世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドのポリカルボン酸エーテル市場:タイプ別(固体、液体)、用途別(住宅、商業、工業)、地域別、競争、予測、機会、2019-2029年


India Polycarboxylate Ether Market By Type (Solid, Liquid), By Application (Residential, Commercial, Industrial), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2019-2029

インドのポリカルボン酸エーテル市場は、2023年に4億564万米ドルの評価額を達成し、2029年までの年間平均成長率(CAGR)は4.55%で、2029年には5億2,356万米ドルに達すると予測され、予測期間中に堅調な成長が見... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
76 英語

 

サマリー

インドのポリカルボン酸エーテル市場は、2023年に4億564万米ドルの評価額を達成し、2029年までの年間平均成長率(CAGR)は4.55%で、2029年には5億2,356万米ドルに達すると予測され、予測期間中に堅調な成長が見込まれている。ポリカルボン酸エーテル(PCE)は、建設業界、特にセメントとコンクリートの超可塑剤として一般的に利用されている特殊な化学化合物である。PCEは、メトキシ-ポリエチレングリコール共重合体(側鎖)にメタクリル酸共重合体(主鎖)をグラフトしたもので、PCEにいくつかの有利な特性を与えている。ポリカルボン酸エーテルの主な利点のひとつは、その高い減水能力であり、生コンクリートの流動性と作業性を大幅に改善する。

さらに、様々なセメント等級と優れた適合性を示すため、幅広い建設用途に適している。もうひとつの利点は、初期強度発現の促進により、型枠のリサイクルを迅速に行えることである。ポリカルボン酸エーテルは、セメント系材料の流動性を高めるために広く使用されており、非常に効果的な可塑剤、減水剤、分散剤として機能する。ポリカルボン酸エーテルは、優れた流動性、高強度、作業性、ポンピング性を促進する。その効率的な分散特性は、石膏、セメント、セラミック材料への応用に適している。

ポリカルボン酸エーテルのような高効率の超可塑剤の需要は、公共・民間インフラ需要の高まりにより、建設セクターで増加すると予想される。インドや中国のような新興国は人口が大幅に増加しており、インフラ開発プロジェクトの急増につながっている。交通、公衆衛生、エネルギー分野での建設活動がインフラ分野の成長を牽引している。その結果、インフラ開発に対する政府の投資やイニシアチブがポリカルボン酸エーテルの需要を刺激し、市場の成長に寄与している。

要約すると、ポリカルボン酸エーテルは、流動性の向上、様々なセメントグレードとの適合性、型枠のリサイクルの迅速化といった点で独自の利点を提供する。建設業界では効率的な超可塑剤への需要が高まっており、ポリカルボン酸エーテルは当面大きな成長が見込まれる。

主な市場促進要因

建設業界からの需要の増加:ポリカルボン酸エーテル(PCE)は、インドの建設業界で大きな需要がある。持続可能なインフラ整備が重視され、高性能コンクリートへのニーズが高まる中、PCE の需要は急速に拡大している。インドの建設業界は、様々なインフラプロジェクトや都市化によって著しい成長を遂げている。

近代的な建設プロジェクトの要件を満たすため、作業性、耐久性、強度を向上させた高性能コンクリートの需要が極めて重要になっている。このため、高性能コンクリート製造の主要成分であるPCEに対する需要が増加している。環境に対する関心の高まりに伴い、インドでは持続可能な建設慣行の採用が重視されるようになっており、PCE にはこうした慣行に合致するいくつかの利点がある。PCEは、望ましい作業性と性能を維持しながら、コンクリート製造における水の使用量を削減することができます。

さらに、PCE の使用は炭素排出量の削減に貢献するため、環境に配慮した建設プロジェクトにとって魅力的です。PCE は超可塑剤として作用し、コンクリート混合物の作業性を高めます。より優れた流動性、より容易な打設、コンクリート構造物の仕上げの改善を可能にすることで、建設効率の向上につながります。

さらに、PCE ベースのコンクリートは、従来のコンクリートと比較して優れた強度と耐久性を示すため、構造的完全性が不可欠な高層ビル、橋梁、インフラプロジェクトに適しています。水とセメントの比率を下げることで、PCE はより低いセメント含有量でより高い強度を達成し、資源消費を削減し、カーボンフットプリントを最小限に抑える上で重要な役割を果たします。

