世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

電気バス向けコネクテッドインフラ (第2版)


Connected Infrastructure for Electric Buses - 2nd Edition

説明 この調査レポートは、公共交通機関の電気バス向けインテリジェント交通システムおよび充電ステーション市場の最新動向について掲載したBerg Insightの戦略的調査報告書です。欧州と北米の電気バ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2023年5月24日 Eur1,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
210 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

説明

この調査レポートは、公共交通機関の電気バス向けインテリジェント交通システムおよび充電ステーション市場の最新動向について掲載したBerg Insightの戦略的調査報告書です。欧州と北米の電気バス向け公共交通ITSの総市場価値は、2022年の7260万ユーロから37%の複合年間成長率で成長し、2027年には3億5540万ユーロに達すると予測されています。ベルグインサイトは同時に、この2地域における電気バスの充電ステーション市場価値は、2022年に1億6,070万ユーロであると予測しています。CAGR45.7%で成長するこの市場価値は、2027年に10億6000万ユーロに達すると予想されています。ベンダー、製品、市場に関する最新情報を入手することができます。

 


 

電気バス向けコネクテッドインフラは、公共交通機関向けインテリジェント交通システムおよび充電ステーション市場の最新動向を分析したベルグインサイトの2年連続レポートです。ベルグインサイトは、5年間の業界予測、専門家のコメント、実際のケーススタディを含む210ページの独自のビジネス情報を提供し、あなたのビジネスの意思決定のベースとなります。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする企業30社への新規インタビューから得た知見
  • 欧州と北米の電気バス保有台数に関する最新データ
  • 電気バスITSのバリューチェーンと主要アプリケーションの包括的な説明
  • アフターマーケットITSソリューションベンダー22社、EV充電ハードウェアベンダー14社プロファイル
  • 電気バスブランドからの20のOEM提案の概要
  • 電気バスに関する11の取り組みのケーススタディ
  • 市場動向と主要開発の詳細な分析
  • 2027年まで続く市場予測を更新

欧州と北米の電気バス向けITSソリューションと充電ステーション市場が2027年に14億ユーロに到達へ

バッテリー式電気バスの台数は、ここ数年で大きく伸びています。ベルグインサイトは、欧州と北米の電気バスの台数は、2016年の約1,000台から2022年には約16,000台に増加すると予測しています。電気バスの保有台数の増加は、公共交通機関の運営会社や代理店にとって新たな課題を生み出しています。走行距離の制限や充電ステーションの統合の必要性から、電気バス、充電ステーション、発着所など、必要なインフラをまとめたインテリジェント交通システム(ITS)の需要が拡大しています。ITSとは、交通インフラや車両に適用される情報通信技術のことです。ベルグインサイトでは、公共交通のITSとして、配車担当者と車両運転手の通信システム、自動車両位置検出システム、自動配車システムなどを定義している。また、関連するバックオフィスITシステムとして、車両基地管理、ドライバー監視、車両と人員のスケジュール・計画ツール、車両メンテナンス、充電ステーション管理ソフトウェアも定義に含まれます。

Berg Insightは、電気バス用ITSソリューションの市場は、今後数年間は成長期にあると見ています。ロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギー価格の上昇や、COVID-19パンデミックに伴うサプライチェーンの問題は、公共交通機関の電化に与える悪影響は限定的でした。欧州における電気バス向け公共交通ITSの総市場額は、2022年の5710万ユーロから39%の年平均成長率(CAGR)で拡大し、2027年には2億9720万ユーロに達すると予測されています。車両およびドライバーのモニタリングソフトウェアと車両ゲートウェイを合わせた2022年の市場規模は1560万ユーロ、充電ステーション管理ソフトウェアの対応する数字は1060万ユーロと推定されます。北米では、電気バス向けITSソリューションの総市場価値は、2022年の1550万ユーロからCAGR30%で成長し、2027年には5820万ユーロに達すると予測されています。車両およびドライバーのモニタリングソフトウェアと車両ゲートウェイは、2022年の市場価値のうち410万ユーロを占めると推定され、充電ステーション管理ソフトウェアの対応する数字は290万です。

