世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

北米のビデオストリーミングソフトウェア市場は、コンポーネント別(ソリューション(トランスコーディング&プロセッシング、ビデオ配信&配信、ビデオ分析、ビデオ管理、ビデオセキュリティ、その他)、サービス別(プロフェッショナル、マネージド))、ストリーミングタイプ別(ビデオオンデマンドストリーミング、ライブストリーミング)、展開タイプ別(オンプレミス、クラウド)、エンドユーザー別(ブロードキャスター、事業者&メディア、企業、教育、ヘルスケア、その他)、国別、競合別、予測&機会、2018-2028Fで区分されます。


North America Video Streaming Software Market Segmented by Component (Solutions (Transcoding & Processing, Video Delivery & Distribution, Video Analytics, Video Management, Video Security, Other), Services (Professional, Managed)), By Streaming Type (Video On-demand Streaming, Live Streaming), By Deployment Type (On-Premise, Cloud), By End User (Broadcaster, Operators & Media, Enterprises, Education, Healthcare, and Others), By Country, By Competition, Forecast & Opportunities, 2018-2028F

北米の動画ストリーミングソフトウェア市場は2022年に22.6億米ドルと評価され、予測期間中のCAGRは17.94%で成長している。北米ビデオストリーミングソフトウェア市場は、世界のデジタルエンターテインメント産業... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,400
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
128 英語

 

サマリー

北米の動画ストリーミングソフトウェア市場は2022年に22.6億米ドルと評価され、予測期間中のCAGRは17.94%で成長している。北米ビデオストリーミングソフトウェア市場は、世界のデジタルエンターテインメント産業の最前線に位置し、近年目覚ましい成長と進化を遂げている。デジタルインフラが最も発達している地域の1つである北米は、動画ストリーミングサービスやソフトウェアプロバイダにとってホットスポットとなっている。この市場の目覚ましい成功は、高速インターネットの普及、消費者の嗜好の変化、業界大手と革新的新興企業の両方による競争の激しさなど、いくつかの重要な要因に起因している。北米ビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場の爆発的成長の原動力は、人々のメディア・コンテンツ消費方法の大きな変化である。厳格なスケジュールと限られた選択肢を特徴とする従来のテレビ・サービスは、オンデマンド・ストリーミング・プラットフォームに着実に押されつつある。この変革により、視聴者は見たいものを見たいときに自由に選べるようになった。ネットフリックス、アマゾンプライムビデオ、ディズニー+といった有名どころがその先頭を走っており、コンテンツの配信方法に革命をもたらしただけでなく、エンターテインメントの概念そのものを再定義している。
さらに、COVID-19の大流行はこの傾向を加速させ、ロックダウンや社会的距離を置く措置がストリーミング・サービスへの需要の急増を促した。人々が自宅で過ごす時間が長くなったことで、ビデオストリーミングは単調な隔離生活から逃れるためのライフラインとなり、加入者の著しい増加に拍車をかけた。この前例のない成長は、市場の地位を揺るぎないものにしただけでなく、業界の順応性と回復力をも浮き彫りにした。進化する消費者の嗜好に対応するため、北米動画ストリーミング・ソフトウェア市場の企業は、ユーザー体験を向上させる最先端技術に多額の投資を行っている。高度なアルゴリズムと推薦エンジンは、パーソナライズされたコンテンツ推薦をキュレートするために採用され、視聴者の一貫した関心を確実なものにしている。4Kや8Kストリーミングを含む高解像度の追求は、一流の品質を提供するという業界のコミットメントの証である。さらに、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)技術の統合は、没入型エンターテインメントの限界を押し広げ、視聴者にまったく新しい次元のエンゲージメントを提供している。
さらに、市場は従来のエンターテインメント・コンテンツだけにとどまらない。ライブストリーミング、特にゲームやesportsの分野では、驚異的な支持を得ており、ソフトウェア開発者にとって、この急成長する視聴者に対応する新たな機会がもたらされている。さらに、ソーシャル・メディア・プラットフォームがストリーミング分野に参入し、ユーザーがライブ動画を放送することを可能にし、コミュニティへの参加と双方向性の感覚を育んでいる。エンターテインメントだけでなく、動画ストリーミング・ソフトウェアは、教育、eコマース、ヘルスケアなど、さまざまな分野に進出している。教育機関では遠隔学習にストリーミング・プラットフォームを活用し、eコマース・ビジネスでは製品のデモンストレーションや顧客エンゲージメントにライブ・ストリーミングを利用している。また、遠隔医療サービスでは、医師と患者のバーチャルな診察を促進するためにビデオストリーミングが採用され、市場の用途が大幅に拡大している。
著しい成長にもかかわらず、北米動画ストリーミング・ソフトウェア市場に課題がないわけではない。最も差し迫った問題のひとつは、サブスクリプション疲れである。市場に参入するストリーミング・プラットフォームの数が増え続ける中、消費者は複数のサブスクリプションを積み重ねることに警戒感を抱くようになっている。これに対し、様々なストリーミング・サービスをバンドルし、視聴者により費用対効果の高い便利な選択肢を提供するアグリゲーター・プラットフォームが台頭している。このような状況を乗り切るには、ソフトウェア・プロバイダは、独占コンテンツと手頃な価格の間の適切なバランスを見つける必要があります。さらに、コンテンツの違法コピーやデジタル著作権管理に関する問題も依然として残っており、知的財産やユーザーデータを保護するための強固なセキュリティ対策が必要となっている。ソフトウェア・プロバイダーは、自社の資産を保護し、消費者の信頼を維持するために、暗号化技術やコンテンツ保護メカニズムに継続的に投資している。
