世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドのモノのインターネット(IoT)市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、プラットフォーム別(デバイス管理、アプリケーション管理、ネットワーク管理、データ管理、その他)、アプリケーション別(家電、スマートモビリティ&交通、ビル&ホームオートメーション、コネクテッド物流、スマート小売、その他)、地域別セグメント、競争、予測、機会:2019年~2029F


India Internet of Things (IoT) Market Segmented by Component (Hardware, Software, and Services), By Platform (Device Management, Application Management, Network Management, Data Management, and Others), By Application (Consumer Electronics, Smart Mobility & Transportation, Building & Home Automation, Connected Logistics, Smart Retail, and Others), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2019-2029F

インドのモノのインターネット(IoT)市場の2023年の市場規模は593億2000万米ドルで、予測期間中のCAGRは18.84%で、堅調な成長が予測されている。インドのモノのインターネット(IoT)市場は、近年目覚ましい成長... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
90 英語

 

サマリー

インドのモノのインターネット(IoT)市場の2023年の市場規模は593億2000万米ドルで、予測期間中のCAGRは18.84%で、堅調な成長が予測されている。インドのモノのインターネット(IoT)市場は、近年目覚ましい成長と変貌を遂げている。世界最大かつ最速の経済成長を遂げる国の1つであるインドは、さまざまな分野でIoTの革新と導入が進む温床となっている。この急成長する市場は、国の技術的展望を形成しているだけでなく、産業に革命をもたらし、効率性、持続可能性、そして何百万もの人々の生活の質を向上させている。インドにおけるIoT成長の主な原動力の1つは、政府の野心的な「デジタル・インディア」構想である。2015年に開始されたこの包括的なプログラムは、インドをデジタル・エンパワーメントされた社会と知識経済に変革することを目的としている。このイニシアチブの下、政府はデジタルインフラの改善、接続性の強化、IoTを含む最先端技術の導入促進に注力してきた。こうした取り組みにより、IoTの開発と導入に適した環境が整った。
農業は、インドでIoTが大きな影響を及ぼしている分野の1つである。人口のかなりの部分が農業に従事しているため、テクノロジー主導のソリューションは、農業に革命をもたらし、食糧安全保障を改善する可能性を秘めている。IoTセンサーは、土壌の状態、作物の健康状態、天候パターンをリアルタイムで監視するために使用されている。農家はスマートフォンからこのデータにアクセスでき、データ主導の意思決定が可能になる。灌漑や作物管理を最適化することで、IoTは作物の収量を増やし、資源の浪費を減らし、農業全体の生産性を高めるのに役立っている。インドの医療セクターもまた、IoT主導による大きな変革を経験している。コネクテッド医療機器、遠隔モニタリング・ソリューション、遠隔医療プラットフォームの採用により、特に遠隔地や医療サービスが行き届いていない地域における医療サービスへのアクセスが拡大している。IoT対応機器は患者のバイタルサインを監視し、医療提供者にデータを送信することができるため、タイムリーな介入と患者の転帰の改善が可能になる。現在進行中のCOVID-19パンデミックは、遠隔医療と遠隔患者モニタリングの採用を加速させ、医療におけるIoTの価値を浮き彫りにしている。
スマートシティの分野では、インドが大きく前進している。同国政府は、効率的で持続可能、かつ技術的に先進的な都市センターを構築することをビジョンに掲げ、スマートシティの開発を最優先課題としている。IoTは、このビジョンの達成に極めて重要な役割を果たす。スマートシティへの取り組みは、スマート街灯、廃棄物管理システム、交通管理、公共安全の強化など、幅広いアプリケーションを包含している。IoT技術を通じて、都市は資源利用を最適化し、エネルギー消費を削減し、住民の生活全体の質を高めることができる。インドの製造業は、インダストリー4.0のコンセプトによる変革期を迎えており、IoTはこの進化の中心にある。IoTセンサーと接続された機械を備えたスマート工場は、ますます一般的になりつつある。これらのセンサーは機械の性能に関するリアルタイムのデータを収集し、予知保全を可能にしてダウンタイムを減らし、生産性を向上させる。IoTを活用したサプライチェーンとロジスティクスのソリューションも、オペレーションを合理化し、商品の動きをエンド・ツー・エンドで可視化し、企業が流通網を最適化するのに役立っている。
さらに、インドの消費者向けIoT市場も活況を呈している。スマートホームデバイス、ウェアラブル技術、コネクテッド家電がインドの消費者の間で人気を集めている。これらのIoT対応製品は、利便性、エネルギー効率、セキュリティの面でメリットがある。スマートスピーカー、サーモスタット、防犯カメラなどは、インドの家庭で一般的になりつつあるIoT機器のほんの一例に過ぎない。消費者の意識と可処分所得が上昇を続ける中、消費者向けIoT市場はさらなる拡大が見込まれている。しかし、インドにおけるIoT市場の成長は有望だが、課題がないわけではない。データのプライバシーとセキュリティに関する懸念は最重要であり、消費者と企業の信頼関係を構築するためには、それらに対処することが極めて重要である。IoT機器によって生成される膨大な量のデータは、重大なサイバーセキュリティ・リスクをもたらし、これを軽減する必要がある。さらに、市場には多数の独自ソリューションが氾濫しているため、異なるIoTデバイスやプラットフォーム間の相互運用性を確保することも依然として課題となっている。もう一つの課題は、IoT技術に精通した熟練専門家の不足である。IoT開発の急速なペースには、データ分析、機械学習、サイバーセキュリティなどの分野に精通した労働力が必要です。IoTの成長を持続させるためには、こうした需要に対応できる労働力のスキルアップが不可欠である。
結論として、インドのモノのインターネット市場は目覚ましい成長を遂げており、さらなる発展の計り知れない可能性を秘めている。政府の支援、認知度の向上、業界のイノベーションにより、IoTは様々な分野を再構築し、経済成長を促進し、何百万人ものインド人の生活を向上させる態勢が整っている。とはいえ、インドでIoTの可能性を最大限に引き出し、持続可能で安全なデジタルの未来を確保するには、データプライバシー、セキュリティ、相互運用性、人材育成などの課題に取り組むことが極めて重要になる。インドがIoT革命を受け入れ続けることで、この変革技術におけるグローバルリーダーになることができる。
主な市場促進要因
政府の取り組みと政策
インドのモノのインターネット(IoT)市場は、政府による積極的な役割のおかげで力強い成長を遂げている。主要な市場促進要因の1つは、IoTの開発と普及を促進することを目的とした一連の意欲的な取り組みと政策である。2015年に開始された「デジタル・インディア」プログラムは、インドのデジタル環境の形成に役立っている。このプログラムは、デジタルインフラの改善、接続性の向上、IoTを含む先進技術の採用促進に重点を置いている。Make in India」イニシアティブの下、政府はIoT機器や部品の国内製造も奨励している。これによりイノベーションが促進されただけでなく、国内のIoTスタートアップや企業が活躍しやすい環境が整った。さらに、国家電気通信政策2018は、インドの経済発展におけるIoTの重要性を強調し、その成長を促進するための戦略を概説した。
