世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

5G、地上最大のショウ!:第36版 白黒とシェイズオブグレイ


5G: The Greatest Show on Earth! Volume 36: Black and White with Shades of Grey

- ラスベガスのDISHワイヤレス・ネットワークのベンチマーク調査 -   SRGは36回目の5Gベンチマーク調査を完了したばかりだ。 この試みは、Accuver Americas社、Rohde & Schwarz社... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 言語
Signals Research Group
シグナルズリサーチグループ社
2023年10月26日 US$1,895
企業ライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
英語

 

サマリー

- ラスベガスのDISHワイヤレス・ネットワークのベンチマーク調査 -

 

SRGは36回目の5Gベンチマーク調査を完了したばかりだ。 この試みは、Accuver Americas社、Rohde & Schwarz社、Spirent Communications社と共同で、ラスベガスのDISH WirelessネットワークとT-Mobile 5G SAネットワークとの比較について、独自のベンチマーク調査を実施したものです。

レポートのハイライトは以下の通り:

ありがとう。 この研究は、Accuver Americas社(XCAL-MとXCAP)、Rohde & Schwarz社(TSMA6スキャナー)、Spirent Communications社(Umetrix VoiceとUmetrix Data)と共同で行った。 SRGは、本レポートで提供されるデータ収集、すべての分析、解説に責任を負う。

我々の方法論。 DISHネットワークのテストにはMotorola edge+スマートフォン2台とGalaxy A23スマートフォン2台を、T-MobileネットワークのテストにはGalaxy S23スマートフォン2台を使用した。 チップセットの診断メッセージを使い、ダウンリンクとアップリンクのパフォーマンスを、必要なすべての基礎パラメーターとともに分析した。 チャネルの帯域幅やネットワークの負荷(RB割り当てなど)の違いを考慮した上で、集計結果とバンド別の結果を調べました。Umetrix Voiceを使用して、静止時と移動時の2つのネットワークにおける5G音声(VoNR)品質を分析しました。

ダウンリンク性能が大幅に向上。 2022年の結果と比較すると、2023年のダウンリンク性能は、セルグリッドが密になり、セルハンドオーバー時のキャリアアグリゲーション性能が大幅に向上し、3CCキャリアアグリゲーションが実装されたことで、大幅に強化された。

アップリンクのパフォーマンス低下。 2022年の調査と同様、物理層とアプリケーション層の両方で、HTTPプロトコルのアップリンク性能は劣り、期待を大きく下回った。 UDPでは、パフォーマンスは良好で満足のいくものだった。  パフォーマンス低下の原因は何だったのか、そしてその結果を引き起こす可能性が最も高いRF条件は何だったのかを示す。

改善の余地がある、より良い音声品質。 2022年に観測された(静止状態でも)非常に不安定な音声品質はもはや存在しない。 音声通話もDISHネットワークに留まり、AT&Tに戻ることはなかった。 まだ改善の余地はある。 VoNRの最大の利点は、データ接続が5Gのままであることだ。 VoNRの音声品質は、せいぜいVoLTEと同程度だろう。

詳細  MCS、MIMOの使用状況、RBの割り当て、CQI/SINRの関数としてのパフォーマンスなど、すべての基本的な要因に結果を分解しなければ、Signals Aheadのレポートとは言えません。   スキャナーの結果は、事業者の5Gスペクトラム資産のカバレッジ品質を比較する。

 



 

ページTOPに戻る


 

Summary

- a benchmark study of the DISH Wireless network in Las Vegas -

 

SRG just completed its 36th 5G benchmark study.  For this endeavor we collaborated with Accuver Americas, Rohde & Schwarz, and Spirent Communications to conduct an independent benchmark study of the DISH Wireless network in Las Vegas and how it compares with the T-Mobile 5G SA network.

Highlights of the Report include the following:

Our Thanks.  We did this study in collaboration with Accuver Americas (XCAL-M and XCAP), Rohde & Schwarz (TSMA6 scanner) and Spirent Communications (Umetrix Voice and Umetrix Data).  SRG is responsible for the data collection and all analysis and commentary provided in this report.

Our Methodology.  We used two Motorola edge+ smartphones and two Galaxy A23 smartphones to test the DISH network and two Galaxy S23 smartphones to test the T-Mobile network.  Using chipset diagnostic messages, we analyzed downlink and uplink performance, along with all the requisite underlying parameters.  We looked at aggregate results and band specific results with adjustments to account for differences in channel bandwidth and network loading (e.g., RB allocations). WIth Umetrix Voice, we analyzed 5G voice (VoNR) quality on the two networks while stationary and mobile.

Much better Downlink Performance.  Compared with the 2022 results, the downlink performance was much stronger in 2023, thanks to a combination of a denser cell grid, much better carrier aggregation performance during cell handovers, and the implementation of 3CC carrier aggregation.

Uplink Performance Suffered.  Consistent with our 2022 study, the uplink performance was subpar with the HTTP protocol at both the physical and application layers, falling well short of expectations.  With UDP, the performance was good / satisfactory.  We show what was causing the poor performance and the RF conditions most likely to trigger the outcome.

Better Voice Quality with Room for Improvement.  The highly erratic voice quality that we observed in 2022 [even while stationary] no longer exists.  Voice calls also remained on the DISH network versus falling back to AT&T – a frequent problem in 2022.  There is still room for improvement.  Arguably, the biggest benefit of VoNR is that the data connection remains on 5G.  At best, VoNR voice quality will be on par with VoLTE.

The Details.  It wouldn’t be a Signals Ahead report if we didn’t break down the results into all the underlying factors, including MCS, MIMO usage, RB allocations, performance as a function of CQI/SINR, etc.   Scanner results compare the coverage quality of the operator’s 5G spectrum assets.

 



 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Signals Research Group社はどのような調査会社ですか?


シグナルズリサーチグループ社(Signals Research Group)は、無線通信市場の調査とコンサルティングを行っている米国の調査会社です。「世界市場での存在感」「技術中心」「実践的なアプロー... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る