結論として、北米のビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場は、ダイナミックで急速に発展している分野であり、人々がデジタル・コンテンツを消費し、交流する方法を再定義している。その驚異的な成長は、技術の進歩、消費者の嗜好の変化、COVID-19の大流行がもたらした特異な状況など、さまざまな要因が絡み合っていることに起因している。競争が激化し技術革新が進むなか、北米における動画ストリーミング・ソフトウェアの将来は有望であり、さらなる成長、多様化、変革が見込まれている。同市場は今後も世界のエンターテインメント産業の中心的存在であり続け、トレンドを生み出し、限界を押し広げていくだろう。
主な市場牽引要因
ストリーミング・サービスに対する需要の増加
北米の動画ストリーミング・ソフトウェア市場は、消費者のストリーミング・サービスに対する飽くなき需要が牽引している。視聴者はオンデマンド・ストリーミング・プラットフォームが提供する利便性と柔軟性をますます好むようになっており、従来のテレビは次第にその魅力を失いつつある。高速インターネットアクセスと幅広いコンテンツの選択肢が普及したことで、加入者はケーブルテレビや衛星テレビをやめて、ネットフリックス、アマゾンプライムビデオ、Hulu、ディズニー+といったプラットフォームを好むようになっている。このような消費者行動の変化、特に若年層における変化が、ビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場の成長に拍車をかけている。ストリーミング・サービスの急速な普及は、COVID-19の流行によっても加速された。ロックダウンや社会的距離を置く措置によって、より多くの人々が娯楽、教育、コミュニケーションのためにストリーミングに依存するようになった。パンデミックはストリーミング業界の回復力を浮き彫りにした。需要の急増に対応しただけでなく、ロックダウン中も視聴者を飽きさせないよう、ウォッチ・パーティーや双方向機能などのイノベーションを導入したからだ。パンデミックが沈静化するにつれ、ストリーミングの勢いは持続し、北米動画ストリーミング・ソフトウェア市場のさらなる成長を促進すると予想される。
技術の進歩と革新
技術の進歩と継続的な技術革新は、北米動画ストリーミングソフトウェア市場の重要な促進要因である。ストリーミング・ソフトウェア・プロバイダーは、ユーザー体験を向上させ、競争力を維持するために、研究開発に継続的に投資している。高度なアルゴリズムと機械学習は、ユーザーの嗜好を分析し、パーソナライズされたコンテンツの推奨を提供するために使用され、視聴者が新しい番組や映画を発見することを容易にします。さらに、4Kや8Kストリーミングを含む高解像度の採用が普及し、視聴者に比類ない映像品質を提供している。さらに、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)技術の統合は、ストリーミング業界に新たな可能性をもたらしている。VR体験は、ユーザーが仮想世界に没入し、まったく新しい方法でコンテンツと対話することを可能にし、ARオーバーレイはデジタル情報で現実世界の体験を向上させる。これらの技術革新は、視聴者を魅了するだけでなく、ゲームや教育からバーチャルツーリズムや遠隔コラボレーションまで、動画ストリーミングソフトウェアの応用範囲を広げている。ライブストリーミングも、特にゲームやesportsの分野で目覚ましい技術的進歩を遂げている。ストリーミング・プラットフォームは現在、低遅延ストリーミング・オプションを提供し、ストリーマーと視聴者間のリアルタイムの交流を可能にしている。これにより、従来のエンターテインメントを超えたコミュニティとエンゲージメントの感覚が生まれ、熱心で情熱的な視聴者が集まっている。
多様なコンテンツカテゴリーへの拡大
北米ビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場は、従来のエンターテインメントにとどまらず、多様なコンテンツ・カテゴリーへの拡大を通じて成長を遂げている。映画やテレビ番組がストリーミング・サービスの根幹であることに変わりはないが、市場はさまざまな興味やニッチに対応した幅広いコンテンツを含むように進化している。注目すべきトレンドのひとつは、ゲームやesports分野以外でのライブストリーミングの台頭である。ソーシャル・メディア・プラットフォームはライブ・ストリーミングを採用し、ユーザーは自分のフォロワーにライブ動画を配信できるようになった。これにより、個人のソーシャルメディアとの関わり方が変化し、ライブコンテンツがオンラインエンゲージメントの不可欠な一部となっています。さらに、企業は、マーケティング目的、製品発表、顧客エンゲージメントにライブストリーミングを活用し、市場のリーチをさらに広げている。
教育は、ストリーミング・ソフトウェアが大きく進出しているもう一つの分野である。教育機関は、オンラインコースや遠隔学習体験を提供するために、ストリーミングプラットフォームを利用している。この傾向は、パンデミックの最中に勢いを増したが、パンデミック後の世界でも、教育配信の重要な手段として継続すると予想される。ヘルスケアもまた、ビデオ・ストリーミング・ソフトウェアがチャンスを生み出している分野である。遠隔医療サービスは、ストリーミング技術を活用して、医師と患者のバーチャル診察や遠隔監視を促進している。これは、医療へのアクセスを向上させるだけでなく、特にサービスが行き届いていない地域では、対面診療の必要性を減らすことにもなる。
競争環境とアグリゲーター・プラットフォーム
北米の動画ストリーミング・ソフトウェア市場の競争環境は、その成長と進化の原動力となっている。同市場は、老舗の大手から軽快な新興企業まで、多数のプレーヤーによって特徴付けられている。この競争は、コンテンツ制作と技術への革新と投資に拍車をかけ、幅広い選択肢と充実した機能で消費者に利益をもたらしている。ストリーミング・サービスの急増に対する注目すべき対応のひとつに、アグリゲーター・プラットフォームの出現がある。アグリゲーター・プラットフォームは、さまざまなストリーミング・サービスをバンドルして提供し、複数のコンテンツ・ライブラリにアクセスするための、より費用対効果の高い便利な方法を消費者に提供する。アグリゲーターは、サブスクリプション体験を簡素化し、消費者が多数の個別ストリーミングサービスに登録することをためらうサブスクリプション疲労の問題に対処することを目指している。従来のストリーミング・サービスに加え、ソーシャルメディア・プラットフォームやハイテク企業も市場に参入し、増加するストリーミング視聴者のシェアを獲得しようとしている。例えば、フェイスブック、ユーチューブ、ツイッターは、ライブストリーミング機能を導入し、ソーシャルネットワーキングにとどまらないリーチを広げている。これらのプラットフォームは、既存のユーザー・ベースを活用することで、ストリーミング分野における手ごわい競争相手となり、コンテンツ提供のさらなる革新と多様化を推進している。
主な市場課題
サブスクリプションの疲労と断片化
