世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

防衛サイバーセキュリティ市場の世界産業規模、シェア、動向、機会、予測:ソリューション別(防衛ソリューション、脅威評価、ネットワーク強化、トレーニングサービス)、地域別、競争:2018-2028年


Defense Cyber Security Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast Segmented By Solution (Defense Solutions, Threat Assessment, Network Fortification, Training Services), By Region, Competition 2018-2028.

世界の防衛サイバーセキュリティ市場は、2022年に217億4,000万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は13.06%で、予測期間中に堅調な成長が予測されている。半導体におけるIoTの人気の高まり、スマート家電... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
189 英語

 

サマリー

世界の防衛サイバーセキュリティ市場は、2022年に217億4,000万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は13.06%で、予測期間中に堅調な成長が予測されている。半導体におけるIoTの人気の高まり、スマート家電やウェアラブルデバイスのニーズの高まり、産業や住宅における自動化の導入強化などが、市場の成長に影響を与える重要な要因となっている。
主な市場促進要因
サイバー脅威の増加
防衛サイバーセキュリティ市場は、サイバー脅威が増加し進化し続けているため、かつてない成長を遂げている。サイバー脅威の増加は、重要インフラ、機密データ、および国家安全保障上の利益を保護するためにサイバーセキュリティ対策に多額の投資を行う世界中の防衛組織や政府を後押しする主要な推進要因となっている。防衛サイバーセキュリティ市場を牽引する最も顕著な要因の1つは、国家、ハクティビスト、テロ組織、サイバー犯罪者を含む幅広い敵対者からのサイバー脅威の拡散である。これらの脅威は、高度なマルウェア、ランサムウェア攻撃、フィッシング・キャンペーン、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃など、さまざまな形で顕在化している。これらの敵はしばしば悪意を持っており、軍事作戦を妨害したり、機密情報を盗んだり、重要なシステムを危険にさらすことを目的としている。サイバー脅威がより頻繁かつ巧妙になるにつれ、防衛組織は継続的に適応し、サイバー防御を強化しなければならない。
サイバー戦争」という概念は、現代の軍事戦略における重要な懸念事項として浮上してきた。各国は、サイバー能力が防衛態勢全体にとって不可欠であるとの認識を強めている。攻撃的なサイバー作戦は敵のインフラや通信を混乱させるために利用できるが、防御的なサイバー・セキュリティ対策は同様の攻撃から身を守るために不可欠である。このような認識により、攻撃的サイバー能力と防衛的サイバー能力の両方への投資が促進され、防衛サイバーセキュリティ市場の成長をさらに後押ししている。
さらに、現代の軍事作戦と通信システムは相互に接続されているため、潜在的なサイバー敵対者の攻撃対象が拡大している。軍備、指揮統制システム、兵站ネットワークがインターネットやさまざまなデジタル・プラットフォームに接続されているため、脆弱性があふれている。防衛組織は、これらの相互接続されたシステムを悪用から守るために、高度な脅威検知、侵入防止、脆弱性管理ソリューションに投資する必要があります。
サイバー脅威は地理的な境界によって制限されないため、防衛組織にとって国際協力と情報共有が不可欠となっている。サイバー脅威に対処するためのこの協力的なアプローチは、高度なサイバー・セキュリティ・ソリューションと脅威インテリジェンス共有プラットフォームに対する需要をさらに高める。結論として、サイバー脅威の絶え間ない増大は、防衛サイバーセキュリティ市場の強力な推進力となっている。防衛機関は、機密データを保護するだけでなく、サイバー戦争が具体的な脅威となっている時代において、重要なシステムの中断のない機能を確保し、国家安全保障を維持するためにも、サイバー防御を強化することが不可欠であることを認識している。強固なサイバーセキュリティ対策を通じてこうした課題に対処する防衛部門の取り組みは、今後数年間、この市場の成長を維持すると予想される。
高度な持続的脅威(APTs)
高度な持続的脅威(APT)は、防衛組織に実質的かつ継続的なリスクをもたらす広範かつ高度に洗練されたサイバー脅威のカテゴリであり、防衛サイバーセキュリティ市場の強力な推進力となっている。APTは通常、ステルス性、長期的な持続性、機密データの流出に主眼を置いた、国家が支援する、または十分な資金を持つサイバー・キャンペーンである。防衛サイバーセキュリティの状況を形成する上でAPTが重要な役割を果たしていることを浮き彫りにしている要因がいくつかある:APTの特徴は、検知されることなく、長期間(時には数年間)標的のネットワーク内に潜伏し続けることです。その持続性により、継続的に情報を収集し、オペレーションを監視し、重要な機能を混乱させる可能性があります。
国家脅威行為者:APTは多くの場合、軍事的または地政学的な舞台で戦略的優位を得ようとする国家または国家に支援されたグループと関連しています。このような敵対勢力は、多大なリソースと専門知識を有しており、手ごわい相手となります。重要インフラを狙うAPT は、重要インフラ、軍事ネットワーク、防衛関連企業を標的にすることがよくあります。これらの分野での侵害は、機密情報の漏洩や軍事作戦の妨害など、国家安全保障に深刻な影響を及ぼす可能性があります。
高度な戦術、技術、手順(TTPs):APTは、ゼロデイ・エクスプロイト、ソーシャル・エンジニアリング、カスタマイズされたマルウェアを含む高度なTTPを採用しています。これらの戦術は従来のサイバーセキュリティ対策に挑戦するものであり、最先端の防御策を開発する必要がある。情報収集とスパイ活動APTの主な目的は、情報収集とスパイ活動です。APTは軍事、戦略、作戦上の機密データを盗み出すことを目的としている。このような情報が流出する可能性は、防衛組織にとって重大な懸念事項である。
経済・産業スパイAPTは、軍事的な利益だけでなく、経済・産業スパイ活動も行っています。APTは防衛関連企業を標的として知的財産や独自技術を盗み出し、防衛イノベーションにおける国家の競争力を損ないます。地政学的緊張:地政学的緊張の高まりは、APTの活動の活発化と一致することがよくあります。各国が覇権を争う中、サイバー空間における戦略的優位を得るためにAPTを利用する動きが顕著になっています。持続的な防衛投資APTの継続的な脅威により、防衛組織はサイバーセキュリティ・ソリューションと戦略に継続的に投資することを余儀なくされている。これには、脅威ハンティング、ネットワーク・セグメンテーション、侵入検知システム、インシデント対応能力などが含まれる。
国際的な連携:APT のグローバルな性質により、脅威のインテリジェンスと緩和戦略を共有するために、防衛組織間の国際的な協力が必要となります。この協力的アプローチは、サイバー防御を強化し、サイバーセキュリティ技術への投資を促進する。結論として、APTは防衛組織にとって永続的かつ進化する脅威であり、防衛サイバーセキュリティ市場の主要な促進要因となっている。このような脅威のステルス性と持続性に対抗するため、防衛組織は重要な資産を保護し、国家安全保障を維持するためのサイバーセキュリティ対策、技術、パートナーシップに継続的に革新と投資を行う必要がある。APTとの継続的な戦いにより、防衛サイバーセキュリティ市場は今後もダイナミックで国家防衛戦略の重要な要素であり続けることが確実である。
データ量の増加
防衛サイバーセキュリティ市場は大きな成長を遂げており、この拡大の主な原動力の1つは、防衛分野におけるデータ量の急激な増加である。テクノロジーが軍事作戦や意思決定プロセスに統合されるにつれて、生成、処理、保存されるデータ量はかつてないレベルに達している。このようなデータの急増は、チャンスと課題の両方を生み出し、堅牢なサイバー・セキュリティ・ソリューションの絶対的な必要性を高めている。
何よりもまず、防衛分野は軍事戦略、情報報告、部隊の動き、重要インフラの設計図など、膨大な機密情報を扱っている。このようなデータの保護は国家安全保障にとって最も重要であり、違反があれば壊滅的な結果を招きかねません。そのため、防衛機関はサイバー脅威から貴重な資産を守るため、サイバーセキュリティに多額の投資を余儀なくされている。
さらに、防衛業務のデジタル化により、攻撃対象が拡大している。軍事システムはネットワークを通じてますます接続されるようになり、サイバー攻撃に対して脆弱になっている。この攻撃対象の拡大は、従来のITシステムだけでなく、無人航空機、戦車、艦船などの軍事用ハードウェアにも及んでいる。その結果、敵がこれらのシステムの脆弱性を悪用するのを防ぐために、サイバーセキュリティ対策が不可欠となっている。
データの完全性と可用性の必要性も、防衛サイバーセキュリティの需要を促進する要因の一つである。サイバー攻撃や侵害が発生した場合、運用の即応性を確保するために重要なシステムの機能と信頼性を維持しなければならない。データの損失やシステムのダウンタイムは深刻な影響を及ぼし、軍の即応性を損ない、国家安全保障を危険にさらす可能性があります。さらに、政府と防衛請負業者が防衛プロジェクトで国際的に協力するようになると、データの共有が不可欠になる。しかし、このような共同作業は安全に行われなければならず、共有情報が悪人の手に渡らないよう保護するための高度な暗号化とアクセス制御対策が必要となります。
