世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インド水処理薬品市場:種類別(凝集剤・凝集剤、腐食防止剤、スケール防止剤、殺生物剤・殺菌剤、キレート剤、その他)、エンドユーザー産業別(自治体、電力、石油・ガス、鉱業、化学、食品・飲料、パルプ・製紙、その他)、地域別、競合、予測、機会:2018-2028F


India Water Treatment Chemicals Market, By Type (Coagulants & Flocculants, Corrosion Inhibitors, Scale Inhibitors, Biocides & Disinfectants, Chelating Agents, Others), By End User Industry (Municipal, Power, Oil & Gas, Mining, Chemical, Food & Beverage, Pulp & Paper, Others), By Region, Competition, Forecast & Opportunities, 2018-2028F

インドの水処理薬品市場は、2023年に1億7,6038万米ドルの評価を達成し、2029年まで6.39%のCAGRで堅調な成長を維持し、2029年には2億5,941万米ドルに達すると予測されている。同市場は、この予測期間中に大幅な拡... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
75 英語

 

サマリー

インドの水処理薬品市場は、2023年に1億7,6038万米ドルの評価を達成し、2029年まで6.39%のCAGRで堅調な成長を維持し、2029年には2億5,941万米ドルに達すると予測されている。同市場は、この予測期間中に大幅な拡大が見込まれている。予想される成長の主な要因は、石油・ガス産業からの需要の高まりである。特に、2021年のインドの原油生産量は約2,767万トンであった。インド水処理薬品市場の拡大予測は、石油・ガス産業からの需要の高まりによって後押しされている。この業界は水管理に関する様々な課題に直面しており、効率的な水処理ソリューションが必要とされている。これらのソリューションは、節水と再利用の実践を採用する業界の増加を促進し、淡水の消費を最小限に抑える。

インドの水処理薬品市場は、ダイナミズムと競争力によって特徴付けられ、成長と革新の道を提供している。市場各社は、製品ポートフォリオの拡充、品質基準の向上、流通網の強化、市場シェアの拡大などに積極的に注力している。例えば、水処理ソリューションのプロバイダーであるダイキアクシスジャパンは、2022年にインド南部に第3工場を設立する計画を発表し、その存在感をさらに高めている。市場はまた、企業の地域的な足跡を強化するために、かなりの合併・買収活動を経験している。こうした買収により、企業は顧客により良いサービスを提供し、インドにおける水処理薬品需要の高まりに対応することができる。

主な市場牽引要因

電力産業からの需要増加
電力産業はインド経済において極めて重要な役割を果たしている。特に火力発電所は、冷却のために大量の水を必要とする。冷却水は、ボイラーやタービンのような発電設備の最適な運転温度を維持する。冷却水システム内のスケール、腐食、微生物の繁殖を防ぐには、スケール防止剤、腐食防止剤、殺生物剤などの水処理薬品が不可欠である。電力業界におけるこれらの化学薬品に対する需要は、効率的で信頼性の高い冷却水システムを確保し、ダウンタイムを最小限に抑えて発電能力を最大化する必要性に根ざしている。発電所に不可欠な蒸気発生プロセスには、高品質のボイラー給水が必要である。この給水を効果的に処理することは、ボイラーの効率と寿命を低下させるスケーリング、腐食、ファウリングを防止するために不可欠です。ボイラーの水質を最適化し、効率的な蒸気発生を確保するために、脱酸素剤、pH調整剤、アンチスカルファントを含む水処理薬品が採用されている。インドでは発電所の数が増加し、運転効率が重視されているため、ボイラー水処理用の水処理薬品に対する需要が高まっている。さらに、厳しい環境規制が電力業界を管理し、水資源への影響を減らすことを目指している。水質基準の遵守と適切な廃水処理は、発電所にとって不可欠である。水処理薬品は、発電所の廃水処理において重要な役割を果たし、規制基準の遵守を保証する。規制を遵守し、生態系への影響を最小限に抑えようとする動きが、電力セクターにおける水処理薬品需要の増加に寄与している。さらに、インドでは水不足が懸念されており、持続可能な水管理の実践が必要とされている。発電所では、水の節約、再利用、リサイクルにますます重点を置くようになっている。水処理薬品は、発電所のプロセスで再利用するための廃水の処理と浄化を促進し、淡水の消費を抑制して水資源への圧力を緩和する。持続可能な水管理の重視が、電力セクターにおける水処理薬品需要を牽引している。例えば、Ion Exchange (India) Limitedは、INDIONというブランド名でイオン交換樹脂を製造している。これらの樹脂は、原子力発電所の水処理や特殊用途に使用されている。電力業界における水処理薬品への需要の高まりは、今後数年間のインド水処理薬品市場の成長を増大させる。

