世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドマラリアワクチン市場:ワクチンタイプ別(前赤血球型、赤血球型、多抗原、その他)、投与経路別(筋肉内、皮下、皮内、その他)、地域別、競争、予測、機会、2028年


India Malaria Vaccine Market, By Vaccine Type (Pre-Erythrocytic, Erythrocytic, Multi-antigen, Others), By Route of Administration (Intramuscular, Subcutaneous, Intradermal, Others), By Region, Competition, Forecast & Opportunities, 2028

インドのマラリアワクチン市場は2024〜2028年の予測期間中に目覚ましい成長を遂げると予測されている。マラリアの早期発見と治療に対する人々の意識の高まりと、マラリアに罹患する人々の増加が、インド・マラリ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
85 英語

 

サマリー

インドのマラリアワクチン市場は2024〜2028年の予測期間中に目覚ましい成長を遂げると予測されている。マラリアの早期発見と治療に対する人々の意識の高まりと、マラリアに罹患する人々の増加が、インド・マラリア・ワクチン市場の成長を増大させると予想される。マラリアは原虫と呼ばれる寄生虫によって引き起こされ、感染した蚊に刺されることで人に感染する。マラリアは予防も治療も可能ですが、この病気を制御し、最終的には撲滅するためには、効果的なワクチンの開発が不可欠です。国内でマラリアの発生が増加していることが大きな要因となって、効果的なマラリアワクチンの需要が急増している。これらのマラリア・ワクチンは、感染した蚊に刺されることで人に感染する寄生虫によって引き起こされる病気であるマラリアの予防や重症度の軽減を目的としたワクチンである。さらに、政府のイニシアチブの高まり、手頃な価格のワクチン、バイオテクノロジーの進歩の高まりなど、インドのマラリアワクチン市場の成長を支えている様々な要因があります。
マラリア発生の増加
インドにおけるマラリアの高負担は、マラリアワクチン需要の主な原動力のひとつである。マラリアは依然として同国の公衆衛生上の重要な問題であり、特に農村部や恵まれない地域で毎年数百万人の患者が報告されている。媒介蚊の駆除、診断、治療、健康教育を通じてこの病気をコントロールするための多大な努力にもかかわらず、マラリアは依然としてインドにおける罹患率と死亡率の主な原因となっている。そのため、同国ではマラリアワクチンの需要が急増している。効果的なマラリアワクチンの開発は、インドや他のマラリア流行国におけるマラリアの負担を大幅に軽減する可能性を秘めている。そのため、マラリアワクチンは、特に5歳未満の子どもや妊婦などのハイリスク集団において、マラリア感染を予防するための非常に効果的な手段となる。また、重症マラリアの症例数を減らし、それに伴う罹患率や死亡率を減少させることができる。世界保健機関(WHO)によると、インドは2019年の世界のマラリア負担の3%を占め、マラリアの推定患者数は2億4700万人だった。さらに、インドにおけるマラリアの負担は、オディシャ州、チャッティースガル州、ジャールカンド州、北東部地域で特に高い。これらの地域は、貧困率が高く、衛生状態が悪く、医療へのアクセスが悪いという特徴があり、マラリアの蔓延を助長している。したがって、マラリアの有病率の上昇は、今後数年間、インド・マラリア・ワクチン市場の成長を後押しすると予想される。
政府支援の増加
政府支援の増加は、インド・マラリア・ワクチン市場の成長にとって極めて重要な要因のひとつである。インド政府は、マラリアの予防と制御の重要性を認識しており、国内のマラリアの高い負担に対処するためにいくつかのイニシアチブを実施しています。また、政府はこれらのマラリア予防・管理対策の利用を促進するため、いくつかの啓発キャンペーンを展開している。こうした取り組みに加え、インド政府は様々な研究開発プログラムを通じてマラリアワクチンの開発支援を行ってきた。例えば、2022年、インド保健家族福祉省は、「Jan Abhiyaans with log bhaagidari(人々の参加)」と名付けたキャンペーンを開始し、人々や地域社会が媒介蚊の防除と排除のために近隣、敷地内、家庭を確保するよう働きかけ、参加させた。さらにインド政府は、国内でのワクチン製造を支援する政策も導入している。マラリアワクチンの研究・開発・製造に対する政府の支援は、インドのマラリアワクチン市場の成長に有利な環境作りに役立っている。政府のイニシアチブはマラリアワクチンの研究開発への投資誘致に役立っており、国内でのワクチン製造を支援する政策は、インドにおける競争力のある活気あるワクチン製造産業の創出に役立っている。
マラリア治療の重要性に対する意識の高まり
マラリア治療の重要性に対する人々の意識の高まりは、インドのマラリアワクチン市場の成長に寄与する重要な要因である。近年、マラリアの予防、診断、治療の重要性に対する人々の意識が高まっている。このような意識の高まりは、病気とその予防・治療について人々を教育することを目的とした政府の取り組みや公衆衛生キャンペーンによって支えられてきました。より多くの人々がマラリアの予防と治療の重要性を認識するようになるにつれ、ワクチンを含むマラリア制圧のための効果的な手段に対する需要が高まっている。また、マラリア治療と予防の重要性に対する人々の意識の高まりは、マラリアワクチンの研究開発への投資に有利な環境も作り出している。投資家や利害関係者は、マラリアワクチン市場の可能性をますます認識するようになっており、マラリアワクチンに対する需要の高まりは、この分野への投資を促進すると思われる。さらに、マラリア治療の重要性に対する意識の高まりも、手頃な価格で効果的なマラリアワクチンの需要を生み出している。この需要は、農村部や恵まれない地域で医療へのアクセスが制限されがちなインドでは特に大きい。手頃な価格で効果的なマラリアワクチンは、こうした地域におけるマラリアの負担を軽減し、社会的弱者の医療アクセスを改善するのに役立つ。
成長する研究開発活動