結論として、防衛分野におけるデータ量の急激な増加は、防衛サイバーセキュリティ市場の主要な促進要因である。機密情報の保護、拡大する攻撃対象の保護、データの完全性と可用性の保証の必要性はすべて、世界中の防衛組織がサイバーセキュリティ・ソリューションに継続的に投資する重要な要因となっている。デジタル化と接続性が高まる時代において、防衛部門はサイバーセキュリティが技術的進歩の問題であるだけでなく、国防と安全保障の基本的な柱でもあることを認識している。
主な市場課題
敵の高度化
相互運用性の問題は、世界の防衛サイバーセキュリティ市場に大きな課題をもたらしている。フォグ・コンピューティングは、ネットワークのエッジにおける多様なデバイス、センサー、プラットフォーム、アプリケーションのシームレスな統合に依存している。しかし、この相互運用性の実現は複雑であり、その不在がフォグ・コンピューティング・ソリューションの採用と有効性の妨げとなる可能性がある。多様なエコシステム:フォグ・コンピューティングのエコシステムには、さまざまなメーカーやベンダーのデバイス、センサー、ソフトウェアが含まれます。これらのコンポーネントは、異なる通信プロトコル、データフォーマット、標準規格を使用している可能性があり、すべてのコンポーネントが調和して動作することを保証するのは困難です。
標準化の欠如:フォグコンピューティングには標準化されたプロトコルやインターフェースが存在しないため、相互運用性の確保が難しい。共通の標準がないため、組織はカスタムソリューションを開発するか、ベンダー固有のテクノロジーに依存する必要があり、その結果、ベンダーロックインや互換性の問題に直面することが多い。異種環境:フォグネットワークは、産業環境、スマートシティ、ヘルスケア施設など、異種環境で展開されます。それぞれの環境には独自の要件や制約があり、相互運用性の取り組みがさらに複雑になります。レガシーシステム:多くの組織には、フォグ・コンピューティング・ソリューションと統合したい既存のレガシーシステムや機器があります。レガシーシステムが最新のフォグノードやアプリケーションと効率的に通信できるようにするのは、困難な作業です。
データ統合:フォグコンピューティングでは、センサー、IoTデバイス、既存のデータベースなど、さまざまなソースからのデータを統合する必要があります。これらのソース間でデータをシームレスに収集、処理、共有できるようにすることは、相互運用性の重要な課題です。通信プロトコル:エッジデバイスは、MQTT、CoAP、HTTPなどの異なる通信プロトコルを使用する場合があり、データ交換を妨げたり、相互運用性を促進するために翻訳レイヤーやゲートウェイを必要とする場合があります。セキュリティの懸念:多様なコンポーネントの統合は、適切に処理されない場合、セキュリティの脆弱性をもたらす可能性がある。相互接続されたすべてのデバイスやシステムが、セキュリティのベストプラクティスを確実に守ることが、安全なフォグコンピューティング環境を維持する上で極めて重要です。
メンテナンスの複雑さ:多様なコンポーネントを持つ異種フォグネットワークの管理とメンテナンスは、複雑でリソースを必要とします。ソフトウェアのアップデート、パッチ、セキュリティ対策がエコシステム全体に一貫して適用されるようにすることは困難です。このような相互運用性の課題を克服するためには、業界関係者が協力して、フォグコンピューティングに適したオープンスタンダードとプロトコルを開発する必要がある。共通のインターフェースとベストプラクティスを確立することで、統合作業を簡素化し、互換性の問題を軽減し、国防サイバーセキュリティ・ソリューションの幅広い採用を促進することができる。さらに、組織は、相互運用性の問題を効果的に軽減するために、既存のインフラとアプリケーションの特定の要件を考慮しながら、フォグ・コンピューティングの導入を慎重に計画する必要がある。
サプライチェーンの脆弱性
サプライチェーンの脆弱性は、世界の防衛サイバーセキュリティ市場を大きく阻害する可能性を秘めた、重大かつ差し迫った課題である。これらの脆弱性は多面的であり、防衛産業のサプライチェーンの複雑で相互接続された性質に起因している。サプライチェーンの脆弱性が防衛サイバーセキュリティ市場に与える悪影響を浮き彫りにする重要な要因がいくつかある。 サードパーティリスク:防衛組織は、部品、ソフトウェア、サービスを多数のサードパーティサプライヤや請負業者に依存することが多い。これらのサプライヤーのサイバーセキュリティ対策に弱点や妥協があれば、防衛サプライチェーンに脆弱性がもたらされる可能性がある。攻撃者はこれらの脆弱性を悪用して、重要なシステムや機密データに不正アクセスする可能性があります。
偽造部品:防衛分野は、偽造部品や規格外部品がサプライチェーンに侵入する重大なリスクに直面している。これらの偽造部品は脆弱性をもたらし、軍事機器やシステムの完全性を損ない、システム障害やサイバー攻撃につながる可能性がある。可視性の欠如:防衛サプライチェーンは広範に及ぶため、すべてのサプライヤーのセキュリティ慣行に対する可視性が制限される可能性がある。この透明性の欠如により、サイバーセキュリティリスクを効果的に評価し、軽減することが困難になる。サプライチェーンの複雑さ:グローバルな防衛サプライチェーンは非常に複雑で、多数の下請け業者、国際的なパートナー、サプライヤーが関与している。この複雑さにより、サプライチェーンのすべてのリンクを追跡し、安全性を確保することが難しくなり、敵対者が悪用できる隙間が生じています。
外国の関与:防衛プロジェクトにおける国際協力は、地政学的な懸念をもたらし、サプライチェーンを通じた外国からの干渉やスパイのリスクを高める可能性がある。これにより、機密情報や技術の安全確保に向けた取り組みが複雑になる可能性がある。物流の課題:国境を越えてコンポーネントを輸送し、材料の流れを管理する物理的なロジスティクスは、改ざんや侵害の機会をもたらす可能性がある。供給元から配備に至るまでコンポーネントの完全性を確保することは、非常に困難な課題である。
規制コンプライアンス:規制コンプライアンス基準を満たすことは、特に機密情報や機微情報を扱う場合、負担が大きくなります。コンプライアンスと、厳格なサイバーセキュリティ対策の必要性とのバランスを取ることは、微妙な問題である。新たなテクノロジー:新しい技術やイノベーションが軍事システムに組み込まれるにつれ、サプライチェーン内でのセキュリティ確保はますます複雑になっています。新興技術の脆弱性を特定し、迅速に対処することは困難な場合がある。
軽減コスト:サプライチェーン全体で包括的なサイバーセキュリティ対策を実施するには、多額の費用がかかる。防衛組織は、脆弱性の評価と緩和のために多大なリソースを割かなければならず、他の重要な分野から資金を流用する可能性がある。結論として、防衛分野におけるサプライチェーンの脆弱性は、世界の防衛サイバーセキュリティ市場に強大な脅威をもたらす。重要システムの潜在的な侵害、偽造部品の混入、広範かつ多様なサプライチェーンの安全確保の複雑性など、すべてが防衛組織が直面する課題の原因となっている。これらの脆弱性に対処するには、サプライチェーンを強化し、防衛業務の完全性を維持するために、政府、防衛請負業者、サイバーセキュリティの専門家が協調的かつ積極的に取り組む必要がある。これを怠れば、国家安全保障が脅かされるだけでなく、防衛サイバーセキュリティ市場の成長と有効性も阻害される。
主な市場動向
高度な持続的脅威(APT)の増加
高度な持続的脅威(APTs)の急増は、世界の防衛サイバーセキュリティ市場を拡大し、革新する強力な推進力となっている。APTは、その巧妙さ、持続性、多くの場合、国家に支援された、または高度に組織化された性質を特徴とするサイバー脅威のカテゴリを表しています。APTの普及がいかに防衛サイバーセキュリティ市場を牽引しているかは、いくつかの重要な要因によって裏付けられている:APTは、高度な戦術、技術、手順(TTP)を採用しているため、検知や軽減が極めて困難です。急速に進化し、ゼロデイ脆弱性を使用するAPTの能力により、防衛組織は常に厳戒態勢を維持しており、サイバーセキュリティ対策の継続的な改善が必要となっています。
防衛組織の標的APTは主に防衛組織を標的としており、軍事機密、機密情報、重要インフラを侵害することを目的としています。国家安全保障に損害を与える可能性があるため、強固なサイバーセキュリティ防御の重要性が高まっている。国家国家の関与:APTの多くは国家と連携しており、重要なリソース、専門知識、戦略的動機にアクセスすることができます。このような国家の支援により、APTは長期的かつ協調的なサイバーキャンペーンを展開することができます。
ステルス性と持続性:APTの特徴は、標的のネットワーク内に長期間潜伏し、しばしば発見されないことです。この持続性により、貴重な情報を収集し、オペレーションを監視し、重要な機能を混乱させる可能性があります。サイバー戦争の激化:サイバー戦争が現代の軍事戦略にとって不可欠な要素になるにつれ、防衛組織は攻撃と防御の両方のサイバー能力に投資せざるを得なくなっている。これには、APTから保護するためのサイバーセキュリティ対策の強化も含まれる。
高度なマルウェアとエクスプロイト:APTは、特定の標的に合わせてカスタム設計されたマルウェアやエクスプロイトを頻繁に使用します。このような高度なツールを開発し、展開する能力があるため、防衛組織は脅威の検知と緩和の最前線に立ち続ける必要があります。帰属の課題:サイバー攻撃を特定のAPTグループや国家に正確に帰属させることは、複雑で時間のかかる作業です。この課題はタイムリーな対応努力を妨げ、プロアクティブなサイバー防御の重要性を強調しています。国際協力:世界中の防衛機関は、脅威情報の共有やAPTへの対応の調整における国際協力の必要性を認識している。この協調的アプローチは、集団的な防衛能力を強化し、統一的なサイバーセキュリティ戦略の策定を促進する。サイバーレジリエンスへの投資:APTの持続的な脅威により、防衛組織は、潜在的な損害とダウンタイムを最小限に抑えるために、サイバーセキュリティ・ソリューション、インシデント対応能力、サイバー回復力戦略への継続的な投資を余儀なくされている。結論として、高度な持続的脅威の絶え間ない増加は、世界の防衛サイバーセキュリティ市場の強力な推進力となっている。APTが進化を続け、防衛組織にますます複雑な課題を突きつけているため、高度なサイバーセキュリティ技術、脅威情報の共有、サイバーセキュリティの専門人材に対する需要は拡大すると予想される。APTに対する効果的な防御を追求することは、サイバー脅威が絶え間なく存在する時代において、国家安全保障上の利益を守るために最も重要であることに変わりはない。