北米ビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場が直面する主な課題の1つは、サブスクリプションの疲労と市場の断片化という問題の拡大である。ストリーミング・サービスの人気が急上昇を続ける中、消費者は圧倒的な数の加入オプションに直面している。当初はストリーミング・プラットフォームの柔軟性と利便性に惹かれていた視聴者だが、現在では複数のサブスクリプションの累積コストが、従来のケーブルTVパッケージのそれに匹敵するか、それを上回ることさえある状況に陥っている。ストリーミングサービスの普及は市場の分断化を招き、各プロバイダーは独占コンテンツやオリジナル番組で加入者を獲得しようと競い合っている。この競争は、技術革新とコンテンツの質を高める一方で、コンテンツの断片化をもたらしている。人気番組や映画がさまざまなプラットフォームに散在するようになり、消費者は目的のコンテンツにアクセスするために複数のサービスに加入せざるを得なくなった。このように細分化された状況は、迷路のような購読契約をナビゲートし、複数の課金サイクルを管理しなければならない視聴者にとって、フラストレーションとコストがかかる。
消費者が多数のストリーミング・サービスにコミットすることをためらうようになっているため、サブスクリプション疲労は重大な懸念となっている。これは、既存のストリーミング大手と、市場で足場を固めようとする新規参入者の両方にとって課題となる。既存プレイヤーにとっては、視聴者がエンターテインメント予算の配分先を選ぶようになるにつれ、加入者ベースの維持・拡大が難しくなっている。新規参入企業にとっては、混雑した空間で競争し、消費者に新たなサブスクリプションを採用するよう説得することが難しい。
コンテンツの違法コピーとデジタル著作権管理
北米ビデオストリーミングソフトウェア市場が直面するもう一つの重要な課題は、コンテンツの違法コピーという根強い問題と、効果的なデジタル著作権管理(DRM)ソリューションの必要性です。ストリーミングプラットフォームの台頭により、コンテンツ制作者や配信者は、違法配信や貴重なコンテンツへの不正アクセスとの継続的な戦いに直面しています。ストリーミング時代の違法コピーは、違法ストリーミングサイト、トレント、ログイン認証情報の不正共有など、さまざまな形態をとります。これらの行為は、コンテンツ制作者やストリーミングプラットフォームの収益損失につながるだけでなく、確認されていないソースを通じて海賊版コンテンツに無意識にアクセスする可能性のある視聴者にもセキュリティリスクをもたらします。さらに、海賊行為は、コンテンツ制作者の知的財産が盗用され、無償で流布される可能性があるため、コンテンツ制作者が高品質なオリジナル番組に投資するインセンティブを損ないます。コンテンツの違法コピーに対抗し、その資産を保護するために、ストリーミング・ソフトウェア・プロバイダは、堅牢なDRMソリューションを実装する必要があります。DRMには、デジタルコンテンツの不正コピーや不正配信を防止する技術と戦略が含まれます。DRMはコンテンツを保護するために不可欠ですが、その実装はセキュリティとユーザーの利便性のバランスを取る必要があります。過度に制限的なDRM対策は、正当なユーザーを苛立たせ、ユーザーエクスペリエンスを低下させ、違法コピーに向かわせる可能性があります。
主な市場動向
オリジナルコンテンツ戦争と独占ライセンス
北米の動画ストリーミング・ソフトウェア市場における顕著な傾向の1つは、オリジナルコンテンツと独占ライセンス契約をめぐる争いの激化です。ストリーミング・プラットフォームは、独自のオリジナル・シリーズ、映画、ドキュメンタリーの制作に多額の投資を行うとともに、人気の高い既存コンテンツの独占権を確保しています。この戦略には、加入者の獲得と維持、競合他社との差別化、忠実なファン層の形成など、複数の目的がある。Netflix、Amazon Prime Video、Disney+、Huluのようなストリーミング大手は、コンテンツ制作に数十億ドルを注ぎ込み、このトレンドの最前線にいる。これらのプラットフォームは、他では見られない独占番組や映画の膨大なライブラリを構築し、視聴者が加入するための魅力的な提案をしている。これらのプラットフォームはまた、一流のタレント、監督、プロデューサーを起用し、多様な視聴者の共感を呼ぶ質の高いコンテンツを開発してきた。
オリジナルコンテンツは、加入者数の増加と維持の重要な原動力となっている。Netflixの「ストレンジャー・シングス」やDisney+の「ザ・マンダロリアン」のようなヒット番組は、批評家の称賛を集めただけでなく、文化的現象となり、何百万人もの視聴者を引き寄せている。その結果、他のストリーミングサービスは、自社のオリジナル番組に投資することで、この成功を再現しようと競っている。さらに、独占ライセンス契約は、コンテンツの覇権をめぐる戦いにおけるもう一つの重要な戦略となっている。ストリーミングプラットフォームは、人気フランチャイズ、スポーツイベント、ライブラリーコンテンツの権利を積極的に獲得している。例えば、NFL、NBA、MLBといった主要スポーツイベントの独占放映権は、スポーツ愛好家を惹きつけるために、様々なストリーミング・プラットフォームによって確保されている。さらに、古典的なシットコムや過去の人気シリーズも独占契約で固定されており、視聴者が他でアクセスするのは困難になっている。
エンターテインメントを超えたライブストリーミング
ライブ・ストリーミングは、北米のビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場で著しい成長を遂げており、従来のエンターテインメント・コンテンツの枠をはるかに超えている。ライブストリーミングは、ゲーム、eコマース、教育、ヘルスケアなど、さまざまな業界に応用されるダイナミックでインタラクティブなメディアとなっている。ゲームやesportsの分野では、ライブストリーミングが中心となっている。Twitch、YouTube Gaming、Facebook Gamingなどのプラットフォームは、ゲーマーがゲームプレイを放送し、リアルタイムで視聴者と交流するためのハブとなっている。大勢のオンライン視聴者を集めるエスポート・トーナメントは、しばしばライブストリーミングされ、業界の爆発的成長に貢献している。
Eコマース企業もまた、顧客と関わり、売上を伸ばすためにライブストリーミングを取り入れている。ブランドやインフルエンサーは、ライブで製品のデモンストレーション、Q&Aセッション、バーチャルショッピング体験を開催し、視聴者がストリームから直接購入できるようにしている。この傾向は、物理的な小売体験が制限されていた COVID-19 の流行時に特に顕著になった。教育分野では、ライブ・ストリーミングは遠隔学習を可能にする上で重要な役割を果たしてきた。教育機関では、ストリーミング・プラットフォームを活用して、講義、セミナー、トレーニング・セッションを学生に配信し、校舎閉鎖や社会的遠距離対策の間にも教育の継続性を確保している。医療機関は、遠隔医療サービスにライブ・ストリーミングを採用し、医師と患者のバーチャル診察や遠隔監視を可能にしている。これにより、医療サービスへのアクセスが向上するだけでなく、特に医療インフラが限られている地域では、直接訪問する必要性が減少する。ライブ・ストリーミングのさまざまな分野への広がりは、その多用途性と視聴者を魅了する可能性を浮き彫りにしている。技術の進歩に伴い、ライブ・ストリーミングはさらに進化し、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)体験を組み込んで、没入型のインタラクティブなコンテンツを提供することが期待されている。
