世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドの酸化亜鉛市場:プロセス別(間接プロセス、直接プロセス、湿式プロセス、その他)、用途別(ゴムとタイヤ、セラミックスとガラス、医薬品と化粧品、農業、塗料とコーティング、その他)、地域別、競争、予測、機会、2019-2029年


India Zinc Oxide Market By Process (Indirect Process, Direct Process, Wet Process, Others), By Application (Rubber and Tires, Ceramics and Glass, Pharmaceuticals and Cosmetics, Agriculture, Paints and Coatings, and Others), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2019-2029

インドの酸化亜鉛市場は2023年にマイルストーンを達成し、総額3億8734万米ドルに達しました。2029年までの年間平均成長率(CAGR)は4.33%と予測され、2029年には4億9,108万米ドルに達すると予測される。酸化亜鉛... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
73 英語

 

サマリー

インドの酸化亜鉛市場は2023年にマイルストーンを達成し、総額3億8734万米ドルに達しました。2029年までの年間平均成長率(CAGR)は4.33%と予測され、2029年には4億9,108万米ドルに達すると予測される。酸化亜鉛は化学式ZnOで表される無臭の白色粉末で、水に溶けないことで知られている。その用途は多様で、化粧品、栄養補助食品、ゴム、プラスチック、セラミック、セメント、潤滑剤、顔料、食用、電池、フェライト、難燃剤、救急テープなどに及ぶ。化粧品の強化にせよ、自動車用タイヤの生産で重要な役割を果たすにせよ、ZnOはさまざまな産業で重要な役割を果たしている。

酸化亜鉛は鉱物の亜鉛鉱として天然に存在することもあるが、その大部分は合成されたものである。特に、ZnOはワイドバンドギャップ半導体に使用され、その卓越した特性に貢献している。天然の状態では、この半導体は酸素空孔や亜鉛格子間原子によるn型ドーピングを受けることができる。強い室温発光、高い電子移動度、ワイドバンドギャップ、顕著な透明性などの特性を持つZnOは、その多様性と有用性を示している。

主な市場牽引要因

1.農業分野での酸化亜鉛需要の増加

酸化亜鉛は多くの用途を持つ汎用性の高い化合物であり、インドでは農業産業からの需要が大幅に増加している。農業部門が作物の生産性を高め、植物を害虫や病気から守ろうと努力する中、肥料や動物飼料サプリメントの主要成分として酸化亜鉛の使用が目立ってきました。このような農業業界からの需要の急増が、インドにおける酸化亜鉛市場の成長を牽引している。

この需要増加の主な理由の一つは、亜鉛が植物にとって不可欠な微量栄養素であると認識されていることである。亜鉛は様々な生理的プロセスにおいて重要な役割を担っており、土壌中の欠乏は作物の収量減少や植物の健康状態の悪化につながります。この問題に対処するため、酸化亜鉛は亜鉛肥料の製造に利用されている。これらの肥料は、作物が容易に利用できる亜鉛源を提供し、最適な成長、発育、収量を確保するように配合されている。

インドの農業界は、土壌肥沃度の向上における亜鉛肥料の重要性を認識しており、農地の亜鉛不足を克服するために亜鉛肥料の採用を増やしている。酸化亜鉛を肥料に配合することで、農家は作物が健全に成長し収量が増加するために必要な微量栄養素を確実に摂取することができる。これは、農産物の質と量を向上させることで農家に利益をもたらすだけでなく、国全体の食糧安全保障と経済成長にも貢献する。

さらに、亜鉛は家畜の栄養と健康全般に重要な役割を果たしている。免疫機能、繁殖、成長に関与している。酸化亜鉛は、家禽、豚、牛を含む家畜の亜鉛要求量を満たすために、家畜飼料のサプリメントとして一般的に使用されています。インドの農業は畜産と酪農に重点を置いており、酸化亜鉛ベースの飼料サプリメントの需要が伸びている。これらのサプリメントは家畜の健康と生産性を確保し、畜産部門全体の成長と収益性に貢献している。

農業業界からの酸化亜鉛需要の増加は、農作物生産と動物栄養における亜鉛の利点に関する農家や農業専門家の意識の高まりに起因しています。亜鉛の重要性に関する知識を広め、その利用を促進する上で、政府のイニシアティブ、教育プログラム、農業普及サービスが重要な役割を果たしてきました。このような意識の高まりにより、インド全土の農作業で酸化亜鉛ベースの製品がより多く採用されるようになりました。

さらに、インド政府が農業生産性の向上と栄養欠乏への対応に重点を置いていることも、農業分野における酸化亜鉛の需要増加に寄与しています。亜鉛を含む微量栄養素が豊富な肥料やサプリメントの使用を奨励するため、さまざまな政策や制度が導入されている。これらのイニシアチブは、土壌の健全性を高め、作物収量を増やし、持続可能な農業慣行を確保することを目的としている。このような政策環境が、インドの農業セクターにおける酸化亜鉛の有利な市場を生み出し、業界のさらなる成長と発展を促している。

