世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドの決済ゲートウェイ市場:タイプ別(ホスト型、銀行統合型、セルフホスト型)、企業規模別(大企業、中小企業)、業種別(小売、旅行・ホスピタリティ、医療、教育、政府、公益事業、その他)、地域別、競争、予測、機会、2028年


India Payment Gateway Market By Type (Hosted, Bank Integrated, and Self-hosted), By Enterprise Size (Large Enterprise, and Small & Medium Enterprise (SME)), By Vertical (Retail, Travel & Hospitality, Healthcare, Education, Government, Utilities, and Others), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2028

インドのペイメントゲートウェイ市場は、2024年から2028年の予測期間中に堅調なペースで成長すると予測されている。決済ゲートウェイは、eコマースサイトと銀行の仲介役として機能する。オンライン決済は機密情報... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
77 英語

 

サマリー

インドのペイメントゲートウェイ市場は、2024年から2028年の予測期間中に堅調なペースで成長すると予測されている。決済ゲートウェイは、eコマースサイトと銀行の仲介役として機能する。オンライン決済は機密情報を暗号化し、オンライン取引の認証に使用される。また、カード検証値(CVV)や住所検証システム(AVS)を提供することで、不正行為の防止にも利用される。さらに、クレジットカード/デビットカード、ネットバンキング、モバイルウォレットなどのデジタル決済モードの普及や、オンライン取引にスマートフォンを利用する顧客の増加が、決済ゲートウェイ市場の成長をさらに促進している。さらに、様々な決済ゲートウェイとeコマースサイトの連携により、キャッシュバックが提供され、旧顧客の維持と新規顧客の獲得が図られている。
インドの決済ゲートウェイ市場は、デジタル決済の導入が進んでいることから、近年急速に成長している。インドのペイメントゲートウェイ市場の成長を促す要因はいくつかある。まず、政府のデジタル経済化の推進により、同国ではデジタル決済の導入が進んでいる。UPI(Unified Payments Interface)の導入により、消費者は携帯電話を使った決済が容易になった。次に、電子商取引の台頭とオンライン取引の増加も、決済ゲートウェイ市場の成長に寄与している。オンラインで買い物をする消費者が増えるにつれ、デジタル決済手段を利用する消費者も増えている。第三に、スマートフォンやインターネットの普及が進んでいることも、インドにおける決済ゲートウェイ市場の成長につながっている。スマートフォンやインターネットを利用できる消費者が増えたことで、デジタル決済が容易になった。
インドの決済ゲートウェイ市場は、Paytm、Razorpay、BillDesk、CCAvenueといった企業が独占している。これらの企業は、カード決済、ネットバンキング、UPI、デジタルウォレットなど、幅広い決済ソリューションを提供している。全体として、インドの決済ゲートウェイ市場は、デジタル決済の普及とeコマースの台頭により、今後も成長軌道を維持すると予想される。
インドにおけるモバイル決済の成長
インドでは過去10年間、スマートフォンの普及率向上、政府のキャッシュレス化推進、手頃なモバイルデータプランの提供といった要因が重なり、モバイル決済が大きく成長してきた。
インドにおけるモバイル決済の成長は、主にデジタルウォレットとUnified Payments Interface(UPI)アプリによって牽引されてきた。UPIはリアルタイムの決済システムで、ユーザーはモバイル機器を使用して銀行口座間で即座に送金を行うことができる。2021年8月、UPIシステムは660億米ドル以上の取引を35億件以上処理した。
インドでは、Paytm、PhonePe、Google Pay、Amazon Payなど、複数の大手企業がモバイル決済市場を独占している。これらの企業は、ユーザー基盤を構築し、請求書支払い、電子商取引、その他の金融サービスを含むサービスの拡大に多額の投資を行ってきた。
インドにおけるモバイル決済の成長は、これまで金融サービスへのアクセスが限られていた同国の銀行口座を持たない人々にも大きな影響を与えている。デジタルウォレットやUPIの台頭により、携帯電話だけで送金や請求書の支払い、買い物ができるようになった。
全体として、インドにおけるモバイル決済の成長は、スマートフォンの継続的な普及と政府のキャッシュレス経済への推進により、今後も続くと予想される。
インドにおける電子商取引の増加
インドでは近年、インターネット普及率の上昇、スマートフォンの利用拡大、オンラインマーケットプレイスの急増などの要因により、電子商取引が大幅に増加している。
Internet and Mobile Association of India (IAMAI)のレポートによると、インドの電子商取引市場は2017年に385億米ドル規模であり、2026年には2,000億米ドル規模に成長すると予想されている。さらに、インド準備銀行(RBI)の報告書によると、インドにおけるデジタル取引量は2016年から2021年にかけて55%増加しており、パンデミックによってデジタル決済の導入が加速している。
