世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

マレーシアの糖度計市場:製品タイプ別(自己血糖測定装置、持続血糖測定装置)、用途別(1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病)、エンドユーザー別(在宅医療現場、病院、その他)、地域別、市場競争、予測、機会:2018-2028F


Malaysia Glucometer Market, By Product Type (Self-Monitoring Glucose Devices and Continuous Glucose Monitoring Devices), By Application (Type 1 Diabetes, Type 2 Diabetes, Gestational Diabetes), By End User (Home Care Settings, Hospital, Others), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2018-2028F.

マレーシアの糖度計市場は、血糖モニタリングに関する意識の高まりと糖尿病1と糖尿病2の有病率の上昇により、2028年の予測期間中に大きく成長すると予測されている。世界中の何百万人もの個人が糖尿病の慢性的な... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
82 英語

 

サマリー

マレーシアの糖度計市場は、血糖モニタリングに関する意識の高まりと糖尿病1と糖尿病2の有病率の上昇により、2028年の予測期間中に大きく成長すると予測されている。世界中の何百万人もの個人が糖尿病の慢性的な状態に苦しんでいます。問題を回避し、一般的な健康を維持するためには、血糖値を注意深くコントロールする必要があります。グルコースモニタリングは、糖尿病患者が自分の血糖値を評価し、食事、運動、薬に関する知識を持った決定を下すことを可能にするもので、糖尿病管理における最も重要なツールの一つである。グルコメーターは、正確でリアルタイムの血糖測定値を提供するために最先端の技術を使用した小型のポータブルデバイスです。持ち運びが簡単で、目立たないように使用できるコンパクトなデザインが特徴で、糖尿病患者は外出先や職場、社会的な環境でも血糖値をモニターすることができます。この装置は、小さなランセットを使って血液サンプルを採取し、それを高度なアルゴリズムを使って分析することで、わずか数秒で正確なグルコース測定値を提供する。グルコメーターの際立った特徴のひとつは、その正確さである。このデバイスは、高度なセンサー技術を利用し、高精度のグルコース測定値を提供することで、誤測定のリスクを低減し、糖尿病患者が糖尿病管理計画について十分な情報を得た上で意思決定できるようにしている。食事、運動、投薬の調整を行うために正確な血糖値測定に依存している糖尿病患者にとって、装置の精度は極めて重要であり、それによってグルコメーターの需要を増大させている。マレーシアのグルコメーター市場の主要な推進要因の一つは、同国における糖尿病の有病率の上昇である。不健康な食生活、座りがちなライフスタイル、肥満、遺伝的素因は、マレーシアにおける糖尿病有病率の高さの要因の一部である。糖尿病は、その状態を効果的に管理するために血糖値の定期的なモニタリングが必要であるため、糖尿病患者の間でグルコメーターの需要が増加している。グルコメーターは携帯可能で使いやすい機器であり、自宅や外出先で血糖値をモニターすることができ、血糖値に関するリアルタイムの情報を提供することで、食事、身体活動、薬の摂取について十分な情報を得た上での意思決定を支援する。また、患者や医療従事者の間で、グルコメーターの重要性に対する認識が高まっています。グルコメーターは病気の早期発見において重要な役割を果たし、タイムリーな介入とより良い患者の転帰を可能にします。その結果、マレーシアではグルコメーターに対する需要が増加している。National Health and Morbidity Survey 2019 (NHMS 2019)によると、マレーシアの糖尿病患者の49%は検査を受けたことも診断を受けたこともない。
糖尿病患者数の増加が糖度計の需要増につながる
糖尿病は、高い血糖値を特徴とする慢性代謝疾患であり、世界中で健康への関心が高まっている。マレーシアでは近年、1型糖尿病(T1D)と2型糖尿病(T2D)の有病率が大幅に上昇している。この傾向はマレーシアの糖度計市場に大きな影響を与えており、糖尿病のモニタリングと管理に不可欠なツールである糖度計の需要が増加している。以前は若年性糖尿病として知られていた1型糖尿病は、免疫系が誤って膵臓のインスリン産生細胞を攻撃し破壊することで発症する自己免疫疾患である。T1Dは通常、小児、青年、若年成人に発症しますが、どの年齢でも発症する可能性があります。一方、2型糖尿病(以前は成人型糖尿病として知られていた)は、体がインスリンを効果的に使用しないインスリン抵抗性、および/またはインスリン産生の減少を特徴とする代謝疾患である。T2Dは、座りがちな生活、不健康な食事、肥満、加齢などの生活習慣と関連することが多い。国民健康・疾病調査2019によると、マレーシアでは、30歳以上の2型糖尿病(T2D)有病率は20.8%に増加し、280万人が罹患している。糖尿病はマレーシアにおける深刻な公衆衛生の問題である。マレーシアにおける糖尿病罹患率の増加にはいくつかの要因がある。主な要因のひとつは、国民のライフスタイルの変化である。都市化、経済成長、グローバル化に伴い、座りっぱなしの行動、不健康な食習慣、ストレスレベルの増加へとシフトしている。その結果、2型糖尿病発症の危険因子として知られる肥満率が上昇している。さらに、砂糖、不健康な脂肪、加工食品を多く含む西洋化された食生活がマレーシアで一般的になり、かつて健康的と考えられていた伝統的な地中海式食事パターンに取って代わっている。さらに、マレーシアでは人口の高齢化が糖尿病発症率上昇の大きな要因となっている。人口の高齢化に伴い、体内の生理的変化、身体活動レベルの低下、高血圧や脂質異常症などの他の危険因子の有病率が高くなるため、糖尿病発症のリスクが高まる。ヘルスケアの向上と医療技術の進歩により、人々は長生きするようになったが、これは糖尿病のような慢性疾患の負担増にもつながり、マレーシアの糖度計市場に拍車をかけている。マレーシアの糖度計市場は、近年いくつかの技術的進歩を目の当たりにしており、糖度計はより使いやすくなり、ブルートゥース接続、スマートフォンアプリ、クラウドベースのデータストレージなどの機能が組み込まれ、遠隔モニタリングとより良い疾病管理を可能にしている。このような技術の進歩により、グルコメーターはより便利で効率的なものとなり、糖尿病患者の間で普及が進んでいる。WHO統計2019によると、マレーシアでは30~69歳の糖尿病による死亡者数は男性1170人、女性1210人となっている。