一部のITS事業者は、公共交通事業者が利用する電気バスのITSアプリケーションの大半の機能を含む完全なターンキーソリューションを提供していますが、市場の多くのベンダーは、いくつかのサブシステムに焦点を当てたITS事業者の専門家でもあります。INIT、IVU、Trapeze、Clever Devicesといった国際的な大手ITSベンダーは、完全なターンキーソリューションを提供することができます。INITとIVUは主に欧州に顧客を持ち、Clever DevicesとTrapezeは北米でより強い存在感を示しています。Trapezeは2020年に電気バス向けのソリューションを発表し、2021年に最初の展開を発表しています。EQUANSも世界的な大手企業であり、同社のCAD/AVLシステムは欧州と北米の両方で電気バスに搭載されている。電気バス向けのテレマティクスプロバイダーとしては、2021年8月にChargePointが買収したViriCitiが代表的です。同社はChargePointブランドのもと、バスや充電ステーションを管理するためのハードウェアとソフトウェアに加え、充電のためのハードウェアとソフトウェアの完全なポートフォリオを提供しています。電気バス用のさまざまな種類のソリューションで公共交通機関にサービスを提供する他の重要なプロバイダーには、スカンジナビアのConsat Telematics、FARA、Saga Tenixがあります。カナダのGIRO社はスケジューリングとプランニングの分野で重要な役割を担っており、PSI Transcom社はデポと充電管理ソフトウェアの欧州における著名なプロバイダーです。

市場に出ているバスOEMのほとんどは、従来のテレマティクス・ソリューションを提供していますが、電気バスに特化したソリューションの分野では、プレーヤーによって戦略が異なります。欧州の電気バス市場は、さまざまなメーカーがサービスを提供しています。2022年の登録台数は中国のYutongが最も多く、BYD ADL、Mercedes-Benz、Iveco Bus、VDL、Solarisがそれに続く。北米ではProterraが主導的な地位を占めており、その他の注目すべきプレーヤーにはBYDとNew Flyer(NFIグループ)が含まれます。

充電ステーションは、バス車両の電化に重要な役割を果たす。ベルグインサイトは、欧州と北米のバス向け充電ステーション市場価値が2022年に1億6000万ユーロになると予測しています。CAGR46%で成長し、2027年の総市場価値は11億ユーロに達すると予想されます。バス用充電器市場では、一群のベンダーがリーダーとして台頭しています。欧州と北米の両方で活動している主要な充電ステーションプロバイダーの例として、ABB、Efacec、IES Synergy、Heliox、Siemensが挙げられます。欧州では、ポーランドのEkoenergetykaも重要なプロバイダーです。

本レポートは以下の質問に答えます
  • 電気バス市場の現状と規模は?
  • 電気バス向け公共交通ITSソリューションの主要プロバイダーはどこか?
  • 車両OEMはどのような製品を提供しているのか?
  • EV充電ステーションベンダーは、どのような機器やサービスを提供しているのでしょうか?
  • 電気バスの採用の背景となる主要なドライバーは何か?
  • 規制の進展は電気バス産業にどのような影響を与えているのか?
  • 電気バスと公共交通ITSの業界は、今後どのように進化していくのでしょうか?

 



ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図表の一覧

エグゼクティブサマリー

1 欧州と北米の公共交通機関について

1.1 旅客輸送のモーダル・スプリット
1.2 バス保有台数と公共交通機関の利用率
1.3 バス・バスOEMの市場占有率
1.4 電気自動車の種類と電気バス保有台数統計
1.4.1 ハイブリッド電気自動車
1.4.2 プラグインハイブリッド電気自動車
1.4.3 電気自動車
1.4.4 電気バス車両統計
1.5 公共交通機関の組織と契約
1.5.1 欧州の法的枠組み
1.5.2 北米における法的枠組み
1.5.3 組織形態と地域差

2 ITS技術・ソリューション

2.1 公共交通機関のITSインフラ
2.1.1 車両セグメント
2.1.2 ロードサイドセグメント
2.1.3 バックオフィスセグメント
2.1.4 トラベラーセグメント
2.1.5 GNSSセグメント
2.1.6 ネットワークセグメント
2.2 公共交通機関の管理
2.2.1 計画・スケジューリングツール
2.2.2 コンピュータ支援ディスパッチシステム
2.2.3 交通信号の優先順位
2.2.4 デポ管理
2.3 トラベラーマネジメント
2.3.1 旅客情報
2.3.2 エンターテイメント
2.3.3 運賃支払い
2.4 ドライバーマネジメント
2.4.1 ドライビングデータの登録と分析
2.4.2 ビデオによるドライバーモニタリング
2.4.3 保険リスク管理
2.5 車両管理
2.5.1 車両の診断とメンテナンス計画
2.5.2 車載用セキュリティソリューション
2.6 充電ステーション管理
2.6.1 ステーション管理
2.6.2 エネルギー管理
2.6.3 オープン・チャージ・ポイント・プロトコル(OCPP)

