世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

フランスのスマートパーキング市場:コンポーネント別(パーキングセンサー、ステアリングアングルセンサー、電子制御ユニット(ECU)、ディスプレイユニット)、センサー技術別(超音波センサー、レーダーセンサー、画像センサー)、システム別(誘導式パークアシスト、スマートパークアシスト)、ソリューション別(セキュリティ&監視、駐車予約管理、バレーパーキング管理、ナンバープレート認識)、業種別(政府、商業)、地域別、市場競争、予測、機会、2018年~2028年F


France Smart Parking Market Segmented by Component (Parking Sensors, Steering Angle Sensors, Electronic Control Unit (ECU), Display Unit), By Sensor Technology (Ultrasonic Sensor, Radar Sensor, and Image Sensor), By System (Guided Park Assist, Smart Park Assist), By Solution (Security & Surveillance, Parking Reservation Management, Valet Parking Management, and License Plate Recognition), By Vertical (Government, Commercial), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2018-2028F

フランスのスマートパーキング市場は、2022年に1億9,168万米ドルとなり、予測期間中のCAGRは18.52%で、堅調な成長が予測されている。フランスのスマートパーキング市場は大きな変革期を迎えており、都市モビリテ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
81 英語

 

サマリー

フランスのスマートパーキング市場は、2022年に1億9,168万米ドルとなり、予測期間中のCAGRは18.52%で、堅調な成長が予測されている。フランスのスマートパーキング市場は大きな変革期を迎えており、都市モビリティの革新と効率化の時代の到来を告げている。欧州有数の経済大国であり、パリ、リヨン、マルセイユなど、世界で最も象徴的な都市の本拠地であるフランスは、都市の混雑と駐車場に関する大きな課題に直面している。人口密集地では駐車スペースが限られているため、インテリジェントで持続可能な駐車場ソリューションが急務となっている。こうした課題に対応するため、フランスのスマートパーキング業界は目覚ましい成長を遂げており、テクノロジー主導のソリューションが市民や観光客の駐車方法を変えている。フランスのスマートパーキング市場を支える重要な原動力は、テクノロジーの絶え間ない進歩である。モノのインターネット(IoT)センサー、データ分析、モバイル・アプリケーションの普及により、洗練されたスマート・パーキング・システムの開発が可能になった。これらのシステムは、リアルタイムのデータ収集と分析を活用して駐車スペースの空き状況を監視し、自動車利用者を空いている場所に正確に誘導して、駐車場探しに費やす時間を最小限に抑える。こうした技術の進歩は、ドライバーの日々のフラストレーションを軽減するだけでなく、都市部における交通渋滞の緩和や環境負荷の低減という、より大きな目標にも貢献している。
コネクテッドカーは、フランスにおけるスマートパーキングの成長を後押しするもう一つの有力な要因として浮上している。IoT機能を搭載した自動車が増えるにつれ、スマートパーキングのインフラとシームレスに通信できるようになった。これらの車両は、利用可能な駐車スペースを特定し、ドライバーを目的地まで直接誘導することができるため、従来の駐車方法に伴う混乱を軽減することができる。これは、駐車場での体験全体を向上させるだけでなく、交通渋滞とそれに伴う燃料消費と排出ガスを大幅に削減し、気候変動と闘い、都市の空気の質を改善するフランスの取り組みに貢献する。フランス政府は、スマートパーキング産業の育成に極めて重要な役割を果たしている。このような革新的なソリューションが持続可能な都市開発にもたらすメリットを認識し、政府は全国でスマートパーキングの取り組みを積極的に推進してきた。フランスのさまざまな都市が、企業や駐車場施設にスマートパーキングシステムの導入を奨励するため、パイロットプロジェクトやインセンティブプログラムを開始した。こうした取り組みは官民双方から支持を集めており、フランスの広範な環境・交通目標に合致している。
さらに、フランスで活動するテクノロジー企業や新興企業は、スマートパーキング分野のイノベーションを推進する最前線にいる。これらの企業は、AIによる駐車場の最適化、ユーザーフレンドリーなモバイルアプリケーション、合理化された支払いプロセスなど、最先端のソリューションを開拓している。自治体や駐車場運営会社と協力することで、自社のソリューションを既存のインフラにシームレスに統合し、すべての利害関係者にとってスマートパーキングへのスムーズな移行を実現している。このように官民が連携することで、ダイナミックなエコシステムが育まれ、イノベーションが促進され、全国でスマートパーキングシステムの展開が加速している。スマートパーキングの利点は、単なる利便性にとどまらない。都市の持続可能性と生活の質にとって、広範囲に及ぶ意味を持つ。駐車場を探す時間を短縮することで、自動車の燃料消費量と温室効果ガスの排出量を削減し、環境に対するフランスのコミットメントに沿う。また、スマートパーキングがもたらす経済効果も大きい。企業にとっても住民にとっても、都市部全体の魅力が高まるからだ。混雑が緩和され、交通の流れが改善されることで、経済の生産性が向上し、市民の生活の質も向上する。
結論として、フランスのスマートパーキング市場は、効率的な都市モビリティ・ソリューションに対する緊急のニーズと、持続可能な開発に対する政府の支援によって、急速な成長と変貌を遂げている。テクノロジーの融合、コネクテッドカーの普及、テクノロジー企業の積極的な参入が、スマートパーキング業界を前進させている。フランスの都市が進化を続け、21世紀の課題に適応していく中で、スマートパーキングシステムは、より住みやすく、持続可能で、技術的に先進的な都市環境を構築する努力の要であり続けるだろう。フランスにおけるスマートパーキングの未来は、同じような都市モビリティの課題に取り組んでいる他の国々に青写真を提供し、大きな可能性を秘めている。
主要市場要因
都市化と人口増加
フランスは、多くの先進国と同様、著しい都市化と人口増加の傾向にある。より良い経済機会と生活の質の向上を求めて、都市に移住する人が増えている。その結果、パリ、リヨン、マルセイユといったフランスの主要都市では、駐車場の需要がますます高まっている。都市化の進展と道路を走る自動車数の増加が相まって、既存の駐車場インフラに莫大な圧力がかかり、渋滞や駐車場探しに要する時間の長期化、ドライバーの不満の増大につながっている。この基本的な要因が、既存の駐車資源を最適化し、都市全体のモビリティ体験を向上させるための不可欠な手段として、スマート・パーキング・ソリューションの採用を後押ししている。
政府の取り組みと規制
フランス政府は、都市の混雑と環境への懸念に対処するため、スマートパーキング構想を積極的に推進している。より広範な持続可能性の目標に沿い、政府は都市部における厳しい排ガス規制を導入し、交通渋滞と排ガスを削減するスマートパーキングソリューションの導入を奨励している。さらに、フランス全土のさまざまな自治体がパイロットプロジェクトを立ち上げ、スマートパーキングシステムの導入を奨励するための財政的インセンティブを提供している。こうした取り組みには、税制優遇措置、補助金、スマートパーキング分野の研究開発支援などが含まれる。持続可能な都市開発に対する政府のコミットメントと、スマートパーキング導入の触媒としての政府の役割は、フランスのスマートパーキング市場の成長の重要な推進力となっている。