全国にスマートシティを建設するという政府のコミットメントは、IoT導入の大きな推進力となっている。2015年に開始されたスマートシティミッションは、都市部を技術的に高度で効率的かつ持続可能な中心地へと変革することを目的としている。IoTはこのビジョンの達成に極めて重要な役割を果たしており、さまざまなスマートシティプロジェクトが、スマート交通、廃棄物管理、エネルギー最適化などのアプリケーションにIoTセンサーと接続性を活用している。さらに政府は、IoT技術の責任ある安全な展開を確保するための規制枠組みを導入している。2015年に発表されたIoT政策の草案では、データプライバシー、セキュリティ、標準化に関するガイドラインが示されている。
産業用IoT(IIoT)ソリューションへの需要の高まり
インドの産業環境は大きな変革期を迎えており、産業用IoT(IIoT)ソリューションの採用が顕著な市場促進要因として浮上している。製造業、農業、物流などさまざまな分野で、業務効率の改善、コスト削減、生産性向上におけるIIoTの可能性が認識されつつある。製造業では、インダストリー4.0のコンセプトが勢いを増しており、IoTはこうしたイノベーションの中核を担っている。IoTセンサーと接続された機械を備えたスマート工場は一般的になりつつある。これらのセンサーは機械の性能に関するデータをリアルタイムで収集し、予知保全を可能にしてダウンタイムを削減し、全体的な生産性を向上させる。サプライチェーンやロジスティクス業務もIIoTソリューションの恩恵を受けている。IIoTソリューションは商品の動きをエンド・ツー・エンドで可視化するため、企業は流通網を最適化し、業務の非効率性を削減することができる。
農業もまた、IIoTの導入が急増している分野の1つである。インドの農業部門は経済に大きく貢献しており、土壌の状態、作物の健康状態、天候パターンを監視するためのIoTセンサーの使用は、伝統的な農法を変革しつつある。農家に実用的なデータを提供することで、IIoTソリューションは灌漑の最適化、資源の浪費の削減、作物の収量増加に役立っている。さらに医療業界では、高度な医療機器や患者の遠隔モニタリングにIIoTが活用されている。IoT対応医療機器は、患者データをリアルタイムで収集し医療提供者に送信できるため、タイムリーな介入が可能になり、特に遠隔地や十分なサービスを受けていない地域における患者の転帰が改善される。
成長する消費者向けIoT市場
インドの消費者向けIoT市場は、消費者意識の高まり、可処分所得の増加、利便性とスマートな生活への欲求に後押しされ、急速な成長を遂げている。インドの消費者は、日常生活を向上させる幅広いIoT対応機器やソリューションを受け入れている。スマートホームデバイスは、最も人気のある消費者向けIoT製品のひとつである。これには、スマートスピーカー、サーモスタット、照明システム、防犯カメラなどが含まれ、いずれも自宅の管理により大きなコントロールと利便性を提供するように設計されている。リモートワークやデジタル・エンターテインメントのトレンドが高まる中、スマート・ホーム・ソリューションの関連性はさらに高まっており、ユーザーはスマートフォンのアプリや音声コマンドを通じて自宅の様々な側面をコントロールできるようになっている。
インドではウェアラブル技術も普及しており、フィットネストラッカーやスマートウォッチがますます一般的になっている。これらのデバイスは、個人の健康状態やフィットネス目標をモニターするのに役立ち、身体活動、心拍数、睡眠パターンに関するデータをリアルタイムで提供する。さらに、スマート冷蔵庫、洗濯機、空気清浄機などのコネクテッド家電の採用も増加している。これらの電化製品はエネルギー効率と利便性を提供し、消費者にとって魅力的なものとなっている。消費者向けIoT市場が拡大を続けるなか、国内外のIoTメーカーやサービスプロバイダーにとって大きなビジネスチャンスとなっている。革新的で手頃な価格の消費者向けIoT製品に対する需要は、この分野のさらなる成長を促進すると予想される。
意識の高まりとデジタルリテラシー
インドのIoT市場にとってもう1つの重要な促進要因は、国民の意識とデジタルリテラシーの向上である。より多くの人々がスマートフォンやインターネットにアクセスできるようになるにつれ、IoT技術が提供するメリットや可能性に対する理解が高まっている。このような意識は都市部に限ったものではなく、デジタル・インディア・プログラムのような取り組みによってデジタル・インフラと接続性が改善された農村部にも及んでいる。例えば、農家では、天気予報、市場価格、農業情報へのアクセスに、スマートフォンやIoTソリューションを利用するケースが増えている。さらに、教育機関や研修プログラムはIoT関連スキルに重点を置き、IoTソリューションを開発・実装できる労働力を育成している。このようなデジタルリテラシーは、企業や個人がIoT技術の潜在能力をフルに活用することを可能にするため、IoT市場の持続的成長には不可欠である。
主な市場課題
データ・プライバシーとセキュリティへの懸念
インドのモノのインターネット(IoT)市場が直面する最も大きな課題の1つは、データのプライバシーとセキュリティの問題である。IoT機器が急増し、さまざまなソースから膨大な量のデータを収集するようになるにつれ、こうしたデータの保護や悪用に対する懸念が前面に出てきている。大きな課題の一つは、データ漏洩やサイバー攻撃の可能性である。IoTデバイスはセキュリティ対策が限定的であることが多く、ハッキングの試みを受けやすい。保護が不十分なデバイスは、サイバー犯罪者がネットワークや機密情報にアクセスするための侵入口として機能する可能性がある。これは、個人だけでなく、企業、政府機関、重要インフラにとっても大きな脅威となる。
さらに、IoTデバイスによって生成される膨大な量のデータは、データの保存と管理の面でも課題をもたらします。このデータを確実に安全に保存し、データ保護規制に準拠させることは複雑な課題である。インドでは2019年に個人データの収集と利用を規制することを目的とした個人データ保護法案が導入された。しかし、このような規制を導入し、広範なIoTデバイスやアプリケーションでコンプライアンスを確保することは、困難な課題である。プライバシーへの懸念も重要な問題である。IoTデバイスは、日常生活、嗜好、行動など、個人に関するデータを収集することが多い。明確な同意と強固なプライバシー保護措置がなければ、このデータが悪用されたり、個人の知識や同意なしに共有されたりする危険性がある。サービス向上のための貴重なデータの収集と、個人のプライバシー権の尊重との間で適切なバランスを取ることは、複雑な課題である。
相互運用性と標準
相互運用性と標準規格は、インドのIoT市場における重要な課題である。多数のIoTデバイス、プラットフォーム、テクノロジーが利用可能な中、それらがシームレスに通信し、連携して動作できることを保証することは、IoTソリューションの成長とスケーラビリティにとって不可欠である。重要な問題の1つは、IoTエコシステムに標準化された通信プロトコルがないことだ。さまざまなメーカーが独自の通信プロトコルと標準を使用していることが多く、異なるベンダーのデバイスが相互運用するのは困難です。このような断片化は互換性の問題につながり、デバイス間のデータや機能のシームレスな交換を妨げます。
さらに、相互運用性の標準がないため、IoTソリューションの既存インフラへの統合が複雑になる。多くの企業や組織は、IoTデバイスを業務に組み込もうとする際、これらのデバイスが既存のシステムや他のIoTデバイスと容易に統合できない可能性があるため、困難に直面する。このような相互運用性の欠如は、IoT導入における追加コスト、遅延、複雑さを招く可能性がある。さらに、IoTデバイスとネットワークに関する明確なセキュリティ標準が存在しないことが、先に述べたセキュリティ上の課題を悪化させている。異なるIoTデバイス間でセキュリティ対策が異なると脆弱性が生じる可能性があり、標準化されたセキュリティ対策がないため、サイバー脅威からの強固な保護を確保することが難しくなる。
主な市場動向
エッジコンピューティングとIoTの統合