3 充電技術・規格

3.1 電気自動車の充電
3.1.1 ACとDC
3.1.2 充電モードと充電レベル
3.2 コネクタ規格
3.2.1 タイプ1/SAE J1772
3.2.2 タイプ2
3.2.3 複合充電システム(CCS)
3.2.4 CHAdeMO
3.2.5 北米充電規格(テスラ)
3.2.6 GB/T
3.3 電気バス充電
3.3.1 オップチャージ
3.3.2 デポチャージ
3.3.3 オポチュニティ・チャージング
3.3.4 バッテリー容量と充電時間

4 市場予測・動向

4.1 市場分析
4.1.1 電気バスの予測
4.1.2 市場価値予測:電気バス向け公共交通ITS
4.1.3 市場価値予測:バス充電ステーション
4.2 バリューチェーン分析
4.2.1 自動車産業プレイヤー
4.2.2 ITSとテレマティクス業界のプレーヤー
4.2.3 充電ステーション業界プレイヤー
4.3 業界動向
4.3.1 オープンアーキテクチャがITSバリューチェーンを変える
4.3.2 公共交通機関の運行に必要なコネクテッド充電ステーション
4.3.3 機会充電の将来はまだ不透明
4.3.4 主要なバスOEMが電気バス市場に参入した
4.3.5 電気バス市場には相互運用性を高める規格が不可欠
4.3.6 COVID-19の余波を受け、電気バス市場は成長を続けている
4.3.7 電気バス車両にとってエネルギー供給はますます重要な課題になる
4.3.8 電源キャビネット集中化により、電気バス車両基地のスペースとコストを削減できるかもしれない

5    OEM商品と戦略

5.1  Alexander Dennis (NFI Group)
5.2  Bluebus (Bolloré Group)
5.3  BYD
5.4  CaetanoBus (Salvador Caetano Group)
5.5  Daimler Truck Group
5.6  Ebusco
5.7  Gillig
5.8  Irizar e-mobility (Irizar Group)
5.9  Iveco Group
5.10  MAN Truck & Bus
5.11  New Flyer (NFI Group)
5.12  Proterra
5.13  Rampini
5.14  Scania
5.15  Solaris Bus and Coach
5.16  Switch Mobility
5.17  Van Hool
5.18  VDL Bus and Coach (VDL Groep)
5.19  Volvo Group
5.20  Yutong Group

6    アフターマーケットソリューションプロバイダー

6.1   Actia
6.2  Allego
6.3  Atron
6.4  BP Pulse Fleet
6.5  Clever Devices
6.6  Consat Telematics
6.7  EQUANS
6.8  FARA (Ticketer)
6.9  GIRO
6.10  INIT
6.11  IVU
6.12  Optibus
6.13  Pilotfish (Voith)
6.14  PSI Transcom
6.15  Saga Tenix
6.16  Telia Company
6.17  Questar Auto Technologies
6.18  Trapeze Group (Modaxo)
6.19  Twaice
6.20  Verkehrsautomatisierung Berlin (Hanning & Kahl)
6.21  Webfleet
6.22  ZF Bus Connect

7    充電ステーションプロバイダー

7.1  ABB
7.2  BTC Power (Innogy)
7.3  ChargePoint
7.4  Circontrol
7.5  Efacec
7.6  Ekoenergetyka
7.7  Heliox
7.8  IES Synergy
7.9  InCharge Energy (ABB)
7.10  Kempower
7.11  SBRS (Shell Group)
7.12  Siemens
7.13  Tritium
7.14  XCharge

8    ケーススタディ電気バスプロジェクト

8.1  Arriva
8.2  Association du Transport Urbain du Québec (ATUQ)
8.3  Berliner Verkehrsbetriebe (BVG)
8.4  Keolis
8.5  Metropolitan Transport Authority (MTA)
8.6  Nobina
8.7  Qbuzz
8.8  RATP Group
8.9  Toronto Transit Commission (TTC)
8.10  Transdev
8.11  VR Group

