世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

欧州と北米の公共交通高度道路交通システム(ITS) - 第9版


Public Transport ITS in Europe and North America - 9th Edition

概要 欧州と北米の公共交通向けITS(高度道路交通システム)市場は、2024年以降どのように発展していくのだろうか。これら2地域のバス・路面電車向け公共交通ITSの市場総額は、2022年の30.3億ユーロか... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2024年3月15日 Eur1,500
シングルユーザライセンス(PDF)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
290 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

欧州と北米の公共交通向けITS(高度道路交通システム)市場は、2024年以降どのように発展していくのだろうか。これら2地域のバス・路面電車向け公共交通ITSの市場総額は、2022年の30.3億ユーロから年平均成長率7.1%で成長し、2027年には42.6億ユーロに達すると予測されている。今回で第9版となるBerg Insightの戦略的調査レポートは、ダイナミックなテレマティクス業界の最新動向と発展をカバーしています。ベンダー、製品、市場に関する最新情報をお届けします。

 


 

欧州と北米の公共交通ITS は、Berg Insightが9年連続で発行している、これら2地域の公共交通向けインテリジェント交通システム市場の最新動向を分析したレポートです。Berg Insightのこの戦略的調査レポートは、5年間の業界予測、専門家による解説、実際のケーススタディを含む290ページのユニークなビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の基礎とします。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする企業30社との新たなエグゼクティブ・インタビューからの洞察
  • 欧州と北米における車両保有台数と公共交通利用率に関する新データ
  • 公共交通ITSのバリューチェーンと主要アプリケーションの包括的な説明
  • 市場動向と主要開発の詳細分析
  • アフターマーケットITSソリューションプロバイダー81社のプロファイル
  • 公共交通車両ブランドによるOEM提案の概要
  • 2027年までの市場予測を改訂

イノベーションの推進 インテリジェントな公共交通の次の波
高度道路交通システム(ITS)という用語は、交通インフラや車両に適用される情報通信技術を指す。ベルグインサイトの公共交通ITSの定義には、公共交通車両、ターミナル、停留所、発着所などに設置されるシステムが含まれる。また、効率的な運行を実現するため、公共交通サービスの計画、スケジュール、管理を確実に行うバックオフィスITシステムも含まれる。公共交通のためのITSの重要な部分は、ルート、出発時間、起こりうる障害、接続サービスに関する最新情報を旅行者に提供するソリューションである。このようなさまざまなタイプのソリューションの歴史は数十年前にさかのぼり、現在の最先端ソリューションには、例えばリアルタイムの複合一貫輸送やマルチオペレーターのジャーニープランナー、アカウントベースのチケット発券のための非接触型カードやNFC対応ハンドセットを使用した自動料金収受システム、高度なモビリティ分析ソフトウェアなどがある。

都市における継続的な人口増加と消費者の嗜好の変化により、公共交通機関の社会における役割はますます重要になっている。COVID-19パンデミック以前には、欧州と北米でそれぞれ年間約600億回と120億回の公共交通機関の旅客輸送が行われていた。パンデミックの間、その数は大幅に減少し、2023年下半期になっても完全には回復していない。利用可能な交通手段には、例えば路線バスや地域バス、トロリーバス、地域・郊外鉄道、地下鉄、路面電車、水上旅客輸送サービスなどがある。2021年には、欧州と北米のバス・コーチの登録台数はそれぞれ86万台と100万台に達した。欧州の公共交通サービスの経済価値は年間約1,450億~1,550億ユーロ、北米の同経済価値は約800億~900億ユーロと推定される。

