世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドのプロピレンオキシド市場:製造プロセス別(クロロヒドリンプロセス、スチレンモノマープロセス、クメンベースプロセス、その他)、最終用途産業別(建築・建設、食品・飲料、自動車、化学・医薬品、包装、その他)、用途別(ポリエーテルグリコール、ポリエーテルポリオール、グリコールエーテル、その他)、地域別、市場競争、予測、機会:2019-2029年


India Propylene Oxide Market By Production Process (Chlorohydrin Process, Styrene Monomer Process, Cumene based Process, Others), By End Use Industry (Building & Construction, Food & Beverages, Automotive, Chemicals & Pharmaceuticals, Packaging, Others), By Application (Polyether Glycol, Polyether Polyols, Glycol Ethers, Others), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2019-2029

インドのプロピレンオキシド市場は、2023年に13億6,000万米ドルの総額を達成し、2029年までの予想複合年間成長率(CAGR)は4.16%で、2029年には17億2,000万米ドルに達すると予想され、予測期間中に力強い成長の... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
85 英語

 

サマリー

インドのプロピレンオキシド市場は、2023年に13億6,000万米ドルの総額を達成し、2029年までの予想複合年間成長率(CAGR)は4.16%で、2029年には17億2,000万米ドルに達すると予想され、予測期間中に力強い成長の態勢を整えている。CH3CHCH2Oとして化学的に表されるプロピレンオキシドは、無色の有機物で、非常に可燃性の揮発性液体である。水への溶解性が非常に高く、さまざまな有機溶剤と容易に混合することができる。極性と歪んだ3員エポキシド環を併せ持つユニークな特性により、様々な物質と効果的に反応することができる。

プロピレンオキシドは主にポリエーテルとプロピレングリコールの製造に利用され、さまざまな産業で重要な役割を果たしている。例えば、ポリウレタンの製造には欠かせないもので、家具や自動車分野の軟質発泡体、家電製品や建築物の断熱材用の硬質発泡体に応用されている。さらに、酸化プロピレンは食品の微生物燻蒸やプラスチック製医療器具の滅菌にも使われている。また、ジプロピレングリコール、グリコールエーテル、除草剤、溶剤の製造における前駆体としても機能する。ただし、酸化プロピレンは非常に引火性が高く、毒性があるため、取り扱いには十分注意する必要がある。

さらに、酸化プロピレンは工業用途以外にも、サーモバリック兵器や電子顕微鏡用の生物学的サンプルの調製にも利用されている。この化合物を扱う際には、個人の健康を確保し、潜在的なリスクを軽減するために、厳格な安全プロトコルと対策を実施しなければならないことを強調することが重要である。

主な市場牽引要因

1.自動車産業における酸化プロピレン需要の増加

酸化プロピレンはポリウレタン・フォーム製造の主要中間体として機能し、自動車分野で広く使用されている。これらの発泡体は汎用性と信頼性で有名であり、自動車内装の快適性と安全性を高めている。自動車のシート、ヘッドレスト、アームレスト、その他の内装部品など、様々な部品に採用されている。インドの自動車産業は、可処分所得の増加、都市化の進展、自動車製造を促進する政府の取り組みなどの要因により、著しい成長を遂げている。自動車産業が拡大するにつれ、ポリウレタン・フォームの必須成分である酸化プロピレンの需要がインドで急増する。ポリウレタン・フォームは、軽量性、耐久性、断熱性、音響特性の面でいくつかの利点を持ち、快適で心地よい運転体験に貢献する。豪華で快適な車内インテリアへの需要の高まりがポリウレタンフォームのニーズを後押しし、酸化プロピレンの需要を押し上げている。

さらに、自動車産業は、環境問題への懸念や規制を背景に、より持続可能で環境に優しい素材へと移行している。この傾向は、バイオベースまたはリサイクル酸化プロピレン製造の研究開発の機会を生み出し、業界の持続可能性の目標に合致している。プロピレンオキシド生産プロセスの技術的進歩は、効率と費用対効果を高め、市場に新たな道を開くこともできる。酸化プロピレンは、自動車業界が快適性、安全性、持続可能性を追求する上で極めて重要な役割を果たしており、その需要は今後も伸び続けると予想される。

