世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

公共安全のLTEと5G市場:2022 2030年の機会、課題、戦略、予測


The Public Safety LTE & 5G Market: 2022 2030 Opportunities, Challenges, Strategies & Forecasts

3GPP規格に準拠したMCX(ミッションクリティカルPTT、ビデオ&データ)、HPUE(ハイパワーユーザー機器)、IOPS(アイソレーテッド・オペレーション・フォー・パブリック・セーフティ)などの重要な通信機能が商... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
SNS Telecom & IT
SNSテレコム&IT
2022年8月31日 US$2,500
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
2,319 英語

 

サマリー

3GPP規格に準拠したMCX(ミッションクリティカルPTT、ビデオ&データ)、HPUE(ハイパワーユーザー機器)、IOPS(アイソレーテッド・オペレーション・フォー・パブリック・セーフティ)などの重要な通信機能が商用化されたことで、LTEおよび5G NR(新無線)ネットワークは、リアルタイムのビデオ配信を実現する包括的な公共安全通信プラットフォームとして、ますます認知度が高まっています、LTEと5G NR(新無線)ネットワークは、従来のLMR(陸上移動無線)システムで提供されていたMCPTT(ミッションクリティカルPTT)音声サービスやナローバンドデータサービスだけでなく、リアルタイムビデオ、高解像度画像、マルチメディアメッセージング、モバイルオフィス/フィールドデータアプリケーション、位置情報サービスとマッピング、状況認識、無人資産管理、その他のブロードバンド機能を提供する包括的な公共安全通信プラットフォームとして、ますます認知されるようになっています。5G MBS(5G Multicast-Broadcast Services)、オフネットワークD2D(Device-to-Device)通信のための5G NRサイドリンク、NTN(Non-Terrestrial Network)の統合、より低い5G NR帯域幅のサポートなど、追加規格の継続的な改良を通じて、3GPPネットワークは最終的に、2020年代半ばから後半までに、従来のLMRシステムを完全に置き換える立場になると予想されている。複数の国の公共安全通信当局は、2020 年代後半に予定されているナローバンドからブロードバンドへの移行を完了させる意向をすでに表明している。
完全な専用ネットワーク、政府と商業のハイブリッドネットワーク、セキュアなMVNO/MOCNベースの公共安全LTEおよび5G対応ネットワークが、世界中で運用中または展開中である。注目されているFirstNet(ファースト・レスポンダー・ネットワーク)、韓国のSafe-Net(全国災害安全通信ネットワーク)、イギリスのESN(緊急サービスネットワーク)の全国的な公共安全ブロードバンドプロジェクトに加え、多くの国家レベルのプログラムが、実地試験からより大規模な展開へと大きく前進している。0ブロードバンド・サービス、スウェーデンのRakel G2セキュア・ブロードバンド・システム、ハンガリーのEDR 2.0/3.0ブロードバンド・ネットワークなどである。スイスのMSK(Secure Mobile Broadband Communications)システム、ノルウェーのNGN(Next-Generation Nødnett)、ドイツのBOS(ドイツ公共安全機関)向けに計画されているハイブリッド・ブロードバンド・ネットワーク、日本のPS-LTE(Public Safety LTE)プロジェクト、オーストラリアのPSMB(Public Safety Mobile Broadband)プログラム、カナダのPSBN(Public Safety Broadband Network)などであるが、これらに限定されるものではない。
このほか、カナダ・オンタリオ州のハルトン・ピール地域PSBN、中国の都市・地区全体のバンド45(1.4GHz)LTEネットワーク、タイ王立警察のBand26(800MHz)LTEネットワーク、石油資源の豊富なGCC(湾岸協力会議)地域におけるカタールMOI(内務省)、ROP(王立オマーン警察)、NedaaのミッションクリティカルなLTEネットワークなどである、ブラジルの州全体のBand 28(700MHz)ネットワーク(民間および軍警察機関向け)、バルバドスのBand 14(700MHz)LTEベースの接続サービス・プラットフォーム、ザンビアの400MHzブロードバンド・トランキング・システムから、ラオスなどの多様な市場におけるファーストレスポンダー向けのローカルおよび地域レベルのプライベートLTEネットワークまで、インドネシア、フィリピン、パキスタン、レバノン、エジプト、ケニア、ガーナ、コートジボワール、カメルーン、マリ、マダガスカル、モーリシャス、カナリア諸島、スペイン、イタリア、トルコ、セルビア、アルゼンチン、コロンビア、ベネズエラ、ボリビア、エクアドル、トリニダード・トバゴ、また、日本のMRC(移動無線センター)のLTEベースの高度MCAデジタル無線システム、メキシコ、ベルギー、オランダ、スロベニア、エストニア、その他数カ国のセキュアMVNOプラットフォームなどのマルチドメイン重要通信ブロードバンドネットワークもある。
