世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

スマートシティにおけるサイバーセキュリティ


Cybersecurity for Smart Cities

スマートメーター、スマート照明、インテリジェントビル、モビリティなどのスマートシティのアプリケーションやテクノロジーは、モノのインターネット(IoT)技術をインフラやサービス、建築環境に組み込むこ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2021年9月1日 US$4,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
72 33 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

スマートメーター、スマート照明、インテリジェントビル、モビリティなどのスマートシティのアプリケーションやテクノロジーは、モノのインターネット(IoT)技術をインフラやサービス、建築環境に組み込むことで、利便性や協調性を提供します。公共のネットワーク上で互いに接続されたデバイス、アプリケーション、テクノロジーを新規および既存のインフラに多く組み込むことで、脅威となるアクターの攻撃対象が増加します。これらのシステムはますます複雑化しており、サイバーセキュリティのベストプラクティス、障害や侵害の可能性に対する影響評価、インシデント対応能力の確立が必要となります。
 
スマートシティにおけるサイバーセキュリティの関係者は、スマートシティ・サプライヤー・エコシステム全体、連邦政府、州政府、地方自治体、大手経営コンサルティング会社、産業用エンジニアリングおよび製造会社、企業向けハードウェアおよびソフトウェア・セキュリティ・ベンダー、スマートシティ市場で独自のセグメントを獲得しようとしているニッチ新興企業など、広範囲にわたっています。
 
このGuidehouse Insightsレポートでは、スマートシティテクノロジーのサイバーセキュリティの現状について、エンドポイント・データセキュリティ、デバイス・エンドポイントセキュリティ、ネットワークセキュリティソリューションのパッチワークを取り上げています。様々なプラットフォームやサービスモデルを持つサイバーセキュリティベンダーは、すでに自治体レベルで小規模都市のIT予算を奪い合っています。スマートシティのアプリケーションとテクノロジーは、世界各地で展開されているものの、パイロットプロジェクトや時差式のロールアウトに比較的限定されています。スマートシティのエコシステムは、センサーやデバイス、モバイルアプリケーション、クラウド基盤、ネットワーク通信などで構成されています。ネットワーク上でデータを転送・送信する何十億ものシンプルなコンピューティングデバイスの普及は、スマートな製品やデバイスにセキュリティが組み込まれていることを前提としています。
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • スマートシティのアプリケーションやテクノロジーにおけるサイバーセキュリティの主な推進要因は何ですか?
  • スマートシティにおけるサイバーセキュリティの責任者は誰か?
  • サイバーセキュリティ製品やソリューションには、どのような付加価値や収益を生み出す機能を組み込むことができるか?
  • スマートシティの開発全体におけるサイバーセキュリティのリスク管理とコントロールの主な関係者は誰か?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • OEMs
  • Telecommunications providers
  • IoT hardware providers
  • Connected system software vendors
  • Smart City application developers
  • Cybersecurity vendors
  • Municipal governments
  • Federal governments
  • Management consultancies
  • Industry associations for smart cities
  • Industry association for cybersecurity Industry association
  • for IoT and connected devices
  • Investor community


