世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

マレーシアのコンタクトレンズ市場:様式別(再利用可能、使い捨て)、デザイン別(球面、トーリック、多焦点、その他)、素材タイプ別(シリコーンハイドロゲル、ハイドロゲル、ガス透過性、その他)、用途別(矯正、治療、美容、その他)、流通チャネル別(小売店、オンライン、病院、クリニック)、地域別、競争、予測、市場機会、2028年


Malaysia Contact Lenses Market By Modality (Reusable and Disposable), By Design (Spherical, Toric, Multifocal, and Others), By Material Type (Silicone Hydrogel, Hydrogel, Gas Permeable, and Others), By Application (Corrective, Therapeutic, Cosmetic, and Others), By Distribution Channel (Retail Stores, Online, Hospitals, & Clinics), By Region, Competition, Forecast, & Opportunities, 2028

コンタクトレンズ、または単にコンタクトは、目の表面に直接置かれる薄いレンズです。コンタクトレンズは屈折異常の矯正に役立ち、目の角膜と水晶体の焦点を合わせる力を調整することでこの機能を果たします。コ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
89 英語

 

サマリー

コンタクトレンズ、または単にコンタクトは、目の表面に直接置かれる薄いレンズです。コンタクトレンズは屈折異常の矯正に役立ち、目の角膜と水晶体の焦点を合わせる力を調整することでこの機能を果たします。コンタクトレンズは様々な種類のプラスチックでできており、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの2種類に分けられます。ソフトコンタクトレンズに属する一般的なコンタクトレンズには、1日使い捨てコンタクトレンズ、長時間使い捨てコンタクトレンズ、トーリックコンタクトレンズ、カラーコンタクトレンズ、デコラティブコンタクトレンズなどがあります。ほとんどの長期装用コンタクトレンズはシリコーンハイドロゲルでできており、ソフトレンズの吸水性プラスチックとシリコーンが組み合わされています。マレーシアのコンタクトレンズ市場は成長産業であり、国内外の様々なブランドが販売されています。マレーシアでは、人口の6-7%がコンタクトレンズを装用しており、そのほとんどが20-30歳の年齢層であると推定されています。クーパービジョンは世界有数のコンタクトレンズ会社で、130カ国以上の眼鏡店や装用者にサービスを提供している。白内障や緑内障のような眼疾患の有病率の増加は、予測期間中にマレーシアのコンタクトレンズ市場に目覚ましい成長を記録すると予想されている。様々な種類のコンタクトレンズが、様々な種類の眼病を治療することによって人々の視力を矯正するために使用されており、市場の成長を促進しています。さらに、同国で製造されるコンタクトレンズの名目上の手頃な価格は、マレーシアのコンタクトレンズ市場の成長をさらに促進すると予想される。また、国内の様々な地域で近代化が進み、美容用レンズの需要が高まっていることも、予測期間においてマレーシアのコンタクトレンズ市場の成長を後押しすると期待されている。ヘルスケアインデックスによると、マレーシアは、国のヘルスケアシステムによって提供される開発の増加と施設数の増加により、30位にランクされている。同国のヘルスケア部門における技術進歩の高まりと、同国における様々な眼関連疾患の治療における技術革新は、マレーシアのコンタクトレンズ市場の成長をさらに押し上げると予想される。マレーシアの全地域において、年を追うごとに老人人口が増加していることは、さらにマレーシアのコンタクトレンズ市場の成長を促進すると予想される。
