世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

マレーシアのX線画像システム市場:モダリティ別(直接X線撮影、コンピューテッドX線撮影)、移動性別(据え置き型、移動型)、タイプ別(デジタル、アナログ)、用途別(一般X線撮影、歯科、マンモグラフィ、その他)、エンドユーザー別(病院・クリニック、診断センター、その他)、地域別、市場競争、予測、機会:2018-2028F


Malaysia X-Ray Imaging System Market By Modality (Direct Radiography, Computed Radiography), By Mobility (Stationary, Mobile), By Type (Digital, Analog), By Application (General Radiography, Dental, Mammography, Others), By End User (Hospitals & Clinics, Diagnostic Centers, Others), By Region, Competition, Forecast & Opportunities, 2018-2028F

マレーシアのX線画像システム市場は、医療業界における事故や技術進歩の増加に牽引され、2028年の予測期間中に大きく成長すると予測されている。したがって、マレーシアのX線画像診断システム市場の成長を増強す... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
88 英語

 

サマリー

マレーシアのX線画像システム市場は、医療業界における事故や技術進歩の増加に牽引され、2028年の予測期間中に大きく成長すると予測されている。したがって、マレーシアのX線画像診断システム市場の成長を増強する。また、病気の早期診断と治療の重要性に対する患者や医療従事者の意識が高まっている。X線画像診断システムは病気の早期発見に重要な役割を果たし、タイムリーな介入と患者の予後改善を可能にする。その結果、さまざまな疾患のスクリーニング、診断、モニタリングのためのX線画像診断システムサービスに対する需要が増加している。X線の開発は、医学に大きな発展をもたらした。X線画像システム検査は、さまざまな手術や検査のための重要な医療ツールとみなされている。医療や外科の治療計画のサポート、病気の診断や治療のモニタリングにおける非侵襲的で苦痛のない支援、腫瘍の治療、血栓やその他の詰まりの除去、体内へのカテーテルやステント、その他の器具の挿入における医療専門家の支援などに使用されている。
マレーシアのX線画像診断システム市場は、医療費の増加、高齢化人口の増加、慢性疾患の有病率の上昇などの要因によって、今後数年間で大きく成長すると予想されている。
臨床的に必要なX線スキャニング・システムによる検査の価値は、通常これらのリスクよりも大きいにもかかわらず、不必要な電離放射線被曝をなくすことによってこのリスクを低減する努力が追求されるべきである。すべての電離放射線検査は、患者のリスクを軽減するために、深刻な健康上の懸念に対処したり、病気を治したり、治療を調整したりするために必要な場合にのみ実施されなければならない。また、事故件数の増加や骨粗鬆症の蔓延は、診断のためのX線検査需要の増加につながり、マレーシアのX線画像診断システム市場の拡大が期待されている。心血管疾患の有病率の上昇もマレーシアのX線画像診断システム市場を拡大する要因である。X線検査は、心不全や心臓弁の問題によって頻繁に起こる心臓肥大を特定することができる。心臓を包む嚢にカルシウムが沈着しているのを検出することで、X線検査は心収縮性心膜炎の診断に役立つこともある。マレーシア保健省の報告によると、CVDは2015年に4億2,270万人の患者と1,790万人の死者を出しており、2030年には年間2,360万人の死者が出ると予測されている。X線画像システムのような先進医療技術への需要が高まる中、医療提供者は患者の治療を向上させるため、新しく先進的な画像技術に多額の投資を行うことが予想される。そのため、マレーシアのX線画像診断システム市場は成長が見込まれている。
慢性疾患の増加がX線診断の増加につながる
マレーシアでは、ライフスタイルの変化、高齢化、都市化の進展などを背景に、慢性疾患の有病率が近年上昇傾向にある。X線画像診断システムは、慢性疾患、骨折、嚥下障害、脊柱側弯症、歯の問題の早期発見と監視を可能にし、タイムリーな介入と患者の予後改善につながるなど、この点で重要な役割を果たしている。マレーシア保健省によると、2019年、マレーシアの死因の約64%は慢性疾患に起因し、がんと心血管疾患が主な死因となっている。慢性疾患の負担は個人の生活の質に影響を与えるだけでなく、医療制度に大きな経済的負担を課している。その結果、マレーシアでは、慢性疾患の早期かつ正確な診断、疾患の進行状況の監視、治療方針の決定を促進するために、先進的なX線画像診断システム技術の需要が高まっている。WHO統計情報システムによると、マレーシアの心血管疾患死亡率は米国より25%低い。
骨粗鬆症の増加がX線画像診断システムを方向づける
マレーシアでは、骨粗鬆症の有病率は年々着実に増加している。マレーシアにおける骨粗鬆症患者の増加は、いくつかの要因によるものである。主な要因の一つは人口の高齢化である。高齢になると骨が弱くなり、骨折しやすくなる。マレーシア統計局によると、65歳以上の人口の割合は2020年の7.3%から2040年には15.3%に増加すると予測されている。もう一つの要因は生活習慣である。マレーシア人は座りがちなライフスタイルで知られ、多くの人がパソコンやテレビの前に長時間座って過ごしている。運動不足は骨を弱くし、骨粗鬆症のリスクを高める。さらに、カルシウムやビタミンDの少ない食事は骨粗鬆症のリスクを高めます。一般的に、女性の骨量のピークは男性より低い。さらに、閉経後の女性ではエストロゲンが不足するため、骨量減少のリスクは男性よりも女性の方が高い。International Journal of Women's Health and Reproduction Sciencesによると、女性の骨粗鬆症による骨折のリスクは40%から50%で、男性のリスクは13%から22%に過ぎない。