用語集

ページTOPに戻る


プレスリリース

2023-05-24 プレスリリース
欧州・北米の電気バス向けITS市場が2027年に3億5500万ユーロに到達

Berg Insightはこの度、電気バス向け高度道路交通システム(ITS)の市場に関する新たな調査結果を発表した。欧州の公共交通機関の運行に導入されている電気バス向けITSの市場規模は、2022年に5710万ユーロとなった。年平均成長率(CAGR)39%で成長し、2027年には2億9720万ユーロに達すると予想される。電気バスITSの北米市場も同様に、2022年の1550万ユーロから30パーセントのCAGRで成長し、2027年には5820万ユーロに達すると予測されている。Berg Insightは、電気バス向けITSソリューションの市場は、今後数年間は成長期にあると予測している。都市化、気候変動、交通渋滞といったメガチャレンジは、電気バスとITSへの投資を促し続け、市場の前向きな見通しに寄与している。

一部のITS事業者は、公共交通事業者が利用する電気バスのITSアプリケーションの大半の機能を含む完全なターンキーソリューションを提供していますが、市場に存在する多くのベンダーは、いくつかのサブシステムに特化したITS事業者でもある。INIT、IVU、Clever Devices、Trapezeなどの主要な国際ITSベンダーは、電気バス向けのソリューションを含むターンキーソリューションを提供することができる。ITSプロバイダーは、数年前までは数台の車両を使ったパイロットプロジェクトが中心でしたが、電気バスフリートが大規模に導入され始めている。欧州と北米の電気バス向けテレマティクスプロバイダーとしては、2021年にオランダのViriCitiを買収したChargePointが代表的な企業だ。ChargePointはフリートセグメントでの拠点を大幅に増やし、充電ステーションのハードウェア、ソフトウェア、サービスのポートフォリオに、バスを管理するためのハードウェアとソフトウェアの両方のソリューションを追加した。公共交通機関にさまざまな種類のソリューションを提供しているその他の重要なベンダーには、子会社のIneo Systransを通じたフランスのグループEQUANSや、スカンジナビアのConsat Telematics、FARA、Saga Tenixなどがある。カナダのGIROはスケジューリングとプランニングの分野で重要な役割を担っており、PSI Transcomはデポと充電管理ソフトウェアの欧州における著名なプロバイダーである。

「電気バス車両の導入は本格的に進み始めており、欧州のいくつかの都市ではすでに 100 台を超える電気バス車両が運行しています」と、Berg InsightのIoTアナリスト、Caspar Janssonは述べている。電気バスと充電ステーションを統合することで、電気バス、充電ステーション、停留所など、必要なインフラをすべて接続するITSソリューションの必要性が高まっている。多くの事業者や機関は、基本的な監視ソリューションに投資することから始めますが、バス車両がパイロットプロジェクトから大規模な展開になるにつれて、配車、スケジューリング、充電ステーション管理、デポ管理などのサブシステムを追加して補完する必要がある。「事業者は、大規模な電気自動車フリートの増加に伴い、より複雑な状況に直面している。 電化車両向けの最新の ITS ソリューションを使用すると、ルートを最適化し、必要なエネルギーを適切なタイミングで適切な車両に供給することが大幅に容易になる」と、Janssonは結論付けている。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

This strategic research report from Berg Insight covers the latest trends and developments on the intelligent transportation system and charging station market for electric buses in public transport. The total market value of public transport ITS for electric buses in Europe and North America is forecasted to grow at a compound annual growth rate of 37 percent from € 72.6 million in 2022 to reach € 355.4 million by 2027. Berg Insight at the same time estimates that the charging station market value for electric buses in in the two regions was € 160.7 million in 2022. Growing at a CAGR of 45.7 percent, the market value is expected to reach € 1.06 billion in 2027. Get up to date with the latest information about vendors, products and markets.