研究開発(R&D)は、インドワクチン市場の成長に大きく寄与する重要な要素である。研究開発は、マラリアワクチンを含むワクチンの開発において重要な役割を果たしています。近年、インドでは研究開発への投資が大幅に増加している。インド政府は、ヘルスケアを含む様々な分野で研究開発を促進するため、いくつかのイニシアチブを実施している。例えば、科学技術省はバイオテクノロジーやヘルスケアの研究開発を支援するためのプログラムをいくつか設けている。インドにおける研究開発への注目の高まりは、マラリア・ワクチンを含むワクチン開発にとって有利な環境を作り出している。インドでは複数の研究機関がマラリアワクチンの開発に取り組んでおり、研究開発への投資がインド・マラリアワクチン市場の成長を促進すると考えられます。さらに、インドには熟練した労働力があり、世界トップクラスの研究機関が存在することも、研究開発部門の成長に寄与している。これにより、ワクチンを含む革新的な技術やソリューションの開発が促進されている。さらに、研究者たちは、サブユニットワクチン、全寄生虫ワクチン、遺伝的に弱毒化された寄生虫ワクチンなど、マラリアワクチン開発のためのさまざまなアプローチに取り組んでいます。このような研究を通じて、科学者は寄生虫の生態や防御に必要な免疫応答について理解を深めることができ、最終的には効果的なマラリアワクチンの開発につながる。このため、同国における研究開発活動の活発化が、今後数年間のインド・マラリア・ワクチン市場の成長を後押しすると期待されている。
市場細分化
インドのマラリアワクチン市場は、ワクチンタイプ、投与方法、企業に区分される。ワクチンタイプに基づき、インドのマラリアワクチン市場はプレ赤血球型、赤血球型、マルチ抗原型、その他に分けられます。投与ルートに基づいて、インドのマラリアワクチン市場は筋肉内、皮下、皮内、その他に分けられます。地域別では、インドのマラリアワクチン市場は北インド、南インド、東インド、西インドに分類される。
市場プレイヤー
Gennova Biopharmaceuticals Ltd、Zydus Group、Serum Institute of India Private Limited、Bharat Biotech International Limited、Indian Immunologicals Limited、Panacea Biotec、Mynvax、Cadila Pharmaceuticals、Biological E Limited、Sanofi Pasteurなどが、インドのマラリアワクチン市場で事業を展開する大手企業である。
報告書の範囲
本レポートでは、インドのマラリアワクチン市場を、以下に詳述する業界動向に加えて、以下のカテゴリーに分類しています:
- インドのマラリアワクチン市場:ワクチンタイプ別
o プレ赤血球型
o 赤血球生成前ワクチン
o マルチ抗原
o その他
- インドのマラリアワクチン市場:投与経路別
o 筋肉内
o 皮下
o 皮内
その他
- インドのマラリアワクチン市場:地域別
o 北インド
o 南インド
o 東インド
o 西インド
競合状況
企業プロフィール:インドマラリアワクチン市場の主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
TechSci Research社は、与えられた市場データをもとに、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. India Malaria Vaccine Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Vaccine Type (Pre-Erythrocytic, Erythrocytic, Multi-antigen, Others),
5.2.2. By Route of Administration (Intramuscular, Subcutaneous, Intradermal, Others)
5.2.3. By Region
5.2.4. By Company (2022)
6. North-India Malaria Vaccine Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Vaccine Type
6.2.2. By Route of Administration
7. South-India Malaria Vaccine Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Vaccine Type
7.2.2. By Route of Administration
8. East India Malaria Vaccine Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Vaccine Type
8.2.2. By Route of Administration
9. West India Malaria Vaccine Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Vaccine Type
9.2.2. By Route of Administration
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
12. Competitive Landscape
12.1. Business Overview
12.2. Service Offerings
12.3. Recent Developments
12.4. Financials (As Reported)
12.5. Key Personnel
12.6. SWOT Analysis
12.6.1. Gennova Biopharmaceuticals Ltd
12.6.2. Zydus Group
12.6.3. Serum Institute of India Private Limited
12.6.4. Bharat Biotech International Limited
12.6.5. Indian Immunologicals Limited
12.6.6. Panacea Biotec
12.6.7. Mynvax
12.6.8. Cadila Pharmaceuticals
12.6.9. Biological E Limited
12.6.10. Sanofi Pasteur
13. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る