ゼロ・トラスト・アーキテクチャー(ZTA)
ゼロ・トラスト・アーキテクチャー(ZTA)は、世界の防衛サイバーセキュリティ市場を形成する極めて重要な原動力として浮上している。ZTAは、サイバーセキュリティへの取り組み方におけるパラダイムシフトを象徴するものであり、その原則は、進化するサイバー脅威から機密性の高い防衛資産を守る上でますます不可欠になってきている。ここでは、ZTAが防衛サイバーセキュリティ市場をどのように牽引しているかを紹介する:ZTAは、境界防御に依存する従来のネットワーク・セキュリティ・モデルに挑戦している。ZTAは、境界防御に依存する従来のネットワーク・セキュリティ・モデルに疑問を投げかけ、ネットワークの内外を問わず、どのようなエンティティもデフォルトでは信頼できないと仮定している。境界ベースのセキュリティから「決して信頼せず、常に検証する」モデルへのこの転換は、外部と内部の両方からの脅威に直面する防衛組織にとって極めて重要である。
内部脅威の軽減の強化:防衛組織は、外部からの脅威と同様に重大な内部脅威にも対処しています。ZTAは継続的な監視と厳格なアクセス制御に重点を置き、内部犯行のリスクを低減します。これは特に、機密情報や軍事作戦を扱う組織に関連します。きめ細かなアクセス制御:ZTAは、きめ細かなアクセス制御と最小特権アクセス(least-privilege access)の必要性を強調し、ユーザーとデバイスが各自のタスクに必要な特定のリソースにのみアクセスできるようにします。このアプローチにより、攻撃対象領域を最小化し、攻撃者による横の動きを制限します。多要素認証(MFA)と継続的認証:ZTAは、MFAと継続的認証メカニズムの使用を推進し、ネットワークとの相互作用を通じてユーザーとデバイスの身元と信頼性を検証する。これにより、不正アクセスを阻止し、防衛サイバーセキュリティを強化する。
マイクロセグメンテーション:マイクロセグメンテーションの実装は、ZTAの重要な要素である。防衛組織は、ネットワークをより小さく隔離されたゾーンにセグメント化できるため、攻撃者が横方向に移動して重要なシステムにアクセスすることがより困難になります。高度な脅威検知:ZTAでは、ネットワークの挙動を監視し、リアルタイムで異常を特定するために、高度な脅威検知と分析の利用を奨励しています。このプロアクティブなアプローチは、脅威が大きな被害をもたらす前に検知し、対応するのに役立ちます。クラウドとモビリティへの対応:防衛業務においてクラウドサービスやモバイルデバイスの活用が進む中、ZTAはこれらの環境のセキュリティ確保に適しています。場所に関係なくデータとリソースを保護するために必要な柔軟性と適応性を提供します。
ソフトウェア定義境界(SDP)の採用:ZTAの主要コンポーネントであるSDPは、ユーザーとアクセスするリソースとの間に、動的で暗号化されたIDベースの接続を作成します。これにより、特にリモートアクセスや地理的に分散した防衛業務に対応する際のセキュリティが強化される。規制コンプライアンス:厳格なデータ保護と機密情報取り扱い規制の遵守は、防衛組織にとって最重要事項です。アクセス制御とデータ保護に重点を置くZTAは、こうしたコンプライアンス要件によく合致している。結論として、Zero Trust Architectureは、サイバーセキュリティに対する現代的で適応性の高いアプローチを提供することで、世界の防衛サイバーセキュリティ市場を牽引する態勢を整えている。継続的な検証、きめ細かなアクセス制御、高度な脅威検知を重視するZTAは、防衛組織が直面する進化する脅威の状況に合致している。ZTAが防衛分野で勢いを増すにつれて、セキュリティと回復力を優先するサイバーセキュリティ技術と戦略への投資が増加し、最終的にはデジタル時代の国防能力が強化されることになる。
セグメント別の洞察
ソリューションの洞察
予測期間中、防衛ソリューションセグメントが市場を支配する。政府、企業、個人に対する攻撃は指数関数的に増加している。防衛インフラは、個人および国家が支援するサイバー攻撃者の両方が選択するターゲットに急速になりつつあり、彼らは現在、以前は侵入不可能と考えられていたセキュリティ・システムを破壊することの価値を認めている。
航空宇宙分野でのマシンツーマシン技術の採用の増加や、サイバーテロ対策としてサイバーセキュリティの強化に政府が注力していることが、過去10年間におけるこの分野のサイバーセキュリティ市場の成長につながった。BAE Systems PLC、General Dynamics Corporation、Finmeccanica S.p.A.などの防衛企業は、防衛産業におけるサイバーセキュリティソリューションの開発、特に軍事ソフトウェアシステムへのサイバー攻撃を防止するためのネットワークセキュリティソリューションとソフトウェアの設計に従事しており、この分野からの需要の増加を証明している。
地域別の洞察
北米は、世界の防衛サイバーセキュリティ市場で重要な役割を果たしており、北米は現在、サイバーセキュリティソリューションの最大の市場を保持している。同地域における最近のセキュリティ脅威と、盛んな防衛産業と相まって、いくつかの市場既存企業の強力な存在が、これらのソリューションの採用をさらに促進すると予想される。同国ではサイバー攻撃事件が増加しているため、同地域の政府はこうしたサイバー攻撃に対処するために多額の投資を行っている。
主要先進経済国である米国は、インターネットへの依存度が高いため、サイバー攻撃に大きくさらされている。同時に、高度な技術と多額の軍事予算により、同国は防衛においてかなりの能力を有している。国内外からの悪意あるハッキングは、米国にとって絶え間ない脅威であり続けている。こうした脅威の高まりに対応するため、同国は防衛分野で重要なサイバー能力を開発してきた。
主要市場プレイヤー
ジェネラル・ダイナミクス-CSRA
レイセオン・テクノロジーズ・コーポレーション
SAIC
ロッキード・マーチン
CACI International Inc.
L3 ハリス・テクノロジーズ
ノースロップ・グラマン
ブーズ・アレン・ハミルトン・ホールディング・コーポレーション
バイアサット
Leidos Holdings Inc.
レポートの範囲
本レポートでは、国防サイバーセキュリティの世界市場を以下のカテゴリに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 防衛サイバーセキュリティの世界市場:ソリューション別
o 防衛ソリューション
o 脅威評価
o ネットワーク強化
o トレーニングサービス
- 防衛サイバーセキュリティの世界市場:地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 韓国
 インドネシア
ヨーロッパ
 ドイツ
 イギリス
 フランス
 ロシア
 スペイン
o 南米
 ブラジル
 アルゼンチン
中東・アフリカ
 サウジアラビア
 南アフリカ
 エジプト
 UAE
 イスラエル
競争状況
企業プロフィール:世界の防衛サイバーセキュリティ市場に存在する主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、与えられた市場データを用いて、世界の防衛サイバーセキュリティ市場レポートを作成し、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.3. Markets Covered
1.4. Years Considered for Study
1.5. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Voice of Customers
5. Global Defense Cyber Security Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Solution (Defense Solutions, Threat Assessment, Network Fortification, Training Services)
5.2.2. By Region
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
6. North America Defense Cyber Security Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Solution
6.2.2. By Country
6.3. North America: Country Analysis
6.3.1. United States Defense Cyber Security Market Outlook
6.3.1.1. Market Size & Forecast
6.3.1.1.1. By Value
6.3.1.2. Market Share & Forecast
6.3.1.2.1. By Solution
6.3.2. Canada Defense Cyber Security Market Outlook
6.3.2.1. Market Size & Forecast
6.3.2.1.1. By Value
6.3.2.2. Market Share & Forecast
6.3.2.2.1. By Solution
6.3.3. Mexico Defense Cyber Security Market Outlook
6.3.3.1. Market Size & Forecast
6.3.3.1.1. By Value
6.3.3.2. Market Share & Forecast
6.3.3.2.1. By Solution
7. Asia-Pacific Defense Cyber Security Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Solution