インドのモノのインターネット(IoT)市場を形成する顕著なトレンドの1つは、IoTとエッジコンピューティングの統合が進んでいることである。エッジコンピューティングでは、すべてのデータを集中型のクラウドサーバーに送信するのではなく、IoTデバイスなどの発生源に近い場所でデータを処理する。このトレンドがインドで勢いを増しているのには、いくつかの要因がある。まず、インドには多様で広大な地理があり、信頼性の高いインターネット接続が困難な遠隔地やサービスが行き届いていない地域が数多くあります。エッジコンピューティングは、低帯域幅や断続的な接続環境であっても、IoTデバイスを効率的に機能させることができる。例えば、農業分野では、IoTセンサーがローカルでデータを処理することで、常時接続のクラウドに依存することなく、灌漑や作物の健康状態についてリアルタイムの意思決定を行うことができます。
第二に、エッジ・コンピューティングはレイテンシーを低減するため、リアルタイム応答性が重要なアプリケーションに適している。ヘルスケアや製造業などの業界では、データ処理の遅延を最小限に抑えられるというメリットがある。例えばヘルスケアでは、ウェアラブルIoTデバイスがエッジで患者データを迅速に分析し、タイムリーな警告や介入を提供することができます。第三に、エッジ・コンピューティングはデータのプライバシーとセキュリティを強化する。機密データをローカルで処理することで、集中型サーバーへの転送中にデータが漏洩するリスクを低減する。インドではデータプライバシーとセキュリティの規制がますます重視されているため、この側面は特に重要である。エッジコンピューティングの採用が進むにつれ、IoTアーキテクチャが再構築され、インドのさまざまな産業でより効率的で応答性の高いIoTアプリケーションが実現されると期待されている。
IoTにおけるAIと機械学習の統合
人工知能(AI)と機械学習(ML)技術のIoTへの統合は、インドのIoT市場における顕著な傾向である。AIとMLは、IoTデバイスがデータを分析して学習することを可能にし、デバイスをより賢く、より適応的にする。このトレンドは、様々な分野で大きな進歩を促し、新たな可能性を生み出している。農業分野では、AIを搭載したIoTシステムがセンサー、衛星、天気予報からのデータを分析し、植え付け、灌漑、作物保護に関する的確な提案を行うことができる。このデータ主導のアプローチは、農家が資源利用を最適化し、収穫量を増やすのに役立つ。ヘルスケアでは、AI主導のIoTデバイスが患者データに対して高度な分析を実行し、病気の早期診断や個別化された治療計画を可能にする。例えば、ウェアラブル健康モニターは、継続的にデータを収集し、AIアルゴリズムを使用して、医療措置が必要な異常や傾向を検出することができます。スマートシティでは、AIを活用したIoTシステムが、交通管理、エネルギーの最適化、公共の安全において重要な役割を果たしている。AIアルゴリズムは、カメラ、センサー、その他のIoTデバイスからのデータを処理して、交通パターンを予測し、建物のエネルギー消費を最適化し、セキュリティ上の脅威を特定することができる。さらに、AIとIoTの統合は自律システムやロボット工学の発展にも寄与している。これらのシステムは独立して動作し、リアルタイムのデータに基づいて意思決定を行い、変化する環境に適応することができる。物流や製造などの業界では、AIとIoTを搭載した自律型ロボットが効率を改善し、人間の介入を減らしている。
持続可能なIoTソリューションとグリーン・テクノロジー
インドのIoT市場では、持続可能性と環境への配慮がますます重要な要素となっている。気候変動や資源保護への懸念が高まる中、持続可能なIoTソリューションやグリーンテクノロジーの開発・採用が顕著な傾向にある。この傾向の一側面として、環境モニタリングや環境保全の取り組みにおけるIoTの活用が挙げられる。IoTセンサーは、大気質、水質、土壌の状態を監視するために導入されている。こうしたデータは、汚染の早期発見、効率的な資源管理、自然生態系の保全に不可欠である。例えば、IoTベースの水質監視システムは、水資源の効率的な管理に役立ち、地域社会に清潔で安全な水を確保する。
スマートビルや都市も、持続可能なIoTソリューションを取り入れている。エネルギー効率の高いIoTセンサーやデバイスは、照明、暖房、冷房、エネルギー消費の最適化に利用されている。居住状況や環境条件に基づいてこれらのシステムをインテリジェントに調整することで、大幅な省エネを実現できる。これは、エネルギー消費と温室効果ガス排出を削減するというインドの目標と一致する。運輸部門では、持続可能性を促進するためにIoTの導入が進んでいる。スマート交通システムは、IoTセンサーを活用して交通の流れを最適化し、渋滞を緩和し、排出ガスを最小限に抑える。IoTプラットフォームを通じて管理できる電気自動車充電インフラは、よりクリーンな交通手段への移行を支援するために拡大している。さらにIoTは、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの成長を促進している。IoTデバイスが再生可能エネルギー・システムを監視・制御することで、クリーンなエネルギーの効率的な発電と配給が保証される。
セグメント別の洞察
プラットフォーム別洞察
プラットフォーム別では、アプリケーション管理分野がインドのモノのインターネット(IoT)市場で優位を占めており、予測期間を通じて揺るぎない優位性を示している。この圧倒的な地位は、IoTエコシステムのオーケストレーションと最適化においてアプリケーション管理が果たす極めて重要な役割を反映している。インドの様々なセクターでIoTの導入が加速し続ける中、企業や組織は、IoT導入の可能性を最大限に活用するために、堅牢なアプリケーション管理プラットフォームへの依存度を高めている。これらのプラットフォームは、IoTデバイスから生成される膨大な量のデータの収集、処理、分析を合理化し、実用的な洞察を提供して業務効率を向上させます。さらに、既存のインフラへのIoTソリューションのシームレスな統合を可能にし、互換性と拡張性を確保します。IoTが産業を変革し、インドの技術的展望を形成し続ける中、アプリケーション管理分野が不動の地位を確立していることは、全国のIoTイニシアチブの成功と持続可能性に対する重要な貢献を強調している。
アプリケーションの洞察
アプリケーション別に見ると、インドのモノのインターネット(IoT)市場では、家電セグメントが強力なフロントランナーとして台頭し、予測期間を通じて優位性を発揮して市場の軌道を形成している。このセグメントの目覚ましい台頭は、IoTがインドの消費者の日常生活に多大な影響を与えていることの証左である。中流階級の人口が急増し、デジタル接続性が高まるにつれて、スマートで接続された機器に対する消費者の需要が急増している。スマートTVやホームオートメーションシステムから、ウェアラブルガジェットやスマート家電に至るまで、IoTはインドの家庭に利便性、効率性、接続性のシームレスな網を織り込んでいる。このセグメントの優位性は、インドにおけるIoTの未来を形作る上で極めて重要な役割を担っていることを強調するものであり、IoT技術がライフスタイルを向上させ、家電部門の継続的な革新と成長の舞台を整える上で大きな影響力を持つことを反映している。消費者の期待が進化し続ける中、家電セグメントはIoT導入の最前線に立ち続け、イノベーションを推進し、インドの家庭に変革的な体験を提供することになるだろう。
地域別インサイト
南地域は、インドのモノのインターネット(IoT)市場において圧倒的な存在感を示し、その卓越した地位を確認するとともに、業界の方向性を形成する上で極めて重要な役割を担っていることを強調している。カルナータカ州、テランガナ州、タミル・ナードゥ州などを含むこの地域は、IoTの革新と導入の温床として浮上している。この技術革命の最前線にあるのが、インドのシリコンバレー、バンガロールであり、世界的な技術ハブとしての名声を得ている。バンガロールは、IoTスタートアップ、研究機関、多国籍テクノロジー大手のエコシステムとして繁栄している。この都市の強固なインフラ、熟練した労働力、イノベーションの文化が、バンガロールをIoT開発の最前線へと押し上げた。さらに、ハイデラバードやチェンナイのような都市も、特にヘルスケア、スマートシティ、製造業などの分野で、IoTの導入に大きく前進している。研究開発、IoT関連技術への投資、ビジネス環境の整備に力を入れている南部地域は、イノベーション、経済成長、技術進歩を促進し、インドのIoT状況を形成する上で主導権を握り続けている。
主要市場プレイヤー
タタ・コミュニケーションズ
インフォシス
ウィプロ
HCLテクノロジーズ・リミテッド
ラーセン&トウブロ・インフォテック・リミテッド
テック・マヒンドラ
アクセンチュア・インディア
IBM インディア・プライベート・リミテッド
