世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

脱炭素化は中・大型トラックのバリューチェーンに劇的な変化をもたらす


Decarbonization Means Drastic Changes for the Medium and Heavy Duty Truck Value Chain

内燃機関(ICE)からの脱却は、トラック製造業界が今後経験するであろう最大の変化である。大量生産や規制以上に、脱炭素化は確立され成熟した産業を根底から覆す。こうした変化は、業界のバリューチェーン全... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2024年3月6日 US$1,850
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
11 6 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

内燃機関(ICE)からの脱却は、トラック製造業界が今後経験するであろう最大の変化である。大量生産や規制以上に、脱炭素化は確立され成熟した産業を根底から覆す。こうした変化は、業界のバリューチェーン全体に波及するだろう。
本レポートでは、脱炭素化と電動化が以下の産業に与える影響を評価する。
中型・大型(MHD)トラックのバリューチェーンに与える影響を、OEM、トラック・フリート、ディーラーの3つの特定のステークホルダー・グループについて評価し、現在の業界のビジネスモデルが将来にわたって実行可能かどうかを検討する。
 
主要な質問
  • 脱炭素化は、MHDトラックのOEM、フリート、ディーラーの収益にどのような影響を与えるのか?
  • これらのステークホルダーは、収益損失を軽減するためにどのような行動をとることができるのか?
  • 現在のビジネスモデルは、ICE後のMHDトラックビジネスにふさわしいものか?
 
このレポートが必要な人
  • トラックメーカー
  • 部品サプライヤー
  • トラックディーラー
  • トラックフリート
  • 規制当局


ページTOPに戻る


目次

目次
スパーク
コンテキスト
提言
MHDトラック産業の脱炭素化と電動化は大幅な収益不足をもたらす
OEMはアフターマーケットの収益を大幅に減らすだろう
トラック・フリートはコストを削減できるが、燃料サーチャージ収入を失う。
アフターマーケット収入の減少で最も打撃を受けるのはディーラーである。
電動化への一貫した移行計画は、MHDトラック業界にとって戦略的優先事項である。
OEMは中期的にネットワークへのサポートを提供する必要があるかもしれない
OEMは流通のインハウス化を検討する必要があるかもしれない
トラック業界は新しいビジネスモデルを必要としている
 
図表一覧
PACCAR: 産業用事業のセグメント別売上高寄与率
PACCAR: PACCAR:セグメント別売上総利益への貢献、産業用事業
ヴェルナー 消耗品およびメンテナンス費用の対売上高比率
ヴェルナー 燃料サーチャージの対売上高営業利益率
ヴェルナー 燃料サーチャージと消耗品およびメンテナンス費用の対売上高比率
ラッシュ 収入と売上総利益率の比較

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、脱炭素化と電動化が産業に与える影響を評価しています。
 
Report Description
Moving away from the internal combustion engine (ICE) is the biggest change that the truck manufacturing industry will likely ever experience. More so than mass production or regulation, decarbonization takes an established and mature industry and turns it on its head. These changes will reverberate along the entire industry value chain.
This report assesses the impact of decarbonization and electrification on the
medium and heavy duty (MHD) truck value chain for three specific stakeholder groups?OEMs, truck fleets, and dealers?and considers the viability of the current industry business model moving forward.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • How will decarbonization affect revenues for MHD truck OEMs, fleets, and dealers?
  • What actions can these stakeholders take to mitigate revenue losses?
  • Is the current business model one that is appropriate for a post-ICE MHD truck business?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Truck manufacturers
  • Component suppliers
  • Truck dealerships
  • Truck fleets
  • Regulators
 
 


ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
Spark
Context
Recommendation
Decarbonizing and Electrifying the MHD Trucking Industry Will Create Significant Revenue Shortfalls
OEMs Will See Substantial Reductions in Aftermarket Revenues
Truck Fleets Will Save on Costs but Lose Fuel Surcharge Revenues
Dealers Will Be the Hardest Hit by Aftermarket Revenue Losses
A Coherent Plan for the Transition to Electrification Is a Strategic Priority for the MHD Trucking Industry
OEMs May Have to Offer Support to the Network in the Medium Term
OEMs May Need to Consider Taking Distribution In-House
The Trucking Industry Needs a New Business Model
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
PACCAR: Contribution to Revenue by Segment, Industrial Business
PACCAR: Contribution to Gross Margin by Segment, Industrial Business
Werner: Supplies and Maintenance Costs as a Percentage of Revenue
Werner: Fuel Surcharge as a Percentage of Revenue vs. Operating Ratio
Werner: Fuel Surcharge vs. Supplies and Maintenance as a Percentage of Revenue
Rush: Revenue and Gross Margin Comparisons

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(脱炭素)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/25 10:26

160.56 円

172.79 円

206.47 円

ページTOPに戻る