7.2.2. By Country
7.3. Asia-Pacific: Country Analysis
7.3.1. China Defense Cyber Security Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Solution
7.3.2. India Defense Cyber Security Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Solution
7.3.3. Japan Defense Cyber Security Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecast
7.3.3.2.1. By Solution
7.3.4. South Korea Defense Cyber Security Market Outlook
7.3.4.1. Market Size & Forecast
7.3.4.1.1. By Value
7.3.4.2. Market Share & Forecast
7.3.4.2.1. By Solution
7.3.5. Indonesia Defense Cyber Security Market Outlook
7.3.5.1. Market Size & Forecast
7.3.5.1.1. By Value
7.3.5.2. Market Share & Forecast
7.3.5.2.1. By Solution
8. Europe Defense Cyber Security Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Solution
8.2.2. By Country
8.3. Europe: Country Analysis
8.3.1. Germany Defense Cyber Security Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Solution
8.3.2. United Kingdom Defense Cyber Security Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Solution
8.3.3. France Defense Cyber Security Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Solution
8.3.4. Russia Defense Cyber Security Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Solution
8.3.5. Spain Defense Cyber Security Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Solution
9. South America Defense Cyber Security Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Solution
9.2.2. By Country
9.3. South America: Country Analysis
9.3.1. Brazil Defense Cyber Security Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Solution
9.3.2. Argentina Defense Cyber Security Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Solution
10. Middle East & Africa Defense Cyber Security Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Solution
10.2.2. By Country
10.3. Middle East & Africa: Country Analysis
10.3.1. Saudi Arabia Defense Cyber Security Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Solution
10.3.2. South Africa Defense Cyber Security Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Solution
10.3.3. UAE Defense Cyber Security Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Solution
10.3.4. Israel Defense Cyber Security Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Solution
10.3.5. Egypt Defense Cyber Security Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Solution
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenge
12. Market Trends & Developments
13. Company Profiles
13.1. General Dynamics-CSRA
13.1.1. Business Overview
13.1.2. Key Revenue and Financials
13.1.3. Recent Developments
13.1.4. Key Personnel
13.1.5. Key Product/Services
13.2. Raytheon Technologies Corporation
13.2.1. Business Overview
13.2.2. Key Revenue and Financials
13.2.3. Recent Developments
13.2.4. Key Personnel
13.2.5. Key Product/Services
13.3. SAIC
13.3.1. Business Overview
13.3.2. Key Revenue and Financials
13.3.3. Recent Developments
13.3.4. Key Personnel
13.3.5. Key Product/Services
13.4. Lockheed Martin Corporation
13.4.1. Business Overview
13.4.2. Key Revenue and Financials
13.4.3. Recent Developments
13.4.4. Key Personnel
13.4.5. Key Product/Services
13.5. CACI International Inc.
13.5.1. Business Overview
13.5.2. Key Revenue and Financials
13.5.3. Recent Developments
13.5.4. Key Personnel
13.5.5. Key Product/Services
13.6. L3 Harris Technologies
13.6.1. Business Overview
13.6.2. Key Revenue and Financials
13.6.3. Recent Developments
13.6.4. Key Personnel
13.6.5. Key Product/Services
13.7. Northrop Grumman
13.7.1. Business Overview
13.7.2. Key Revenue and Financials
13.7.3. Recent Developments
13.7.4. Key Personnel
13.7.5. Key Product/Services
13.8. Booz Allen Hamilton Holding Corp.
13.8.1. Business Overview
13.8.2. Key Revenue and Financials
13.8.3. Recent Developments
13.8.4. Key Personnel
13.8.5. Key Product/Services
13.9. Viasat Inc.
13.9.1. Business Overview
13.9.2. Key Revenue and Financials
13.9.3. Recent Developments
13.9.4. Key Personnel
13.9.5. Key Product/Services
14. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Defense Cyber Security Market has valued at USD 21.74 Billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 13.06% through 2028. The rising popularity of IoT in semiconductors, the growing need for smart consumer electronics and wearable devices, and the enhanced adoption of automation in industries and residences are some significant factors influencing the growth of the market.