2.製薬業界における酸化亜鉛の需要拡大

酸化亜鉛は様々な用途に使用できる汎用性の高い化合物であり、インドでは製薬業界からの需要が急増しています。人口の増加するヘルスケアニーズに対応するために製薬セクターが拡大するにつれ、酸化亜鉛はその多くの有益な特性により重要性を増しています。このような製薬業界からの需要の増加は、インドにおける酸化亜鉛市場の成長の主要な原動力として作用しています。

酸化亜鉛には固有の薬効があり、医薬製剤の貴重な成分となっています。酸化亜鉛は抗菌性、抗炎症性、創傷治癒性で知られています。これらの特性により、酸化亜鉛は傷、火傷、発疹、にきびなどの皮膚疾患の治療に使用される外用軟膏、クリーム、ローションの製造に不可欠な成分となっています。製薬業界は酸化亜鉛の治療上の利点を認めており、様々な医療製品への酸化亜鉛の配合に対する需要の増加につながっています。

さらに、酸化亜鉛は有害な紫外線(UV)から効果的に保護する能力があるため、日焼け止めやスキンケア製品の製造に広く使用されています。紫外線を反射・散乱させることで物理的なサンスクリーン剤として機能し、皮膚の損傷を防ぎ、皮膚がんのリスクを低減する。日焼け止めの重要性に対する意識が高まるにつれ、酸化亜鉛ベースの日焼け止めやスキンケア製品の需要が高まっている。インドの製薬業界ではこうした製品の需要が伸びており、酸化亜鉛の需要全体に貢献している。

さらに、酸化亜鉛の抗真菌・抗ウイルス特性は、真菌やウイルス感染と闘うために使用される医薬製剤の製造における貴重な成分となっている。酸化亜鉛は真菌やある種のウイルスを含む様々な病原体に対して抑制効果を示す。酸化亜鉛は抗真菌クリーム、ローション、パウダー、抗ウイルス薬の製造に利用されている。インドでは真菌やウイルス感染症が増加しているため、酸化亜鉛を含む医薬品の需要が高まっている。

インドの医薬品業界は、人口の増加、医療意識の高まり、安価な医療を推進する政府の取り組みなどの要因によって、近年著しい成長を遂げている。この成長により、酸化亜鉛を含む医薬品に対する需要が高まっています。インドの製薬産業は、その生産能力と高品質の医薬品で世界的に認められている。同産業が拡大を続ける中、インドの製薬メーカーによる酸化亜鉛の需要はさらに増加し、市場全体の成長に寄与すると予想される。

3.セラミックスとガラス産業における酸化亜鉛の需要拡大

酸化亜鉛は、その顕著な不透明化・美白特性により、セラミックス産業において重要な地位を占めています。セラミック製品に不透明性と明るさを与え、美的魅力を高めるだけでなく、インドにおける高品質で視覚的に魅惑的なセラミックに対する需要の高まりにも対応しています。この需要急増の背景には、急速な都市化、インフラストラクチャー開発、インドにおけるセラミックス需要の増加といった複数の要因がある。

-インテリア・デザインのトレンドの進化など、さまざまな要因に後押しされている。メーカーが優れた白色度と不透明度を持つセラミックの生産に努める中、酸化亜鉛の需要は増加の一途をたどっている。

さらに、酸化亜鉛は様々なタイプのガラス、特に様々な用途に利用される板ガラスや特殊ガラスの製造において重要な役割を果たしています。酸化亜鉛はガラス製品の耐久性、強度、屈折特性を向上させ、汎用性と信頼性を高めます。インドのガラス産業は、建設と自動車セクターの拡大に後押しされて著しい成長を遂げており、酸化亜鉛のニーズの高まりを目の当たりにしている。窓、ドア、自動車フロントガラス、ソーラーパネルなどのガラス製品の需要が急増するにつれ、その製造工程における重要な成分としての酸化亜鉛の重要性が明らかになっています。

インドのセラミック・ガラス製品の需要に大きく貢献しているのは建設・インフラ部門である。急速な都市化とインフラ開発プロジェクトが全国で行われているため、セラミックタイル、衛生陶器、ガラスファサード、その他の建設資材の需要が大幅に増加しています。酸化亜鉛は、強度、耐久性、美観など、これらの製品の特性を向上させる能力があり、不可欠なものとなっている。政府のイニシアティブと民間投資によって活況を呈する建設セクターは、セラミックスとガラス産業からの酸化亜鉛の需要を引き続き促進している。

さらに、自動車産業はインドの酸化亜鉛市場のもう一つの主要な牽引役として浮上しています。酸化亜鉛は、その強度と視認性を高める能力により、自動車ガラス、特にフロントガラスや窓ガラスの製造に応用されています。インドの自動車産業は技術の進歩、自動車の生産台数の増加、安全性や快適性に対する消費者の需要の高まりに伴い、自動車用の高品質ガラス部品の需要が急増しています。