技術の進歩
特にモノのインターネット(IoT)、データ分析、モバイル・アプリケーションなどの分野における技術の急速な進歩は、フランスのスマートパーキングの状況を一変させた。駐車スペースに配備されたIoTセンサーは、駐車場の空き状況に関するリアルタイムのデータを収集し、そのデータは処理され、ユーザーフレンドリーなモバイル・アプリケーションを通じてドライバーに伝達される。この技術により、ドライバーは事前に駐車場を探し、予約することができるため、駐車場を探す時間が短縮され、混雑が最小限に抑えられる。さらに、IoT機能を備えたコネクテッド・カーは、スマートパーキング・インフラと相互作用することができ、空き駐車スペースへのシームレスなナビゲーションを提供することができる。このような技術革新が進化を続けるにつれ、より身近で手頃なものとなり、スマートパーキング市場の成長の重要な原動力となっている。
環境の持続可能性と排出削減
フランスは、環境の持続可能性と二酸化炭素排出量の削減に強くコミットしている。気候変動と闘い、都市部の空気の質を改善する取り組みの一環として、交通渋滞とそれに伴う排出ガスの削減が最優先課題となっている。スマート・パーキング・ソリューションは、駐車場の空き状況を最適化し、車両がアイドリングや駐車場探しに費やす時間を減らし、最終的に燃料消費量と温室効果ガス排出量を削減することで、こうした目標を達成する上で重要な役割を果たす。政府も民間セクターも、スマートパーキングがより持続可能で環境に優しい交通エコシステムに大きく貢献できることを認識しているためである。この環境上の要請は、フランスのスマートパーキング市場の成長を後押しする強力な推進力となっている。
主な市場課題
インフラ統合とコスト
フランスのスマートパーキング市場が直面する主な課題の一つは、スマートパーキングシステムを既存のインフラに統合することと、それに伴うコストである。スマートパーキング技術は、駐車資源を最適化し、都市のモビリティを向上させる上で大きな可能性を秘めているが、既存の駐車施設や都市インフラを改修することは、複雑でコストのかかる取り組みとなる。フランスの多くの駐車場は、最新のスマートパーキングシステムの要件を考慮せずに建設されたため、センサーやカメラなどのハードウェアを設置する必要がある。統合の過程では、通常の駐車場運営に支障をきたす可能性があるため、利用者に不便を強いることになり、施設所有者がこうしたソリューションの採用を躊躇することにもなりかねない。
さらに、スマートパーキング技術の導入に必要な初期投資は、自治体や駐車場運営者にとって、特に予算が限られている小規模な町や地域にとっては、大きな障壁となりうる。この費用には、センサーやソフトウェアの設置だけでなく、継続的なメンテナンスやサポート費用も含まれる。渋滞の緩和、交通の流れの改善、利用者の利便性の向上といった面で大きなメリットがあるにもかかわらず、利害関係者にスマートパーキング事業に資金を割り当てるよう説得し、長期的な投資対効果を実証することは、困難な場合がある。さらに、スマートパーキングシステムの統合には、自治体当局、民間駐車場事業者、テクノロジープロバイダーなど、さまざまな利害関係者の協力と調整が必要になることもある。システム仕様、データ共有契約、収益分配モデルについてコンセンサスを得ることは、複雑で時間のかかることである。フランス全土でスマートパーキングソリューションを普及させるためには、こうしたインフラ統合とコストの課題を克服することが極めて重要である。
プライバシーとデータセキュリティへの懸念
スマートパーキングシステムは、センサー、カメラ、モバイルアプリケーションからのリアルタイムデータの収集と分析に依存しているため、プライバシーとデータセキュリティに関する懸念がフランス市場における重要な課題として浮上している。これらのシステムによって収集されるデータには、ナンバープレート番号、車両の位置、利用者のプロフィールといった機密情報が含まれる可能性がある。適切に保護されない場合、このデータは侵害、ハッキング、悪用される可能性があり、個人のプライバシーとセキュリティを損なう可能性がある。さらに、特に複数の主体がスマートパーキング・プロジェクトに関与している場合、データの所有権や使用権をめぐる曖昧さがしばしば存在する。自治体、駐車場事業者、テクノロジープロバイダーは、明確なデータガバナンスポリシーを確立し、欧州の一般データ保護規則(GDPR)などの厳しいデータ保護規制を遵守しなければならない。これらの規制を確実に遵守するためには、データの暗号化、アクセス制御、プライバシー保護措置の導入など、複雑な作業が必要となります。
市民の信頼を築き、スマートパーキングシステムの導入を促進するためには、関係者がこうしたプライバシーやセキュリティに関する懸念に透明性をもって対処することが不可欠である。これには、データの取り扱い方法に関する明確な情報を提供すること、必要に応じて利用者の同意を得ること、データセキュリティ対策を定期的に監査・評価することなどが含まれる。こうした懸念に適切に対処できなければ、世論の抵抗、法的な挑戦、風評被害につながりかねず、フランスにおけるスマートパーキング技術の成長と受容の妨げとなる。
主な市場動向
サービスとしてのモビリティ(MaaS)の統合
フランスのスマートパーキング市場の将来を形作る顕著な傾向の一つは、スマートパーキングソリューションのモビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)プラットフォームへの統合が進んでいることである。MaaSは、公共交通機関、ライドシェア、自転車、徒歩など、さまざまな交通手段を網羅するシームレスでユーザー中心の交通サービスを提供することを目的としている。スマートパーキングは、利用者が総合的な移動計画の一環として駐車場を検索・予約できるようにすることで、MaaSエコシステムにおいて重要な役割を果たしている。フランスでは、いくつかの都市が都市のモビリティを簡素化するMaaS構想に積極的に取り組んでいる。スマートパーキング技術はMaaSアプリに統合されつつあり、ユーザーは駐車場を見つけるだけでなく、単一のデジタルプラットフォームを通じて料金を支払うこともできる。このトレンドは、都市移動の利便性を高め、利用者を利用可能な駐車スポットに誘導することで混雑を緩和し、公共交通機関や代替移動手段の利用を促す。スマートパーキングとMaaSの相乗効果は、フランスの持続可能な都市開発へのコミットメントと一致し、現代の都市交通の課題に対する包括的なソリューションを提供する。
MaaSが普及し続け、都市モビリティの不可欠な一部となるにつれて、スマートパーキングソリューションの導入が進み、フランスのスマートパーキング市場の成長をさらに加速させるだろう。
非接触・モバイル決済
フランスのスマートパーキング市場におけるもう一つの重要なトレンドは、非接触・モバイル決済方式へのシフトである。この傾向はCOVID-19の大流行によって加速され、公共スペースでの身体接触を減らし、衛生を促進することの重要性が浮き彫りになった。フランスのスマートパーキングシステムでは、非接触型支払いオプションの提供が増えており、利用者はモバイルアプリ、NFC(近距離無線通信)技術、QRコードを使って駐車料金を支払うことができる。これにより、物理的な支払いキオスクや発券機が不要になり、ウイルス感染のリスクが軽減され、全体的なユーザー体験が向上する。さらに、モバイル決済は便利であり、キャッシュレス取引への嗜好の高まりにも合致している。フランスの自治体や駐車場事業者は、スマートパーキングシステムの導入を促進するために、安全で使い勝手の良い支払い方法を提供することの重要性を認識している。その結果、スマートパーキング市場では、非接触型およびモバイル決済ソリューションの開発と統合が急増しており、利用者にとって駐車場がより身近で安全なものになっている。
持続可能性と環境に優しい取り組み