眼疾患の有病率の増加
マレーシアにおける眼疾患の有病率の増加は、同国におけるコンタクトレンズ市場の主要な促進要因の一つである。近視、遠視、乱視、老眼などの眼病の罹患率の増加に伴い、コンタクトレンズを含む視力矯正製品の需要が増加している。コンタクトレンズは、特に眼鏡をかけない人や手術を受ける予定のある人にとって、便利で効果的な視力矯正方法を提供します。さらに、コンタクトレンズは眼鏡よりも快適で、特に高い処方箋をお持ちの方や複雑な眼疾患をお持ちの方にとって、より良い視力を提供します。National Eye Survey Malaysiaが実施した調査によると、2018年には15,000人が失明検査を受けており、そのうち58.6%が未治療の白内障と診断されたが、もっと早く発見されていれば防げた可能性がある。さらに、2022年にThe Starが発表したレポートによると、国内における眼疾患の有病率の増加により、マレーシアの総人口の約1.2%が失明と診断されている。様々な眼科疾患の中で、白内障は全体の58.6%を占め、次いで糖尿病性網膜症が10.4%、緑内障が6.6%となっている。このように、国内で蔓延している様々な眼疾患の症例が増加していることは明らかであり、マレーシアのコンタクトレンズ市場の今後の成長を促進すると予想される。
コンタクトレンズの手頃なコスト
コンタクトレンズの手頃なコストは、マレーシアのコンタクトレンズ市場を牽引する主要な要因である。現在、より安価なコンタクトレンズが入手可能になっているため、より多くの人々がコンタクトレンズを購入することができ、視力矯正オプションとしてコンタクトレンズを使用する可能性が高くなっている。さらに、コンタクトレンズは従来の眼鏡に比べて、周辺視野の改善、快適性の向上、眼鏡の紛失や破損を恐れることなくスポーツやその他の運動に参加できるなど、多くの利点がある。Biofinity、Air Optix HydraGlyde、Ultraコンタクトレンズは、マレーシアで一般的に低価格で購入できるマンスリー・コンタクトレンズの一部です。さらに、コンタクトレンズ、特に使い捨てレンズの手頃な価格と利便性が、マレーシアでの需要増につながり、同国のコンタクトレンズ市場の成長に拍車をかけている。
美容用レンズの需要の伸び
コスメティックコンタクトレンズは通常、目の色を強調したり変えたりするために使用される。カラーレンズは化粧品レンズとしても知られ、目の自然な色を強調したり、目の色を完全に変えたり、虹彩に特定の効果やパターンを作り出したりする様々な色やデザインがある。マレーシアのコンタクトレンズ市場は、目の健康に対する意識の高まりと、コンタクトレンズが従来の眼鏡に比べて提供する利便性からも恩恵を受けている。16mmのバービーアイズランドは、マレーシアの全地域で大多数のマレーシア人が装用している最も一般的なタイプの美容レンズである。マレーシアの近代化とファッショントレンドの高まりが、予測期間におけるマレーシアのコンタクトレンズ市場の成長を後押ししている。
技術進歩の上昇
