世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

スマートケーブルガードシステム市場 - 世界の産業規模、シェア、動向、機会、予測、タイプ別(センサーインジェクターユニット、制御ユニット、ソフトウェア)、用途別(ヘルスケア、電力、通信、小規模産業、運輸、鉱業、農業)、地域別、競争相手別、2018年~2028年


Smart Cable Guard Systems Market - Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Type (Sensor Injector Unit, Control Unit, Software), By Application (Healthcare, Electric Power, Telecommunication, Small Industries, Transportation, Mining, Agriculture), By Region, By Competition, 2018-2028

スマートケーブルガードシステムの世界市場は、2022年に20億8000万米ドルと評価され、2028年までのCAGRは10.19%で、予測期間中に力強い成長を予測している。 スマート・ケーブル・ガード・システム市場は、配電... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
190 英語

 

サマリー

スマートケーブルガードシステムの世界市場は、2022年に20億8000万米ドルと評価され、2028年までのCAGRは10.19%で、予測期間中に力強い成長を予測している。
スマート・ケーブル・ガード・システム市場は、配電・送電ネットワーク内の電力ケーブルと送電線の継続的な監視と故障検出のために設計された先進技術の開発、製造、展開、保守を中心とする世界的な産業を指す。これらのシステムは、近代的な電力インフラに不可欠なコンポーネントであり、電力会社、送電網管理者、産業施設に配電システムの信頼性、効率性、安全性を高める機能を提供します。
スマート・ケーブル・ガード・システムは、最先端のセンサー、通信ネットワーク、およびデータ解析の組み合わせを利用して、電力ケーブルの状態を継続的に評価します。ケーブルの劣化、弱点、障害の兆候を早期に検出し、予防的なメンテナンスと、潜在的に破壊的または危険なケーブル障害の予防を可能にします。この技術主導型市場の特徴は、送電網の回復力の向上、再生可能エネルギー源の統合への対応、厳格な安全・環境規制への対応に重点を置いていることである。
スマート・ケーブル・ガード・システム市場は、堅牢な電気インフラの重要性に対する意識の高まり、エネルギー需要の増加、エネルギー・ランドスケープが進化する時代におけるグリッド・パフォーマンスの最適化の必要性によって、ダイナミックに動いています。そのため、広範なエネルギー産業の中でも重要なセクターであり、イノベーションと進歩は、世界中の消費者への信頼性の高い持続可能な電力供給を保証する上で極めて重要な役割を果たしている。
主な市場要因
電力インフラの老朽化と送電網の近代化
世界のスマート・ケーブル・ガード・システム市場は、電力インフラの老朽化に対処する緊急の必要性によって牽引されている。世界中の多くの国が、何十年も運用され、アップグレードの必要性が切迫している電力網に取り組んでいる。こうした老朽化したシステムは、障害や停電、非効率の影響を受けやすい。スマート・ケーブル・ガード・システムは、リアルタイムのモニタリングと障害検出機能を提供することで、ソリューションを提供します。公益事業者や送電網運営者は、電力網の信頼性と効率を高めるため、こうしたシステムへの投資を増やしています。
送電網が老朽化するにつれ、ケーブルの故障や停電のリスクが高まります。これは電力供給を中断させるだけでなく、大きな経済的損失にもつながります。スマート・ケーブル・ガード・システムは、部分放電 (PD) 監視や分散型温度感知 (DTS) などの高度な技術を使用して、潜在的な問題が重大な故障に拡大する前に検出します。このようなメンテナンスへの積極的なアプローチにより、ダウンタイムが短縮され、コストが削減され、より信頼性の高い電力供給が保証される。
再生可能エネルギーの統合
再生可能エネルギー源を既存の電力網に統合することも、世界のスマート・ケーブル・ガード・システム市場の重要な推進要因である。世界がより持続可能なエネルギー・ミックスへと移行するにつれ、配電システムの複雑さが増している。風力や太陽光のような再生可能エネルギー源は遠隔地にあることが多く、大規模な送電・配電ネットワークが必要となります。スマート・ケーブル・ガード・システムは、これらの電源から都市中心部への信頼性の高い送電を確保する上で重要な役割を果たしている。
再生可能エネルギー発電は断続的で予測不可能なため、送電網の安定性が課題となります。スマート・ケーブル・ガード・システムは、送電線を継続的に監視し、潜在的な問題を特定することで、この課題を軽減するのに役立ちます。ケーブルや送電線の状態に関するリアルタイムのデータを提供することで、系統運用者は再生可能エネルギー発電の変動をより効果的に管理し、系統の不安定化や停電のリスクを低減することができます。
規制強化と安全性への懸念
規制の強化と安全への懸念が、スマート・ケーブル・ガード・システムの世界的な普及を促進している。政府や規制機関は、配電網の安全性と信頼性を確保するために厳しい基準や規制を課している。このような規制により、ユーティリティ企業や送電網事業者は、高度な監視システムや故障検出システムの導入を求められることが多い。
ケーブルの故障は、火災や環境破壊を含む危険な状況につながる可能性があるため、安全面は特に重要です。スマートケーブルガードシステムは、ケーブルの障害や弱点を早期に検出し、タイムリーな修理や交換を可能にすることで、このような事故を防ぐのに役立ちます。これらの規制の遵守は、公共の安全を確保するだけでなく、ユーティリティ企業が費用のかかる罰則を回避するのにも役立つため、これらのシステムの採用は戦略上不可欠です。
エネルギー需要の増加
増え続ける世界のエネルギー需要は、スマート・ケーブル・ガード・システム市場の紛れもない原動力です。人口が増加し、産業が拡大し、都市化が進むにつれて、電力需要が急増し続けている。この増大する需要に対応するため、電力会社は既存のインフラを最適化し、ダウンタイムを削減する必要に迫られている。
スマート・ケーブル・ガード・システムにより、ユーティリティ企業は、故障の原因となる前に潜在的な問題を特定することで、ケーブルや送電線の寿命を最大限に延ばすことができます。このようなメンテナンスへの積極的なアプローチにより、より信頼性の高い電力供給が保証され、エネルギー消費の増加に伴う混乱を最小限に抑えることができます。その結果、世界中の電力会社が、増大するエネルギー需要を効率的に満たすため、これらのシステムに投資している。
技術の進歩
技術の急速な進歩は、スマート・ケーブル・ガード・システム市場の強力な推進力である。より洗練されたセンサー、通信ネットワーク、データ分析ツールの開発により、これらのシステムの能力は大幅に向上している。公益事業者や送電網運営者は、配電網の健全性と性能に関するより良い洞察を得るために、これらの技術的進歩を活用することに熱心である。
高度なセンサーと分析により、スマート・ケーブル・ガード・システムは、より正確でリアルタイムのデータを提供し、故障検出能力を向上させることができる。さらに、人工知能と機械学習アルゴリズムの統合により、これらのシステムはより高い精度で潜在的な問題を予測し、停電のリスクをさらに低減することができます。テクノロジーが進化し続けるにつれて、よりスマートで効率的なケーブル監視ソリューションへの需要が高まることが予想されます。
コスト削減と投資収益率
コスト削減と強力な投資収益率(ROI)の追求は、世界のスマート・ケーブル・ガード・システム市場の基本的な原動力です。これらのシステムには初期投資が必要ですが、長期的なメリットはコストをはるかに上回ります。ケーブルの故障を防ぎ、ダウンタイムを短縮することで、ユーティリティ企業は修理・メンテナンス費用を大幅に節約することができる。
さらに、送電網の信頼性が向上することで、顧客満足度が向上し、停電による収益損失が減少する。このような経済的インセンティブにより、電力会社や送電網運営会社は、業務を最適化し、財務パフォーマンスを向上させる戦略的手段として、スマート・ケーブル・ガード・システムへの投資を余儀なくされています。明確なROIを実証できることは、市場成長の強力な動機付けであり、成功事例が増えるにつれて、世界中で採用率が高まる可能性が高い。
結論として、世界のスマート・ケーブル・ガード・システム市場は、インフラの老朽化対策の必要性、再生可能エネルギー源の統合、規制の義務化、エネルギー需要の増加、技術の進歩、コスト削減とROIの追求など、複合的な要因によって牽引されている。これらの要因から、配電網の信頼性と効率性を確保する上で配電システムの重要性が強調され、現代のエネルギー事情において配電システムは極めて重要な要素となっている。
政府の政策が市場を促進する可能性が高い
送電網近代化への取り組み
送電網近代化への取り組みは、世界のスマートケーブルガードシステム市場を牽引する政府政策の最前線にある。多くの政府は、電力需要の増加に対応し、送電網の信頼性を向上させ、再生可能エネルギー源を効率的に取り入れるために、送電網をアップグレードして強化することの重要性を認識している。こうした目標を達成するため、各国政府は電力会社や送電網運営者にスマート・ケーブル・ガード・システムのような先進技術の採用を奨励する政策を実施している。
このような政策は、多くの場合、財政的インセンティブ、補助金、または規制要件の形で提供されます。政府は、スマート・ケーブル・ガード・システムの設置を含む、送電網近代化プロジェクトに投資する電力会社に財政支援を提供する場合があります。また、送電網の安全性と信頼性を確保するために、規制機関がこれらのシステムの統合を義務付けている場合もある。電力会社は政府のガイドラインを遵守し、プロジェクトの資金を確保しようと努力しているため、こうした取り組みはスマート・ケーブル・ガード・システム市場の成長に有利な環境を作り出している。
再生可能エネルギー統合の義務化