ページTOPに戻る


目次

目次
1.エグゼクティブサマリー
1.1    スマートシティの発展状況
1.2    スマートシティのサイバーセキュリティの現状
1.3    グローバルな展望
2.市場の課題
2.1    スマートシティの概要
2.1.1    スマートシティのサプライヤーエコシステム
2.1.1    スマートシティ産業の動向
2.2    サイバーセキュリティの概要とベストプラクティス
2.2.1    サイバー脅威の状況
2.2.2    脅威の主体
2.2.3 サイバー攻撃の種類
2.2.3.1    マンインザミドルアタック
2.2.3.2    マルウェアとランサムウェア
2.2.3.2.1    アトランタのランサムウェア攻撃
2.2.3.3    分散型サービス拒否攻撃
2.2.3.3.1    The Mirai Botnet
2.3    重要インフラのためのサイバーセキュリティ
2.4 サイバーセキュリティの手続き上のベストプラクティス
2.4.1    ゼロトラスト
2.4.2  セグメンテーション
2.4.3    ホワイトリスト化
2.5    スマートシティにおけるサイバーセキュリティの定番
2.5.1    データセキュリティ
2.5.2    デバイスとエンドポイントのセキュリティ
2.5.3    ネットワークセキュリティ
2.6    リスクマネジメント
2.6.1  コントロール
2.6.2  検知
2.6.3    レスポンス
2.7    マーケットドライバー
2.7.1    テクノロジーとコネクティビティの増加
2.7.2    攻撃の数とコストの増加
2.7.3    データの統合と管理
2.7.4    保険の適用
2.8    市場の障壁
2.8.1  コストとROI
2.8.2    複雑さとスケーラビリティ
2.8.3  レガシーテクノロジーとOTの統合
2.8.4    人員と意識の不足
3.技術的課題
3.1    Innovations for Securing Smart Cities
3.1.1    Secure Access Service Edge
3.1.2    AI and Advanced Analytics
3.1.2.1    Predictive Analytics and Maintenance
3.1.3    Automated Cybersecurity
3.1.4 Digital Twins
3.1.5 Biometrics
3.1.6    ブロックチェーン
3.1.7    量子コンピューティング
3.2    Frameworks and Standards
3.2.1    NIST
3.2.2    International Society of Automation and IEC 62443
3.2.3 The European Union Agency for Cybersecurity
3.2.4 ISO and IEC TS 27570
3.2.5 Additional Frameworks and Standards
4.主要な業界プレーヤー
4.1    Armis
4.2    Bitdefender
4.3    Check Point Software Technologies
4.4    Cisco Systems
4.5    CrowdStrike
4.6    Cybereason
4.7    Darktrace
4.8    Forescout Technologies
4.9    Fortinet
4.10    IBM
4.11    Kaspersky
4.12    McAfee
4.13    Microsoft Corporation
4.14    Mocana
4.15    Nokia
4.16 Palo Alto Networks
4.17    Tenable
4.18    Trend Micro
5.市場予測
5.1    グローバルな見通し
5.2    北米
5.3    欧州
5.4    アジア太平洋
5.5    中南米
5.6    中東・アフリカ
6.結論と提言
6.1    都市
6.2    セキュリティベンダ
6.3    各国政府
7.頭字語と略語のリスト
8.目次
9.表と図
10.調査範囲、情報源と方法論、注記
 
図表一覧
スマートシティ・サイバーセキュリティの地域別売上高、世界市場:2021-2030年
スマートシティ・データセキュリティの業界別売上高、世界市場:2021-2030年
スマートシティ・ネットワーキングとデバイスセキュリティの業界別売上高、世界市場
:2021-2030年
2021-2030年 スマートシティ・サイバーセキュリティ業界別売上高、北米:2021-2030年
スマートシティ・サイバーセキュリティ業界別売上高、欧州:2021-2030年
スマートシティ・サイバーセキュリティ業界別売上高、アジア太平洋地域:2021-2030年
スマートシティ・サイバーセキュリティ業界別売上高、中南米:2021-2030年
スマートシティ・サイバーセキュリティ業界別売上高、中近東・アフリカ2021-2030年
スマートシティのサプライヤー・エコシステム
サイバー・キルチェーン・ステップの例
ICSサイバーセキュリティの製品タイプ
ネットワークの細分化とゼロトラストの例
スマートシティの共通ネットワークと通信プロトコル
 
表一覧
スマートシティのサイバーセキュリティの地域別収益(世界市場):2021-2030年
スマートシティ・データ・セキュリティの産業別収益、世界市場:2021-2030年
スマートシティ・ネットワーキングとデバイス・セキュリティの産業別収益、世界市場:2021-2030年
スマートシティ・サイバーセキュリティの産業別収益、世界市場:2021-2030年
スマートシティ・サイバーセキュリティの産業別収益、北米:2021-2030年
スマートシティ・サイバーセキュリティの産業別収益、欧州:2021-2030年
スマートシティ・サイバーセキュリティの産業別収益。2021-2030年
スマートシティ・サイバーセキュリティの業界別収益、アジア太平洋地域:2021-2030年
スマートシティ・サイバーセキュリティの業界別収益、ラテンアメリカ:2021-2030年
スマートシティ・サイバーセキュリティの業界別収益、中東・アフリカ:2021-2030年
スマートシティ・データ・セキュリティの業界別収益、北米:2021-2030年
スマートシティ・データ・セキュリティの業界別収益、欧州:2021-2030年
スマートシティ・データ・セキュリティの業界別収益。2021-2030年
スマートシティ・データ・セキュリティ売上高(産業別)
アジア太平洋地域:2021-2030年
スマートシティ・データ・セキュリティ売上高(産業別) 中南米:2021-2030年
スマートシティ・データ・セキュリティ売上高(産業別) 中東及びアフリカ:2021-2030年
スマートシティ・ネットワーキング及びデバイス・セキュリティ売上高(産業別) 北米:2021-2030年
スマートシティ・ネットワーキング及びデバイス・セキュリティ売上高(産業別2021-2030年 スマートシティ・ネットワーキングおよびデバイス・セキュリティ売上高(業界別)、北米:2021-2030年
スマートシティ・ネットワーキングおよびデバイス・セキュリティ売上高(業界別)、欧州:2021-2030年
スマートシティ・ネットワーキングおよびデバイス・セキュリティ売上高(業界別)、アジア太平洋地域:2021-2030年
スマートシティ・ネットワーキングおよびデバイス・セキュリティ売上高(業界別)、中南米:2021-2030年
スマートシティ・ネットワーキングおよびデバイス・セキュリティ売上高(業界別)、中東及びアフリカ2021-2030年
スマートシティのアプリケーションとテクノロジー
 
