世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

DC Power for Energy Efficient Buildings


世界の省エネビルの直流(DC)電源の市場分析と予測:ビルの直流給電機器と配電インフラストラクチャ

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート 「世界の省エネビルの直流(DC)電源の市場分析と予測:ビルの直流給電機器と配電インフラストラクチャ」 は、新しい地域市場に... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2019年4月8日 US$3,950
1-5ユーザライセンス(PDF+Excel)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
34 12 英語

 

Summary

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「世界の省エネビルの直流(DC)電源の市場分析と予測:ビルの直流給電機器と配電インフラストラクチャ」は、新しい地域市場に既存技術が成熟し普及するに伴う商業ビルの直流(DC)電力技術市場の軌跡を考察している。開発サイクルを終了して商用化に移行している新しい技術について記載している。2028年までの収益を技術タイプ毎と地域毎に予測している。

Alternating current (AC) power is nearly ubiquitous, as conventional power grids supply AC power to commercial buildings and other users. However, certain categories of devices require direct current (DC) power. To provide DC power from an AC grid, these devices rely on internal or plug-in power supplies that convert power from AC to DC and step down voltage to the appropriate level. This conversion process results in an incremental loss of power due to inherent inefficiencies. When added together across numerous devices, the total power loss becomes more substantial.

DC offers better energy savings and improved reliability integrating DC-native resources and loads. Deployed at the building level, DC power distribution can reduce the number of required conversions, thereby increasing overall building energy efficiency. DC power systems rely on centralized, higher efficiency devices to convert AC to DC power and then distribute low- to mid-voltage DC power to various loads, including lighting, sensors, door locks, plug-in devices, actuators, controls, and more. The advantages of DC power systems become clear when considering the integration of renewable energy generation and energy storage systems.

This Navigant Research report considers the likely trajectory of markets for DC power technologies in commercial buildings as existing technologies mature and penetrate new regional markets. The study accounts for new technologies completing development cycles and moving into commercialization. Global market forecasts for revenue segmented by technology type and region extend through 2028.

  • Why should building owners consider deploying direct current (DC) power systems in buildings?
  • What are the benefits of DC power systems in buildings?
  • What are the market barriers for DC power systems in buildings?
  • What is the global forecast of DC solutions in buildings by region and technology type over the next 10 years?
  • Building owners and managers
  • Building contractors, architects, and engineers
  • Building power system and distribution infrastructure providers
  • Government agencies
  • Investor community

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary
1.1   Overview
1.2   DC Power Technologies
1.3   Market Forecasts
 
2. Market Issues
2.1   Introduction 
2.1.1   History of AC and DC Power
2.1.2   DC vs. AC 
2.2   Mid-Voltage DC for Buildings
2.3   Power Systems in Buildings
2.4   DC Building Market Points of Entry
2.5   Benefits of DC Power
2.5.1   Energy Efficiency and Conversion between AC and DC
2.5.2   Advantages of DC Distribution
2.5.3   Safety Benefits 
2.5.4   Synchronization
2.6   Market Drivers 
2.6.1   Push for Energy Efficiency 
2.6.2   Proliferation of PoE
2.6.3   Green Buildings, Zero Net Energy Buildings
2.6.4   Renewable Energy Integration
2.6.5   Microgrids in Developing Regions 
2.6.6   Cost Savings
2.7   Market Barriers
2.7.1   Strong Market Inertia for AC Power
2.7.2   Lack of DC-Ready Devices
2.7.3   Safety and Fault Protection
2.7.4   Need for Standardization 
2.8   EMerge Alliance
 
3. Technology Issues
3.1   Introduction 
3.2   DC Building Power Supply Equipment
3.3   DC Distribution Infrastructure
 
4. Market Forecasts
4.1   Market Assumptions
4.2   Global Forecast by Technology Type
4.3   Forecast by Region
4.3.1   North America
4.3.2   Europe
4.3.3   Asia Pacific
4.3.4   Rest of World
4.4   Conclusions and Recommendations
 
5. Acronym and Abbreviation List
6. Table of Contents
7. Table of Charts and Figures
8. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes


 
  • DC Building Technologies Revenue by Region, World Markets: 2019-2028
  • DC Building Technologies Revenue by Technology Type, World Markets: 2019-2028
  • DC Building Technologies Revenue by Technology Type, North America: 2019-2028
  • DC Building Technologies Revenue by Technology Type, Europe: 2019-2028
  • DC Building Technologies Revenue by Technology Type, Asia Pacific: 2019-2028
  • DC Building Technologies Revenue by Technology Type, Rest of World: 2019-2028
  • IEEE PoE Standards
  • Solar DC Arc Fault Example
  • DC Building Technologies Revenue by Region, World Markets: 2019-2028
  • National Electrical Code (NEC) Circuit Classifications
  • DC Building Technologies Revenue by Technology Type, World Markets: 2019-2028
  • DC Building Technologies Revenue by Technology Type and Region, World Markets: 2019-2028

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(building)の最新刊レポート


よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/18 10:26

158.74 円

170.83 円

204.52 円

ページTOPに戻る