Key Market Drivers
Rising Cyber Threats
The defense cyber security market is witnessing unprecedented growth due to the ever-increasing and evolving landscape of cyber threats. Rising cyber threats constitute a primary driver propelling defense organizations and governments worldwide to invest heavily in cyber security measures to protect their critical infrastructure, sensitive data, and national security interests. One of the most prominent factors driving the defense cyber security market is the proliferation of cyber threats from a wide range of adversaries, including nation-states, hacktivists, terrorist organizations, and cybercriminals. These threats manifest in various forms, such as sophisticated malware, ransomware attacks, phishing campaigns, and distributed denial-of-service (DDoS) attacks. These adversaries often have malicious intent, seeking to disrupt military operations, steal sensitive information, or compromise critical systems. As cyber threats become more frequent and sophisticated, defense organizations must continuously adapt and enhance their cyber defenses.
The concept of "cyber warfare" has emerged as a significant concern in modern military strategies. Nations are increasingly recognizing that cyber capabilities are integral to their overall defense posture. Offensive cyber operations can be used to disrupt adversaries' infrastructure and communications, while defensive cyber security measures are essential to protect against similar attacks. This recognition has driven investments in both offensive and defensive cyber capabilities, further fueling the growth of the defense cyber security market.
Moreover, the interconnected nature of modern military operations and communication systems has expanded the attack surface for potential cyber adversaries. With military equipment, command and control systems, and logistics networks connected to the internet and various digital platforms, vulnerabilities abound. Defense organizations must invest in advanced threat detection, intrusion prevention, and vulnerability management solutions to safeguard these interconnected systems from exploitation.
Cyber threats are not limited by geographical boundaries, making international cooperation and information sharing vital for defense organizations. This collaborative approach to tackling cyber threats further drives the demand for advanced cyber security solutions and threat intelligence sharing platforms. In conclusion, the relentless rise of cyber threats represents a compelling driver for the defense cyber security market. Defense organizations recognize the imperative to fortify their cyber defenses, not only to protect sensitive data but also to ensure the uninterrupted functionality of critical systems and maintain national security in an era where cyber warfare is a tangible threat. The defense sector's commitment to addressing these challenges through robust cyber security measures is expected to sustain the growth of this market in the coming years.
Advanced Persistent Threats (APTs)
Advanced Persistent Threats (APTs) are a pervasive and highly sophisticated category of cyber threats that pose a substantial and ongoing risk to defense organizations, making them a potent driver of the defense cyber security market. APTs are typically state-sponsored or well-funded cyber campaigns with a primary focus on stealth, long-term persistence, and the exfiltration of sensitive data. Several factors highlight the critical role of APTs in shaping the landscape of defense cyber security, Stealth and Persistence: APTs are characterized by their ability to remain hidden within a target's network for extended periods, sometimes years, without detection. Their persistence allows them to continually gather intelligence, monitor operations, and potentially disrupt critical functions.
Nation-State Threat Actors: APTs are often associated with nation-states or state-sponsored groups seeking to gain a strategic advantage in the military or geopolitical arena. These adversaries have significant resources and expertise, making them formidable opponents. Targeting Critical Infrastructure: APTs frequently target critical infrastructure, military networks, and defense contractors. Breaches in these sectors can have severe national security implications, including the compromise of classified information and the disruption of military operations.
