世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の2030年までの予測 - 地域別分析 - デプロイメント別(クラウド、オンプレミス)、アプリケーション別(ライフサイエンス、小売、製造、その他)


Asia Pacific Artwork Management Software Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - By Deployment (Cloud and On-Premise) and Application (Life Sciences, Retail, Manufacturing, and Others)

アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場は、2022年に1億696万米ドルと評価され、2030年には2億4,502万米ドルに達すると予測されている。 新しく洗練された技術の出現がアジア太平洋地域のアート... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月14日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
79 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場は、2022年に1億696万米ドルと評価され、2030年には2億4,502万米ドルに達すると予測されている。

新しく洗練された技術の出現がアジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場を牽引

世界中のさまざまな産業で、多くの先進技術が利用されている。例えば、KallikはAmazon Web Services用のソフトウェアプラットフォームを発表した。規制市場向けのラベリング&アートワーク管理ソリューション企業であるKallik社は、Veracitiソフトウェアプラットフォームを発表した。このプラットフォームは、アマゾンウェブサービスのクラウドプラットフォーム上で動作する初のラベル&アートワーク管理ソリューションである。医薬品、医療技術、化学品、化粧品、食品・飲料など、規制の厳しい業界の製造業者は、最高レベルの常時可用性とクラウドセキュリティ、機械学習や人工知能などの新しいラベリングおよびアートワーク技術の容易なオンボーディングから利益を得ることができます。Veracitiのソフトウェアプラットフォームは、これらのメーカーに最高レベルの規制コンプライアンスと、新しいアートワークおよびラベリング技術の実行能力を提供することができます。このプラットフォームを採用することで、エンドユーザー業界は機械学習や人工知能を活用することで、事業運営の将来性を高めることができます。したがって、新しく洗練された技術の出現に伴い、アートワーク管理プラットフォームの普及は規制の厳しい業界の間で拡大することが予想され、アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の規模は今後数年間で拡大する可能性が高い。

アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場概要

APACアートワーク管理ソフトウェア市場は、オーストラリア、中国、韓国、インド、日本、その他のアジア太平洋地域に区分される。同市場は、中国やインドなどの急成長国や日本などの先進国によって、大きな成長の可能性を秘めている。この地域には、エレクトロニクス、食品・飲料、自動車、ヘルスケア産業などの製造業が確立されている。APACの製造部門は、ロボット工学、クラウド・コンピューティング、モビリティ、その他の新技術を急速に導入している。さらに、アジア太平洋地域における農産物輸出の増加傾向は、食品メーカーの間でアートワーク管理ソフトウェアの需要を高めている。多国籍食品・飲料企業は、アジア太平洋地域で成長またはプレゼンスを拡大する大きな可能性を秘めている。Science Group plcによると、APACの食品・飲料市場は2020年から2024年にかけて年平均成長率11%を記録し、2770億米ドルに達すると予想されている。食品・飲料業界の成長に伴い、メーカーは関連法規や消費者動向を常に把握し、未開拓の市場でチャンスを最大限に生かす必要がある。食品・飲料パッケージングにおけるアートワーク管理ソフトウェアの大きな利点に関する認知度の高まりが、市場成長の機会を生み出している。アートワーク管理ソフトウェアは、食品・飲料メーカーが、地理的地域、食事制限、過敏症に基づくカスタマイズラベルなど、さまざまな製品タイプからラベリングに数多くの変更を加えるのに役立つ。このソフトウェアにより、企業は製品上のブランドの一貫したイメージを維持しながら、特定の顧客ニーズに対応することができる。これらの要因により、同地域の消費者の間でアートワーク管理ソフトウェアの需要が高まると予想される。

さらに、発展途上国の政府はメイク・イン・インディアやメイド・イン・チャイナ2025などの政策を導入し、自給自足と余剰品の輸出を可能にする製造工場の設立を奨励している。そのため、この盛んな分野では、さまざまなプロセスに高度で自動化されたソリューションが導入され、アートワーク管理ソフトウェアの需要が生まれている。さらに、インドは農業部門に大きく依存している国のひとつである。そのため、食品・飲料業界にとって重要な拠点となっている。この地域全体に大手食品・飲料ブランドが存在し、パッケージングやラベリングなどのプロセスの自動化への投資が拡大していることが、アートワーク管理ソフトウェアの採用を後押ししています。アートワーク管理ソフトウェアを使用することで、メーカーはさまざまな製品バリエーションに対応した数多くのラベルバリエーションを作成できる。例えば、Nestle社(APACに強力な製造拠点を持つ)は、自動ワークフローテンプレートやその他のオンライン校正ツールの助けを借りて、ラベリングとパッケージングプロセスを簡素化するためにBlue Software, LLC(Esko社)のアートワーク管理ソリューションを採用しています。これらのソリューションの採用により、同社はパッケージングのアートワークと承認プロセスを自動化し、効率を高め、コストを削減し、ラベリングとパッケージングにかかる時間を短縮することができました。

アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)

アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場のセグメンテーション

アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場は、展開、用途、国によって区分されます。

展開に基づいて、アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場はクラウドとオンプレミスに二分される。2022年にはクラウドセグメントがより大きなシェアを占めている。

用途別では、アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場は、ライフサイエンス、小売、製造、その他に区分される。2022年にはライフサイエンス分野が最大のシェアを占める。

国別では、アジア太平洋アートワーク管理ソフトウェア市場は、オーストラリア、中国、インド、日本、韓国、その他のアジア太平洋地域に区分される。中国が2022年のアジア太平洋アートワーク管理ソフトウェア市場を支配した。

enLabel Global Services Inc、Karomi Inc、Loftware Inc、Perigord Asset Holdings Ltd、Freyr LLC、Esko-Graphics BV、Pharmaceutical Design BV、GreatFour Systems Inc、Kallik Ltd、Aptean Incは、アジア太平洋アートワーク管理ソフトウェア市場で事業を展開している大手企業である。

ページTOPに戻る


目次

目次

1.はじめに
1.1 インサイトパートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 主要インサイト
2.2 市場の魅力
3.調査方法
3.1 カバレッジ
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場展望
4.1 概要
4.2 エコシステム分析
4.2.1 バリューチェーンのベンダー一覧
5.アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場-主要産業ダイナミクス
5.1 推進要因
5.1.1 製薬・ライフサイエンス分野での採用拡大
5.1.2 FMCG産業における利用の拡大
5.2 市場の阻害要因
5.2.1 アートワーク管理プロセスに関連する課題
5.3 市場機会
5.3.1 クラウドベースのアートワーク管理プラットフォームの採用
5.4 今後の動向
5.4.1 新しく洗練された技術の出現
5.4.2 アートワーク管理ソフトウェアとPLMの統合の拡大
5.5 推進要因と阻害要因の影響:
6.アートワーク管理ソフトウェア市場:アジア太平洋地域市場分析
6.1 アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場概観
6.2 アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場収益(百万米ドル)、2022年~2030年
6.3 アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の予測と分析
7.アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場分析:展開
7.1 クラウド
7.1.1 概要
7.1.2 クラウド市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.2 オンプレミス
7.2.1 概要
7.2.2 オンプレミス市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場分析-用途
8.1 ライフサイエンス
8.1.1 概要
8.1.2 ライフサイエンス市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.2 小売
8.2.1 概要
8.2.2 小売市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.3 製造業
8.3.1 概要
8.3.2 製造業市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.4 その他
8.4.1 概要
8.4.2 その他市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場 - 国別分析
9.1 概要
9.1.1 アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の国別内訳
9.1.1.1 オーストラリアアジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の売上高と2030年までの予測(US$ Mn)
9.1.1.1.1 オーストラリアアジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の展開別内訳
9.1.1.1.2 オーストラリア:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の用途別内訳
9.1.1.2 中国アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場 2030年までの収益と予測 (US$ Mn)
9.1.1.2.1 中国:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の展開別内訳
9.1.1.2.2 中国:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の用途別内訳
9.1.1.3 インドアジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場 2030年までの収益と予測 (US$ Mn)
9.1.1.3.1 インド:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の展開別内訳
9.1.1.3.2 インド:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の用途別内訳
9.1.1.4 日本:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場 2030年までの収益と予測 (US$ Mn)
9.1.1.4.1 日本:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の展開別内訳
9.1.1.4.2 日本:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の用途別内訳
9.1.1.5 韓国:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場 2030年までの収益と予測 (US$ Mn)