持続可能性は、フランスのスマートパーキング市場に影響を与える広範な傾向である。全国の都市では、気候変動と闘い、都市交通が環境に与える影響を軽減するために、環境に優しい取り組みを採用する傾向が強まっている。スマートパーキング技術は、駐車資源を最適化し、交通渋滞を緩和し、駐車場探しに伴う排出ガスを最小限に抑えることで、こうした取り組みにおいて極めて重要な役割を果たしている。こうした持続可能性の目標に沿うため、フランスの多くの都市が「環境に優しい」スマートパーキング・ソリューションを導入している。これらのソリューションは、駐車場内の電気自動車(EV)充電インフラを優先し、電気自動車の導入を奨励し、クリーンエネルギー輸送を促進している。さらに、ハイブリッド車やEVなど環境に優しい車の駐車を優先し、その利用を促すよう設計されたスマートパーキングシステムもある。
さらに、スマートパーキングのデータは、交通計画をサポートし、二酸化炭素排出量を削減するために活用されている。駐車場データから得られる洞察は、都市計画担当者が都市開発、交通管理、公共交通の拡大について十分な情報に基づいた決定を下すのに役立つ。気候変動への対応が急務となる中、フランスでは持続可能で環境に優しいスマートパーキングソリューションを求める傾向が続くと予想される。この傾向は、スマートパーキングの環境面での信頼性を高めるだけでなく、温室効果ガス排出量の削減と環境に配慮した都市モビリティの推進というフランスの広範なコミットメントにも合致している。
セグメント別の洞察
ソリューション別洞察
ソリューション別では、駐車場予約管理部門がフランスのスマートパーキング市場で優位を占めており、予測期間を通じて揺るぎない優位性を示している。この優位性は、フランスの活気ある都市が直面する差し迫った都市モビリティの課題に対処する上で、駐車場予約システムの価値が認識されつつあることに起因している。駐車場予約管理は、駐車場の事前予約を可能にすることで利用者に利便性を提供するだけでなく、交通渋滞の緩和や駐車場資源の利用最適化においても極めて重要な役割を果たしている。フランスの都市では、駐車場の空きが限られ、交通渋滞が深刻化しているため、駐車場を事前に予約する機能は、通勤客と企業の双方にとって求められるソリューションとなっている。さらに、モバイルアプリやIoTセンサーなどの技術の進歩により、駐車場予約システムはより使いやすく効率的になり、フランスにおけるスマートパーキング市場の継続的成長の原動力としての地位を確固たるものにしている。
業種別洞察
業種別では、フランスのスマートパーキング市場における商業部門が強力なフロントランナーとして浮上し、予測期間を通じて優位性を発揮して市場の軌道を形成している。この商業部門の優位性は、フランス全土の人口密集都市部の企業、ショッピングセンター、娯楽施設が直面している深刻な駐車場の課題によって後押しされている。顧客体験の向上と業務効率の最適化に絶え間なく注力する商業施設は、スマート・パーキング・ソリューションにますます注目するようになっている。これらのソリューションは、駐車場管理を合理化するだけでなく、データ分析を通じて顧客の行動や嗜好に関する貴重な洞察を提供する。企業が利用者の利便性と満足度を優先し続ける中、商業セグメントは持続的な成長を遂げるだろう。さらに、商業スペースへのスマートパーキングの統合は、フランスの広範な都市開発目標とシームレスに整合しており、近代的で技術主導の商業施設の進化において極めて重要な要素となっている。この傾向は、商業部門をフランス・スマートパーキング市場の変革の原動力として位置づけている。
地域の洞察
フランス北部地域は、フランス・スマートパーキング市場において確固たる存在感を示しており、その卓越した地位を確認し、業界の方向性を形成する上で極めて重要な役割を担っていることを強調している。この優位性は、いくつかの重要な要因に起因している。第一に、フランス北部には活気あふれる大都市パリがあり、人口密度が高く、駐車場の利用可能台数が限られているため、都市モビリティに関する深刻な課題に直面している。国の首都であり、世界有数の観光都市でもあるパリは、こうした課題に対処するため、最先端のスマート・パーキング・ソリューションの導入で最先端を走ってきた。IoTセンサーやデータ分析などの先端技術への継続的な投資により、駐車場資源管理の最適化だけでなく、交通渋滞の大幅な緩和も実現している。さらに、スマート駐車場システムの導入における北フランスの積極的なアプローチは、持続可能な都市開発に対する同国のコミットメントとシームレスに一致している。その結果、スマートパーキング市場の開拓と拡大における北フランスの極めて重要な役割は、フランスの都市モビリティの未来を形成するための永続的な影響力と貢献を強調している。
主要市場プレイヤー
インディゴSAS
サジェムコムSAS
センソシングス SAS
フローバード SAS
ゼロックス・コーポレーション
シーメンス・フランス・ホールディングS.A.S
ネダップ N.V.
カレオ・テクノロジーズ SAS
スマート・パーキング・ソリューションズ LLC
INRIX, Inc.
レポートの範囲
本レポートでは、フランスのスマートパーキング市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- フランスのスマートパーキング市場:コンポーネント別
o パーキングセンサー
o ステアリング角センサー
o 電子制御ユニット(ECU)
o ディスプレイユニット
- フランスのスマートパーキング市場:センサー技術別
o 超音波センサー
o レーダーセンサー
o 画像センサー
- フランスのスマートパーキング市場:システム別
o ガイド付きパークアシスト
スマートパークアシスト
- フランスのスマートパーキング市場:ソリューション別
o セキュリティと監視
o 駐車場予約管理
o バレーパーキング管理
o ライセンスプレート認識
- フランスのスマートパーキング市場:業種別
o 政府
o 商業
- フランスのスマートパーキング市場:地域別
o フランス北部
o フランス西部
o フランス南部
o フランス東部
o フランス南西部
o フランス中部
競合他社の状況
企業プロフィール:フランスのスマートパーキング市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のフランススマートパーキング市場レポートは、所定の市場データを基に、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on France Smart Parking Market
5. Voice of Customer
6. France Smart Parking Market Overview
7. France Smart Parking Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Parking Sensors, Steering Angle Sensors, Electronic Control Unit (ECU), Display Unit)
7.2.2. By Sensor Technology (Ultrasonic Sensor, Radar Sensor, and Image Sensor)
7.2.3. By System (Guided Park Assist, Smart Park Assist)
7.2.4. By Solution (Security & Surveillance, Parking Reservation Management, Valet Parking Management, and License Plate Recognition)
7.2.5. By Vertical (Government, Commercial)
7.2.6. By Region (Northern France, Western France, Southern France, Eastern France, South Western France, and Central France)
7.2.7. By Company (2022)