技術開発の進展はマレーシアのコンタクトレンズ市場に大きな影響を与えている。技術の進歩は、ユーザーにとってより快適で、便利で、安全なコンタクトレンズの開発につながり、市場でのこれらの製品に対する需要の増加につながった。例えば、シリコーンハイドロゲル素材の開発はコンタクトレンズ業界に革命をもたらした。これらの素材は角膜により多くの酸素を行き渡らせ、従来のコンタクトレンズに伴う眼感染症やその他の合併症のリスクを低減する。2021年、ジョンソン・エンド・ジョンソン社は、眼内レンズの材料と設計の独自の組み合わせであるTECNISプラットフォームを使用して、最先端の眼内レンズを開発した。TECNIS Synergyは老視矯正眼内レンズ(PCIOL)であり、焦点深度の拡大技術と多焦点技術の長所を組み合わせ、主要なPCIOLの中で最も幅広い連続視と最高の近方視を実現する。さらに、様々な革新的技術を使用してコンタクトレンズの特性を改善する技術的進歩の成長は、予測期間におけるマレーシアのコンタクトレンズ市場の成長を強化すると予想される。
老人人口の増加
加齢に伴い、老眼、白内障、加齢黄斑変性などの視力問題が発生しやすくなります。しかし、白内障はマレーシアの60~70歳の人々の間で最も一般的な病気である。マレーシア準備銀行が発表したデータによると、マレーシアは公式に高齢化国に分類されており、65歳以上の人口は2023年までに同国の人口の7.3%に達すると予想されている。また、マレーシア統計局(DoSM)の予測によると、マレーシアの高齢化率は予想を上回るペースで増加しており、2050年までに65歳以上の人口が15%以上増加すると予測されている。老年人口の割合の増加と、老年人口に関連する様々な視覚問題は、予測期間におけるマレーシアのコンタクトレンズ市場の成長を促進すると予想される。
マレーシアのコンタクトレンズ市場は、モダリティ、デザイン、素材タイプ、アプリケーション、流通チャネル、企業、地域に基づいてセグメント化される。様式に関しては、コンタクトレンズ市場は再使用可能なものと使い捨てのものに分類される。デザインでは、球面、トーリック、多焦点、その他に分類されます。素材タイプ別では、コンタクトレンズ市場はシリコーンハイドロゲル、ハイドロゲル、ガス透過性、その他に分類される。用途別では、矯正用、治療用、美容用、その他に細分化される。流通チャネルに基づき、コンタクトレンズ市場は小売店、オンライン、病院&クリニックに細分化される。
市場プレイヤー
ジョンソン・エンド・ジョンソン社、チバビジョン・ジョホール社、ボシュロム(マレーシア)社、オキュラス(M)社、クーパービジョン・コンタクトレンズ・マレーシア社
レポートの範囲
本レポートでは、マレーシアのコンタクトレンズ市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- マレーシアのコンタクトレンズ市場、様式別
o 再利用可能
使い捨て
- マレーシアのコンタクトレンズ市場、デザイン別
o 球面
o トーリック
o 多焦点
その他
- マレーシアのコンタクトレンズ市場:素材タイプ別
o シリコーンハイドロゲル
ハイドロゲル
o ガス透過性
その他
- マレーシアのコンタクトレンズ市場:用途別
矯正用
o 治療用
o 化粧品
その他
- マレーシアのコンタクトレンズ市場:流通経路別
o 小売店
o オンライン
o 病院・クリニック
競合状況
企業プロフィール:マレーシアのコンタクトレンズ市場における主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
TechSci Research社は、与えられた市場データをもとに、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. Malaysia Contact Lenses Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value & Volume
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Modality (Reusable and Disposable)