Advanced Tactics, Techniques, and Procedures (TTPs): APTs employ advanced TTPs that include zero-day exploits, social engineering, and customized malware. These tactics challenge traditional cyber security measures, necessitating the development of cutting-edge defenses. Information Gathering and Espionage: A primary objective of APTs is intelligence gathering and espionage. They aim to steal sensitive military, strategic, and operational data. The potential exposure of such information is a grave concern for defense organizations.
Economic and Industrial Espionage: Beyond military interests, APTs engage in economic and industrial espionage. They target defense contractors to steal intellectual property and proprietary technology, compromising a nation's competitive edge in defense innovation. Geopolitical Tensions: Escalating geopolitical tensions often coincide with an increase in APT activity. As nations vie for supremacy, the use of APTs to gain a strategic advantage in cyberspace becomes more pronounced. Persistent Defense Investments: The ongoing threat of APTs compels defense organizations to continually invest in cyber security solutions and strategies. This includes threat hunting, network segmentation, intrusion detection systems, and incident response capabilities.
International Collaboration: The global nature of APTs necessitates international collaboration among defense organizations to share threat intelligence and mitigation strategies. This cooperative approach bolsters cyber defenses and drives investments in cyber security technologies. In conclusion, APTs represent a persistent and evolving threat landscape for defense organizations, making them a primary driver of the defense cyber security market. To counter the stealthy and persistent nature of these threats, defense organizations must continuously innovate and invest in cyber security measures, technologies, and partnerships to safeguard critical assets and maintain national security. The ongoing battle against APTs ensures that the defense cyber security market will remain a dynamic and critical component of national defense strategies.
Increasing Data Volumes
The defense cyber security market is experiencing significant growth, and one of the key drivers behind this expansion is the exponential increase in data volumes within the defense sector. As technology becomes more integrated into military operations and decision-making processes, the sheer volume of data generated, processed, and stored has reached unprecedented levels. This surge in data has created both opportunities and challenges, making robust cyber security solutions an absolute necessity.
First and foremost, the defense sector deals with a vast array of sensitive and classified information, including military strategies, intelligence reports, troop movements, and critical infrastructure blueprints. The protection of this data is paramount to national security, and any breach could have devastating consequences. Consequently, defense organizations are compelled to invest heavily in cyber security to safeguard their valuable assets from cyber threats.
Moreover, the digital transformation of defense operations has resulted in a growing attack surface. Military systems are increasingly connected through networks, making them vulnerable to cyber-attacks. This expanded attack surface not only includes traditional IT systems but also extends to military hardware like unmanned aerial vehicles, tanks, and ships. As a result, cyber security measures are essential to prevent adversaries from exploiting vulnerabilities in these systems.
The need for data integrity and availability is another factor driving the demand for defense cyber security. In the event of a cyber attack or a breach, the functionality and reliability of critical systems must be maintained to ensure operational readiness. Data loss or system downtime can have severe repercussions, compromising military readiness and putting national security at risk. Furthermore, as governments and defense contractors collaborate internationally on defense projects, data sharing becomes vital. However, this collaboration must occur securely, necessitating advanced encryption and access control measures to protect shared information from falling into the wrong hands.
In conclusion, the exponential growth in data volumes within the defense sector is a primary driver of the defense cyber security market. The protection of sensitive information, the need to secure an expanding attack surface, and the assurance of data integrity and availability are all critical factors contributing to the sustained investment in cyber security solutions by defense organizations worldwide. In an era of increasing digitization and connectivity, the defense sector recognizes that cyber security is not only a matter of technological advancement but also a fundamental pillar of national defense and security.
Key Market Challenges
Sophistication of Adversaries
Interoperability issues pose a significant challenge to the global Defense Cyber Security market. Fog computing relies on the seamless integration of diverse devices, sensors, platforms, and applications at the edge of the network. However, achieving this interoperability can be complex, and its absence can hamper the adoption and effectiveness of fog computing solutions. Diverse Ecosystem: The fog computing ecosystem encompasses a wide range of devices, sensors, and software from various manufacturers and vendors. These components may use different communication protocols, data formats, and standards, making it difficult to ensure they can all work together harmoniously.
Lack of Standardization: The absence of standardized protocols and interfaces for fog computing hinders interoperability efforts. Without common standards, organizations often face the need to develop custom solutions or rely on vendor-specific technologies, resulting in vendor lock-in and compatibility challenges. Heterogeneous Environments: Fog networks are deployed in heterogeneous environments, including industrial settings, smart cities, healthcare facilities, and more. Each environment may have its unique requirements and constraints, further complicating interoperability efforts. Legacy Systems: Many organizations have existing legacy systems and equipment that they want to integrate with fog computing solutions. Ensuring that legacy systems can communicate effectively with modern fog nodes and applications can be a daunting task.
Data Integration: Fog computing often involves the integration of data from various sources, including sensors, IoT devices, and existing databases. Ensuring that data can be collected, processed, and shared seamlessly across these sources is a significant interoperability challenge. Communication Protocols: Edge devices may use different communication protocols, such as MQTT, CoAP, or HTTP, which can hinder data exchange and require translation layers or gateways to facilitate interoperability. Security Concerns: The integration of diverse components can introduce security vulnerabilities if not handled properly. Ensuring that all interconnected devices and systems adhere to security best practices is crucial for maintaining a secure fog computing environment.
Maintenance Complexity: Managing and maintaining a heterogeneous fog network with diverse components can be complex and resource intensive. Ensuring that software updates, patches, and security measures are consistently applied across the ecosystem is challenging. To overcome these interoperability challenges, industry stakeholders must collaborate on the development of open standards and protocols tailored to fog computing. The establishment of common interfaces and best practices can simplify integration efforts, reduce compatibility issues, and promote wider adoption of Defense Cyber Security solutions. Additionally, organizations should carefully plan their fog computing deployments, considering their existing infrastructure and the specific requirements of their applications to mitigate interoperability challenges effectively.
Supply Chain Vulnerabilities
Supply chain vulnerabilities represent a critical and pressing challenge that has the potential to significantly hamper the global Defense Cyber Security market. These vulnerabilities are multifaceted and stem from the complex and interconnected nature of the defense industry's supply chain. Several key factors highlight the adverse impact of supply chain vulnerabilities on the defense cyber security market, Third-party Risk: Defense organizations often rely on a multitude of third-party suppliers and contractors for components, software, and services. Any weakness or compromise in these suppliers' cyber security measures can introduce vulnerabilities into the defense supply chain. Adversaries may exploit these vulnerabilities to gain unauthorized access to critical systems and sensitive data.
Counterfeit Components: The defense sector faces a substantial risk of counterfeit or substandard components infiltrating the supply chain. These counterfeit components can introduce vulnerabilities and undermine the integrity of military equipment and systems, potentially leading to system failures or cyber-attacks. Lack of Visibility: The extensive nature of the defense supply chain can result in limited visibility into the security practices of all suppliers. This lack of transparency makes it challenging to assess and mitigate cyber security risks effectively. Complexity of Supply Chain: The global defense supply chain is highly complex, involving numerous subcontractors, international partners, and suppliers. This complexity amplifies the difficulty of tracking and securing every link in the chain, leaving gaps that adversaries can exploit.
