバイスを統一システムに統合するのに苦労する可能性があるため、IoTの展開を複雑にする。
さらに、業界間のIoTアプリケーションの多様性が、相互運用性の課題をさらに悪化させている。例えば、ヘルスケア、輸送、農業、製造業におけるIoTソリューションには、固有の要件と標準があります。これらの異種システム間でシームレスな統合とデータ交換を実現することは、複雑な取り組みである。標準化された通信プロトコルやデータ形式がないことも、相互運用性を阻害している。IoTデバイスは、Wi-Fi、Bluetooth、Zigbee、LoRa、セルラーネットワークなど、異なる通信技術を使用することが多い。これらのデバイスが互いに通信し、データを効率的に共有できるようにすることは、困難な課題である。
主な市場動向
ヘルスケアにおけるIoTの拡大
米国のモノのインターネット(IoT)市場は近年大きな成長を遂げており、その顕著な傾向のひとつが医療分野におけるIoTアプリケーションの拡大である。IoT技術は、患者ケアの改善、業務の合理化、医療システムの全体的な効率強化に活用されている。IoTデバイスやセンサーは、医療機器やウェアラブルデバイス、さらには患者の自宅に組み込まれ、健康状態をリアルタイムでモニターするようになっている。このトレンドは、遠隔患者モニタリングシステムの開発につながっており、医療提供者は、頻繁に訪問することなく、患者のバイタルサインや慢性的な状態を把握することができる。これにより、医療の質が向上するだけでなく、医療費も削減できる。
さらに、病院や医療施設はIoTを利用して、より効果的に資産を管理している。医療機器や消耗品にタグを付けて追跡することで、医療提供者は在庫管理を最適化し、無駄を省くことができる。IoTを活用したスマート施設も普及しており、自動温度調節、照明、セキュリティシステムなどの機能により、患者の快適性と安全性を高めている。さらに、製薬会社はサプライチェーン管理にIoTを活用し、輸送や保管中の医薬品やワクチンの完全性と安全性を確保している。医療IoTのこの傾向は、業界が患者転帰の改善とコスト削減の可能性を認識しているため、今後も成長を続けると予想される。
製造効率を高める産業用IoT(IIoT)
米国IoT市場におけるもう1つの重要なトレンドは、製造・産業部門における産業用IoT(IIoT)技術の採用である。IIoTは、より高度な自動化、リアルタイムのモニタリング、データ駆動型の意思決定を可能にすることで、従来の製造プロセスに革命をもたらしている。センサーやIoTデバイスを機械や生産ラインに組み込んで、機器の性能、エネルギー使用量、製品品質に関する貴重なデータを収集するメーカーが増えている。このデータは、高度な分析と人工知能を使用して分析され、非効率の特定、メンテナンスの必要性の予測、生産スケジュールの最適化が行われます。IIoTの重要な側面の1つは、メーカーがダウンタイムを削減し、コストのかかる機器の故障を最小限に抑えるのに役立つ予知保全である。機器の健全性を継続的に監視し、データパターンを分析することで、メーカーは必要なときにメンテナンス活動のスケジュールを立てることができ、予期せぬ故障を防ぎ、業務効率を最大化することができる。
さらに、IIoTはサプライチェーン管理においても重要な役割を果たしており、生産プロセス全体を通じて商品の追跡と可視性を向上させることができる。これにより在庫管理が強化され、リードタイムが短縮され、余剰在庫が最小限に抑えられるため、最終的にコストが下がり、顧客満足度が向上する。コスト削減、生産性向上、品質管理といった面でIIoTのメリットを認識するメーカーが増えるにつれ、産業分野におけるIoT技術の採用は今後も拡大すると予想される。
スマートシティと持続可能な都市開発
米国ではスマートシティの概念が勢いを増しており、都市計画と持続可能な開発のためのIoT導入が推進されている。スマートシティは、IoT技術を活用して住民の生活の質を高め、インフラを改善し、資源利用を最適化する。このトレンドの一側面として、交通管理、廃棄物管理、エネルギー効率のためのIoTセンサーやデバイスの導入が挙げられる。スマート交通管理システムは、リアルタイムのデータを利用して渋滞を緩和し、公共交通機関を改善し、都市内の全体的なモビリティを向上させる。スマート廃棄物管理システムは、ゴミ収集ルートとスケジュールを最適化し、燃料消費量と排出量を削減する。
さらに、IoTは建物や公共スペースのエネルギー消費の監視と制御に利用されている。スマート照明、暖房、冷房システムは、居住状況や環境条件に基づいて自動的に調整され、大幅なエネルギー節約につながる。さらに、IoTセンサーは、都市が大気の質を監視し、汚染を検出し、環境問題により効果的に対応するのに役立っている。さらに、公共の安全はスマートシティの重要な側面である。監視カメラや発砲検知センサーなど、IoT対応のセキュリティ・システムは、法執行能力を強化し、緊急時の対応時間を改善する。スマート・シティの発展は、持続可能性とカーボンフットプリントの削減を重視する動きと一致している。気候変動と都市化が大きな課題であり続ける中、IoTは都市をより効率的で回復力のある、環境に優しい都市へと変革する上で極めて重要な役割を果たすだろう。
セグメント別インサイト
プラットフォーム別洞察
プラットフォームに基づくと、アプリケーション管理セグメントが米国のモノのインターネット(IoT)市場で優勢なセグメントとして浮上し、予測期間を通じて揺るぎない優位性を示している。この不動の優位性は、IoTエコシステムの可能性を最大限に引き出す上でアプリケーション管理が果たす極めて重要な役割に起因している。アプリケーション管理ソリューションは、IoTアプリケーションとサービスのシームレスなオーケストレーション、モニタリング、最適化を可能にし、効率的で安全な運用を保証する。ヘルスケア、製造、輸送、スマートシティなどの業界全体でIoTデバイスとアプリケーションが急激に増加する中、堅牢で拡張性の高いアプリケーション管理プラットフォームの必要性が最も高まっています。企業がIoTの変革力を活用して効率化を推進し、顧客体験を向上させ、競争上の優位性を獲得しようとする中、アプリケーション管理分野は今後も成長を続け、米国におけるIoTの革新と実装の要としての地位を確固たるものにするだろう。