5.2.2. By Design (Spherical, Toric, Multifocal, Others)
5.2.3. By Material Type (Silicone Hydrogel, Hydrogel, Gas Permeable, Others)
5.2.4. By Application (Corrective, Therapeutic, Cosmetic, Others)
5.2.5. By Distribution Channel (Retail Stores, Online, Hospitals & Clinics)
5.2.6. By Region
5.2.7. By Company (2022)
5.3. Market Map
6. Malaysia Reusable Contact Lenses Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Design
6.2.2. By Material Type
6.2.3. By Application
6.2.4. By Distribution Channel
7. Malaysia Disposable Contact Lenses Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Design
7.2.2. By Material Type
7.2.3. By Application
7.2.4. By Distribution Channel
8. Market Dynamics
8.1. Drivers
8.2. Challenges
9. Market Trends & Developments
10. Policy & Regulatory Landscape
11. Malaysia Economic Profile
12. Competitive Landscape
12.1. Johnson & Johnson Sdn. Bhd.
12.2. Ciba Vision Johor Sdn. Bhd.
12.3. Bausch & Lomb (Malaysia) Sdn. Bhd.
12.4. Oculus (M) Sdn. Bhd.
12.5. CooperVision Contact Lens Malaysia Sdn. Bhd.
13. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Contact lenses, or simply contacts, are thin lenses placed directly on the surface of the eyes. Contact lenses help to correct refractive errors and perform this function by adjusting the focusing power of the eye's cornea and lens. Contact lenses are made up of various kind of plastics and can be bifurcated into two categories hard contact lenses and soft contact lenses. Some of the common contact lenses which come under the variety of soft contact lenses include daily wear contacts, extended wear contacts, toric contacts, colored contacts, and decorative contacts. Most extended wear contact lenses are made up of silicone hydrogel which combines the water absorbing plastic of soft lenses with silicone. The contact lenses market in Malaysia is a growing industry with a range of local and international brands available. In Malaysia, it is estimated that 6-7% of the population wear contact lenses and most of them are in the 20-30 years age group. CooperVision is one of the world's leading contact lens companies, serving opticians and lens wearers in over 130 countries. Growing prevalence of eye diseases such as cataract and glaucoma are expected to register an impressive growth to Malaysia contact lenses market in the forecast period. Various types of contact lenses used to correct the vision of people by curing various kind of eye diseases in the country is driving the growth of the market. Moreover, nominal, and affordable price of contact lenses manufactured in the country is further expected to propel the growth of contact lenses market in Malaysia. Growing modernization and rising demand of cosmetic lenses among various parts of the country is also expected to bolster the growth of Malaysia contact lenses market in the forecast period. According to Health Care Index, Malaysia is ranked at 30th position due to increase in development and growing number of facilities provided by the healthcare system of the country. Rising technological advancements under healthcare sector of the country and innovation in treatment of various eye related diseases in the country is further expected to boost the growth of contact lenses market in Malaysia. Growth in geriatric population with every passing year across all the regions of the country is further expected to propel the growth of Malaysia contact lenses market during the futuristic period.
Growing Prevalence of Eye Diseases
The growing prevalence of eye diseases in Malaysia is one of the key drivers of the contact lenses market in the country. With the increasing incidence of eye diseases such as myopia, hyperopia, astigmatism, and presbyopia, there has been a rise in the demand for vision correction products, including contact lenses. Contact lenses offer a convenient and effective way to correct vision problems, especially for those who do not wear glasses or are planning to undergo surgery. Additionally, contact lenses are more comfortable and provide better visual acuity than glasses, especially for those with higher prescriptions or complex eye conditions. According to research conducted by the National Eye Survey Malaysia, 15,000 individuals were examined for blindness in 2018, and 58.6 per cent of them were diagnosed with untreated cataracts that could have been prevented if they had been detected earlier. Moreover, as per the report published by The Star in 2022, growing prevalence of eye diseases in the country have resulted in diagnosis of around 1.2% of total population in Malaysia with blindness. Among various ophthalmic diseases, cataract accounted for 58.6% of total cases, followed by 10.4% of diabetic retinopathy and 6.6% of glaucoma cases. This recognizable increase in instances of various eye diseases prevailing in the country is expected to propel the growth of Malaysia contact lenses market in the futuristic period.
Affordable Cost of Contact Lenses
The affordable cost of contact lenses is a major factor driving the Malaysia contact lens market. With the increasing availability of cheaper contact lenses now, more people can afford them and therefore are more likely to use them as a vision correction option. Additionally, contact lenses offer many benefits over traditional eyeglasses, such as improved peripheral vision, increased comfort, and the ability to participate in sports and other physical activities without fear of losing or damaging their glasses. Biofinity, Air Optix HydraGlyde and Ultra contact lenses are some of the monthly contact lenses which are commonly available at low cost in Malaysia. Moreover, the affordability and convenience of contact lenses, especially disposable lenses, has led to increased demand in Malaysia, fueling the growth of the country's contact lens market.
Growth in Demand of Cosmetic Lenses
Cosmetic contact lenses are typically used to enhance or alter the color of the eye. Colored lenses also known as cosmetic lenses come in a variety of colors and designs which enhances the natural color of the eyes, change the eye color entirely, or create a specific effect or pattern on the iris. The Malaysian contact lenses market is also benefiting from the increasing awareness about eye health and the convenience that contact lenses offer compared to traditional eyeglasses. 16mm Barbie Eyesland are the most common type of cosmetic lenses worn by majority of Malaysians across all the regions of the country. Increasing modernization and growing fashion trends in the country is propelling the growth of Malaysia contact lenses market in the forecast period.