7.3. Market Map
8. Northern France Smart Parking Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Sensor Technology
8.2.3. By System
8.2.4. By Solution
8.2.5. By Vertical
9. Western France Smart Parking Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Sensor Technology
9.2.3. By System
9.2.4. By Solution
9.2.5. By Vertical
10. Southern France Smart Parking Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Sensor Technology
10.2.3. By System
10.2.4. By Solution
10.2.5. By Vertical
11. Eastern France Smart Parking Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Sensor Technology
11.2.3. By System
11.2.4. By Solution
11.2.5. By Vertical
12. South Western France Smart Parking Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Value
12.2. Market Share & Forecast
12.2.1. By Component
12.2.2. By Sensor Technology
12.2.3. By System
12.2.4. By Solution
12.2.5. By Vertical
13. Central France Smart Parking Market Outlook
13.1. Market Size & Forecast
13.1.1. By Value
13.2. Market Share & Forecast
13.2.1. By Component
13.2.2. By Sensor Technology
13.2.3. By System
13.2.4. By Solution
13.2.5. By Vertical
14. Market Dynamics
14.1. Drivers
14.2. Challenges
15. Market Trends and Developments
16. Company Profiles
16.1. Indigo SAS
16.1.1. Business Overview
16.1.2. Key Financials & Revenue
16.1.3. Key Contact Person
16.1.4. Headquarters Address
16.1.5. Key Product/Service Offered
16.2. Sagemcom SAS
16.2.1. Business Overview
16.2.2. Key Financials & Revenue
16.2.3. Key Contact Person
16.2.4. Headquarters Address
16.2.5. Key Product/Service Offered
16.3. SensoThings SAS
16.3.1. Business Overview
16.3.2. Key Financials & Revenue
16.3.3. Key Contact Person
16.3.4. Headquarters Address
16.3.5. Key Product/Service Offered
16.4. Flowbird SAS
16.4.1. Business Overview
16.4.2. Key Financials & Revenue
16.4.3. Key Contact Person
16.4.4. Headquarters Address
16.4.5. Key Product/Service Offered
16.5. Xerox Corporation
16.5.1. Business Overview
16.5.2. Key Financials & Revenue
16.5.3. Key Contact Person
16.5.4. Headquarters Address
16.5.5. Key Product/Service Offered
16.6. Siemens France Holding S.A.S
16.6.1. Business Overview
16.6.2. Key Financials & Revenue
16.6.3. Key Contact Person
16.6.4. Headquarters Address
16.6.5. Key Product/Service Offered
16.7. Nedap N.V.
16.7.1. Business Overview
16.7.2. Key Financials & Revenue
16.7.3. Key Contact Person
16.7.4. Headquarters Address
16.7.5. Key Product/Service Offered
16.8. Caleo Technologies SAS
16.8.1. Business Overview
16.8.2. Key Financials & Revenue
16.8.3. Key Contact Person
16.8.4. Headquarters Address
16.8.5. Key Product/Service Offered
16.9. Smart Parking Solutions LLC
16.9.1. Business Overview
16.9.2. Key Financials & Revenue
16.9.3. Key Contact Person
16.9.4. Headquarters Address
16.9.5. Key Product/Service Offered
16.10. INRIX, Inc.
16.10.1. Business Overview
16.10.2. Key Financials & Revenue
16.10.3. Key Contact Person
16.10.4. Headquarters Address
16.10.5. Key Product/Service Offered
17. Strategic Recommendations
18. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The France Smart Parking market was valued at USD 191.68 Million in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 18.52% during the forecast period. The smart parking market in France is undergoing a profound transformation, ushering in an era of innovation and efficiency in urban mobility. As one of Europe's leading economies and home to some of the world's most iconic cities, including Paris, Lyon, and Marseille, France faces significant urban congestion and parking