 


 

Connected Infrastructure for Electric Buses is the second consecutive report from Berg Insight analysing the latest developments on the intelligent transportation system and charging station markets for public transport from Berg Insight provides you with 210 pages of unique business intelligence, including 5-year industry forecasts, expert commentary and real-life case studies on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • Insights from 30 new executive interviews with market leading companies.
  • New data on electric bus fleets in Europe and North America.
  • Comprehensive description of the electric bus ITS value chain and key applications.
  • Profiles of 22 aftermarket ITS solution and 14 EV charging hardware vendors.
  • Summary of 20 OEM propositions from electric bus brands.
  • Case studies of 11 electric bus initiatives.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • Updated market forecasts lasting until 2027.

The market for ITS solutions and charging stations for electric buses in Europe and North America to reach € 1.4 billion by 2027

The number of battery-electric buses has grown significantly in the last years. Berg Insight estimates that the number of electric buses in Europe and North America increased from about 1,000 in 2016 to around 16,000 in 2022. The growing fleets of electric buses have created new challenges for public transport operators and agencies. Limited driving range and the need to integrate charging stations have expanded the demand for intelligent transport systems (ITS) that bring together all the necessary infrastructure, including electric buses, charging stations and depots. The term ITS refers to information and communications technology applied to transport infrastructure and vehicles. Berg Insight’s definition of ITS for public transport for the purpose of this report includes systems for communication between dispatchers and vehicle operators, automatic vehicle locator systems and automated dispatching systems. Other associated back-office IT systems are also part of the definition, including depot management, driver monitoring, scheduling and planning tools for vehicles and personnel, vehicle maintenance and charging station management software.

Berg Insight is of the opinion that the market for ITS solutions for electric buses is in a growth phase which will last for several years to come. Mega-challenges such as urbanisation, climate change and traffic congestion continue to encourage investments in electric buses and ITS, contributing to a positive outlook for the market. The increased energy prices following Russia’s invasion of Ukraine and the supply chain issues following the COVID-19 pandemic have had limited adverse effect on the electrification of public transport. The total market value of public transport ITS for electric buses in Europe is forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 39 percent from € 57.1 million in 2022 to reach € 297.2 million by 2027. Vehicle and driver monitoring software as well as vehicle gateways are together estimated to account for € 15.6 million of the market value in 2022, while the corresponding number for charging station management software is € 10.6 million. In North America, the total market value of ITS solutions for electric buses is forecasted to grow at a CAGR of 30 percent from € 15.5 million in 2022 to reach € 58.2 million in 2027. Vehicle and driver monitoring software and vehicle gateways are estimated to account for € 4.1 million of the market value in 2022, while the corresponding number for charging station management software is € 2.9 million.

Some ITS players offer complete turnkey solutions including functionality for most of the ITS applications for electric buses utilised by public transport operators, but many vendors on the market are also specialised ITS players focusing on a few subsystems. Major international ITS players such as INIT, IVU, Trapeze and Clever Devices can provide complete turnkey solutions. INIT and IVU have customers mainly in Europe, while Clever Devices and Trapeze have stronger presence in North America. Trapeze launched its solution for electric buses in 2020 and announced its first deployment in 2021. EQUANS is also a major global player and its CAD/AVL systems have been installed on electric buses both in Europe and North America. One of the leading telematics providers for electric buses is ViriCiti, which was acquired by ChargePoint in August 2021. Under the ChargePoint brand, the company offers hardware and software for the management of buses and charging stations in addition to a complete portfolio of charging hardware and software. Other important providers serving public transport companies with different types of solutions for electric buses include the Scandinavian companies Consat Telematics, FARA and Saga Tenix. The Canadian company GIRO is an important player in the scheduling and planning segment, while PSI Transcom is a prominent provider of depot and charging management software in Europe.

Most of the bus OEMs on the market offer conventional telematics solutions, but the strategies in the area of electric bus specific solutions vary between the players. The European market for electric buses is served by a variety of manufacturers. The Chinese company Yutong reached the highest number of registrations in 2022, followed by BYD ADL, Mercedes-Benz, Iveco Bus, VDL and Solaris. In North America, Proterra holds a leading position, and other notable players include BYD and New Flyer (NFI Group).

Charging stations play a significant role in the electrification of bus fleets. Berg Insight estimates that the charging station market value for buses in Europe and North America was € 160 million in 2022. Growing at a CAGR of 46 percent, the total market value is expected to reach € 1.1 billion in 2027. A group of vendors have emerged as leaders on the market for bus chargers. Examples of major charging station providers active in both Europe and North America include ABB, Efacec, IES Synergy, Heliox and Siemens. In Europe, Polish Ekoenergetyka is also an important provider.