自治体セクターにおける水処理薬品需要の拡大
急速な都市化と工業化は、自治体部門における水処理薬品の大きな需要につながっている。これらの化学薬品は、水を浄化し、消毒し、最適な水質基準を維持するために自治体の水処理プラントで不可欠である。都市人口の増加は、自治体領域における水処理薬品需要の増加に直結する。インドの多くの自治体は、水道インフラの老朽化に悩まされており、その結果、水質の維持が課題となっている。老朽化したパイプラインや貯水タンクは腐食の影響を受けやすく、不純物や汚染物質が水道水に混入する恐れがあります。腐食防止剤を含む水処理薬品は、腐食に関連する問題を軽減し、水質を維持し、安全な飲料水を確実に供給する上で極めて重要な役割を果たしている。さらに、インド政府は水処理薬品市場の成長を促進する上で極めて重要な役割を果たしている。Swachh Bharat Mission」や「Atal Mission for Rejuvenation and Urban Transformation (AMRUT)」といった好意的な政策や規制は、都市部における給水・衛生インフラの強化を目的とした政府の重要な取り組みである。特筆すべきは、AMRUT 2.0がインドの自立イニシアティブ(Aatma Nirbhar Bharat)に沿ったもので、都市を「水の安全な」ものにすることに重点を置いていることである。これは、水源の保全、水域の再生、処理水の再生利用、雨水利用などを包括するもので、地域社会の参加も必要となる。さらに、インド、特に人口密度の高い都市部では、水を媒介とする疾病が公衆衛生上の重大なリスクとなっている。汚染された水には有害な微生物、バクテリア、ウイルスが潜んでいる可能性があり、コレラ、腸チフス、赤痢などの病気を引き起こす。水系伝染病を予防し、公衆衛生を守るため、地方自治体の水処理施設は、病原菌を除去または中和する消毒剤や殺生物剤を含む水処理薬品に依存している。水系伝染病の予防が重視されるようになり、自治体部門の水処理薬品に対する需要が高まっている。このように、自治体の廃水処理における水処理薬品の使用の高まりは、予測される期間におけるインドの水処理薬品市場の成長に拍車をかけている。


主な市場課題

コストと手頃な価格
インドの多様な経済状況は、水処理薬品市場において独自の課題を提示している。同国の経済には、高所得の都市部と低所得の農村部の両方が含まれる。この経済的多様性に対応した手頃な価格の水処理ソリューションへのアクセスを確保することは、重要な課題となっている。効果的な水処理には、設備、施設、熟練した人材など、インフラへの多額の投資が必要になることが多い。しかし、多くの自治体や産業界、特に後発開発途上地域では、水処理インフラの予算が限られているのが現状です。水処理薬品製造に使用される原材料のコストは変動しやすく、最終製品の値ごろ感に影響を与える。化学物質、鉱物、原材料価格の変動は、予測不可能なコスト変動につながる可能性がある。エネルギーコストは、水処理事業の重要な要素であり、特に次のような点が重要である。

特にろ過、消毒、海水淡水化などのプロセスにおいて、エネルギーコストは水処理事業の重要な要素である。エネルギー価格の変動は、水処理ソリューション全体の費用対効果に影響を与える可能性がある。