Berg Insightは、公共交通機関のITS市場は今後も成長し続けると見ている。都市化、気候変動、交通渋滞などの課題は、公共交通ITSへの投資に拍車をかけ続け、市場状況を好転させる。しかし、個々の市場は、政治情勢、緊縮政策、地域の発展によって一時的に変動する可能性がある。欧州のバスおよび路面電車向け公共交通ITSの総市場価値は、2022年の21.5億ユーロから年平均成長率(CAGR)6.3%で成長し、2027年には29.2億ユーロに達すると予測される。欧州のバスと路面電車におけるGPS位置情報機能と無線通信機能を備えた車載コンピューターの普及率は、2022年の91.0%から2027年には94.1%に増加すると推定されるが、地域市場によってかなり差がある。北米では、公共交通ITSの総市場価値は2022年の8億8,000万ユーロからCAGR 8.8%で成長し、2027年には13億4,000万ユーロに達すると予測され、普及率は2022年の92.5%から2027年には97.7%に上昇すると推定される。

国際的なアフターマーケット・ソリューション・プロバイダーのグループが、公共交通ITS市場のリーダーとして台頭してきた。ヨーロッパと北米の主要なプロバイダーには、カナダを拠点とするTrapeze Groupとドイツを拠点とするINITがあり、両地域に大きな設置基盤を有している。Clever DevicesとConduentは北米の公共交通ITS市場で主導的地位を占めており、後者は運賃徴収システムの国際的プロバイダーでもある。北米で大きなシェアを持つその他の企業には、Cubic Transportation SystemsとAvail Technologiesがある。また、Siemens Mobilityも欧州と北米の両方で著名なソフトウェア・ベンダーである。欧州の国内市場で大きなシェアを持つ企業の例としては、フランスで主要な地位を占めるEquansとRATP Smart Systemsがある。また、Vix Technology社、Flowbird社、Ticketer社は英国市場の主要プロバイダーであり、IVU社は欧州のドイツ語圏で圧倒的な地位を占めている。その他、スペインのGMV、Indra、Grupo ETRA、フランスのThales、ドイツのAtron、スカンジナビアのFARA、Pilotfish、Consat Telematics、オーストリアのSwarco、Kontron Transportationなどが大手である。さらに、Volvo GroupとDaimlerは車両OEMセグメントの注目すべきプレーヤーであり、Scania、Iveco、Gillig、New Flyerなどの企業も、自社のバスに従来のOEMテレマティクス機能を提供している。

公共交通ITS市場の見通しは、いくつかの大きな進展がこうした技術への投資の増加を促しており、明るい。ITS市場は、ITxPT協会やAPTAの公共交通車両とITSの標準化プログラムなど、国際的な公共交通関連のイニシアチブからプラスの影響を受ける可能性が高い。ITSの開発は近年、統合レベルの向上と運賃徴収目的の技術進歩の活用に重点を置いている。標準化の努力は、準拠を選択する市場関係者の増加や、調達組織がコスト削減という形でメリットを実感することから、成果を上げ始めている。ITS全般と公共交通ITSが、持続可能なスマート・モビリティを実現するための重要な要素となっている。

本レポートは以下の質問に答えます

  • 公共交通機関はどのように組織され、管理されているのか?
  • 欧州と北米の公共交通機関の地理的構造は?
  • アフターマーケットの公共交通ITSソリューションの主要プロバイダーはどこか?
  • 車両OEMはどのような製品を提供しているか?
  • OEMが標準搭載するOBUは市場にどのような影響を与えるか?
  • 公共交通ITSソリューション市場に影響を与える推進要因と障壁は何か?
  • 規制の進展は公共交通ITS産業にどのような影響を与えているか?
  • 公共交通ITS産業は今後どのように進化していくのか?

