世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

2019年版 自動車における新技術の現状と将来性

特集:電動化車両・自動運転・先進安全・CFRPの市場動向

 

出版社 出版年月冊子体価格ページ数
総合技研株式会社
2019年4月¥68,000 (税別)259

サマリー

このレポートは2017年1月から2019年3月までに公開・発表されたエレクトロニクス技術、安全システム、情報技術、環境関連技術、素材、部品などを中心に自動車に関連した新技術として選びだし、これらの新技術について特徴、技術動向、今後の採用の方向等を含めて、現状と今後の予測についての調査・分析結果を掲載しています。また新技術と関連して電動化車両、自動運転、先進安全、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)化といった先進技術についてその市場の現状及び予測に関するデータを添付しています。

調査内容 1

2017年1月~2019年3月の間に自動車メーカー、 自動車部品メーカー、電子部品メーカー、材料メーカー 及び研究機関などが発表した新技術約130タイトル抽出

調査項目

1.新技術(製品)概要

  • 新技術(製品)の特長
  • キーテクノロジー
  • 技術動向

2.開発概要

  • 開発メーカー
  • 製品化段階
  • 開発時期
  • 開発の経緯・背景

3.現状の採用状況と見込み、販売計画など

  • 生産目標と将来予測
  • 今後の市場性とユーザーニーズ

新技術タイトル例

  • ドライバー眠気検知・制御技術
  • カメラとレーダーによる自車位置特定技術
  • 後付けペダル踏み間違い加速抑制装置
  • デジタルアウターミラー(電子ミラー)
  • ドライバー異常時対応システム
  • トラック用左折支援システム
  • フロントガラス代替用透明樹脂
  • 多孔フィルム利用タイヤ共鳴音低減技術
  • プルプレス成形CFRP
  • 自動車構造体向けCFRP成形技術
  • 高加工性ハイテン鋼板
  • 5G用合成石英ガラスアンテナ
  • 200m測定LiDAR
  • 大画面・曲面対応車載用フィルムセンサ
  • 3D-AR技術応用HUD
  • インホイールモータ用ワイヤレス給電システム
  • 高精細レーザー光ヘッドランプ
  • 3バッグ構造サイドエアバッグ
  • 周辺環境を記憶する自動駐車技術
  • 都市交通渋滞解消CMOSアニーリングマシン
  • ターボ用電動コンプレッサ
  • 微粒化燃料噴射装置
  • 車載用モデルベース開発技術

調査内容 2

フルHEV、PHV、EV、48V-HEVといった電動化車両、自動運転、先進安全、CFRP化など新技術と関連する市場データを参考情報として収録

調査項目

  1. 電動化車両

HEV、PHV、EV、FCV各生産台数と予測

  1. 自動運転システム

レベル1・2・3・4・5別実用化時期と予測

  1. 先進安全システム

自動ブレーキとADAS市場動向

  1. CFRP化

採用車、採用部品、需要予測

調査対象先

  1. 自動車メーカー全般
  2. 自動車部品メーカー全般
  3. 材料メーカー全般
  4. 電子・電機メーカー、その他


目次

I. 新技術を取りまく市場環境

1.電動化車両市場動向················································································( 1)

1)パワートレイン種類·············································································( 1)
2)パワートレインの電動化レベル······························································( 2)
3)世界におけるEV・PHV・フルHEV・48V-HEV別市場規模:2015~2025年予測·············( 3)
4)日本におけるEV・PHV・フルHEV・48V-HEV別市場規模:2015~2025年予測·············( 5)
5)日系メーカーにおけるEV・PHV・フルHEV・48V-HEV別世界販売台数:2015~2018年···········( 7)

2.先進安全システム市場動向·······································································( 8)

1)乗用車に搭載されている先進安全システム一覧··········································( 8)
2)先進安全システム実現にあたって新たに装備される部品(システム/主要部品) ··( 9)
3)先進安全システム領域別市場規模:日本2015~2025年予測··············( 10)
4)自動ブレーキ市場規模:日本2015~2025年予測·····························( 11)

3.自動運転市場動向···················································································( 12)

1)自動運転車の市場区分··········································································( 12)
2)世界の自動化レベル別ロードマップ·························································( 13)
3)日本の自動化レベル別ロードマップ·························································( 14)
4)世界と日本の自動運転市場規模・搭載率:2015~2025年予測·············( 16)

4.軽量化・CFRP化動向··········································································( 17)

1)車体軽量化動向(鉄→アルミ→CFRP化)·············································( 17)
2)CFRPの成形方法·············································································( 19)
3)CFRPに用いられるマトリクス樹脂······················································( 20)
4)自動車分野におけるCFRP化の狙い······················································( 21)
5)自動車におけるCFRP使用部位の現状と今後··········································( 22)
6)トヨタ車におけるCFRP成形方法とマトリクス樹脂·································( 24)
7)自動車分野におけるCFRP使用量・市場規模、レクサスLFAについて·······( 25)
8)自動車分野におけるCFRP化の課題······················································( 26)