世界がよりクリーンで持続可能なエネルギー源へとシフトする中、再生可能エネルギーの統合を促進する政府の政策は、スマート・ケーブル・ガード・システム市場の牽引役として極めて重要な役割を果たしています。多くの政府が野心的な再生可能エネルギー目標を設定し、風力発電や太陽光発電などの再生可能技術の採用を奨励する政策を制定しています。
再生可能エネルギー源の断続的な性質に対応するため、政府は電力会社に対し、スマート・ケーブル・ガード・システムのような高度なモニタリングやグリッド管理ソリューションへの投資を求めることが多い。これらの政策は、既存の電力網への再生可能エネルギーのシームレスな統合を保証し、グリッドの不安定性を最小限に抑え、エネルギーの信頼性を高めることを目的としています。スマート・ケーブル・ガード・システムは、リアルタイムのモニタリングと障害検出機能を備えており、電力会社が再生可能エネルギーの変動性によってもたらされる課題を管理することを可能にし、再生可能エネルギー統合戦略の重要な要素となっています。
エネルギー効率規制
エネルギー効率規制は、世界のスマート・ケーブル・ガード・システム市場のもう一つの促進要因である。世界各国の政府は、エネルギー消費と温室効果ガス排出の削減に取り組んでいる。こうした目標を達成するため、政府は電力会社に対し、事業全体を通じてエネルギー効率の高い技術と慣行を導入するよう義務付ける政策を導入しています。
スマート・ケーブル・ガード・システムは、ケーブルの故障や停止を最小限に抑えることで、エネルギー効率に貢献します。送電線がよく整備され、欠陥がなければ、ダウンタイムや修理に伴うエネルギー損失は大幅に削減されます。各国政府は、配電網の全体的な効率改善におけるスマート・ケーブル・ガード・システムの役割を認識しており、その結果、その採用を奨励するために奨励金、減税、または規制要件を提供することがある。
安全および環境規制
安全および環境規制は、スマート・ケーブル・ガード・システムの採用を世界的に推進する上で最も重要である。各国政府は、配電システムに関連する危険から市民の安全を確保し、環境を保護することに取り組んでいます。ケーブルの不具合は、火災や環境破壊、公共の安全のリスクにつながる可能性があるため、政府は厳格な安全基準と環境基準を実施する必要があります。
スマートケーブルガードシステムは、ケーブルを継続的に監視し、潜在的な障害や弱点を特定することで、安全性と環境保護に貢献します。このプロアクティブなアプローチにより、ユーティリティ企業は、危険な状況に拡大する前に問題に対処することができます。政府は多くの場合、スマート・ケーブル・ガード・システムのような高度な監視システムを導入することで、ユーティリティ企業に安全および環境規制の遵守を要求します。コンプライアンス違反は、罰則や法的措置につながる可能性があるため、ユーティリティ企業は、人と環境の両方を保護するためにこれらのシステムを採用する必要があります。
研究開発資金
研究開発(R&D)資金を促進する政府の政策は、スマート・ケーブル・ガード・システムの能力を向上させるのに役立ちます。多くの政府は、エネルギー部門における技術革新の重要性を認識しており、これらのシステムの性能と効率の向上を目的とした研究開発の取り組みを支援するためのリソースを割り当てています。
補助金や助成金、研究機関との提携を通じて、政府はケーブル監視や故障検出における最先端技術の開発を奨励しています。これは技術革新に拍車をかけるだけでなく、より洗練された費用対効果の高いスマート・ケーブル・ガード・システムの構築にもつながります。これらのシステムが進化し、性能が向上するにつれて、信頼性と効率性の面で競争上の優位性があることから、世界市場での採用が加速している。
輸出促進と貿易協定
輸出促進や国際貿易協定に関連する政府の政策も、世界のスマート・ケーブル・ガード・システム市場に影響を与える。政府は、スマート・ケーブル・ガード・システムなど、国内で開発された技術の輸出を促進するためのイニシアティブをしばしば実施している。こうした取り組みには、貿易使節団、財政的インセンティブ、有利な貿易協定の交渉などが含まれる。
政府は、スマート・ケーブル・ガード・システムの輸出を支援することで、国内産業の経済成長と雇用創出を促進します。また、これらのシステムの世界的な市場拡大にも貢献し、世界中の公益事業者や送電網運営者がよりアクセスしやすくなります。さらに、国際貿易協定は貿易障壁を減らし、技術や専門知識の交換を促進し、世界規模でのスマート・ケーブル・ガード・システムの採用をさらに促進する。
結論として、送電網の近代化、再生可能エネルギーの統合、エネルギー効率化、安全・環境規制、研究開発資金、輸出促進を含む政府の政策は、世界のスマート・ケーブル・ガード・システム市場の重要な推進要因となっている。これらの政策は、エネルギーの信頼性、持続可能性、安全性を向上させるという政府の目標に合致し、これらのシステムの採用と成長に資する環境を作り出している。
主な市場課題
高い初期投資コスト
スマート・ケーブル・ガード・システムの世界市場が直面する主な課題の1つは、こうした高度な監視・故障検出システムの導入に伴う初期投資コストの高さである。スマート・ケーブル・ガード・システムは、送電網の信頼性向上、ダウンタイムの短縮、安全性の向上など、多くのメリットを提供する一方で、特に大規模なネットワークを持つ公益事業者や送電網運営者にとっては、初期投資費用が多額になる可能性があります。
スマート・ケーブル・ガード・システムの導入に関連するコストには、以下のようなさまざまなコンポーネントが含まれます:
ハードウェアとセンサー:ハードウェアとセンサー: センサー、データ収集装置、通信装置の購入と設置が初期投資に加わります。これらのコンポーネントは、電力ケーブルからリアルタイムのデータを収集し、監視ステーションに送信するために不可欠です。
ソフトウェアとデータ分析:スマート・ケーブル・ガード・システムは、センサーから収集したデータを処理・解釈するために、高度なソフトウェアとデータ分析ツールに依存しています。このソフトウェアの開発や入手は、各電力会社やグリッドオペレーターの特定のニーズに合わせる必要があるため、高額になる可能性があります。
設置と統合:スマート・ケーブル・ガード・システムの導入には、センサーの設置や通信インフラの設定に熟練した技術者が必要です。また、既存のグリッド管理システムとの統合も複雑でコストがかかります。
メンテナンスとトレーニング:継続的なメンテナンスと、システムを運用・保守する人員のトレーニングは、ユーティリティ企業が考慮しなければならない追加費用です。
多くのユーティリティ企業、特に予算が限られている企業にとって、こうした初期費用は導入の大きな障壁となる可能性がある。課題は、初期投資を行うために必要な財源を確保する一方で、運用コストの削減や信頼性の向上といった長期的なメリットが初期資本支出を上回るようにすることにある。
この課題に対処するため、政府、業界団体、金融機関は、電力会社にスマート・ケーブル・ガード・システムへの投資を奨励するインセンティブ、助成金、融資オプションを提供する必要があるかもしれない。さらに、テクノロジー・プロバイダは、これらのシステムをより幅広いユーティリティ企業やグリッド・オペレータが利用できるようにするため、より費用対効果の高いソリューションの開発に取り組むことができます。
従来のインフラとの統合
世界のスマート・ケーブル・ガード・システム市場におけるもう一つの重要な課題は、これらの先進技術と従来のインフラとの統合である。世界中の多くの配電網は何十年も運用されており、スマート・ケーブル・ガード・システムが提供する高度なモニタリング機能に対応するようには設計されていない。
統合の課題には、いくつかの側面がある:
互換性:互換性:レガシーインフラストラクチャでは、最新のスマートケーブルガードシステムと互換性のない旧式の通信プロトコルや機器を使用している場合があります。新しい監視装置と既存のグリッド・コンポーネント間のシームレスな通信を確保することは、技術的に複雑な場合があります。
データ統合:スマート・ケーブル・ガード・システムは膨大な量のデータを生成するため、このデータを既存のグリッド管理システムに統合することは困難です。ユーティリティ事業者は、収集した情報の意味を理解し、意思決定に効果的に使用するためのデータ統合戦略を策定する必要があります。
サイバーセキュリティ:スマート・ケーブル・ガード・システムは通信ネットワークに接続されているため、サイバー攻撃の標的となる可能性がある。レガシーインフラに統合されたこれらのシステムのサイバーセキュリティを確保することは、重要な問題である。
運用の変更:新しい技術を統合するには、運用プロセスやワークフローの変更が必要になることが多い。また、スマート・ケーブル・ガード・システムの機能を十分に活用するためには、運用方法を調整する必要があります。
改造コスト:スマート・ケーブル・ガード・システムに対応するためにレガシー・インフラストラクチャを改修するには、費用と時間がかかります。このコストは、予算が限られていたり、運用スケジュールがタイトな電力会社にとっては障壁となる可能性があります。
統合の課題に対処するには、慎重な計画、テクノロジー・プロバイダーとユーティリティ企業の協力、互換性を確保するための標準化されたプロトコルとインターフェースの開発が必要です。また電力会社は、必要な投資を正当化するために、グリッドの信頼性向上やメンテナンスコストの削減など、統合による長期的なメリットも考慮しなければならない。さらに、政府や業界の利害関係者は、スマートケーブルガードシステムと従来のインフラとの統合を促進するためのガイダンス、標準、インセンティブを提供する役割を果たすことができ、最終的には世界規模でこれらのシステムの採用を促進することができます。
セグメント別の洞察
センサーインジェクターユニットの洞察