Foreign Involvement: International collaboration in defense projects can introduce geopolitical concerns and increase the risk of foreign interference or espionage through the supply chain. This can complicate efforts to secure sensitive information and technologies. Logistical Challenges: The physical logistics involved in transporting components across borders and managing the flow of materials can introduce opportunities for tampering or compromise. Ensuring the integrity of components from source to deployment is a formidable challenge.
Regulatory Compliance: Meeting regulatory compliance standards, especially when dealing with classified or sensitive information, can be onerous. Balancing compliance with the need for stringent cyber security measures can be a delicate act. Emerging Technologies: As new technologies and innovations are integrated into military systems, ensuring their security within the supply chain becomes increasingly complex. Vulnerabilities in emerging technologies can be challenging to identify and address promptly.
Mitigation Costs: Implementing comprehensive cyber security measures throughout the supply chain can be expensive. Defense organizations must allocate significant resources to assess and mitigate vulnerabilities, potentially diverting funds from other critical areas. In conclusion, supply chain vulnerabilities in the defense sector pose a formidable threat to the global Defense Cyber Security market. The potential compromise of critical systems, the introduction of counterfeit components, and the complexity of securing an extensive and diverse supply chain all contribute to the challenges faced by defense organizations. Addressing these vulnerabilities requires a coordinated and proactive approach involving governments, defense contractors, and cyber security experts to fortify the supply chain and maintain the integrity of defense operations. Failure to do so not only jeopardize national security but also impedes the growth and effectiveness of the defense cyber security market.
Key Market Trends
Rise in Advanced Persistent Threats (APTs)
The escalating rise in Advanced Persistent Threats (APTs) is a compelling force propelling the global Defense Cyber Security market to expand and innovate. APTs represent a category of cyber threats characterized by their sophistication, persistence, and often state-sponsored or highly organized nature. Several key factors underscore how the increasing prevalence of APTs is driving the defense cyber security market, Sophistication of APTs: APTs employ advanced tactics, techniques, and procedures (TTPs) that make them exceptionally challenging to detect and mitigate. Their ability to evolve rapidly and use zero-day vulnerabilities keeps defense organizations on high alert, necessitating continuous improvements in cyber security measures.
Targeting of Defense Organizations: APTs primarily target defense organizations, aiming to compromise military secrets, classified information, and critical infrastructure. The potential damage to national security elevates the importance of robust cyber security defenses. Nation-State Involvement: Many APTs are linked to nation-states, giving them access to significant resources, expertise, and strategic motivations. This state-sponsored backing enables APTs to engage in long-term, coordinated cyber campaigns.
Stealth and Persistence: A hallmark of APTs is their ability to remain concealed within a target's network for extended periods, often going undetected. This persistence allows them to gather valuable intelligence, monitor operations, and potentially disrupt critical functions. Escalation of Cyber Warfare: As cyber warfare becomes an integral component of modern military strategies; defense organizations are compelled to invest in both offensive and defensive cyber capabilities. This includes enhancing cyber security measures to protect against APTs.
Advanced Malware and Exploits: APTs frequently employ custom-designed malware and exploits tailored to their specific targets. Their ability to develop and deploy such advanced tools requires defense organizations to remain at the forefront of threat detection and mitigation. Attribution Challenges: Accurately attributing cyber-attacks to specific APT groups or nation-states can be complex and time-consuming. This challenge hinders timely response efforts and underscores the importance of proactive cyber defense. International Collaboration: Defense organizations worldwide recognize the need for international collaboration in sharing threat intelligence and coordinating responses to APTs. This collaborative approach enhances collective defense capabilities and fosters the development of unified cyber security strategies. Investment in Cyber Resilience: The persistent threat of APTs compels defense organizations to continually invest in cyber security solutions, incident response capabilities, and cyber resilience strategies to minimize potential damage and downtime. In conclusion, the relentless rise in Advanced Persistent Threats represents a powerful driver of the global Defense Cyber Security market. As APTs continue to evolve and pose increasingly complex challenges to defense organizations, the demand for advanced cyber security technologies, threat intelligence sharing, and expert cyber security personnel is expected to grow. The pursuit of effective defenses against APTs remains paramount to safeguarding national security interests in an era where cyber threats are a constant and formidable presence.
Zero Trust Architecture (ZTA)
Zero Trust Architecture (ZTA) is emerging as a pivotal driver in shaping the global Defense Cyber Security market. ZTA represents a paradigm shift in how cyber security is approached, and its principles are becoming increasingly vital in safeguarding sensitive defense assets against evolving cyber threats. Here's how ZTA is driving the defense cyber security market, Rethinking Perimeter Security: ZTA challenges the traditional network security model that relies on perimeter defenses. Instead, it assumes that no entity, whether inside or outside the network, can be trusted by default. This shift from perimeter-based security to a "never trust, always verify" model is critical for defense organizations as they face threats from both external and internal sources.
Enhanced Insider Threat Mitigation: Defense organizations deal with insider threats, which can be as significant as external threats. ZTA focuses on continuous monitoring and strict access controls, reducing the risk of insider breaches. This is particularly relevant for organizations handling classified information and military operations. Granular Access Control: ZTA emphasizes the need for granular access controls and least-privilege access, ensuring that users and devices only have access to the specific resources necessary for their tasks. This approach minimizes the attack surface and limits lateral movement by attackers. Multi-Factor Authentication (MFA) and Continuous Authentication: ZTA promotes the use of MFA and continuous authentication mechanisms to verify the identity and trustworthiness of users and devices throughout their interaction with the network. This strengthens defense cyber security by thwarting unauthorized access.
Micro-Segmentation: Implementing micro-segmentation is a key component of ZTA. Defense organizations can segment their networks into smaller, isolated zones, making it more challenging for attackers to move laterally and gain access to critical systems. Advanced Threat Detection: ZTA encourages the use of advanced threat detection and analytics to monitor network behavior and identify anomalies in real-time. This proactive approach helps detect and respond to threats before they can cause significant damage. Cloud and Mobility Readiness: As defense operations increasingly leverage cloud services and mobile devices, ZTA is well-suited to secure these environments. It provides the flexibility and adaptability needed to protect data and resources regardless of their location.
Adoption of Software-Defined Perimeters (SDP): SDP, a key component of ZTA, creates dynamic, encrypted, and identity-based connections between users and the resources they access. This enhances security, especially when dealing with remote access and geographically dispersed defense operations. Regulatory Compliance: Compliance with stringent data protection and classified information handling regulations is paramount for defense organizations. ZTA's focus on access control and data protection aligns well with these compliance requirements. In conclusion, Zero Trust Architecture is poised to drive the global Defense Cyber Security market forward by offering a modern and adaptive approach to cyber security. Its emphasis on continuous verification, granular access control, and advanced threat detection aligns with the evolving threat landscape that defense organizations face. As ZTA gains momentum in the defense sector, it will lead to increased investment in cyber security technologies and strategies that prioritize security and resilience, ultimately bolstering national defense capabilities in the digital age.