 

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Smart city applications and technologies?the world of smart meters, smart lighting, intelligent buildings, mobility, and more?provide convenience and coordination by embedding Internet of Things (IoT) technology into infrastructure, services, and built environments. Building more devices, applications, and technologies that are connected to one another on public networks into new and existing infrastructures increases the attack surface for threat actors. These systems of systems are increasingly complex and require cybersecurity best practices, impact assessments for potential failure or compromise, and the establishment of incident response capabilities.
 
The stakeholder community for cybersecurity among smart cities is vast, including the entire smart city supplier ecosystem; federal, state, and local governments; leading management consulting firms; industrial engineering and manufacturing firms; enterprise hardware and software security vendors; and niche startups hoping to capture unique segments of the smart cities market. There is an opportunity to bridge the gap between the decentralized nature of city business management and finance and the need for centralized security risk management and controls for technology projects.
 
This Guidehouse Insights report covers the current state of cybersecurity for smart cities technologies?a patchwork of endpoint and data security, device and endpoint security, and network security solutions. Cybersecurity vendors with various platforms and service models already compete for small city IT budgets at the municipal level. Smart city applications and technologies are relatively limited to pilot projects and staggered rollouts, though deployments are germinating around the globe. Smart city ecosystems are made up of sensors and devices, mobile applications, cloud infrastructures, and network communications. The ubiquity of billions of simple computing devices that transfer and transmit data over networks is driven by an assumption that security is built into smart products and devices.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What are the main drivers of cybersecurity for smart city applications and technologies?
  • Who is responsible for cybersecurity in smart cities?
  • What value-add or revenue-generating features can be built into cybersecurity products and solutions?
  • Who are the main stakeholders for cybersecurity risk management and controls across smart city developments?
  • How do you build a mature and robust cybersecurity program in and across smart cities?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • OEMs
  • Telecommunications providers
  • IoT hardware providers
  • Connected system software vendors
  • Smart city application developers
  • Cybersecurity vendors
  • Municipal governments
  • Federal governments
  • Management consultancies
  • Industry associations for smart cities
  • Industry associations for cybersecurity
  • Industry associations for IoT and connected devices
  • Investor community


ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. Executive Summary
1.1   Smart City Developments
1.2   Current State of Smart City Cybersecurity
1.3   Global Outlook
2. Market Issues
2.1   Smart City Overview
2.1.1   Smart City Supplier Ecosystem
2.1.1.1   Trends in Smart City Industries
2.2   Cybersecurity Overview and Best Practices
2.2.1   Cyber Threat Landscape
2.2.2   Threat Actors
2.2.3   Cyberattack Types
2.2.3.1   Man-in-the-Middle Attacks
2.2.3.2   Malware and Ransomware
2.2.3.2.1   Atlanta Ransomware Attack
2.2.3.3   Distributed Denial-of-Service Attacks
2.2.3.3.1   The Mirai Botnet
2.3   Cybersecurity for Critical Infrastructure
2.4   Cybersecurity Procedural Best Practices
2.4.1   Zero Trust
2.4.2   Segmentation
2.4.3   Whitelisting
2.5   Cybersecurity Staples in Smart Cities
2.5.1   Data Security
2.5.2   Device and Endpoint Security
2.5.3   Network Security
2.6   Risk Management
2.6.1   Controls
2.6.2   Detection
2.6.3   Response
2.7   Market Drivers
2.7.1   Increase in Technologies and Connectivity
2.7.2   Rising Number and Cost of Attacks
2.7.3   Data Integration and Management
2.7.4   Insurance Coverage
2.8   Market Barriers
2.8.1   Cost and ROI
2.8.2   Complexity and Scalability
2.8.3   Legacy Technologies and OT Integration
2.8.4   Lack of Personnel and Awareness
3. Technology Issues
3.1   Innovations for Securing Smart Cities
3.1.1   Secure Access Service Edge
3.1.2   AI and Advanced Analytics
3.1.2.1   Predictive Analytics and Maintenance
3.1.3   Automated Cybersecurity
3.1.4   Digital Twins
3.1.5   Biometrics
3.1.6   Blockchain
3.1.7   Quantum Computing
3.2   Frameworks and Standards
3.2.1   NIST
3.2.2   International Society of Automation and IEC 62443
3.2.3   The European Union Agency for Cybersecurity
3.2.4   ISO and IEC TS 27570
3.2.5   Additional Frameworks and Standards
4. Key Industry Players
4.1   Armis
4.2   Bitdefender
4.3   Check Point Software Technologies
4.4   Cisco Systems
4.5   CrowdStrike
4.6   Cybereason
4.7   Darktrace
4.8   Forescout Technologies
4.9   Fortinet
4.10   IBM
4.11   Kaspersky
4.12   McAfee
4.13   Microsoft Corporation
4.14   Mocana
4.15   Nokia
4.16   Palo Alto Networks
4.17   Tenable
4.18   Trend Micro
5. Market Forecasts
5.1   Global Outlook
5.2   North America
5.3   Europe
5.4   Asia Pacific
5.5   Latin America
5.6   Middle East & Africa
6. Conclusions and Recommendations
6.1   Cities
6.2   Security Vendors
6.3   National Governments
7. Acronym and Abbreviation List
8. Table of Contents
9. Table of Charts and Figures
10. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Smart City Cybersecurity Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
Smart City Data Security Revenue by Industry, World Markets: 2021-2030
Smart City Networking and Device Security Revenue by Industry, World Markets: 2021-2030
Smart City Cybersecurity Revenue by Industry, North America: 2021-2030
Smart City Cybersecurity Revenue by Industry, Europe: 2021-2030
Smart City Cybersecurity Revenue by Industry, Asia Pacific: 2021-2030
Smart City Cybersecurity Revenue by Industry, Latin America: 2021-2030
Smart City Cybersecurity Revenue by Industry, Middle East & Africa: 2021-2030
Smart City Supplier Ecosystem
Example of the Cyber Kill Chain Steps
ICS Cybersecurity Product Types
Network Segmentation and Zero Trust Example
Smart City Common Networks and Communications Protocol
 
LIST OF TABLES
Smart City Cybersecurity Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
Smart City Data Security Revenue by Industry, World Markets: 2021-2030
Smart City Networking and Device Security Revenue by Industry, World Markets: 2021-2030
Smart City Cybersecurity Revenue by Industry, World Markets: 2021-2030
Smart City Cybersecurity Revenue by Industry, North America: 2021-2030
Smart City Cybersecurity Revenue by Industry, Europe: 2021-2030
Smart City Cybersecurity Revenue by Industry, Asia Pacific: 2021-2030
Smart City Cybersecurity Revenue by Industry, Latin America: 2021-2030
Smart City Cybersecurity Revenue by Industry, Middle East & Africa: 2021-2030
Smart City Data Security Revenue by Industry, North America: 2021-2030
Smart City Data Security Revenue by Industry, Europe: 2021-2030
Smart City Data Security Revenue by Industry, Asia Pacific: 2021-2030
Smart City Data Security Revenue by Industry, Latin America: 2021-2030
Smart City Data Security Revenue by Industry, Middle East & Africa: 2021-2030
Smart City Networking and Device Security Revenue by Industry, North America: 2021-2030
Smart City Networking and Device Security Revenue by Industry, Europe: 2021-2030
Smart City Networking and Device Security Revenue by Industry, Asia Pacific: 2021-2030
Smart City Networking and Device Security Revenue by Industry, Latin America: 2021-2030
Smart City Networking and Device Security Revenue by Industry, Middle East & Africa: 2021-2030
Smart City Applications and Technologies
 
 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(スマートシティ)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/25 10:26

160.56 円

172.79 円

206.47 円

ページTOPに戻る