規制遵守と基準
インドの水処理薬品業界は、中央公害防止委員会(CPCB)や州公害防止委員会など、様々な機関が関与する包括的な規制の枠組みの中で運営されている。この複雑な規制、許可、認可の網の目をかいくぐることは、メーカーやサプライヤーにとって課題となる。水質汚濁防止法(Water (Prevention and Control of Pollution) Act)や環境保護法(Environmental Protection Act)などの法律を遵守するためには、法的義務とその意味を深く理解する必要がある。インドの連邦制は、各州が環境規制や基準を制定することを認めているため、コンプライアンス要件に地域格差が生じている。インドの水処理薬品市場は、発電、繊維、製薬など、多様な水質ニーズを持つ産業に対応している。これらの業界は、水域と環境を保護するため、処理水の厳しい排出規制に直面している。こうした厳しい基準を確実に遵守するためには、技術革新への確固とした取り組みと、研究開発への多額の投資が必要となる。

主な市場動向

環境に優しいソリューションの採用
インドでは、環境意識が環境に優しい水処理ソリューションの採用を促進している。水処理薬品市場では、グリーンケミストリーの原則が勢いを増している。グリーンケミストリーとは、性能を維持しながら環境への影響を最小限に抑える製品やプロセスの設計を重視するものである。メーカーは、持続可能な化学の原則に沿い、毒性を減らし、廃棄物を最小限に抑え、製品の生分解性を高める努力をしている。このような環境に配慮したソリューションへの注目は、水処理技術の革新に拍車をかけている。新たなアプローチは、化学物質への依存を減らしながら効果的な水処理を実現するために、自然のプロセスや代替方法を活用している。これらの進歩は持続可能性を促進し、水処理プロセスに関連する化学物質の負担を軽減し、従来の化学処理法に代わる実行可能な選択肢を提供する。

飲料水需要の増加
殺菌剤や凝集剤などの化学薬品は、病原菌を中和し、不純物を除去し、供給システムにおける水の安全性を高める上で極めて重要な役割を果たしている。製造業から農業まで、インドの産業は水に大きく依存している。水処理薬品は、産業排水を管理し、水域に排出する水質を維持するために不可欠です。インドが都市化、人口増加、産業拡大に起因する課題に直面する中、効果的な水処理が極めて重要になっている。革新的な水処理薬品を採用することで、安全な飲料水を確保し、環境の持続可能性を促進し、公衆衛生を守ることができる。この傾向は、インドの水資源を保護し、国民にとってより健康で持続可能な未来を育む上で、水処理薬品産業が極めて重要な役割を担っていることを強調している。

セグメント別インサイト

タイプ別洞察
2022年には、凝集剤・凝集剤セグメントが水処理薬品市場を支配し、今後も拡大が続くと予想される。凝集剤と凝集剤は、水の浄化と処理に不可欠な機能により、極めて重要な役割を果たしている。浮遊粒子、コロイド、有機物などの不純物を効果的に凝集・沈殿させ、水の透明度を高め、濁度を下げる。この効率的な除去プロセスにより、水の安全性が向上し、消費に適した水になります。凝集剤と凝集剤は、工業廃水処理と都市廃水処理においても同様に重要であり、汚染物質の分離と環境汚染の低減を助けます。

エンドユーザー業界の洞察
自治体セグメントは2022年に水処理薬品市場を支配し、その拡大を維持すると予測される。インドの急速な都市化は都市や町の人口増加につながり、処理水の需要を促進している。自治体は、こうした人口密集地に清潔な飲料水を供給する役割を担っており、その結果、水処理薬品に対する需要が高まっている。効率的な水処理プロセスを維持し、水質基準を一貫して遵守するためには、安定した化学薬品の供給が不可欠である。