広告と収益化戦略
北米の動画ストリーミング・ソフトウェア市場における収益化戦略は、ストリーミング・サービスがユーザー体験と収益創出のバランスを追求する中で進化している。広告は、サブスクリプションベースのオプションを補完し、より幅広い視聴者へのアクセスを提供するため、収益化の重要な要素として浮上している。広告支援型ストリーミングサービス(AVOD)は、広告を見る代わりにコンテンツへの無料アクセスを視聴者に提供し、人気を博している。Tubi、Crackle、Pluto TVなどのプラット フォームがこのモデルを採用し、幅広い映画やテレビ番組 を定額料金なしで視聴できるようにしている。広告主は、特定の層をターゲットにでき、キャンペーンの効果をより正確に測定できることから、AVODプラットフォームに惹かれている。
定額制のストリーミング・サービスでも、さまざまな形で広告を組み込んでいる。予算重視の視聴者を引きつけるため、広告付きの低価格帯を提供しているところもある。また、追加収入を得るために、広告挿入やプロダクト・プレースメントと呼ばれる、コンテンツの前後や途中に広告を入れるサービスもある。人工知能とデータ分析を駆使したプログラマティック広告は、広告戦略の要となっている。パーソナライズされたターゲット広告を可能にし、ユーザーエンゲージメントと広告の関連性を向上させる。広告主は視聴者データを活用して、ユーザーの興味や嗜好に沿った広告を配信することができる。
インタラクティブ広告やショッパブル広告など、革新的な広告フォーマットも登場している。インタラクティブ広告では、視聴者がコンテンツに関与し、広告の結果に影響を与える選択をすることができる。ショッパブル広告は、視聴者がストリーミング・プラットフォーム内から直接購入できるようにし、商品発見から購入までのシームレスな経路を作る。全体として、北米のビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場では、広告と収益化戦略が進化を続けると予想される。課題は、競争の激しい状況下で持続的な成長を確保しながら、多様な視聴者の嗜好に応えるサブスクリプションと広告ベースのモデルの適切な組み合わせを見つけることにある。
セグメント別インサイト
ソリューションの洞察
ソリューション別では、北米の動画ストリーミング・ソフトウェア市場において動画分析分野が優位を占めており、この優位性は予測期間を通じて続くと予想される。この優位性は、動画解析が動画ストリーミングの未来を形作る上でますます重要な役割を果たすようになったことに起因している。動画分析ソリューションは、リアルタイムモニタリング、視聴者行動分析、コンテンツ推薦エンジン、広告ターゲティングアルゴリズムなど、幅広い技術を包含している。これらのツールにより、コンテンツプロバイダーやストリーミングプラットフォームは、視聴者の嗜好、エンゲージメントパターン、コンテンツパフォーマンスに関する深い洞察を得ることができます。ストリーミングの競争が激化する中、視聴者を魅了するパーソナライズされたデータ主導の体験を提供するためには、動画アナリティクスの活用が不可欠です。さらに、人工知能(AI)と機械学習(ML)を動画アナリティクスに統合することで、コンテンツプロバイダーは提供するコンテンツを改良し、視聴者の満足度を高めることができるようになり、さらなる進歩が見込まれます。没入感があり、視聴者に合わせたストリーミング体験に対する需要がますます高まる中、動画分析分野は優位性を維持し、北米の動画ストリーミング・ソフトウェア市場をよりデータ主導で視聴者中心の未来へと導く好位置につけている。
エンドユーザー洞察
エンドユーザー別に見ると、北米の動画ストリーミングソフトウェア市場では医療分野が圧倒的な地位を占めており、この優位性は予測期間を通じて続くと予測されている。この傾向は、動画ストリーミング技術がヘルスケア業界に変革的な影響を与えていることを反映している。医療提供者は、遠隔医療サービスを促進するためにビデオ・ストリーミング・ソフトウェアをますます利用するようになっており、医師と患者のバーチャル診察、遠隔モニタリング、医療教育などを可能にしている。COVID-19の流行は、遠隔医療ソリューションの採用をさらに加速させ、ビデオストリーミングソフトウェア市場における主要プレーヤーとしての医療セクターの地位を確固たるものにした。バーチャル・ヘルスケア・サービスの利便性とアクセシビリティは、患者のケアを向上させただけでなく、医療が行き届いていない地域への医療専門知識の普及を拡大した。医療業界が遠隔医療、医療トレーニング、患者教育など幅広い用途で動画ストリーミングを採用し続けていることから、北米の動画ストリーミング・ソフトウェア市場の持続的な成長が見込まれている。この優位性は、動画ストリーミング技術が医療の提供とアクセシビリティの向上に果たす重要な役割を強調するものであり、業界のデジタル変革の要となっている。
国別インサイト
北米の動画ストリーミング・ソフトウェア市場では米国が優位を占めており、この優位性は予測期間を通じて持続すると予想される。米国は、Netflix、Amazon Prime Video、Disney+などの大手ストリーミングの本社として機能し、世界のストリーミング産業の震源地として浮上している。これらのプラットフォームは国内市場を獲得しただけでなく、国際的な評価も得ており、デジタル・エンターテインメントの世界におけるトレンドセッターとしての米国の地位を確固たるものにしている。この優位性にはいくつかの要因がある。米国は、広範な高速インターネットアクセスや高度なモバイルネットワークなど、高度に発達した技術インフラを誇っており、消費者はストリーミングコンテンツにシームレスにアクセスできる。さらに、この国にはコンテンツ制作者、制作スタジオ、技術革新者たちの活発なエコシステムがあり、ストリーミング・ソフトウェアとサービスの絶え間ない進化を後押ししている。
さらに、COVID-19の大流行はストリーミング産業の成長を加速させた。鎖国や社会的距離を置く措置により、家庭での娯楽に対する需要が急増したためである。アメリカのストリーミング・プラットフォームは、この需要増に対応しただけでなく、ウォッチ・パーティーやインタラクティブ・コンテンツといった機能でイノベーションの限界に挑戦した。米国が技術革新、コンテンツ制作、市場拡大を推進し続けているため、北米ビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場における米国の優位性は当面揺らぐことはないだろう。
主な市場参入企業
Brightcove Inc.
Kaltura Inc.
Panopto, Inc.
Haivision Systems Inc.
Vimeo, Inc.
VBrick Systems, Inc.