2.製薬業界における酸化プロピレンの需要拡大

酸化プロピレンは、様々な医薬品を製造するための原料として、製薬業界で重要な位置を占めている。医薬品合成、中間化学物質、医薬品有効成分(API)の主要な構成要素である。革新的で効果的な医薬品へのニーズが高まる中、製薬セクターにおける酸化プロピレンの需要は着実に増加している。インドの製薬業界は、人口の多さ、医療意識の高まり、中間所得層の所得増加、政府の取り組みなどを背景に、著しい成長を遂げている。製薬セクターの繁栄が続く中、医薬品合成に欠かせない成分としてのプロピレンオキシドの需要もインドで高まっている。

プロピレンオキシドは、抗生物質、鎮痛剤、麻酔薬、心血管治療薬などの製造を含む多様な医薬品合成プロセスで使用されている。試薬としての汎用性により、医薬製剤に必要な複雑な分子構造や官能基を作り出すことができる。さまざまな医薬品に対する需要の高まりが、製薬業界における酸化プロピレンの必要性をさらに高めている。製薬業界が進歩するにつれて、より効率的で環境に優しいプロピレンオキシドの生産における研究開発の新たな機会が生まれる。これは、製薬セクターにおける製造プロセスの改善と持続可能性の向上につながる可能性がある。さらに、個別化医療とバイオ医薬品への注目は、酸化プロピレンの活用に新たな道をもたらし、その潜在的用途を拡大する。

3.パーソナルケアと化粧品業界における酸化プロピレンの需要の増加

酸化プロピレンは、その多様な特性と用途により、パーソナルケアと化粧品産業で重要な役割を果たしている。スキンケア製品、ヘアケア製品、消臭剤、香料などの主要成分として使用されている。酸化プロピレンはその多様な機能により、これらの製剤において溶剤、安定剤、乳化剤、粘度調節剤として働き、製品の有効性と安定性を保証している。インドのパーソナルケア・化粧品業界は、可処分所得の増加、消費者のライフスタイルの変化、身だしなみや美容への関心の高まりといった要因によって、著しい成長を遂げている。

パーソナルケアと化粧品産業が繁栄を続けるにつれ、製品の配合に欠かせない成分としての酸化プロピレンの需要もインドで高まっている。酸化プロピレンは、クリーム、ローション、ジェルの質感、一貫性、安定性に寄与し、滑らかな塗布と吸収を可能にする。さらに、製剤の保存や製品の保存期間の延長にも役立っている。高品質のパーソナルケア製品や化粧品への需要の高まりが、業界における酸化プロピレンの必要性を高めている。

業界における天然有機処方への傾向は、再生可能な資源に由来する酸化プロピレンの利用機会を生み出す。製造業者は、パーソナルケアや化粧品製品における環境に優しい成分への需要の高まりに応えるため、代替の供給源や製造方法を模索することができる。革新的なアプローチを取り入れることで、業界は消費者の嗜好に沿い、より環境に優しく持続可能な世界に貢献することができる。

主な市場課題

1.原材料の不足

プロピレンオキシドの生産に必要な原材料の不足は、市場にとって大きな課題となっている。酸化プロピレンは、主に原油や天然ガスから得られるプロピレンから生産される。プロピレンの入手可能性は、原料の入手可能性、生産能力、地政学的影響など様々な要因に左右される。プロピレンの供給が途絶えた場合、酸化プロピレンの生産に大きな影響を及ぼし、その結果、市場での供給が制限される可能性がある。

原料の不足はインドの酸化プロピレンメーカーの生産能力に直接影響し、様々な産業からの増大する需要に対応することを困難にしている。この不足は、生産の遅れ、コストの上昇、市場における競争力の低下につながる可能性がある。さらに、サプライチェーンが混乱すると、酸化プロピレンのエンドユーザーへのタイムリーな供給が妨げられ、重要な部品として酸化プロピレンに依存している産業に後退をもたらす可能性がある。