地域別の洞察
西インド地域は、インド水処理薬品市場のリーダーとして浮上している。西インドでは大幅な都市化とインフラ整備が進み、清潔で安全な水への需要が高まっている。都市の急速な発展は、効率的な水処理ソリューションの必要性を煽っている。その結果、西インドでは、都市部の給水や廃水処理のニーズを満たすため、水処理薬品の導入が進んでいる。西インドの一部の州では、水質や水不足の問題に対処するための積極的な政策や取り組みが実施されている可能性があり、水処理ソリューションの採用を刺激し、化学サプライヤーやメーカーの存在感を高めている。
主要市場プレイヤー
- BASF India Ltd.
- ダウ・ケミカル・インターナショナル・リミテッド
- ソルベイスペシャリティーズインディア
- SNFインド社
- サーマックス・リミテッド
- イオンエクスチェンジ(インド)リミテッド
- チェンボンド・ケミカルズ社(インド
- ポン・ピュア・ケミカルズ・グループ
- ミシテック・ケミカルズ
- シカゲン・インディア・リミテッド
レポートの範囲
本レポートでは、インドの水処理薬品市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドの水処理薬品市場:タイプ別
凝集剤と凝集剤
腐食防止剤
o スケール抑制剤
殺生物剤と殺菌剤
o キレート剤
o その他
- インドの水処理薬品市場、エンドユーザー産業別
自治体
電力
石油・ガス
o 鉱業
化学
o 食品・飲料
o パルプ・紙
o その他
- インドの水処理薬品市場、地域別
北部

西

競合状況
企業プロフィール:インドの水処理薬品市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のインド水処理薬品市場レポートは、与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場プレイヤー(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. India Water Treatment Chemicals Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Coagulants & Flocculants, Corrosion Inhibitors, Scale Inhibitors, Biocides & Disinfectants, Chelating Agents, Others)
5.2.2. By End User Industry (Municipal, Power, Oil & Gas, Mining, Chemical, Food & Beverage, Pulp & Paper, Others)
5.2.3. By Region (North, East, West, South)
5.2.4. By Company (2023)
5.3. Market Map
5.3.1. By Type
5.3.2. By End User Industry
5.3.3. By Region
6. North India Water Treatment Chemicals Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By End User Industry
6.2.3. By States (Top 3 states)
7. East India Water Treatment Chemicals Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By End User Industry
7.2.3. By States (Top 3 states)
8. West India Water Treatment Chemicals Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By End User Industry
8.2.3. By States (Top 3 states)
9. South India Water Treatment Chemicals Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By End User Industry
9.2.3. By States (Top 3 states)
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
11.1. Research & Development
11.2. Product launch
11.3. Merger & Acquisition
12. India Water Treatment Chemicals Market: SWOT Analysis
13. Policy and Regulatory Landscape
14. India Economic Profile
15. Porter’s Five Forces Analysis
15.1. Competition in the Industry
15.2. Potential of New Entrants
15.3. Power of Suppliers
15.4. Power of Customers
15.5. Threat of Substitute Products
16. Competitive Landscape
16.1. Business Overview
16.2. Product Offerings
16.3. Recent Developments
16.4. Financials (In Case of Listed Companies)
16.5. Key Personnel
16.5.1. BASF India Ltd.
16.5.2. Dow Chemical International Pvt. Ltd.
16.5.3. Solvay Specialities India Private Limited
16.5.4. SNF India Pvt Ltd
16.5.5. Thermax Limited
16.5.6. Ion Exchange (India) Limited
16.5.7. Chembond Chemicals Limited, India
16.5.8. Pon Pure Chemicals Group
16.5.9. Mishitek Chemicals
16.5.10. Sicagen India Ltd.
17. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The India Water Treatment Chemicals Market achieved a valuation of USD 1760.38 million in 2023 and is projected to sustain robust growth with a CAGR of 6.39% through 2029 and is expected to reach at USD 2529.41 million by 2029. The market is poised for substantial expansion during this forecast period. The anticipated growth is primarily driven by the escalating demand from the oil & gas industry. Notably, in 2021, India's crude oil production volume stood at approximately 27.67 million metric tons. The projected expansion of the India Water Treatment Chemicals Market is fueled by the mounting demand from the oil & gas sector. This industry faces a spectrum of water management challenges, necessitating efficient water treatment solutions. These solutions facilitate the industry's increasing adoption of water conservation and reuse practices, thereby minimizing freshwater consumption.