challenges. The limited availability of parking spaces in densely populated areas has given rise to the urgent need for intelligent and sustainable parking solutions. In response to these challenges, the smart parking industry in France has seen remarkable growth, with technology-driven solutions reshaping the way citizens and visitors park their vehicles. A key driving force behind the smart parking market in France is the relentless march of technology. The proliferation of Internet of Things (IoT) sensors, data analytics, and mobile applications has enabled the development of sophisticated smart parking systems. These systems leverage real-time data collection and analysis to monitor parking space availability, guiding motorists to open spots with precision and minimizing the time spent searching for parking. Such technological advancements not only alleviate the daily frustration of drivers but also contribute to the broader goals of reducing traffic congestion and environmental impact in urban areas.
Connected vehicles have emerged as another influential factor propelling the growth of smart parking in France. As more cars come equipped with IoT capabilities, they can seamlessly communicate with smart parking infrastructure. These vehicles can identify available parking spaces and guide drivers directly to their destinations, reducing the chaos associated with conventional parking methods. This not only enhances the overall parking experience but also significantly reduces traffic congestion and the associated fuel consumption and emissions, contributing to France's efforts to combat climate change and improve air quality in cities. The French government has played a pivotal role in fostering the smart parking industry. Recognizing the benefits of these innovative solutions for sustainable urban development, the government has actively promoted smart parking initiatives across the country. Various cities in France have launched pilot projects and incentive programs to encourage businesses and parking facilities to implement smart parking systems. These initiatives have garnered support from both public and private sectors, aligning with France's broader environmental and transportation goals.
Furthermore, technology companies and startups operating in France are at the forefront of driving innovation in the smart parking sector. These companies are pioneering cutting-edge solutions, including AI-driven parking optimization, user-friendly mobile applications, and streamlined payment processes. By collaborating with municipalities and parking operators, they are integrating their solutions seamlessly into existing infrastructure, ensuring a smooth transition to smart parking for all stakeholders. This collaboration between the public and private sectors is fostering a dynamic ecosystem that nurtures innovation and accelerates the deployment of smart parking systems across the nation. The advantages of smart parking extend beyond mere convenience. They have far-reaching implications for urban sustainability and quality of life. By reducing the time spent searching for parking, vehicles consume less fuel and emit fewer greenhouse gases, aligning with France's commitment to environmental responsibility. The economic benefits of smart parking are also significant, as they enhance the overall attractiveness of urban areas for businesses and residents alike. Reduced congestion and improved traffic flow lead to increased economic productivity and a higher quality of life for citizens.