この課題に対処するため、関係者はプロピレンの供給源の多様化と代替生産方法の探求に投資しなければならない。これらの対策は、原料不足の影響を緩和し、様々な産業の増大する需要を満たす酸化プロピレンの安定供給を確保するのに役立つ。

2.環境への懸念

酸化プロピレンの生産には複雑な工程が含まれるため、環境に悪影響を及ぼす可能性がある。主な懸念事項のひとつは、製造過程で温室効果ガスや揮発性有機化合物(VOC)が大量に排出され、大気汚染や気候変動につながることである。さらに、プロプ

イレンオキシドの生産は、大量の水とエネルギーを消費し、水不足とエネルギー消費の問題を悪化させる。

化学副産物や残渣を含む生産過程での廃棄物の発生は、土壌、水質、大気質への脅威となる。これらの廃棄物の適切な処理と処分は、汚染と環境破壊を防ぐために不可欠である。

このような環境問題に対処するには、プロピレンオキシド生産において持続可能で環境に配慮した慣行を実施する必要がある。企業は環境フットプリントを最小限に抑えるため、排出量の削減、資源の節約、廃棄物の効果的な管理に注力しなければならない。

主要市場動向

1.バイオベースのプロピレンオキシドへのシフト

バイオベース・プロピレンオキシド(BioPO)は、従来のプロピレンオキシドに代わる革新的で持続可能な代替品として脚光を浴びている。バイオマス、グリセリン、植物由来といった再生可能な原料から生産される。バイオベースのプロピレンオキシドは、石油ベースのプロピレンオキシドと比較して、二酸化炭素排出量を大幅に削減し、より環境に優しい選択肢を提供する。

バイオベースのプロピレンオキシドの採用は、より環境に優しく持続可能なソリューションへの移行を目指す世界的な取り組みと一致している。政府や規制機関による支持的な規制や持続可能性への取り組みは、バイオベース・プロピレンオキシドの成長を促進する上で重要な役割を果たしている。バイオベース・プロピレンオキシド市場は、自動車、繊維、化粧品などの産業における持続可能な製品に対する需要の高まりによって、インドで拡大している。

メーカーは、バイオベースのプロピレンオキシドを採用することで、研究開発に投資し、生産能力を拡大し、市場の進化するニーズに対応する機会を得ている。この移行は、持続可能性を促進するだけでなく、よりクリーンで環境に優しい未来にも貢献する。

セグメント別インサイト

用途別洞察

用途別では、ポリエーテルポリオールセグメントが2022年の酸化プロピレンインド市場を支配した。ポリエーテルポリオールは、発泡体、コーティング剤、接着剤、エラストマーなど、様々なポリウレタンをベースとした製品を製造するための基本原料である。これらの汎用性の高い材料は、自動車、建築、家具、包装などの産業で幅広く使用されている。これらの分野でのポリウレタンベースの製品に対する需要の増加が、その製造における主要成分であるプロピレンオキシドの需要を牽引している。

卓越した断熱性とクッション性で知られるポリウレタン・フォームは、効果的な耐熱性と耐衝撃性を必要とする産業で高い人気を誇っている。自動車、建築、家具の各分野では、その性能特性と汎用性からポリウレタン・フォームが頼りにされている。プロピレンオキシドはポリエーテルポリオールの製造に使用され、ポリウレタンフォームを作るためにジイソシアネートと組み合わされるため、自動車産業で重要な役割を果たしている。これらの発泡体は、座席、内装トリム、断熱材など、さまざまな自動車部品に使用されている。ポリウレタン・フォームの軽量でエネルギー効率に優れた特性は、自動車メーカーにとって望ましいものであり、快適で環境に優しい自動車の実現に貢献している。

最終用途産業の洞察

自動車分野は、予測期間中に酸化プロピレン市場で急成長を遂げると予測される。インドの自動車産業は著しい拡大を遂げており、様々な自動車メーカーが国内に生産施設を設立している。消費者所得の増加、都市化、政府の取り組みといった要因が自動車産業の成長を後押ししている。自動車の需要が増加し続けるにつれて、様々な自動車用途に使用される重要な成分であるプロピレンオキシドの需要も増加している。