The India Water Treatment Chemicals Market is marked by dynamism and competitiveness, providing avenues for growth and innovation. Market players are actively focusing on expanding their product portfolios, elevating quality standards, strengthening distribution networks, and augmenting their market share. For instance, in 2022, Daiki Axis Japan, a provider of water treatment solutions, announced plans to establish its third plant in southern India, further enhancing its presence. The market also experiences considerable merger and acquisition activity, enhancing companies' regional footprint. These acquisitions enable firms to better serve customers and address the escalating demand for Water Treatment Chemicals in India.

Key Market Drivers

Rising Demand from the Power Industry
The power industry occupies a pivotal role in India's economy. Thermal power plants, in particular, require substantial water quantities for cooling purposes. Cooling water maintains optimal operating temperatures for power generation equipment like boilers and turbines. To prevent scaling, corrosion, and microbial growth within cooling water systems, water treatment chemicals such as scale inhibitors, corrosion inhibitors, and biocides are essential. The demand for these chemicals in the power industry is rooted in the need to ensure efficient and dependable cooling water systems, thereby minimizing downtime and maximizing power generation capacity. The process of steam generation, integral to power plants, necessitates high-quality boiler feedwater. Effective treatment of this feedwater is vital to prevent scaling, corrosion, and fouling in boilers, which can curtail their efficiency and lifespan. Water treatment chemicals, encompassing oxygen scavengers, pH adjusters, and antiscalants, are employed to optimize boiler water quality and ensure efficient steam generation. The mounting number of power plants in India and the emphasis on operational efficiency drive the demand for water treatment chemicals for boiler water treatment. Furthermore, stringent environmental regulations govern the power industry, aiming to reduce its impact on water resources. Adherence to water quality standards and proper wastewater treatment are imperative for power plants. Water treatment chemicals play a crucial role in treating power plant wastewater, ensuring compliance with regulatory norms. The drive to conform to regulations and minimize ecological impact contributes to the rising demand for water treatment chemicals in the power sector. Additionally, India's water scarcity concerns necessitate sustainable water management practices. Power plants increasingly focus on water conservation, reuse, and recycling. Water treatment chemicals facilitate the treatment and purification of wastewater for reuse in power plant processes, curbing freshwater consumption and relieving pressure on water resources. The emphasis on sustainable water management drives the demand for water treatment chemicals in the power sector. For instance, Ion Exchange (India) Limited manufactures ion exchange resins under the brand name INDION. These resins are used in water treatment and specialty applications in nuclear power plants. The escalating demand for water treatment chemicals in the power industry augments the growth of the India Water Treatment Chemicals Market in the upcoming years.

Growing Demand for Water Treatment Chemicals in the Municipal Sector
Rapid urbanization and industrialization have led to significant demand for water treatment chemicals in the municipal sector. These chemicals are indispensable in municipal water treatment plants for purifying water, disinfection, and maintaining optimal water quality standards. Urban population growth directly correlates with elevated demand for water treatment chemicals in the municipal domain. Many Indian municipalities grapple with aging water supply infrastructure, resulting in challenges in sustaining water quality. Aging pipelines and storage tanks are susceptible to corrosion, which can introduce impurities and contaminants into the water supply. Water treatment chemicals, including corrosion inhibitors, play a pivotal role in mitigating corrosion-related issues, preserving water quality, and ensuring the delivery of safe drinking water. Furthermore, the Indian government has played a pivotal role in fostering the growth of the Water Treatment Chemicals market. Favorable policies and regulations, such as the "Swachh Bharat Mission" and the "Atal Mission for Rejuvenation and Urban Transformation (AMRUT)," are significant government initiatives aimed at enhancing water supply and sanitation infrastructure in urban areas. Notably, AMRUT 2.0 is aligned with India's self-reliance initiative (Aatma Nirbhar Bharat) and focuses on making cities "water secure." It encompasses water source conservation, water body rejuvenation, recycle/reuse of treated water, and rainwater harvesting, involving community participation. Moreover, waterborne diseases pose a significant public health risk in India, particularly in densely populated urban zones. Contaminated water can harbor harmful microorganisms, bacteria, and viruses, causing ailments like cholera, typhoid, and dysentery. To prevent waterborne diseases and safeguard public health, municipal water treatment facilities rely on water treatment chemicals, including disinfectants and biocides, to eliminate or neutralize pathogens. The rising emphasis on averting waterborne diseases fuels the demand for water treatment chemicals in the municipal sector. Thus, the mounting use of water treatment chemicals in municipal wastewater treatment spurs the growth of the India Water Treatment Chemicals Market in the projected period.