マイクロソフト・インディア・プライベート・リミテッド
アマゾン ウェブ サービス インド プライベート リミテッド
レポートの範囲
本レポートでは、インドのモノのインターネット(IoT)市場を、以下に詳述する業界動向に加えて、以下のカテゴリーに分類しています:
- インドのモノのインターネット(IoT)市場、コンポーネント別
o ハードウェア
o ソフトウェア
o サービス
- インドのモノのインターネット(IoT)市場:プラットフォーム別
o デバイス管理
o アプリケーション管理
o ネットワーク管理
o データ管理
o その他
- インドのモノのインターネット(IoT)市場、アプリケーション別
o コンシューマー・エレクトロニクス
o スマートモビリティ&交通
o ビル&ホームオートメーション
o コネクテッド・ロジスティクス
o スマート小売
o その他
- インドのモノのインターネット(IoT)市場:地域別
o 北部地域
o 南部地域
o 西部地域
o 東部地域
競合状況
企業プロフィール:インドのモノのインターネット(IoT)市場に存在する主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
インドのモノのインターネット(IoT)市場レポートは所定の市場データを使用して、Tech Sci Research社は企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on India Internet of Things (IoT) Market
5. Voice of Customer
6. India Internet of Things (IoT) Market Overview
7. India Internet of Things (IoT) Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Hardware, Software, and Services)
7.2.2. By Platform (Device Management, Application Management, Network Management, Data Management, and Others)
7.2.3. By Application (Consumer Electronics, Smart Mobility & Transportation, Building & Home Automation, Connected Logistics, Smart Retail, and Others)
7.2.4. By Region (North Region, South Region, West Region, and East Region)
7.2.5. By Company (2023)
7.3. Market Map
8. North India Internet of Things (IoT) Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Platform
8.2.3. By Application
9. South India Internet of Things (IoT) Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Platform
9.2.3. By Application
10. West India Internet of Things (IoT) Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Platform
10.2.3. By Application
11. East India Internet of Things (IoT) Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Platform
11.2.3. By Application
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Tata Communications Limited
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Financials & Revenue
14.1.3. Key Contact Person
14.1.4. Headquarters Address
14.1.5. Key Product/Service Offered
14.2. Infosys Limited
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Financials & Revenue
14.2.3. Key Contact Person
14.2.4. Headquarters Address
14.2.5. Key Product/Service Offered
14.3. Wipro Limited
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Financials & Revenue
14.3.3. Key Contact Person
14.3.4. Headquarters Address
14.3.5. Key Product/Service Offered
14.4. HCL Technologies Limited
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Financials & Revenue
14.4.3. Key Contact Person
14.4.4. Headquarters Address
14.4.5. Key Product/Service Offered
14.5. Larsen & Toubro Infotech Limited
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Financials & Revenue
14.5.3. Key Contact Person
14.5.4. Headquarters Address
14.5.5. Key Product/Service Offered
14.6. Tech Mahindra Limited
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Financials & Revenue
14.6.3. Key Contact Person
14.6.4. Headquarters Address
14.6.5. Key Product/Service Offered
14.7. Accenture India Private Limited
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Financials & Revenue
14.7.3. Key Contact Person
14.7.4. Headquarters Address
14.7.5. Key Product/Service Offered
14.8. IBM India Private Limited
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Financials & Revenue
14.8.3. Key Contact Person
14.8.4. Headquarters Address
14.8.5. Key Product/Service Offered
14.9. Microsoft India Private Limited
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Financials & Revenue
14.9.3. Key Contact Person
14.9.4. Headquarters Address
14.9.5. Key Product/Service Offered
14.10. Amazon Web Services India Private Limited
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Financials & Revenue