酸化プロピレンは幅広い用途で使用されるため、自動車産業には欠かせない。酸化プロピレンは、ポリウレタン・フォームの製造に使用されるポリエーテル・ポリオールの製造に不可欠である。これらの発泡体は、座席、内装トリム、断熱材、その他の重要な部品に使用されている。ポリウレタン・フォームは、軽量で耐久性に優れ、エネルギー効率の高いソリューションを提供し、自動車の快適性と環境への配慮を高める。新興国を中心とした自動車産業の成長が、ポリエーテルポリオール、ひいてはプロピレンオキシドの需要増に大きく寄与している。

地域別インサイト

2022年のインド酸化プロピレン市場では、西インドが金額・数量ともに最大の市場シェアを占め、支配的なプレーヤーに浮上した。西インドは、石油化学コンビナートや製油所などの産業インフラが発達していることで知られている。これらの施設はプロピレンオキシドの生産において中心的な役割を果たし、重要な原料としてプロピレンオキシドに依存する川下産業を支えている。

西インドは、石油精製所や天然ガス埋蔵量などの主要原料供給源に近接した戦略的な立地にあり、プロピレンオキシド生産に必要な必須原料へのアクセスが容易であるという利点がある。この地理的優位性は、プロピレンオキシドの需要増に対応するこの地域の能力を高めている。また、西インドはプロピレンオキシドの消費拠点としても機能しており、自動車製造、化学加工、医薬品など様々な分野で大きな需要拠点がある。

生産能力とサプライチェーンに多額の投資を行ってきた実績ある企業の存在は、酸化プロピレン市場における西インドの地位をさらに強固なものにしている。この地域は、優れた産業インフラ、必要不可欠な原材料へのアクセス、業界をリードする企業の支援により、有力なプレーヤーとして成長を続けている。

結論として、インドのプロピレンオキシド市場は、自動車、製薬、パーソナルケア産業における需要の増加といった主要な要因に牽引され、大きな成長を遂げようとしている。しかし、原料の入手可能性や環境への懸念に関する課題に対処する必要がある。バイオベースのプロピレンオキシドや持続可能な慣行へのシフトは注目すべき傾向である。西インドは、整備された産業インフラと戦略的優位性により、市場の支配的地域として際立っている。市場の発展に伴い、関係者は技術革新、生産能力の拡大、持続可能な取り組みへの貢献の機会を得ており、インドにおけるプロピレンオキシド市場の継続的な成長を確実なものにしている。
主要市場プレイヤー
オットー・ケミー社
TCIケミカルズ
バイザッグ・ケミカル・インターナショナル
Prasol Chemicals Pvt.
H.B.ケミカルズ
インディア・グリコールズ・リミテッド
マナリ・ペトロケミカルズ・リミテッド
レポートの範囲
本レポートでは、インドのプロピレンオキシド市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドのプロピレンオキシド市場:製造プロセス別
o クロロヒドリンプロセス
o スチレンモノマー法
o クメンベースプロセス
o その他
- 酸化プロピレンのインド市場:最終用途産業別
o 建築・建設
o 食品・飲料
o 自動車
o 化学・医薬品
o 包装
o その他
- インドのプロピレンオキシド市場、用途別
o ポリエーテルグリコール
o ポリエーテルポリオール
o グリコールエーテル
o その他
- 酸化プロピレンのインド市場:地域別
o 北インド
o 東インド
o 西インド
o 南インド
競合状況
企業プロフィール:インドのプロピレンオキシド市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のインド酸化プロピレン市場レポートは所定の市場データを基に、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, and Trends
4. Voice of Customers
5. Impact of COVID-19 on India Propylene Oxide Market
6. India Propylene Oxide Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Production Process (Chlorohydrin Process, Styrene Monomer Process, Cumene based Process, Others)
6.2.2. By End use Industry (Building & Construction, Food & Beverages, Automotive, Chemicals & Pharmaceuticals, Packaging, Others)
6.2.3. By Application (Polyether Glycol, Polyether Polyols, Glycol Ethers, Others)
6.2.4. By Region (North, South, East, West)
6.2.5. By Company (2022)
6.3. Product Market Map
7. North India Propylene Oxide Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Production Process
7.2.2. By End use Industry
7.2.3. By Application
8. South India Propylene Oxide Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Production Process
8.2.2. By End use Industry
8.2.3. By Application
9. East India Propylene Oxide Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Production Process
9.2.2. By End use Industry
9.2.3. By Application
10. West India Propylene Oxide Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Production Process
10.2.2. By End use Industry
10.2.3. By Application
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
12.1. Merger & Acquisition
12.2. Product Development
12.3. Recent Developments
13. Porters Five Forces Analysis
13.1. Competition in the Industry
13.2. Potential of New Entrants
13.3. Power of Suppliers
13.4. Power of Customers
13.5. Threat of Substitute Products
14. Pricing Analysis
15. Policy & Regulatory Framework
16. Competitive Landscape
16.1. Business Overview
16.2. Company Snapshot
16.3. Products & Services
16.4. Financials (As Reported)
16.5. Recent Developments
16.5.1. Otto Chemie Pvt. Ltd
16.5.2. TCI Chemicals
16.5.3. Vizag Chemical International
16.5.4. Prasol Chemicals Pvt. Ltd.
16.5.5. H. B. Chemicals
16.5.6. India Glycols Limited
16.5.7. Manali Petrochemicals Limited
17. Strategic Recommendations
18. About Us & Disclaimer