ワウザ・メディア・システムズ LLC
IBMコーポレーション
マイクロソフト株式会社
アマゾン・ウェブ・サービス
レポートの範囲
本レポートでは、北米のビデオストリーミングソフトウェア市場を以下のカテゴリに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 北米ビデオストリーミングソフトウェア市場:コンポーネント別
ソリューション
 トランスコーディング&プロセッシング
 動画配信・配信
 ビデオ分析
 ビデオ管理
 ビデオセキュリティ
 その他
サービス
 プロフェッショナル
 マネージド
- 北米のビデオストリーミングソフトウェア市場:ストリーミングタイプ別
o ビデオオンデマンドストリーミング
o ライブストリーミング
- 北米のビデオストリーミングソフトウェア市場:展開タイプ別
o オンプレミス
o クラウド
- 北米のビデオストリーミングソフトウェア市場:エンドユーザー別
o 放送事業者、オペレーター、メディア
o 企業
o 教育
o ヘルスケア
o その他
- 北米ビデオストリーミングソフトウェア市場、国別
o 米国
o カナダ
o メキシコ
競争状況
企業プロフィール:北米ビデオストリーミングソフトウェア市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社の北米ビデオストリーミングソフトウェア市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Baseline Methodology
2.2. Key Industry Partners
2.3. Major Association and Secondary Sources
2.4. Forecasting Methodology
2.5. Data Triangulation & Validation
2.6. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on North America Video Streaming Software Market
5. Voice of Customer
6. North America Video Streaming Software Market Overview
7. North America Video Streaming Software Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Solutions, Services)
7.2.1.1. By Solutions (Transcoding & Processing, Video Delivery & Distribution, Video Analytics, Video Management, Video Security, Other)
7.2.1.2. By Services (Professional, Managed)
7.2.2. By Streaming Type (Video On-demand Streaming, Live Streaming)
7.2.3. By Deployment Type (On-Premise, Cloud)
7.2.4. By End User (Broadcaster, Operators & Media, Enterprises, Education, Healthcare, and Others)
7.2.5. By Country (United States, Canada, and Mexico)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. United States Video Streaming Software Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.1.1. By Solutions
8.2.1.2. By Services
8.2.2. By Streaming Type
8.2.3. By Deployment Type
8.2.4. By End User
9. Canada Video Streaming Software Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.1.1. By Solutions
9.2.1.2. By Services
9.2.2. By Streaming Type
9.2.3. By Deployment Type
9.2.4. By End User
10. Mexico Video Streaming Software Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.1.1. By Solutions
10.2.1.2. By Services
10.2.2. By Streaming Type
10.2.3. By Deployment Type
10.2.4. By End User
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends and Developments
13. Company Profiles
13.1. Brightcove Inc.
13.1.1. Business Overview
13.1.2. Key Revenue and Financials
13.1.3. Recent Developments
13.1.4. Key Personnel
13.1.5. Key Product/Services Offered
13.2. Kaltura Inc.
13.2.1. Business Overview
13.2.2. Key Revenue and Financials
13.2.3. Recent Developments
13.2.4. Key Personnel
13.2.5. Key Product/Services Offered
13.3. Panopto, Inc.
13.3.1. Business Overview
13.3.2. Key Revenue and Financials
13.3.3. Recent Developments
13.3.4. Key Personnel
13.3.5. Key Product/Services Offered
13.4. Haivision Systems Inc.
13.4.1. Business Overview
13.4.2. Key Revenue and Financials
13.4.3. Recent Developments
13.4.4. Key Personnel
13.4.5. Key Product/Services Offered
13.5. Vimeo, Inc.
13.5.1. Business Overview
13.5.2. Key Revenue and Financials
13.5.3. Recent Developments
13.5.4. Key Personnel
13.5.5. Key Product/Services Offered
13.6. VBrick Systems, Inc.
13.6.1. Business Overview
13.6.2. Key Revenue and Financials
13.6.3. Recent Developments
13.6.4. Key Personnel
13.6.5. Key Product/Services Offered
13.7. Wowza Media Systems LLC
13.7.1. Business Overview
13.7.2. Key Revenue and Financials
13.7.3. Recent Developments
13.7.4. Key Personnel
13.7.5. Key Product/Services Offered
13.8. IBM Corporation
13.8.1. Business Overview
13.8.2. Key Revenue and Financials
13.8.3. Recent Developments
13.8.4. Key Personnel
13.8.5. Key Product/Services Offered
13.9. Microsoft Corporation
13.9.1. Business Overview
13.9.2. Key Revenue and Financials
13.9.3. Recent Developments
13.9.4. Key Personnel
13.9.5. Key Product/Services Offered
13.10. Amazon Web Services, Inc.
13.10.1. Business Overview
13.10.2. Key Revenue and Financials
13.10.3. Recent Developments
13.10.4. Key Personnel
13.10.5. Key Product/Services Offered
14. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The North America Video Streaming Software market was valued at USD 2.26 Billion in 2022 and growing at a CAGR of 17.94% during the forecast period. The North America video streaming software market is at the forefront of the global digital entertainment industry, experiencing remarkable growth and evolution in recent years. As the region with one of the most developed and advanced digital infrastructures, North America has become a hotspot for video streaming services and software providers. This market's remarkable success can be attributed to several key factors, including the widespread availability of high-speed internet, the changing preferences of consumers, and a highly competitive landscape driven by both established industry giants and innovative startups. A pivotal driving force behind the North America video streaming software market's explosive growth is the significant shift in how people consume media content. Traditional television services, characterized by rigid schedules and limited choices, are steadily losing ground to on-demand streaming platforms. This transformation has empowered viewers with the freedom to choose what they want to watch, when they want to watch it. Leading the charge are household names like Netflix, Amazon Prime Video, and Disney+, which have not only revolutionized the way content is delivered but also redefined the very concept of entertainment.
Moreover, the COVID-19 pandemic accelerated this trend, as lockdowns and social distancing measures prompted a surge in demand for streaming services. With people spending more time at home, video streaming became a lifeline to escape the monotony and isolation of quarantine, spurring a remarkable increase in subscribers. This unprecedented growth not only solidified the market's position but also underscored the adaptability and resilience of the industry. In response to evolving consumer preferences, companies in the North America video streaming software market are investing heavily in cutting-edge technologies to enhance user experiences. Advanced algorithms and recommendation engines are employed to curate personalized content recommendations, ensuring that viewers are consistently engaged. The pursuit of higher resolutions, including 4K and 8K streaming, is a testament to the industry's commitment to delivering top-notch quality. Moreover, the integration of virtual reality (VR) and augmented reality (AR) technologies is pushing the boundaries of immersive entertainment, offering viewers entirely new dimensions of engagement.
Furthermore, the market isn't confined to traditional entertainment content alone. Live streaming, especially in the domains of gaming and esports, has gained extraordinary traction, presenting new opportunities for software developers to cater to this burgeoning audience. Additionally, social media platforms have entered the streaming arena, allowing users to broadcast live videos, and fostering a sense of community engagement and interactivity. Beyond entertainment, video streaming software is making inroads into various other sectors such as education, e-commerce, and healthcare. Educational institutions are leveraging streaming platforms for remote learning, while e-commerce businesses are using live streaming for product demonstrations and customer engagement. Telehealth services have also embraced video streaming to facilitate virtual doctor-patient consultations, marking a significant expansion of the market's applications.