そのため、自動車用ガラス製造に不可欠な成分として酸化亜鉛のニーズが高まっています。結論として、酸化亜鉛はインドのセラミックス、ガラス、自動車産業において多面的な役割を果たしています。その卓越した特性はセラミックやガラス製品の品質、耐久性、美観を向上させ、建設、インフラ、自動車を含む様々な分野で増え続ける需要に応えています。これらの産業が繁栄を続ける中、基本成分としての酸化亜鉛の重要性は増すばかりです。

主な市場課題

原料価格と入手可能性の不安定性

インドの酸化亜鉛市場は、原材料の価格と入手可能性の変動による大きな課題に直面しており、これが業界全体に波及する引き金となっている。この問題はメーカーだけでなく、様々な産業で酸化亜鉛に依存している消費者にも影響を及ぼしています。

酸化亜鉛は、ゴム、セラミック、塗料、化粧品、医薬品などの分野で不可欠な成分であり、UVカット、抗菌活性、導電性など幅広い特性を備えています。その多用途性にもかかわらず、市場の成長は不安定な価格と限られた原料の入手可能性によって妨げられている。

価格変動の主な要因のひとつは、世界市場の力学が複雑に絡み合っていることである。需給の変動、地政学的緊張、貿易政策の変化によって、価格が急騰したり急落したりすることがある。酸化亜鉛市場はこのような変動の影響を非常に受けやすいため、企業は効果的な事業計画を立てることが難しいのです。

さらに、原材料の入手可能性も大きな懸念材料となります。酸化亜鉛製造の主原料である亜鉛は 亜鉛鉱石から抽出されます。しかし、亜鉛鉱石が入手できないために原料が不足し、問題をさらに悪化させている。この供給不足は価格設定に影響するだけでなく、サプライチェーンを混乱させ、生産と納入の遅れにつながっている。

複雑さに拍車をかけているのは、インドが酸化亜鉛の所要量を満たすために輸入原料に大きく依存していることだ。この依存度が国際市場力学の影響を受けやすくしています。貿易紛争や物流の問題など、世界の亜鉛サプライチェーンに混乱が生じれば、インドにおける原料の入手可能性やコストに大きな影響を及ぼしかねません。

原材料の価格と入手可能性の変動がもたらす結果は、バリューチェーン全体を通じて感じられます。製造業者は、生産コストと市場の需要とのバランスという永遠のジレンマに直面し、しばしば利益率の低下を招く。さらに、価格設定の不確実性は、企業が顧客と長期契約や供給契約を結ぶことを困難にしている。

消費者側では、酸化亜鉛の価格変動が最終製品のコスト上昇につながる可能性があります。化粧品や医薬品など、酸化亜鉛に依存している産業は、こうした価格変動を吸収する必要があるかもしれません。その結果、市場競争力に影響を与えるだけでなく、消費者の値ごろ感にも影響を与える可能性がある。

まとめると、インドの酸化亜鉛市場は価格変動と原料の入手制限という課題に取り組んでいる。世界市場の複雑なダイナミクス、亜鉛鉱石の希少性、輸入への依存度の高さが、この問題をさらに複雑にしている。その結果、メーカーと消費者の双方が負担を強いられることになり、業界の関係者はこれらの課題に対処するための持続可能な解決策を見出すことが極めて重要になっている。

主要市場動向

持続可能な製造へのシフト

近年、インドの酸化亜鉛市場は持続可能な製造方法へと大きくシフトしている。この傾向は、環境意識の高まり、規制要件、様々な産業における環境に優しいソリューションへの需要の高まりに後押しされている。持続可能な製造方法の採用は、環境にとって有益なだけでなく、企業にとってもいくつかの利点がある。

持続可能な手法を取り入れることで、メーカーは二酸化炭素排出量を削減し、廃棄物の発生を最小限に抑え、エネルギー資源を節約することができる。これは環境保護に役立つだけでなく、コスト削減やブランド評価の向上にも貢献する。このシフトの主な原動力のひとつは、従来の製造工程が環境に与える影響に対する意識の高まりである。

ゴム、セラミック、塗料、化粧品、医薬品など様々な産業で重要な成分である酸化亜鉛は、通常、有害な汚染物質を排出し、多大なエネルギー資源を消費する従来の方法で製造されてきた。しかし、持続可能な製造へのシフトは、よりクリーンで環境に優しい製造技術を採用することで、環境への悪影響を最小限に抑えることを目指している。

さらに、環境問題への懸念と規制は、このトレンドを推進する上で重要な役割を果たしている。政府機関や国際機関は、二酸化炭素排出量を削減し、廃棄物の発生を制限し、持続可能な慣行を促進するために、ますます厳しい規制を実施している。その結果、酸化亜鉛業界のメーカーは、これらの規制を遵守し、市場での地位を維持するために、持続可能性の証明書を改善する必要に迫られています。