女性は30歳を過ぎると、骨粗しょう症になる可能性が高く、食事や生活習慣、家族歴などの摂取不足により、骨粗しょう症はさらに進行します。医師は、骨粗鬆症を特定し、骨折のリスクを評価し、状態の重症度と治療の必要性を確定するために、おそらく骨密度スキャンを要求するでしょう。二重エネルギーX線吸収測定法は、骨密度(BMD)の測定に最も頻繁に使用される技術である。
事故の増加がマレーシアのX線画像診断システム市場を牽引する見込み
マレーシアのX線画像診断システム市場は、ここ数年著しい成長を遂げている。事故の増加と画像診断のニーズの高まりにより、市場は今後も成長を続けると予想される。X線画像診断システムは、骨折、腫瘍、感染症など様々な病状の検出と診断に使用される非侵襲的診断ツールである。費用対効果が高く、広く利用可能な技術であり、現代医療に不可欠なものとなっている。マレーシア運輸省によると、2019年には567,516件の交通事故と6,167件の道路施設が発生した。この憂慮すべき事故件数の増加により、負傷を正確に診断・治療するためのX線画像システムのような高度な医療技術の必要性が生じている。X線画像診断システムは、事故による負傷の程度と重症度を迅速に特定するために救急部で広く使用されている。整形外科クリニックでは、骨折やその他の骨に関連する怪我の診断に使用されている。このような環境におけるX線画像診断システムの需要の増加が、マレーシアのX線画像診断システム市場の成長を牽引すると期待されている。
市場細分化
マレーシアのX線画像システム市場は、モダリティ、モビリティ、タイプ、用途、エンドユーザー、企業、地域分布に区分される。モダリティ別では、マレーシアのX線画像システム市場は直接X線撮影とコンピューテッドX線撮影に分けられる。移動性に基づいて、マレーシアのX線画像システム市場は据え置き型と移動型に分類される。タイプ別では、マレーシアのX線イメージングシステム市場はデジタルとアナログに分類される。用途別では、一般X線撮影、歯科、マンモグラフィ、その他に分類される。エンドユーザー別では、マレーシアのX線イメージングシステム市場は病院&クリニック、診断センター、その他に分類される。地域別では、マレーシアX線画像システム市場はマレーシア東部と西部に区分される。
企業プロフィール
Siemens Healthcare Pvt ltd.、Fujifilm Holdings corporation、Philips Healthcare、GE Healthcare、SIA ARBOR MEDICAL、Canon Medical Systems corporation、SHIMADZU CORPORATION、Code Medical System Sdn Bhd、Nano Medic Care Sdn. Bhd、Cairnhill MetrologyなどがマレーシアX線画像システム市場の主要企業です。
レポートの範囲
本レポートでは、マレーシアのX線画像システム市場を以下のカテゴリに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- マレーシアのX線画像システム市場:移動度別
o ダイレクトラジオグラフィー
o コンピュータX線撮影
- マレーシアのX線画像システム市場:移動性別
o 据え置き型
モバイル
- マレーシアのX線画像システム市場:タイプ別
デジタル
アナログ
- マレーシアのX線画像システム市場:用途別
o 一般撮影
o 歯科
o マンモグラフィー
その他
- マレーシアのX線画像システム市場:エンドユーザー別
o 病院・診療所
o 診断センター
その他
- マレーシアのX線画像システム市場:地域別
マレーシア東部
o 西マレーシア
競合状況
企業プロフィール:マレーシアのX線画像システム市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ:
TechSci Research社は、与えられた市場データをもとに、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Malaysia X ray Imaging System Market Outlook
4.1. Market Size & Forecast
4.1.1. By Value
4.2. Market Share & Forecast
4.2.1. By Modality (Direct Radiography, Computed Radiography)
4.2.2. By Mobility (Stationary, Mobile)
4.2.3. By Type (Digital, Analog)
4.2.4. By Application (General Radiography, Dental, Mammography, Others)
4.2.5. By End User (Hospitals & Clinics, Diagnostic Centers, Others)
4.2.6. By Region (East Malaysia, West Malaysia)
4.2.7. By Company (2022)
4.3. Product Market Map
5. East Malaysia X Ray Imaging System Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Modality