 



ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図表の一覧

エグゼクティブサマリー

1 欧州と北米の公共交通機関

1.1 旅客輸送のモーダル・スプリット
1.2 バスの保有台数と公共交通機関の利用率
1.3 バス・バスOEMの市場シェア
1.4 鉄道を利用する公共交通機関
1.4.1 路面電車とライトレール
1.4.2 地下鉄
1.5 公共交通機関の組織と契約
1.5.1 欧州における法的枠組み
1.5.2 北米における法的枠組み
1.5.3 組織形態と地域差
1.6 主要な公共交通事業者

2 ITS技術とソリューション

2.1 公共交通ITSインフラ
2.1.1 車両セグメント
2.1.2 路側セグメント
2.1.3 バックオフィスセグメント
2.1.4 旅行者セグメント
2.1.5 GNSSセグメント
2.1.6 ネットワークセグメント
2.2 公共交通機関の管理
2.2.1 計画・スケジューリングツール
2.2.2 コンピュータ支援配車システム
2.2.3 交通信号優先
2.2.4 デポ管理
2.3 旅行者管理
2.3.1 旅客情報
2.3.2 エンターテインメント
2.3.3 運賃支払い
2.4 ドライバー管理
2.4.1 運転データの登録と分析
2.4.2 エコドライブスキーム
2.4.3 ビデオを使ったドライバーモニタリング
2.4.4 保険リスク管理
2.5 車両管理
2.5.1 車両診断とメンテナンス計画
2.5.2 車載セキュリティ・ソリューション
2.6 ビジネスモデルと戦略

3 市場予測と動向

3.1 市場分析
3.1.1 市場価値予測
3.1.2 地域別市場
3.1.3 主要ベンダー
3.2 市場促進要因と障壁
3.2.1 マクロ経済環境
3.2.2 規制環境
3.2.3 競争環境
3.2.4 技術環境
3.3 バリューチェーン分析
3.3.1 ITSとテレマティクス業界のプレーヤー
3.3.2 自動車業界プレーヤー
3.3.3 通信業界プレーヤー
3.3.4 IT業界プレーヤー
3.4 今後の業界動向
3.4.1 オープンアーキテクチャがITSバリューチェーンを変える
3.4.2 公共交通機関の関係者は、関連性を維持するために統合モビリティを採用する
3.4.3 需要主導の交通が人口の少ない地域で成長する
3.4.4 モバイル機器はITSインフラで複数の重要な役割を担う
3.4.5 公共交通関係者は自律走行車に投資する
3.4.6 公共交通車両の電化が加速する
3.4.7 サービス改善を推進するデータ分析
3.4.8 パンデミックにより最新の発券とITSソリューションの導入が加速
3.4.9 コストの増加はPTAに標準化されたソリューションの採用を促す

4 OEM製品と戦略

4.1 Daimler Truck Group
4.2 Iveco
4.3 MAN Truck & Bus
4.4 Scania
4.5 Volvo Group
4.6 New Flyer (NFI Group)
4.7 Gillig
4.8 Alexander Dennis (NFI Group)
4.9 VDL
4.10 Van Hool