In conclusion, the smart parking market in France is experiencing rapid growth and transformation, driven by the urgent need for efficient urban mobility solutions and government support for sustainable development. The convergence of technology, the proliferation of connected vehicles, and the active participation of technology companies are propelling the smart parking industry forward. As French cities continue to evolve and adapt to the challenges of the 21st century, smart parking systems will remain a cornerstone of their efforts to create more livable, sustainable, and technologically advanced urban environments. The future of smart parking in France holds immense promise, offering a blueprint for other nations grappling with similar urban mobility challenges.
Key Market Drivers
Urbanization and Population Growth
France, like many developed nations, is experiencing significant urbanization and population growth trends. A growing number of people are migrating to cities in search of better economic opportunities and improved quality of life. As a result, major French cities such as Paris, Lyon, and Marseille are facing an ever-increasing demand for parking spaces. The rise in urbanization coupled with a growing number of vehicles on the road places immense pressure on existing parking infrastructure, leading to congestion, longer search times for parking, and increased frustration among drivers. This fundamental driver fuels the adoption of smart parking solutions as an essential means to optimize existing parking resources and enhance the overall urban mobility experience.
Government Initiatives and Regulations
The French government has been actively promoting smart parking initiatives to address urban congestion and environmental concerns. In alignment with broader sustainability goals, the government has introduced stringent emissions regulations in urban areas, incentivizing the adoption of smart parking solutions that reduce traffic congestion and emissions. Additionally, various municipalities across France have launched pilot projects and offered financial incentives to encourage the implementation of smart parking systems. These initiatives include tax incentives, grants, and support for research and development in the smart parking sector. The government's commitment to sustainable urban development and its role as a catalyst for smart parking adoption are significant drivers of growth in the French smart parking market.
Advancements in Technology
The rapid advancements in technology, particularly in areas such as the Internet of Things (IoT), data analytics, and mobile applications, have revolutionized the smart parking landscape in France. IoT sensors deployed in parking spaces collect real-time data on parking availability, which is then processed and relayed to motorists through user-friendly mobile applications. This technology enables drivers to locate and reserve parking spots in advance, reducing the time spent searching for parking and minimizing congestion. Furthermore, connected vehicles, equipped with IoT capabilities, can interact with smart parking infrastructure, providing seamless navigation to open parking spaces. As these technological innovations continue to evolve, they become more accessible and affordable, making them key drivers of growth in the smart parking market.
Environmental Sustainability and Emission Reduction
France has made a strong commitment to environmental sustainability and reducing carbon emissions. As part of its efforts to combat climate change and improve air quality in urban areas, the reduction of traffic congestion and associated emissions is a top priority. Smart parking solutions play a crucial role in achieving these objectives by optimizing parking availability, reducing the time vehicles spend idling and searching for parking, and ultimately lowering fuel consumption and greenhouse gas emissions. This alignment with France's environmental goals has led to increased interest and investment in smart parking technologies, as both the government and private sector recognize the significant contributions smart parking can make to a more sustainable and eco-friendly transportation ecosystem. This environmental imperative serves as a powerful driver propelling the growth of the smart parking market in France.
Key Market Challenges
Infrastructure Integration and Cost
One of the primary challenges facing the smart parking market in France is the integration of smart parking systems into existing infrastructure and the associated costs. While smart parking technology holds great promise in optimizing parking resources and improving urban mobility, retrofitting existing parking facilities and city infrastructure can be a complex and costly endeavor. Many parking structures in France were built without considering the requirements of modern smart parking systems, making it necessary to install sensors, cameras, and other hardware. The integration process may involve disruptions to regular parking operations, which can inconvenience users and deter facility owners from adopting these solutions.
Additionally, the initial investment required to deploy smart parking technology can be a significant barrier for municipalities and parking operators, especially in smaller towns or regions with limited budgets. This cost includes not only the installation of sensors and software but also ongoing maintenance and support expenses. Convincing stakeholders to allocate funds for smart parking projects and demonstrating the long-term return on investment can be challenging, even though the benefits in terms of reduced congestion, improved traffic flow, and enhanced user experience are substantial. Furthermore, the integration of smart parking systems may require collaboration and coordination among various stakeholders, including municipal authorities, private parking operators, and technology providers. Achieving consensus on system specifications, data sharing agreements, and revenue-sharing models can be intricate and time-consuming. Overcoming these infrastructure integration and cost challenges is crucial for the widespread adoption of smart parking solutions across France.
Privacy and Data Security Concerns
As smart parking systems rely on the collection and analysis of real-time data from sensors, cameras, and mobile applications, concerns related to privacy and data security have emerged as significant challenges in the French market. The data collected by these systems can include sensitive information such as license plate numbers, vehicle locations, and user profiles. If not properly safeguarded, this data could be vulnerable to breaches, hacking, or misuse, potentially compromising the privacy and security of individuals. Moreover, there is often ambiguity surrounding data ownership and usage rights, especially when multiple entities are involved in smart parking projects. Municipalities, parking operators, and technology providers must establish clear data governance policies and adhere to stringent data protection regulations, such as the General Data Protection Regulation (GDPR) in Europe. Ensuring compliance with these regulations can be intricate, requiring the implementation of robust data encryption, access controls, and privacy safeguards.
To build trust among the public and encourage the adoption of smart parking systems, it is imperative for stakeholders to address these privacy and security concerns transparently. This includes providing clear information on data handling practices, obtaining user consent where necessary, and regularly auditing and assessing data security measures. Failure to adequately address these concerns could lead to public resistance, legal challenges, and reputational damage, hindering the growth and acceptance of smart parking technology in France.