14.10.3. Key Contact Person
14.10.4. Headquarters Address
14.10.5. Key Product/Service Offered
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The India Internet of Things (IoT) market was valued at USD 59.32 billion in 2023 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 18.84% during the forecast period. The Internet of Things (IoT) market in India has been on a remarkable trajectory of growth and transformation in recent years. As one of the world's largest and fastest-growing economies, India has become a hotbed for IoT innovation and adoption across various sectors. This burgeoning market is not only shaping the country's technological landscape but also revolutionizing industries, improving efficiency, sustainability, and the quality of life for millions of people. One of the key drivers of IoT growth in India is the government's ambitious "Digital India" initiative. Launched in 2015, this comprehensive program aims to transform India into a digitally empowered society and knowledge economy. Under this initiative, the government has focused on improving digital infrastructure, enhancing connectivity, and promoting the adoption of cutting-edge technologies, including IoT. These efforts have created a conducive environment for IoT development and deployment.
Agriculture is one of the sectors where IoT is making a significant impact in India. With a substantial portion of the population engaged in farming, technology-driven solutions have the potential to revolutionize agriculture and improve food security. IoT sensors are being used to monitor soil conditions, crop health, and weather patterns in real-time. Farmers can access this data through their smartphones, enabling data-driven decision-making. By optimizing irrigation and crop management, IoT is helping to increase crop yields, reduce resource wastage, and enhance overall agricultural productivity. The healthcare sector in India is also experiencing a substantial IoT-driven transformation. The adoption of connected medical devices, remote monitoring solutions, and telemedicine platforms is expanding access to healthcare services, particularly in remote and underserved areas. IoT-enabled devices can monitor patients' vital signs and transmit data to healthcare providers, allowing for timely intervention and improved patient outcomes. The ongoing COVID-19 pandemic has accelerated the adoption of telemedicine and remote patient monitoring, highlighting the value of IoT in healthcare.
In the realm of smart cities, India is making significant strides. The government has identified the development of smart cities as a top priority, with a vision to create urban centers that are efficient, sustainable, and technologically advanced. IoT plays a pivotal role in achieving this vision. Smart city initiatives encompass a wide range of applications, including smart street lighting, waste management systems, traffic management, and public safety enhancements. Through IoT technology, cities can optimize resource utilization, reduce energy consumption, and enhance the overall quality of life for residents. Manufacturing in India is undergoing a transformation driven by Industry 4.0 concepts, and IoT is at the heart of this evolution. Smart factories equipped with IoT sensors and connected machinery are becoming increasingly common. These sensors collect real-time data on machine performance, enabling predictive maintenance to reduce downtime and improve productivity. IoT-driven supply chain and logistics solutions are also streamlining operations, providing end-to-end visibility into the movement of goods, and helping companies optimize their distribution networks.
