世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

世界のスマート街路灯市場 - 第2版


The Global Smart Street Lighting Market - 2nd Edition

概要 本調査は、スマート街路灯市場の最新動向を調査したものである。個別制御スマート街路灯の世界設置台数は、2022年末時点で2,300万台。CAGR22.7%で成長し、2027年には6,380万台に達する。ヨーロ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2023年11月28日 Eur1,000
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
80 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

本調査は、スマート街路灯市場の最新動向を調査したものである。個別制御スマート街路灯の世界設置台数は、2022年末時点で2,300万台。CAGR22.7%で成長し、2027年には6,380万台に達する。ヨーロッパは主要な導入国であり、現在世界の設置台数の約35%を占めている。北米は第2位で、最も急成長している市場でもある。ベンダー、製品、市場に関する最新情報をご覧ください。

 


 

世界のスマート街路灯市場は、この重要なスマートシティアプリケーションに関する世界の最新動向を分析しています。Berg Insight社のこの戦略的調査レポートは、5年間の業界予測や専門家による解説など、80ページにわたる独自のビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の基礎とします。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする企業20社へのインタビューから得た洞察
  • スマート街路灯技術の360度概観
  • スマート街路灯市場の主要企業41社のプロファイル
  • ベンダーの市場シェアと競争力に関する考察
  • 2027年までの地域別・技術別の市場予測
  • 最新の市場動向と業界動向の詳細分析

個別制御街路灯の設置ベースは2027年に6,380万基に達する

電化された公共の街灯インフラは、車両と歩行者の安全性を向上させ、道路を利用するすべての人に快適性を提供するために、19世紀後半から存在している。今日、世界中で数億個の街灯が設置され、先進国の主要都市部ではユビキタスに近い技術となっている。しかし、街路照明インフラは、エネルギー消費とメンテナンス作業という点で、しばしば主要なコストセンターを構成し、また、都市が排出する温室効果ガス総量の大部分を占めている。さらに、静的な照明計画は不必要な光害を引き起こし、人間と環境生態系の両方に有害な影響を与える可能性がある。IoT通信とエネルギー効率の高いLED技術の発展とともに、街路照明ネットワークの遠隔監視、制御、管理を可能にするスマート街路照明システムが登場し、これらの問題に対処すると同時に、当局と公益事業者が大幅なコストとエネルギーの節約を達成し、同時に市民に提供される社会的利益を向上させることを可能にしている。さらに近年、スマート街灯インフラは、さまざまな追加スマートシティ・デバイスを管理するための有望なプラットフォームとして浮上している。

Berg Insight社は、2022年末時点の個別制御型スマート街路灯の世界設置台数は2,300万台と推定している。CAGR22.7%で成長し、2027年には6,380万台に達する。ヨーロッパは主要な導入国であり、現在世界の設置台数の約35%を占めている。北米は第2位の市場であり、最も急速に成長している市場でもある。セルラー通信とPLC通信がそれぞれ2番目と3番目に一般的な接続技術である一方、さまざまな独自のRFネットワーキング・プラットフォームが、個別に制御される街路灯の60%を占めている。2023年第3四半期現在、スマート街路照明のトップベンダーは、約490万台の照明制御装置を設置したシグニファイで、米国を拠点とするイトロンと中国のフォンダ・テクノロジーがこれに続いている。また、Itronはネットワーク・セグメントでもグローバル・リーダーとなっている。

本レポートは以下の質問に答えます

  • スマート街路灯ソリューションの主な構成要素は?
  • 望ましい通信技術オプションはどれか?
  • LoRaWAN、NB-IoT、LTE-MなどのLPWA技術の採用はどのように進展するか?
  • スマート街路灯市場に影響を与えるトレンドや開発は何か?
  • スマート街路灯市場の主要企業は?
  • スマートシティの文脈におけるスマート街路灯ベンダーの展望は?
  • スマート街路灯市場は今後5年間でどのように進化するのか?


ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図のリスト

エグゼクティブサマリー

1 スマート街路照明の紹介

1.1 LEDと適応型照明への移行
1.2 街路灯のスマート化
1.2.1 遠隔制御と監視
1.2.2 予防保全とリアルタイム故障報告
1.2.3 エネルギー消費の計測と請求
1.2.4 都市プラットフォームとしてのスマート街路灯
1.3 スマート街路灯インフラ
1.3.1 調光可能な照明器具と照明制御ユニット
1.3.2 ネットワーク・インフラ
1.3.3 中央管理システム

2 企業プロフィール

2.1 照明制御ベンダー
2.1.1 Acuity Brands
2.1.2 C2 SmartLight
2.1.3 CITiLIGHT
2.1.4 CityLight
2.1.5 Current Lighting
2.1.6 Datek Light Control
2.1.7 Dimonoff
2.1.8 Flashnet (Lucy Group)
2.1.9 Fonda Technology
2.1.10 gridComm
2.1.11 LACROIX
2.1.12 LED Roadway Lighting
2.1.13 Lucy Zodion (Lucy Group)
2.1.14 MEAZON
2.1.15 MinebeaMitsumi & Paradox Engineering
2.1.16 Quantela
2.1.17 Revetec
2.1.18 Rongwen Energy Technology Group
2.1.19 Schréder
2.1.20 Sensus (Xylem)
2.1.21 Signify
2.1.22 Smartmation
2.1.23 SSE
2.1.24 ST Engineering Telematics Wireless
2.1.25 TVILIGHT
2.1.26 Ubicquia
2.1.27 Umpi
2.1.28 Urban Control (DW Windsor)
2.1.29 Wellness TechGroup
2.1.30 Domestic Chinese Vendors
2.2 ソフトウェアとネットワークプラットフォームのスペシャリスト
2.2.1 Cisco
2.2.2 Citégestion (EDF)
2.2.3 CityLinx
2.2.4 Dhyan
2.2.5 Itron
2.2.6 Luminext
2.2.7 TerraGo

3 市場予測とトレンド

3 市場予測とトレンド
3.1 市場予測
3.2 業界分析
3.3 市場動向
3.3.1 スマート街路灯市場は統合の道を歩み始めた
3.3.2 一般的な接続性の代替としてセルラー技術がトレンドに
3.3.3 スマート街路灯における競争の新時代
3.3.4 D4iとZhagaの採用拡大
3.3.5 相互運用性への要求の高まり
3.3.6 第二波のスマート街路灯導入が加速している
3.3.7 スマートポールソリューションのビジネスケースの弱体化
3.3.8 キャビネット制御ソリューションは引き続き安定した需要

用語解説

ページTOPに戻る


プレスリリース

2023-11-28 プレスリリース
スマート街路灯の設置ベースは2027年までに世界で6,400万台に達する

IoTアナリスト企業Berg Insightの新しい調査報告書によると、2022年末時点のスマート街路灯の設置台数は世界で2,300万台であった。年平均成長率(CAGR)22.7%で成長し、設置ベースは2027年末までに6380万に達する。街路灯技術の導入は欧州がリードしており、2022年には世界の設置ベースの35%を占めた。北米はヨーロッパに追いつき、力強く成長しており、2022年の世界出荷量の約38%を占めている。中国は同時に、欧州と北米以外のスマート街路灯設置ベースのほぼ半分を占めている。

世界トップの街路灯ベンダーは、2023年第3四半期時点で、490万台近くの街路灯を接続し、世界の設置ベースの18%を占めるシグニファイである。同社は、2021年7月にかつての市場リーダーであったテレンサを買収し、トップの座に上り詰めた。上位3社には、米国を拠点とするItronと中国のFonda Technologyも含まれており、後者は照明コントローラーのほとんどを国内市場に展開している。上位3社合計で、個別制御型スマート街路灯の世界設置台数のほぼ3分の1を占めている。Itronはさらに、ネットワーキング・セグメントでもグローバル・リーダーを構成している。主なスマート街路灯メーカーには、北米のQuantela、Dimonoff、Ubicquia、LED Roadway Lighting、ベルギーのSchréder、中国のRongwen Energy Technology Group、イタリアのRevetec、Umpi、ルーマニアのFlashnet(Lucy Group)、英国のLucy Zodion(Lucy Group)とSSE、シンガポール/イスラエルのST Engineering Telematics Wirelessなどがある。