 

ページTOPに戻る


 

Summary

The India Propylene Oxide Market achieved a total value of USD 1.36 billion in 2023 and is poised for robust growth in the forecast period, with an expected Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 4.16% through 2029 and is expected to reach at USD 1.72 billion by 2029. Propylene Oxide, chemically represented as CH3CHCH2O, is a colorless, organic, highly flammable, and volatile liquid. It possesses exceptional solubility in water and can easily mix with various organic solvents. Its unique characteristics, combining polarity with a strained three-membered epoxide ring, enable it to react effectively with a wide range of substances.

Primarily, propylene oxide is utilized in the production of polyether and propylene glycol, playing a vital role in various industries. For example, it is integral to the manufacturing of polyurethane, which finds application in flexible foams for the furniture and automotive sectors, as well as rigid foams for appliances and building insulation. Additionally, propylene oxide is employed in the microbial fumigation of food products and sterilization of plastic medical instruments. It also serves as a precursor in the production of di propylene glycol, glycol ethers, herbicides, and solvents. However, it is crucial to exercise caution when handling propylene oxide due to its extreme flammability and toxicity, which can lead to irritation of the eyes and respiratory tract, and skin irritation or necrosis upon prolonged contact.

Furthermore, aside from its industrial applications, propylene oxide has been utilized in thermobaric weapons and the preparation of biological samples for electron microscopy. It is important to emphasize that stringent safety protocols and measures must be implemented when working with this compound to ensure individual well-being and mitigate potential risks.

Key Market Drivers

1. Increasing Demand for Propylene Oxide in the Automotive Industry

Propylene oxide serves as a key intermediate in the production of polyurethane foams, which have widespread usage in the automotive sector. These foams are renowned for their versatility and reliability, enhancing the comfort and safety of vehicle interiors. They are employed in various components, including car seats, headrests, armrests, and other interior parts. The automotive industry in India has experienced remarkable growth due to factors such as rising disposable incomes, increased urbanization, and government initiatives promoting automobile manufacturing. As the automotive sector expands, the demand for propylene oxide as an essential ingredient for polyurethane foams surges in India. Polyurethane foams offer several advantages in terms of lightweight, durability, insulation, and acoustic properties, contributing to a comfortable and pleasant driving experience. The increasing demand for luxurious and comfortable vehicle interiors propels the need for polyurethane foams, thereby boosting the demand for propylene oxide.