アプリケーションの洞察
アプリケーション別に見ると、米国のモノのインターネット(IoT)市場では、コンシューマーエレクトロニクス分野が強力なフロントランナーとして台頭し、予測期間を通じて優位性を発揮して市場の軌道を形成している。このセグメントの強力な優位性は、現代の消費者のライフスタイルに不可欠な一部となっている接続デバイスのエコシステムが拡大し続けていることに起因している。スマート・サーモスタットやウェアラブル・フィットネス・トラッカーから、音声で作動するアシスタントやコネクテッド家電に至るまで、家電は日常生活における個人のテクノロジーとの関わり方に革命をもたらした。IoT対応家電が提供する利便性、効率性、ユーザー体験の向上は、その普及に拍車をかけている。消費者がこうしたスマートデバイスを受け入れ続ける中、メーカーやイノベーターは相互運用性、セキュリティ、使い勝手の向上に積極的に取り組んでおり、家電分野が米国におけるIoTの進歩の最前線にあることを確実にしている。その結果、その揺るぎない優位性はIoT市場の軌跡に大きな影響を与え、イノベーションを促進し、アメリカ人の生活と接続された世界との関わり方を再構築するだろう。
地域の洞察
西地域は、米国のモノのインターネット(IoT)市場において確固たる存在感を示しており、その卓越した地位を確認するとともに、業界の方向性を形作る上で極めて重要な役割を担っていることを強調している。カリフォルニア州、ワシントン州、オレゴン州といった技術中心の州を含むこの地域は、長い間、技術革新の世界的な震源地であった。シリコンバレーはIoT開発の心臓部であり、ハイテク大手、新興企業、最先端研究機関のエコシステムが繁栄している。カリフォルニアのシリコンバレーはIoTの温床であり、ハードウェア、ソフトウェア、プラットフォーム開発の最前線に位置する企業が、コネクテッド・テクノロジーの実現可能性の限界を押し広げている。西地域の優位性は、スマートシティ、自律走行車、医療イノベーションなど、多様なIoTアプリケーションに及んでいる。太平洋岸という戦略的立地も、サプライチェーンや物流管理におけるIoT関連の進歩に有利な位置を占めている。その結果、西部地域は米国のIoT展望の中で卓越した地位を再確認するだけでなく、世界のIoT産業を形成する上で極めて重要な役割を果たし、イノベーションと技術進歩の基準を設定している。
主要市場プレイヤー
マイクロソフト
アマゾン ウェブ サービス
グーグル合同会社
IBMコーポレーション
インテル株式会社
シスコシステムズ
シーメンス株式会社
GEデジタル
オラクル株式会社
SAP SE
レポートの範囲
本レポートでは、米国のモノのインターネット(IoT)市場を、以下に詳述した業界動向に加えて、以下のカテゴリーに分類しています:
- 米国のモノのインターネット(IoT)市場、コンポーネント別
o ハードウェア
o ソフトウェア
o サービス
- 米国のモノのインターネット(IoT)市場:プラットフォーム別
o デバイス管理
o アプリケーション管理
o ネットワーク管理
o データ管理
o その他
- 米国のモノのインターネット(IoT)市場、アプリケーション別
o コンシューマー・エレクトロニクス
o スマートモビリティ&交通
o ビル&ホームオートメーション
o コネクテッド・ロジスティクス
o スマート小売
o その他
- 米国のモノのインターネット(IoT)市場:地域別
o 米国北東部
o 米国南西部
o 米国西部
o 米国南東部
o 米国中西部
競合状況
企業プロフィール:米国のモノのインターネット(IoT)市場に存在する主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社の米国モノのインターネット(IoT)市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on United States Internet of Things (IoT) Market
5. Voice of Customer
6. United States Internet of Things (IoT) Market Overview
7. United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Hardware, Software, and Services)
7.2.2. By Platform (Device Management, Application Management, Network Management, Data Management, and Others)
7.2.3. By Application (Consumer Electronics, Smart Mobility & Transportation, Building & Home Automation, Connected Logistics, Smart Retail, and Others)
7.2.4. By Region (Northeast, Southwest, West, Southeast, Midwest)
7.2.5. By Company (2022)
7.3. Market Map
8. Northeast United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Platform
8.2.3. By Application
9. Southwest United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Platform
9.2.3. By Application
10. West United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Platform
10.2.3. By Application
11. Southeast United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Platform
11.2.3. By Application
12. Midwest United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Value