センサーインジェクターユニットは、2022年に最大の市場シェアを占め、予測期間中もそのシェアを維持する見込みである。センサーインジェクターユニットは、電力ケーブルや送電線に物理的にセンサーを設置する役割を担っている。これらのセンサーは、温度変化や部分放電の検出など、ケーブルの状態に関連するデータを継続的に収集する。データ収集の質と精度は、スマート・ケーブル・ガード・システムの全体的な有効性にとって不可欠です。そのため、センサー・インジェクター・ユニットはデータ収集のバックボーンとして機能します。スマート・ケーブル・ガード・システムは、電力ケーブルの健全性と状態を監視するリアルタイム・データに依存しています。センサー・インジェクター・ユニットの継続的な最新情報の提供能力は、障害の早期発見とタイムリーなメンテナンスに不可欠です。リアルタイムのモニタリングは、電力会社や送電網運用者が潜在的な問題に迅速に対応し、ダウンタイムを最小限に抑え、送電網の信頼性を向上させることができるため、高く評価されています。センサーインジェクターユニットは、ケーブルの状態を継続的に監視することで、ユーティリティ企業がプロアクティブなメンテナンスアプローチを採用することを可能にします。このプロアクティブメンテナンスは、ケーブルの故障を防ぎ、修理コストを削減することができるため、送電網運営者にとって費用対効果の高いソリューションとなります。正確なデータに基づく予防措置は、ケーブルの寿命を延ばし、費用のかかる交換の必要性を低減します。効果的なセンサーインジェクターユニットを備えたスマートケーブルガードシステムは、ユーティリティ企業に実用的な洞察を提供し、リソースをより効率的に割り当てることができます。ユーティリティ企業は、収集したデータに基づいてメンテナンスの優先順位を付け、早急な対応が必要なケーブルや送電線に焦点を当てることができます。このアプローチは、リソースの利用を最適化し、全体的なグリッド管理を強化します。
電気通信の洞察
電気通信分野は2022年に最大の市場シェアを占め、予測期間中も急成長が見込まれている。通信会社は、顧客に通信サービスを提供するために、信頼性が高く中断のないネットワーク・インフラに大きく依存している。ダウンタイムやサービスの中断は、大きな財務的損失や評判の低下につながります。スマート・ケーブル・ガード・システムは、リアルタイムのモニタリングと障害検出機能を提供するため、通信会社はサービスの中断につながる前にケーブルの問題に積極的に対処することができます。通信ケーブルの品質と性能は、高速インターネット、音声、およびデータ・サービスを確実に提供するために不可欠です。スマートケーブルガードシステムは、ケーブルの状態を継続的に監視し、潜在的な障害や劣化を検出することができます。このプロアクティブなアプローチにより、通信会社はケーブルの品質を維持し、サービス停止を最小限に抑え、顧客満足度を向上させることができます。ケーブルの障害やサービスの中断は、修理やメンテナンスの費用だけでなく、顧客の不満による潜在的な収益の損失という点で、通信事業者にとって大きな負担となります。スマート・ケーブル・ガード・システムに投資することで、電気通信事業者はネットワーク停止の頻度と期間を減らすことができ、コスト削減と業務効率の改善につながります。電気通信ネットワークは広い地域にまたがっていることが多く、広範なケーブル・ネットワークの状態を管理することは困難です。スマート・ケーブル・ガード・システムは、さまざまな規模や複雑さのネットワークに対応できるため、多様なインフラ・ニーズを持つ電気通信会社に適しています。地域によっては、通信会社はネットワークの信頼性とサービスのアップタイムに関する規制要件の対象となる場合があります。スマート・ケーブル・ガード・システムは、継続的なモニタリングとデータ駆動型のインサイトを提供し、コンプライアンスへの取り組みをサポートすることで、通信事業者がこれらの規制基準を満たすのを支援します。
地域別インサイト
北米
北米はスマートケーブルガードシステムの最大市場で、2022年の世界市場シェアの35%以上を占めている。北米市場の成長を牽引しているのは、スマートグリッド技術の採用が増加していることと、重要産業における無停電電力供給の需要が高まっていることである。
北米のスマートケーブルガードシステム市場は、米国が地域別市場シェアの90%以上を占めている。米国市場の成長を牽引しているのは、公益事業者によるスマートグリッド技術の採用の増加と、医療、IT、通信などの重要産業における無停電電力供給に対する需要の高まりである。
欧州
欧州はスマート・ケーブル・ガード・システムで2番目に大きな市場を占めており、2022年の世界市場シェアの25%以上を占めている。欧州の市場成長の原動力となっているのは、電気ネットワークインフラの老朽化とスマートグリッド技術への投資の増加である。
欧州のスマートケーブルガードシステム市場は、ドイツ、イギリス、フランスが牽引している。欧州市場の成長を牽引しているのは、電気ネットワークインフラの老朽化が進んでいることと、電力会社によるスマートグリッド技術への投資が増加していることである。
アジア太平洋地域
アジア太平洋地域は、スマート・ケーブル・ガード・システムの第3位の市場であり、2022年の世界市場シェアの20%以上を占めている。アジア太平洋地域の市場成長は、電力・通信セクターの急成長とスマートグリッド技術への投資の増加によって牽引されている。
アジア太平洋地域のスマートケーブルガードシステム市場は、中国、日本、インドが支配的である。アジア太平洋地域の市場成長の原動力となっているのは、電力・通信分野の急成長と、公益事業者によるスマートグリッド技術への投資の増加である。
主要市場プレイヤー
ABB社
シーメンス
GEグリッド・ソリューションズ
シュナイダーエレクトリック
DNVグループAS
オミクロン・エレクトロニクス
プリスミアンS.p.A.
ネクサンスS.A.
NKT A/S
レポートの範囲
本レポートでは、スマートケーブルガードシステムの世界市場を以下のカテゴリに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- スマートケーブルガードシステム市場、タイプ別
o センサーインジェクターユニット
o 制御ユニット
o ソフトウェア
- スマートケーブルガードシステム市場、用途別
o ヘルスケア
o 電力
o 電気通信
o 小規模産業
o 輸送
o 鉱業
o 農業
- スマートケーブルガードシステム市場、地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o ヨーロッパ
 フランス
 イギリス
 イタリア
 ドイツ
 スペイン
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 オーストラリア
 韓国
南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
o 中東・アフリカ
 南アフリカ
 サウジアラビア
 UAE
 クウェート
 トルコ
競争状況
企業プロフィール:スマートケーブルガードシステムの世界市場における主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ:
Tech Sci Research社は、与えられた市場データをもとに、スマートケーブルガードシステムの世界市場レポートを作成し、企業固有のニーズに合わせたカスタマイズを提供しています。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Voice of Customer
5. Global Smart Cable Guard Systems Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Sensor Injector Unit, Control Unit, Software),
5.2.2. By Application (Healthcare, Electric Power, Telecommunication, Small Industries, Transportation, Mining, Agriculture),
5.2.3. By Region
5.2.4. By Company (2022)
5.3. Market Map
6. North America Smart Cable Guard Systems Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By Application
6.2.3. By Country
6.3. North America: Country Analysis
6.3.1. United States Smart Cable Guard Systems Market Outlook
6.3.1.1. Market Size & Forecast
6.3.1.1.1. By Value
6.3.1.2. Market Share & Forecast
6.3.1.2.1. By Type
6.3.1.2.2. By Application
6.3.2. Canada Smart Cable Guard Systems Market Outlook
6.3.2.1. Market Size & Forecast
6.3.2.1.1. By Value
6.3.2.2. Market Share & Forecast
6.3.2.2.1. By Type
6.3.2.2.2. By Application
6.3.3. Mexico Smart Cable Guard Systems Market Outlook
6.3.3.1. Market Size & Forecast
6.3.3.1.1. By Value
6.3.3.2. Market Share & Forecast
6.3.3.2.1. By Type
6.3.3.2.2. By Application
7. Europe Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Application
7.2.3. By Country
7.3. Europe: Country Analysis
7.3.1. Germany Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Type
7.3.1.2.2. By Application
7.3.2. United Kingdom Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Type
7.3.2.2.2. By Application
7.3.3. Italy Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecast
7.3.3.2.1. By Type
7.3.3.2.2. By Application
7.3.4. France Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.3.4.1. Market Size & Forecast
7.3.4.1.1. By Value