環境上の利点や規制遵守に加え、持続可能な製造方法の採用は、技術革新と市場差別化の機会ももたらします。持続可能な技術の研究開発に投資することで、メーカーは時代の先端を行くことができ、進化する顧客のニーズを満たす環境に優しいソリューションを提供することができます。

全体として、インド酸化亜鉛市場における持続可能な製造慣行へのシフトは、環境問題に対処するだけでなく、企業、消費者、社会全体に長期的な利益をもたらす前向きな展開である。

セグメント別インサイト

プロセスインサイト

2022年のインド酸化亜鉛市場では、プロセスのカテゴリーに基づくと、間接プロセス・セグメントが支配的なプレーヤーとして浮上した。これは、最も迅速で生産性の高い製造方法であるという特性によるものである。製造される酸化亜鉛の品質は、プロセスで使用される亜鉛の種類に依存する。

例えば、亜鉛濃度99.99%の特別高級品は金印や医薬品グレードの製造に使用され、99.95%の普通品はゴム産業用の亜鉛の製造に適しています。1トンの特別高級亜鉛から得られるZnOの最大収量は1.2トンである。

直接法またはアメリカ法は業界関係者にはあまり好まれず、酸化亜鉛を含む原料を使用します。このプロセスでは、まず亜鉛鉱石を石炭で加熱して還元し、次いで間接法と同様の方法で亜鉛を酸化して亜鉛を生産します。

プロセスと同様の方法で亜鉛を酸化する。このプロセスでは精製度の低いZnOが得られ、医薬品用途の高品位要求がこのプロセスの大きな課題となっている。

さらに、好ましい方法である間接法では、高品位の亜鉛を使用するため、ZnOの純度レベルが高くなることも注目に値する。この純度は、厳しい品質基準が要求される医薬品用途には極めて重要である。また、間接法では、ZnOの製造においてより高い制御と精度が可能になるため、品質と効率を優先する産業にとって好ましい選択となる。

アプリケーションインサイト

ゴム・タイヤ分野は予測期間中に急成長すると予測されている。これは、生産されるゴムの大半が自動車タイヤの製造に利用されるタイヤ産業の著しい成長に起因している。酸化亜鉛(ZnO)はゴムの加硫プロセスで重要な役割を果たし、ポリサルファイドやネオプレンなどのハロゲン含有エラストマーの架橋剤または硬化剤として作用する。ゴム製品の耐久性と性能を向上させるその多用途な用途により、酸化亜鉛はタイヤ製造工程に不可欠な成分となっている。

地域別インサイト

2022年のインド酸化亜鉛市場では、西インドが金額・数量ともに最大の市場シェアを占め、支配的なプレーヤーに浮上した。活気ある景観と豊富な資源で有名な西インドは、酸化亜鉛生産の主要な供給源となる数多くの亜鉛鉱山を誇っている。これらの鉱山の戦略的立地は顕著な利点をもたらし、輸送コストを大幅に削減し、西インドでの酸化亜鉛製造をより経済的に実行可能なものにしている。

さらに、西インドには酸化亜鉛の生産に不可欠な高度な熟練労働力が豊富にあります。このような熟練労働力をインドの他地域に比べて比較的安価に利用できることは、酸化亜鉛産業における西インドの競争力をさらに高めることになる。熟練した労働力に加え、西インドには整備されたインフラがあり、酸化亜鉛の円滑な輸送と全国的な流通に極めて重要な役割を果たしています。

整備された道路、効率的な港湾、信頼性の高い鉄道の総合的なネットワークにより、西インドはインド国内の様々な地域への酸化亜鉛のシームレスな配送を保証し、国際市場への輸出を促進しています。豊富な亜鉛鉱山、熟練した労働力、確立されたインフラの組み合わせにより、西インドは酸化亜鉛生産の著名なハブとして位置づけられ、国内需要と世界市場の両方に対応しています。