Moreover, the consumer IoT market in India is flourishing. Smart home devices, wearable technology, and connected appliances are gaining popularity among Indian consumers. These IoT-enabled products offer convenience, energy efficiency, and security benefits. Smart speakers, thermostats, and security cameras are just a few examples of IoT devices that are becoming commonplace in Indian households. As consumer awareness and disposable incomes continue to rise, the consumer IoT market is expected to expand further. However, while the growth of the IoT market in India is promising, it is not without its challenges. Data privacy and security concerns are paramount and addressing them is crucial to build trust among consumers and businesses. The sheer volume of data generated by IoT devices presents significant cybersecurity risks that need to be mitigated. Additionally, ensuring interoperability among different IoT devices and platforms remains a challenge, as the market is flooded with a multitude of proprietary solutions. Another challenge is the shortage of skilled professionals with expertise in IoT technology. The rapid pace of IoT development requires a workforce that is well-versed in areas such as data analytics, machine learning, and cybersecurity. Upskilling the workforce to meet these demands is essential for sustaining IoT growth.
In conclusion, the Internet of Things market in India is experiencing remarkable growth and holds immense potential for further development. With government support, increasing awareness, and industry innovations, IoT is poised to reshape various sectors, drive economic growth, and improve the lives of millions of Indians. Nevertheless, addressing challenges such as data privacy, security, interoperability, and workforce development will be pivotal to unlock the full potential of IoT in India and ensure a sustainable and secure digital future. As India continues to embrace the IoT revolution, it is positioned to become a global leader in this transformative technology.
Key Market Drivers
Government Initiatives and Policies
The Internet of Things (IoT) market in India is experiencing robust growth, thanks in large part to the proactive role played by the government. One of the key market drivers is the series of ambitious initiatives and policies aimed at fostering IoT development and adoption. The "Digital India" program, launched in 2015, has been instrumental in shaping India's digital landscape. It focuses on improving digital infrastructure, increasing connectivity, and promoting the adoption of advanced technologies, including IoT. Under the "Make in India" initiative, the government has also encouraged domestic manufacturing of IoT devices and components. This has not only spurred innovation but has also created a conducive environment for local IoT startups and enterprises to flourish. Furthermore, the National Telecom Policy 2018 emphasized the importance of IoT for India's economic development and outlined strategies to promote its growth.
The government's commitment to building smart cities across the country has been a significant driver of IoT adoption. The Smart Cities Mission, launched in 2015, aims to transform urban areas into technologically advanced, efficient, and sustainable centers. IoT plays a pivotal role in achieving this vision, with various smart city projects leveraging IoT sensors and connectivity for applications like smart transportation, waste management, and energy optimization. Additionally, the government has introduced regulatory frameworks to ensure the responsible and secure deployment of IoT technology. The draft IoT policy, released in 2015, provides guidelines on data privacy, security, and standardization.
Increasing Demand for Industrial IoT (IIoT) Solutions
The Indian industrial landscape is undergoing a significant transformation, and the adoption of Industrial Internet of Things (IIoT) solutions is emerging as a prominent market driver. Various sectors, including manufacturing, agriculture, and logistics, are increasingly recognizing the potential of IIoT in improving operational efficiency, reducing costs, and enhancing productivity. In manufacturing, Industry 4.0 concepts are gaining momentum, with IoT at the core of these innovations. Smart factories equipped with IoT sensors and connected machinery are becoming commonplace. These sensors collect real-time data on machine performance, enabling predictive maintenance to reduce downtime and improve overall productivity. Supply chain and logistics operations are also benefiting from IIoT solutions, as they provide end-to-end visibility into the movement of goods, helping companies optimize their distribution networks and reduce operational inefficiencies.
Agriculture is another sector witnessing a surge in IIoT adoption. India's agriculture sector is a significant contributor to its economy, and the use of IoT sensors for monitoring soil conditions, crop health, and weather patterns is transforming traditional farming practices. By providing farmers with actionable data, IIoT solutions are helping optimize irrigation, reduce resource wastage, and increase crop yields. Additionally, the healthcare industry is leveraging IIoT for advanced medical devices and remote patient monitoring. IoT-enabled medical devices can collect and transmit patient data to healthcare providers in real-time, enabling timely interventions and improving patient outcomes, particularly in remote and underserved areas.
Growing Consumer IoT Market
The consumer IoT market in India is experiencing rapid growth, driven by increasing consumer awareness, rising disposable incomes, and the desire for convenience and smart living. Indian consumers are embracing a wide range of IoT-enabled devices and solutions that enhance their everyday lives. Smart home devices are among the most popular consumer IoT products. These include smart speakers, thermostats, lighting systems, and security cameras, all designed to provide greater control and convenience in managing one's home. With the growing trend of remote work and digital entertainment, smart home solutions have become even more relevant, allowing users to control various aspects of their homes through smartphone apps or voice commands.
Wearable technology is also gaining traction in India, with fitness trackers and smartwatches becoming increasingly common. These devices help individuals monitor their health and fitness goals, providing real-time data on physical activity, heart rate, and sleep patterns. Furthermore, the adoption of connected appliances such as smart refrigerators, washing machines, and air purifiers is on the rise. These appliances offer energy efficiency and convenience features, making them attractive to consumers. As the consumer IoT market continues to expand, it presents significant opportunities for both domestic and international IoT manufacturers and service providers. The demand for innovative and affordable consumer IoT products is expected to drive further growth in this segment.
Increasing Awareness and Digital Literacy
Another crucial driver for the IoT market in India is the increasing awareness and digital literacy among the population. As more people gain access to smartphones and the internet, there is a growing understanding of the benefits and possibilities offered by IoT technology. This awareness is not limited to urban areas; it extends to rural regions as well, where initiatives like the Digital India program have improved digital infrastructure and connectivity. Farmers, for example, are increasingly using smartphones and IoT solutions to access weather forecasts, market prices, and agricultural information. Moreover, educational institutions and training programs are focusing on IoT-related skills, fostering a workforce capable of developing and implementing IoT solutions. This digital literacy is vital for the sustainable growth of the IoT market, as it enables businesses and individuals to harness the full potential of IoT technology.
Key Market Challenges
Data Privacy and Security Concerns
One of the most significant challenges facing the Internet of Things (IoT) market in India is the issue of data privacy and security. As IoT devices proliferate and collect vast amounts of data from various sources, concerns about the protection and misuse of this data have come to the forefront. One major challenge is the potential for data breaches and cyberattacks. IoT devices often have limited security measures in place, making them vulnerable to hacking attempts. Inadequately protected devices can serve as entry points for cybercriminals to gain access to networks and sensitive information. This poses a significant threat not only to individuals but also to businesses, government agencies, and critical infrastructure.