7.3.4.2. Market Share & Forecast
7.3.4.2.1. By Type
7.3.4.2.2. By Application
7.3.5. Spain Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.3.5.1. Market Size & Forecast
7.3.5.1.1. By Value
7.3.5.2. Market Share & Forecast
7.3.5.2.1. By Type
7.3.5.2.2. By Application
8. Asia-Pacific Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Application
8.2.3. By Country
8.3. Asia-Pacific: Country Analysis
8.3.1. China Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Type
8.3.1.2.2. By Application
8.3.2. India Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Type
8.3.2.2.2. By Application
8.3.3. Japan Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Type
8.3.3.2.2. By Application
8.3.4. South Korea Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Type
8.3.4.2.2. By Application
8.3.5. Australia Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Type
8.3.5.2.2. By Application
9. South America Smart Cable Guard Systems Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Application
9.2.3. By Country
9.3. South America: Country Analysis
9.3.1. Brazil Smart Cable Guard Systems Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Type
9.3.1.2.2. By Application
9.3.2. Argentina Smart Cable Guard Systems Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Type
9.3.2.2.2. By Application
9.3.3. Colombia Smart Cable Guard Systems Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Type
9.3.3.2.2. By Application
10. Middle East and Africa Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By Application
10.2.3. By Country
10.3. MEA: Country Analysis
10.3.1. South Africa Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Type
10.3.1.2.2. By Application
10.3.2. Saudi Arabia Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Type
10.3.2.2.2. By Application
10.3.3. UAE Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Type
10.3.3.2.2. By Application
10.3.4. Kuwait Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Type
10.3.4.2.2. By Application
10.3.5. Turkey Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Type
10.3.5.2.2. By Application
11. Market Dynamics
12. Market Trends & Developments
13. Company Profiles
13.1. ABB Ltd
13.1.1. Business Overview
13.1.2. Key Revenue and Financials
13.1.3. Recent Developments
13.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.1.5. Key Product/Services Offered
13.2. Siemens Ag
13.2.1. Business Overview
13.2.2. Key Revenue and Financials
13.2.3. Recent Developments
13.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.2.5. Key Product/Services Offered
13.3. GE Grid Solutions
13.3.1. Business Overview
13.3.2. Key Revenue and Financials
13.3.3. Recent Developments
13.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.3.5. Key Product/Services Offered
13.4. Schneider Electric Company
13.4.1. Business Overview
13.4.2. Key Revenue and Financials
13.4.3. Recent Developments
13.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.4.5. Key Product/Services Offered
13.5. DNV Group AS
13.5.1. Business Overview
13.5.2. Key Revenue and Financials
13.5.3. Recent Developments
13.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.5.5. Key Product/Services Offered
13.6. OMICRON electronics
13.6.1. Business Overview
13.6.2. Key Revenue and Financials
13.6.3. Recent Developments
13.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.6.5. Key Product/Services Offered
13.7. Prysmian S.p.A.
13.7.1. Business Overview
13.7.2. Key Revenue and Financials
13.7.3. Recent Developments
13.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.7.5. Key Product/Services Offered
13.8. Nexans S.A.
13.8.1. Business Overview
13.8.2. Key Revenue and Financials
13.8.3. Recent Developments
13.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.8.5. Key Product/Services Offered
13.9. NKT A/S
13.9.1. Business Overview
13.9.2. Key Revenue and Financials
13.9.3. Recent Developments
13.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.9.5. Key Product/Services Offered
14. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Smart Cable Guard Systems Market was valued at USD 2.08 billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 10.19% through 2028.
The Smart Cable Guard Systems market refers to the global industry centered around the development, manufacturing, deployment, and maintenance of advanced technologies designed for the continuous monitoring and fault detection of power cables and transmission lines within electrical distribution and transmission networks. These systems are integral components of modern electricity infrastructure, offering utilities, grid operators, and industrial facilities the capability to enhance the reliability, efficiency, and safety of their power distribution systems.