II. 新たに開発された新技術概要

1.自動車業界における技術開発トレンド·························································( 27)
2.分野別有力新技術···················································································( 29)
3.人工知能技術の応用例·············································································( 31)
4.新技術分野別タイトル数内訳····································································( 32)

5.新技術分野別タイトル一覧(全155タイトル) ··········································( 33)

1)パワートレイン系················································································( 33)
2)シャシー系・ボディ系・操作系······························································( 35)
3)材料・工法系······················································································( 37)
4)その他······························································································( 39)

III.新技術分野別個票

調査項目

  • 製品化段階(研究、開発、製品化)
  • キーテクノロジー
  • 開発背景
  • 技術概要
  • 技術動向 事業化の現状と今後など

1.パワートレイン系分野(29タイトル)···················································( 40)

1)エンジン・補機編·············································································( 40)

SPCCIエンジン「SKYACTIV-X」、熱効率40%ダイナミックフォース2.0Lガソリンエンジン、熱効率50%超ガソリン・ディーゼルエンジン、エンジン周辺機器用高耐熱モーター、微粒化解析工学応用燃料噴射装置、ターボ用電動コンプレッサ、ディーゼル向け鈑金タービンハウジング、ガスインジェクション機能付き電動コンプレッサ、始動用12Vリチウムイオン2次電池、FLAD基材排ガス浄化触媒

2)電動化関連(モータ、バッテリー、インバータなど) ······························( 55)

インホイールモータ用ワイヤレス給電技術、新世代EV向け超急速充電システム、PHV用小型充電器、EV用ワイヤレス給電システム、EV向け電動ドライブモジュール、トラクションモータシステム「E-Axle」、モータ・ジェネレータ機能付きハブベアリング「eHUB」、48Vマイルドハイブリッド車向けエンジン出力軸直結ISG、次世代EV用モータ制御専用回路技術、ハイブリッド車用超小型フルSiC
パワーユニット、セパレータレス新構造リチウムイオン2次電池、最大50%ネオジム磁石削減モーター、省レアアース重希土類フリーモーター、低抵抗トレンチコート構造SiC-MOSFET、EV用高耐久性SiCパワー半導体、大電流(50A以上)縦型GaNパワー半導体、コンパクトパッケージ水素ステーション、EV・PHVバッテリー利用系統連系型電源システム、小型EV向けプラットフォーム「e Power train」

2.シャシー系・ボディ系・操作系分野(60タイトル) ·································( 83)

1)システム(車両運動制御、先進安全、自動運転など) ······························( 83)

車両運動制御技術GVC Plus、車載用大容量直流電力線による通信技術、ドライバー眠気検知・予測技術、ドライバー脳波測定による運転支援技術、顔画像センシングによるドライバー見守りセンサー、ドライバー異常時緊急停止システム、後付けドライバーステータスモニター、事故リスク予測プラットフォーム、ディープラーニング技術応用高速画像認識ソリューション、人工知能応用「気が効く」HMI技術、ドライバー運転負荷軽減音声アシスタント機能、先読みエコドライブ機能付きカーナビゲーション、逆送検知機能搭載カーナビゲーション、ペダル踏み間違い加速抑制システム、周囲とコミュニケーションする「安心・安全ライティング」、トレーラー向け安全走行支援カメラシステム「Surround Eye 3+1」、自動運転用ソフトウェア高速変更技術、自動運転アプリ不具合短時間再現技術、自動運転用LiDAR
における高信頼性計測ロジック技術、長距離呼び寄せ自動遠隔出庫システム「Long Renge Summon」、自動駐車システム「Pro Pirot Parking」、自宅・駐車場周辺環境を記憶する高度自動駐車システム、スマートフォン利用バーチャルキーレスエントリーシステム、車載システム向け多層防御技術、センサーセキュリティ技術、スピーカーレスオーディオシステム、運転席・助手席の同時定位オーディオシステム、滑りやすい路面検知タイヤセンシング技術、中小型トラック用電動パーキングブレーキ、電動パワーステアリング用汎用制御ソフト

2)部品分野(センサ、ECU、LSI、アクチュエータ、車部品一般、電子部品) ···(124)