Additionally, the automotive industry is moving towards more sustainable and eco-friendly materials, driven by environmental concerns and regulations. This trend creates opportunities for research and development in bio-based or recycled propylene oxide production, aligning with the industry's sustainability goals. Technological advancements in propylene oxide production processes can also enhance efficiency and cost-effectiveness, opening new avenues in the market. Propylene oxide plays a pivotal role in the automotive industry's pursuit of comfort, safety, and sustainability, and its demand is expected to continue growing.

2. Growing Demand for Propylene Oxide in the Pharmaceutical Industry

Propylene oxide holds a crucial position in the pharmaceutical industry as a raw material for producing various pharmaceutical products. It is a key building block in drug synthesis, intermediate chemicals, and active pharmaceutical ingredients (APIs). With a growing need for innovative and effective medicines, the demand for propylene oxide in the pharmaceutical sector has been steadily rising. India's pharmaceutical industry has experienced significant growth, driven by a large population, increasing healthcare awareness, rising middle-class incomes, and government initiatives. As the pharmaceutical sector continues to flourish, the demand for propylene oxide as a critical component for drug synthesis has also escalated in India.

Propylene oxide is used in diverse drug synthesis processes, including the production of antibiotics, analgesics, anesthetics, cardiovascular drugs, and more. Its versatility as a reagent allows for the creation of complex molecular structures and functional groups required in pharmaceutical formulations. The increasing demand for a wide range of medicines further fuels the need for propylene oxide in the pharmaceutical industry. As the pharmaceutical industry progresses, new opportunities arise for research and development in the production of more efficient and environmentally friendly propylene oxide. This can lead to improved manufacturing processes and enhanced sustainability in the pharmaceutical sector. Additionally, the focus on personalized medicine and biopharmaceuticals presents new avenues for the utilization of propylene oxide, expanding its potential applications.

3. Increasing Demand for Propylene Oxide in the Personal Care and Cosmetic Industry

Propylene oxide plays a vital role in the personal care and cosmetics industry due to its diverse properties and applications. It is used as a key ingredient in skincare products, haircare products, deodorants, fragrances, and more. With its versatile functions, propylene oxide acts as a solvent, stabilizer, emulsifier, and viscosity controller in these formulations, ensuring product efficacy and stability. The personal care and cosmetics industry in India has been experiencing significant growth, driven by factors such as increasing disposable incomes, changing consumer lifestyles, and a growing focus on personal grooming and beauty.

As the personal care and cosmetics industry continues to flourish, the demand for propylene oxide as a crucial ingredient in product formulations also rises in India. Propylene oxide contributes to the texture, consistency, and stability of creams, lotions, and gels, allowing for smooth application and absorption. Moreover, it aids in preserving formulations and extending the shelf life of products. The increasing demand for high-quality personal care and cosmetics products drives the need for propylene oxide in the industry.

The trend towards natural and organic formulations in the industry creates opportunities for the utilization of propylene oxide derived from renewable sources. Manufacturers can explore alternative sources and production methods to meet the growing demand for environmentally friendly ingredients in personal care and cosmetics products. By embracing innovative approaches, the industry can align with consumer preferences and contribute to a greener and more sustainable world.

Key Market Challenges

1. Lack of Raw Material Availability

The shortage of raw materials required for propylene oxide production poses a significant challenge in the market. Propylene oxide is primarily produced from propylene, which is derived from crude oil or natural gas. The availability of propylene depends on various factors, including feedstock availability, production capacity, and geopolitical influences. Any disruption in the supply of propylene can significantly impact propylene oxide production, resulting in limited availability in the market.

The scarcity of raw materials directly affects the production capacity of propylene oxide manufacturers in India, making it challenging to meet the growing demand from various industries. This shortage can lead to production delays, increased costs, and reduced competitiveness in the market. Moreover, disrupted supply chains can hamper the timely delivery of propylene oxide to end-users, causing setbacks for industries that rely on it as a crucial component.

To address this challenge, stakeholders must invest in diversifying the sources of propylene and exploring alternative production methods. These measures can help mitigate the impact of raw material shortages and ensure a steady supply of propylene oxide to meet the growing demands of various industries.