3GPPのリリース17仕様で定義された重要な公共安全関連の5G NR機能はまだ商用化されていないにもかかわらず、公共安全機関はすでに、この技術の広帯域幅と低遅延の特性から恩恵を受けることができるアプリケーションのために5Gの実験を開始している。例えば、麗水市緊急管理局は、災害管理・可視化システムの一環として、中国移動通信のネットワーク、ポータブル・セル・サイト、迅速に展開可能な通信車両を利用したプライベート5Gスライシングを使用している。隣国の台湾では、新竹市消防局が、災害地域に迅速に展開できる緊急対応車両を使用し、Open RAN標準に基づく衛星バックホールのプライベート5Gネットワークによって、広帯域で低遅延の緊急通信を確立している。
さらに、ドイツ、日本、その他のいくつかの市場では、ファーストレスポンダー機関が、UHD(超高精細)ビデオ監視や無人消防車、偵察ロボット、ドローンの制御などのアプリケーションをサポートするために、ローカルエリア免許で利用可能なミッドバンドおよびミリ波(ミリ波)スペクトラムを利用して、ポータブルで小規模な5G NPN(Non-Public Network)を展開し始めている。また、近い将来、事件現場管理や関連するユースケースのために、米国、カナダ、オーストラリア、マレーシア、カタールなど複数の国で公共安全用に指定されている4.9GHzの周波数帯域(4,940~4,990MHz)のバンドn79の周波数を最大50MHzまで使用する可能性のある、局地的な5G NRシステムの展開も予想される。
SNS Telecom & ITは、公共安全LTEおよび5Gインフラへの年間投資額は2022年末までに約16億ドルに達すると予測しており、これは新規構築と既存の専用ネットワーク、政府と商業のハイブリッドネットワーク、安全なMVNO/MOCNネットワークの拡張の両方が原動力となっている。また、公共安全グレードのLTE/5Gデバイスのエコシステムが急速に拡大することで、同市場は2022年から2025年にかけて年平均成長率(CAGR)約13%でさらに成長し、最終的には2025年末までに23億ドルを超える規模になると予想される。前向きな見通しとは裏腹に、多くの重大な課題が引き続き市場を悩ませている。最も顕著な課題は、D2D通信機能の欠如である。
ProSe(近接サービス)チップセットのエコシステムは、チップメーカーや端末OEMのサポートが限られているため、LTE時代には実現できなかった。しかし、5G NRのサイドリンク・インターフェースは、公共安全のブロードバンド・ユーザー向けにダイレクト・モードのD2D通信を導入し、UE間リレーとUE間リレーをそれぞれ使用して、ネットワーク上とネットワーク外の両方のシナリオでカバレッジを拡大する機会を提供します。また、欧州の複数の国でPPDR(Public Protection & Disaster Relief)ブロードバンドシステム用に割り当てられているBand 68(698-703 MHz / 753-758 MHz)のような特定の周波数帯域での運用をサポートする、コスト面で最適化されたCOTS(Commercial Off-the-Shelf) RAN機器や端末が入手できないことも、市場を阻害する障壁となっている。
公共安全LTEと5G市場:2022年~2030年 - 機会、課題、戦略、予測」レポートは、公共安全LTEと5G市場を詳細に評価し、バリューチェーン、市場促進要因、普及への障壁、実現技術、運用モデル、アプリケーションシナリオ、主要動向、今後のロードマップ、標準化、周波数帯の利用可能性/割り当て、規制情勢、ケーススタディ、エコシステムプレーヤーのプロファイルと戦略などをまとめています。また、公共安全LTE/5Gインフラ、端末機器、アプリケーション、システム統合・管理ソリューション、契約・サービス収入を網羅し、2022年から2030年までの世界および地域の市場規模予測を示している。
本レポートには、本レポートに掲載されているすべての数値予測から得られた定量的データを網羅した関連Excelデータシート一式と、2022年第4四半期時点の世界の公共安全LTE/5G契約1,150件以上のリストおよび関連詳細が付属している。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