12.2. Market Share & Forecast
12.2.1. By Component
12.2.2. By Platform
12.2.3. By Application
13. Market Dynamics
13.1. Drivers
13.2. Challenges
14. Market Trends and Developments
15. Company Profiles
15.1. Microsoft Corporation
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Financials & Revenue
15.1.3. Key Contact Person
15.1.4. Headquarters Address
15.1.5. Key Product/Service Offered
15.2. Amazon Web Services, Inc.
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Financials & Revenue
15.2.3. Key Contact Person
15.2.4. Headquarters Address
15.2.5. Key Product/Service Offered
15.3. Google LLC
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Financials & Revenue
15.3.3. Key Contact Person
15.3.4. Headquarters Address
15.3.5. Key Product/Service Offered
15.4. IBM Corporation
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Financials & Revenue
15.4.3. Key Contact Person
15.4.4. Headquarters Address
15.4.5. Key Product/Service Offered
15.5. Intel Corporation
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Financials & Revenue
15.5.3. Key Contact Person
15.5.4. Headquarters Address
15.5.5. Key Product/Service Offered
15.6. Cisco Systems, Inc.
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Financials & Revenue
15.6.3. Key Contact Person
15.6.4. Headquarters Address
15.6.5. Key Product/Service Offered
15.7. Siemens Corporation
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Financials & Revenue
15.7.3. Key Contact Person
15.7.4. Headquarters Address
15.7.5. Key Product/Service Offered
15.8. GE Digital
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Financials & Revenue
15.8.3. Key Contact Person
15.8.4. Headquarters Address
15.8.5. Key Product/Service Offered
15.9. Oracle Corporation
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Financials & Revenue
15.9.3. Key Contact Person
15.9.4. Headquarters Address
15.9.5. Key Product/Service Offered
15.10. SAP SE
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Financials & Revenue
15.10.3. Key Contact Person
15.10.4. Headquarters Address
15.10.5. Key Product/Service Offered
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The United States Internet of Things (IoT) market was valued at USD 96.53 billion and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 18.71% during the forecast period. The United States Internet of Things (IoT) market is a thriving and multifaceted ecosystem that has been at the forefront of global IoT innovation and adoption. Spanning across industries, technologies, and applications, the U.S. IoT market reflects the nation's dynamic economy, its commitment to technological advancement, and its role as a key player in shaping the future of IoT.