Key Market Challenges

Cost Considerations and Affordability
The diverse economic landscape of India presents a unique challenge in the water treatment chemicals market. The nation's economy encompasses both high-income urban hubs and lower-income rural regions. Ensuring access to affordable water treatment solutions that cater to this economic diversity poses a significant challenge. Effective water treatment often necessitates substantial investments in infrastructure, including equipment, facilities, and skilled personnel. However, many municipalities and industries, particularly in less developed areas, grapple with limited budgets for water treatment infrastructure. The cost of raw materials used in water treatment chemicals production can be volatile, impacting the affordability of end products. Fluctuations in chemical, mineral, and raw material prices can lead to unpredictable cost variations. Energy costs are a significant component of water treatment operations, especially

in processes such as filtration, disinfection, and desalination. Fluctuating energy prices can affect the overall cost-effectiveness of water treatment solutions.

Regulatory Compliance and Standards
The water treatment chemicals industry in India operates within a comprehensive regulatory framework involving various bodies like the Central Pollution Control Board (CPCB) and state pollution control boards. Navigating this complex web of regulations, permits, and approvals poses challenges for manufacturers and suppliers. Compliance with laws such as the Water (Prevention and Control of Pollution) Act and the Environmental Protection Act necessitates a deep understanding of legal obligations and their implications. India's federal structure permits individual states to establish their environmental regulations and standards, leading to regional disparities in compliance requirements. The India Water Treatment Chemicals Market caters to industries with diverse water quality needs, including power generation, textiles, and pharmaceuticals. These sectors face rigorous discharge regulations for treated water to safeguard water bodies and the environment. Ensuring compliance with these stringent standards requires a steadfast commitment to innovation and significant investments in research and development.

Key Market Trends

Adoption of Environmentally Friendly Solutions
Environmental consciousness is driving the adoption of eco-friendly water treatment solutions in India. The principles of green chemistry are gaining momentum in the water treatment chemicals market. Green chemistry emphasizes designing products and processes that minimize environmental impact while upholding performance. Manufacturers are striving to reduce toxicity, minimize waste, and enhance the biodegradability of products, aligning with sustainable chemistry principles. This focus on environmentally friendly solutions is catalyzing innovation in water treatment technologies. Emerging approaches leverage natural processes and alternative methods to achieve effective water treatment while reducing reliance on chemicals. These advancements promote sustainability and alleviate the chemical burden associated with water treatment processes, offering viable alternatives to conventional chemical treatment methods.

Rising Demand for Potable Water
Chemicals like disinfectants and coagulants play a pivotal role in neutralizing pathogens, removing impurities, and enhancing overall water safety in supply systems. Industries in India, spanning manufacturing to agriculture, heavily rely on water for operations. Water treatment chemicals are indispensable for managing industrial effluents and maintaining water quality for discharge into water bodies. As the country faces challenges stemming from urbanization, population growth, and industrial expansion, effective water treatment becomes crucial. The adoption of innovative water treatment chemicals ensures the availability of safe drinking water, promotes environmental sustainability, and safeguards public health. This trend underscores the crucial role of the water treatment chemicals industry in protecting India's water resources and fostering a healthier, more sustainable future for its citizens.

Segmental Insights

Type Insights
In 2022, the coagulants & flocculants segment dominated the Water Treatment Chemicals market and is expected to continue its expansion in the years ahead. Coagulants and flocculants play a pivotal role due to their essential functions in water purification and treatment. They effectively aggregate and settle impurities such as suspended particles, colloids, and organic matter, enhancing water clarity and reducing turbidity. This efficient removal process improves water safety, making it suitable for consumption. Coagulants and flocculants are equally crucial for industrial and municipal wastewater treatment, aiding in pollutant separation and environmental pollution reduction.