インドにおけるEコマース成長の主要因の1つは、インターネット利用者の増加である。インドのスマートフォンユーザー数も増加傾向にある。インドにおけるEコマースの成長に寄与するもう一つの重要な要因は、Amazon、Flipkart、Snapdealなどのオンラインマーケットプレイスの台頭である。これらのプラットフォームは、幅広い商品やサービス、競争力のある価格設定、便利な配送オプションを提供しており、消費者のオンラインショッピングを容易にしている。
さらに、デジタル決済の推進とキャッシュレス経済の実現に向けたインド政府の取り組みも、同国におけるEコマース取引の拡大に大きな役割を果たしている。携帯電話を通じて銀行口座間の即時送金を可能にするUnified Payments Interface(UPI)などの取り組みは、消費者にとってデジタル決済をより身近で便利なものにした。
結論として、インドにおける電子商取引量の増加は、インターネットやスマートフォンの普及率の増加、オンラインマーケットプレイスの台頭、デジタル決済を推進する政府の取り組みなど、いくつかの要因によるものと考えられる。インドがデジタル技術を受け入れ続けていることから、Eコマース分野は今後さらに成長すると予想される。
インドにおけるブロックチェーン技術の採用が決済ゲートウェイを牽引
ブロックチェーン技術は、スマートコントラクトの開発を通じて、インドの決済ゲートウェイを推進するために利用することができる。スマートコントラクトは自己実行型の契約で、特定の条件が満たされると自動的に決済取引が開始されるようにプログラムすることができる。これを利用すれば、銀行や決済代行業者などの仲介業者を介さずに、企業とサプライヤー、または個人とサービスプロバイダー間の決済を促進することができる。全体として、インドにおけるブロックチェーン技術の採用は、同国における決済の方法や処理方法を一変させる可能性を秘めている。しかし、規制上の問題、セキュリティ上の懸念、導入に対する技術的障壁など、対処すべき課題はまだいくつか残っている。とはいえ、適切な支援とインフラが整えば、ブロックチェーンベースの決済ゲートウェイがインドの経済成長とイノベーションの重要な原動力になる可能性はある。
全体として、インドの決済ゲートウェイ市場は活発で、複数の企業が研究開発に投資し、新しい技術や製品を開発するためにパートナーシップを結んでいる。インドの決済ゲートウェイ市場は競争が激しく、複数の既存プレーヤーと多くの新規参入企業が存在する。デジタル決済の導入が進んでいることから、同市場は今後も成長を続けると予想される。
市場細分化
インドの決済ゲートウェイ市場は、タイプ、企業規模、業種、地域によって区分される。タイプ別では、ホスト型、銀行統合型、セルフホスト型に区分される。企業規模別では、大企業向け、中小企業向け(SME)に区分される。業種別では、市場はさらに小売、旅行&ホスピタリティ、ヘルスケア、教育、政府、公共事業、その他に区分される。地域別では、南インド、北インド、西インド、東インドに細分化される。
市場プレイヤー
インド・ペイメントゲートウェイ市場の主要プレーヤーは、PayU、Paytm、Razorpay Software Private Limited、PayPal India Private Limited、CCAvenue、BillDesk、Instamojo Technologies Private Limited、One MobiKwik Systems Private Limited、IMSL-Fiserv、Ingenicoである。
レポートの範囲
本レポートでは、インドのペイメントゲートウェイ市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドの決済ゲートウェイ市場、タイプ別
o ホスティング型
銀行統合型
o セルフホスト型
- インド決済ゲートウェイ市場:企業規模別
o 大企業
中小企業
- インドの決済ゲートウェイ市場:業種別
o 小売
o 旅行・ホスピタリティ
o ヘルスケア
o 教育
o 政府
o 公共事業
その他
- インドの決済ゲートウェイ市場、地域別
o 北インド
o 南インド
o 東インド
o 西インド
競合状況
企業プロフィール:インド決済ゲートウェイ市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ:
Tech Sci Research社は、与えられた市場データをもとに、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供します。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on India Payment Gateway Market
5. Voice of Customers
6. India Payment Gateway Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type (Hosted, Self-hosted and Bank Integrated)
6.2.2. By Enterprise Size (SME and Large Enterprise)
6.2.3. By Vertical (Retail, Travel & Hospitality, Healthcare, Education, Government, Utilities and Others)
6.2.4. By Region
6.3. By Company (2022)
6.4. Market Map
7. North India Payment Gateway Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Enterprise Size