Smart Cable Guard Systems utilize a combination of cutting-edge sensors, communication networks, and data analytics to continuously assess the condition of power cables. They detect early signs of degradation, weaknesses, or faults in the cables, enabling proactive maintenance and the prevention of potentially disruptive or hazardous cable failures. This technology-driven market is characterized by its focus on improving grid resilience, accommodating the integration of renewable energy sources, and complying with stringent safety and environmental regulations.
The Smart Cable Guard Systems market is dynamic, driven by a growing awareness of the importance of robust electrical infrastructure, increasing energy demands, and the imperative to optimize grid performance in an era of evolving energy landscapes. As such, it represents a critical sector within the broader energy industry, with innovations and advancements playing a pivotal role in ensuring the reliable and sustainable delivery of electricity to consumers worldwide.
Key Market Drivers
Aging Power Infrastructure and Grid Modernization
The global Smart Cable Guard Systems market is being driven by the urgent need to address aging power infrastructure. Many countries around the world are grappling with power grids that have been in operation for decades and are in dire need of upgrades. These aging systems are susceptible to faults, outages, and inefficiencies. Smart Cable Guard Systems offer a solution by providing real-time monitoring and fault detection capabilities. Utilities and grid operators are increasingly investing in these systems to enhance the reliability and efficiency of their power networks.
As power grids age, the risk of cable failures and outages increases. This not only disrupts power supply but also results in significant economic losses. Smart Cable Guard Systems use advanced technologies such as Partial Discharge (PD) monitoring and Distributed Temperature Sensing (DTS) to detect potential issues before they escalate into major failures. This proactive approach to maintenance reduces downtime, saves costs, and ensures a more reliable power supply, which is a key driver for the market's growth.
Renewable Energy Integration
The integration of renewable energy sources into the existing power grid is another significant driver of the global Smart Cable Guard Systems market. As the world transitions towards a more sustainable energy mix, the complexity of power distribution systems increases. Renewable sources like wind and solar are often located in remote areas, requiring extensive transmission and distribution networks. Smart Cable Guard Systems play a crucial role in ensuring the reliable transmission of power from these sources to urban centers.
Renewable energy generation can be intermittent and unpredictable, making grid stability a challenge. Smart Cable Guard Systems help mitigate this challenge by continuously monitoring the transmission lines and identifying potential issues. By providing real-time data on the condition of cables and power lines, these systems enable grid operators to manage fluctuations in renewable energy generation more effectively, reducing the risk of grid instability and blackouts.
Regulatory Mandates and Safety Concerns
Increasing regulatory mandates and safety concerns are driving the adoption of Smart Cable Guard Systems globally. Governments and regulatory bodies are imposing stringent standards and regulations to ensure the safety and reliability of power distribution networks. These regulations often require utilities and grid operators to implement advanced monitoring and fault detection systems.
The safety aspect is particularly crucial, as cable failures can lead to hazardous situations, including fires and environmental damage. Smart Cable Guard Systems help prevent such incidents by detecting cable faults and weaknesses early on, allowing for timely repairs or replacements. Compliance with these regulations not only ensures public safety but also helps utilities avoid costly penalties, making the adoption of these systems a strategic imperative.
Increasing Energy Demand
The ever-increasing global energy demand is an undeniable driver of the Smart Cable Guard Systems market. As populations grow, industries expand, and urbanization continues, the demand for electricity continues to surge. To meet this growing demand, utilities are under pressure to optimize their existing infrastructure and reduce downtime.