One of the fundamental driving forces behind the growth of the U.S. IoT market is its widespread adoption across industrial sectors. Industries such as manufacturing, logistics, and agriculture are increasingly harnessing the power of IoT to optimize operations, enhance productivity, and reduce costs. In manufacturing, IoT-enabled sensors and automation systems have transformed traditional production lines into intelligent, connected environments. Predictive maintenance, one of the hallmark applications of IoT in manufacturing, ensures that machinery is serviced proactively, reducing costly downtime and preventing unexpected breakdowns. Meanwhile, in logistics and supply chain management, IoT solutions provide real-time tracking and visibility into the movement of goods, optimizing routes, inventory management, and delivery times. In agriculture, farmers leverage IoT technologies to access real-time data on soil conditions, weather patterns, and crop health, enabling data-driven decision-making and precision agriculture practices. These applications not only bolster operational efficiency but also contribute to sustainability and resource conservation.
Smart cities are another prominent domain of IoT deployment in the United States. From coast to coast, urban centers like New York, Chicago, San Francisco, and Los Angeles are embracing IoT solutions to improve public services, infrastructure management, and environmental sustainability. Traffic management systems employ IoT sensors and real-time data analytics to optimize traffic flow, reduce congestion, and enhance road safety. Waste management is becoming more efficient through smart bins equipped with sensors that signal when they need to be emptied, reducing costs and improving the cleanliness of cities. Furthermore, energy-efficient street lighting, smart parking systems, and environmental monitoring are integral components of IoT-driven smart city initiatives. These projects not only enhance the quality of life for urban residents but also address critical urban challenges such as traffic congestion and resource utilization.
The healthcare sector in the U.S. is experiencing a revolution driven by IoT technology. The COVID-19 pandemic accelerated the adoption of remote patient monitoring, telemedicine, and wearable health devices. IoT-enabled medical devices and wearables continuously track vital signs, medication adherence, and chronic disease management, allowing healthcare providers to deliver more personalized and proactive care. Telemedicine platforms provide patients with convenient access to healthcare services, reducing the need for in-person visits and improving healthcare accessibility, especially in remote or underserved areas. The integration of IoT in healthcare not only enhances patient outcomes but also helps manage healthcare costs and improves the overall efficiency of healthcare delivery. IoT is also playing a pivotal role in transforming the energy landscape in the United States. Smart grids, powered by IoT technologies, enable more efficient energy distribution, grid stability, and the integration of renewable energy sources. IoT-enabled energy management systems allow consumers to monitor and control their energy usage in real time, reducing waste and promoting energy conservation. This evolution in energy infrastructure is not only environmentally responsible but also economically advantageous, providing consumers with greater control over their energy consumption and costs.
Moreover, the proliferation of consumer IoT devices has reshaped the way Americans interact with technology in their everyday lives. Smart home systems, connected appliances, voice-activated assistants, and wearable technology have become increasingly popular. Smart homes offer homeowners enhanced convenience, energy efficiency, and security through the integration of IoT devices that can be controlled remotely via smartphones or voice commands. Connected appliances, from refrigerators to thermostats, enable users to monitor and adjust their home environment for optimal comfort and energy savings. Wearable technology, including fitness trackers and smartwatches, provides individuals with real-time health and activity data, encouraging healthier lifestyles. Despite the remarkable growth and potential of the U.S. IoT market, it is not without its challenges. Security and privacy concerns are paramount as the proliferation of IoT devices leads to an exponential increase in data generation and transmission. Ensuring the protection of sensitive data and safeguarding against cyberattacks are critical challenges that both government and industry stakeholders are addressing through regulations, security protocols, and the development of IoT security standards.
In conclusion, the United States IoT market stands as a vibrant, innovative, and transformative force, contributing to advancements in various industries and enhancing the quality of life for its citizens. As IoT technologies continue to evolve and become more deeply integrated into the fabric of American society, the U.S. is poised to remain a global leader in IoT innovation and adoption. The nation's continued commitment to technological advancement and its ability to navigate challenges will shape the future of IoT in the United States and its impact on the world.
Key Market Drivers
Industrial IoT Revolutionizing Manufacturing in the United States
One of the primary drivers propelling the United States Internet of Things (IoT) market forward is the transformative impact of Industrial IoT (IIoT) on the manufacturing sector. The integration of IoT technologies in manufacturing processes has ushered in a new era of efficiency, cost-effectiveness, and productivity. Smart factories equipped with IoT sensors and connected devices enable real-time monitoring of machinery and production lines, leading to predictive maintenance, reduced downtime, and optimized resource allocation. IoT-driven automation and robotics enhance precision and speed in manufacturing operations, contributing to higher product quality and faster time-to-market. This digital transformation not only boosts competitiveness in the global market but also secures the U.S. manufacturing sector's position as a leader in innovation and efficiency.