主要市場プレイヤー
ヒンドゥスタン・ジンク社
Kannan グループ
ジンク・オー・インディア
プラカッシュ・ケミカルズ・インターナショナル社
ヒマドリ・ケミカルズ
MLAグループ・オブ・インダストリーズ
シロックス・インディア・プライベート・リミテッド
レポートの範囲
本レポートでは、インドの酸化亜鉛市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 酸化亜鉛のインド市場:プロセス別
o 間接プロセス
o 直接法
o ウェットプロセス
o その他
- 酸化亜鉛のインド市場:用途別
o ゴムとタイヤ
o セラミックスとガラス
o 医薬品と化粧品
o 農業
o 塗料とコーティング
o その他
- インドの酸化亜鉛市場、地域別
o 北インド
o 東インド
o 西インド
o 南インド
競合状況
企業プロフィール:インド酸化亜鉛市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のインド酸化亜鉛市場レポートは所定の市場データに基づいて、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, and Trends
4. Impact of COVID-19 on India Zinc Oxide Market
5. India Zinc Oxide Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value & Volume
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Process (Indirect Process, Direct Process, Wet Process, Others)
5.2.2. By Application (Rubber and Tires, Ceramics and Glass, Pharmaceuticals and Cosmetics, Agriculture, Paints and Coatings, and Others)
5.2.3. By Region (North, South, East, West)
5.2.4. By Company (2022)
5.3. Market Map
6. North India Zinc Oxide Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Process
6.2.2. By Application
7. South India Zinc Oxide Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Process
7.2.2. By Application
8. East India Zinc Oxide Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Process
8.2.2. By Application
9. West India Zinc Oxide Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Process
9.2.2. By Application
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
11.1. Merger & Acquisition
11.2. Product Development
11.3. Recent Developments
12. Porters Five Forces Analysis
12.1. Competition in the Industry
12.2. Potential of New Entrants
12.3. Power of Suppliers
12.4. Power of Customers
12.5. Threat of Substitute Products
13. Pricing Analysis
14. PESTLE Analysis
15. Policy & Regulatory Framework
16. Competitive Landscape
16.1. Business Overview
16.2. Company Snapshot
16.3. Products & Services
16.4. Financials (As Reported)
16.5. Recent Developments
16.5.1. Hindustan Zinc Limited
16.5.2. Kannan Group
16.5.3. Zinc-O-India
16.5.4. Prakash Chemicals International Pvt Ltd.
16.5.5. Himadri Chemicals
16.5.6. MLA Group of Industries
16.5.7. Silox India Private Limited
17. Strategic Recommendations
18. About Us & Disclaimer





 

ページTOPに戻る


 

Summary

The India Zinc Oxide Market achieved a milestone in 2023, reaching a total value of USD 387.34 million. It is poised for strong growth in the upcoming forecast period, with a projected Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 4.33% through 2029 and is anticipated to reach at USD 491.08 million by 2029. Zinc oxide, characterized as an odorless white powder with the chemical formula ZnO, is known for its insolubility in water. Its applications are diverse, spanning cosmetics, dietary supplements, rubber, plastics, ceramics, cement, lubricants, pigments, meals, batteries, ferrites, fire retardants, and first-aid tapes. Whether it's enhancing cosmetics or playing a pivotal role in the production of automotive tires, ZnO is a crucial component across multiple industries.

While zinc oxide can be naturally occurring as the mineral zincite, the majority of it is synthesized. Notably, ZnO is employed in wide-band gap semiconductors, contributing to their exceptional characteristics. In its natural state, this semiconductor can undergo n-type doping due to oxygen vacancies or zinc interstitials. With attributes such as strong room-temperature luminescence, high electron mobility, wide band gap, and remarkable transparency, ZnO demonstrates its versatility and utility.

Key Market Drivers

1. Increasing Demand for Zinc Oxide in the Agriculture Industry

Zinc oxide, a versatile compound with numerous applications, is witnessing a significant increase in demand from the agriculture industry in India. As the agricultural sector strives to enhance crop productivity and protect plants from pests and diseases, the use of zinc oxide as a key ingredient in fertilizers and animal feed supplements has gained prominence. This surge in demand from the agriculture industry is driving the growth of the zinc oxide market in India.

One of the main reasons for this rising demand is the recognition of zinc as an essential micronutrient for plants. Zinc plays a crucial role in various physiological processes, and its deficiency in soils can lead to reduced crop yields and poor plant health. To address this issue, zinc oxide is utilized in the production of zinc fertilizers. These fertilizers are formulated to provide crops with a readily available source of zinc, ensuring optimal growth, development, and yield.

The agriculture industry in India acknowledges the importance of zinc fertilizers in improving soil fertility and is increasingly adopting them to overcome zinc deficiencies in agricultural lands. By incorporating zinc oxide into fertilizers, farmers can ensure that their crops receive the necessary micronutrients for healthy growth and higher yields. This not only benefits the farmers by improving the quality and quantity of their produce but also contributes to the overall food security and economic growth of the country.

Furthermore, zinc plays a vital role in the nutrition and overall health of livestock. It is involved in immune function, reproduction, and growth. Zinc oxide is commonly used as a supplement in animal feed to fulfill the zinc requirements of livestock, including poultry, swine, and cattle. The agriculture industry in India, with its focus on animal husbandry and dairy farming, is witnessing a growing demand for zinc oxide-based feed supplements. These supplements ensure the well-being and productivity of animals, contributing to the overall growth and profitability of the livestock sector.

The increasing demand for zinc oxide from the agriculture industry can be attributed to the growing awareness among farmers and agricultural professionals about the benefits of zinc in crop production and animal nutrition. Government initiatives, educational programs, and agricultural extension services have played a significant role in disseminating knowledge about the importance of zinc and promoting its use. This heightened awareness has led to a higher adoption of zinc oxide-based products in farming practices across India.