意識の高まりと政府の取り組みが糖度計の需要増につながる
近年、世界中で数百万人が罹患している慢性代謝疾患である糖尿病を管理するために、血糖値をモニタリングすることの重要性に対する認識が高まっている。東南アジアのマレーシアもこの傾向の例外ではない。糖尿病の有病率が増加し、早期発見・早期管理の利点に対する意識が高まる中、血糖測定器としても知られるグルコメーターに対する需要はマレーシアで増加傾向にある。さらに、マレーシア政府は糖尿病に対する認識と管理を促進するためにいくつかのイニシアチブをとっており、これが同国におけるグルコメーター需要をさらに促進している。さらに、マレーシアには健康増進と疾病予防の文化が根付いている。マレーシアの多くの組織やNGOは、様々な取り組みを通じて、医療施設や予防医療に関する意識向上に積極的に取り組んでいる。例えば、マレーシア糖尿病協会は、主に教育活動、科学的出版物、糖尿病患者のトレーニング、糖尿病患者の生活の質の向上と医療に力を入れている。さらに、定期的な検診、生活習慣への介入、適切な医療処置など、糖尿病の早期発見と管理にますます焦点が当てられており、予測期間中のマレーシアの糖度計市場の成長を促進すると期待されている。National Health and Morbidity Survey 2019によると、マレーシアのNegeri Sembilan(33.2%)、Perlis(32.6%)、Pahang(25.7%)で最も高い有病率が発見された。
市場細分化
マレーシアのグルコメーター市場は、製品タイプ、アプリケーション、エンドユーザー、企業にセグメント化される。製品タイプに基づき、マレーシアのグルコメーター市場は自己監視グルコースデバイスと連続グルコースモニタリングデバイスに分けられる。用途別では、マレーシアのグルコメーター市場は1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病に分類される。エンドユーザー別では、マレーシアの糖度計市場はホームケア設定、病院、その他に分類される。地域別では、マレーシアの糖度計市場は東マレーシアと西マレーシアに区分される。
企業プロフィール
Abbott社、Roche社、Johnson & Johnson社、B. Braun Medical Industries社、Siemens Healthcare社、Transmedic Healthcare社、Medtronic社、NovoNordisk社、Dexcom社、Ascensia Diabetes Care社などがマレーシアのグルコメーター市場の主要企業である。
レポートの範囲
本レポートでは、マレーシアのグルコメーター市場を、業界動向に加えて以下のカテゴリーに分類し、その詳細も記載しています:
- マレーシアのグルコメーター市場:製品タイプ別
o 自己血糖測定装置
o持続グルコースモニタリングデバイス
- マレーシアのグルコメーター市場:用途別
o 1型糖尿病
o 2型糖尿病
o 妊娠糖尿病
- マレーシアの糖度計市場:エンドユーザー別
o 在宅介護
o 病院、その他
- マレーシアの糖度計市場:地域別
o東マレーシア
o 西マレーシア
競合状況
企業プロフィール:マレーシアのグルコメーター市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ:
TechSci Research社は、与えられた市場データをもとに、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Malaysia Glucometer Market Outlook
4.1. Market Size & Forecast
4.1.1. By Value
4.2. Market Share & Forecast
4.2.1. By Product Type (Self-Monitoring Glucose Devices and Continuous Glucose Monitoring Devices)
4.2.2. By Application (Type 1 Diabetes, Type 2 Diabetes, Gestational Diabetes)
4.2.3. By End User (Home Care Settings, Hospital, Others)
4.2.4. By Region (East Malaysia, West Malaysia)
4.2.5. By Company (2022)
4.3. Product Market Map
5. Malaysia Self-Monitoring Glucose Devices Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Component (Glucose Meter Devices, Glucose Test Strips and Lancets)
5.2.2. By Application
5.2.3. By End User
6. Malaysia Continuous Glucose Monitoring Devices Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Component (Sensors, Transmitters & receivers, Integrated Insulin Pumps)
6.2.2. By Application
6.2.3. By End User
7. Market Dynamics
7.1. Drivers
7.2. Challenges
8. Market Trends & Developments
8.1. Research & Development
8.2. Product launch
8.3. Merger & Acquisition
9. Policy and Regulatory Landscape
10. Malaysia Glucometer Market: SWOT Analysis
11. Porter’s Five Forces Analysis
12. PESTLE Analysis
13. Competitive Landscape
13.1. Business Overview
13.2. Product Offerings
13.3. Recent Developments
13.4. Financials (In Case of Listed Companies)
13.5. Key Personnel
13.5.1. Abbott
13.5.2. Roche
13.5.3. Johnson & Johnson
13.5.4. B. Braun Medical Industries
13.5.5. Siemens Healthcare
13.5.6. Transmedic Healthcare.