Moreover, the United States is leveraging IIoT to enhance supply chain management. IoT-enabled tracking and monitoring systems provide end-to-end visibility into the movement of goods, reducing delays, minimizing losses, and improving overall supply chain efficiency. This has significant implications for various industries, from e-commerce and retail to pharmaceuticals and automotive manufacturing. As IIoT continues to revolutionize the manufacturing landscape, its widespread adoption serves as a powerful driver fueling the growth of the IoT market in the United States.
The Proliferation of Smart Cities and Urban IoT Solutions
The growth of smart cities and urban IoT solutions is another significant driver shaping the IoT market in the United States. Urbanization is a global trend, and U.S. cities are embracing IoT technologies to address the challenges and opportunities it presents. Smart city initiatives, ranging from New York City to San Francisco, are deploying IoT sensors and data analytics to optimize transportation, reduce energy consumption, enhance public safety, and improve overall quality of life.
IoT-enabled smart traffic management systems use real-time data to mitigate congestion, improve traffic flow, and reduce air pollution. Connected streetlights adjust brightness based on pedestrian and vehicular presence, contributing to energy conservation. Smart waste management solutions optimize garbage collection routes, reducing operational costs and environmental impact. Public safety is bolstered by IoT surveillance systems that monitor urban spaces, enabling rapid response to emergencies and enhancing security. In addition to improving the daily lives of residents, these smart city initiatives contribute to the United States' sustainability goals. Energy-efficient buildings, smart grids, and IoT-powered environmental monitoring promote resource conservation and reduce carbon emissions. As the trend toward urbanization continues, the demand for IoT solutions in smart city projects is expected to rise, making it a prominent driver of IoT market growth in the United States.
Healthcare Transformation through IoT
The United States healthcare sector is undergoing a profound transformation driven by IoT technologies. Healthcare providers and organizations are increasingly adopting IoT solutions to enhance patient care, streamline operations, and improve the overall healthcare experience. One of the primary applications of IoT in healthcare is remote patient monitoring, which allows healthcare professionals to monitor patients' vital signs and chronic conditions in real-time. Wearable IoT devices, such as smartwatches and health trackers, collect and transmit data to healthcare providers, enabling early intervention and personalized treatment plans. Telemedicine, another significant driver in the healthcare IoT market, has gained immense traction, especially considering the COVID-19 pandemic. IoT-powered telemedicine platforms facilitate remote consultations, enabling patients to access healthcare services from the comfort of their homes. This not only enhances healthcare accessibility but also reduces the burden on healthcare facilities, particularly during times of crisis.
Moreover, IoT is optimizing healthcare operations. Hospitals and clinics are employing IoT-connected devices for asset tracking, inventory management, and environmental monitoring. These solutions enhance operational efficiency, reduce waste, and ensure the availability of critical resources. The United States' commitment to healthcare innovation and technology adoption positions IoT as a vital driver in revolutionizing the healthcare sector. The ongoing expansion of telemedicine services, the growth of wearable healthcare devices, and the integration of IoT in healthcare infrastructure underscore its significance in shaping the healthcare landscape.
Energy Efficiency and Sustainability Initiatives
Energy efficiency and sustainability initiatives are driving the adoption of IoT technologies across various sectors in the United States. As the world grapples with climate change and the need to reduce greenhouse gas emissions, IoT plays a pivotal role in achieving energy conservation and environmental sustainability goals. Smart energy management and IoT-enabled solutions are revolutionizing the way energy is consumed and distributed. Smart grids, equipped with IoT sensors and automation, optimize energy generation and distribution, reducing losses and improving grid stability. IoT devices installed in residential and commercial buildings allow consumers to monitor and control their energy usage, resulting in significant energy savings. Moreover, IoT is facilitating demand response programs, where energy consumption can be adjusted in real-time to match supply, minimizing the need for fossil fuel-based power generation during peak periods.