Key Market Trends
Mobility as a Service (MaaS) Integration
One prominent trend shaping the future of the smart parking market in France is the increasing integration of smart parking solutions into Mobility as a Service (MaaS) platforms. MaaS aims to provide seamless, user-centric transportation services that encompass various modes of transport, including public transit, ridesharing, biking, and walking. Smart parking plays a crucial role in the MaaS ecosystem by enabling users to locate and reserve parking spaces as part of their overall journey planning. In France, several cities are actively working on MaaS initiatives to simplify urban mobility. Smart parking technology is being integrated into MaaS apps, allowing users to not only find parking but also pay for it through a single digital platform. This trend enhances the convenience of urban travel, reduces congestion by guiding users to available parking spots, and encourages the use of public transportation and alternative modes of mobility. The synergy between smart parking and MaaS aligns with France's commitment to sustainable urban development and offers a comprehensive solution to the challenges of modern urban transportation.
As MaaS continues to gain traction and becomes an integral part of urban mobility, smart parking solutions will likely see increased adoption, further fuelling the growth of the smart parking market in France.
Contactless and Mobile Payments
Another significant trend in the French smart parking market is the shift towards contactless and mobile payment methods. This trend has been accelerated by the COVID-19 pandemic, which highlighted the importance of reducing physical contact and promoting hygiene in public spaces. Smart parking systems in France are increasingly offering contactless payment options, allowing users to pay for parking using mobile apps, NFC (Near Field Communication) technology, or QR codes. This eliminates the need for physical payment kiosks or ticketing machines, reducing the risk of virus transmission, and improving the overall user experience. Additionally, mobile payment methods are convenient and align with the growing preference for cashless transactions. French municipalities and parking operators are recognizing the importance of offering secure and user-friendly payment options to encourage the adoption of smart parking systems. As a result, the smart parking market is witnessing a surge in the development and integration of contactless and mobile payment solutions, making parking more accessible and safer for users.
Sustainability and Eco-Friendly Initiatives
Sustainability is a pervasive trend influencing the smart parking market in France. Cities across the country are increasingly adopting eco-friendly initiatives to combat climate change and reduce the environmental impact of urban transportation. Smart parking technology plays a pivotal role in these efforts by optimizing parking resources, reducing traffic congestion, and minimizing emissions associated with circling for parking. To align with these sustainability goals, many French cities are implementing "green" smart parking solutions. These solutions prioritize electric vehicle (EV) charging infrastructure within parking facilities, encouraging the adoption of electric cars, and promoting clean energy transportation. Additionally, some smart parking systems are designed to prioritize parking spots for eco-friendly vehicles, such as hybrids or EVs, to incentivize their use.
Furthermore, smart parking data is being leveraged to support transportation planning and reduce carbon emissions. Insights from parking data can help city planners make informed decisions about urban development, traffic management, and the expansion of public transit. As the urgency to address climate change grows, the trend towards sustainable and eco-friendly smart parking solutions in France is expected to continue. This trend not only enhances the environmental credentials of smart parking but also aligns with France's broader commitment to reducing greenhouse gas emissions and promoting green urban mobility.
Segmental Insights
Solution Insights
Based on solution, the parking reservation management segment emerges as the predominant segment in the France Smart Parking market, exhibiting unwavering dominance projected throughout the forecast period. This supremacy can be attributed to the increasing recognition of the value of parking reservation systems in addressing the pressing urban mobility challenges faced by France's bustling cities. Parking reservation management not only offers convenience to motorists by allowing them to pre-book parking spots but also plays a pivotal role in reducing traffic congestion and optimizing parking resource utilization. As French cities grapple with limited parking availability and mounting traffic woes, the ability to reserve parking spaces in advance has become a sought-after solution for both commuters and businesses. Furthermore, advancements in technology, such as mobile apps and IoT sensors, have made parking reservation systems more user-friendly and efficient, cementing their position as the driving force behind the continued growth of the smart parking market in France.
Vertical Insights
Based on vertical, the commercial segment in the France smart parking market emerges as a formidable frontrunner, exerting its dominance and shaping the market's trajectory throughout the forecast period. This supremacy of the commercial sector is propelled by the acute parking challenges faced by businesses, shopping centers, and entertainment venues in densely populated urban areas across France. With a relentless focus on enhancing customer experiences and optimizing operational efficiency, commercial establishments are increasingly turning to smart parking solutions. These solutions not only streamline parking management but also offer valuable insights into customer behavior and preferences through data analytics. As businesses continue to prioritize convenience and satisfaction for their patrons, the commercial segment is set to witness sustained growth. Moreover, the integration of smart parking into commercial spaces aligns seamlessly with France's broader urban development goals, making it a pivotal element in the evolution of modern, tech-driven commercial establishments. This trend positions the commercial segment as a driving force behind the transformative journey of the France smart parking market.
Regional Insights
Northern France region firmly establishes itself as a commanding presence within the France smart parking market, affirming its preeminent position, and highlighting its pivotal role in shaping the industry's course. This prominence can be attributed to several key factors. Firstly, Northern France is home to the bustling metropolis of Paris, which faces acute urban mobility challenges due to its high population density and limited parking availability. As the nation's capital and one of the world's most-visited cities, Paris has been at the forefront of adopting cutting-edge smart parking solutions to address these challenges. The region's continuous investments in advanced technologies, such as IoT sensors and data analytics, have not only optimized parking resource management but also significantly reduced traffic congestion. Moreover, Northern France's proactive approach in implementing smart parking systems aligns seamlessly with the country's commitment to sustainable urban development. As a result, Northern France's pivotal role in pioneering and expanding the smart parking market underscores its enduring influence and contribution to shaping the future of urban mobility in France.