Rise in Technological Advancements
The growing technological development has had a significant impact on the Malaysia contact lenses market. Technological advancements have led to the development of contact lenses that are more comfortable, convenient, and safe for users, leading to increased demand for these products in the market. For instance, the development of silicone hydrogel materials has revolutionized the contact lens industry. These materials allow for more oxygen to reach the cornea, reducing the risk of eye infections and other complications associated with traditional contact lenses. In 2021, Johnson & Johnson Inc. has developed its most advanced intraocular lens using its TECNIS platform which is a proprietary combination of materials and design for intraocular lenses. The TECNIS Synergy is a presbyopia-correcting intraocular lens (PCIOL) that combines the best of extended depth-of-focus and multifocal technologies to deliver the widest range of continuous vision with the best near vision among leading PCIOLs. Moreover, growth in technological advancements to improve the properties of contact lenses using various innovative techniques is expected to bolster the growth of Malaysia contact lenses market in the forecast period.
Increase in Geriatric Population
With growing age, people are more likely to experience vision problems such as presbyopia, cataracts, and age-related macular degeneration. However, cataract is the most common disease prevailing among people in Malaysia at the age of 60-70 years old. According to data released by The Malaysian Reserve, Malaysia is officially classified as an aging country as the population aged sixty-five and over is expected to reach 7.3% of the country's population by 2023. In addition, the Malaysian Department of Statistics (DoSM) predicts that Malaysia's aging population is growing faster than expected, with more than 15% of the population is predicted to increase over sixty-five by 2050. Increase in rate of geriatric population and various visual problems associated with them in their elder age is expected to propel the growth of Malaysia contact lenses market in the forecast period.
Malaysia contact lenses market is segmented based on modality, design, material type, application, distribution channel, company, and region. In terms of modality, the contact lenses market is categorized into reusable and disposable. Based on design, the market is divided into spherical, toric, multifocal, and others. On basis of material type, contact lenses market is segmented into silicone hydrogel, hydrogel, gas permeable, and others. Based on application, the market is fragmented into corrective, therapeutic, cosmetic, and others. Based on distribution channel, contact lenses market is segmented into retail stores, online, and hospitals & clinics.
Market Players
Johnson & Johnson Sdn. Bhd., Ciba Vision Johor Sdn. Bhd., Bausch & Lomb (Malaysia) Sdn. Bhd., Oculus (M) Sdn. Bhd., and CooperVision Contact Lens Malaysia Sdn. Bhd.
Report Scope:
In this report, Malaysia contact lenses market has been segmented into following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Malaysia Contact Lenses Market, By Modality:
o Reusable
o Disposable
• Malaysia Contact Lenses Market, By Design:
o Spherical
o Toric
o Multifocal
o Others
• Malaysia Contact Lenses Market, By Material Type:
o Silicone Hydrogel
o Hydrogel
o Gas Permeable
o Others
• Malaysia Contact Lenses Market, By Application:
o Corrective
o Therapeutic
o Cosmetic
o Others
• Malaysia Contact Lenses Market, By Distribution Channel:
o Retail Stores
o Online
o Hospitals & Clinics
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies is present in Malaysia contact lenses market.
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. Malaysia Contact Lenses Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value & Volume
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Modality (Reusable and Disposable)
5.2.2. By Design (Spherical, Toric, Multifocal, Others)
5.2.3. By Material Type (Silicone Hydrogel, Hydrogel, Gas Permeable, Others)
5.2.4. By Application (Corrective, Therapeutic, Cosmetic, Others)
5.2.5. By Distribution Channel (Retail Stores, Online, Hospitals & Clinics)
5.2.6. By Region
5.2.7. By Company (2022)
5.3. Market Map
6. Malaysia Reusable Contact Lenses Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Design
6.2.2. By Material Type
6.2.3. By Application
6.2.4. By Distribution Channel
7. Malaysia Disposable Contact Lenses Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Design
7.2.2. By Material Type
7.2.3. By Application
7.2.4. By Distribution Channel
8. Market Dynamics
8.1. Drivers
8.2. Challenges
9. Market Trends & Developments
10. Policy & Regulatory Landscape
11. Malaysia Economic Profile
12. Competitive Landscape
12.1. Johnson & Johnson Sdn. Bhd.
12.2. Ciba Vision Johor Sdn. Bhd.
12.3. Bausch & Lomb (Malaysia) Sdn. Bhd.
12.4. Oculus (M) Sdn. Bhd.
12.5. CooperVision Contact Lens Malaysia Sdn. Bhd.
13. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(clinics)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る