5 アフターマーケットソリューションプロバイダー

5.1 国際企業
5.1.1 Conduent
5.1.2 Equans
5.1.3 GIRO
5.1.4 INIT
5.1.5 IVU Traffic Technologies
5.1.6 Siemens Mobility
5.1.7 Thales
5.1.8 Trapeze Group (Modaxo)
5.2 ドイツと東欧
5.2.1 Atron
5.2.2 DILAX Group
5.2.3 Dysten
5.2.4 i-Cell
5.2.5 Kontron Transportation
5.2.6 Nettropolis
5.2.7 PSI Transcom
5.2.8 R&G
5.2.9 RADCOM
5.2.10 Ridango
5.2.11 Scheidt & Bachmann
5.2.12 Tri Star Group
5.2.13 TIU
5.2.14 Vem Technology (Elem Group)
5.2.15 ZF Bus Connect
5.3 フランス、ベネルクス、イギリス
5.3.1 Actia
5.3.2 Comatis
5.3.3 Flowbird Group
5.3.4 GreenRoad
5.3.5 Hanover Displays
5.3.6 Journeo
5.3.7 Lumiplan
5.3.8 Maestronic
5.3.9 Masabi
5.3.10 Matawan
5.3.11 Omnibus
5.3.12 RATP Smart Systems
5.3.13 Simpliciti
5.3.14 Snapper Services
5.3.15 Ticketer
5.3.16 Vix Technology
5.4 地中海
5.4.1 Efacec
5.4.2 GMV
5.4.3 Goal Systems
5.4.4 Grupo ETRA
5.4.5 Indra
5.4.6 Kentkart
5.4.7 Leonardo
5.4.8 Link Technologies
5.4.9 Metatronix (Digigroup Informatica)
5.4.10 Optibus
5.4.11 PluService
5.4.12 Questar Auto Technologies
5.4.13 Swarco
5.4.14 Tecmic
5.5 北欧
5.5.1 AddSecure Smart Transport
5.5.2 Axentia Technologies
5.5.3 Consat Telematic
5.5.4 FARA (Modaxo)
5.5.5 Hogia
5.5.6 Icomera (Equans)
5.5.7 Pilotfish
5.5.8 Saga Tenix
5.5.9 Telia Company
5.5.10 Thoreb
5.5.11 Traffilog Nordic
5.5.12 TriNorth Solutions
5.5.13 Trivector System
5.6 北米
5.6.1 Accenture
5.6.2 Avail Technologies
5.6.3 CalAmp
5.6.4 Clever Devices
5.6.5 Connexionz
5.6.6 Cubic Transportation Systems
5.6.7 Ecolane
5.6.8 ISR Transit
5.6.9 Luminator Technology Group
5.6.10 MiX Telematics
5.6.11 Moovit
5.6.12 Swiftly
5.6.13 TransLoc (Modaxo)
5.6.14 TripSpark (Modaxo)
5.6.15 Zonar Systems (Continental)

用語集

ページTOPに戻る


プレスリリース

2024-03-15 プレスリリース
欧州と北米の公共交通ITS市場は2027年までに43億ユーロに達する

世界有数のIoT市場調査会社であるBerg Insightはこの度、高度道路交通システム(ITS)市場に関する新たな調査結果を発表した。欧州の公共交通事業に導入されたITSの2022年の推定市場規模は21億5000万ユーロであった。年平均成長率(CAGR)は6.3%で、2027年には29億2000万ユーロに達すると予想される。北米の公共交通ITS市場も同様に、2022年の8億8,000万ユーロからCAGR 8.8%で成長し、2027年には13億4,000万ユーロに達すると予測されている。Berg Insight社は、公共交通機関のITS市場は成長期にあり、予測期間中もそれは続くだろうと見ている。公共交通車両の電化に向けてかなりの投資が行われており、円滑な運行にはより高度なITSソリューションが必要となる。加えて、利便性とアクセス可能なリアルタイム情報に対する旅行者の要求が高まっていることも、市場の状況を好転させている。ヨーロッパと北米の両政府は、公共交通を投資の優先分野と見なしている。例えばカナダ政府は、2021年から2026年にかけて、電気バス、スクールバス、関連充電インフラに27億5000万カナダドル(20億ユーロ)を投資すると発表している。

国際的なアフターマーケットソリューションプロバイダーのグループが、公共交通ITS市場のリーダーとして台頭してきた。欧州と北米の主要プロバイダーには、カナダを拠点とするTrapeze Groupとドイツを拠点とするINITがあり、両地域で大きな設置基盤を有している。Clever DevicesとConduentは北米の公共交通ITS市場で主導的地位を占めている。前者は買収によって欧州に進出し、後者は運賃徴収システムの国際的プロバイダーである。北米で注目すべきシェアを持つその他の企業には、Cubic Transportation SystemsとAvail Technologiesがある。Siemens Mobilityは、欧州と北米の両方で著名なソフトウェアベンダーである。欧州の国内市場における主要ベンダーの例としては、EQUANSとRATP Smart Systemsが挙げられ、これらはフランスで主要な地位を占めている。IVUは主に欧州のドイツ語圏で重要なプレーヤーである。さらに、Vix Technology、Flowbird、Ticketerは英国市場の主要プロバイダーである。その他、スペインのGMV、Indra、Grupo ETRA、フランスのThales、ドイツのAtron、スカンジナビアのFARA、Pilotfish、Consat Telematics、オーストリアのSwarco、Kontron Transportationなどが重要なプレーヤーである。また、Volvo GroupとDaimlerは車両OEMセグメントの注目すべきプレーヤーであり、Scania、Iveco、Gillig、New Flyerなどの企業も、自社のバスに従来のOEMテレマティクス機能を提供している。