Key Market Players
Indigo SAS
Sagemcom SAS
SensoThings SAS
Flowbird SAS
Xerox Corporation
Siemens France Holding S.A.S
Nedap N.V.
Caleo Technologies SAS
Smart Parking Solutions LLC
INRIX, Inc.
Report Scope:
In this report, the France Smart Parking market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• France Smart Parking Market, By Component:
o Parking Sensors
o Steering Angle Sensors
o Electronic Control Unit (ECU)
o Display Unit
• France Smart Parking Market, By Sensor Technology:
o Ultrasonic Sensor
o Radar Sensor
o Image Sensor
• France Smart Parking Market, By System:
o Guided Park Assist
o Smart Park Assist
• France Smart Parking Market, By Solution:
o Security & Surveillance
o Parking Reservation Management
o Valet Parking Management
o License Plate Recognition
• France Smart Parking Market, By Vertical:
o Government
o Commercial
• France Smart Parking Market, By Region:
o Northern France
o Western France
o Southern France
o Eastern France
o South Western France
o Central France
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the France Smart Parking Market.
Available Customizations:
France Smart Parking market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on France Smart Parking Market
5. Voice of Customer
6. France Smart Parking Market Overview
7. France Smart Parking Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Parking Sensors, Steering Angle Sensors, Electronic Control Unit (ECU), Display Unit)
7.2.2. By Sensor Technology (Ultrasonic Sensor, Radar Sensor, and Image Sensor)
7.2.3. By System (Guided Park Assist, Smart Park Assist)
7.2.4. By Solution (Security & Surveillance, Parking Reservation Management, Valet Parking Management, and License Plate Recognition)
7.2.5. By Vertical (Government, Commercial)
7.2.6. By Region (Northern France, Western France, Southern France, Eastern France, South Western France, and Central France)
7.2.7. By Company (2022)
7.3. Market Map
8. Northern France Smart Parking Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Sensor Technology
8.2.3. By System
8.2.4. By Solution
8.2.5. By Vertical
9. Western France Smart Parking Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Sensor Technology
9.2.3. By System
9.2.4. By Solution
9.2.5. By Vertical
10. Southern France Smart Parking Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Sensor Technology
10.2.3. By System
10.2.4. By Solution
10.2.5. By Vertical
11. Eastern France Smart Parking Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Sensor Technology
11.2.3. By System
11.2.4. By Solution
11.2.5. By Vertical
12. South Western France Smart Parking Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Value
12.2. Market Share & Forecast
12.2.1. By Component
12.2.2. By Sensor Technology
12.2.3. By System
12.2.4. By Solution
12.2.5. By Vertical
13. Central France Smart Parking Market Outlook
13.1. Market Size & Forecast
13.1.1. By Value
13.2. Market Share & Forecast
13.2.1. By Component
13.2.2. By Sensor Technology
13.2.3. By System
13.2.4. By Solution
13.2.5. By Vertical
14. Market Dynamics
14.1. Drivers
14.2. Challenges
15. Market Trends and Developments
16. Company Profiles
16.1. Indigo SAS
16.1.1. Business Overview
16.1.2. Key Financials & Revenue
16.1.3. Key Contact Person
16.1.4. Headquarters Address
16.1.5. Key Product/Service Offered
16.2. Sagemcom SAS
16.2.1. Business Overview
16.2.2. Key Financials & Revenue
16.2.3. Key Contact Person
16.2.4. Headquarters Address
16.2.5. Key Product/Service Offered
16.3. SensoThings SAS
16.3.1. Business Overview
16.3.2. Key Financials & Revenue
16.3.3. Key Contact Person
16.3.4. Headquarters Address
16.3.5. Key Product/Service Offered
16.4. Flowbird SAS
16.4.1. Business Overview
16.4.2. Key Financials & Revenue
16.4.3. Key Contact Person
16.4.4. Headquarters Address
16.4.5. Key Product/Service Offered
16.5. Xerox Corporation
16.5.1. Business Overview
16.5.2. Key Financials & Revenue
16.5.3. Key Contact Person
16.5.4. Headquarters Address
16.5.5. Key Product/Service Offered
16.6. Siemens France Holding S.A.S
16.6.1. Business Overview
16.6.2. Key Financials & Revenue
16.6.3. Key Contact Person
16.6.4. Headquarters Address
16.6.5. Key Product/Service Offered
16.7. Nedap N.V.
16.7.1. Business Overview
16.7.2. Key Financials & Revenue
16.7.3. Key Contact Person
16.7.4. Headquarters Address
16.7.5. Key Product/Service Offered
16.8. Caleo Technologies SAS
16.8.1. Business Overview
16.8.2. Key Financials & Revenue
16.8.3. Key Contact Person
16.8.4. Headquarters Address
16.8.5. Key Product/Service Offered
16.9. Smart Parking Solutions LLC
16.9.1. Business Overview
16.9.2. Key Financials & Revenue
16.9.3. Key Contact Person
16.9.4. Headquarters Address
16.9.5. Key Product/Service Offered
16.10. INRIX, Inc.
16.10.1. Business Overview
16.10.2. Key Financials & Revenue
16.10.3. Key Contact Person
16.10.4. Headquarters Address
16.10.5. Key Product/Service Offered
17. Strategic Recommendations
18. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(license)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る