7.2.3. By Vertical
8. South India Payment Gateway Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Enterprise Size
8.2.3. By Vertical
9. West India Payment Gateway Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Enterprise Size
9.2.3. By Vertical
10. East India Payment Gateway Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By Enterprise Size
10.2.3. By Vertical
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
13. Policy & Regulatory Landscape
14. India Economic Profile
15. Company Profiles
15.1. Paytm
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Revenue and Financials
15.1.3. Recent Developments
15.1.4. Key Personnel
15.1.5. Key Product/Services
15.2. PayU
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Revenue and Financials
15.2.3. Recent Developments
15.2.4. Key Personnel
15.2.5. Key Product/Services
15.3. Razorpay Software Private Limited
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Revenue and Financials
15.3.3. Recent Developments
15.3.4. Key Personnel
15.3.5. Key Product/Services
15.4. PayPal India Private Limited
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Revenue and Financials
15.4.3. Recent Developments
15.4.4. Key Personnel
15.4.5. Key Product/Services
15.5. CCAvenue
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Revenue and Financials
15.5.3. Recent Developments
15.5.4. Key Personnel
15.5.5. Key Product/Services
15.6. BillDesk
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Revenue and Financials
15.6.3. Recent Developments
15.6.4. Key Personnel
15.6.5. Key Product/Services
15.7. Instamojo Technologies Private Limited
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Revenue and Financials
15.7.3. Recent Developments
15.7.4. Key Personnel
15.7.5. Key Product/Services
15.8. One MobiKwik Systems Private Limited
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Revenue and Financials
15.8.3. Recent Developments
15.8.4. Key Personnel
15.8.5. Key Product/Services
15.9. IMSL-Fiserv
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Revenue and Financials
15.9.3. Recent Developments
15.9.4. Key Personnel
15.9.5. Key Product/Services
15.10. Ingenico
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Revenue and Financials
15.10.3. Recent Developments
15.10.4. Key Personnel
15.10.5. Key Product/Services
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer
(Note: The companies list can be customized based on the client requirements.)