「標準化と相互運用性を念頭に置いてソリューションが開発される傾向がますます強まっています。現在、ITSソリューション・プロバイダーは、標準化団体に準拠ラベルを要求するのが一般的です」と、Berg InsightのIoTアナリスト、Caspar Janssonは述べている。相互運用性は、ITSエコシステムのさまざまなステークホルダーに多くの新しい可能性を開きます。「標準化の取り組みにより、公共交通機関は複数のベンダーの競争力のあるソリューションをネットワークに組み合わせることができる。ITxPT規格に準拠することを明確に要求する最初の入札が現在行われています」とJansson氏は締めくくった。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

How will the market for intelligent transport systems (ITS) for public transport in Europe and North America evolve in 2024 and beyond? The total market value of public transport ITS for buses and trams in these two regions is forecasted to grow at a compound annual growth rate of 7.1 percent from € 3.03 billion in 2022 to reach € 4.26 billion by 2027. Now in its ninth edition this strategic research report from Berg Insight covers the latest trends and developments in the dynamic telematics industry. Get up to date with the latest information about vendors, products and markets.

 


 

Public Transport ITS in Europe and North America is the ninth consecutive report from Berg Insight analysing the latest developments on the intelligent transportation systems market for public transport in these two regions. This strategic research report from Berg Insight provides you with 290 pages of unique business intelligence, including 5-year industry forecasts, expert commentary and real-life case studies on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • Insights from 30 new executive interviews with market leading companies.
  • New data on vehicle fleets and public transport utilisation in Europe and North America.
  • Comprehensive description of the public transport ITS value chain and key applications.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • Profiles of 81 aftermarket ITS solution providers.
  • Summary of OEM propositions from public transport vehicle brands.
  • Revised market forecasts lasting until 2027.

Driving innovation: The next wave of intelligent public transport

The term Intelligent Transport Systems (ITS) refers to information and communications technology applied to transport infrastructure and vehicles. Berg Insight’s definition of ITS for public transport includes systems installed in public transport vehicles as well as at terminals, stops, depots and similar. Included are also back-office IT systems which ensure that public transport services can be planned, scheduled and managed to achieve efficient operations. An important part of ITS for public transport is further solutions providing travellers with updated information about routes, departure times, possible disturbances and connecting services. The history of these different types of solutions dates back several decades and current state-of-the-art solutions include for example real-time intermodal and multi-operator journey planners, automated fare collection systems using contactless cards or NFC-enabled handsets for account-based ticketing, and advanced mobility analytics software.

Public transport plays an increasingly important role in societies as a result of continuing population growth in cities and shifting consumer preferences. Approximately 60 billion and 12 billion public transport passenger journeys were carried out in Europe and North America respectively each year before the COVID-19 pandemic. During the pandemic, the numbers dropped significantly and had not recovered entirely by H2-2023. Available transport modes include for example local and regional buses and trolleybuses, regional and suburban rail transport, metros and trams, and local waterborne passenger transport services. In 2021, the number of registered buses and coaches in Europe and North America reached 0.86 million vehicles and 1.0 million vehicles respectively. The economic value of public transport services in Europe is estimated to around € 145–155 billion per year, while the corresponding number in North America is around € 80–90 billion.