 

Summary

India malaria vaccine market is anticipated to observe impressive growth during the forecast period, 2024-2028. Rising awareness among people for early detection and treatments coupled with the rising number of people suffering from malaria are expected to augment the growth of the India malaria vaccine market. Malaria is caused by a parasite called Plasmodium, which is transmitted to humans through the bites of infected mosquitoes. Malaria is preventable and treatable, but the development of effective vaccines is essential to control and ultimately eliminate this disease. Growing incidences of malaria in the country is a major factor, which is surging the demand for effective malaria vaccines. These malaria vaccines are vaccines that are designed to prevent or reduce the severity of malaria, a disease caused by parasites that are transmitted to humans through the bites of infected mosquitoes. Furthermore, there are various other factors which are supporting the growth of India malaria vaccine market such as growing government initiatives, affordable vaccines, rising advancements in biotechnology, and others.
Rise in Occurrences of Malaria
The high burden of malaria in India is one of the main drivers of the demand for malaria vaccines. Malaria remains a significant public health issue in the country, with millions of cases reported each year, particularly in rural and underprivileged areas. Despite significant efforts to control the disease through vector control, diagnosis, treatment, and health education, malaria remains a major cause of morbidity and mortality in India. Therefore, there is a surge in demand for the malaria vaccines in the country. The development of an effective malaria vaccine has the potential to significantly reduce the burden of malaria in India and other malaria-endemic countries. Thus, malaria vaccine would provide a highly effective tool for preventing malaria infection, particularly in high-risk populations, such as children under five and pregnant women. It would also reduce the number of cases of severe malaria and the associated morbidity and mortality. According to the World Health Organization (WHO), India accounted for 3% of the global malaria burden in 2019, with an estimated 247 million cases of malaria. Moreover, the burden of malaria in India is particularly high in the states of Odisha, Chhattisgarh, Jharkhand, and the northeast region of the country. These areas are characterized by high rates of poverty, poor sanitation, and a lack of access to healthcare, which contribute to the persistence of malaria. Therefore, the rising prevalence of malaria is expected to bolster the growth of the India malaria vaccine market in the upcoming years.
Increasing Government Support
Increasing government support is one of the crucial factors for the growth of India's malaria vaccine market. The Indian government has recognized the importance of malaria prevention and control and has implemented several initiatives to address the high burden of malaria in the country. The government has also launched several awareness campaigns to promote the use of these malaria prevention and control measures. In addition to these initiatives, the Indian government has provided support for the development of malaria vaccines through various research and development programs. For instance, in 2022, the Ministry of Health and Family Welfare of India launched a campaign named Jan Abhiyaans with log bhaagidari (people’s participation) to enthuse and engage people and communities to ensure that their neighborhoods, premises, and homes for vector control and elimination. Furthermore, the Indian government has also introduced policies to support the manufacturing of vaccines within the country. The government's support for malaria vaccine research, development, and manufacturing has helped to create a favorable environment for the growth of India's malaria vaccine market. The government's initiatives have helped to attract investment in malaria vaccine research and development, and the policies supporting the manufacturing of vaccines within the country have helped to create a competitive and vibrant vaccine manufacturing industry in India.
Growing Awareness About the Importance of Malaria Treatment
Growing awareness among people about the importance of malaria treatment is a significant factor that can contribute to the growth of the India malaria vaccine market. In recent years, there has been growing awareness among people about the importance of malaria prevention, diagnosis, and treatment. This growing awareness has been supported by government initiatives and public health campaigns aimed at educating people about the disease and its prevention and treatment. As more people become aware of the importance of malaria prevention and treatment, there is a greater demand for effective tools for malaria control, including vaccines. Also, the growing awareness among people about the importance of malaria treatment and prevention is also creating a favorable environment for investment in malaria vaccine research and development. Investors and stakeholders are increasingly recognizing the potential of the malaria vaccine market, and the growing demand for malaria vaccines is likely to drive investment in this area. Furthermore, the growing awareness about the importance of malaria treatment is also creating a demand for affordable and effective malaria vaccines. This demand is particularly significant in India, where access to healthcare is often limited in rural and underprivileged areas. Affordable and effective malaria vaccines can help to reduce the burden of malaria in these areas and improve access to healthcare for vulnerable populations.