Despite its remarkable growth, the North America video streaming software market is not without challenges. One of the most pressing issues is subscription fatigue. With an ever-increasing number of streaming platforms entering the market, consumers are becoming wary of accumulating multiple subscriptions. In response, aggregator platforms are emerging, bundling various streaming services to provide more cost-effective and convenient options for viewers. Navigating this landscape requires software providers to find the right balance between exclusive content and affordability. Furthermore, issues related to content piracy and digital rights management persist, necessitating robust security measures to protect intellectual property and user data. Software providers are continuously investing in encryption technologies and content protection mechanisms to safeguard their assets and maintain consumer trust.
In conclusion, the North America video streaming software market is a dynamic and rapidly evolving sector that has redefined the way people consume and interact with digital content. Its extraordinary growth can be attributed to a combination of factors, including technological advancements, changing consumer preferences, and the unique circumstances brought about by the COVID-19 pandemic. As competition intensifies and innovation continues, the future of video streaming software in North America appears promising, with further growth, diversification, and transformation on the horizon. The market will remain a focal point of the global entertainment industry, setting trends and pushing boundaries in the years to come.
Key Market Drivers
Increasing Demand for Streaming Services
The North America video streaming software market is being driven by the insatiable demand for streaming services among consumers. Traditional television is gradually losing its appeal as viewers increasingly prefer the convenience and flexibility offered by on-demand streaming platforms. With the proliferation of high-speed internet access and a wide range of content choices, subscribers are abandoning cable and satellite TV in favor of platforms like Netflix, Amazon Prime Video, Hulu, and Disney+. This shift in consumer behavior, particularly among younger demographics, has fueled the growth of the video streaming software market, as companies strive to meet the growing appetite for digital entertainment. The rapid adoption of streaming services has also been accelerated by the COVID-19 pandemic. Lockdowns and social distancing measures pushed more people to rely on streaming for entertainment, education, and communication. The pandemic underscored the resilience of the streaming industry, as it not only met the surge in demand but also introduced innovations such as watch parties and interactive features to keep viewers engaged during the lockdowns. As the pandemic subsides, the momentum behind streaming is expected to persist, driving further growth in the North America Video Streaming Software market.
Technological Advancements and Innovation
Technological advancements and ongoing innovation are significant drivers of the North America video streaming software market. Streaming software providers are continually investing in research and development to enhance the user experience and stay competitive. Advanced algorithms and machine learning are used to analyze user preferences and deliver personalized content recommendations, making it easier for viewers to discover new shows and movies. Additionally, the adoption of higher resolutions, including 4K and 8K streaming, is becoming more prevalent, offering viewers unparalleled visual quality. Furthermore, the integration of virtual reality (VR) and augmented reality (AR) technologies is opening up new possibilities in the streaming industry. VR experiences are enabling users to immerse themselves in virtual worlds and interact with content in entirely new ways, while AR overlays enhance real-world experiences with digital information. These innovations are not only captivating audiences but also expanding the range of applications for video streaming software, from gaming and education to virtual tourism and remote collaboration. Live streaming has also seen remarkable technological advancements, especially in the gaming and esports sectors. Streaming platforms now offer low latency streaming options, enabling real-time interaction between streamers and viewers. This has created a sense of community and engagement that goes beyond traditional entertainment, attracting a dedicated and passionate audience.
Expansion into Diverse Content Categories
The North America Video Streaming Software market is experiencing growth through its expansion into diverse content categories beyond traditional entertainment. While movies and TV shows remain a cornerstone of streaming services, the market is evolving to include a wide array of content, catering to various interests and niches. One notable trend is the rise of live streaming outside of the gaming and esports sectors. Social media platforms have embraced live streaming, allowing users to broadcast live videos to their followers. This has transformed how individuals interact with social media, making live content an integral part of online engagement. Additionally, businesses are utilizing live streaming for marketing purposes, product launches, and customer engagement, further broadening the market's reach.
Education is another sector where streaming software is making significant inroads. Educational institutions have turned to streaming platforms to deliver online courses and remote learning experiences. This trend gained momentum during the pandemic but is expected to continue as an important mode of education delivery even in a post-pandemic world. Healthcare is yet another domain where video streaming software is creating opportunities. Telehealth services are leveraging streaming technology to facilitate virtual doctor-patient consultations and remote monitoring. This not only enhances access to healthcare but also reduces the need for in-person visits, particularly in underserved areas.
Competitive Landscape and Aggregator Platforms
The competitive landscape of the North America video streaming software market is a driving force in its growth and evolution. The market is characterized by a multitude of players, from established giants to nimble startups. This competition has spurred innovation and investment in content creation and technology, benefiting consumers with a wider range of choices and enhanced features. One notable response to the proliferation of streaming services is the emergence of aggregator platforms. These platforms offer bundles of various streaming services, providing consumers with a more cost-effective and convenient way to access multiple content libraries. Aggregators aim to simplify the subscription experience, addressing the issue of subscription fatigue, where consumers are hesitant to sign up for numerous individual streaming services. In addition to traditional streaming services, social media platforms and tech companies are entering the market, aiming to capture a share of the growing streaming audience. For example, Facebook, YouTube, and Twitter have introduced live streaming features, expanding their reach beyond social networking. As these platforms leverage their existing user bases, they become formidable competitors in the streaming space, driving further innovation and diversity in content offerings.
Key Market Challenges
Subscription Fatigue and Fragmentation
One of the primary challenges facing the North America Video Streaming Software market is the growing issue of subscription fatigue and market fragmentation. As the popularity of streaming services continues to soar, consumers are confronted with an overwhelming number of subscription options. While initially drawn to the flexibility and convenience of streaming platforms, viewers now find themselves in a situation where the cumulative cost of multiple subscriptions can rival or even exceed that of traditional cable TV packages. The proliferation of streaming services has led to market fragmentation, with each provider vying for exclusive content and original programming to attract subscribers. While this competition has driven innovation and content quality, it has also resulted in content fragmentation. Popular shows and movies are now scattered across various platforms, forcing consumers to subscribe to multiple services to access their desired content. This fragmented landscape can be frustrating and expensive for viewers who must navigate a maze of subscriptions and manage multiple billing cycles.
Subscription fatigue has become a significant concern, as consumers are increasingly hesitant to commit to numerous streaming services. This presents a challenge for both established streaming giants and newcomers trying to gain a foothold in the market. For existing players, maintaining, and growing their subscriber base becomes more challenging as viewers become choosier about where they allocate their entertainment budgets. For newer entrants, it's challenging to compete in a crowded space and convince consumers to adopt yet another subscription.