Berg Insight is of the opinion that the market for ITS in public transport will continue to grow in the coming years. Challenges such as urbanisation, climate change and traffic congestion continue to spur investments in public transport ITS, contributing to a positive market situation. Individual markets may however experience temporary fluctuations depending on the political climate, austerity measures and local developments. The total market value of public transport ITS for buses and trams in Europe is forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 6.3 percent from € 2.15 billion in 2022 to reach € 2.92 billion by 2027. The penetration of on-board computers with GPS location functionality and wireless communications in buses and trams in Europe is estimated to increase from 91.0 percent in 2022 to 94.1 percent in 2027, however varying considerably between regional markets. In North America, the total market value of public transport ITS is forecasted to grow at a CAGR of 8.8 percent from € 0.88 billion in 2022 to reach € 1.34 billion in 2027 and the penetration rate is estimated to increase from 92.5 percent in 2022 to 97.7 percent in 2027.

A group of international aftermarket solution providers have emerged as leaders on the market for public transport ITS. Major providers across Europe and North America include Canada-based Trapeze Group and Germany-based INIT with significant installed bases in both regions. Clever Devices and Conduent hold leading positions on the North American public transport ITS market, and the latter is also an international provider of fare collection systems. Additional companies with major market shares in North America include Cubic Transportation Systems and Avail Technologies. Siemens Mobility is also a prominent vendor of software in both Europe and North America. Examples of companies with major market shares on national markets in Europe include Equans and RATP Smart Systems which hold leading positions in France. Vix Technology, Flowbird and Ticketer are moreover major providers on the UK market, while IVU is a dominant player in the German-speaking part of Europe. Other significant players include the Spanish groups GMV, Indra and Grupo ETRA; French Thales; Atron in Germany; Scandinavian FARA, Pilotfish and Consat Telematics; and the Austria-based companies Swarco and Kontron Transportation. Volvo Group and Daimler are moreover notable players from the vehicle OEM segment, while companies such as Scania, Iveco, Gillig and New Flyer also offer some conventional OEM telematics features for their buses.

The outlook for the public transport ITS market is positive, as several major developments encourage increased investments in such technologies. The ITS market is likely positively affected by international public transport-related initiatives such as the ITxPT Association as well as APTA’s standards programs for public transport vehicles and ITS. The development of ITS has in recent years focused on increasing the level of integration and utilising technology advancements for fare collection purposes. Standardisation efforts are beginning to yield results as an increasing number of market players choose to comply with them and procuring organisations see the benefits in the form of lower costs. Another major driver is the ongoing global developments related to the concept of smart cities, where ITS in general and public transport ITS in particular constitute key elements to enable sustainable smart mobility.

This report answers the following questions:

  • How is public transport organised and managed?
  • What is the geographical structure of public transport fleets in Europe and North America?
  • Which are the leading providers of aftermarket public transport ITS solutions?
  • What offerings are available from vehicle OEMs?
  • What impact will standard installed OBUs from the OEMs have on the market?
  • Which drivers and barriers are affecting the market for public transport ITS solutions?
  • How are the regulatory developments affecting the public transport ITS industry?
  • How will the public transport ITS industry evolve in the future?

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    Public Transport in Europe and North America

1.1    Modal split of passenger transport
1.2    Bus fleets and public transport utilisation
1.3    Market shares for bus and coach OEMs
1.4    Rail-borne public transport modes
1.4.1    Trams and light rail
1.4.2    Metro
1.5    Organisation and contracting in public transport
1.5.1    Legal framework in Europe
1.5.2    Legal framework in North America
1.5.3    Organisational forms and regional differences
1.6    Major public transport operators

2    ITS Technologies and Solutions

2.1    Public transport ITS infrastructure
2.1.1    Vehicle segment
2.1.2    Roadside segment
2.1.3    Back-office segment
2.1.4    Traveller segment
2.1.5    GNSS segment
2.1.6    Network segment
2.2    Public transport management
2.2.1    Planning and scheduling tools
2.2.2    Computer aided dispatch systems
2.2.3    Traffic signal priority
2.2.4    Depot management
2.3    Traveller management
2.3.1    Passenger information
2.3.2    Entertainment
2.3.3    Fare payment
2.4    Driver management
2.4.1    Driving data registration and analysis
2.4.2    Eco-driving schemes
2.4.3    Video-based driver monitoring
2.4.4    Insurance risk management
2.5    Vehicle management
2.5.1    Vehicle diagnostics and maintenance planning
2.5.2    On-board security solutions
2.6    Business models and strategies