With the commercial availability of 3GPP-standards compliant MCX (Mission-Critical PTT, Video & Data), HPUE (High-Power User Equipment), IOPS (Isolated Operation for Public Safety) and other critical communications features, LTE and 5G NR (New Radio) networks are increasingly gaining recognition as an all-inclusive public safety communications platform for the delivery of real-time video, high-resolution imagery, multimedia messaging, mobile office/field data applications, location services and mapping, situational awareness, unmanned asset control and other broadband capabilities, as well as MCPTT (Mission-Critical PTT) voice and narrowband data services provided by traditional LMR (Land Mobile Radio) systems. Through ongoing refinements of additional standards – specifically 5G MBS (5G Multicast-Broadcast Services), 5G NR sidelink for off-network D2D (Device-to-Device) communications, NTN (Non-Terrestrial Network) integration, and support for lower 5G NR bandwidths – 3GPP networks are eventually expected to be in a position to fully replace legacy LMR systems by the mid-to-late 2020s. National public safety communications authorities in multiple countries have already expressed a willingness to complete their planned narrowband to broadband transitions within the second half of the 2020 decade.
A myriad of fully dedicated, hybrid government-commercial and secure MVNO/MOCN-based public safety LTE and 5G-ready networks are operational or in the process of being rolled out throughout the globe. In addition to the high-profile FirstNet (First Responder Network), South Korea’s Safe-Net (National Disaster Safety Communications Network) and Britain’s ESN (Emergency Services Network) nationwide public safety broadband projects, many additional national-level programs are making considerable headway in moving from field trials to wider scale deployments – most notably, France's RRF (Radio Network of the Future), Spain's SIRDEE mission-critical broadband network, Finland's VIRVE 2.0 broadband service, Sweden's Rakel G2 secure broadband system and Hungary's EDR 2.0/3.0 broadband network. Nationwide initiatives in the pre-operational phase include but are not limited to Switzerland's MSK (Secure Mobile Broadband Communications) system, Norway's NGN (Next-Generation Nødnett), Germany's planned hybrid broadband network for BOS (German Public Safety Organizations), Japan's PS-LTE (Public Safety LTE) project, Australia's PSMB (Public Safety Mobile Broadband) program and Canada's national PSBN (Public Safety Broadband Network).
Other operational and planned deployments range from the Halton-Peel region PSBN in Canada's Ontario province, China's city and district-wide Band 45 (1.4 GHz) LTE networks for police forces, Royal Thai Police’s Band 26 (800 MHz) LTE network, Qatar MOI (Ministry of Interior), ROP (Royal Oman Police) and Nedaa's mission-critical LTE networks in the oil-rich GCC (Gulf Cooperation Council) region, Brazil's state-wide Band 28 (700 MHz) networks for both civil and military police agencies, Barbados' Band 14 (700 MHz) LTE-based connectivity service platform, and Zambia's 400 MHz broadband trunking system to local and regional-level private LTE networks for first responders in markets as diverse as Laos, Indonesia, the Philippines, Pakistan, Lebanon, Egypt, Kenya, Ghana, Cote D'Ivoire, Cameroon, Mali, Madagascar, Mauritius, Canary Islands, Spain, Italy, Turkey, Serbia, Argentina, Colombia, Venezuela, Bolivia, Ecuador and Trinidad & Tobago, as well as multi-domain critical communications broadband networks such as MRC's (Mobile Radio Center) LTE-based advanced MCA digital radio system in Japan, and secure MVNO platforms in Mexico, Belgium, the Netherlands, Slovenia, Estonia and several other countries.