Furthermore, the sheer volume of data generated by IoT devices presents challenges in terms of data storage and management. Ensuring that this data is stored securely and compliant with data protection regulations is a complex task. India introduced the Personal Data Protection Bill in 2019, which aims to regulate the collection and use of personal data. However, the implementation of such regulations and ensuring compliance across a wide range of IoT devices and applications is a daunting challenge. Privacy concerns are also a significant issue. IoT devices often collect data about individuals, including their daily routines, preferences, and behaviors. Without clear consent and robust privacy safeguards, there is a risk that this data can be misused or shared without individuals' knowledge or consent. Striking the right balance between collecting valuable data for improving services and respecting individuals' privacy rights is a complex challenge.
Interoperability and Standards
Interoperability and standards are significant challenges in the Indian IoT market. With a plethora of IoT devices, platforms, and technologies available, ensuring that they can seamlessly communicate, and work together is essential for the growth and scalability of IoT solutions. One of the key issues is the lack of standardized communication protocols in the IoT ecosystem. Different manufacturers often use proprietary communication protocols and standards, making it challenging for devices from different vendors to interoperate. This fragmentation can lead to compatibility issues, hindering the seamless exchange of data and functionality between devices.
Moreover, the absence of interoperability standards complicates the integration of IoT solutions into existing infrastructure. Many businesses and organizations face difficulties when attempting to incorporate IoT devices into their operations, as these devices may not readily integrate with their existing systems or other IoT devices. This lack of interoperability can result in additional costs, delays, and complexity in IoT deployment. Furthermore, the absence of well-defined security standards for IoT devices and networks exacerbates the security challenges mentioned earlier. Varying security measures across different IoT devices can create vulnerabilities, and the lack of standardized security practices makes it harder to ensure robust protection against cyber threats.
Key Market Trends
Edge Computing and IoT Integration
One of the prominent trends shaping the Internet of Things (IoT) market in India is the increasing integration of IoT with edge computing. Edge computing involves processing data closer to the source of generation, such as IoT devices, rather than sending all data to centralized cloud servers. This trend is gaining momentum in India due to several factors. First, India has a diverse and vast geography, with many remote and underserved areas where reliable internet connectivity can be a challenge. Edge computing allows IoT devices to function efficiently even in low-bandwidth or intermittent connectivity environments. For example, in agriculture, IoT sensors can process data locally to make real-time decisions about irrigation or crop health without relying on a constant cloud connection.
Second, edge computing reduces latency, making it well-suited for applications where real-time responsiveness is critical. Industries like healthcare and manufacturing benefit from minimal delays in data processing. In healthcare, for instance, wearable IoT devices can quickly analyse patient data at the edge to provide timely alerts or interventions. Third, edge computing enhances data privacy and security. By processing sensitive data locally, it reduces the risk of data breaches during transit to centralized servers. This aspect is particularly significant given the increasing emphasis on data privacy and security regulations in India. As the adoption of edge computing continues to grow, it is expected to reshape IoT architectures, enabling more efficient and responsive IoT applications across various industries in India.
AI and Machine Learning Integration in IoT
The integration of artificial intelligence (AI) and machine learning (ML) technologies with IoT is a prominent trend in the Indian IoT market. AI and ML enable IoT devices to analyse and learn from data, making them smarter and more adaptive. This trend is driving significant advancements and creating new possibilities in various sectors. In agriculture, AI-powered IoT systems can analyse data from sensors, satellites, and weather forecasts to provide precise recommendations for planting, irrigation, and crop protection. This data-driven approach helps farmers optimize resource usage and increase yields. In healthcare, AI-driven IoT devices can perform advanced analytics on patient data, enabling early diagnosis of diseases and personalized treatment plans. Wearable health monitors, for example, can continuously collect data and use AI algorithms to detect anomalies or trends that may require medical attention. In smart cities, AI-enhanced IoT systems play a crucial role in traffic management, energy optimization, and public safety. AI algorithms can process data from cameras, sensors, and other IoT devices to predict traffic patterns, optimize energy consumption in buildings, and identify security threats. Furthermore, the integration of AI and IoT is contributing to the development of autonomous systems and robotics. These systems can operate independently, making decisions based on real-time data and adapting to changing environments. In industries like logistics and manufacturing, autonomous robots powered by AI and IoT are improving efficiency and reducing human intervention.
Sustainable IoT Solutions and Green Technology
Sustainability and environmental consciousness are becoming increasingly important factors in the Indian IoT market. With growing concerns about climate change and resource conservation, there is a notable trend towards the development and adoption of sustainable IoT solutions and green technology. One aspect of this trend involves the use of IoT in environmental monitoring and conservation efforts. IoT sensors are being deployed to monitor air quality, water quality, and soil conditions. This data is essential for early detection of pollution, efficient resource management, and the preservation of natural ecosystems. For instance, IoT-based water quality monitoring systems help in the efficient management of water resources, ensuring clean and safe water for communities.
Smart buildings and cities are also incorporating sustainable IoT solutions. Energy-efficient IoT sensors and devices are used to optimize lighting, heating, cooling, and energy consumption. By intelligently adjusting these systems based on occupancy and environmental conditions, significant energy savings can be achieved. This aligns with India's goal of reducing energy consumption and greenhouse gas emissions. The transportation sector is witnessing the adoption of IoT to promote sustainability. Smart transportation systems utilize IoT sensors to optimize traffic flow, reduce congestion, and minimize emissions. Electric vehicle charging infrastructure, which can be managed through IoT platforms, is expanding to support the transition to cleaner modes of transportation. Furthermore, IoT is facilitating the growth of renewable energy sources such as solar and wind power. IoT devices monitor and control renewable energy systems, ensuring efficient generation and distribution of clean energy.