This report answers the following questions:

  • What is the current state and size of the electric bus market?
  • Which are the leading providers of public transport ITS solutions for electric buses?
  • What offerings are available from vehicle OEMs?
  • What equipment and service offerings are available from EV charging station vendors?
  • What are the key drivers behind the adoption of electric buses?
  • How are the regulatory developments affecting the electric bus industry?
  • How will the electric bus and public transport ITS industry evolve in the future?

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    Public Transport in Europe and North America

1.1    Modal split of passenger transport
1.2    Bus fleets and public transport utilisation
1.3    Market shares for bus and coach OEMs
1.4    Electric vehicle types and electric bus fleet statistics
1.4.1    Hybrid electric vehicles
1.4.2    Plug-in hybrid electric vehicles
1.4.3    Electric vehicles
1.4.4    Electric bus fleet statistics
1.5    Organisation and contracting in public transport
1.5.1    Legal framework in Europe
1.5.2    Legal framework in North America
1.5.3    Organisational forms and regional differences

2    ITS Technologies and Solutions

2.1    Public transport ITS infrastructure
2.1.1    Vehicle segment
2.1.2    Roadside segment
2.1.3    Back-office segment
2.1.4    Traveller segment
2.1.5    GNSS segment
2.1.6    Network segment
2.2    Public transport management
2.2.1    Planning and scheduling tools
2.2.2    Computer aided dispatch systems
2.2.3    Traffic signal priority
2.2.4    Depot management
2.3    Traveller management
2.3.1    Passenger information
2.3.2    Entertainment
2.3.3    Fare payment
2.4    Driver management
2.4.1    Driving data registration and analysis
2.4.2    Video-based driver monitoring
2.4.3    Insurance risk management
2.5    Vehicle management
2.5.1    Vehicle diagnostics and maintenance planning
2.5.2    On-board security solutions
2.6    Charging station management
2.6.1    Station management
2.6.2    Energy management
2.6.3    The Open Charge Point Protocol (OCPP)

3    Charging Technologies and Standards

3.1    Electric vehicle charging
3.1.1    AC and DC
3.1.2    Charging modes and levels
3.2    Connector standards
3.2.1    Type 1/SAE J1772
3.2.2    Type 2
3.2.3    Combined charging system (CCS)
3.2.4    CHAdeMO
3.2.5    North American Charging Standard (Tesla)
3.2.6    GB/T
3.3    Electric bus charging
3.3.1    OppCharge
3.3.2    Depot charging
3.3.3    Opportunity charging
3.3.4    Battery capacity and charging time

4    Market Forecasts and Trends

4.1    Market analysis
4.1.1    Electric bus forecast
4.1.2    Market value forecast – public transport ITS for electric buses
4.1.3    Market value forecast – bus charging stations
4.2    Value chain analysis
4.2.1    Automotive industry players
4.2.2    ITS and telematics industry players
4.2.3    Charging station industry players
4.3    Industry trends
4.3.1    Open architectures alter the ITS value chain
4.3.2    Connected charging stations a requirement for public transport operations
4.3.3    The future of opportunity charging remains uncertain
4.3.4    The major bus OEMs have entered the electric bus market
4.3.5    Standards improving interoperability essential for the electric bus market
4.3.6    The electric bus market continues to grow in the aftermath of COVID-19
4.3.7    Energy supply will be increasingly important issue for electric bus fleets
4.3.8    Centralised power cabinets may save space and money in electric fleet depots

5    OEM Products and Strategies

5.1    Alexander Dennis (NFI Group)
5.2    Bluebus (Bolloré Group)
5.3    BYD
5.4    CaetanoBus (Salvador Caetano Group)
5.5    Daimler Truck Group
5.6    Ebusco
5.7    Gillig
5.8    Irizar e-mobility (Irizar Group)
5.9    Iveco Group
5.10    MAN Truck & Bus
5.11    New Flyer (NFI Group)
5.12    Proterra
5.13    Rampini
5.14    Scania
5.15    Solaris Bus and Coach
5.16    Switch Mobility
5.17    Van Hool
5.18    VDL Bus and Coach (VDL Groep)
5.19    Volvo Group
5.20    Yutong Group