In addition to energy efficiency, IoT is instrumental in promoting sustainability across industries. In agriculture, IoT sensors and precision agriculture techniques enable resource-efficient farming practices, conserving water and minimizing the use of pesticides and fertilizers. Environmental monitoring through IoT helps track air and water quality, wildlife conservation, and the management of natural resources. Furthermore, IoT plays a vital role in the transition to electric and autonomous vehicles, contributing to reduced emissions and a greener transportation sector. The growing emphasis on environmental responsibility and energy sustainability positions IoT as a driving force in achieving an eco-friendlier future, making it a prominent driver of IoT adoption in the United States.
Key Market Challenges
Security and Privacy Concerns in the U.S. IoT Landscape
One of the most pressing challenges facing the United States Internet of Things (IoT) market is the ever-increasing concern over security and privacy. As IoT devices become more ubiquitous and interconnected, they create a vast attack surface that can be exploited by malicious actors. Security vulnerabilities in IoT devices and networks can lead to data breaches, unauthorized access, and even physical harm in critical applications, such as healthcare and industrial control systems. One significant issue is the lack of standardized security protocols and practices across the IoT ecosystem. Many IoT devices are manufactured with limited security measures, making them susceptible to hacking and compromise. In some cases, manufacturers prioritize cost and time-to-market over robust security, leading to devices that lack essential security features, such as regular firmware updates and secure authentication mechanisms.
Furthermore, IoT devices often collect sensitive personal and business data, raising serious privacy concerns. The mishandling or unauthorized access to this data can result in severe consequences, including identity theft and financial losses. Consumers and businesses are becoming increasingly aware of the potential risks, leading to a growing demand for improved security and privacy measures in IoT solutions. The complex regulatory landscape in the United States further compounds these challenges. IoT operates across various sectors, each subject to different regulations and standards. Harmonizing these regulations to ensure comprehensive security and privacy measures can be a formidable task.
Interoperability and Fragmentation
Interoperability and fragmentation pose significant challenges to the United States IoT market, hindering its full potential and causing complexity in IoT deployments. Interoperability refers to the ability of different IoT devices and systems to communicate and work together seamlessly. The lack of standardized communication protocols and interfaces among IoT devices often results in fragmentation, where devices from different manufacturers cannot easily exchange data or collaborate, leading to inefficiencies and limited scalability. One key issue contributing to this challenge is the proliferation of proprietary IoT ecosystems. Major technology companies often create closed ecosystems that are compatible only with their own devices and platforms. This approach can lock consumers and businesses into a specific vendor's ecosystem, limiting their flexibility and choice. The lack of interoperability between these ecosystems complicates IoT deployments, as users may struggle to integrate devices from different manufacturers into a unified system.
Additionally, the diversity of IoT applications across industries further exacerbates interoperability challenges. IoT solutions in healthcare, transportation, agriculture, and manufacturing, for example, have unique requirements and standards. Achieving seamless integration and data exchange between these disparate systems is a complex endeavor. The absence of standardized communication protocols and data formats also impedes interoperability. IoT devices often use different communication technologies, such as Wi-Fi, Bluetooth, Zigbee, LoRa, and cellular networks. Ensuring these devices can communicate with each other and share data effectively is a formidable task.
Key Market Trends
Expansion of IoT in Healthcare
The United States Internet of Things (IoT) market has witnessed significant growth in recent years, with one prominent trend being the expansion of IoT applications in the healthcare sector. IoT technology is being utilized to improve patient care, streamline operations, and enhance the overall efficiency of healthcare systems. IoT devices and sensors are being integrated into medical equipment, wearable devices, and even patients' homes to monitor health conditions in real-time. This trend has led to the development of remote patient monitoring systems, which allow healthcare providers to keep track of patients' vital signs and chronic conditions without the need for frequent in-person visits. This not only improves the quality of care but also reduces healthcare costs.
Additionally, hospitals and healthcare facilities are using IoT to manage their assets more effectively. By tagging and tracking medical equipment and supplies, healthcare providers can optimize inventory management and reduce waste. IoT-powered smart facilities are also becoming more prevalent, with features like automated temperature control, lighting, and security systems to enhance patient comfort and safety. Furthermore, pharmaceutical companies are using IoT for supply chain management, ensuring the integrity and safety of drugs and vaccines during transportation and storage. This trend in healthcare IoT is expected to continue growing as the industry recognizes the potential for improved patient outcomes and cost savings.