MEMSミラーを用いた自動運転向けLiDAR、自動運転向けLiDARにおける長距離測定回路技術、世界最小77GHzミリ波レーダー、電子スキャン方式24GHz準ミリ波レーダー、ステレオマッチング技術よる車載用カメラ、夜間認識性能を向上させた普及型画像センサー、高精度路面検知車載ステレオカメラ、デジタルアウターミラー(電子ミラー)、人工知能応用電子ミラー向け物体認識技術、高感度カメラによる
電子インナーミラー、GNSS・6軸センサー利用自車位置検出ユニット、ドライバーモニター用グリップセンサー付きハンドル、2出力ブレーキペダルポジションセンサー、ハプティクス向けアクチュエータ、5G向け合成石英ガラスアンテナ、仮想化支援機能搭載次世代車載制御マイコン、車載用3D AR HUD、超薄型拡張現実HUD、高精細レーザー光ヘッドランプ、青色レーザーによる次世代型指向性白色光源、シート一体型センターエアバッグ、印刷方式4K有機ELパネル、カーエアンコン用2重管型熱交換器
「IHX」、ステアリング補助機能付きハブベアリング「e HUB」、LED照明付きエアコンレジスター、自動運転用タイヤ、空気レスタイヤ、タイヤ共鳴音低減技術、引張り強度420MPa超高強度アルミボルト、防水型パワースライド駆動ユニット

3.材料系・工法系分野(57タイトル)······················································(169)

1)金属(鉄、アルミ、銅、レアメタル)···················································(169)

鉄による軽量化“NSafe-Auto Concept”、高生産性ホットスタンプ鋼板、冷間プレス加工用1310Mpaハイテン鋼板、高成形性980MPaハイテン鋼板、張出し・フランジ成形用ハイテン鋼板「JEFORMA」、高潤滑性自動車用GI鋼板「GI JAZ」、トラック用高強度板ばね用鋼、トポロジー技術応用部品接合位置
最適化技術、隙間ゼロの自動車用亜鉛めっき鋼板溶接技術、異種金属接合用ロボットシステム、チタン薄板大型スポーツバイク燃料タンク、難燃性Mg合金とAl合金の異材接合技術、エンジン周辺部品向け高耐熱ダイカスト用Mg合金、3Dプリンターで作る砂型製作技術、コバルト・ニッケルのリサイクル技術

2)樹脂・ゴム······················································································(189)

耐ガソリン性の高いバイオプラスチックフィルム、高強度・高耐熱コネクタ用樹脂(PPA)、プルプレス方式による複雑成形部品量産技術、外装部品向け射出発泡成形技術、接着性ポリオレフィン、バイオマスからインプレン生成技術、バイオPC・バイオウレタン樹脂、燃費と高破壊強度を両立したゴム複合体、自動車タイヤ向け液状ファネルセンゴム

3)ガラス・グレージング·······································································(200)

樹脂コーティングによる防曇膜付きフロントガラス、有機無機ハイブリッドコーティングによる防曇膜付きフロントガラス、ユニーク形状リアガラス、車載ディスプレイ用曲面形状カバーガラス、ガラス代替高剛性・高タフネス透明樹脂、樹脂窓ハードコート(プラズマCVD)技術

4)複合材(CFRP、GFRP) ···························································(208)

フッ素樹脂を用いた熱可塑性CFRTP、SMC製バックドア、しなやかタフポリマー応用繊維強化プラスチック、しなやかタフポリマー応用CFRP、熱可塑性CFRP連続異形成形技術、リサイクル対応熱可塑性CFRP用rPEEK樹脂、接触加熱方式によるCFRP真空成形技術、三軸織CFRTP、プルプレス成形によるCFRP、CFRP急速加熱装置「HDサーモII/CP」、衝撃吸収骨格用FRP、セルロースナノファイバー材を用いる自動車部品軽量化技術、スチールと繊維強化樹脂を用いる軽量・高剛性ドア、EV用ハイブリッド・サスペンションアーム、樹脂製クロスカービーム、マルチマテリアルドアモジュール

5)電子材料·························································································(228)

パワーモジュール用高熱伝導性窒化ケイ素基板、LEDヘッドライト用ヒートシンク一体型窒化アルミ基板、高耐熱ハロゲンフリー多層基板材料、耐酸性無酸素銅条、高ロバスト性Ni-Zn系ソフトフェライト材料、フロントガラスへの映り込み防止ディスプレイ用フィルム、高電圧リン酸鉄系リチウムイオン2次電池用正極材、燃料電池用フッ素系電解質ポリマー、一酸化炭素燃料による燃料電池触媒、パワーモジュール用焼結接合材料、電動化車両向けコイルへの均一絶縁コーティング

4.開発サポート・自動車技術応用分野(9タイトル) ····································(245)

車載用モデルベース開発、モデルベースと開発連携するドライブトレインシステム、人工知能応用トポロジー最適化EVモーター設計支援技術、都市交通渋滞解消CMOSマシン、路面検査コンパクトユニット、人工知能応用感性分析サービス、工業用汎用水素バーナー、パワーアシストスーツ、第3世代ヒューマノイドロボット

 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る