インド政府は、スマートシティ、高速道路、空港などのプロジェクトを含むインフ ラ開発に注力しており、建設業界に機会を提供し、PCE の需要をさらに促進している。さらに、LEED 認証などのグリーンビルディング構想の採用は、持続可能でエネルギー効率の高い建設資材の使用を義務付けており、PCE の利点と一致している。

混和剤製造に関連する技術の進歩:混和剤は、特定の特性と全体的な性能を高めるためにコンクリート混合物に添加される化学組成物である。混和剤の配合における革新は、コンクリートのレオロジー特性をよりよく制御し、作業性を向上させ、含水量を減らし、強度を高めることにつながっている。

ナノテクノロジーの統合は混和剤における画期的な開発であり、コンクリートの特性を分子レベルで修正し、強度、耐久性、環境要因への耐性を向上させている。ひび割れが発生すると治癒剤を放出する微生物やカプセルを含む自己治癒型コンクリート混和剤は、コンクリート構造物の寿命を延ばす。

フライアッシュやスラグのような持続可能な材料に適合する混和剤は、コンクリートの二酸化炭素排出量を削減し、人気を博している。急速な都市化と高層ビルの建設により、耐久性、強度、持続可能性を確保する高度な混和剤の需要が高まっている。

インドでは、持続可能なインフラ整備、高性能コンクリートの必要性、グリーンビルディングへの取り組みにより、PCE の需要が急増している。作業性、耐久性、強度の向上といったPCEの利点により、PCEは近代的な建設資材の中でも需要の高い成分となっている。

主な市場課題

サプライチェーンの複雑さ:PCE の生産は、ナフタレンやその他の化学物質といった特定の原材料に依存しています。価格の変動、入手可能性の問題、および世界的な市場力学が原料調達に影響を及ぼし、PCE の生産と供給に影響を及ぼす可能性があります。輸送、ロジスティクス、倉庫管理、在庫管理における複雑さが混乱を招き、サプライチェー ンの効率性を阻害する可能性があります。不正確な需要予測は、過剰在庫や在庫不足を招き、サプライチェーンに影響を与える可能 性がある。

地域材料との適合性:骨材、セメントの種類、鉱物混和剤、および環境条件における地域差は、PCE の適合性とコンクリート性能に影響する可能性があります。望ましい作業性、強度、および耐久性を達成するには、地域ごとの材料のばらつきを 理解する必要があります。

主な市場動向

業界標準と認証の採用:業界標準と認証は、PCE 製品が品質基準を満たしていることを保証し、顧客に信頼性を提 供する。これらの認証は、作業性、強度、耐久性に関連する性能の主張を検証し、信用を高め、認 証された PCE 製品の使用を促進します。