End-User Industry Insights
The municipal segment dominated the Water Treatment Chemicals market in 2022 and is projected to maintain its expansion. Rapid urbanization in India leads to population growth in cities and towns, driving the demand for treated water. Municipalities are responsible for supplying clean drinking water to these densely populated areas, resulting in elevated demand for water treatment chemicals. Steady chemical supply is vital for maintaining efficient water treatment processes and consistent adherence to water quality standards.

Regional Insights
The West region has emerged as the leader in the India Water Treatment Chemicals Market. West India has experienced substantial urbanization and infrastructure development, resulting in increased demand for clean and safe water. The rapid urban growth fuels the need for efficient water treatment solutions. Consequently, West India has likely witnessed higher adoption of water treatment chemicals to meet urban water supply and wastewater treatment needs. Some states in West India may have implemented proactive policies and initiatives to address water quality and scarcity challenges, stimulating the adoption of water treatment solutions and bolstering the presence of chemical suppliers and manufacturers.
Key Market Players
• BASF India Ltd.
• Dow Chemical International Pvt. Ltd.
• Solvay Specialities India Private Limited
• SNF India Pvt Ltd
• Thermax Limited
• Ion Exchange (India) Limited
• Chembond Chemicals Limited, India
• Pon Pure Chemicals Group
• Mishitek Chemicals
• Sicagen India Ltd.
Report Scope:
In this report, the India Water Treatment Chemicals Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Water Treatment Chemicals Market, By Type:
o Coagulants & Flocculants
o Corrosion Inhibitors
o Scale Inhibitors
o Biocides & Disinfectants
o Chelating Agents
o Others
• India Water Treatment Chemicals Market, By End User Industry:
o Municipal
o Power
o Oil & Gas
o Mining
o Chemical
o Food & Beverage
o Pulp & Paper
o Others
• India Water Treatment Chemicals Market, By Region:
o North
o East
o West
o South
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Water Treatment Chemicals Market.
Available Customizations:
India Water Treatment Chemicals Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. India Water Treatment Chemicals Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Coagulants & Flocculants, Corrosion Inhibitors, Scale Inhibitors, Biocides & Disinfectants, Chelating Agents, Others)
5.2.2. By End User Industry (Municipal, Power, Oil & Gas, Mining, Chemical, Food & Beverage, Pulp & Paper, Others)
5.2.3. By Region (North, East, West, South)
5.2.4. By Company (2023)
5.3. Market Map
5.3.1. By Type
5.3.2. By End User Industry
5.3.3. By Region
6. North India Water Treatment Chemicals Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By End User Industry
6.2.3. By States (Top 3 states)
7. East India Water Treatment Chemicals Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By End User Industry
7.2.3. By States (Top 3 states)
8. West India Water Treatment Chemicals Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By End User Industry
8.2.3. By States (Top 3 states)
9. South India Water Treatment Chemicals Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By End User Industry
9.2.3. By States (Top 3 states)
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
11.1. Research & Development
11.2. Product launch
11.3. Merger & Acquisition
12. India Water Treatment Chemicals Market: SWOT Analysis
13. Policy and Regulatory Landscape
14. India Economic Profile
15. Porter’s Five Forces Analysis
15.1. Competition in the Industry
15.2. Potential of New Entrants
15.3. Power of Suppliers
15.4. Power of Customers
15.5. Threat of Substitute Products
16. Competitive Landscape
16.1. Business Overview
16.2. Product Offerings
16.3. Recent Developments
16.4. Financials (In Case of Listed Companies)
16.5. Key Personnel
16.5.1. BASF India Ltd.
16.5.2. Dow Chemical International Pvt. Ltd.
16.5.3. Solvay Specialities India Private Limited
16.5.4. SNF India Pvt Ltd
16.5.5. Thermax Limited
16.5.6. Ion Exchange (India) Limited
16.5.7. Chembond Chemicals Limited, India
16.5.8. Pon Pure Chemicals Group
16.5.9. Mishitek Chemicals
16.5.10. Sicagen India Ltd.
17. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る