Industrial IoT (IIoT) Driving Manufacturing Efficiency
Another significant trend in the United States IoT market is the adoption of Industrial Internet of Things (IIoT) technologies in manufacturing and industrial sectors. IIoT is revolutionizing traditional manufacturing processes by enabling greater automation, real-time monitoring, and data-driven decision-making. Manufacturers are increasingly incorporating sensors and IoT devices into machinery and production lines to collect valuable data on equipment performance, energy usage, and product quality. This data is then analysed using advanced analytics and artificial intelligence to identify inefficiencies, predict maintenance needs, and optimize production schedules. One key aspect of IIoT is predictive maintenance, which helps manufacturers reduce downtime and minimize costly equipment breakdowns. By continuously monitoring equipment health and analyzing data patterns, manufacturers can schedule maintenance activities when necessary, preventing unexpected failures and maximizing operational efficiency.
Furthermore, IIoT plays a crucial role in supply chain management, enabling better tracking and visibility of goods throughout the production process. This enhances inventory management, reduces lead times, and minimizes excess stock, ultimately lowering costs and improving customer satisfaction. As more manufacturers recognize the benefits of IIoT in terms of cost savings, productivity improvements, and quality control, the adoption of IoT technologies in the industrial sector is expected to continue growing.
Smart Cities and Sustainable Urban Development
The concept of smart cities is gaining momentum in the United States, driving IoT adoption for urban planning and sustainable development. Smart cities leverage IoT technology to enhance the quality of life for residents, improve infrastructure, and optimize resource utilization. One aspect of this trend involves the deployment of IoT sensors and devices for traffic management, waste management, and energy efficiency. Smart traffic management systems use real-time data to reduce congestion, improve public transportation, and enhance overall mobility within cities. Smart waste management systems optimize garbage collection routes and schedules, reducing fuel consumption and emissions.
Additionally, IoT is being used to monitor and control energy consumption in buildings and public spaces. Smart lighting, heating, and cooling systems adjust automatically based on occupancy and environmental conditions, leading to significant energy savings. Moreover, IoT sensors help cities monitor air quality, detect pollution, and respond to environmental challenges more effectively. Furthermore, public safety is a critical aspect of smart cities. IoT-enabled security systems, including surveillance cameras and gunshot detection sensors, enhance law enforcement capabilities and improve emergency response times. The development of smart cities aligns with the growing emphasis on sustainability and reducing carbon footprints. As climate change and urbanization continue to be major challenges, IoT will play a pivotal role in transforming cities into more efficient, resilient, and environmentally friendly urban centers.
Segmental Insights
Platform Insights
Based on platform, the application management segment emerges as the predominant segment in the United States Internet of Things (IoT) market, exhibiting unwavering dominance projected throughout the forecast period. This steadfast dominance can be attributed to the pivotal role that application management plays in unleashing the full potential of IoT ecosystems. Application management solutions enable seamless orchestration, monitoring, and optimization of IoT applications and services, ensuring their efficient and secure operation. With the exponential growth of IoT devices and applications across industries such as healthcare, manufacturing, transportation, and smart cities, the need for robust and scalable application management platforms has become paramount. As organizations seek to harness the transformative power of IoT to drive efficiency, enhance customer experiences, and gain competitive advantage, the application management segment will continue to thrive, cementing its status as the linchpin of IoT innovation and implementation in the United States.
Application Insights
Based on application, the consumer electronics segment in the United States Internet of Things (IoT) market emerges as a formidable frontrunner, exerting its dominance and shaping the market's trajectory throughout the forecast period. This segment's formidable dominance stems from the ever-expanding ecosystem of connected devices that have become an integral part of modern consumer lifestyles. From smart thermostats and wearable fitness trackers to voice-activated assistants and connected home appliances, consumer electronics have revolutionized how individuals interact with technology in their daily lives. The convenience, efficiency, and enhanced user experiences offered by IoT-enabled consumer electronics have fuelled their widespread adoption. As consumers continue to embrace these smart devices, manufacturers and innovators are actively working on enhancing interoperability, security, and user-friendliness, ensuring that the consumer electronics segment remains at the forefront of IoT advancements in the United States. Consequently, its unwavering dominance will significantly influence the IoT market's trajectory, driving innovation, and reshaping the way Americans live and interact with their connected world.