セグメント別の洞察

タイプ別洞察:固形PCEは、扱いやすさ、コストの優位性、様々な用途における汎用性により、市場を支配している。

用途の洞察:商業分野はインフラ整備により急成長を遂げ、高品質コンクリートの需要増につながっている。

地域別の洞察マハラシュトラ州やグジャラート州などの西インドが、急速な工業化、インフラプロジェクト、主要都市の建設活動により市場をリードしている。
主要市場プレイヤー
BASFインド社
SIKA India Private Limited
フォスロック・ケミカルズ・インディア
ヒマドリ・スペシャルティ・ケミカルズ社
ケミポール(コタリ工業グループ)
レポートの範囲
本レポートでは、インドのポリカルボン酸エーテル市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドのポリカルボキシレートエーテル市場:タイプ別
固体
液体
- インドのポリカルボキシレートエーテル市場:用途別
o 住宅用
o 商業用
o 工業用
- インドのポリカルボン酸エーテル市場:地域別
o 北インド
o 東インド
o 西インド
o 南インド
競合状況
企業プロフィール:インドのポリカルボン酸エーテル市場に存在する主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のインドポリカルボン酸エーテル市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. India Polycarboxylate Ether Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Solid, Liquid)
5.2.2. By Application (Residential, Commercial, Industrial)
5.2.3. By Region
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
5.4.1. By Type
5.4.2. By Application
5.4.3. By Region
6. North India Polycarboxylate Ether Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By Application
7. South India Polycarboxylate Ether Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Application
8. West India Polycarboxylate Ether Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Application
9. East India Polycarboxylate Ether Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Application
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
12. Policy & Regulatory Landscape
13. India Economic Profile
14. India Polycarboxylate Ether Market: SWOT Analysis
15. Porter’s Five Forces Analysis
15.1. Competition in the Industry
15.2. Potential of New Entrants
15.3. Power of Suppliers
15.4. Power of Customers
15.5. Threat of Substitute End Users
16. PESTLE Analysis
17. Competitive Landscape
17.1. Business Overview
17.2. Product Offerings
17.3. Recent Developments
17.4. Financials (As Reported)
17.5. Key Personnel
17.5.1. BASF India Limited
17.5.2. SIKA India Private Limited
17.5.3. Fosroc Chemicals India Private Limited
17.5.4. Himadri Specialty Chemicals Ltd.
17.5.5. Chemipol ( Kothari Group Of Industries)
18. Strategic Recommendations
19. About us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Polycarboxylate Ether Market in India achieved a valuation of USD 405.64 million in 2023 and is expected to experience robust growth in the forecast period, with a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 4.55% through 2029 and is expected to reach at 523.56 million by 2029. Polycarboxylate ether (PCE) is a specialized chemical compound commonly utilized in the construction industry, particularly as a superplasticizer in cement and concrete. It is composed of a methoxy-polyethylene glycol copolymer (side chain) grafted with a methacrylic acid copolymer (main chain), imparting several advantageous properties to PCE. One key benefit of polycarboxylate ether is its high water-reducing ability, significantly improving the flowability and workability of fresh concrete.

Additionally, it exhibits excellent compatibility with various cement grades, making it suitable for a wide range of construction applications. Another advantage is its ability to facilitate faster formwork recycling, thanks to accelerated early strength development. Polycarboxylate ethers have been widely used to enhance the flowability of cementitious materials, serving as highly effective plasticizers, water reducers, and dispersers. They promote superior flowability, high strength, workability, and pumpability. Their efficient dispersion properties make them suitable for applications in gypsum, cement, and ceramic materials.

The demand for highly efficient superplasticizers like polycarboxylate ether is expected to increase in the construction sector due to the rising demand for public and private infrastructure. Emerging economies like India and China are experiencing significant population growth, leading to a surge in infrastructure development projects. Construction activities in transportation, public health, and energy sectors are driving the growth of the infrastructure segment. Consequently, government investments and initiatives for infrastructure development are fueling the demand for polycarboxylate ether, contributing to the market's growth.

In summary, polycarboxylate ether offers unique advantages in terms of enhancing flowability, compatibility with various cement grades, and facilitating faster formwork recycling. With the increasing demand for efficient superplasticizers in the construction industry, polycarboxylate ether is expected to witness significant growth in the foreseeable future.

Key Market Drivers

Increasing Demand from the Construction Industry: Polycarboxylate ether (PCE) is experiencing significant demand within India's construction industry. With a growing emphasis on sustainable infrastructure development and the need for high-performance concrete, the demand for PCE has been rapidly escalating. The construction industry in India is witnessing remarkable growth, driven by various infrastructure projects and urbanization.

To meet the requirements of modern construction projects, the demand for high-performance concrete, offering improved workability, durability, and strength, has become crucial. This has led to an increased demand for PCE, a key component in the production of high-performance concrete. With growing environmental concerns, there is a rising emphasis on adopting sustainable construction practices in India, and PCE offers several advantages that align with these practices. It enables the reduction of water usage in concrete production while maintaining desired workability and performance.

Moreover, the use of PCE contributes to lower carbon emissions, making it attractive for environmentally conscious construction projects. PCE acts as a superplasticizer, enhancing the workability of concrete mixtures. By allowing better flowability, easier placement, and improved finishing of concrete structures, it results in enhanced construction efficiency.

Furthermore, PCE-based concrete exhibits superior strength and durability compared to traditional concrete, making it suitable for high-rise buildings, bridges, and infrastructure projects where structural integrity is essential. By reducing the water-to-cement ratio, PCE plays a significant role in achieving higher strength with lower cement content, reducing resource consumption and minimizing the carbon footprint.

The Indian government's focus on infrastructure development, including projects like smart cities, highways, and airports, provides opportunities for the construction industry, further fueling the demand for PCE. Additionally, the adoption of green building initiatives, such as LEED certification, mandates the use of sustainable and energy-efficient construction materials, aligning with PCE's benefits.