3    Market Forecasts and Trends

3.1    Market analysis
3.1.1    Market value forecast
3.1.2    Regional markets
3.1.3    Major vendors
3.2    Market drivers and barriers
3.2.1    Macroeconomic environment
3.2.2    Regulatory environment
3.2.3    Competitive environment
3.2.4    Technology environment
3.3    Value chain analysis
3.3.1    ITS and telematics industry players
3.3.2    Automotive industry players
3.3.3    Telecom industry players
3.3.4    IT industry players
3.4    Future industry trends
3.4.1    Open architectures alter the ITS value chain
3.4.2    Public transport stakeholders embrace integrated mobility to stay relevant
3.4.3    Demand-led transport to grow in sparsely populated regions
3.4.4    Mobile devices assume multiple important roles in the ITS infrastructure
3.4.5    Public transport stakeholders invest in autonomous vehicles
3.4.6    Electrification of public transport fleets is picking up pace
3.4.7    Data analytics to drive service improvements
3.4.8    The pandemic accelerated uptake of modern ticketing and ITS solutions
3.4.9    Increasing costs will encourage PTAs to adopt standardised solutions

4    OEM Products and Strategies

4.1    Daimler Truck Group
4.2    Iveco
4.3    MAN Truck & Bus
4.4    Scania
4.5    Volvo Group
4.6    New Flyer (NFI Group)
4.7    Gillig
4.8    Alexander Dennis (NFI Group)
4.9    VDL
4.10    Van Hool

5    Aftermarket Solution Providers

5.1    International
5.1.1    Conduent
5.1.2    Equans
5.1.3    GIRO
5.1.4    INIT
5.1.5    IVU Traffic Technologies
5.1.6    Siemens Mobility
5.1.7    Thales
5.1.8    Trapeze Group (Modaxo)
5.2    Germany and Eastern Europe
5.2.1    Atron
5.2.2    DILAX Group
5.2.3    Dysten
5.2.4    i-Cell
5.2.5    Kontron Transportation
5.2.6    Nettropolis
5.2.7    PSI Transcom
5.2.8    R&G
5.2.9    RADCOM
5.2.10    Ridango
5.2.11    Scheidt & Bachmann
5.2.12    Tri Star Group
5.2.13    TIU
5.2.14    Vem Technology (Elem Group)
5.2.15    ZF Bus Connect
5.3    France, Benelux and the UK
5.3.1    Actia
5.3.2    Comatis
5.3.3    Flowbird Group
5.3.4    GreenRoad
5.3.5    Hanover Displays
5.3.6    Journeo
5.3.7    Lumiplan
5.3.8    Maestronic
5.3.9    Masabi
5.3.10    Matawan
5.3.11    Omnibus
5.3.12    RATP Smart Systems
5.3.13    Simpliciti
5.3.14    Snapper Services
5.3.15    Ticketer
5.3.16    Vix Technology
5.4    The Mediterranean
5.4.1    Efacec
5.4.2    GMV
5.4.3    Goal Systems
5.4.4    Grupo ETRA
5.4.5    Indra
5.4.6    Kentkart
5.4.7    Leonardo
5.4.8    Link Technologies
5.4.9    Metatronix (Digigroup Informatica)
5.4.10    Optibus
5.4.11    PluService
5.4.12    Questar Auto Technologies
5.4.13    Swarco
5.4.14    Tecmic
5.5    The Nordics
5.5.1    AddSecure Smart Transport
5.5.2    Axentia Technologies
5.5.3    Consat Telematic
5.5.4    FARA (Modaxo)
5.5.5    Hogia
5.5.6    Icomera (Equans)
5.5.7    Pilotfish
5.5.8    Saga Tenix
5.5.9    Telia Company
5.5.10    Thoreb
5.5.11    Traffilog Nordic
5.5.12    TriNorth Solutions
5.5.13    Trivector System
5.6    North America
5.6.1    Accenture
5.6.2    Avail Technologies
5.6.3    CalAmp
5.6.4    Clever Devices
5.6.5    Connexionz
5.6.6    Cubic Transportation Systems
5.6.7    Ecolane
5.6.8    ISR Transit
5.6.9    Luminator Technology Group
5.6.10    MiX Telematics
5.6.11    Moovit
5.6.12    Swiftly
5.6.13    TransLoc (Modaxo)
5.6.14    TripSpark (Modaxo)
5.6.15    Zonar Systems (Continental)