Smart Cable Guard Systems enable utilities to maximize the lifespan of their cables and transmission lines by identifying potential issues before they cause failures. This proactive approach to maintenance ensures a more reliable power supply and minimizes disruptions in the face of rising energy consumption. As a result, utilities worldwide are investing in these systems to meet the escalating energy demand efficiently.
Technological Advancements
The rapid advancement of technology is a compelling driver for the Smart Cable Guard Systems market. The development of more sophisticated sensors, communication networks, and data analytics tools has significantly enhanced the capabilities of these systems. Utilities and grid operators are keen to leverage these technological advancements to gain better insights into the health and performance of their power distribution networks.
Advanced sensors and analytics enable Smart Cable Guard Systems to provide more accurate and real-time data, improving fault detection capabilities. Moreover, the integration of artificial intelligence and machine learning algorithms allows these systems to predict potential issues with greater accuracy, further reducing the risk of outages. As the technology continues to evolve, the demand for smarter and more efficient cable monitoring solutions is expected to grow.
Cost Savings and Return on Investment
The pursuit of cost savings and a strong return on investment (ROI) is a fundamental driver of the global Smart Cable Guard Systems market. While these systems require an initial investment, their long-term benefits far outweigh the costs. By preventing cable failures and reducing downtime, utilities can save substantial amounts of money in repair and maintenance expenses.
Furthermore, the improved reliability of power grids leads to increased customer satisfaction and reduced revenue losses due to outages. These financial incentives are compelling utilities and grid operators to invest in Smart Cable Guard Systems as a strategic measure to optimize their operations and enhance their financial performance. The ability to demonstrate a clear ROI is a powerful motivator for market growth, and as more success stories emerge, adoption rates are likely to increase across the globe.
In conclusion, the global Smart Cable Guard Systems market is being driven by a combination of factors, including the need to address aging infrastructure, the integration of renewable energy sources, regulatory mandates, increasing energy demand, technological advancements, and the pursuit of cost savings and ROI. These drivers collectively underscore the importance of these systems in ensuring the reliability and efficiency of power distribution networks, making them a critical component of the modern energy landscape.
Government Policies are Likely to Propel the Market
Grid Modernization Initiatives
Grid modernization initiatives are at the forefront of government policies driving the global Smart Cable Guard Systems market. Many governments recognize the importance of upgrading and enhancing their power grids to meet the increasing demands for electricity, improve grid reliability, and incorporate renewable energy sources efficiently. To achieve these goals, governments are implementing policies that encourage utilities and grid operators to adopt advanced technologies like Smart Cable Guard Systems.
These policies often come in the form of financial incentives, grants, or regulatory requirements. Governments may offer financial support to utilities that invest in grid modernization projects, including the installation of Smart Cable Guard Systems. In some cases, regulatory bodies mandate the integration of these systems to ensure the safety and reliability of the power grid. These initiatives create a favorable environment for the growth of the Smart Cable Guard Systems market, as utilities strive to comply with government guidelines and secure funding for their projects.
Renewable Energy Integration Mandates
As the world shifts towards cleaner and more sustainable energy sources, government policies promoting the integration of renewable energy play a pivotal role in driving the Smart Cable Guard Systems market. Many governments have set ambitious renewable energy targets and enacted policies that encourage the adoption of renewable technologies, such as wind and solar power.
To accommodate the intermittent nature of renewable energy sources, governments often require utilities to invest in advanced monitoring and grid management solutions like Smart Cable Guard Systems. These policies aim to ensure the seamless integration of renewables into the existing power grid, minimize grid instability, and enhance energy reliability. Smart Cable Guard Systems, with their real-time monitoring and fault detection capabilities, enable utilities to manage the challenges posed by renewable energy variability, making them a crucial component of renewable energy integration strategies.
Energy Efficiency Regulations
Energy efficiency regulations are another driver of the global Smart Cable Guard Systems market. Governments worldwide are committed to reducing energy consumption and greenhouse gas emissions. To achieve these objectives, they introduce policies that mandate utilities to implement energy-efficient technologies and practices throughout their operations.
Smart Cable Guard Systems contribute to energy efficiency by minimizing cable failures and outages. When power lines are well-maintained and free from defects, the energy losses associated with downtime and repairs are significantly reduced. Governments recognize the role of Smart Cable Guard Systems in improving the overall efficiency of power distribution networks, and as a result, they may offer incentives, tax breaks, or regulatory requirements to encourage their adoption.
Safety and Environmental Regulations
Safety and environmental regulations are paramount in driving the adoption of Smart Cable Guard Systems globally. Governments are committed to ensuring the safety of their citizens and protecting the environment from hazards related to power distribution systems. Cable failures can result in fires, environmental damage, and public safety risks, making it imperative for governments to enforce strict safety and environmental standards.
Smart Cable Guard Systems contribute to safety and environmental protection by continuously monitoring cables and identifying potential faults or weaknesses. This proactive approach enables utilities to address issues before they escalate into hazardous situations. Governments often require utilities to comply with safety and environmental regulations by implementing advanced monitoring systems like Smart Cable Guard Systems. Non-compliance can lead to penalties and legal consequences, motivating utilities to adopt these systems to safeguard both people and the environment.
Research and Development Funding
Government policies that promote research and development (R&D) funding are instrumental in advancing the capabilities of Smart Cable Guard Systems. Many governments recognize the importance of innovation in the energy sector and allocate resources to support R&D efforts aimed at improving the performance and efficiency of these systems.
Through grants, subsidies, and partnerships with research institutions, governments encourage the development of cutting-edge technologies in cable monitoring and fault detection. This not only spurs innovation but also leads to the creation of more sophisticated and cost-effective Smart Cable Guard Systems. As these systems evolve and become more capable, their adoption in the global market is accelerated, driven by the competitive advantage they offer in terms of reliability and efficiency.
Export Promotion and Trade Agreements
Government policies related to export promotion and international trade agreements also influence the global Smart Cable Guard Systems market. Governments often engage in initiatives to promote the export of domestically developed technologies, including Smart Cable Guard Systems. These initiatives include trade missions, financial incentives, and the negotiation of favorable trade agreements.
By supporting the export of Smart Cable Guard Systems, governments stimulate economic growth and job creation in their domestic industries. They also help expand the global market reach of these systems, making them more accessible to utilities and grid operators worldwide. Additionally, international trade agreements can reduce trade barriers and facilitate the exchange of technology and expertise, further driving the adoption of Smart Cable Guard Systems on a global scale.
In conclusion, government policies, encompassing grid modernization, renewable energy integration, energy efficiency, safety and environmental regulations, research and development funding, and export promotion, are significant drivers of the global Smart Cable Guard Systems market. These policies create a conducive environment for the adoption and growth of these systems, aligning with governments' objectives of enhancing energy reliability, sustainability, and safety.