9.1.1.5.1 韓国:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の展開別内訳
9.1.1.5.2 韓国:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の用途別内訳
9.1.1.6 その他のアジア太平洋地域アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場 2030年までの収益と予測 (US$ Mn)
9.1.1.6.1 その他のアジア太平洋地域:アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の展開別内訳
9.1.1.6.2 その他のアジア太平洋地域:アートワーク管理ソフトウェア市場アジア太平洋地域のアートワーク管理ソフトウェア市場の用途別内訳
10.競合情勢
10.1 主要企業別ヒートマップ分析
10.2 企業のポジショニングと集中度
11.産業展望
11.1 概要
11.2 市場イニシアティブ
11.3 製品開発
11.4 合併・買収
12.会社概要
12.1 エンラベル・グローバル・サービス
12.1.1 主要事実
12.1.2 事業内容
12.1.3 製品とサービス
12.1.4 財務概要
12.1.5 SWOT分析
12.1.6 主要開発
12.2 株式会社カロミ
12.2.1 主要事実
12.2.2 事業内容
12.2.3 製品とサービス
12.2.4 財務概要
12.2.5 SWOT分析
12.2.6 主要開発
12.3 ロフトウェア
12.3.1 主要事実
12.3.2 事業内容
12.3.3 製品とサービス
12.3.4 財務概要
12.3.5 SWOT分析
12.3.6 主要な動き
12.4 ペリゴール・アセット・ホールディングス
12.4.1 主要事実
12.4.2 事業内容
12.4.3 製品およびサービス
12.4.4 財務概要
12.4.5 SWOT分析
12.4.6 主要開発
12.5 フレイア・エルエルシー
12.5.1 主要事実
12.5.2 事業内容
12.5.3 製品とサービス
12.5.4 財務概要
12.5.5 SWOT分析
12.5.6 主要開発
12.6 エスコグラフィックスBV
12.6.1 主要事実
12.6.2 事業内容
12.6.3 製品とサービス
12.6.4 財務概要
12.6.5 SWOT分析
12.6.6 主要開発
12.7 ファーマシューティカル・デザインBV
12.7.1 主要事実
12.7.2 事業内容
12.7.3 製品とサービス
12.7.4 財務概要
12.7.5 SWOT分析
12.7.6 主要な開発
12.8 グレートフォーシステムズ
12.8.1 主要事実
12.8.2 事業内容
12.8.3 製品とサービス
12.8.4 財務概要
12.8.5 SWOT分析
12.8.6 主要開発
12.9 カリク社
12.9.1 主要事実
12.9.2 事業内容
12.9.3 製品とサービス
12.9.4 財務概要
12.9.5 SWOT分析
12.9.6 主要開発
12.10 アプテン社
12.10.1 主要事実
12.10.2 事業内容
12.10.3 製品とサービス
12.10.4 財務概要
12.10.5 SWOT分析
12.10.6 主要開発
13.付録
13.1 単語索引

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Asia Pacific artwork management software market was valued at US$ 106.96 million in 2022 and is expected to reach US$ 245.02 million by 2030; it is estimated to grow at a CAGR of 10.9% from 2022 to 2030.

Emergence of New and Sophisticated Technologies Drive Asia Pacific Artwork Management Software Market

Many advanced technologies are being used in various industries across the globe. For instance, Kallik has introduced a software platform for Amazon Web Services. Kallik, a labeling & artwork management solution company for the regulated market, has unveiled the Veraciti software platform. The platform is the first label & artwork management solution that runs on Amazon Web Services cloud platform. Manufacturers in heavily regulated industries, including pharmaceuticals, MedTech, chemicals, cosmetics, and food & beverages, can benefit from the highest possible levels of constant availability and cloud security and easy onboarding of new labeling and artwork technologies such as machine learning and artificial intelligence. The Veraciti software platform is capable of providing these manufacturers with the greatest level of regulatory compliance and the ability to execute new artwork and labeling technologies. The adoption of this platform will allow the end-use industries to future-proof their business operations by leveraging machine learning and artificial intelligence. Therefore, with the emergence of new and sophisticated technologies, the artwork management platform penetration is expected to grow among highly regulated industries, which is likely to increase the scope of the Asia Pacific artwork management software market in the coming years.