5.2.2. By Mobility
5.2.3. By Type
5.2.4. By Application
5.2.5. By End User
6. West Malaysia X Ray Imaging System Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Modality
6.2.2. By Mobility
6.2.3. By Type
6.2.4. By Application
6.2.5. By End User
7. Market Dynamics
7.1. Drivers
7.2. Challenges
8. Market Trends & Developments
8.1. Research & Development
8.2. Product launch
8.3. Merger & Acquisition
9. Policy and Regulatory Landscape
10. Malaysia X ray Imaging System Market: SWOT Analysis
11. Porter’s Five Forces Analysis
12. PESTLE Analysis
13. Competitive Landscape
13.1. Business Overview
13.2. Product Offerings
13.3. Recent Developments
13.4. Financials (In Case of Listed Companies)
13.5. Key Personnel
13.5.1. Siemens Healthcare Pvt ltd
13.5.2. Fujifilm Holdings corporation
13.5.3. Philips Healthcare
13.5.4. GE Healthcare
13.5.5. SIA ARBOR MEDICAL
13.5.6. Canon Medical Systems corporation
13.5.7. SHIMADZU CORPORATION
13.5.8. Code Medical System Sdn Bhd.
13.5.9. Nano Medic Care Sdn. Bhd
13.5.10. Cairnhill Metrology
14. Strategic Recommendations
15. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Malaysia X-ray imaging system market is anticipated to grow significantly in the projected period of 2028, that is driven by the rising accidents and technological advancements in medical industries. Hence, augmenting the growth of Malaysia X-ray imaging system market. Also, there is a growing awareness among patients and healthcare providers about the importance of early diagnosis and treatment of diseases. X-ray imaging system plays a crucial role in early detection of diseases, enabling timely intervention and better patient outcomes. As a result, there is an increasing demand for X-ray imaging system services for screening, diagnosis, and monitoring of various conditions. The development of X-rays marked significant developments in medicine. X-ray imaging system tests are regarded as an important medical tool for a wide range of operations and examinations. They're accustomed to support for medical and surgical treatment planning, non-invasive and painless assistance in disease diagnosis and therapy monitoring, and assist medical professionals in treating tumors, removing blood clots and other blockages, and inserting catheters, stents, and other devices inside the body.
The X-ray imaging system market in Malaysia is expected to grow significantly in the coming years, driven by factors such as increasing healthcare spending, a growing aging population, and a rise in the prevalence of chronic diseases.