Key Market Challenges
High Initial Investment Costs
One of the primary challenges facing the global Smart Cable Guard Systems market is the high initial investment costs associated with deploying these advanced monitoring and fault detection systems. While Smart Cable Guard Systems offer numerous benefits, including enhanced grid reliability, reduced downtime, and improved safety, the upfront expenses can be substantial, especially for utilities and grid operators with extensive networks.
The costs associated with implementing Smart Cable Guard Systems encompass various components, including:
Hardware and Sensors: The purchase and installation of sensors, data acquisition equipment, and communication devices add to the initial investment. These components are crucial for collecting real-time data from the power cables and transmitting it to monitoring stations.
Software and Data Analytics: Smart Cable Guard Systems rely on sophisticated software and data analytics tools to process and interpret the data collected from the sensors. Developing or acquiring this software can be expensive, as it needs to be tailored to the specific needs of each utility or grid operator.
Installation and Integration: Deploying Smart Cable Guard Systems requires skilled technicians to install the sensors and set up the communication infrastructure. Integration with existing grid management systems can also be complex and costly.
Maintenance and Training: Ongoing maintenance and training of personnel to operate and maintain the systems are additional expenses that utilities must consider.
For many utilities, especially those with limited budgets, these upfront costs can be a significant barrier to adoption. The challenge lies in finding the financial resources necessary to make the initial investment while ensuring that the long-term benefits, such as reduced operational costs and improved reliability, outweigh the initial capital outlay.
To address this challenge, governments, industry associations, and financial institutions may need to provide incentives, grants, or financing options to encourage utilities to invest in Smart Cable Guard Systems. Additionally, technology providers can work on developing more cost-effective solutions to make these systems more accessible to a broader range of utilities and grid operators.
Integration with Legacy Infrastructure
Another significant challenge in the global Smart Cable Guard Systems market is the integration of these advanced technologies with legacy infrastructure. Many power distribution networks around the world have been in operation for decades and were not originally designed to accommodate the sophisticated monitoring capabilities offered by Smart Cable Guard Systems.
The integration challenge encompasses several aspects:
Compatibility: Legacy infrastructure may use outdated communication protocols or equipment that is not easily compatible with modern Smart Cable Guard Systems. Ensuring seamless communication between new monitoring equipment and existing grid components can be technically complex.
Data Integration: Smart Cable Guard Systems generate vast amounts of data, and integrating this data into existing grid management systems can be challenging. Utilities need to develop data integration strategies to make sense of the information collected and use it effectively for decision-making.
Cybersecurity: As Smart Cable Guard Systems are connected to communication networks, they become potential targets for cyberattacks. Ensuring the cybersecurity of these systems when integrated into legacy infrastructure is a critical concern.
Operational Changes: Integrating new technologies often requires changes in operational processes and workflows. Utility personnel need to be trained to use the systems effectively, and operational practices may need to be adjusted to leverage the capabilities of Smart Cable Guard Systems fully.
Cost of Retrofitting: Retrofitting legacy infrastructure to accommodate Smart Cable Guard Systems can be expensive and time-consuming. This cost can be a barrier for utilities with limited budgets or tight operational schedules.
Addressing the integration challenge requires careful planning, collaboration between technology providers and utilities, and the development of standardized protocols and interfaces to ensure compatibility. Utilities must also consider the long-term benefits of integration, such as improved grid reliability and reduced maintenance costs, to justify the investments required. Additionally, governments and industry stakeholders can play a role in providing guidance, standards, and incentives to facilitate the integration of Smart Cable Guard Systems with legacy infrastructure, ultimately advancing the adoption of these systems on a global scale.
Segmental Insights
Sensor Injector Unit Insights
The Sensor Injector Unit segment held the largest market share in 2022 & expected to maintain it in the forecast period. The Sensor Injector Unit is responsible for physically placing sensors on power cables and transmission lines. These sensors continuously collect data related to cable conditions, including temperature variations and the detection of partial discharges. The quality and accuracy of data collection are essential for the overall effectiveness of Smart Cable Guard Systems. Therefore, the Sensor Injector Unit serves as the backbone of data acquisition. Smart Cable Guard Systems rely on real-time data to monitor the health and condition of power cables. The Sensor Injector Unit's ability to provide continuous, up-to-date information is crucial for early fault detection and timely maintenance. Real-time monitoring is highly valued by utilities and grid operators as it enables them to respond quickly to potential issues, minimizing downtime and improving grid reliability. By continuously monitoring cable conditions, Sensor Injector Units enable utilities to adopt a proactive approach to maintenance. This proactive maintenance can help prevent cable failures and reduce repair costs, making it a cost-effective solution for grid operators. Preventive measures based on accurate data can extend the lifespan of cables, reducing the need for costly replacements. Smart Cable Guard Systems with effective Sensor Injector Units can provide utilities with actionable insights, allowing them to allocate resources more efficiently. Utilities can prioritize maintenance efforts based on the data collected, focusing on cables and transmission lines that require immediate attention. This approach optimizes resource utilization and enhances overall grid management.
Telecommunication Insights
The Telecommunication segment held the largest market share in 2022 and is projected to experience rapid growth during the forecast period. Telecommunication companies rely heavily on a dependable and uninterrupted network infrastructure to provide communication services to their customers. Any downtime or service interruption can result in significant financial losses and damage to their reputation. Smart Cable Guard Systems offer real-time monitoring and fault detection capabilities, allowing telecom companies to proactively address cable issues before they lead to service disruptions. The quality and performance of communication cables are critical to ensuring the delivery of high-speed internet, voice, and data services. Smart Cable Guard Systems can continuously monitor cable conditions, detecting potential faults or degradation. This proactive approach helps telecom companies maintain cable quality and minimize service outages, improving customer satisfaction. Cable failures and service disruptions can be costly for telecom operators in terms of repair and maintenance expenses, as well as potential revenue losses due to customer dissatisfaction. By investing in Smart Cable Guard Systems, telecom companies can reduce the frequency and duration of network outages, resulting in cost savings and improved operational efficiency. Telecom networks often span large geographical areas, and managing the condition of their extensive cable networks can be challenging. Smart Cable Guard Systems can scale to accommodate networks of various sizes and complexities, making them suitable for telecom companies with diverse infrastructure needs. In some regions, telecom companies may be subject to regulatory requirements related to network reliability and service uptime. Smart Cable Guard Systems can help telecom operators meet these regulatory standards by providing continuous monitoring and data-driven insights to support compliance efforts.
Regional Insights
North America
North America held the largest market for Smart Cable Guard Systems, accounting for over 35% of the global market share in 2022. The growth of the market in North America is being driven by the increasing adoption of smart grid technologies and the rising demand for uninterrupted power supply in critical industries.
The North American Smart Cable Guard Systems market is dominated by the United States, which accounts for over 90% of the regional market share. The growth of the market in the United States is being driven by the increasing adoption of smart grid technologies by utilities and the rising demand for uninterrupted power supply in critical industries such as healthcare, IT, and telecom.