Moreover, the Indian government's focus on improving agricultural productivity and addressing nutrient deficiencies has also contributed to the increasing demand for zinc oxide in the agriculture industry. Various policies and schemes have been introduced to encourage the use of micronutrient-rich fertilizers and supplements, including those containing zinc. These initiatives aim to enhance soil health, increase crop yields, and ensure sustainable agricultural practices. The supportive policy environment has created a favorable market for zinc oxide in India's agriculture sector, driving further growth and development in the industry.

2. Growing Demand for Zinc Oxide in the Pharmaceutical Industry

Zinc oxide, a versatile compound with various applications, is experiencing a surge in demand from the pharmaceutical industry in India. As the pharmaceutical sector expands to meet the growing healthcare needs of the population, zinc oxide has gained significant importance due to its numerous beneficial properties. This increasing demand from the pharmaceutical industry is acting as a major driver for the growth of the zinc oxide market in India.

Zinc oxide possesses inherent medicinal properties that make it a valuable ingredient in pharmaceutical formulations. It is known for its antibacterial, anti-inflammatory, and wound healing properties. These characteristics make zinc oxide an essential component in the production of topical ointments, creams, and lotions used for treating skin conditions such as wounds, burns, rashes, and acne. The pharmaceutical industry recognizes the therapeutic benefits of zinc oxide, leading to an increased demand for its inclusion in various medical products.

Moreover, zinc oxide is widely used in the manufacturing of sunscreens and skincare products due to its ability to provide effective protection against harmful ultraviolet (UV) rays. It acts as a physical sunscreen agent by reflecting and scattering UV radiation, thus preventing skin damage and reducing the risk of skin cancer. As awareness about the importance of sun protection increases, the demand for zinc oxide-based sunscreens and skincare products rises. The pharmaceutical industry in India is witnessing a growing demand for these products, contributing to the overall demand for zinc oxide.

Furthermore, the antifungal and antiviral properties of zinc oxide make it a valuable component in the production of pharmaceutical formulations used to combat fungal and viral infections. Zinc oxide exhibits inhibitory effects against various pathogens, including fungi and certain types of viruses. It is utilized in the production of antifungal creams, lotions, and powders, as well as antiviral medications. The rising incidence of fungal and viral infections in India has led to an increased demand for pharmaceutical products containing zinc oxide.

The Indian pharmaceutical industry has experienced significant growth in recent years, driven by factors such as increasing population, rising healthcare awareness, and government initiatives to promote affordable healthcare. This growth has created a higher demand for pharmaceutical products, including those containing zinc oxide. India's pharmaceutical industry is recognized globally for its production capabilities and high-quality medications. As the industry continues to expand, the demand for zinc oxide from pharmaceutical manufacturers in India is expected to further increase, contributing to the overall growth of the market.

3. Growing Demand for Zinc Oxide in the Ceramics and Glass Industry

Zinc oxide, with its remarkable opacifying and whitening properties, holds a significant position in the ceramics industry. It not only imparts opacity and brightness to ceramic products, elevating their aesthetic appeal, but also meets the rising demand for high-quality and visually captivating ceramics in India. This demand surge is fueled by multiple factors such as rapid urbanization, infrastructure development, and the ever

-evolving interior design trends. As manufacturers strive to produce ceramics with superior whiteness and opacity, the demand for zinc oxide continues to rise.

Moreover, zinc oxide plays a vital role in the production of various types of glass, especially flat glass and specialty glass utilized in diverse applications. Its incorporation enhances the durability, strength, and refractive properties of glass products, making them more versatile and reliable. The Indian glass industry, experiencing remarkable growth propelled by the expanding construction and automotive sectors, witnesses an increased need for zinc oxide. As the demand for glass products like windows, doors, automotive windshields, and solar panels surges, the importance of zinc oxide as a critical component in their manufacturing process becomes evident.

The construction and infrastructure sectors contribute significantly to the demand for ceramics and glass products in India. With rapid urbanization and infrastructure development projects taking place across the country, the requirement for ceramic tiles, sanitaryware, glass facades, and other construction materials sees a substantial increase. Zinc oxide, with its ability to enhance the properties of these products including strength, durability, and aesthetic appeal, becomes indispensable. The booming construction sector, driven by government initiatives and private investments, continues to fuel the demand for zinc oxide from the ceramics and glass industry.

Furthermore, the automotive industry emerges as another key driver of the zinc oxide market in India. Zinc oxide finds its application in the production of automotive glass, particularly windshields and windows, due to its ability to enhance strength and visibility. With the Indian automotive sector witnessing technological advancements, increasing vehicle production, and growing consumer demand for safety and comfort features, the demand for high-quality glass components in automobiles surges.