13.5.7. Medtronic
13.5.8. NovoNordisk
13.5.9. Dexcom
13.5.10. Ascensia Diabetes Care
14. Strategic Recommendations
15. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Malaysia glucometer market is anticipated to grow significantly during the projected period of 2028 due to the increasing awareness about the blood glucose monitoring and rising prevalence of diabetes 1 and diabetes 2. Millions of individuals across the world suffer from the chronic condition of diabetes. To avoid issues and maintain general health, blood glucose levels must be carefully controlled. Glucose monitoring, which enables people with diabetes to assess their blood sugar levels and make knowledgeable decisions regarding their diet, exercise, and medicine, is one of the most important tools in the management of diabetes. Glucometer is a small, portable device that uses state-of-the-art technology to provide accurate and real-time blood glucose readings. It features a compact design that is easy to carry and can be used discreetly, allowing individuals with diabetes to monitor their glucose levels on the go, at work, or in social settings. The device uses a small lancet to obtain a blood sample, which is then analyzed using advanced algorithms to provide precise glucose readings in just a matter of seconds. One of the standout features of glucometer is its accuracy. The device utilizes advanced sensor technology that provides highly accurate glucose readings, reducing the risk of false readings and ensuring that individuals with diabetes can make informed decisions about their diabetes management plan. The accuracy of the device is crucial for people with diabetes who rely on accurate blood glucose readings to make adjustments to their diet, exercise, and medication, thereby augmenting the demand for glucometers. One of the key drivers of the Malaysia glucometer market is the rising prevalence of diabetes in the country. Unhealthy diets, sedentary lifestyles, obesity, and genetic predisposition are some of the factors contributing to the high diabetes prevalence in Malaysia. As diabetes requires regular monitoring of blood glucose levels to manage the condition effectively, the demand for glucometers has increased among diabetic patients. Glucometers are portable and easy-to-use devices that allow individuals to monitor their blood glucose levels conveniently at home or on the go, providing them with real-time information about their blood sugar levels and helping them make informed decisions about their diet, physical activity, and medication intake. Also, there is a growing awareness among patients and healthcare providers about the importance of glucometer. Glucometers play a crucial role in early detection of diseases, enabling timely intervention and better patient outcomes. As a result, there is an increasing demand for glucometers in Malaysia. According to the National Health and Morbidity Survey 2019 (NHMS 2019), 49% of Malaysians with diabetes had never undergone testing or received a diagnosis.