Europe
Europe held the second-largest market for Smart Cable Guard Systems, accounting for over 25% of the global market share in 2022. The growth of the market in Europe is being driven by the growing aging electrical network infrastructure and the increasing investments in smart grid technologies.
The European Smart Cable Guard Systems market is led by Germany, the United Kingdom, and France. The growth of the market in Europe is being driven by the growing aging electrical network infrastructure and the increasing investments in smart grid technologies by utilities.
Asia-Pacific
Asia-Pacific held the third-largest market for Smart Cable Guard Systems, accounting for over 20% of the global market share in 2022. The growth of the market in Asia-Pacific is being driven by the rapid growth of the power and telecommunications sectors and the increasing investments in smart grid technologies.
The Asia-Pacific Smart Cable Guard Systems market is dominated by China, Japan, and India. The growth of the market in Asia-Pacific is being driven by the rapid growth of the power and telecommunications sectors and the increasing investments in smart grid technologies by utilities.
Key Market Players
ABB Ltd
Siemens Ag
GE Grid Solutions
Schneider Electric Company
DNV Group AS
OMICRON electronics
Prysmian S.p.A.
Nexans S.A.
NKT A/S
Report Scope:
In this report, the Global Smart Cable Guard Systems Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Smart Cable Guard Systems Market, By Type:
o Sensor Injector Unit
o Control Unit
o Software
• Smart Cable Guard Systems Market, By Application:
o Healthcare
o Electric Power
o Telecommunication
o Small Industries
o Transportation
o Mining
o Agriculture
• Smart Cable Guard Systems Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 France
 United Kingdom
 Italy
 Germany
 Spain
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 Australia
 South Korea
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
o Middle East & Africa
 South Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 Kuwait
 Turkey
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Smart Cable Guard Systems Market.
Available Customizations:
Global Smart Cable Guard Systems market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Voice of Customer
5. Global Smart Cable Guard Systems Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Sensor Injector Unit, Control Unit, Software),
5.2.2. By Application (Healthcare, Electric Power, Telecommunication, Small Industries, Transportation, Mining, Agriculture),
5.2.3. By Region
5.2.4. By Company (2022)
5.3. Market Map
6. North America Smart Cable Guard Systems Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By Application
6.2.3. By Country
6.3. North America: Country Analysis
6.3.1. United States Smart Cable Guard Systems Market Outlook
6.3.1.1. Market Size & Forecast
6.3.1.1.1. By Value
6.3.1.2. Market Share & Forecast
6.3.1.2.1. By Type
6.3.1.2.2. By Application
6.3.2. Canada Smart Cable Guard Systems Market Outlook
6.3.2.1. Market Size & Forecast
6.3.2.1.1. By Value
6.3.2.2. Market Share & Forecast
6.3.2.2.1. By Type
6.3.2.2.2. By Application
6.3.3. Mexico Smart Cable Guard Systems Market Outlook
6.3.3.1. Market Size & Forecast
6.3.3.1.1. By Value
6.3.3.2. Market Share & Forecast
6.3.3.2.1. By Type
6.3.3.2.2. By Application
7. Europe Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Application
7.2.3. By Country
7.3. Europe: Country Analysis
7.3.1. Germany Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Type
7.3.1.2.2. By Application
7.3.2. United Kingdom Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Type
7.3.2.2.2. By Application
7.3.3. Italy Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecast
7.3.3.2.1. By Type
7.3.3.2.2. By Application
7.3.4. France Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.3.4.1. Market Size & Forecast
7.3.4.1.1. By Value
7.3.4.2. Market Share & Forecast
7.3.4.2.1. By Type
7.3.4.2.2. By Application
7.3.5. Spain Smart Cable Guard Systems Market Outlook
7.3.5.1. Market Size & Forecast
7.3.5.1.1. By Value
7.3.5.2. Market Share & Forecast
7.3.5.2.1. By Type
7.3.5.2.2. By Application
8. Asia-Pacific Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Application
8.2.3. By Country
8.3. Asia-Pacific: Country Analysis
8.3.1. China Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Type
8.3.1.2.2. By Application
8.3.2. India Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Type
8.3.2.2.2. By Application
8.3.3. Japan Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Type
8.3.3.2.2. By Application
8.3.4. South Korea Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Type
8.3.4.2.2. By Application
8.3.5. Australia Smart Cable Guard Systems Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Type
8.3.5.2.2. By Application
9. South America Smart Cable Guard Systems Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Application
9.2.3. By Country
9.3. South America: Country Analysis
9.3.1. Brazil Smart Cable Guard Systems Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Type
9.3.1.2.2. By Application
9.3.2. Argentina Smart Cable Guard Systems Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Type
9.3.2.2.2. By Application
9.3.3. Colombia Smart Cable Guard Systems Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Type
9.3.3.2.2. By Application
10. Middle East and Africa Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By Application
10.2.3. By Country
10.3. MEA: Country Analysis
10.3.1. South Africa Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Type
10.3.1.2.2. By Application
10.3.2. Saudi Arabia Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Type
10.3.2.2.2. By Application
10.3.3. UAE Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Type
10.3.3.2.2. By Application
10.3.4. Kuwait Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Type
10.3.4.2.2. By Application
10.3.5. Turkey Smart Cable Guard Systems Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Type
10.3.5.2.2. By Application
11. Market Dynamics
12. Market Trends & Developments
13. Company Profiles
13.1. ABB Ltd
13.1.1. Business Overview
13.1.2. Key Revenue and Financials
13.1.3. Recent Developments
13.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.1.5. Key Product/Services Offered
13.2. Siemens Ag
13.2.1. Business Overview
13.2.2. Key Revenue and Financials
13.2.3. Recent Developments
13.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.2.5. Key Product/Services Offered
13.3. GE Grid Solutions
13.3.1. Business Overview
13.3.2. Key Revenue and Financials
13.3.3. Recent Developments
13.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.3.5. Key Product/Services Offered
13.4. Schneider Electric Company
13.4.1. Business Overview
13.4.2. Key Revenue and Financials
13.4.3. Recent Developments
13.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.4.5. Key Product/Services Offered
13.5. DNV Group AS
13.5.1. Business Overview
13.5.2. Key Revenue and Financials
13.5.3. Recent Developments
13.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.5.5. Key Product/Services Offered
13.6. OMICRON electronics
13.6.1. Business Overview
13.6.2. Key Revenue and Financials
13.6.3. Recent Developments
13.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.6.5. Key Product/Services Offered
13.7. Prysmian S.p.A.
13.7.1. Business Overview
13.7.2. Key Revenue and Financials
13.7.3. Recent Developments
13.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.7.5. Key Product/Services Offered
13.8. Nexans S.A.
13.8.1. Business Overview
13.8.2. Key Revenue and Financials
13.8.3. Recent Developments
13.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.8.5. Key Product/Services Offered
13.9. NKT A/S
13.9.1. Business Overview
13.9.2. Key Revenue and Financials
13.9.3. Recent Developments
13.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
13.9.5. Key Product/Services Offered
14. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(agriculture)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る