Content Piracy and Digital Rights Management
Another significant challenge facing the North America Video Streaming Software market is the persistent issue of content piracy and the need for effective digital rights management (DRM) solutions. With the rise of streaming platforms, content producers and distributors face an ongoing battle against illegal distribution and unauthorized access to their valuable content. Piracy in the streaming era takes various forms, including illegal streaming websites, torrenting, and unauthorized sharing of login credentials. These activities not only result in revenue loss for content creators and streaming platforms but also pose security risks to viewers who may unknowingly access pirated content through unverified sources. Furthermore, piracy undermines the incentive for content creators to invest in high-quality, original programming, as their intellectual property can be stolen and disseminated without compensation. To combat content piracy and protect their assets, streaming software providers must implement robust DRM solutions. DRM encompasses technologies and strategies that prevent unauthorized copying and distribution of digital content. While DRM is essential for safeguarding content, its implementation must strike a balance between security and user convenience. Overly restrictive DRM measures can frustrate legitimate users, leading to a poor user experience and potentially driving them toward piracy.
Key Market Trends
Original Content Wars and Exclusive Licensing
One prominent trend in the North America Video Streaming Software market is the intensifying battle for original content and exclusive licensing agreements. Streaming platforms are investing heavily in producing their own original series, movies, and documentaries, as well as securing exclusive rights to popular existing content. This strategy serves multiple purposes, including attracting and retaining subscribers, differentiating from competitors, and creating a loyal fan base. Streaming giants like Netflix, Amazon Prime Video, Disney+, and Hulu have been at the forefront of this trend, pouring billions of dollars into content creation. They have built vast libraries of exclusive shows and movies that are not available anywhere else, making it a compelling proposition for viewers to subscribe. These platforms have also engaged top-tier talent, directors, and producers to develop high-quality content that resonates with diverse audiences.
Original content has become a significant driver of subscriber growth and retention. Hit shows like "Stranger Things" on Netflix and "The Mandalorian" on Disney+ have not only garnered critical acclaim but have also become cultural phenomena, drawing in millions of viewers. As a result, other streaming services are racing to replicate this success by investing in their own original programming. Moreover, exclusive licensing agreements have become another key strategy in the battle for content supremacy. Streaming platforms are aggressively acquiring the rights to popular franchises, sports events, and library content. For instance, exclusive rights to major sporting events, such as the NFL, NBA, and MLB, have been secured by various streaming platforms to attract sports enthusiasts. Additionally, classic sitcoms and beloved series from the past are being locked into exclusive deals, making it challenging for viewers to access them elsewhere.
Live Streaming Beyond Entertainment
Live streaming is experiencing remarkable growth in the North America Video Streaming Software market, extending far beyond traditional entertainment content. Live streaming has become a dynamic and interactive medium with applications across various industries, including gaming, e-commerce, education, healthcare, and more. In the gaming and esports sector, live streaming has taken center stage. Platforms like Twitch, YouTube Gaming, and Facebook Gaming have become hubs for gamers to broadcast their gameplay and interact with viewers in real time. Esports tournaments, which draw massive online audiences, are often live-streamed, contributing to the industry's explosive growth.
E-commerce companies have also embraced live streaming to engage with customers and boost sales. Brands and influencers host live product demonstrations, Q&A sessions, and virtual shopping experiences, allowing viewers to make purchases directly from the stream. This trend has become especially significant during the COVID-19 pandemic when physical retail experiences were limited. In the education sector, live streaming has played a crucial role in enabling remote learning. Educational institutions have leveraged streaming platforms to deliver lectures, seminars, and training sessions to students, ensuring continuity of education during lockdowns and social distancing measures. Healthcare providers have adopted live streaming for telemedicine services, enabling virtual doctor-patient consultations and remote monitoring. This not only enhances access to healthcare services but also reduces the need for in-person visits, particularly in areas with limited healthcare infrastructure. The expansion of live streaming into various sectors highlights its versatility and potential for engaging audiences. As technology continues to advance, live streaming is expected to evolve further, incorporating augmented reality (AR) and virtual reality (VR) experiences to provide immersive and interactive content.
Advertising and Monetization Strategies
Monetization strategies in the North America Video Streaming Software market are evolving as streaming services seek to balance user experience with revenue generation. Advertising has emerged as a critical component of monetization, as ad-supported models complement subscription-based options and provide access to a broader audience. Advertising-supported streaming services (AVOD) have gained traction, offering viewers free access to content in exchange for watching ads. Platforms like Tubi, Crackle, and Pluto TV have embraced this model, making a wide range of movies and TV shows available without a subscription fee. Advertisers are drawn to AVOD platforms as they can target specific demographics and measure the effectiveness of their campaigns more precisely.
Even subscription-based streaming services have integrated advertising in various forms. Some offer ad-supported tiers at a lower cost to attract budget-conscious viewers. Others include ads before, during, or after content, known as ad insertion or product placement, to generate additional revenue. Programmatic advertising, powered by artificial intelligence and data analytics, has become a cornerstone of advertising strategies. It enables personalized and targeted ads, improving user engagement and ad relevance. Advertisers can leverage viewer data to deliver ads that align with users' interests and preferences.
Innovative advertising formats, such as interactive ads and shoppable ads, are also emerging. Interactive ads allow viewers to engage with content, making choices that influence the ad's outcome. Shoppable ads enable viewers to make direct purchases from within the streaming platform, creating a seamless path from product discovery to purchase. Overall, advertising and monetization strategies are expected to continue evolving in the North America Video Streaming Software market, as providers strive to strike a balance between generating revenue and providing a positive user experience. The challenge lies in finding the right mix of subscription and advertising-based models that cater to diverse viewer preferences while ensuring sustainable growth in a highly competitive landscape.
Segmental Insights
Solutions Insights
Based on solutions, the video analytics segment asserted its dominance in the North America video streaming software market, and this dominance is anticipated to endure throughout the forecast period. This dominance can be attributed to the increasingly critical role that video analytics play in shaping the future of video streaming. Video analytics solutions encompass a wide range of technologies, including real-time monitoring, viewer behavior analysis, content recommendation engines, and ad targeting algorithms. These tools empower content providers and streaming platforms to gain deep insights into viewer preferences, engagement patterns, and content performance. As the competition intensifies in the streaming landscape, leveraging video analytics is essential for delivering personalized, data-driven experiences that captivate audiences. Furthermore, the integration of artificial intelligence (AI) and machine learning (ML) into video analytics is poised to drive further advancements, enabling content providers to refine their offerings and enhance viewer satisfaction. With the ever-increasing demand for immersive and tailored streaming experiences, the video analytics segment is well-positioned to continue its dominance and steer the North America video streaming software market toward a more data-driven and viewer-centric future.