 

ページTOPに戻る


 

Summary

India Payment Gateway Market is anticipated to grow at a robust pace during the forecast period, 2024-2028. Payment gateway acts as an intermediary between the e-commerce site and bank. Online payment encrypts sensitive information and is used for the authentication of the online transaction. It is also used for preventing fraudulent activities by providing card verification value (CVV) and address verification system (AVS). Moreover, the popularity of the digital payment modes such as credit/debit cards, net banking, mobile wallets and increasing number of customers using smartphones for online transactions are further driving the growth of payment gateway market. Moreover, collaboration of e-commerce sites with various payment gateways are offering cashbacks to retain their old customers and attract new customers.
India payment gateway market has been growing rapidly in recent years owing to the country's increasing adoption of digital payments. There are several factors driving the growth of the payment gateway market in India. Firstly, the government's push toward a digital economy has led to the adoption of digital payments in the country. The introduction of UPI (Unified Payments Interface) has made it easier for consumers to make payments using their mobile phones. Secondly, the rise of e-commerce and the increasing number of online transactions have also contributed to the growth of the payment gateway market. As more and more consumers shop online, they are increasingly using digital payment methods. Thirdly, the increasing penetration of smartphones and the internet has also led to the growth of the payment gateway market in India. With more consumers having access to smartphones and the internet, it has become easier for them to make digital payments.
The Indian payment gateway market is dominated by players such as Paytm, Razorpay, BillDesk, and CCAvenue. These companies offer a wide range of payment solutions, including card payments, net banking, UPI, and digital wallets. Overall, the payment gateway market in India is expected to continue its growth trajectory in the coming years, driven by the country's increasing adoption of digital payments and the rise of e-commerce.
Growth of Mobile Payments in India
Mobile payments have experienced significant growth in India over the past decade, driven by a combination of factors such as increasing smartphone penetration, the government's push toward a cashless economy, and the availability of affordable mobile data plans.
The growth of mobile payments in India has been primarily driven by digital wallets and Unified Payments Interface (UPI) apps. UPI is a real-time payment system that allows users to transfer money between bank accounts instantly using a mobile device. In August 2021, the UPI system processed over 3.5 billion transactions worth more than USD66 billion.
Several major players dominate the mobile payments market in India, including Paytm, PhonePe, Google Pay, and Amazon Pay. These companies have invested heavily in building their user base and expanding their services to include bill payments, e-commerce, and other financial services.
The growth of mobile payments in India has also had a significant impact on the country's unbanked population, who previously had limited access to financial services. With the rise of digital wallets and UPI, it has become much easier for people to send and receive money, pay bills, and make purchases using just a mobile phone.
Overall, the growth of mobile payments in India is expected to continue in the coming years, driven by the continued adoption of smartphones and the government's push toward a cashless economy.
Increase In E-Commerce Transactions in India
India has experienced a significant increase in e-commerce transactions in recent years, driven by factors such as increasing internet penetration, growing smartphone usage, and a surge in online marketplaces.
According to a report by the Internet and Mobile Association of India (IAMAI), the Indian e-commerce market was worth USD38.5 billion in 2017 and is expected to grow to USD200 billion by 2026. Additionally, a report by the Reserve Bank of India (RBI) shows that the volume of digital transactions in India has increased by 55% from 2016 to 2021, with the pandemic accelerating the adoption of digital payments.
One of the key drivers of e-commerce growth in India is the increasing number of internet users. The number of smartphone users in India is also on the rise. Another significant factor contributing to the growth of e-commerce in India is the rise of online marketplaces, such as Amazon, Flipkart, and Snapdeal. These platforms offer a wide range of products and services, competitive pricing, and convenient delivery options, making it easier for consumers to shop online.
Furthermore, the Indian government's initiatives to promote digital payments and create a cashless economy have also played a significant role in boosting e-commerce transactions in the country. Initiatives such as the Unified Payments Interface (UPI), which enables instant money transfers between bank accounts through mobile phones, have made digital payments more accessible and convenient for consumers.
In conclusion, the growing volume of e-commerce transactions in India can be attributed to several factors, including increasing internet and smartphone penetration, the rise of online marketplaces, and government initiatives to promote digital payments. As India continues to embrace digital technology, the e-commerce sector is expected to grow even further in the coming years.
Adoption of Blockchain Technology in India Drive Payment Gateway