This, in turn, drives the need for zinc oxide as a crucial ingredient in automotive glass manufacturing. In conclusion, zinc oxide plays a multifaceted role in the ceramics, glass, and automotive industries in India. Its exceptional characteristics elevate the quality, durability, and aesthetic appeal of ceramic and glass products, meeting the ever-growing demand in various sectors including construction, infrastructure, and automotive. As these industries continue to thrive, the importance of zinc oxide as a fundamental component only grows stronger.

Key Market Challenges

Volatility in Prices and Availability of Raw Materials

The zinc oxide market in India is facing a significant challenge due to the volatility in prices and availability of raw materials, which has triggered a ripple effect throughout the industry. This issue not only impacts manufacturers but also affects consumers who rely on zinc oxide in various industries.

Zinc oxide, an essential component in sectors such as rubber, ceramics, paints, cosmetics, and pharmaceuticals, offers a wide range of properties, including UV protection, antimicrobial activity, and electrical conductivity. Despite its versatility, the market's growth is hindered by the unstable prices and limited availability of raw materials.

One of the key factors contributing to the price volatility is the intricate web of global market dynamics. Fluctuations in demand and supply, geopolitical tensions, and changing trade policies can result in sudden price spikes or declines. Given the highly susceptible nature of the zinc oxide market to these fluctuations, businesses find it challenging to plan their operations effectively.

Furthermore, the availability of raw materials poses a significant concern. Zinc, the primary raw material used in zinc oxide production, is extracted from zincite ores. However, the lack of availability of zincite ores has created a scarcity of raw materials, further exacerbating the problem. This scarcity not only affects pricing but also disrupts the supply chain, leading to delays in production and delivery.

Adding to the complexity is India's heavy dependence on imported raw materials to meet its zinc oxide requirements. This reliance makes the country vulnerable to international market dynamics. Any disruptions in the global zinc supply chain, such as trade disputes or logistical issues, can significantly impact the availability and cost of raw materials in India.

The consequences of the volatility in prices and availability of raw materials are felt throughout the entire value chain. Manufacturers face the perpetual dilemma of balancing their production costs with market demands, often resulting in reduced profit margins. Moreover, the uncertainty in pricing makes it challenging for businesses to establish long-term contracts or supply agreements with their customers.

On the consumer side, the fluctuating prices of zinc oxide can lead to increased costs for end products. Industries reliant on zinc oxide, such as cosmetics and pharmaceuticals, may need to absorb these price fluctuations. This, in turn, could not only affect their competitiveness in the market but also potentially impact consumer affordability.

In summary, the zinc oxide market in India is grappling with the challenges of price volatility and limited availability of raw materials. The complex dynamics of the global market, scarcity of zincite ores, and heavy dependence on imports further compound the issue. As a result, both manufacturers and consumers bear the consequences, making it crucial for stakeholders in the industry to find sustainable solutions to address these challenges.

Key Market Trends

Shift towards Sustainable Manufacturing

In recent years, the India zinc oxide market has witnessed a significant shift towards sustainable manufacturing practices. This trend is driven by the growing emphasis on environmental consciousness, regulatory requirements, and the increasing demand for eco-friendly solutions in various industries. The adoption of sustainable manufacturing practices is not only beneficial for the environment but also offers several advantages for businesses.

By embracing sustainable methods, manufacturers can reduce their carbon footprint, minimize waste generation, and conserve energy resources. This not only helps in preserving the environment but also contributes to cost savings and enhances brand reputation. One of the key drivers of this shift is the rising awareness of the environmental impact of traditional manufacturing processes.

Zinc oxide, a critical component in various industries such as rubber, ceramics, paints, cosmetics, and pharmaceuticals, has typically been produced using conventional methods that emit harmful pollutants and consume significant energy resources. However, the shift towards sustainable manufacturing aims to minimize the negative environmental footprint by adopting cleaner and greener production techniques.

Furthermore, environmental concerns and regulations play a vital role in driving this trend. Government bodies and international organizations are increasingly implementing stringent regulations to reduce carbon emissions, limit waste generation, and promote sustainable practices. As a result, manufacturers in the zinc oxide industry are compelled to improve their sustainability credentials to comply with these regulations and maintain their market position.

In addition to environmental benefits and regulatory compliance, the adoption of sustainable manufacturing practices also brings opportunities for innovation and market differentiation. By investing in research and development of sustainable technologies, manufacturers can stay ahead of the curve and offer eco-friendly solutions that meet the evolving needs of customers.

Overall, the shift towards sustainable manufacturing practices in the India zinc oxide market is a positive development that not only addresses environmental concerns but also offers long-term benefits for businesses, consumers, and the society as a whole.

Segmental Insights

Process Insights

Based on the category of process, the indirect process segment emerged as the dominant player in the Indian market for Zinc Oxide in 2022. This is attributable to its properties as it is considered the fastest and most productive method of production. The quality of ZnO manufactured depends upon the type of zinc used in the process.