End User Insights
Based on end user, the healthcare emerged as the dominant segment in the North America video streaming software market, and this dominance is projected to persist throughout the forecast period. This trend reflects the transformative impact of video streaming technology on the healthcare industry. Healthcare providers have increasingly turned to video streaming software to facilitate telemedicine services, enabling virtual doctor-patient consultations, remote monitoring, and medical education. The COVID-19 pandemic further accelerated the adoption of telehealth solutions, solidifying the healthcare sector's position as a major player in the video streaming software market. The convenience and accessibility of virtual healthcare services have not only improved patient care but also expanded the reach of medical expertise to underserved areas. As the healthcare industry continues to embrace video streaming for a wide range of applications, including telemedicine, medical training, and patient education, it is poised to drive sustained growth in the North America video streaming software market. This dominance underscores the crucial role that video streaming technology plays in enhancing healthcare delivery and accessibility, making it a cornerstone of the industry's digital transformation.
Country Insights
United States asserted its dominance in the North America video streaming software market, and this dominance is anticipated to persist throughout the forecast period. The U.S. has emerged as the epicenter of the global streaming industry, serving as the headquarters for major streaming giants like Netflix, Amazon Prime Video, Disney+, and others. These platforms have not only captured the domestic market but have achieved international acclaim, solidifying the United States' position as a trendsetter in the world of digital entertainment. Several factors contribute to this dominance. The United States boasts a highly developed technological infrastructure, including widespread high-speed internet access and advanced mobile networks, ensuring that consumers have seamless access to streaming content. Additionally, the nation houses a thriving ecosystem of content creators, production studios, and tech innovators, fueling the constant evolution of streaming software and services.
Furthermore, the COVID-19 pandemic accelerated the growth of the streaming industry, as lockdowns and social distancing measures led to a surge in demand for at-home entertainment. American streaming platforms not only met this increased demand but also pushed the boundaries of innovation with features like watch parties and interactive content. As the United States continues to drive innovation, content creation, and market expansion, its dominance in the North America Video Streaming Software Market is poised to remain unchallenged in the foreseeable future.
Key Market Players
Brightcove Inc.
Kaltura Inc.
Panopto, Inc.
Haivision Systems Inc.
Vimeo, Inc.
VBrick Systems, Inc.
Wowza Media Systems LLC
IBM Corporation
Microsoft Corporation
Amazon Web Services, Inc.
Report Scope:
In this report, the North America Video Streaming Software Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• North America Video Streaming Software Market, By Component:
o Solutions
 Transcoding & Processing
 Video Delivery & Distribution
 Video Analytics
 Video Management
 Video Security
 Other
o Services
 Professional
 Managed
• North America Video Streaming Software Market, By Streaming Type:
o Video On-demand Streaming
o Live Streaming
• North America Video Streaming Software Market, By Deployment Type:
o On-Premise
o Cloud
• North America Video Streaming Software Market, By End User:
o Broadcaster, Operators & Media
o Enterprises
o Education
o Healthcare
o Others
• North America Video Streaming Software Market, By Country:
o United States
o Canada
o Mexico
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the North America Video Streaming Software Market.
Available Customizations:
North America Video Streaming Software Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Baseline Methodology
2.2. Key Industry Partners
2.3. Major Association and Secondary Sources
2.4. Forecasting Methodology
2.5. Data Triangulation & Validation
2.6. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on North America Video Streaming Software Market
5. Voice of Customer
6. North America Video Streaming Software Market Overview
7. North America Video Streaming Software Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Solutions, Services)
7.2.1.1. By Solutions (Transcoding & Processing, Video Delivery & Distribution, Video Analytics, Video Management, Video Security, Other)
7.2.1.2. By Services (Professional, Managed)
7.2.2. By Streaming Type (Video On-demand Streaming, Live Streaming)
7.2.3. By Deployment Type (On-Premise, Cloud)
7.2.4. By End User (Broadcaster, Operators & Media, Enterprises, Education, Healthcare, and Others)
7.2.5. By Country (United States, Canada, and Mexico)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. United States Video Streaming Software Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.1.1. By Solutions
8.2.1.2. By Services
8.2.2. By Streaming Type
8.2.3. By Deployment Type
8.2.4. By End User
9. Canada Video Streaming Software Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.1.1. By Solutions
9.2.1.2. By Services
9.2.2. By Streaming Type
9.2.3. By Deployment Type
9.2.4. By End User
10. Mexico Video Streaming Software Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.1.1. By Solutions
10.2.1.2. By Services
10.2.2. By Streaming Type
10.2.3. By Deployment Type
10.2.4. By End User
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends and Developments
13. Company Profiles
13.1. Brightcove Inc.
13.1.1. Business Overview
13.1.2. Key Revenue and Financials
13.1.3. Recent Developments
13.1.4. Key Personnel
13.1.5. Key Product/Services Offered
13.2. Kaltura Inc.
13.2.1. Business Overview
13.2.2. Key Revenue and Financials
13.2.3. Recent Developments
13.2.4. Key Personnel
13.2.5. Key Product/Services Offered
13.3. Panopto, Inc.
13.3.1. Business Overview
13.3.2. Key Revenue and Financials
13.3.3. Recent Developments
13.3.4. Key Personnel
13.3.5. Key Product/Services Offered
13.4. Haivision Systems Inc.
13.4.1. Business Overview
13.4.2. Key Revenue and Financials
13.4.3. Recent Developments
13.4.4. Key Personnel
13.4.5. Key Product/Services Offered
13.5. Vimeo, Inc.
13.5.1. Business Overview
13.5.2. Key Revenue and Financials
13.5.3. Recent Developments
13.5.4. Key Personnel
13.5.5. Key Product/Services Offered
13.6. VBrick Systems, Inc.
13.6.1. Business Overview
13.6.2. Key Revenue and Financials
13.6.3. Recent Developments
13.6.4. Key Personnel
13.6.5. Key Product/Services Offered
13.7. Wowza Media Systems LLC
13.7.1. Business Overview
13.7.2. Key Revenue and Financials
13.7.3. Recent Developments
13.7.4. Key Personnel
13.7.5. Key Product/Services Offered
13.8. IBM Corporation
13.8.1. Business Overview
13.8.2. Key Revenue and Financials
13.8.3. Recent Developments
13.8.4. Key Personnel
13.8.5. Key Product/Services Offered
13.9. Microsoft Corporation
13.9.1. Business Overview
13.9.2. Key Revenue and Financials
13.9.3. Recent Developments
13.9.4. Key Personnel
13.9.5. Key Product/Services Offered
13.10. Amazon Web Services, Inc.
13.10.1. Business Overview
13.10.2. Key Revenue and Financials
13.10.3. Recent Developments
13.10.4. Key Personnel
13.10.5. Key Product/Services Offered
14. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(healthcare)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る