Glossary

ページTOPに戻る


Press Release

2024-03-15 Press releases
The public transport ITS market in Europe and North America to reach € 4.3 billion by 2027

Berg Insight, the world’s leading IoT market research provider, today released new findings about the market for Intelligent Transport Systems (ITS). The estimated market value for ITS deployed in public transport operations in Europe was € 2.15 billion in 2022. Growing at a compound annual growth rate (CAGR) of 6.3 percent, this number is expected to reach € 2.92 billion by 2027. The North American market for public transport ITS is similarly forecasted to grow at a CAGR of 8.8 percent from € 0.88 billion in 2022 to reach € 1.34 billion in 2027. Berg Insight is of the opinion that the market for ITS in public transport is in a growth phase which will continue throughout the forecast period. Considerable investment is going toward electrification of the public transport fleet, which will require more sophisticated ITS solutions to operate smoothly. In addition, the increasing demands from travellers for convenience and accessible real-time information contribute to a positive market situation. Governments in both Europe and North America view public transport as a prioritised area for investment. The Canadian government has for example announced a CAD 2.75 billion (€ 2.0 billion) investment toward electric buses, school buses and related charging infrastructure between 2021–2026.

A group of international aftermarket solution providers has emerged as leaders on the market for public transport ITS. Major providers across Europe and North America include Canada-based Trapeze Group and Germany-based INIT, which have significant installed bases in both regions. Clever Devices and Conduent hold leading positions on the North American public transport ITS market. The former has expanded into Europe with an acquisition and the latter is an international provider of fare collection systems. Additional companies with notable market shares in North America include Cubic Transportation Systems and Avail Technologies. Siemens Mobility is a prominent vendor of software in both Europe and North America. Examples of major vendors on national markets in Europe include EQUANS and RATP Smart Systems, which hold leading positions in France. IVU is an important player primarily in the German-speaking part of Europe. Vix Technology, Flowbird and Ticketer are moreover major providers on the UK market. Other significant players include the Spanish groups GMV, Indra and Grupo ETRA; French Thales; Atron in Germany; Scandinavian FARA, Pilotfish and Consat Telematics; and Austria-based Swarco and Kontron Transportation. Volvo Group and Daimler are moreover notable players from the vehicle OEM segment, while companies such as Scania, Iveco, Gillig and New Flyer also offer some conventional OEM telematics features for their buses.

“We are increasingly seeing that solutions are developed with standardisation and interoperability in mind. ITS solution providers are now for example commonly requesting labels of compliance from standard organisations” said Caspar Jansson, IoT Analyst at Berg Insight. Interoperability opens up many new possibilities for various stakeholders in the ITS ecosystem. “The standardisation efforts enable public transport agencies to combine competitive solutions from multiple vendors in their networks. The first tenders explicitly requiring equipment to be compliant with the ITxPT standard have now been issued”, concluded Mr. Jansson.

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(its)の最新刊レポート


よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/25 10:26

160.56 円

172.79 円

206.47 円

ページTOPに戻る