Regional Insights
West Region firmly establishes itself as a commanding presence within the United States Internet of Things (IoT) market, affirming its preeminent position, and highlighting its pivotal role in shaping the industry's course. Encompassing tech-centric states such as California, Washington, and Oregon, this region has long been a global epicenter for technological innovation. It serves as the beating heart of IoT development, housing a flourishing ecosystem of tech giants, startups, and cutting-edge research institutions. California's Silicon Valley is a hotbed of IoT activity, with companies at the forefront of hardware, software, and platform development, pushing the boundaries of what connected technologies can achieve. The West Region's dominance extends across diverse IoT applications, including smart cities, autonomous vehicles, healthcare innovation, and more. Its strategic location on the Pacific Coast also positions it favorably for IoT-related advancements in supply chain and logistics management. As a result, the West Region not only reaffirms its preeminent status within the United States IoT landscape but also plays a pivotal role in shaping the global IoT industry, setting the standard for innovation and technological progress.
Key Market Players
Microsoft Corporation
Amazon Web Services, Inc.
Google LLC
IBM Corporation
Intel Corporation
Cisco Systems, Inc.
Siemens Corporation
GE Digital
Oracle Corporation
SAP SE
Report Scope:
In this report, the United States Internet of Things (IoT) market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• United States Internet of Things (IoT) Market, By Component:
o Hardware
o Software
o Services
• United States Internet of Things (IoT) Market, By Platform:
o Device Management
o Application Management
o Network Management
o Data Management
o Others
• United States Internet of Things (IoT) Market, By Application:
o Consumer Electronics
o Smart Mobility & Transportation
o Building & Home Automation
o Connected Logistics
o Smart Retail
o Others
• United States Internet of Things (IoT) Market, By Region:
o Northeast United States
o Southwest United States
o West United States
o Southeast United States
o Midwest United States
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the United States Internet of Things (IoT) Market.
Available Customizations:
United States Internet of Things (IoT) market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on United States Internet of Things (IoT) Market
5. Voice of Customer
6. United States Internet of Things (IoT) Market Overview
7. United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Hardware, Software, and Services)
7.2.2. By Platform (Device Management, Application Management, Network Management, Data Management, and Others)
7.2.3. By Application (Consumer Electronics, Smart Mobility & Transportation, Building & Home Automation, Connected Logistics, Smart Retail, and Others)
7.2.4. By Region (Northeast, Southwest, West, Southeast, Midwest)
7.2.5. By Company (2022)
7.3. Market Map
8. Northeast United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Platform
8.2.3. By Application
9. Southwest United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Platform
9.2.3. By Application
10. West United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Platform
10.2.3. By Application
11. Southeast United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Platform
11.2.3. By Application
12. Midwest United States Internet of Things (IoT) Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Value
12.2. Market Share & Forecast
12.2.1. By Component
12.2.2. By Platform
12.2.3. By Application
13. Market Dynamics
13.1. Drivers
13.2. Challenges
14. Market Trends and Developments
15. Company Profiles
15.1. Microsoft Corporation
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Financials & Revenue
15.1.3. Key Contact Person
15.1.4. Headquarters Address
15.1.5. Key Product/Service Offered
15.2. Amazon Web Services, Inc.
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Financials & Revenue
15.2.3. Key Contact Person
15.2.4. Headquarters Address
15.2.5. Key Product/Service Offered
15.3. Google LLC
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Financials & Revenue
15.3.3. Key Contact Person
15.3.4. Headquarters Address
15.3.5. Key Product/Service Offered
15.4. IBM Corporation
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Financials & Revenue
15.4.3. Key Contact Person
15.4.4. Headquarters Address
15.4.5. Key Product/Service Offered
15.5. Intel Corporation
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Financials & Revenue
15.5.3. Key Contact Person
15.5.4. Headquarters Address
15.5.5. Key Product/Service Offered
15.6. Cisco Systems, Inc.
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Financials & Revenue
15.6.3. Key Contact Person
15.6.4. Headquarters Address
15.6.5. Key Product/Service Offered
15.7. Siemens Corporation
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Financials & Revenue
15.7.3. Key Contact Person
15.7.4. Headquarters Address
15.7.5. Key Product/Service Offered
15.8. GE Digital
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Financials & Revenue
15.8.3. Key Contact Person
15.8.4. Headquarters Address
15.8.5. Key Product/Service Offered
15.9. Oracle Corporation
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Financials & Revenue
15.9.3. Key Contact Person
15.9.4. Headquarters Address
15.9.5. Key Product/Service Offered
15.10. SAP SE
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Financials & Revenue
15.10.3. Key Contact Person
15.10.4. Headquarters Address
15.10.5. Key Product/Service Offered
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(automation)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る