Segmental Insights
Solution Insights
Defense Solutions Segment to Dominate the market during the forecast period. Attacks on governments, businesses, and individuals have increased on an exponential basis. Defense infrastructure is fast becoming a target of choice among both individual and state-sponsored cyber-attackers, who now acknowledge the value of disrupting security systems that were previously considered impenetrable.
The increased adoption of machine-to-machine technologies in the aerospace domain and the focus of the governments on enhancing cyber security to counter cyber terrorism has led to the growth of the cyber security market in this sector in the past decade. The defense companies, such as BAE Systems PLC, General Dynamics Corporation, Finmeccanica S.p.A., are engaged in developing cyber security solutions in the defense industry, especially in designing network security solutions and software, to prevent cyber-attacks on military software systems, proving the increasing demand from the sector.
Regional Insights
North America plays a significant role in the global Defense Cyber Security market, North America presently holds the largest market for cyber security solutions. The strong presence of several market incumbents, coupled with recent security threats in the region, and the thriving defense industry is expected to drive the adoption of these solutions further. Due to the increasing incidents of cyberattacks in the country, the governments in this region are significantly investing in dealing with these cyber-attacks.
As a major developed economy, the United States is highly dependent on the Internet and is therefore highly exposed to cyber-attacks. At the same time, the country has substantial capabilities in defense due to advanced technology and a large military budget. Malicious hacking from domestic or foreign enemies remains a constant threat to the United States. In response to these growing threats, the country has developed significant cyber capabilities for the defense sector.
Key Market Players
General Dynamics-CSRA
Raytheon Technologies Corporation
SAIC
Lockheed Martin Corporation
CACI International Inc.
L3 Harris Technologies
Northrop Grumman
Booz Allen Hamilton Holding Corp.
Viasat Inc.
Leidos Holdings Inc.
Report Scope:
In this report, the Global Defense Cyber Security Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Global Defense Cyber Security Market, By Solution:
o Defense Solutions
o Threat Assessment
o Network Fortification
o Training Services
• Global Defense Cyber Security Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 South Korea
 Indonesia
o Europe
 Germany
 United Kingdom
 France
 Russia
 Spain
o South America
 Brazil
 Argentina
o Middle East & Africa
 Saudi Arabia
 South Africa
 Egypt
 UAE
 Israel
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Defense Cyber Security Market.
Available Customizations:
Global Defense Cyber Security Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.3. Markets Covered
1.4. Years Considered for Study
1.5. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Voice of Customers
5. Global Defense Cyber Security Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Solution (Defense Solutions, Threat Assessment, Network Fortification, Training Services)
5.2.2. By Region
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
6. North America Defense Cyber Security Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Solution
6.2.2. By Country
6.3. North America: Country Analysis
6.3.1. United States Defense Cyber Security Market Outlook
6.3.1.1. Market Size & Forecast
6.3.1.1.1. By Value
6.3.1.2. Market Share & Forecast
6.3.1.2.1. By Solution
6.3.2. Canada Defense Cyber Security Market Outlook
6.3.2.1. Market Size & Forecast
6.3.2.1.1. By Value
6.3.2.2. Market Share & Forecast
6.3.2.2.1. By Solution
6.3.3. Mexico Defense Cyber Security Market Outlook
6.3.3.1. Market Size & Forecast
6.3.3.1.1. By Value
6.3.3.2. Market Share & Forecast
6.3.3.2.1. By Solution
7. Asia-Pacific Defense Cyber Security Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Solution
7.2.2. By Country
7.3. Asia-Pacific: Country Analysis
7.3.1. China Defense Cyber Security Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Solution
7.3.2. India Defense Cyber Security Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Solution
7.3.3. Japan Defense Cyber Security Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecast
7.3.3.2.1. By Solution
7.3.4. South Korea Defense Cyber Security Market Outlook
7.3.4.1. Market Size & Forecast
7.3.4.1.1. By Value
7.3.4.2. Market Share & Forecast
7.3.4.2.1. By Solution
7.3.5. Indonesia Defense Cyber Security Market Outlook
7.3.5.1. Market Size & Forecast
7.3.5.1.1. By Value
7.3.5.2. Market Share & Forecast
7.3.5.2.1. By Solution
8. Europe Defense Cyber Security Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Solution
8.2.2. By Country
8.3. Europe: Country Analysis
8.3.1. Germany Defense Cyber Security Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Solution
8.3.2. United Kingdom Defense Cyber Security Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Solution
8.3.3. France Defense Cyber Security Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Solution
8.3.4. Russia Defense Cyber Security Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Solution
8.3.5. Spain Defense Cyber Security Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Solution
9. South America Defense Cyber Security Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Solution
9.2.2. By Country
9.3. South America: Country Analysis
9.3.1. Brazil Defense Cyber Security Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Solution
9.3.2. Argentina Defense Cyber Security Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Solution
10. Middle East & Africa Defense Cyber Security Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Solution
10.2.2. By Country
10.3. Middle East & Africa: Country Analysis
10.3.1. Saudi Arabia Defense Cyber Security Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Solution
10.3.2. South Africa Defense Cyber Security Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Solution
10.3.3. UAE Defense Cyber Security Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Solution
10.3.4. Israel Defense Cyber Security Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Solution
10.3.5. Egypt Defense Cyber Security Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Solution
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenge
12. Market Trends & Developments
13. Company Profiles
13.1. General Dynamics-CSRA
13.1.1. Business Overview
13.1.2. Key Revenue and Financials
13.1.3. Recent Developments
13.1.4. Key Personnel
13.1.5. Key Product/Services
13.2. Raytheon Technologies Corporation
13.2.1. Business Overview
13.2.2. Key Revenue and Financials
13.2.3. Recent Developments
13.2.4. Key Personnel
13.2.5. Key Product/Services
13.3. SAIC
13.3.1. Business Overview
13.3.2. Key Revenue and Financials
13.3.3. Recent Developments
13.3.4. Key Personnel
13.3.5. Key Product/Services
13.4. Lockheed Martin Corporation
13.4.1. Business Overview
13.4.2. Key Revenue and Financials
13.4.3. Recent Developments
13.4.4. Key Personnel
13.4.5. Key Product/Services
13.5. CACI International Inc.
13.5.1. Business Overview
13.5.2. Key Revenue and Financials
13.5.3. Recent Developments
13.5.4. Key Personnel
13.5.5. Key Product/Services
13.6. L3 Harris Technologies
13.6.1. Business Overview
13.6.2. Key Revenue and Financials
13.6.3. Recent Developments
13.6.4. Key Personnel
13.6.5. Key Product/Services
13.7. Northrop Grumman
13.7.1. Business Overview
13.7.2. Key Revenue and Financials
13.7.3. Recent Developments
13.7.4. Key Personnel
13.7.5. Key Product/Services
13.8. Booz Allen Hamilton Holding Corp.
13.8.1. Business Overview
13.8.2. Key Revenue and Financials
13.8.3. Recent Developments
13.8.4. Key Personnel
13.8.5. Key Product/Services
13.9. Viasat Inc.
13.9.1. Business Overview
13.9.2. Key Revenue and Financials
13.9.3. Recent Developments
13.9.4. Key Personnel
13.9.5. Key Product/Services
14. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(セキュリティ)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(defense)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る