Growing Research & Development Activities
Research and development (R&D) are a crucial factor that can significantly contribute to the growth of the India vaccine market. R&D plays a vital role in the development of vaccines, including malaria vaccines. In recent years, there has been a significant increase in R&D investment in India. The Indian government has implemented several initiatives to promote R&D in various sectors, including healthcare. For example, the Department of Science and Technology has established several programs to support R&D in biotechnology and healthcare. The increasing focus on R&D in India has created a favorable environment for the development of vaccines, including malaria vaccines. Several research institutions in India are working on the development of malaria vaccines, and the investment in R&D is likely to drive the growth of the India malaria vaccine market. Moreover, the availability of a skilled workforce and the presence of world-class research institutions in India have also contributed to the growth of the R&D sector. This has facilitated the development of innovative technologies and solutions, including vaccines. Moreover, researchers are working on various approaches to develop malaria vaccines, including subunit vaccines, whole parasite vaccines, and genetically attenuated parasite vaccines. Through this research, scientists can gain a better understanding of the parasite's biology and the immune responses required for protection, which can ultimately lead to the development of effective malaria vaccines. Therefore, the increasing research & development activities in the country is expected to support the growth of the India malaria vaccine market in the forthcoming years.
Market Segmentation
India Malaria Vaccine Market is segmented into vaccine type, roue of administration and company. Based on vaccine type, India malaria vaccine market can be divided into pre-erythrocytic, erythrocytic, multi-antigen, and others. Based on route of administration, the India malaria vaccine market is divided into intramuscular, subcutaneous, intradermal, and others. Regionally, the India malaria vaccine market can be categorized into North India, South India, East India, and West India.
Market Players
Gennova Biopharmaceuticals Ltd, Zydus Group, Serum Institute of India Private Limited, Bharat Biotech International Limited, Indian Immunologicals Limited, Panacea Biotec, Mynvax, Cadila Pharmaceuticals, Biological E Limited, and Sanofi Pasteur are some of the leading companies operating in the India malaria vaccine market.
Report Scope:
In this report, India Malaria Vaccine Market has been segmented into following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Malaria Vaccine Market, By Vaccine Type:
o Pre-Erythrocytic
o Erythrocytic
o Multi-antigen
o Others
• India Malaria Vaccine Market, By Route of Administration:
o Intramuscular
o Subcutaneous
o Intradermal
o Others
• India Malaria Vaccine Market, By Region:
o North India
o South India
o East India
o West India
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present India Malaria Vaccine Market
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. India Malaria Vaccine Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Vaccine Type (Pre-Erythrocytic, Erythrocytic, Multi-antigen, Others),
5.2.2. By Route of Administration (Intramuscular, Subcutaneous, Intradermal, Others)
5.2.3. By Region
5.2.4. By Company (2022)
6. North-India Malaria Vaccine Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Vaccine Type
6.2.2. By Route of Administration
7. South-India Malaria Vaccine Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Vaccine Type
7.2.2. By Route of Administration
8. East India Malaria Vaccine Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Vaccine Type
8.2.2. By Route of Administration
9. West India Malaria Vaccine Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Vaccine Type
9.2.2. By Route of Administration
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
12. Competitive Landscape
12.1. Business Overview
12.2. Service Offerings
12.3. Recent Developments
12.4. Financials (As Reported)
12.5. Key Personnel
12.6. SWOT Analysis
12.6.1. Gennova Biopharmaceuticals Ltd
12.6.2. Zydus Group
12.6.3. Serum Institute of India Private Limited
12.6.4. Bharat Biotech International Limited
12.6.5. Indian Immunologicals Limited
12.6.6. Panacea Biotec
12.6.7. Mynvax
12.6.8. Cadila Pharmaceuticals
12.6.9. Biological E Limited
12.6.10. Sanofi Pasteur
13. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(administration)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る