2. Environmental Concerns

The production of propylene oxide involves complex processes that can result in adverse environmental consequences. One of the main concerns is the significant emission of greenhouse gases and volatile organic compounds (VOCs) during production, contributing to air pollution and climate change. Additionally, prop

ylene oxide production consumes substantial amounts of water and energy, exacerbating water scarcity and energy consumption issues.

The generation of waste products during the production process, including chemical by-products and residues, poses a threat to soil, water, and air quality. Proper treatment and disposal of these waste materials are essential to prevent pollution and environmental damage.

Addressing these environmental challenges requires the implementation of sustainable and environmentally responsible practices in propylene oxide production. Companies must focus on reducing emissions, conserving resources, and managing waste effectively to minimize their environmental footprint.

Key Market Trends

1. Shift towards Bio-based Propylene Oxide

Bio-based propylene oxide (BioPO) is gaining prominence as an innovative and sustainable alternative to conventional propylene oxide. It is produced from renewable feedstocks such as biomass, glycerin, and plant-based sources. Bio-based propylene oxide offers a more environmentally friendly option compared to petroleum-based propylene oxide, with a significantly reduced carbon footprint.

The adoption of bio-based propylene oxide aligns with global efforts to transition to greener and more sustainable solutions. Supportive regulations and sustainability initiatives from governments and regulatory bodies play a crucial role in driving the growth of bio-based propylene oxide. The market for bio-based propylene oxide is expanding in India, driven by the increasing demand for sustainable products in industries such as automotive, textiles, and cosmetics.

Manufacturers have the opportunity to invest in research and development, expand production capacities, and cater to the market's evolving needs by embracing bio-based propylene oxide. This transition not only promotes sustainability but also contributes to a cleaner and greener future.

Segmental Insights

Application Insights

In terms of applications, the polyether polyols segment dominated the Indian market for propylene oxide in 2022. Polyether polyols are fundamental raw materials in the production of various polyurethane-based products, including foams, coatings, adhesives, and elastomers. These versatile materials find extensive use in industries such as automotive, construction, furniture, and packaging. The increasing demand for polyurethane-based products in these sectors has driven the demand for propylene oxide, a key component in their manufacturing.

Polyurethane foams, known for their exceptional insulation and cushioning properties, are highly sought after in industries requiring effective thermal and impact resistance. The automotive, construction, and furniture sectors rely on polyurethane foams for their performance characteristics and versatility. Propylene oxide plays a crucial role in the automotive industry, as it is used in the production of polyether polyols, which are combined with diisocyanates to create polyurethane foams. These foams are used in various automotive components, including seating, interior trims, insulation, and more. The lightweight and energy-efficient properties of polyurethane foams make them desirable for automotive manufacturers, contributing to comfortable and environmentally friendly vehicles.

End Use Industry Insights

The automotive segment is projected to experience rapid growth in the propylene oxide market during the forecast period. India's automotive sector has witnessed significant expansion, with various vehicle manufacturers establishing production facilities in the country. Factors such as rising consumer incomes, urbanization, and government initiatives have fueled the growth of the automotive industry. As the demand for vehicles continues to rise, so does the demand for propylene oxide, a vital component used in various automotive applications.

Propylene oxide is essential in the automotive industry due to its extensive use across a wide range of applications. It is crucial for the production of polyether polyols, which are used to create polyurethane foams. These foams find applications in seating, interior trims, insulation, and other critical components. Polyurethane foams offer lightweight, durable, and energy-efficient solutions, enhancing the comfort and environmental friendliness of vehicles. The growth of the automotive industry, especially in emerging economies, has significantly contributed to the rising demand for polyether polyols and, consequently, propylene oxide.

Regional Insights

West India emerged as the dominant player in the India Propylene Oxide Market in 2022, holding the largest market share in both value and volume. West India is known for its well-developed industrial infrastructure, including petrochemical complexes and refineries. These facilities play a central role in propylene oxide production and support downstream industries that rely on it as a crucial raw material.