「スマート街路灯市場は、2021年にサプライチェーンの制約やCovid-19パンデミックの最中における新規プロジェクトの入札発行の遅れによって減速した後、2022年と2023年の第1四半期に大きな成長を遂げた」とBerg InsightのIoTアナリスト、William Ankreusは述べている。都市や自治体では、街路灯に関連するエネルギーコストや環境問題に対する意識が高まっており、これが街路灯スマート化市場の成長のきっかけとなっている。独自のRFネットワーク・プラットフォームは、スマート街路灯展開のための主要な接続タイプであったが、現在、世界のいくつかの地域で、市場は明らかにセルラー通信の使用増加傾向にある。「セルラー接続はシンプルでプラグアンドプレイが可能なため、スマート街路灯導入の選択肢としてますます人気が高まっており、最も急成長している接続技術になると予想されています」とAnkreus氏は続けた。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

This study investigates the latest developments on the smart street lighting market. The global installed base of individually controlled smart street lights amounted to 23.0 million units at the end of 2022. Growing at a CAGR of 22.7 percent, the number will reach 63.8 million in 2027. Europe is the leading adopter and today accounts for around 35 percent of the global installed base. North America is the second largest and also constitutes the fastest growing market, closely followed by the Rest of World region. Get up to date with the latest information about vendors, products and markets.

 


 

The Global Smart Street Lighting Market analyses the latest developments on this important smart cities application worldwide. This strategic research report from Berg Insight provides you with 80 pages of unique business intelligence including 5-year industry forecasts and expert commentary on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • Insights from 20 interviews with market-leading companies.
  • 360-degree overview of smart street lighting technology.
  • Profiles of 41 key players in the smart street lighting market.
  • Reviews of vendor market shares and competitive dynamics.
  • Market forecasts by region and technology lasting until 2027.
  • Detailed analysis of the latest market and industry developments.

The installed base of individually controlled street lights to reach 63.8 million in 2027

Electrified public street lighting infrastructure has been around since the late 19th century to improve vehicle and pedestrian safety as well as to provide increased comfort to all users of the street. Today, several hundred million street lights have been installed worldwide and the technology is now close to ubiquitous in all major urban areas of the developed world. The street lighting infrastructure however often constitute major cost centres in terms of energy consumption and maintenance work, and also account for a significant share of the total greenhouse gas emissions that a city generates. In addition, static lighting schemes contribute to unnecessary light pollution, which could have harmful impacts on both humans and environmental ecosystems. Along with the developments in IoT communications and energy-efficient LED technology, smart street lighting systems that enable remote monitoring, control and management of street lighting networks have emerged to address these issues and allow authorities and utilities to achieve significant cost and energy savings while at the same time improving the societal benefits provided to citizens. In recent years, smart street lighting infrastructure has moreover emerged as a promising platform for the management of a variety of additional smart city devices.

Berg Insight estimates that the global installed base of individually controlled smart street lights amounted to 23.0 million units at the end of 2022. Growing at a CAGR of 22.7 percent, the number will reach 63.8 million in 2027. Europe is the leading adopter and today accounts for around 35 percent of the global installed base. North America is the second largest market and also constitutes the fastest growing market. A variety of proprietary RF networking platforms together account for 60 percent of the individually controlled street lights while cellular and PLC communications are the second and third most common connectivity technologies respectively. As of Q3-2023, the leading smart street lighting vendor was Signify with an installed base of nearly 4.9 million lighting controls, followed by US-based Itron and the Chinese vendor Fonda Technology. Itron also constitutes the global leader in the network segment.

This report answers the following questions:

  • What are the main components of a smart street lighting solution?
  • Which are the preferred communications technology options?
  • How will the adoption of LPWA technologies such as LoRaWAN, NB-IoT and LTE-M evolve?
  • What trends and developments affect the smart street lighting market?
  • Which are the leading companies in the smart street lighting market?
  • What is the outlook for smart street lighting vendors in the context of smart cities?
  • How will the smart street lighting market evolve over the next five years?


ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    Introduction to Smart Street Lighting

1.1    The transition to LED and adaptive lighting
1.2    Smart street lighting
1.2.1    Remote control and monitoring
1.2.2    Preventive maintenance and real-time fault reporting
1.2.3    Energy consumption metering and billing
1.2.4    Smart street lighting as a city platform
1.3    Smart street lighting infrastructure
1.3.1    Dimmable luminaires and lighting control units
1.3.2    Network infrastructure
1.3.3    Central management system

2    Company Profiles

2.1    Lighting control vendors
2.1.1    Acuity Brands
2.1.2    C2 SmartLight
2.1.3    CITiLIGHT
2.1.4    CityLight
2.1.5    Current Lighting
2.1.6    Datek Light Control
2.1.7    Dimonoff
2.1.8    Flashnet (Lucy Group)
2.1.9    Fonda Technology
2.1.10    gridComm
2.1.11    LACROIX
2.1.12    LED Roadway Lighting
2.1.13    Lucy Zodion (Lucy Group)
2.1.14    MEAZON
2.1.15    MinebeaMitsumi & Paradox Engineering
2.1.16    Quantela
2.1.17    Revetec
2.1.18    Rongwen Energy Technology Group
2.1.19    Schréder
2.1.20    Sensus (Xylem)
2.1.21    Signify
2.1.22    Smartmation
2.1.23    SSE
2.1.24    ST Engineering Telematics Wireless
2.1.25    TVILIGHT
2.1.26    Ubicquia
2.1.27    Umpi
2.1.28    Urban Control (DW Windsor)
2.1.29    Wellness TechGroup
2.1.30    Domestic Chinese Vendors
2.2    Software and network platform specialists
2.2.1    Cisco
2.2.2    Citégestion (EDF)
2.2.3    CityLinx
2.2.4    Dhyan
2.2.5    Itron
2.2.6    Luminext
2.2.7    TerraGo

3    Market Forecasts and Trends

3.1    Market forecasts
3.2    Industry analysis
3.3    Market trends
3.3.1    The smart street lighting market has begun its consolidation journey
3.3.2    Cellular technologies trending as a popular connectivity alternative
3.3.3    A new era of competition within smart street lighting
3.3.4    Growing adoption of D4i and Zhaga
3.3.5    Increasing demand for interoperability
3.3.6    Second-wave smart street lighting deployments are picking up pace
3.3.7    Weakening business case for smart pole solutions
3.3.8    Cabinet-control solutions continue to be in steady demand

Glossary

ページTOPに戻る


Press Release

2023-11-28 Press releases
The installed base of smart street lights to reach 64 million worldwide by 2027

According to a new research report from the IoT analyst firm Berg Insight, the installed base of smart street lights amounted to 23.0 million globally at the end of 2022. Growing at a compound annual growth rate (CAGR) of 22.7 percent, the installed base will reach 63.8 million by the end of 2027. Europe leads the adoption of smart street lighting technology and accounted for as much as 35 percent of the global installed base in 2022. North America is catching up with Europe and is growing robustly, accounting for around 38 percent of global shipment volumes in 2022. China was at the same time home to almost half of the installed base of smart street lights outside Europe and North America.

The world’s leading smart street lighting vendor was as of Q3-2023 Signify which with nearly 4.9 million connected street lights accounted for 18 percent of the global installed base. The company climbed to pole position after acquiring the former market leader Telensa in July 2021. Included in the top three were also US-based Itron and the Chinese Fonda Technology, of which the latter has most of its lighting controllers deployed in the domestic market. In total, the top three vendors accounted for almost a third of the global installed base of individually controlled smart street lights. Itron furthermore also constitutes a global leader in the networking segment. Major smart street lighting players also include Quantela, Dimonoff, Ubicquia and LED Roadway Lighting from North America; Schréder from Belgium; Rongwen Energy Technology Group from China; Revetec and Umpi from Italy; Flashnet (Lucy Group) from Romania; Lucy Zodion (Lucy Group) and SSE from the UK; and ST Engineering Telematics Wireless from Singapore/Israel.

“The smart street lighting market experienced significant growth in 2022 and the first quarters of 2023, after a slowdown during 2021 following supply chain constraints and delays in the issuance of tenders for new projects in the midst of the Covid-19 pandemic”, said William Ankreus, IoT analyst, Berg Insight. Cities and municipalities have become increasingly aware of energy costs and environmental issues related to street lighting which has been a catalyst for growth in the smart street lighting market. While proprietary RF networking platforms have been the dominant connectivity type for smart street lighting deployments, the market is now clearly trending towards increased use of cellular communications in several parts of the world. “The simplicity and plug-and-play nature of cellular connectivity have made it an increasingly popular alternative for smart street lighting deployments and is expected to be the fastest growing connectivity technology”, continued Mr. Ankreus.

 

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(スマート街路灯)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/20 10:27

159.16 円

171.47 円

205.16 円

ページTOPに戻る