Rising Number of Diabetic Cases Leads to the Increasing Demand for Glucometers
Diabetes, a chronic metabolic disorder characterized by high blood glucose levels, is a growing health concern across the world. Malaysia has witnessed a significant rise in the prevalence of both Type 1 diabetes (T1D) and Type 2 diabetes (T2D) in recent years. This trend has a significant impact on the Malaysia glucometer market, with an increasing demand for glucometers, which are essential tools for monitoring and managing diabetes. Type 1 diabetes, previously known as juvenile diabetes, is an autoimmune disease that occurs when the immune system mistakenly attacks and destroys the insulin-producing cells in the pancreas. T1D is typically diagnosed in children, adolescents, and young adults, although it can occur at any age. On the other hand, Type 2 diabetes, previously known as adult-onset diabetes, is a metabolic disorder characterized by insulin resistance, where the body does not effectively use insulin, and/or reduced insulin production. T2D is often associated with lifestyle factors such as sedentary behavior, unhealthy diets, obesity, and aging. According to the National Health and Morbidity Survey 2019, in Malaysia, type 2 diabetes (T2D) prevalence has increased to 20.8% in persons over the age of 30, affecting 2.8 million people. Diabetes is a serious public health concern in Malaysia. Several factors contribute to the increasing incidence of diabetes in Malaysia. One of the primary drivers is the changing lifestyle patterns of the population. With urbanization, economic growth, and globalization, there has been a shift toward sedentary behavior, unhealthy dietary habits, and increased stress levels. This has led to a rise in obesity rates, which is a known risk factor for developing type 2 diabetes. Additionally, the adoption of a Westernized diet that is high in sugar, unhealthy fats, and processed foods has become more common in Malaysia, replacing traditional Mediterranean dietary patterns that were once considered healthy. Furthermore, the aging population in Malaysia is a significant factor in the rising incidence of diabetes. As the population ages, the risk of developing diabetes increases due to physiological changes in the body, decreased physical activity levels, and higher prevalence of other risk factors such as hypertension and dyslipidemia. With improved healthcare and advancements in medical technology, people are living longer, but this has also resulted in a higher burden of chronic diseases such as diabetes, thereby fueling the Malaysia glucometer market. The Malaysia glucometer market has witnessed several technological advancements in recent years, with glucometers becoming more user-friendly and incorporating features such as Bluetooth connectivity, smartphone apps, and cloud-based data storage, allowing for remote monitoring and better disease management. These technological advancements have made glucometers more convenient and efficient, leading to increased adoption among people with diabetes. According to WHO Statistics 2019, in Malaysia, the number of deaths due to diabetes for the age group 30-69 is 1170 for males and 1210 for females.