Efforts to reduce this risk through eliminating unnecessary ionizing radiation exposure should be pursued, even though the value of a clinically necessary Xray scanning system scan is usually greater than these risks. All ionizing radiation examination must only be performed if it is necessary to deal with a serious health concern, cure an illness or coordinate treatment in order to help reduce the patient's risk. Also, the increasing number of accidents and prevalence of Osteoporosis leads to the heavy demand of X- Ray for diagnosing, which is expected to expand the Malaysia X-ray imaging system market. Rising prevalence of cardiovascular disease is also responsible for expanding the Malaysia X-ray imaging system market. X-rays can identify heart enlargement, which is frequently brought on by heart failure or a problem with the heart valves. Through the detection of calcium deposits in the sac that surrounds the heart, X-rays can occasionally be useful in the diagnosis of constrictive pericarditis. As per the Malaysian Ministry of Health Report, CVD caused 422.7 million cases and 17.9 million fatalities in 2015, and it is anticipated that it will result in 23.6 million fatalities year by 2030. With the increasing demand for advanced medical technologies, such as X-Ray Imaging System, healthcare providers are expected to invest heavily in new and advanced imaging technologies to improve patient care. As such, the Malaysia X-Ray Imaging System market is expected to grow.
Rising cases of Chronic Diseases are leading to increase in X-ray Diagnostics
The prevalence of chronic diseases in Malaysia has been on the rise in recent years, mainly due to changing lifestyles, aging population, and increasing urbanization. X-Ray Imaging System plays a crucial role in this regard, enabling early detection and monitoring of chronic diseases, bone fractures, dysphagia, scoliosis, and tooth problems leading to timely interventions and improved patient outcomes. According to the Malaysia Ministry of Health, in 2019, approximately 64% of deaths in Malaysia were attributed to chronic diseases, with cancer and cardiovascular diseases being the leading causes of death. The burden of chronic diseases not only affects the quality of life of individuals but imposes a significant economic burden on the healthcare system. As a result, there has been a growing demand for advanced X-ray imaging system technologies in Malaysia to facilitate early and accurate diagnosis of chronic diseases, monitor disease progression, and guide treatment decisions. According to WHO Statistical Information System, cardiovascular disease death rates in Malaysia is 25% lower than the United States.
Rising prevalence of Osteoporosis directs X-ray imaging system
In Malaysia, the prevalence of osteoporosis has been steadily increasing over the years. The increasing cases of osteoporosis in Malaysia can be attributed to several factors. One of the main factors is the aging population. As people age, their bones become weaker and more prone to fractures. According to the Department of Statistics Malaysia, the percentage of the population aged 65 and above is projected to increase from 7.3% in 2020 to 15.3% by 2040. Another contributing factor is lifestyle habits. Malaysians are known for their sedentary lifestyle, with many people spending long hours sitting in front of a computer or television. Lack of physical activity can lead to weak bones and an increased risk of osteoporosis. Additionally, a diet low in calcium and vitamin D can increase the risk of osteoporosis. In general, women's peak bone mass is lower than men. Additionally, due to the lack of estrogen in postmenopausal women, the risk of bone loss is higher in women than in men. As per International Journal of Women’s Health and Reproduction Sciences, the risk of fractures due to osteoporosis in females is 40% to 50% and males have only 13% to 22% risk.
Women are likely to experience breaking down of the bone than building up after 30 years, which will be reinforced because of the intake lack of diet, lifestyle, and family history. Doctor will probably request a bone density scan to identify osteoporosis, evaluate the risk of fracture, and establish the severity of the condition and the need for treatment. Dual-energy x-ray absorptiometry is the technique most frequently used to determine bone mineral density (BMD).
Rising Accidents is Expected to Drive the Malaysia X-Ray Imaging System Market
The Malaysia X-Ray Imaging System market has been witnessing significant growth over the years. With the rise in accidents and the growing need for diagnostic imaging, the market is expected to continue growing in the coming years. X-Ray Imaging System is a non-invasive diagnostic tool used for detecting and diagnosing various medical conditions, including fractures, tumors, and infections. It is a cost-effective and widely available technology that has become an integral part of modern medical practice. According to Ministry of Transport Malaysia, in 2019 there were 567,516 road accidents and 6,167 road facilities in 2019. This alarming increase in the number of accidents has created a need for advanced medical technologies, such as X-Ray Imaging System, to accurately diagnose and treat injuries. X-Ray Imaging System is widely used in emergency departments to quickly identify the extent and severity of injuries sustained in accidents. It is used in orthopedic clinics to diagnose fractures and other bone-related injuries. The increasing demand for X-ray imaging system in these settings is expected to drive the growth of the Malaysia X-ray imaging system market.