Segmental Insights
Platform Insights
Based on platform, the application management segment emerges as the predominant segment in the India Internet of Things (IoT) market, exhibiting unwavering dominance projected throughout the forecast period. This commanding position reflects the pivotal role that application management plays in orchestrating and optimizing IoT ecosystems. As IoT adoption continues to accelerate across various sectors in India, businesses and organizations increasingly rely on robust application management platforms to harness the full potential of their IoT deployments. These platforms streamline the collection, processing, and analysis of vast amounts of data generated by IoT devices, providing actionable insights and driving operational efficiency. Moreover, they enable the seamless integration of IoT solutions into existing infrastructure, ensuring compatibility and scalability. As IoT continues to transform industries and shape India's technological landscape, the application management segment's steadfast prominence underscores its critical contribution to the success and sustainability of IoT initiatives nationwide.
Application Insights
Based on application, the consumer electronics segment in the India Internet of Things (IoT) market emerges as a formidable frontrunner, exerting its dominance and shaping the market's trajectory throughout the forecast period. This segment's remarkable ascendancy is a testament to the profound impact of IoT on the daily lives of Indian consumers. With the burgeoning middle-class population and increasing digital connectivity, consumer demand for smart and connected devices is surging. From smart TVs and home automation systems to wearable gadgets and smart appliances, IoT is weaving a seamless web of convenience, efficiency, and connectivity into the fabric of Indian households. This segment's dominance underscores its pivotal role in shaping the future of IoT in India, reflecting the profound influence of IoT technology on enhancing lifestyles and setting the stage for continued innovation and growth in the consumer electronics sector. As consumer expectations continue to evolve, the consumer electronics segment is set to remain at the forefront of IoT adoption, driving innovation, and delivering transformative experiences to Indian households.
Regional Insights
South Region firmly establishes itself as a commanding presence within the India Internet of Things (IoT) market, affirming its preeminent position, and highlighting its pivotal role in shaping the industry's course. This region, encompassing states like Karnataka, Telangana, and Tamil Nadu, has emerged as a hotbed for IoT innovation and adoption. At the forefront of this technological revolution is the Silicon Valley of India, Bangalore, which has earned its reputation as a global technology hub. Bangalore has become a thriving ecosystem for IoT startups, research institutions, and multinational technology giants. The city's robust infrastructure, skilled workforce, and a culture of innovation have propelled it to the forefront of IoT development. Moreover, cities like Hyderabad and Chennai have also made significant strides in IoT implementation, particularly in sectors like healthcare, smart cities, and manufacturing. With a strong focus on research and development, investment in IoT-related technologies, and a conducive business environment, the South Region continues to lead the charge in shaping the IoT landscape in India, fostering innovation, economic growth, and technological advancement.
Key Market Players
Tata Communications Limited
Infosys Limited
Wipro Limited
HCL Technologies Limited
Larsen & Toubro Infotech Limited
Tech Mahindra Limited
Accenture India Private Limited
IBM India Private Limited
Microsoft India Private Limited
Amazon Web Services India Private Limited
Report Scope:
In this report, the India Internet of Things (IoT) market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Internet of Things (IoT) Market, By Component:
o Hardware
o Software
o Services
• India Internet of Things (IoT) Market, By Platform:
o Device Management
o Application Management
o Network Management
o Data Management
o Others
• India Internet of Things (IoT) Market, By Application:
o Consumer Electronics
o Smart Mobility & Transportation
o Building & Home Automation
o Connected Logistics
o Smart Retail
o Others
• India Internet of Things (IoT) Market, By Region:
o North Region
o South Region
o West Region
o East Region
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Internet of Things (IoT) Market.
Available Customizations:
India Internet of Things (IoT) market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on India Internet of Things (IoT) Market
5. Voice of Customer
6. India Internet of Things (IoT) Market Overview
7. India Internet of Things (IoT) Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Hardware, Software, and Services)
7.2.2. By Platform (Device Management, Application Management, Network Management, Data Management, and Others)
7.2.3. By Application (Consumer Electronics, Smart Mobility & Transportation, Building & Home Automation, Connected Logistics, Smart Retail, and Others)
7.2.4. By Region (North Region, South Region, West Region, and East Region)
7.2.5. By Company (2023)
7.3. Market Map
8. North India Internet of Things (IoT) Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Platform
8.2.3. By Application
9. South India Internet of Things (IoT) Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Platform
9.2.3. By Application
10. West India Internet of Things (IoT) Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Platform
10.2.3. By Application
11. East India Internet of Things (IoT) Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Platform
11.2.3. By Application
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Tata Communications Limited
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Financials & Revenue
14.1.3. Key Contact Person
14.1.4. Headquarters Address
14.1.5. Key Product/Service Offered
14.2. Infosys Limited
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Financials & Revenue
14.2.3. Key Contact Person
14.2.4. Headquarters Address
14.2.5. Key Product/Service Offered
14.3. Wipro Limited
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Financials & Revenue
14.3.3. Key Contact Person
14.3.4. Headquarters Address
14.3.5. Key Product/Service Offered
14.4. HCL Technologies Limited
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Financials & Revenue
14.4.3. Key Contact Person
14.4.4. Headquarters Address
14.4.5. Key Product/Service Offered
14.5. Larsen & Toubro Infotech Limited
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Financials & Revenue
14.5.3. Key Contact Person
14.5.4. Headquarters Address
14.5.5. Key Product/Service Offered
14.6. Tech Mahindra Limited
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Financials & Revenue
14.6.3. Key Contact Person
14.6.4. Headquarters Address
14.6.5. Key Product/Service Offered
14.7. Accenture India Private Limited
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Financials & Revenue
14.7.3. Key Contact Person
14.7.4. Headquarters Address
14.7.5. Key Product/Service Offered
14.8. IBM India Private Limited
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Financials & Revenue
14.8.3. Key Contact Person
14.8.4. Headquarters Address
14.8.5. Key Product/Service Offered
14.9. Microsoft India Private Limited
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Financials & Revenue
14.9.3. Key Contact Person
14.9.4. Headquarters Address
14.9.5. Key Product/Service Offered
14.10. Amazon Web Services India Private Limited
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Financials & Revenue
14.10.3. Key Contact Person
14.10.4. Headquarters Address
14.10.5. Key Product/Service Offered
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(automation)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る