Technological Advancements Associated with Admixture Production: Admixtures are chemical compositions added to concrete mixtures to enhance specific properties and overall performance. Innovations in admixture formulations have led to better control over concrete's rheological properties, improving workability, reducing water content, and enhancing strength.

Nanotechnology integration has been a groundbreaking development in admixtures, modifying concrete properties at the molecular level, resulting in enhanced strength, durability, and resistance to environmental factors. Self-healing concrete admixtures, containing microorganisms or capsules that release healing agents when cracks occur, extend the lifespan of concrete structures.

Admixtures compatible with sustainable materials like fly ash and slag have gained traction, reducing concrete's carbon footprint. The rapid urbanization and construction of high-rise buildings have driven demand for advanced admixtures that ensure durability, strength, and sustainability.

In India, the surge in demand for PCE is due to sustainable infrastructure development, the need for high-performance concrete, and green building initiatives. PCE's benefits, including improved workability, durability, and strength, make it a sought-after component in modern construction materials.

Key Market Challenges

Complexities in Supply Chain: PCE production relies on specific raw materials like naphthalene and other chemicals. Price fluctuations, availability issues, and global market dynamics can impact raw material procurement, affecting PCE production and supply. Complexities in transportation, logistics, warehousing, and inventory management can lead to disruptions, hampering supply chain efficiency. Inaccurate demand forecasting may result in overstocking or understocking, impacting the supply chain.

Compatibility with Local Materials: Local variations in aggregates, cement types, mineral admixtures, and environmental conditions can affect PCE's compatibility and concrete performance. Achieving desired workability, strength, and durability requires understanding regional material variations.

Key Market Trends

Adoption of Industry Standards and Certifications: Industry standards and certifications ensure PCE products meet quality criteria, offering reliability to customers. These certifications validate performance claims related to workability, strength, and durability, enhancing trust and promoting the use of certified PCE products.

Segmental Insights

Type Insights: Solid PCEs dominate the market due to ease of handling, cost advantages, and versatility in various applications.

Application Insights: The commercial segment experiences rapid growth due to infrastructure development, leading to increased demand for high-quality concrete.

Regional Insights: West India, with states like Maharashtra and Gujarat, leads the market due to rapid industrialization, infrastructure projects, and construction activities in major cities.
Key Market Players
BASF India Limited
SIKA India Private Limited
Fosroc Chemicals India Private Limited
Himadri Specialty Chemicals Ltd.
Chemipol (Kothari Group of Industries)
Report Scope:
In this report, the India Polycarboxylate Ether Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Polycarboxylate Ether Market, By Type:
o Solid
o Liquid
• India Polycarboxylate Ether Market, By Application:
o Residential
o Commercial
o Industrial
• India Polycarboxylate Ether Market, By Region:
o North India
o East India
o West India
o South India
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Polycarboxylate Ether Market.
Available Customizations:
India Polycarboxylate Ether Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. India Polycarboxylate Ether Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Solid, Liquid)
5.2.2. By Application (Residential, Commercial, Industrial)
5.2.3. By Region
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
5.4.1. By Type
5.4.2. By Application
5.4.3. By Region
6. North India Polycarboxylate Ether Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By Application
7. South India Polycarboxylate Ether Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Application
8. West India Polycarboxylate Ether Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Application
9. East India Polycarboxylate Ether Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Application
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
12. Policy & Regulatory Landscape
13. India Economic Profile
14. India Polycarboxylate Ether Market: SWOT Analysis
15. Porter’s Five Forces Analysis
15.1. Competition in the Industry
15.2. Potential of New Entrants
15.3. Power of Suppliers
15.4. Power of Customers
15.5. Threat of Substitute End Users
16. PESTLE Analysis
17. Competitive Landscape
17.1. Business Overview
17.2. Product Offerings
17.3. Recent Developments
17.4. Financials (As Reported)
17.5. Key Personnel
17.5.1. BASF India Limited
17.5.2. SIKA India Private Limited
17.5.3. Fosroc Chemicals India Private Limited
17.5.4. Himadri Specialty Chemicals Ltd.
17.5.5. Chemipol ( Kothari Group Of Industries)
18. Strategic Recommendations
19. About us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る