Market Segmentation
Malaysia X-Ray Imaging System Market is segmented into modality, mobility, type, application, end user, company, and regional distribution. Based on modality, Malaysia X-ray imaging system market is divided into direct radiography and computed radiography. Based on mobility, Malaysia X-ray imaging system market is categorized into stationary and mobile. Based on type, Malaysia X-ray imaging system market is categorized into digital and analog. Based on application, the market is categorized into general radiography, dental, mammography, others. Based on end user, Malaysia X-ray imaging system market is categorized into hospitals & clinics, diagnostic centers, and others. Based on region, the Malaysia X-ray imaging system market is segmented into the East and West Malaysia.
Company Profiles
Siemens Healthcare Pvt ltd., Fujifilm Holdings corporation, Philips Healthcare, GE Healthcare, SIA ARBOR MEDICAL, Canon Medical Systems corporation, SHIMADZU CORPORATION, Code Medical System Sdn Bhd, Nano Medic Care Sdn. Bhd, Cairnhill Metrology are some of the key players of Malaysia X-Ray Imaging System market.
Report Scope:
In this report, the Malaysia X-Ray Imaging System market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends, which have also been detailed below:
• Malaysia X-Ray Imaging System Market, By Mobility:
o Direct Radiography
o Computed Radiography
• Malaysia X-Ray Imaging System Market, By Mobility:
o Stationary
o Mobile
• Malaysia X-Ray Imaging System Market, By Type:
o Digital
o Analog
• Malaysia X-Ray Imaging System Market, By Application:
o General Radiography
o Dental
o Mammography
o Others
• Malaysia X-Ray Imaging System Market, By End User:
o Hospitals & Clinics
o Diagnostic Centers
o Others
• Malaysia X-Ray Imaging System Market, By Region:
o The East Malaysia
o The West Malaysia
Competitive landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies in Malaysia X-Ray Imaging System market.
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Malaysia X ray Imaging System Market Outlook
4.1. Market Size & Forecast
4.1.1. By Value
4.2. Market Share & Forecast
4.2.1. By Modality (Direct Radiography, Computed Radiography)
4.2.2. By Mobility (Stationary, Mobile)
4.2.3. By Type (Digital, Analog)
4.2.4. By Application (General Radiography, Dental, Mammography, Others)
4.2.5. By End User (Hospitals & Clinics, Diagnostic Centers, Others)
4.2.6. By Region (East Malaysia, West Malaysia)
4.2.7. By Company (2022)
4.3. Product Market Map
5. East Malaysia X Ray Imaging System Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Modality
5.2.2. By Mobility
5.2.3. By Type
5.2.4. By Application
5.2.5. By End User
6. West Malaysia X Ray Imaging System Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Modality
6.2.2. By Mobility
6.2.3. By Type
6.2.4. By Application
6.2.5. By End User
7. Market Dynamics
7.1. Drivers
7.2. Challenges
8. Market Trends & Developments
8.1. Research & Development
8.2. Product launch
8.3. Merger & Acquisition
9. Policy and Regulatory Landscape
10. Malaysia X ray Imaging System Market: SWOT Analysis
11. Porter’s Five Forces Analysis
12. PESTLE Analysis
13. Competitive Landscape
13.1. Business Overview
13.2. Product Offerings
13.3. Recent Developments
13.4. Financials (In Case of Listed Companies)
13.5. Key Personnel
13.5.1. Siemens Healthcare Pvt ltd
13.5.2. Fujifilm Holdings corporation
13.5.3. Philips Healthcare
13.5.4. GE Healthcare
13.5.5. SIA ARBOR MEDICAL
13.5.6. Canon Medical Systems corporation
13.5.7. SHIMADZU CORPORATION
13.5.8. Code Medical System Sdn Bhd.
13.5.9. Nano Medic Care Sdn. Bhd
13.5.10. Cairnhill Metrology
14. Strategic Recommendations
15. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る