Asia Pacific Artwork Management Software Market Overview

The APAC artwork management software market is segmented into Australia, China, South Korea, India, Japan, and the Rest of Asia Pacific. The market has massive growth potential, with rapidly-growing countries such as China and India as well as developed nations such as Japan. The region has a well-established manufacturing sector, including electronics, food & beverages, automobiles, and healthcare industries, among others. The manufacturing sector in APAC is rapidly adopting robotics, cloud computing, mobility, and other new technologies. Additionally, the rising trend of agri-food export in Asia Pacific is increasing the demand for artwork management software among food manufacturers. Multinational food and beverage companies have tremendous potential to grow or expand their presence in Asia Pacific. According to Science Group plc, the food & beverages market in APAC is expected to record a CAGR of 11% from 2020 to 2024 and reach US$ 277 billion. With the growth in the food & beverages industry, manufacturers must keep themselves aware of relevant legislation and consumer trends to maximize their opportunities in untapped markets. Rising awareness related to the significant benefits of artwork management software in food and beverage packaging is creating opportunities for the market growth. The artwork management software helps food and beverage manufacturers make numerous changes in labeling from a variety of product types, such as customized labels based on geographical areas, dietary restrictions, and hypersensitivity. The software enables companies to respond to particular customer needs while preserving a consistent image of the brand on the product. These factors are anticipated to increase the demand for artwork management software among consumers in the region.

Furthermore, governments of developing countries have been introducing policies such as Make in India and Made in China 2025 to encourage the establishment of manufacturing plants to make themselves self-sufficient and capable of exporting surplus goods. Thus, this flourishing sector is deploying advanced and automated solutions in various processes, thereby creating demand for artwork management software. Moreover, India is one of the countries that is majorly dependent on the agricultural sector. This makes it a prominent hub for the food & beverages industry. The presence of large food and beverage brands across the region and their growing investments in the automation of processes such as packaging and labeling are bolstering the adoption of artwork management software. The use of artwork management software supports manufacturers to create numerous label variations for different product variants. For instance, Nestle (which has a strong manufacturing presence in APAC) has adopted artwork management solutions of Blue Software, LLC (Esko Company) for simplifying their labeling and packaging processes with the help of automated workflow templates and other online proofing tools. The adoption of these solutions has also enabled the company to automate the packaging artwork and approval processes, increase efficiency, cut costs, and decrease labeling and packaging time.

Asia Pacific Artwork Management Software Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

Asia Pacific Artwork Management Software Market Segmentation

The Asia Pacific artwork management software market is segmented based on deployment, application, and country.

Based on deployment, the Asia Pacific artwork management software market is bifurcated into cloud and on-premise. The cloud segment held a larger share in 2022.

By application, the Asia Pacific artwork management software market is segmented into life sciences, retail, manufacturing, and others. The life sciences segment held the largest share in 2022.

Based on country, the Asia Pacific artwork management software market is segmented into Australia, China, India, Japan, South Korea, and the Rest of Asia Pacific. China dominated the Asia Pacific artwork management software market in 2022.

enLabel Global Services Inc, Karomi Inc, Loftware Inc, Perigord Asset Holdings Ltd, Freyr LLC, Esko-Graphics BV, Pharmaceutical Design BV, GreatFour Systems Inc, Kallik Ltd, and Aptean Inc are some of the leading companies operating in the Asia Pacific artwork management software market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS

1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Key Insights
2.2 Market Attractiveness
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. Asia Pacific Artwork Management Software Market Landscape
4.1 Overview
4.2 Ecosystem Analysis
4.2.1 List of Vendors in the Value Chain:
5. Asia Pacific Artwork Management Software Market - Key Industry Dynamics
5.1 Drivers
5.1.1 Growing Adoption in Pharma and Life Science Sectors
5.1.2 Growing Use in FMCG Industry
5.2 Market Restraint
5.2.1 Challenges Associated with Artwork Management Process
5.3 Market Opportunity
5.3.1 Adoption of Cloud-based Artwork Management Platform
5.4 Future Trend
5.4.1 Emergence of New and Sophisticated Technologies
5.4.2 Growing Integration of Artwork Management Software with PLM
5.5 Impact of Drivers and Restraints:
6. Artwork Management Software Market - Asia Pacific Market Analysis
6.1 Asia Pacific Artwork Management Software Market Overview
6.2 Asia Pacific Artwork Management Software Market Revenue (US$ Million), 2022 - 2030
6.3 Asia Pacific Artwork Management Software Market Forecast and Analysis
7. Asia Pacific Artwork Management Software Market Analysis - Deployment
7.1 Cloud
7.1.1 Overview
7.1.2 Cloud Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
7.2 On-Premise
7.2.1 Overview
7.2.2 On-Premise Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
8. Asia Pacific Artwork Management Software Market Analysis - Application
8.1 Life Sciences
8.1.1 Overview
8.1.2 Life Sciences Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
8.2 Retail
8.2.1 Overview
8.2.2 Retail Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
8.3 Manufacturing
8.3.1 Overview
8.3.2 Manufacturing Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
8.4 Others
8.4.1 Overview
8.4.2 Others Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Million)
9. Asia Pacific Artwork Management Software Market - Country Analysis
9.1 Overview
9.1.1 Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Countries
9.1.1.1 Australia: Asia Pacific Artwork Management Software Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
9.1.1.1.1 Australia: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Deployment
9.1.1.1.2 Australia: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Application
9.1.1.2 China: Asia Pacific Artwork Management Software Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
9.1.1.2.1 China: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Deployment
9.1.1.2.2 China: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Application
9.1.1.3 India: Asia Pacific Artwork Management Software Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
9.1.1.3.1 India: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Deployment
9.1.1.3.2 India: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Application
9.1.1.4 Japan: Asia Pacific Artwork Management Software Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
9.1.1.4.1 Japan: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Deployment
9.1.1.4.2 Japan: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Application
9.1.1.5 South Korea: Asia Pacific Artwork Management Software Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
9.1.1.5.1 South Korea: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Deployment
9.1.1.5.2 South Korea: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Application
9.1.1.6 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific Artwork Management Software Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
9.1.1.6.1 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Deployment
9.1.1.6.2 Rest of Asia Pacific: Asia Pacific Artwork Management Software Market Breakdown by Application
10. Competitive Landscape
10.1 Heat Map Analysis By Key Players
10.2 Company Positioning & Concentration
11. Industry Landscape
11.1 Overview
11.2 Market Initiative
11.3 Product Development
11.4 Mergers & Acquisitions
12. Company Profiles
12.1 enLabel Global Services Inc
12.1.1 Key Facts
12.1.2 Business Description
12.1.3 Products and Services
12.1.4 Financial Overview
12.1.5 SWOT Analysis
12.1.6 Key Developments
12.2 Karomi Inc
12.2.1 Key Facts
12.2.2 Business Description
12.2.3 Products and Services
12.2.4 Financial Overview
12.2.5 SWOT Analysis
12.2.6 Key Developments
12.3 Loftware Inc
12.3.1 Key Facts
12.3.2 Business Description
12.3.3 Products and Services
12.3.4 Financial Overview
12.3.5 SWOT Analysis
12.3.6 Key Developments
12.4 Perigord Asset Holdings Ltd
12.4.1 Key Facts
12.4.2 Business Description
12.4.3 Products and Services
12.4.4 Financial Overview
12.4.5 SWOT Analysis
12.4.6 Key Developments
12.5 Freyr LLC
12.5.1 Key Facts
12.5.2 Business Description
12.5.3 Products and Services
12.5.4 Financial Overview
12.5.5 SWOT Analysis
12.5.6 Key Developments
12.6 Esko-Graphics BV
12.6.1 Key Facts
12.6.2 Business Description
12.6.3 Products and Services
12.6.4 Financial Overview
12.6.5 SWOT Analysis
12.6.6 Key Developments
12.7 Pharmaceutical Design BV
12.7.1 Key Facts
12.7.2 Business Description
12.7.3 Products and Services
12.7.4 Financial Overview
12.7.5 SWOT Analysis
12.7.6 Key Developments
12.8 GreatFour Systems Inc
12.8.1 Key Facts
12.8.2 Business Description
12.8.3 Products and Services
12.8.4 Financial Overview
12.8.5 SWOT Analysis
12.8.6 Key Developments
12.9 Kallik Ltd
12.9.1 Key Facts
12.9.2 Business Description
12.9.3 Products and Services
12.9.4 Financial Overview
12.9.5 SWOT Analysis
12.9.6 Key Developments
12.10 Aptean Inc
12.10.1 Key Facts
12.10.2 Business Description
12.10.3 Products and Services
12.10.4 Financial Overview
12.10.5 SWOT Analysis
12.10.6 Key Developments
13. Appendix
13.1 Word Index

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

The Insight Partners 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(life)の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る