Strategically located in proximity to major feedstock sources, such as petroleum refineries and natural gas reserves, West India benefits from easy access to the essential raw materials needed for propylene oxide production. This geographical advantage enhances the region's capacity to meet the growing demand for propylene oxide. West India also serves as a hub for propylene oxide consumption, with significant demand centers across various sectors, including automotive manufacturing, chemical processing, and pharmaceuticals.

The presence of established companies that have made substantial investments in production capacities and supply chains further strengthens West India's position in the propylene oxide market. The region continues to thrive as a prominent player, with its impressive industrial infrastructure, access to essential raw materials, and the support of leading industry players.

In conclusion, the India Propylene Oxide Market is poised for significant growth, driven by key factors such as increasing demand in the automotive, pharmaceutical, and personal care industries. However, challenges related to raw material availability and environmental concerns need to be addressed. The shift towards bio-based propylene oxide and sustainable practices is a notable trend. West India stands out as a dominant region in the market, with its well-developed industrial infrastructure and strategic advantages. As the market evolves, stakeholders have opportunities to innovate, expand production capacities, and contribute to sustainability efforts, ensuring the continued growth of the propylene oxide market in India.
Key Market Players
Otto Chemie Pvt. Ltd
TCI Chemicals
Vizag Chemical International
Prasol Chemicals Pvt. Ltd.
H. B. Chemicals
India Glycols Limited
Manali Petrochemicals Limited
Report Scope:
In this report, the India Propylene Oxide Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Propylene Oxide Market, By Production Process:
o Chlorohydrin Process
o Styrene Monomer Process
o Cumene based Process
o Others
• India Propylene Oxide Market, By End Use Industry:
o Building & Construction
o Food & Beverages
o Automotive
o Chemicals & Pharmaceuticals
o Packaging
o Others
• India Propylene Oxide Market, By Application:
o Polyether Glycol
o Polyether Polyols
o Glycol Ethers
o Others
• India Propylene Oxide Market, By Region:
o North India
o East India
o West India
o South India
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Propylene Oxide Market.
Available Customizations:
India Propylene Oxide Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, and Trends
4. Voice of Customers
5. Impact of COVID-19 on India Propylene Oxide Market
6. India Propylene Oxide Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Production Process (Chlorohydrin Process, Styrene Monomer Process, Cumene based Process, Others)
6.2.2. By End use Industry (Building & Construction, Food & Beverages, Automotive, Chemicals & Pharmaceuticals, Packaging, Others)
6.2.3. By Application (Polyether Glycol, Polyether Polyols, Glycol Ethers, Others)
6.2.4. By Region (North, South, East, West)
6.2.5. By Company (2022)
6.3. Product Market Map
7. North India Propylene Oxide Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Production Process
7.2.2. By End use Industry
7.2.3. By Application
8. South India Propylene Oxide Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Production Process
8.2.2. By End use Industry
8.2.3. By Application
9. East India Propylene Oxide Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Production Process
9.2.2. By End use Industry
9.2.3. By Application
10. West India Propylene Oxide Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Production Process
10.2.2. By End use Industry
10.2.3. By Application
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
12.1. Merger & Acquisition
12.2. Product Development
12.3. Recent Developments
13. Porters Five Forces Analysis
13.1. Competition in the Industry
13.2. Potential of New Entrants
13.3. Power of Suppliers
13.4. Power of Customers
13.5. Threat of Substitute Products
14. Pricing Analysis
15. Policy & Regulatory Framework
16. Competitive Landscape
16.1. Business Overview
16.2. Company Snapshot
16.3. Products & Services
16.4. Financials (As Reported)
16.5. Recent Developments
16.5.1. Otto Chemie Pvt. Ltd
16.5.2. TCI Chemicals
16.5.3. Vizag Chemical International
16.5.4. Prasol Chemicals Pvt. Ltd.
16.5.5. H. B. Chemicals
16.5.6. India Glycols Limited
16.5.7. Manali Petrochemicals Limited
17. Strategic Recommendations
18. About Us & Disclaimer






 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(building)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る