Rising Awareness and Government Initiatives Lead to Rising Demand for Glucometers
In recent years, there has been a growing awareness about the importance of monitoring blood glucose levels for managing diabetes, a chronic metabolic disorder that affects millions of people across the world. Malaysia, a Southeast Asian country, is no exception to this trend. With increasing prevalence of diabetes and rising awareness about the benefits of early detection and management of the condition, the demand for glucometers, also known as blood glucose meters, has been on the rise in Malaysia. Furthermore, the Government of Malaysia has taken several initiatives to promote diabetes awareness and management, which has further fueled the demand for glucometers in the country. In addition, Malaysia has a strong culture of health promotion and disease prevention. Many Malaysian organizations and NGOs actively work to raise awareness about healthcare facilities and preventive care through various initiatives. For instance, the Malaysia Diabetes Association mainly focus on educational activities, scientific publications, training people with diabetes, and improving the quality of life and medical treatment for people with diabetes. Additionally, there is an increased focus on early detection and management of diabetes, including regular screenings, lifestyle interventions, and appropriate medical treatments., which is expected to drive the growth of the Malaysia glucometer market during the forecast period. According to the National Health and Morbidity Survey 2019, highest prevalence rates were discovered in Negeri Sembilan (33.2%), Perlis (32.6%), and Pahang (25.7%) in Malaysia.
Market Segmentation
The Malaysia glucometer market is segmented into product type, application, end user, and company. Based on product type, the Malaysia glucometer market is divided into self-monitoring glucose devices and continuous glucose monitoring devices. Based on application, the Malaysia glucometer market is categorized into type 1 diabetes, type 2 diabetes, and gestational diabetes. Based on end user, the Malaysia glucometer market is categorized into home care settings, hospital, and others. Based on region, the Malaysia glucometer market is segmented into the East Malaysia and West Malaysia.
Company Profiles
Abbott, Roche, Johnson & Johnson, B. Braun Medical Industries, Siemens Healthcare, Transmedic Healthcare, Medtronic, NovoNordisk, Dexcom, and Ascensia Diabetes Care are some of the key players of the Malaysia glucometer market.
Report Scope:
In this report, the Malaysia Glucometer market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends, which have also been detailed below:
• Malaysia Glucometer Market, By Product Type:
o Self-Monitoring Glucose Devices
o Continuous Glucose Monitoring Devices
• Malaysia Glucometer Market, By Application:
o Type 1 Diabetes
o Type 2 Diabetes
o Gestational Diabetes
• Malaysia Glucometer Market, By End User:
o Home Care Settings
o Hospital, Others
• Malaysia Glucometer Market, By Region:
o The East Malaysia
o The West Malaysia
Competitive landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies in the Malaysia glucometer market.
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Malaysia Glucometer Market Outlook
4.1. Market Size & Forecast
4.1.1. By Value
4.2. Market Share & Forecast
4.2.1. By Product Type (Self-Monitoring Glucose Devices and Continuous Glucose Monitoring Devices)
4.2.2. By Application (Type 1 Diabetes, Type 2 Diabetes, Gestational Diabetes)
4.2.3. By End User (Home Care Settings, Hospital, Others)
4.2.4. By Region (East Malaysia, West Malaysia)
4.2.5. By Company (2022)
4.3. Product Market Map
5. Malaysia Self-Monitoring Glucose Devices Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Component (Glucose Meter Devices, Glucose Test Strips and Lancets)
5.2.2. By Application
5.2.3. By End User
6. Malaysia Continuous Glucose Monitoring Devices Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Component (Sensors, Transmitters & receivers, Integrated Insulin Pumps)
6.2.2. By Application
6.2.3. By End User
7. Market Dynamics
7.1. Drivers
7.2. Challenges
8. Market Trends & Developments
8.1. Research & Development
8.2. Product launch
8.3. Merger & Acquisition
9. Policy and Regulatory Landscape
10. Malaysia Glucometer Market: SWOT Analysis
11. Porter’s Five Forces Analysis
12. PESTLE Analysis
13. Competitive Landscape
13.1. Business Overview
13.2. Product Offerings
13.3. Recent Developments
13.4. Financials (In Case of Listed Companies)
13.5. Key Personnel
13.5.1. Abbott
13.5.2. Roche
13.5.3. Johnson & Johnson
13.5.4. B. Braun Medical Industries
13.5.5. Siemens Healthcare
13.5.6. Transmedic Healthcare.
13.5.7. Medtronic
13.5.8. NovoNordisk
13.5.9. Dexcom
13.5.10. Ascensia Diabetes Care
14. Strategic Recommendations
15. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(gestational diabetes)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る