世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

5G、地上最大のショウ!:第37版 スコッティ、もっと電力を!


5G: The Greatest Show on Earth! Volume 37 Scotty, We Need More Power!

スコッティ、もっとパワーが必要だ! LTE CBRSと5Gミッドバンド・カバレッジのベンチマーク・スタディ SRGは、37回目の5Gベンチマーク研究を完了しました。今回は、Accuver Americas社、Rohde &... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Signals Research Group
シグナルズリサーチグループ社
2023年11月30日 US$1,395
企業ライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
47 英語

 

サマリー

スコッティ、もっとパワーが必要だ!
LTE CBRSと5Gミッドバンド・カバレッジのベンチマーク・スタディ

SRGは、37回目の5Gベンチマーク研究を完了しました。今回は、Accuver Americas社、Rohde & Schwarz社、Spirent Communications社と共同で、LTE CBRS(Band 48)のカバレッジとパフォーマンス、および5G Band n77とLTE FDDアンカーバンドとの比較について、独自のベンチマーク調査を実施しました。

レポートのハイライトは以下の通り:

感謝の意:本研究は、Accuver Americas社(XCAL-MおよびXCAP)、Rohde & Schwarz社(TSMA6スキャナー)、Spirent Communications社(Umetrix Data)と共同で実施した。SRGは、データ収集、本レポートで提供するすべての分析および解説に責任を負う。

我々の方法論:ベライゾンのネットワークで2台のGalaxy S23スマートフォンを使い、CBRSとミッドバンド5Gの無線が同居していることがわかっている場所でテストを行った。1台のスマートフォンでは5Gを無効にし、ネットワークが可能な限りLTE CBRSでデータをプッシュするようにした。いくつかの場所を車で回ることで、各技術のカバレッジとパフォーマンスをマップすることができました。

金持ちのホットスポット容量ソリューション:セルサイトから近い距離に限定して分析すると(定量化する)、CBRSは追加容量を提供するという点で、それなりにまともな仕事をする。しかし、スペクトル効率が劣り、チャネルの総帯域幅が限られているため、5G Band n77の方がはるかに優れている。

貧乏人のカバレージ・ソリューション。各技術のカバレッジをマッピングし、サービスを提供するセルサイトまでの距離を計算することで、CBRSは電力制限が低いため、マクロネットワークのカバレッジには実用的でないことを示す。

判断はしない:FWAと民間企業を含むCBRSのユースケースについて意見はない。唯一の見解は、CBRSは民間企業のユースケースにはあまり活用されていないと思うということです。スペクトラムの複数のユーザーとの干渉を最小限に抑えようとするのは、同じエリアにスペクトラムの複数のユーザーが存在する場合にのみ意味がある。私たちのドライブテストでは、海軍のフリゲート艦には遭遇しませんでした。

詳細:主要なRF、物理、レイヤー3パラメータの分布や相互相関プロットなど、結果をすべての基礎要因に分解しなければ、Signals Aheadレポートとは言えません。また、カバレッジの確率を見る際には、ほとんどの結果を地理的に分類しています。きれいな写真もたくさん掲載しています!

 



 

ページTOPに戻る


 

Summary

Scotty, We Need More Power!
A benchmark study of LTE CBRS and 5G Mid-Band Coverage

 

SRG just completed its 37th 5G benchmark study. For this endeavor we collaborated with Accuver Americas, Rohde & Schwarz, and Spirent Communications to conduct an independent benchmark study of LTE CBRS (Band 48) coverage and performance, and how it compares with 5G Band n77, as well as the LTE FDD anchor band.

Highlights of the Report include the following:

Our Thanks. We did this study in collaboration with Accuver Americas (XCAL-M and XCAP), Rohde & Schwarz (TSMA6 scanner) and Spirent Communications (Umetrix Data). SRG is responsible for the data collection and all analysis and commentary provided in this report.

Our Methodology. We used two Galaxy S23 smartphones on the Verizon network, testing in locations where we knew there were collocated CBRS and mid-band 5G radios. We disabled 5G on one smartphone, which resulted in the network pushing as much data as possible over LTE CBRS whenever possible. By driving around a select number of sites we were able to map out coverage and performance of each technology.

A [somewhat] rich man’s hot spot capacity solution. If we limit the analysis to close distances from the cell site (we quantify) then CBRS does a reasonably decent job of providing additional capacity. However, the inferior spectral efficiency and limited total channel bandwidth means 5G Band n77 is far superior.

A poor man’s coverage solution. By mapping out each technology’s coverage and calculating distances to the serving cell site, we show that CBRS is impractical for macro network coverage due to its low power limitations.

No Judgement. We have no opinion on CBRS use cases involving FWA and private enterprise. Our only observation is that we think CBRS is highly underutilized for the private enterprise use case. Trying to minimize interference with multiple users of the spectrum only makes sense when there ARE multiple users of the spectrum in the same area. No Navy frigates were encountered during our drive tests.

The Details. It wouldn’t be a Signals Ahead report if we didn’t break down the results into all the underlying factors, including distributions and cross correlation plots of the major RF, Physical and Layer 3 parameters. We also geo bin most results when looking at probability of coverage. We even include lots of pretty pictures!

 



 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(5G)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Signals Research Group社はどのような調査会社ですか?


シグナルズリサーチグループ社(Signals Research Group)は、無線通信市場の調査とコンサルティングを行っている米国の調査会社です。「世界市場での存在感」「技術中心」「実践的なアプロー... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る