Blockchain technology can be used to drive payment gateways in India through the development of smart contracts. Smart contracts are self-executing agreements that can be programmed to automatically trigger payment transactions when certain conditions are met. This could be used to facilitate payments between businesses and suppliers, or between individuals and service providers, without the need for intermediaries such as banks or payment processors. Overall, the adoption of blockchain technology in India has the potential to revolutionize the way payments are made and processed in the country. However, there are still several challenges that need to be addressed, including regulatory issues, security concerns, and technical barriers to adoption. Nonetheless, with the right support and infrastructure in place, blockchain-based payment gateways could become a key driver of economic growth and innovation in India.
Overall, there is a lot of activity in the Indian Payment Gateway market, with several companies investing in R&D and forming partnerships to develop new technologies and products. The payment gateway market in India is highly competitive, with several established players and many new entrants. With the increasing adoption of digital payments, this market is expected to continue to grow in the coming years.
Market Segmentation
India Payment Gateway market is segmented based on type, enterprise size, vertical and region. Based on type, the market is segmented into hosted, bank integrated, and self-hosted. Based on enterprise size, the market is segmented into large enterprise, and small & medium enterprise (SME). Based on vertical, the market is further divided into retail, travel & hospitality, healthcare, education, government, utilities, and others. On the basis of region, the market is fragmented into South India, North India, West India and East India.
Market Players
Major market players in the India Payment Gateway market are PayU, Paytm, Razorpay Software Private Limited, PayPal India Private Limited, CCAvenue, BillDesk, Instamojo Technologies Private Limited, One MobiKwik Systems Private Limited, IMSL-Fiserv, Ingenico.
Report Scope:
In this report, the India Payment Gateway market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Payment Gateway Market, By Type:
o Hosted
o Bank Integrated
o Self-hosted
• India Payment Gateway Market, By Enterprise Size:
o Large Enterprise
o Small & Medium Enterprise (SME)
• India Payment Gateway Market, By Vertical:
o Retail
o Travel & Hospitality
o Healthcare
o Education
o Government
o Utilities
o Others
• India Payment Gateway Market, By Region:
o North India
o South India
o East India
o West India
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Payment Gateway market.
Available Customizations:
With the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on India Payment Gateway Market
5. Voice of Customers
6. India Payment Gateway Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type (Hosted, Self-hosted and Bank Integrated)
6.2.2. By Enterprise Size (SME and Large Enterprise)
6.2.3. By Vertical (Retail, Travel & Hospitality, Healthcare, Education, Government, Utilities and Others)
6.2.4. By Region
6.3. By Company (2022)
6.4. Market Map
7. North India Payment Gateway Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Enterprise Size
7.2.3. By Vertical
8. South India Payment Gateway Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Enterprise Size
8.2.3. By Vertical
9. West India Payment Gateway Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Enterprise Size
9.2.3. By Vertical
10. East India Payment Gateway Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By Enterprise Size
10.2.3. By Vertical
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
13. Policy & Regulatory Landscape
14. India Economic Profile
15. Company Profiles
15.1. Paytm
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Revenue and Financials
15.1.3. Recent Developments
15.1.4. Key Personnel
15.1.5. Key Product/Services
15.2. PayU
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Revenue and Financials
15.2.3. Recent Developments
15.2.4. Key Personnel
15.2.5. Key Product/Services
15.3. Razorpay Software Private Limited
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Revenue and Financials
15.3.3. Recent Developments
15.3.4. Key Personnel
15.3.5. Key Product/Services
15.4. PayPal India Private Limited
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Revenue and Financials
15.4.3. Recent Developments
15.4.4. Key Personnel
15.4.5. Key Product/Services
15.5. CCAvenue
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Revenue and Financials
15.5.3. Recent Developments
15.5.4. Key Personnel
15.5.5. Key Product/Services
15.6. BillDesk
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Revenue and Financials
15.6.3. Recent Developments
15.6.4. Key Personnel
15.6.5. Key Product/Services
15.7. Instamojo Technologies Private Limited
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Revenue and Financials
15.7.3. Recent Developments
15.7.4. Key Personnel
15.7.5. Key Product/Services
15.8. One MobiKwik Systems Private Limited
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Revenue and Financials
15.8.3. Recent Developments
15.8.4. Key Personnel
15.8.5. Key Product/Services
15.9. IMSL-Fiserv
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Revenue and Financials
15.9.3. Recent Developments
15.9.4. Key Personnel
15.9.5. Key Product/Services
15.10. Ingenico
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Revenue and Financials
15.10.3. Recent Developments
15.10.4. Key Personnel
15.10.5. Key Product/Services
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer
(Note: The companies list can be customized based on the client requirements.)

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(education)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る