Even though critical public safety-related 5G NR capabilities defined in the 3GPP's Release 17 specifications are yet to be commercialized, public safety agencies have already begun experimenting with 5G for applications that can benefit from the technology's high-bandwidth and low-latency characteristics. For example, the Lishui Municipal Emergency Management Bureau is using private 5G slicing over China Mobile's network, portable cell sites and rapidly deployable communications vehicles as part of a disaster management and visualization system. In neighboring Taiwan, the Hsinchu City Fire Department is using an emergency response vehicle that can be rapidly deployed to disaster zones to establish high-bandwidth, low-latency emergency communications by means of a satellite-backhauled private 5G network based on Open RAN standards.
In addition, first responder agencies in Germany, Japan and several other markets are beginning to utilize mid-band and mmWave (Millimeter Wave) spectrum available for local area licensing to deploy portable and small-scale 5G NPNs (Non-Public Networks) to support applications such as UHD (Ultra-High Definition) video surveillance and control of unmanned firefighting vehicles, reconnaissance robots and drones. In the near future, we also expect to see rollouts of localized 5G NR systems for incident scene management and related use cases, potentially using up to 50 MHz of Band n79 spectrum in the 4.9 GHz frequency range (4,940-4,990 MHz), which has been designated for public safety use in multiple countries including but not limited to the United States, Canada, Australia, Malaysia and Qatar.
SNS Telecom & IT estimates that annual investments in public safety LTE and 5G infrastructure will reach nearly $1.6 Billion by the end of 2022, driven by both new build-outs and the expansion of existing dedicated, hybrid government-commercial and secure MVNO/MOCN networks. Complemented by a rapidly expanding ecosystem of public safety-grade LTE/5G devices, the market will further grow at a CAGR of approximately 13% between 2022 and 2025, eventually accounting for more than $2.3 Billion by the end of 2025. Despite the positive outlook, a number of significant challenges continue to plague the market. The most noticeable pain point is the lack of a D2D communications capability.
The ProSe (Proximity Services) chipset ecosystem has failed to materialize in the LTE era due to limited support from chipmakers and terminal OEMs. However, the 5G NR sidelink interface offers a clean slate opportunity to introduce direct mode, D2D communications for public safety broadband users, as well as coverage expansion in both on-network and off-network scenarios using UE-to-network and UE-to-UE relays respectively. Another barrier impeding the market is the non-availability of cost-optimized COTS (Commercial Off-the-Shelf) RAN equipment and terminals that support operation in certain frequency bands such as Band 68 (698-703 MHz / 753-758 MHz), which has been allocated for PPDR (Public Protection & Disaster Relief) broadband systems in multiple European countries.
The “Public Safety LTE & 5G Market: 2022 – 2030 – Opportunities, Challenges, Strategies & Forecasts” report presents an in-depth assessment of the public safety LTE and 5G market, including the value chain, market drivers, barriers to uptake, enabling technologies, operational models, application scenarios, key trends, future roadmap, standardization, spectrum availability/allocation, regulatory landscape, case studies, ecosystem player profiles and strategies. The report also presents global and regional market size forecasts from 2022 till 2030, covering public safety LTE/5G infrastructure, terminal equipment, applications, systems integration and management solutions, as well as subscriptions and service revenue.
The report comes with an associated Excel datasheet suite covering quantitative data from all numeric forecasts presented in the report, as well as a list and associated details of over 1,150 global public safety LTE/5G engagements – as of Q4’2022.



 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


SNS Telecom & IT社はどのような調査会社ですか?


SNSテレコム&IT (SNS Telecom & IT)はドバイに拠点をおき、通信技術やモバイル機器に関する継続的な非常に詳細なデータを提供しています。無線ネットワークインフラやビッグデータ、M2M... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る