For example, special high-grade with 99.99% zinc concentration is used for the production of gold seals or pharmaceutical grade, whereas ordinary with 99.95% concentration is adequate to produce zinc for the rubber industry. The maximum yield of ZnO from 1 ton of special high-grade zinc is 1.2 tons.

The direct or the American process is less preferred by industry players and involves the use of feedstock containing oxidized zinc-containing raw material. This process involves the initial production of zinc by reduction of zinc ore by heating with coal followed by oxidation of zinc in a similar way used in the indirect

process. This process provides a less purified form of ZnO and the high-grade requirement of pharmaceutical applications is a major challenge for this process.

In addition, it's worth noting that the indirect process, which is the preferred method, ensures a higher purity level of ZnO due to the use of high-grade zinc. This purity is crucial for pharmaceutical applications where stringent quality standards are required. The indirect process also allows for greater control and precision in the production of ZnO, making it the preferred choice for industries that prioritize quality and efficiency.

Application Insights

The Rubber and Tires segment is projected to experience rapid growth during the forecast period. This is attributed to the significant growth of the tire industry, where a majority of the rubber produced is utilized for manufacturing automobile tires. Zinc oxide (ZnO) plays a crucial role in the vulcanization process of rubber, acting as a cross-linking or curing agent for halogen-containing elastomers such as polysulfides and neoprene. Its versatile applications in enhancing the durability and performance of rubber products make it an indispensable component in the tire manufacturing process.

Regional Insights

West India emerged as the dominant player in the India Zinc Oxide Market in 2022, holding the largest market share in terms of both value and volume. West India, renowned for its vibrant landscape and rich resources, boasts numerous zinc mines that serve as the primary source for zinc oxide production. The strategic location of these mines brings a remarkable advantage, significantly reducing transportation costs and rendering zinc oxide manufacturing in West India more economically viable.

Moreover, West India prides itself on a vast pool of highly skilled labor, a vital asset for the production of zinc oxide. The availability of such skilled labor at a comparatively lower cost compared to other regions in India further enhances the competitive edge of West India in the zinc oxide industry. In addition to its skilled workforce, West India boasts a well-developed infrastructure that plays a pivotal role in the smooth transportation and distribution of zinc oxide across the nation.

With a comprehensive network of well-maintained roads, efficient ports, and reliable railways, West India ensures seamless delivery of zinc oxide to various regions within India and facilitates its export to international markets. The combination of abundant zinc mines, skilled labor, and a well-established infrastructure positions West India as a prominent hub for zinc oxide production, catering to both domestic demands and global markets.


Key Market Players
Hindustan Zinc Limited
Kannan Group
Zinc-O-India
Prakash Chemicals International Pvt Ltd.
Himadri Chemicals
MLA Group of Industries
Silox India Private Limited
Report Scope:
In this report, the India Zinc Oxide Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Zinc Oxide Market, By Process:
o Indirect Process
o Direct Process
o Wet Process
o Others
• India Zinc Oxide Market, By Application:
o Rubber and Tires
o Ceramics and Glass
o Pharmaceuticals and Cosmetics
o Agriculture
o Paints and Coatings
o Others
• India Zinc Oxide Market, By Region:
o North India
o East India
o West India
o South India
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Zinc Oxide Market.
Available Customizations:
India Zinc Oxide Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, and Trends
4. Impact of COVID-19 on India Zinc Oxide Market
5. India Zinc Oxide Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value & Volume
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Process (Indirect Process, Direct Process, Wet Process, Others)
5.2.2. By Application (Rubber and Tires, Ceramics and Glass, Pharmaceuticals and Cosmetics, Agriculture, Paints and Coatings, and Others)
5.2.3. By Region (North, South, East, West)
5.2.4. By Company (2022)
5.3. Market Map
6. North India Zinc Oxide Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Process
6.2.2. By Application
7. South India Zinc Oxide Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Process
7.2.2. By Application
8. East India Zinc Oxide Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Process
8.2.2. By Application
9. West India Zinc Oxide Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Process
9.2.2. By Application
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
11.1. Merger & Acquisition
11.2. Product Development
11.3. Recent Developments
12. Porters Five Forces Analysis
12.1. Competition in the Industry
12.2. Potential of New Entrants
12.3. Power of Suppliers
12.4. Power of Customers
12.5. Threat of Substitute Products
13. Pricing Analysis
14. PESTLE Analysis
15. Policy & Regulatory Framework
16. Competitive Landscape
16.1. Business Overview
16.2. Company Snapshot
16.3. Products & Services
16.4. Financials (As Reported)
16.5. Recent Developments
16.5.1. Hindustan Zinc Limited
16.5.2. Kannan Group
16.5.3. Zinc-O-India
16.5.4. Prakash Chemicals International Pvt Ltd.
16.5.5. Himadri Chemicals
16.5.6. MLA Group of Industries
16.5.7. Silox India Private Limited
17. Strategic Recommendations
18. About Us & Disclaimer





 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る