6    Aftermarket Solution Providers

6.1    Actia
6.2    Allego
6.3    Atron
6.4    BP Pulse Fleet
6.5    Clever Devices
6.6    Consat Telematics
6.7    EQUANS
6.8    FARA (Ticketer)
6.9    GIRO
6.10    INIT
6.11    IVU
6.12    Optibus
6.13    Pilotfish (Voith)
6.14    PSI Transcom
6.15    Saga Tenix
6.16    Telia Company
6.17    Questar Auto Technologies
6.18    Trapeze Group (Modaxo)
6.19    Twaice
6.20    Verkehrsautomatisierung Berlin (Hanning & Kahl)
6.21    Webfleet
6.22    ZF Bus Connect

7    Charging Station Providers

7.1    ABB
7.2    BTC Power (Innogy)
7.3    ChargePoint
7.4    Circontrol
7.5    Efacec
7.6    Ekoenergetyka
7.7    Heliox
7.8    IES Synergy
7.9    InCharge Energy (ABB)
7.10    Kempower
7.11    SBRS (Shell Group)
7.12    Siemens
7.13    Tritium
7.14    XCharge

8    Case Studies: Electric Bus Projects

8.1    Arriva
8.2    Association du Transport Urbain du Québec (ATUQ)
8.3    Berliner Verkehrsbetriebe (BVG)
8.4    Keolis
8.5    Metropolitan Transport Authority (MTA)
8.6    Nobina
8.7    Qbuzz
8.8    RATP Group
8.9    Toronto Transit Commission (TTC)
8.10    Transdev
8.11    VR Group

Glossary

ページTOPに戻る


Press Release

2023-05-24 Press releases
The ITS market for electric buses in Europe and North America to reach € 355 million by 2027

Berg Insight today released new findings about the market for Intelligent Transport Systems (ITS) for electric buses. The market value for electric bus ITS deployed in European public transport operations was € 57.1 million in 2022. Growing at a compound annual growth rate (CAGR) of 39 percent, this number is expected to reach € 297.2 million by 2027. The North American market for electric bus ITS is similarly forecasted to grow at a CAGR of 30 percent from € 15.5 million in 2022 to reach € 58.2 million in 2027. Berg Insight is of the opinion that the market for ITS solutions for electric buses is in a growth phase which will last for several years to come. Mega-challenges such as urbanisation, climate change and traffic congestion continue to encourage investments in electric buses and ITS, contributing to a positive outlook for the market.

Some ITS players offer complete turnkey solutions including functionality for most of the ITS applications for electric buses utilised by public transport operators, but many vendors on the market are also specialised ITS players focusing on a few sub-systems. Major international ITS players such as INIT, IVU, Clever Devices and Trapeze can provide turnkey solutions, including solutions for electric buses. ITS providers are beginning to see larger scale implementations of electric bus fleets after several years of mostly pilot projects with only a few vehicles each. One of the leading telematics providers in Europe and North America for electric buses is ChargePoint, following its acquisition of Dutch ViriCiti in 2021. ChargePoint has increased its footprint in the fleet segment significantly and added both hardware and software solutions for the management of buses to its portfolio of charging station hardware, software and services. Other important vendors serving public transport companies with different types of solutions include the French group EQUANS through the subsidiary Ineo Systrans, as well as the Scandinavian companies Consat Telematics, FARA and Saga Tenix. The Canadian company GIRO is an important player in the scheduling and planning segment, while PSI Transcom is a prominent provider of depot and charging management software in Europe.

“Implementations of electric bus fleets are really starting to take off and there are already several cities in Europe with fleets operating over 100 electric buses”, said Caspar Jansson, IoT Analyst, Berg Insight. The integration of electric buses and charging stations increases the need for ITS solutions connecting all the necessary infrastructure including electric buses, charging stations and depots. Many operators and agencies start by investing in a basic monitoring solution, but as the bus fleets go from pilot projects to larger deployments, the actors need to complement with additional subsystems for dispatching, scheduling, charging station management and depot management. “Operators face greater complexity with large electric vehicle fleets. Optimizing routes and supplying the required energy at the right time to the right vehicle is significantly easier with a modern ITS solution for electrified fleets”, concluded Mr. Jansson.

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD( ITS)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/21 10:26

160.10 円

171.83 円

205.37 円

ページTOPに戻る